デュエル リンクス meta。 『遊戯王デュエルリンクス』「月光」で1ターン2回融合の仕方と、純粋な「月光」デッキレシピ

コナミの決算から見る、「紙」と「リンクス」の遊戯王のチカラ(2018年編)

デュエル リンクス meta

スマホゲームは 「お手軽」「基本プレイ無料」「種類もすごく豊富」なゲームアプリであり、スマホを持っている若い世代や中年代あたりの人の多くは、現在進行形でプレイしている人が多いのではないでしょうか。 かくいう私も、スマホゲームをやっています。 メインで遊んでいるのが「遊戯王デュエルリンクス」。 サブで遊んでいるのが「FGO」。 FGOの方はサブというよりも、ログインだけ毎日行っている形です。 大抵のスマホゲームには、1日1回ログインするとゲーム内アイテムが無料で貰える「ログインボーナス」があります。 「無料で貰えるものは貰っておかなきゃ損」といった精神から、プレイしていませんがログインだけは毎日コツコツと行っていたのです。 そして今年の締めとなる12月28日。 私はデュエルリンクスとFGOをやめた。 デュエルリンクスとFGOの2つのアプリをスマホからアンインストールして、この2つのスマホゲームのプレイを終わらせました。 遊戯王デュエルリンクスは面白かった! FGOを始めた理由は、原作のfateシリーズや空の境界のファンであったから。 最初はスマホゲームという理由で敬遠していましたが、ストーリーも面白いと聞き、第六章が始まったあたりから参入しました。 序盤のストーリーは正直面白くありませんでしたが、ナイチンゲールのキャラが魅力的に描かれているアメリカ大戦の章や、攻略の道筋がなかなか見えない円卓の章。 そして終始絶望感が漂う中で奮闘する古代メソポタミアの章は非常に面白かったです。 後半の盛り上がりは、さすが奈須きのこ氏だと思わせてくれる興奮するストーリーでした。 …しかし、メインのゲーム性が絶望的に詰まらない。 1ターンに5つのコマンドを選んで戦う方式でしたが、あれを面白いと思ってゲームを続けることはできませんでした。 俗にいう作業ゲーです。 スマホゲームにありがちな周回作業も含めて「ストーリーを読むために、詰まらないゲームを毎日している」感じでした。 対して遊戯王デュエルリンクスは、カードゲームとして非常に有名な遊戯王をそのままアプリで遊べるようにしたもので、ゲームとしての面白さは抜群でした。 私は子供時代に遊戯王カードに嵌って友人たちとたくさん遊んでいた世代です。 デュエルリンクスを始めた理由は、そのような懐かしさから。 そしてデュエルリンクスはネットですぐに誰とでも対戦ができます。 そうして、 ストーリーが面白いFGOとゲームが面白い遊戯王デュエルリンクスが、私の生活習慣に定着していきました。 私が唐突にデュエルリンクスをやめた理由 FGOについては 「キャラを成長させるのに膨大な周回作業が必要」といった作業ゲーを強要される時間が非常に多かったため、ストーリーを進める以外の時間が終始苦痛でした。 そのため区切りとなる第一部をクリアしてからは、自然とゲームをプレイすることがなくなりログインボーナスを貰うだけとなっていました。 反対にデュエルリンクスについてはゲーム自体が楽しかったため、毎日ログインしてアイテムを貰いつつ、オートでコンピューター対戦を回してデイリー任務を消化したり、ランク戦と呼ばれる対人戦に参加して遊んでいました。 流行のスマホゲームはユーザーを離れさせないよう、次から次へとイベントを用意してくれます。 デュエルリンクスも例外ではなく「何もイベントがない」期間が少ないくらい、いつも何かしら新規イベント以外にも限定キャラや限定ステージ(またそれに伴う報酬)などを発生させていました。 加えて、毎月リセットされる「ランク戦」は5勝または10勝ごとにゲーム内アイテムが貰えます。 ランク戦自体が対人戦で面白いのに加えて、一定数勝つごとにレアカードと交換できるチケットなどが貰えるのですから「やらなきゃ損」という気持ちも含みつつ、存分に楽しんでいました。 そして12月の終わり頃、ランク戦で対戦を終えた後に一つのメッセージが表示されました。 しかし、私はこのメッセージをみて戦慄しました。 私がデュエルリンクスを始めたのは今年2018年の話です。 半年以上はプレイしていますが、まだ8ヶ月か10ヶ月ほど。 それなのに対人戦であるランク戦を1000回やったというのであれば、自分がどれだけこのスマホゲームに時間を使っていたのか。 それを予想外の形で突きつけられることとなりました。 仮に10ヶ月プレイしたとして、1ヶ月あたり100回ランク戦をやったこととなります。 これが多いのかと言われれば、デュエルリンクスをプレイしている人にとっては決して多すぎる数字ではありません。 何しろ、デュエルリンクスのランク戦の報酬に「100勝でURチケット」があるのです。 しかも毎月リセットされるため、取りあえず100勝までやることを毎月のノルマにしている人も多くいると思います。 そのためスマホゲームに嵌っている最中は何とも思いませんでしたが、 いざ「ランク戦1,000回」という事実を見せられると、社会人として貴重なプライベート時間の使い方を改めて考えさせられます。 ランク戦は対人戦ですから、相手プレイヤーの思考時間も含まれます。 1回の対戦が平均で10分ほど。 これを1,000回行うと、既に10,000分使っていることになります。 もっとシビアに考えると、1日に睡眠や食事などに費やす時間は大体10時間であり、14時間が趣味や勉強などに費やせるプライベート時間です。 夏季休暇と冬期休暇の間中、ずっとデュエルリンクスのランク戦をやっているようなものですね。 正直、アホかと思いました。 日中仕事を頑張って早い時間に帰宅できるようにしても、このようなプライベート時間の浪費をしていては意味がありません。 よくパチンコで負け続ける人に対して、収支をつければ自分がいかにお金も時間も無駄にしているかわかるのに…という声がありますし、自分も同意していました。 が、今回のこのデュエルリンクスの時間の使い方はパチンコと同様、問題を直視しないで気にしないで続けていたことにあります。 いざ現実を突き付けられて時間を換算し、 ここで始めて「自分がスマホゲームにどれほど時間を取られているか」を認識、反省しました。 スマホゲームに終わりはない。 だから「やめた」 スマホゲームの良い点は「お手軽」「基本プレイ無料」「種類もすごく豊富」であり、ユーザーを飽きさせないようにイベントも常に開催しており十分に楽しめるツールです。 ただしその反面、「明確な終わりがない」のが大きなデメリットでもあります。 家庭用の据え置きゲームでドラクエなどのRPGでは、ストーリークリアがゲームの終わりになります。 またストリートファイターやマリオパーティなどの複数人で遊ぶゲームについても、容量は豊富ですがいずれ遊びつくした感が出てくるでしょう。 こういった終着点が、スマホゲームには基本的に存在しません。 ある程度遊びつくしても、次々に追加されるイベントや新キャラ、新システム。 ユーザーが離れることはそのスマホゲームの終了に繋がるため、 あの手この手で私たちの関心を常にスマホゲームに向けるように仕向けてきます。 家庭用ゲーム機のソフトは 「いかに面白いゲームを作り、売り上げを伸ばすか」 スマホゲームは 「いかにユーザーを繋ぎとめて、ゲームをやめさせないか」 ゲームという同じジャンルですが、スマホゲームはそもそも家庭用ゲームソフトとは制作の理念が異なっているのです。 そして私はその理念通りに長期間と長時間、スマホゲームに嵌りました。 今の生活に満足しているのであればこのスマホゲームは暇な時間を無くしてくれる、有用な終わりのないゲームとなるでしょう。 そのためスマホゲームの遊戯王デュエルリンクスとFGOの引退を決意。 今年12月28日の時点で、スマホゲームをやめたのです。 自制できないならスマホゲームはやめてしまおう! スマホゲームをやめて、アンインストールをしました。 デュエルリンクスに使っていた時間も空き時間となりプライベート時間の容量が少しすっきりしました。 何もアンインストールすることはないのでは? と思う方もいるかもしれません。 実際、息抜き程度にスマホゲームを扱えている人は一番上手にスマホゲームと付き合っていると言えると思います。 そういう意味では、デュエルリンクスなども自分の時間をちゃんとコントロールできるのであれば「やめる」必要はなかったでしょう。 ただ、私は自制できる自信がありませんでした。 通常時ならともかく、イベントが開かれれば報酬欲しさに息抜き以上にプレイすることでしょう。 イベント報酬は、そのイベントを逃してしまえば次のイベント復刻まで手に入れることはできません。 ゲーム内での有用性があるかどうかはともかく、取りあえず欲しいと思ってしまうのがコレクション性に富んだスマホゲームの強い誘惑なのです。 またカードゲーム特有の「新カードでデッキを組んで調整」。 これが非常に楽しい反面、あっという間に時間を浪費してしまいます。 デッキを作り、実際に試しで回してみる。 通常召喚できるモンスターが少ない。 パーツが揃えば強い反面、事故率が高い。 迎撃用の罠カードを減らして、パーツが揃うまで時間稼ぎできるカードをもっと投入するか…etc デュエルリンクスは対人戦が無料で何回もできるため、輪を掛けてデッキ調整に時間を掛かってしまいます。 無料で対人戦ができるのがデュエルリンクスの良いところであり、逆に私みたいに自制ができない人にとっては無限に遊んでしまう悪い面となるのです。 そのため、意を決してスマホゲームをアンインストールしてやめた。 スマホゲーム自体は楽しいので、また私自身の課題が片付いたら再開したいと思います。 それが何年後になるかはわかりませんが…。 ただ「ブルーアイズ・カオス・ MAX・ドラゴン」は大好きなので、そのカードが出てきたら心が揺さぶられるかもしれません。 その時に迷いなくデュエルリンクスを始められるように、今はスマホゲーム自体をやめて、私自身の課題に専念します。 私を含めて自制できていない皆さんは、スマホゲームの取り扱いに十分注意して有意義なプライベートを過ごしてくださいね!.

