切り干し 大根。 切り干し大根の煮物のレシピ/作り方:白ごはん.com

切り干し大根レシピ!人気1位は?【殿堂】つくれぽ1000超の煮物のサラダなど

切り干し 大根

切干大根の煮物の下準備 切り干し大根はさっと洗ってから、たっぷりの水に20〜30分ほどつけて戻します(もとの重量の4〜5倍にふくれます)。 戻している間に、にんじんは4〜5㎝長さの少し太めのせん切り、油あげは細めの短冊に切ります。 切り干し大根がしっかり戻ったら手でぎゅっと水気をしぼります。 はじめに鍋で切り干し大根を炒めるので、ここでしっかり水をしぼっておくことが大切です。 それから、切り干し大根の戻し汁は大根の甘みが出ているので、 加える水分量200mlの半分くらいまでなら戻し汁を入れても美味しく仕上がります。 ただ、戻し汁200mlにすると少しうま味が足りずにぼんやりした味になるので、半量くらいまでにするとよいと思います。 はじめに炒めるのは 1分くらいでOKです。 続けて、鍋にだし汁と油あげを入れ、Aの調味料をすべてを加えて軽く混ぜ合わせます。 沸いたら 弱火にして落し蓋をして12分前後ほど煮ます。 10分経ったら、落し蓋を取って箸で混ぜ合わせます。 鍋底一面にうっすら煮汁が残っているくらいでちょうどよい加減になっていると思います。 味をみて良ければ火を止めます(少し煮詰め加減があまいようならもう数分煮てあげましょう)。 仕上げにゆでた絹さやを刻んで加えても美味しいです。 コクのある仕上がりにしたいときはサラダ油の代わりにごま油を使っても。 また、青みはなくてもOKですが、加えるなら絹さや以外にも刻んだ三つ葉をさっと煮上がる1〜2分前に入れても美味しいです。 冷蔵庫で3〜4日ほど、冷凍すれば一か月ほど保存ができます。 まとめて作るのもおすすめです。 2倍分量で作るときは、だし汁以外の材料を2倍にして、だし汁だけ1. 5倍の300mlで作るとよいです(だしが400mlだと煮詰める時間が長くかかるため)。 だし汁は、、、などで。 煮干しだしで作っても美味しいです。 保存したものを食卓に出すときは再度温めてから、弁当に入れるときは作りたてに近いものを使うとよいです(弁当の場合は特に芯まで加熱した後に一度冷ましてから!)。

次の

切り干し大根の煮物のレシピ/作り方:白ごはん.com

切り干し 大根

目次 切り干し大根の栄養と効能 一覧• 注目の栄養は豊富な食物繊維 - 便秘の解消、整腸作用 切り干し大根には豊富な食物線維が含まれています。 食物繊維の中でも特にリグニンと呼ばれる不溶性食物繊維に注目。 腸内の善玉菌を増やす整腸作用や、水分を吸収して便の量を増やす役割もあり、腸の蠕動運動を活発にして便秘を解消する効能があります。 また、胆汁酸を吸着して便とともに排出する働きもあるため、コレステロール値を低下させ、動脈硬化の予防にもつながります。 リグニンは食物の細胞壁に含まれる成分で、切り干し大根の他ににも含まれています。 とくに切り干し大根の食物繊維は不溶性食物繊維が豊富で、100g中「不溶性:5. 2g、水溶性:16. 1g」を含みます。 切り干し大根は水溶性食物繊維が少ないので、などと一緒に調理をするのがおすすめです。 切り干し大根はカリウムも含む - 効能はむくみや高血圧の予防に 切り干し大根の栄養には、カリウムも含まれています。 カリウムはミネラルの一種で、体内の過剰なナトリウムの排出を促す効能がある成分です。 尿や汗とともに余分なナトリウムを排出することで、カラダのむくみの改善や予防、高血圧の軽減に働きます。 また、カリウムには筋肉を正常に保つ効能もあります。 カリウムはナトリウムを排出するだけに限らす、体内でお互いのバランスを整えています。 このふたつのミネラルがバランスよくいることで、筋肉の収縮が正しく円滑に行われます。 鉄分やカルシウムも含んでいる - 健康な骨作りと造血作用 切り干し大根の栄養に含まれる栄養には、鉄分やカルシウムなどのミネラルも含まれています。 貧血予防に有効な鉄分は、血液の主成分。 そして全身に酸素を運ぶ効能があります。 また、切り干し大根には造血や貧血に関わる、銅や亜鉛、ビタミンB郡などの栄養も含まれています。 また、骨の健康維持に欠かせないカルシウムのほかに、マグネシウムやリンなども含みます。 丈夫な骨を作る効能が骨粗鬆症の予防に働きます。 ビタミンB群や食物繊維の効能 - 美肌づくりにも有効 切り干し大根には美肌効果もあります。 切り干し大根にはビタミンB群が含まれています。 肌や粘膜の健康維持に欠かせないビタミンB2、ナイアシン、ビオチンなどです。 また、切り干し大根に含まれる食物繊維やカリウムが、便や尿、カラダに不要な老廃物を排出して、デトックス効果を発揮することも美肌につながります。 とくに便秘はカラダに毒素をため込んだ状態なので、ニキビや吹き出物といった肌荒れの原因になります。 ただし、ビタミンB群は水溶性なので、水に浸し続けると溶け出すので注意です。 切り干し大根の注意点とは? - 水溶性のビタミンが失われやすい 切り干し大根は、必ず水で戻してから調理しますね。 そのため、水溶性ビタミンやミネラルが溶け出しやすく、ビタミンB群やビタミンC、カリウムなどの栄養が失われてしまいます。 少しでも栄養を残すには、長時間水に晒さないことです。 また、不溶性食物繊維が多いため食べ過ぎるとお腹がはり、便秘や膨満感といった不調の原因にもなります。 1食10~15g程度に 乾燥状態 に抑えましょう。 切り干し大根の戻し方 - 工夫次第で栄養とうま味アップ 切り干し大根の栄養を逃しにくい戻し方をご紹介。 水で戻すと5倍に膨れます。 まずは水で戻す前に、1~2回ほど揉み洗い。 汚れやごみを落としてから水で戻します。 時間は調理によって異なりますが、15分以上つけると歯ごたえが弱くなります。 また、調理には戻し汁を利用することで、溶けだした栄養を無駄なく摂ることができます。 最近は、乾物をにつけて戻すのがおすすで、植物性にはない動物性のタンパク質や、カルシウムも摂ることができます。 ポテトサラダ風にしたりに加えて食べることができます。 切り干し大根は乾燥状態ではビタミンやミネラルは多いですが、水で戻すとさほど多くはありません。 歯ごたえや満腹感がしっかりとあるので、ダイエットと健康維持のため、毎日続けて食べるのがおすすめです。

