メンタル ヘルス ケア マネジメント。 メンタルヘルスケアの意義と重要性~4つのケアとは?

メンタルヘルスマネジメント検定(ラインケアコース)独学で合格!

メンタル ヘルス ケア マネジメント

メンタルヘルス・マネジメントという資格がありますが、何だか響きがメンタルケア心理士と似ていますよね。 メンタルケア心理士は人体の構造や仕組みを知り、それにあわせてカウンセリングの技法も学んでいきます。 心の悩みやストレスにいち早く気付き、相談をし、援助するいわば心のアドバイザーとも言えるでしょう。 ではこのメンタルケア心理士とメンタルヘルス・マネジメントは何が違うのでしょうか? メンタルヘルス・マネジメントとは仕事や職業生活に強い不安や悩み、ストレスを書ける人は今増加傾向にあり、それが原因で休職や離職なども増加しています。 この様な中、働く人たちがその持てる能力を発揮し、仕事や職場で活躍するためには心の健康管理、すなわちメンタルヘルス・マネジメントの取り組みが重要となるでしょう。 もう少し詳しく説明しますと働く人の心の不調を事前に予防し活力のある職場づくりを目指す為、職場内で個人個人がそれぞれの役割に必要であるメンタル・ヘルスケアに関する知識、そして対処方法を習得するという資格です。 また、雇用する企業側としても社会的責任の履行、人的資源の活性化、労働生産性の維持、向上を図るうえで社員の心の健康管理は見過ごせない一面ですよね。 メンタルケアWライセンス講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座を追加したセット講座です。 メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケア心理専門士講座を追加したのセット講座です。 メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座とメンタルケア心理専門士講座を追加した講座です。 メンタルケア心理士の様に個人個人の悩みや負担を知り相談した上で援助する、と言うよりも個人個人の悩みや負担を少なくし人的資源を最大まで引き出すと言った感じで、似てはいますが方向性は全く違いますね。 この様な一面からメンタルヘルス・マネジメントではカウンセリングや医療的な知識というよりも組織の運営や経済の知識の方が重要になります。 その為カウンセラーや人の話、悩みを聞いてあげたい、という様な方は資格を取るならばメンタルケア心理士の方が良いでしょう。 メンタルケア心理士とメンタルヘルス・マネジメント、自分にはどちらの資格が必要か、どちらの分野に興味があるかをしっかり考える事が大事ですね。

次の

【メンタルヘルスマネジメント検定】の資格って役立つ?使える仕事や試験の内容など!

メンタル ヘルス ケア マネジメント

会社内にある部や課などの組織単位でのケアとなります。 そのためには、職場環境(安全面、過重労働など)の把握も必要ですし、人事や他の管理者または社外の機関との連携も実施することになります。 メンタル不調になると普段と違った行動パターンや態度が目に付くようになります。 例えば、「今までなかった遅刻が目に付く」「頻繁に無断欠勤が発生する」「仕事でのミスが増える」「感情の起伏が激しい」または「無感情になる」など。 メンタル不調者自身では気づきにくいこれらの変化に対して、周囲が先にシグナルとしてキャッチすることで適切な対処に結びつけるというのが非常に重要なプロセスとなります。 そもそものお話しですが、メンタルヘルスマネジメントを社内で実施する上で重要なキーワードがあります。 それは『予防』です。 大きくは「第一次予防」「第二次予防」「第三次予防」と 3段階に分かれています。 第一次予防:未然予防 事業主は、職場でメンタル不調者が発生しないための策を講じる義務があり、従業員の心の健康を増進させることを目的とします。 第二次予防:悪化予防 仮に従業員の中で行動や態度の異変を発見した場合は、早期に治療や就業上の措置など適切な対処の実施を目的とします。 第三次予防:回復と再発予防 メンタル不調による休業していた従業員が職場復帰のための支援を受け、その後の再発の防止を実施することが目的となります。 それと、もうひとつ大事なのが 管理者自身のケアです。 部下や周囲のことに気を掛けるばかりで、自分のケアを怠ったがためにうつ病になってしまうことへの防止も学びます。 どうしても責任感の強い上司はひとりで抱え込んでしまい、結果自分がメンタル不調者になってしまうことも多いようです。 管理者の能力が低いということではなく、メンタルヘルスマネジメントは個々で予防をするだけではなく、周囲の同僚や組織、会社全体で実施することで大きな効果を発揮します。 メンタルヘルスマネジメントの知識は、自身のケアに必要なのは当然ですが、周囲の異変をキャッチすることにも役立てることができます。 そうすることで、メンタル不調による重篤な状況を回避することが出来るからです。 近年は減少傾向にありますが、自ら命を絶つという最悪のケースを考えると無駄なことではないはずです。 それは「受験者数」です。 試験を受けられる方はほぼ毎回 10,000人を超えています。 自信を持ってチャレンジしてください。 [障害者雇用コンサルタント] 雇用義務のある企業向けに障害者雇用サポートを提供し、障害者の雇用定着に必要な環境整備・人事向け採用コーディネート・助成金相談、また障害者人材を活かした事業に関するアドバイスを実施。 障害者雇用メリットの最大化を提案。 その他、船井総研とコラボした勉強会・見学会の開催や助成金講座の講師やコラム執筆など、障害者雇用の普及に精力的に取り組んでいる。

次の

【メンタルヘルスマネジメント検定】の資格って役立つ?使える仕事や試験の内容など!