次の

30枚デッキでデッキ破壊厨絶望www【遊戯王デュエルリンクス実況#179】【Meta deck destruction】

デュエル リンクス meta

遊戯王 デュエルリンクスとは、を基に開発された、にとしてされているである。 概要 に登場したをとして、 と呼ばれる形式でのを用いてのを行うことが出来るである。 開発及びは。 さながらのによるに加え、のがのを召喚した際には専用の口上とーションが入るといった演出がある。 本作は相手にする「 」に加え、「 対戦」により他のとすることが可。 様々な制約こそあれど、で見知らぬ相手とすることができる。 また、にした相手のとすることや、他者のを観戦することも可となっている。 配信開始予定だったが延期され、配信開始はドを経て同年に行われた。 その後、にでのを開始した。 よって、はでのも可で、かつのを引き継ぎできる。 は「 」のを3形式に落とし込んだようなものである。 基本料の制であり、現はに内でを購入する際に必要となるが、他のゲー同様の報酬やその他によって 色 の 石 ジ ェ ム が貰えるので、ごく一部を除けばの購入はで十分可 とのでの報酬としてのみ貰えるも存在する。 購入に が使えないのは「 2以降のスー 一部除く 」、「 各の拡 45まではLV報酬でも増やせる 」、「 一部を除いた及びの 柄もあるぞ 」。 そして の上げに利用できる消費等である。 されているはごく一部を除いて準拠の効果を持ち、内のを見ながら追加されている。 古い物からされることが多いが、中には近年ので登場したも追加されることがある とはが違うので思わぬ活躍をすることもある。 世界観 が開発し、中のとが可な仮想間という設定で、開始当初は初代『 』を基にした のみが存在し、登場も初代及びに準じた人物のみが登場していた。 に『 』を基にした GX がされ、・を模したに達や、の実技担当最高者こと名物等も登場した。 その後、にはから数十年後のを描いた『 』を基にした が。 また、この作品から登場したとそれに関連するも同時にされた。 から劇場作品である『 』を基にした が。 版とは扱いとなったの正当な後日談であり、同一人物でも大きく印が変わっていたりする。 手持ちのと消費は共有だが、それぞれ別のという扱いになっているため、間をが移動することはできないが、各に設置されたと呼ばれる施設から「 ・」という消費を使うことで、別ののとをすることが出来る。 デュエルリンクスにおけるデュエルのルール スピードデュエル によりでのとなっている新とべた場合、• 初期値は 00 使用によっては増減する。 初期手札はお互いに 4枚 同上• 枚数は 20枚~枚 使用によっては場及びにのが追加される。 以下 は 最大5枚 同上+ の生涯での拡。 、・が 3しか存在しない Pともい。 フェ2が い。 の違いがある。 先攻ドローがいので、後攻はテージに勝るのは3以後と同様かつより顕著。 それに加え、各には『 』というがあり、複数ある内の一つを予めして使用する。 それぞれ発動条件と1中に使用できる回数が違い、同じを持っているも居る。 中には外からのを発動及び手札やに追加するという効果を持つものもある。 《》等現状では強すぎるという理由で一部のしか使えないも持ってこれたりする。 ちなみにの発動と効果に対して出来ず、の効果に対してが誘発してもに乗らない上、の効果でが場に出た場合は通常召喚・特殊召喚として扱われない。 また、の発動を直接妨するもい。 ただし、で得た自体はのとして扱われる。 リミットレギュレーションとスキル調整 に登場するはほぼ全てとしてする物であり、あまりに古いはがされていたりするが、裁定もほぼ同じ はず である。 しかし、等の関係から全を網羅しているわけではない。 自体はされているが、が取得する方法がいので、高の専用と化している物もある。 論の性も調整が必要となれば行われ、には上方修正を受けたもある。 その際にはの制限も調整も簡単な調整理由がに告知される。 【禁止】:。 での実績と反省がある為か、今のところ定される事態となったはい。 今のところは。 実情としては、下記の制限がより厳しいのもあると思われる。 【LIT1】: 制限。 それに加えて、と違い以下のが追加されている。 【LIT1】定された群は、その内1枚しかに入れられない。 【LIT2】: 準制限。 論 【LIT1】とは共存可。 【LIT2】定された群は、合わせて2枚までしかに入れられない。 【LIT3】: 【LIT1】【LIT2】とは共存可。 【LIT3】定された群は、合わせて3枚までしかに入れられない。 これとは別に、内での条件を満たした場合のみ1~2枚貰えるがいくつか存在し、実質制限を受けているものもある 【LIT】定されたとの共存は可なので、そこは。 ゲームの流れ 開始時にかのどちらかを最初のとして選択する。 その後、的に二人のが始まり、勝負がつくと から本番開始になる。 初期の内容は基本的に以外のほぼ全共通して、自身がとする1枚と、の様にを召喚するための前提となるが用意されている 一部例外 他は、攻撃0にすら満たない弱小なくらいしか入っていない。 しかし、の低い序盤は、内に現れる も同のしか出してこない 名もきやを除く。 彼らとし、を獲得してのを上げるとやなどの報酬が手に入るので、それらを集めてを強化していきながら毎のを達成し、を上げていくのが基本的な流れになる。 一定のに到達等の条件を満たすことで と呼ばれるの登場人物達が現れ、内にとして登場したり、からを挑む事が可になる。 更に と呼ばれるお題をすると、そのを化することが出来る。 また、期間限定のによってのみ出来るも居る。 その多くは同様のを何度か開催した後、別の方法によって通常中に出来るようになった。 ただし、その手ののは、での彼らの描写に沿ったお題が多く、のやが必要だったりでかなり面倒。 ミッションについて 提示されたお題をすると様々な報酬が貰える要素。 各に設けられたお題を全てこなすととなり次のに上がれる。 登場した毎に設定されている。 お題を全てこなすと化出来るが、発生させるには生涯のが必要。 リー 毎週される。 生涯 実績を元に報酬が貰える。 登場や等が報酬のは基本非開。 期間限定に連動している 当然期限付き。 ものによっては日毎にされ、後半に追加される事も。 施設 仮想のは、基本的に全てが下記の4つので構成されている。 各のジェにはするとが作動するものがあり、当たり演出が出ると少量のが貰える。 ゲートエリア と呼ばれる大きな状の物体が置いてあるの に触れると…。 は各を間接的に繋いでいるのか、「 ・」というを消費することで、各のにを挑むことが出来る。 ここに出てくるは各自のにで出現するものと同じを使用し、報酬も同一である。 触れるとを対戦相手としての 詰め や、配信パックに収録されたを用いたを借りての が楽しめる。 それぞれ初時のみが貰える。 コロシアムエリア 対人戦を行うための ムがある に触れると…。 戦では中のと対戦が可となっていて、勝てば勝つほど上位に昇格し、より強い相手とングするようになる。 ここで になることが、の最終標。 他にはムを作成しての人としたり、関係なしの 対戦、の 対戦もある。 一応他人のを見ることもできる。 ランク戦概要 段階 備考 頂点 降格し。 複数人昇格可。 1~5 1は降格し。 1~7 降格し。 1~7 降格し。 1~7 降格し。 ブズ 1~7 降格し。 1~3 降格し。 戦のは右の表にある通り7種類の区分があり、 、 、 以外は 1~7の7段階に分かれている。 彼のによって回数は変わるが、連勝すると昇格し、逆に連敗と降格する 備考は毎のによる降格の有。 一定への昇格によってが貰える他、累積回数によってのと交換できる「 チケット」等が貰えるため、がむに挑戦するだけでも得るものがある。 毎の始めにが掛かり、のから5段階下がっての再開となる。 ちなみに 降参 もあるのだが、切断行為の抑制や敢闘を推奨するためリーやで、勝ち負け関係なく切断ももせずにをやり遂げるとが貰える場合がある。 