次の

切り干し大根の戻し方や戻し時間と干し方!リメイク方法!|健康♡料理♡美容♡恋愛

切り干し 大根

新鮮な大根1本• 皮の内側にも栄養があるため、皮は無駄にせずに使っちゃいます。 なので、大根は選ぶときは皮に傷がなく、張りがあるものを選びましょう。 これで1本分です。 全て輪切りにしたら、次は千切りにします。 目安はポテトフライぐらいの細さです。 ざくざく切って、ボウルいっぱいになりました。 皮つきのままだと、ここまでの作業時間は5分もかかりません。 大根を全て千切りにしたら、後は干すだけです!早く乾燥させるために、大根は水気があるなら拭いておきましょう。 ホームセンターなどで売ってます。 網目が細かいので虫が入らず、チャック付きなのでとても重宝しますよ~。 干しザルは梅干しを作るときに最適ですが、大根は水分があるので虫が入らない干しネットがおすすめです^^ 先ほど切り終わった大根を入れて、後は待つだけ。 ほんのり甘い大根の匂いがします。 このまま 2週間ほど干します。 大根を干すときの注意点• 雨の日は干しネットを室内に入れましょう。 こまめに様子を見て、大根がカビてないか確認してください。 外気温が低ければカビにくいと思います• お好みの乾燥具合で、干す日にちは調整してください。 自家製切り干し大根。 作るのはとても簡単なので、ぜひお試しください。 また完成したら、写真を追加していきます^^ 干し始めたのは11月30日から、大根は1本約1キロ 切り干し大根は5日間で完成! あれから次の日に、どんな具合になってるか写真にとってみました。 干し始めて2日目 まだまだ水分が残っていて、大根はしっとりしてます。 干し始めて3日目 兵庫県は良い天気でした 全体的にしわしわになってきました。 手に持つと、まだしっとりしてます。 干し始めて4日目 兵庫県は良い天気でした 乾燥が一気に進みます。 4日目でも大根の甘い香りがしましたよ。 そして、干し始めて5日目で完成しました! 当初は2週間ほどを予定してましたが、わずか5日間で乾燥しました。 手に持つとカラカラに乾いてました。 1本1キロの重さの大根を丸ごと乾燥させて、完成したのが 76gです。 76gなら、私たち夫婦2人で2・3回調理すると無くなると思います。 まとめて干せるスペースがあるなら、大根3本分ぐらいの切り干し大根を作るとストックできていいかもしれませんね。 水で戻すと市販のものより太い出来具合です。 さっそく切り干し大根作りました。 薄揚げは外せません! 一口食べてみると、 食感がすごくしっかりしてます!! 市販のものは個人的に柔らかいかな、と思ってたので自家製の切り干しの硬さが好きです。 切り干し大根の保存方法• ジップロックに入れて冷暗所で保存しましょう• 早めに使い切ってください• そしてヨーグルトで作る切り干し大根サラダに見事にハマり、大根を見れば切り干し大根を作りたくなる衝動が沸き上がる管理人です 笑 季節が変わり、今は5月のGW真っただ中です。 (2016年5月に書いてます) もしかして5月でも切り干し大根作れるのでは? と、唐突に思ったのでさっそくチャレンジしてみましたよ! 今回は1本の半分を使い、皮をむいて作ります。 いつものようにポテトフライの細さにひたすら切って 干しネットに入れて干すだけです。 5月4日の神戸は最高気温25度、最低気温16度。 日中はかなり暖かかったです。 なんと干して2日目には完成! 5月5日の神戸は最高気温24度、最低気温17度。 あっという間に完成しましたよ!! けっこうカラカラに乾きました。 冬の大根と違ってあまり匂いはしないです。 大根半分で 56g出来ましたよ! 梅雨前の5月でも切り干し大根を作れることがわかりました! 冬場に作るより、より短い日にちで切り干し大根を作ることができます。 良かったらお試しください^^ ここまでご覧いただき、ありがとうございました~!!.

次の