メンタル ヘルス ケア マネジメント

今、精神的な障害や病気に悩まされている人が多くいます。 ブラック企業やパワハラなどだけでなく、仕事や人間関係の悩みを抱えている人はたくさんいるのです。 メンタルヘルス・マネジメント検定はそんな現代社会で役立つ資格なのです。 どんな資格なのか具体的に見ていきましょう。 メンタルヘルス・マネジメント検定は「心の不調防止のため」実施された 労働における成果主義の激化により、精神的に疲弊している社会人が増加しています。 また、それによる休職者や離職者も。 そのため、企業では心理カウンセリングの対策としてメンタルヘルス面での取り組みを強めている傾向にあるようです。 ちなみに、国家資格ではなく公的資格の扱いとなり、学歴や年齢に関係なく取得を目指せます。 メンタルヘルス・マネジメント検定は何に役立つ? もう少し噛み砕いて「メンタルヘルス・マネジメント検定」についての理解を深めていきましょう。 メンタルヘルス・マネジメントは誰でも取得することのできる公的資格ですが、要は「メンタルヘルスに対する知識や技術を習得しています」というライセンスです。 人材をマネジメントする管理職にとっても、または自分自身のメンタルケアにとっても役立つ知識を得られる資格になります。 勿論、労働によるストレスから自分の健康を守り、最善の対処をとることもできます。 また、自分の気持ち・相手の気持ちを大切にできることから、人間関係のストレスを未然に防ぐことにも役立ちます。 『コミュニケーション能力の向上』にもつながるわけですね。 メンタルヘルス・マネジメントは目的に合ったコースを選ぼう! メンタルヘルス・マネジメントの詳細を知って、実際に取りたくなった人もいるでしょう。 実は、メンタルヘルス・マネジメント検定にはコースがいくつか分かれています。 活かしたい場所や立場に合ったコースを選ぶのがおすすめです。 経営者や人事管理の部署の人が活かせます。 具体的には、他の施設や企業との連携や、従業員への教育といった内容を決めていく際のメンタルヘルスケアに役立ちます。 部下のストレスや心の健康に気を配って、従業員に仕事へのやりがいを感じてもらうためのメンタルヘルス・マネジメントの知識が得られます。 気持ちに余裕が出る事で仕事の効率や成果も上がるでしょう。 心の健康問題は自分で管理するのが1番いいです。 自分の心やストレスの状態に気づき、適切なケアを行うためのメンタルヘルス・マネジメントの知識が得られます! 正しいストレス対処の仕方を身につけたい人はぜひ! 実際のところメンタルヘルス・マネジメントは就職先で役立つ? 取得コースを見ていったところで、イメージが膨らんできたのではないでしょうか。 メンタルケアは企業の重要課題なので、役立つのは間違いない 最近では「メンタルヘルス・マネジメント検定」は個人的な心のケアだけでなく、『企業にとっても需要のある資格』とされています。 どの企業も安心して仕事に取り組める職場環境を整備するのは経営課題です。 従業員の健康管理は最重要事項としているでしょう。 快適な職場づくりと人材育成には不可欠!需要は高い 様々なストレス要因が渦巻いている現代社会ですから、従業員にかえりみることなく前だけを見ていては、心身の不調を訴える人がどんどん増えていってしまいます。 ひいては会社の経営すらも危うくしてしまうリスクをともなっているので、快適な職場づくり、および活力ある人材の育成のためには、自然と「メンタルヘルス・マネジメント検定」には需要が生まれるのです。 社員のメンタルヘルス・マネジメントができる人材は現代社会には必須の人材ですメンタルヘルス対策は企業の超重要課題のためメンタルヘルス・マネジメントの資格をもっていると会社でも重宝されるでしょう。 メンタルヘルス・マネジメント検定は需要のある資格!就職先で役立てよう 就職先で役立つメンタルヘルス・マネジメント検定について紹介してきました。 メンタルヘルス・マネジメント検定は、労働によるストレスを軽減するために大いに役立つ公的資格です。 現代の社会においては、従業員にとって様々な負担が強いられている作りとなっています。 そして、これからもひとりひとりの負担は増加していく可能性も否定できません。 そんな環境下にあって、悩みを持つ人々の心の病を未然に防ぐのに役立つのがメンタルヘルス・マネジメント検定の資格取得による「心のケア」の知識なのです。 自身のコントロールも含め、周囲の人間を救うこともできる貴重な能力といえます。 メンタルヘルス・マネジメント検定資格は『今まさに学ぶべきこと』のひとつです。 自分や周囲の人々、家族でさえも救うことのできる知識です。 ぜひとも就職先でも役立てて頂ければと思います。

次の