ショップエリア 各種有料を購入するための がある のの辺りに触れると…。 パックは内容が固定の所謂 BOXになっており、全部引き切れば確実に狙ったが手に入る の区分は U R・ ・ R・ N。 しかし、のはOX中1種につき1枚しか入ってないので、3枚集めたいときはコツコツを集めるかりの出費を必要とする 一応、年に数回貰える~チケットの交換対に入っている事がある。 もし、々に欲しいを引き切ってしまったら、 BOXを行うことで新しいBOXから購入することが出来る。 1パック 3枚入 o20円。 1200~パックのBOXと、~パックのBOXがある。 現で一度に沢山購入するととしてが付く。 何かの記念等に配信される「 セレクションボックス」以外は基本的に 配信期限が設定されていない。 ストラクチャーデッキ のに沿った「 スー」形式の販売も存在する。 20枚に加え、 や を使う前提のでは用のも入っている。 一部除いてそれぞれ 1回だけでの購入ができる。 のスーに1枚しか入っていないも存在し、それらを3枚となるとやはり現での購入が必要になる こちらも、年に数回貰える~チケットの交換対に入っている事がある。 は通常価格0円、特別価格0円 1回限定。 こちらも特に 配信期限は設定されていない。 カードトレーダー 前の広場には トが居り、のを行っている。 対人でのトレード機はいので、の上3枚以降の同名は基本的に不要となる。 それらを交換用の消費に変換し、一を支払うことでのと交換できるのである 定期的にナップが変わる。 交換用の消費はったの処理以外に、とのでの報酬等の通常でも入手可な他、報酬など様々な条件で集められる。 また、パック購入や報酬で入手できるには「 シャ加工」及び「 加工」と呼ばれる特殊なる加工を施されている物がある 通常のものは「ベーシック加工」と呼ぶ。 それらをで使用すると評価に特別が加算される様になっており、を狙う場合に重宝する。 のの様な特別な条件の達成で入手出来る物は確定で加工が施されている場合がある。 更に トから交換できるは、大量のを消費することで加工を施すこともできる。 デュエルラボエリア 旧カードラボ 、、が見れる ラボがある の中身が気になる…。 特にとは、やの取得条件をすぐに調べることが出来て便利。 召喚の鑑賞が追加されてから名称を ラボから ラボにめた。 街頭リプレイ ラボの外にあるから、で高戦ののを視聴できる。 1日に1度だけ、視聴するだけで5が貰える。 登場人物 プレイアブルキャラ は通常、は現状期間限定で入手可。 DMワールド 「 」始まりの地、 を模した。 常にシ状態。 しかし、登場するは当時ほどの悪い人たちではない。 初期のは 《》。 に族や族と相性の良いを取得する。 また、多くのが取得できる汎用としてLPが一定値減る毎にドローフェでドローするをの に に限定する 『ドロー:〇』というのがあるが、彼の場合、その系としてドローという名の任意サーチが可な 『ディスニー・ドロー』を固有として取得できる 論中に1回しか使えない。 他に、のでのみ取得できる固有 『』はにおける同名の発動条件に「 《》を召喚したの終了時」という条件を付けることで、版と違いと同じ効果 「お互いの手札が6枚になるようドローする」を実現した。 このは生涯で取得できるようになっている。 その代わりに新しくで可なとして、開始時に 《ズ・》1枚をに追加する『 受け取れぇぇい!!』が登場した。 名はに登場した名やをにしている物が存在するが、これはがに言ったであってのではない。 なんでと同時に存在できるのかは考えなくていい。 元々は限定で化も報酬だった。 初期のは 《破壊ラ》。 開始時にが自分のに追加される 『じいちゃんの』なる固有を取得できる。 《》とそのはこのでしか使用できない。 また、の条件を満たすことで、LPが一定値減る毎に1度、手札を1枚に戻して 《LV4》をからに出す固有 『沈黙の』を取得できる。 なお、「 」関連は LV4・L・沈黙のも含めて、全てパック及びスー収録である点に留意。 は彼の会社「 」が開発したことになっている。 たまに内で も開催している。 初期のは論 《》。 しかし1枚だけ…。 彼のは族と上級がである。 という的なをすると使用可になる。 は一応 《》。 として参戦した際、に用意させたにはほとんど弱いしか入っていなかった。 ると、を介してから 「自分のでを集めるように」と釘を刺されてしまった。 しかしの示で用意された初期には1枚だけ 《》が入っていた。 が流となる以前のとの「 編」のがあるである。 (:) 召喚:《》《》 の親友にして。 は魂の 《》。 取得できるは族と、劇中やたら運が良く、で結果が変わるをよく使っていた描写のおかげで系の効果が多い。 そしてL00からのを防ぐことすら可な 『根性』というを取得できる そのの開始時にL00以上いと発動しないが。 また、系の中でも特に手な効果を持つのが 『』という固有。 5以降に自分のLPをになるように支払い、手札を2枚捨てて発動できる。 を振り、出たの枚数ドローする。 大きなが出れば豊富な手札から大逆転も可だが、手札内容によってはものである。 しかし、のを最優先で引きたいのでかなり多用されたので「 7以降に発動可」に調整された ついでにそののが何枚かされた…。 (:) 召喚:《》 の親友。 かどうかは諸説ある。 は、で使用したためか 《》。 から挑めるとしての強さは大したことないのだが、ある期間限定では、に煽られたがとイに相談し、割と本格的な 【・パー】を組んで逆襲に来たことがある。 の取得できるで特筆すべきは、お互いの初期手札が1枚増える固有の 『スタン』と、中1度だけ、L000以下の場合に発動でき、相手終了時までLPを要される効果発動時にLPを支払わずに発動できる 『0』である。 前者は説明通りの効果で、初期LPがの半分なのもあってを与えると非常に相性が良く 特に《》 、で先攻を狙うが横行したらしい。 そのため、調整として「 使用者は自身の初手にの効果を発動できなくなった」。 はのなら考えそうなことだが、【 フラ】に利用できる。 が 《》からで 《》を2体出してくる様は非常に。 このが使えるは他にも居るが、の報酬で簡単に取得できるのはだけである。 その他にもLPを要する強なを実質2に渡って連発できたために「 発動後、適用出来るのは1回だけ」に調整された。 (:) の親友。 のとして現れた? 登場した時はがを吐き、どこももだらけになった。 ちなみにを挑むと弱すぎて殺されるらしく、画面に移ることなく悲鳴を上げて消える 何回か繰り返すとのとが貰えた。 後に、期間限定としてだが、ちゃんとが出来るようになった ちなみに半端なだとに負ける程度には強くなった。 そんな彼も使用可に。 闇から表人格のを取り戻すために、彼催のに挑むも、判定で 大失敗 を出したため駒「 魔士ト」に変えられてしまう。 他ののを借りてをし、闇の支配者ゾークを討伐することで使用可になる。 初期には? として、彼お気に入りの 《ンダー》が3枚入っている がって…。 固有には 《ンダー》をに見立てた 『[ンダー]』がある。 とは、回の「 編」で使用された特別の事で、がで一したことのある回でもあるのだが、実際に彼がに据えたのは 《・ナイト》である。 (:) 召喚:《》 美しき孤高の女。 は 《》。 なお、初期には 《》と 《-麗なる分身-》も同時に入っているので一応出せる。 の固有は同様を確認できる 『戦術 ・ 』と「 」であり、特に 『の遺志』はの「 」を一定枚数除外して外から 《》を手札に加える効果であり、本作では現状このとの固有 『創造者』及び、「 」でしか 《》を使用することは出来ない。 しかし、の報酬は後半になると「 」系のになってしまう。 (:) 召喚:《セクト》 の割にはのある初代族使い。 彼を登場させるにはまずに勝する必要がある。 は 《セクト》だが、彼が使えるようになる頃には別ので使っていたをした方が強いだろう…パックには 究極変異態も収録されていることだし。 彼の固有は族というよりで彼が用いた戦術に由来するものと言ったほうが良い。 彼はのおかげで 《・》が居なくても鱗粉を撒き散らし、相手のに 《パラ》を仕込み、 《の》の成長を倍に出来るのだ それでも《の》や「・セクト」の方が速い…。 (:) 召喚:《》 だと出番が増えた代わりにのと化しているの初代族使い。 しかしは 《二頭を持つ・》でも 《ナイト・》でもなく 《》 何故かまた持っていた。 彼の固有はに族をし、に貫通効果やなどのを与えることが出来る。 ある期間限定では、の 《》は元々自分のだが、「 」使いのはに譲ってちゃんとした族のを手に入れようと奮起していた。 「やっぱ羽とか生えてたらダメやろとして!」「…………ぎゃはー!!《二頭を持つ・》ってえてるやん!!」などと迷走していたが…。 梶木漁太(:) 召喚:《》 亡きと同じ立な漁師をもす。 《》は彼の。 登場させるにはを通算回行う必要がある。 彼のはの形見であり、その面を感じている 《》。 固有は 《》を開始時に外から発動する 『の』と、 《》が発動中に1体に直接攻撃を付与する 『からの刺客』 そのフェ終了時に対となったはへ送られる。 《》は、初期から存在するでありながらのとべて様々ながあり、発動条件が大概が 《》の場合なので存在するだけでがある。 (:一) 召喚:《》 本名「 ・ハ」。 の元全プで、よりの似合う男。 はで敵を破壊する 《》。 登場させるにはに回する必要がある。 問題はその後に出る彼ので、その内の一つに「 このが出てから 族のを2枚集める」というのがある。 トから交換して手に入れるか、引きやすそうなパックを購入するか、報酬に族のが多い自身のと何度も戦うか、いずれにしろを消費することになる場合がほとんどなので多少面倒である。 そんな彼の固有は、彼の手癖の悪さをした然とした名前や効果のものばかりなのだが、他とべるとむしろとしてはか堅実と言って良いかもしれない。 だが、というのは元々運が絡むである。 堅実であること自体がテージになるのだ 『スリカエ』は堅実過ぎた…。 (:'y') 召喚:《》 の生みの親にしての存在「 」の使い手。 でもは 《》デース。 同様に以前は限定だった。 の「 の王編」のを追体験できるのをやっていたことも。 中のでは左が常に隠れているが、使用可になった際に本人が 千年眼 ・ を持ってると言っていたので付いている様だ。 また、一部のでは左に千年眼が確認できる。 そして千年眼の特殊 『ド』はとして「 3以降にL000以上ある場合」という条件下で相手の伏せのみ視えるようになった やは要警である。 他の固有で特筆すべきは、それぞれ中1度しか使えないが、LPが一定値以下の場合、自分のドローフェに通常ドローする代わりに外からで強を手札に加える 『創造者』と、LPが一定値減った後の自分のドローフェで通常ドローしたを2枚に出来る 『増刷』である。 前者は所謂 『 』みたいな効果で、 《》等の強なのでまだ取得できないがに引けるようになっており、逆転の一手足り得るあんなやこんなもあるらしい。 は最特権とでも言うべき。 闇(:) 召喚:《・フィア》《》 の効果による時 の友人が千年により宿した残虐な格。 は 《・フィア》で、彼も以前は限定だった。 側のであるに対して 「このじゃオレものに操られるにすぎない」と、元々得意としていたに絡めてっとを言っていた。 彼の固有 『』は、の上、の 《》が使用なので、をする形の発動条件を追加した上で、発動後から5回の自分のに 「D」「E」「T」「H」の5がい特殊するとなった。 ・をすることはいが、発動条件となるの 《・フィア》がから取り除かれると効となる。 他はだいたい固有でこそいが、族や闇に関すると肥やしが可なを取得できる。 彼らも元限定で、今回はに雇われて現れた。 今作は基本ではないので、2人で1人のとして扱われる。 は 《》で、初期には論 三も一緒に…入ってない…だと… 3枚ともパック第1段のRである。 これには流石の彼らもびっくり仰。 しかし彼らには固有によってに三が入っていなくても 《》を召喚する荒業 『招来』が用意されていたのだった。 他には手札ののを三つも下げるとか、通常ドローの代わりに外から三のいずれか1枚をで手札に加えるとか、最 《》を召喚するためなら手段を選ばない感じである。 もう一つ特殊なに 《-ウォール-》を外からに出す 『作成』がある。 の除去手段を持たず、 ウォールをどかさない限りを与えられないくらいの相手には強固なとなる。 これを利用してを集めた後、1度に1万以上を与えてする 【】なるがには存在する。 との報酬増加には評価でを狙う必要があるのだ。 ほぼ同じ理由で 『招来』も用のとして採用されることがある。 (:) 召喚:《》《》 を守るの末裔「 」。 は彼の一族に課せられた宿命への憎悪から生まれた格である。 今作の彼はシ編で消滅した後復活したらしい。 彼の初期のは 《》。 が狭くLPが00しかないでは、テージを奪い、毎を与えるこのはりに脅威である。 ちなみに 《》は、別の条件を満たすと貰える。 彼もまた以前は限定で、ズを率いてで大暴れしていた。 ついでにも居た。 ちなみに 《》はに渡されたらしい。 その時は専用のによって 《-球体形》を場に出た状態でを始めるなどやりたい放題だった。 余談だが、にて単体では散々な評価がされた 《》であるが、の 『作成』の様にを用いた戦術でLPを稼ぎ、攻撃1万越えの攻撃でする用で使われる他、の固有 『生贄を束ねる』によって、にあった 召喚の生贄となった達の攻撃、守備それぞれの合計値分だけ の攻撃、守備がするをできるようになった。 (:) の。 を登場させるにはを通算200回通常召喚しなければならなず、の一つにLP00以上残してにするものがある。 LPの初期値が00なのでLPを回復させるやが必要になる。 の初期にはと呼べるものが入っていない。 そもそもがやで披露したにはそういった感じのものがかった。 なので代わりに、として 《生贄の抱く》が1枚入っている。 が持つ千年クの 『予知』は、5終了時まで自分はお互いのを確認できるというになった。 他に取得できるには「 」や族に関わるものがある。 【】や 【・パー】を使う場合役に立つ。 の固有の中でも特になのが 『現世復帰の制約』。 相手よりLPが以上少ない場合1に1度、相手ののを全てただの 《》に変えてしまうという効果である。 そもそもに触れないか、 《》を積んだ以外では、場合によっては致命傷になり得る。 「 配信2周年記念」として登場するを倒すと 《》が貰える。 リ(:TA) 召喚:《》 の一族イシュタールに拾われ使用人として育てられた。 の義的な人物。 そしてが最も信頼する部下。 は元祖 《》。 彼を登場させるにはを通算回発動させなければならず、の一つに「 を1内に10回使用する」があるなど、彼のために使いやすいを多く手に入れる必要がある。 固有もほぼに関するもので、中でもに3枚以上がある場合、1枚で手札に加え、残りを全てに戻す 『終わらない』は、 《狡猾な》や諸事情で複数枚積めない強なを再利用出来る便利な効果である。 (:) 召喚:《》 窃盗集団ズの師。 と同じくを 《》としているが、と違ってに対する情はい ちなみに彼の《》専用の召喚がある。 以前はの「 シ編」を追体験できるで出来た。 その他の命でで暴れていたことも。 として解放後、してにされると怯えていたが、結局何もかったので気を取り直してとして高みをすことにした 来た理由こそそれぞれだが、だいたい皆をすためにここに残っている。 彼のは 《》をするためにあると言っても良い 最近は《》の所為で「」使いの才が開したが、あんまりにもの立つ瀬がいので該当が調整された…。 また、を多用するに向いている。 塚(:) 召喚:《王--》 こと族の使い手。 とにおける彼の生死などこの際考えなくてよい。 初期のは 《王--》。 最近は気の弱いところが自分と似ているとかで「 」もお気に入り。 自分を切り捨てた のことは恐れつつも未だに恨んでおり、で彼に挑むと怒り出す。 反対に 闇については非常に恐れている 「怖えぇけど…… 負けねえゾ!」 後に行われたでは何故かとを組んでいたが…。 彼も以前は限定であった。 その頃は 【】を使用していた。 当初に来た時は、を申し込む度にその貌からと間違われてられてしまい騒動に発展してしまう。 た内の一人である「 弱気な」が落としたをに返した後、 もついでに渡し、を辞めてを去ろうとしたところ、に「やめないでください」と言われ、やにも引き留められたので残ることにした 使用として解来た頃には怖がられなくなったらしい。 の彼はLVのに 《》を入れているため、発動されるとによっては詰む。 このは塚の到達の報酬となっているが、似たような効果を持った 『這いよる軍団』という固有も取得できる。 パー絽場(:) 召喚:《》 自称者の。 の「 シ編」ではのタネを看破されし、パーを名乗るのを止めた彼だが、に来て本物のに覚めたと言い出し、としてどの種族のが後に脅威となるか予知しようと試みるが…。 は上のあらゆるを化する 《》。 また、 『』は実際にとして使用可で、初期手札を1枚減らし、自分の最初の終了時まで相手の手札全てを視ることが出来る なのか、の詳細は見れない。 その間相手は、手札を開して発動する及び、手札を開して行うの処理ができなくなる。 他は ・かに関するである。 いの方が「 の」、いの方が「 闇の」を、をとした群を駆使したを得意とする。 同様このでは2人で1人のとして扱われる。 配信2周年にして遂に3枚ののがにったので、それらを狙いに現れた。 その割にはの彼らのには封じの切り札であったはずの 《生贄封じの》が入っていない…。 ちなみに他の使用はから手に入ったりパック収録だったりで既に手に入る物が多い。 として解放した際は、様に負けた原因で喧をしている所へから連絡が入り、のはもういいから好きに動けと言われる。 やにおいて彼らはが登場する前に出番がくなったので接点がく、のはの雰囲気が変わっている く、悪くなられた ことにを訴えたが、闇のに 「元よりらズになどおらぬではないか」と一笑に付された。 DSODワールド とは少し異なる過程を経てしたの後日談となる「 」のを模した。 の原点。 相変わらず住民登録にが必要なの下町となっている。 その為に高度なシミュレーターやを開発したが、最終標はへ立ったを現世にらせることにあった。 としての使用は当然をとしているのだが、に登場した関連で構成されており非常に強。 もの副であるが、自身の野望や開発業に勤しんでいるから会社のを任されているようである。 ではしてないが、としての使用はの入った 【】を使用する。 (:) 瀬人にとの決着を諦せようとに殴り込みをかけて来た「 未知の」の正体。 「 未知の」としての姿は仮想間内でのであり、実際はの姿をしている。 瀬人に後はは消滅したが、気に入っていたらしい。 使用は「 」を内包した 【】と言ったところ。 済木(:) 初期には沢山居たの童実野の。 がと全な地続きである左と言えなくもない。 狙った相手を手下と共に暴行し、その様子をで撮して中の者にするという様なことをやっていたのだが、ではとある人物を狙った為に逆に手下共々別のに送られしまった。 以降はに登場せず、そもそもすらしてないのだが の住民なのでは持っていた 、どういうわけかのに拾われ仮想間内に生還?を果たす。 当初は一部の人にしか認知されず、化後は手下達と再会して活動を始めるも、等には嫌われ、に至っては言という扱いを受ける。 での出現条件は「 自分の効果で相手のを合計回除外」という屈のめんどくささを誇る。 GXワールド 養成 ア・カを模した。 にはのも混じっている。 は今のところしか居ない 一応、GXのを追体験できるののみ、何人か登場した。 (:) 召喚:《》《》 ので、ののが見える元気で明るい。 を軸とする 【】を使う。 初期のは幼い頃に彼がした 《》。 《》や 《 フェザーマン》及び 《 》も入ってたりするが、肝心の 《》と が入っていない。 《》はの方をある程度して居れば何枚か手に入る他、 【】と 【】のスーがそれぞれ出ており、それらを購入することで々に を用いた【 】が組めるようになっている ちなみにスーに入っている《》は後期である。 彼のは 《》を外から発動する 『の戦う』と通常ドローの代わりに外から 《》を手札に加える 『』。 そして、同様の方法で 《クル・》を手札に加える 『の』等がある。 それぞれ一定以上のを受けるかLPが一定値を下回らないと使えない。 《クル・》は専用で、は 『の』の効果でのみ使用することが出来る 1発に出たパック「・ビギニング」にて遂に入手可となった。 期間限定で、 「十代がを捨てた!」等と大騒ぎになることがあるが、実態はの彼が普段使わない別の「 」体のに変わるだけである。 別の期間限定ではによって固有 『のドロー』を取得できた。 効果は、に「 」が存在する場合、自分の3回の通常ドローが 《》になるというもの。 《》は放送時では既にだったが、が少なかった当時、十代はこのを含めて では禁止級の ドローを多用し、による手札消費の荒さを補っていたという逸話がある。 『 のドロー』は生涯ので取得できるようになっている。 (:) 召喚:《・》《LV7》 元はの最優秀の「 ・」所属だった。 では十代やにして以降、武者の末に「 」と「 」を手に入れてに戻って来た ついでに達のが見える様になった。 そして通称が「 」になった。 初期のは 《・》。 相手が何か召喚する前にに成功すれば、表側表示で存在する限り相手を全に封印出来る。 に必要なも全て最初から入っているが、先攻初手で全部手札に来れば苦労しない。 彼の固有は「 」に関係ある効果だが、開始時に 《・》を発動する 『たちの故郷』が一番便利だろう。 その他にのの報酬として 《》と 《の》を開始時にに追加する固有 『・』がある。 彼のもう一枚の「 」軸の族 といったところだろうか。 ちなみに 《の》はこのでしか使えない。 彼の期間限定で未登場の 《ンダラ》が手に入るものがあった。 の彼のは 【】と 【】があるが、はが使えない 《》と 《》を複数枚積んで 《LV3》の特殊召喚とを狙ってくる。 最悪一体でも生き残っていれば 《L》のに繋げてくる。 (:) 召喚:《・ブ》 「 ・の」と称される切っての才媛。 に と名の付くをとして使い、 も も使いこなす。 初期のは 《・ブ》。 相手のの数によって効果が変化する不安定さを持つが、いずれも強。 問題は初期の「 」同様が貧弱かつ、の代用が利かないところ。 のには や をする 『の使い手』及び 『の使い手』があり、との両方を得意とするらしい。 更に固有として、LPが一定値以下の時、1度だけ通常ドローの代わりに外から「 ・」を手札に加える 『招来』と、開始時に 《の檻》を発動する 『の使い手2』を取得できる。 がとする「 ・」はGXにも登場していたが、後かなりの年を経てが放送している第9期になってやっと化した経緯があり、出たの所為もあって他のGX産のの中でも特に高いを誇っていた。 《》が未だに 【LIT2】に定されているようなにそんなものが入ってきたらどうなるかは結果として内のが数枚ほど 【LIT2】に定されてしまった。 【LIT2】の意味は上記の のとおりである。 (:) 召喚:《》 では をして「 五に入る」と言わしめた。 十代と同じ 【】使いだが、彼の場合的な要素を持つ「 」をとする。 版GXでは「 」というを使っていた。 登場させるには闇を通算200回召喚する必要がある。 初期のは 《》。 3体のを必要とする特殊召喚であるため強だが滅苦。 彼のは、ほぼ十代の「 」版及び闇・族用。 「 」も「 」も闇・族なので両方のを組み合わせてジーさせるのが彼の構成の定石。 もっとも、「 」というと最近は何度も の出番が多いが…。 (:) 召喚:《・》 理詰めの頭。 中級の「 ・」所属だが、並の「 ・」より余程優秀である。 彼が登場する条件は「 自分のの残り3枚以下で回する」という、たぶん言われないとわからないのもの 基本的にの登場条件は非開。 狙いのを多用していたら出たという人が多いかもしれない。 初期のは 《・》。 召喚に必要なは一式入っているが 《》よりも圧倒的に難しい…。 で六分のを持っていたためか、彼の固有はLPが一定値以下の場合、 《》等の「 ののの攻撃はし、守備は0する」を任意で発動するものが 六分存在する。 相手を選ぶだが、期間限定「 の」は敵の使用がのに統一されたのみであり、結構相性が良い。 の彼のにはに関する効果を持ったが多く入っている他、高だと 《》、低だと 《ピケル》が入っている。 召喚するときは 「入れた覚えないぞ」などと言い訳していた。 ちなみに攻撃させるときはで攻撃名 ・・ を叫ぶ。 彼の期間限定では、独自に提唱する の統一を明すべく、同の下に構築された 【化合】と、版GXでの彼が使っていた 【】を持っていきなり走り出していった 流石に脱がなかった。 (:) 召喚:《》 ・の実技担当最高者を務める。 性格は概ね後半の様だ。 彼の「 」は、自身の攻撃に対して相手に・を発動させない効果を持っているのがな特徴。 その中でも最高の攻撃を持つ 《》は、において彼が使用する度にほぼ毎回違う手順で召喚されるという、の手本たるらしい逸話を持つ。 期間限定専用であった頃、の外でたるんでいるを見かねて、このままでは自分の給料にくと考えた彼は自を切ってまで報酬を用意し、に特別授業を行った。 終了後、へ 「で特別授業を行ったので時間外労働手当を貰いたい」とした所、に申告しないとダメだと言われてしまった。 で言っていたがまだあるらしい。 が 攻撃0繋がりなのか、に続いて 『粉砕!』を取得できる。 他には自分の最初の開始時に自分上に 《》を追加する 『闇?』がある。 これにより、一部除いて攻撃の低い「 」の強化や特殊召喚のできない上級以上の召喚が容易になった。 (:) 召喚:《》 ・校であるック校から来た留。 から託された「 」のとはのようなで結ばれている。 以前は限定で、最初に登場した時は 《》がにかったので、も様子見状態だった。 その後に出たでは ・のを手に入れるために集めに協してほしいと現れる。 ノを達成すると共々 ・が使用可になった。 初期の 《》は、自分及びに「 」が合わせて7種類あれば特殊召喚できるが、初期には2種類 《・タートル》と《・》 しか入っていない…。 の報酬や、との報酬で増やせる他、初期に取得できるに、開始時自分のに 《》と「 」7種類を追加するものがあるのだが、あろうがなかろうが召喚するのは難しい部類。 そして「 」は効果の性質上、・が3か所しかないことでかなり割を食っている。 なので固有に、手札を1~3枚捨てて、捨てた枚数だけから「 」を・に置く 『受け継がれる宝玉』 中2回のみ発動可 がある。 自分の・のをとして処理しながらテージを得るのと絡めることで肥やしが出来る。 なお、フェ2がいので 《・タートル》の固有効果はのを受け、「 」共通効果だけを残して「 された」。 (:) 召喚:《-》 ・において優秀な成績を修めて入りした ので、「 」という族の使い手。 では落ちこぼれ扱いの「 ・」からのし上り、「 ・」にまで昇格した彼だが、今作では「 ・」のを着ている。 元は限定で、後から遅れて来たという設定で登場した。 はをすることで使用可になるが、その一つに「 でのLVとの中に・トを召喚する」というのがある。 《・ト》はとの報酬の品で。 つまり非常に入手らい…。 初期のは 《-》。 の 《》のと言われがちだが、あちらの場合では現状、後述の事情があって一長一短である。 また、報酬で3枚 《・コネクション・》を取得できるのと、固有で通常ドローの代わりに外から 《・コネクション・》を手札に加えるや、通常ドローとは別に、の 《》のを1枚から手札に加える 『ーブ[]』もあるのでは厚い。 ついでに、 《》と 《ペイク》を名しで対にしている 『補助輪』なるもある。 では 《》用の装備だった補助輪だが、LPが一定値減る毎に使用可になり、対がした後のフェ終了時に対を次の自分のまで除外するになった。 《ペイク》の直接攻撃を通しつつ相手に破壊されないように逃がすのがな使い方。 相手の毎にしない程度に必要分受けるのがコツである。 《ホーリー》等はこの手の発動条件を満たすのに非常に有用となった。 (:) 召喚:《》 入りを果たした後、 に負けて以来負けに負け続けた結果、に飢えたと化したこと。 期間限定では 《》や、こと「 」も入手できた。 しまいには自らを苦しめた 『衝撃増幅装置』を持ち出しての を敢行 ただし着けるのは側のみ…。 専用でもあるこれは、・効果を計3回受けると 強制するというキ効果である。 しかも 【】は防御をすり抜けてを与えることを非常に得意とするため、に戦うならも貰わないつもりでやる必要がある。 でも、はを名乗る前から使用していた 《》。 化後の初期には論 《》も入って…ない…。 代わりに 《ト・》が3枚入っている。 相手ならまだ、対人戦でこれをに3体並べるのは困難である。 彼の報酬で 《・》が最大三枚手に入るが、そもそもに並べてからするという手間がある時点で厳しい。 《・》と 《バネック・・》もあるが、入手手段が限られている。 そんな彼にもによる秘策があった。 中1度だけ、L000以下の場合、00を下回っている値につき 《ト・》1体を外からに出す 『流義』である。 《幕の》でも予め発動しておけば、自分スタンフェにLP払ってから発動するだけで2体は呼び出せる。 後はもう一体手札から召喚してすれば良い、のだが…。 実際は 《》をするより、などのとして使われることが多かった。 その結果調整が入り、これで出したものは出来ず、のにしか出来なくなった が出来ないので「呪印」系の効果によるも出来なくなった。 他の固有は自分の1体が1内に5回攻撃に成功した場合特殊する 『五連打!!』、通常ドローの代わりに外から 《》を手札に加える 『オレに介錯はいらん!』がある。 『五連打!!』は実質 《》専用 構築次第で全体攻撃持ちのでも可。 《》は、現状彼のの効果でのみは使用できる 発動条件的に対策もなしで《》を使った場合、そので決着を付けないと効果ですることになる。 (:) 召喚:《究極恐》 の1年で、「 ・」所属の族使い。 十代との初以降彼の舎を勝手に名乗っており、 とはどちらが分として相応しいかでしばしば言い争いになる。 期間限定で初登場したの彼のは論 【族】なのだが、LVの内容がの「 スーR-恐の-」3つ分を 較的強なものを厳選して 枚にしたかの様なものだった。 その所為でこのだけ、のとしてはの動きを可とする 後発のではに調整された。 後に行われたの後半では、 電のに曝された結果、されたのから取り込んだがし。 究極恐にした「した」とすることになる。 その際の使用は族の「 」から族の「 」にする「 」を中心とした 【】。 相手で数えて5に『 大暴れ』で自分が強制する上に、追いつめられると『 究極!』を発動し、外から 《究極》を手札に加えて即座に「 恐」の特殊召喚を行い、しぶとく生き残ろうとする 復刻時に『大暴れ』が強制引き分けになった。 初期LPは通常を大きく上回る00。 しかも「 した」を倒す毎にを強化しながら上昇していき、L0で0に達する は強化される程「」要素が薄くなる…。 他のゲーにあるような、所謂「 繰り返し挑む事によりLPを削り切る」を採用しており、と協してを与えることも出来る。 化した際は、十代の舎に甘んじるだけでなく、として彼をえるべくして参戦する。 ちなみに共々参戦が遅れた理由は、のから伝言を任されていた十代が2人に言うのをすっかり忘れていた所為。 初期のは 《究極恐》。 攻撃0で相手の全てに1回ずつ攻撃出来る全体攻撃を持つ。 「 」系を筆頭に族で召喚出来るので、それらが有ればまあまあ出しやすい。 における彼の 【族】は、同じ族使いで通っているとは違うとして、のを題材にした「 」というを使用していた。 その為固有として、族をが3つ上の族にさせる『 さんにする!』や、通常ドローの代わりに内の「 」をでドローする『 系の使い手』、更ににのみ登場した族を族にさせるの版『 ・』を取得できる。 (:) 召喚:《》《炎皇ア》《降皇ン》《幻魔皇》 幼い頃の が持っていたの。 それに宿る同名の。 色々あって十代に対して極めてんだ情を持つようになった。 その因縁は彼らの前世にまで遡る。 の氏は、にがされる以前に故人となってしまわれたが、に使うを予めまとめて作っておくという開発方針だったのが幸いし、生前に収録を終えていたため、事のでのとなった。 手前になって始まった期間限定で登場し、同様の達をにして襲い掛かって来た。 どうやらでの事件の後の展開の様だが、何故か昔の様に偏執的に十代をめる様になって現れた しかもそのことをと再会するまで忘れていた。 その時の使用は、である自身を用いた 【】。 十代以外のどので挑んでも、 「十代はどこだ?」と十代のことしか眼中にい。 高のは開始時に、自身の形態である 《-s chlh 》や 《-s r Tr c》を場に出してくる。 いずれの形態も対策なしでの突破は困難だが、自発的にを与える手段に乏しいのため、数少ないを潰してから放置すると 切れで自滅する。 ノを達成するととして解放され、終了時には同様、十代と 《》して事態は終息した 所謂になったりはしなかった。 《》の採用を前提としたは多くの場合級を多数取り入れたになりがちで、特に 《》の形態は基本的に手札要因である の場合、『上昇』によってL以上の《ザ・カュレーター》を作ったり出来るが。 それを多少善してくれるのがの固有、1に1度、手札の 《-s chlh 》、 《-s r Tr c》1枚をに戻して、から 《》1枚を手札に加える 『が名は』である。 また、後ので、中1度だけ上の自分の「 」をに送り、手札から1段階上の形態を出す『 形態降臨』が取得できるようになった。 として、の効果で出したへ通常召喚・特殊召喚に誘発するは発動できない為、その手のの対策や任意ので他のを利用せずに出来る点が挙げられる。 (:) 召喚:《》 かつて・に のとして共にしてきた師。 自身をとした「 の結社」なる組織を立ち上げて達をし、を増やしながらの破滅を論んでいた。 実は本人も「 破滅の」という存在に支配されていたが、十代にして以降は「 破滅の」から解放されて心し、を去って行った。 しかし、何故かまた「 破滅の」に支配され、失った運命を見通すをも取り戻してに現れた。 立ち向かってくる相手に、今度はなどという回りくどい事など必要ないとして。 万丈と香との3人はかつてされて彼の支配下に加わっていた時期があるのだが、その時の記憶は曖昧であるらしい。 ではと出会ったことがいのだが、同じく「 破滅の」の波動を受けたよしみで勧誘してみるも、そもそも十代以外に全くがいに突っぱねられて昂した 流石、全くブレない。 使用はをとした 【】。 トスの表裏をの正位置と逆位置になぞらえ、出た面によってそれぞれ違う効果が発動し、に運を任せるまさにの様な群だが、の彼は回を追うごとに彼が言うところの運命の高まりと共に都合の良い方の効果しか出なくなっていき、対戦相手を苦しめた。 の後半では運命が高まったことで運命を見透すどころか確定させてしまう「 運命を見透す斎王」が登場。 専用『 揺るがぬ運命の輪』によって彼のトスは必ず表になり、基本的に有利な効果しか発動しなくなってしまう。 もさらに強化され、L0には相手毎に行うトスで表が出た場合、召喚と召喚を封じる 《の巡遊》を搭載し、切り札召喚の時間稼ぎなどを行う。 初期のは当然 《》!…ではなく、彼く番の究極のこと 《》。 これはこれで弱くはいが、あっちはもも兼ねた、究極のだった。 召喚条件が「 自分の3体をに送る」なので、に送れないをにできない分エドの 《》より更に難しいが、内容を「 」に拘らなければをえるのは難しくない。 固有はやはりというか、「 」やトスに関係する効果がで、彼の代名詞『 』は「 」の効果によるトスを必ず表 正位置の効果 にする。 他に自分のトスが3回まで必ず表になる『 絶対運命!』や「 」のトスで得た効果を逆にする『 逆転する運命』などがある。 なお、彼が「 」関連のトスを行った場合のみ、の様にが回転して正位置か逆位置で止まる演出になる。 が復刻された際には未だ化されていない 《I-THE HAED MAN》、 《ザ・・》、 《ザ・スピリチ・》、 《ザ・ヘブンズ・》が報酬としてと同じ効果で登場し、上記のと名の付く3枚のをする新『 3本のの柱』が登場したが、後中にも関わらず調整の宣告がされた…。 (:) 5D'sワールド 数十年後の、 を模した。 と ライグ・が気で、にはやの姿も ただし、やるのは。 代わりにきの痣を介してにを呼び出す「 きの痣:・」をそれぞれ取得出来るようになっており、そのをしてを開始した場合に、それぞれのがに1枚追加され、更にが2枚に追加される様になっている 《》のみと同時配信されたパックにで封入されていた。 どうやら順次追加されていくパックの玉となっているらしい。 特記事項として、のはを用いるため、自分上ののを変化させたり化する汎用を取得出来るようになっている。 (:) 召喚:《》《》 の。 拾ったものでからまで何でも作ってしまう頼れる。 彼く、に入ってる 「」【 】を使用する。 「 」や「 ウォー」と名の付く族及び族を複数並べてに繋げるという、このでの基本に忠実な構築。 へは武者中の に呼ばれて訪れた。 呼んだ理由はここで決着をつけるためである。 しかし、の初期には彼の 《》が入っていなかった 後に判明することだが、化した際の初期は皆、Lの《・》1枚除いて関連のが一切入ってない。 のにのは持ってこれないらしいと、考えてみれば当たり前のことをに言われた。 まずはここで己のを磨き上げなければ勝負にならんと言われ、と別れた後、 「は拾うか昔のように…」などと言っていたらきの痣が反応し、 《》とのはまだ繋がっていると確信したは、との決着の日に向けてでの活動を開始した。 上記の通り、彼の 《》は、固有 『きの痣:・』によって開始時にに1枚追加され、にの 《》2枚が追加される。 当時 《》はこのでしか使用できなかったが、後に配信されたパック「 ・・ジ・エンシェント」に収録された。 他の固有は Lのや「 ウォー」の攻撃を上げたりするものである。 のに、この日がのということで、通常ドローの代わりにから任意の「 」をドローし、の1番上のをへ送る新『 調』と 《》の召喚がされた。 (:) 召喚:《》 や の昔からの友人にしてであり、かつてはのライグ・において敗を打ち立てていた。 はにその座を明け渡した にも言われた…。 当初は突入直後のにのみ登場した。 武者のためにに来ていたらしい。 と決着をつけるために彼を呼んだが、内での彼はまだまともにがしていないので、決着はいずれということになった。 後日配信された期間限定では、頃合いと見るや彼は遂に動き出した。 使用はでも使っていた 《・ピース・》と、 《》をそれぞれとする 【】と 【】だが、には 《》3枚積みの上、 《・》が入っていたためから 扱いされた・・・。 期間限定の時の彼にで話しかけた場合、 「に全てをつける!に取り憑かれたの魂を!」と格好良く宣言していたが、 から する場合、消費としてあの「 」を要してくる LVへの挑戦権として杯。 で話しかけた場合、「 自分が飲みたいからってそいつをた ちに集せてんのか?」と彼が問いただした所 「当たり前だ!!」と、全にに取り憑かれていた・・・。 は心の中で思った、 呆れて物も言えねぇ…… と。 なお、3人の関係をは、 に世話を焼く と と評していた。 後半ではとのライグ・が発生 、でも挑戦可。 トスではなくが流れて先攻が決まる。 このでのみ、お互いに強制設定される『 Sp-』は、お互いにが乗るようになり、 《2》のを消費して発動するものと似た効果を使えるが、内容は一部変更されている。 こののノ報酬の最後に「 の 」をから直々に渡される。 最後の一個だそうな。 そんな 彼の 《》 は、固有 『きの痣:・』 の効果でに追加され、更ににの 《》 2枚が追加される。 《》は、1に1度の破壊耐性を持つ、そこそこ場持ちの良いだが、LV3なのでLである 《》のには、更にL分のを用意する必要がある。 Lで較的特殊召喚しやすいを入れるか、 《》と合わせて自分のの和を8にし易い構築にすると出しやすいだろう。 なお、 《》はの報酬で数枚取得できる。 他の固有には「 デーモン」を強化する『 ・・デーモン』がある。 更にの攻撃が0繋がりで『 粉砕』も取得できる。 《》は後日配信されたパック「 ソ・」に収録された これで『・・デーモン』と併用出来るようになった。 (:) 召喚:《》 やの昔からの友人で、身寄りのない達の面倒を見ている。 「 の」の異名を持つ。 彼の「 」は、大量展開と変幻自在の攻防を得意とする。 彼を登場させるにはとして現れる とので、 評価0以上を出してする必要がある。 漫然とやってなか出ないなので、多少構築やの取り方を考える必要がある。 当初はが勝手に武者に行ってしまったこと等に文句を言っていたが、を見ていて火が付き、のを手に帰ると達に誓い、参戦した。 彼の 《》は、固有 『きの痣:・テ』の効果でに追加され、更ににの 《-極北の》2枚が追加される 《》は後日配信されたパック「・ライグ」に収録されたが極北のは未だ入手手段がい。 極北のには自分ののLV4以下の「 」を特殊召喚できる効果があるが、 《》はLなので、この効果だけではできない。 「 」は大量展開が得意なので、で統一すると出しやすいだろう。 (:) 召喚:《》 に族やをとしたをとし、かつて対戦相手をデェでの衝撃を実体化させるで痛めつけ、「 」と恐れられた本物の者である。 昔はそのを疎まれ酷く荒んでいたが、今は達のおかげで救われた。 ここへはとを追って来た。 時代から用する 《》は、の固有 《きの痣:・レッグ》でに追加され、にの 《・ト》が2枚追加される 両方ともはパック「ブング・」に収録されている。 ちなみに 《・ト》はその効果、 《》等ののには工夫を要する。 他の固有に、自分のに 《・》を1枚追加した状態でを始める 『より芽吹くもの』がある。 自分に族が召喚された時にから特殊召喚できる効果を持つので、のの他、大量展開からの等に使えるだろう。 (:) 召喚:《》 感が強く心優しいが少しに乗りすぎる面のある。 表示形式によって効果の変わる「 D 」の使い手。 では全中最も著しい成長が描かれるである。 彼の 《》も初期に入っていない。 「からのだ」とはの言。 《D・》は同じ「 D 」とのジーを強く意識したなので、の報酬や報酬に加え、前述の「 ・・」に収録された「 D 」と同時に使うことで価を発揮する。 他の固有は 《》の効果発動の為等、装備を多数積むことを想定した効果となっている。 (:) 召喚:《》 のの。 と違って落ち着いたしっかり者。 のが見える。 を登場させるには を使って勝する必要がある。 と違いをそうとは考えていないが、出来るだけたちと一緒に居たいという思いから参戦した。 の 《》は、においてに設定されているが、そのな理由が「 で、基本自分にだけ有利かつ強なを使うが増えた為」というのが有で、今のなら一部のの敵になったり、味方になるくらいだろう。 《》自体が特殊な効果を持っただが、使いこなせれば様々なのに繋げられる。 他の固有はのの用といった感じのもの。 なお、 《》は、後日配信されたパック「 ・・ジ・エンシェント」に収録された。 また、 《》も期間限定配信の「 セレクションボックス V. 02」に先行収録された。 (:) 召喚:《》 の維持局に属する組織 「」の特別捜課補佐。 感はあるが粗暴な性格で、かつてはや の下層地域で、その頃は全なスだった の住人を見下していたが、彼らとの交流を経て考えをめた。 顔の傷はをライグ・で追跡中にした際ので付いたもの。 ここへは、上の深にパを命じられて出動した どうやら、の再来が懸念されているらしい・・・。 として解放した際には、引き続きのパを命じられた。 彼のは、かつてにおいて「 攻撃0 」という基準を作り出した元 《》 その結果、で自身が御用になったが…。 このが持つ破壊した相手を奪い取る効果を参考に、後続の「 」が作られた。 また、とに続いて 『粉砕!』を取得できる いずれも各作品の中、が行う最初の相手となった人物であり、なおかつその時のは攻撃0で場に出ていたという繋がりがある。 後に、が取得可となったことで、初披露したの攻撃が0というくらいしか共通点がくなった。 なお、彼は「 」の第1話に登場した同名のと同一人物という設定らしいが、年齢のことは考えてはいけない。 ちなみに、上記ののノ報酬を全て手に入れた際、捜協者への報酬がくなってしまった為、 「世の中 だけじゃねーよな?にがむとろくなに会わねーと思うぜぇ オレは!」などと言っていた。 「からこのがのボードを買ってでよう!」「あら~…… だ!カネカネ! だらけだ~~!」• (:) 召喚:《》 かつて、、達の分として、共に「 通称 」というを結成し、でグとして活動していた。 しかし、それで出来なかった彼はに手を出してされた上に大事なを奪われ、勘違いだが達に裏切られたと思い込む。 最初はやはりへの恨み節全開で登場し、上記の末をでりながら勝手に、が終わると勝手に帰って行った。 の彼の使用は「 自分の手札が0枚の時に効果を発揮する」というのから考えると極めて特異な「 」を擁する 【】。 には 《》が入っており、破壊すると同様「 」を手札に加える宣言をするが、そっちが入ってないので意味がい…。 の代名詞の一つであるは、化した際に全てに変更されているのだが、彼が元のををするとの演出になる。 後にが開催した時に再来し、今度は 《》を引き連れて現れた。 からは何故またに戻ってしまったのか問われるも、に燃える彼にはどんな言葉も届かない。 このは「 した」をよりらしくめた形式になっており、正式に「 」として「 」の膨大なLPを他のと共に削るとなっている。 はほぼ「 した」と同じで、相手で数えて5後に c u自身が攻撃を行い引き分けに持ち込まれる。 自体はが行い、は全部 c uが受ける。 救援を行うことでに別ののに参加可だが、出現してから間以内に倒せないと去ってしまう。 LPは最終的にした山すらかにぐ万近くに達することも有り、LVが高い程「 」の悪なが大量に積まれたを使用し、L00~には 《の陵墓》と共に 《》が入っており、膨大なLPからたった払って気で出してくる。 また、5戦に1回方式で専用『 Sp-』とのが両方使えるため、や引き次第で十分単独可。 終了時は同様に倒され、綺麗な顔で 「こんなんじゃ……できねえぜ……」と言い残して消えて行ったが…。 として解放してもやはりしていないのか、まだまだ暴れる気でいる。 はに封印されていた 《》。 攻撃0で直接攻撃出来る効果を持っているが、がいと自壊するがある。 初期には 《闇》と共に1枚ずつ入っている。 準である 《》は報酬の他、固有に初期手札0枚の代わりにこのが場に出た状態でを開始出来る『 』と、に1枚追加し、に《 ・ャー》2枚が追加される『 ニング』によって使用できる。 他の固有は開始時の手札が1枚になる代わりにその中の通常ドローが2枚になる『 ・』や「 」と「 」等。 (:) 召喚:《 la cu》• (:)• (:) 召喚:《 Wha ca》 その他(非プレイアブルキャラ)• (:書き切れないので)。 各に一のが現れ、することで彼らとする事が出来る。 終了後、や評価による報酬 に「・」 が入手できる。 はに挑んでも入手できるが、からは「 ・」を要され、それ以外では、期間限定やにに現れるのを待つ必要がある。 のが一定に達すると各の彼らのも上昇し、より強なを使ってくるようになる。 他のゲーにおけるスタミナは彼らの配置人数という形でされており、最数はのを一定まで上げることで増加する 時間経過で湧き、時に湧かせる消費の存在や、現でのみだが、その購入も出来る。 ちなみに非効率だが、戦でもが入るので対人戦が大好きなら好きなだけの上げは出来る。 名もなき(:なし) 全に現れる、を深に被ったの。 見たはまんま の 所謂。 と違い、で特別を課した上でのになる。 特別の内容はこちらにのみ有利なものからに不利なものまで三段階存在する。 使用するは戦の高の物からで選ばれる為、に戦っても相当強く、特別が「 自分だけ初期手札1枚」の時は、相手が手札でも起こさない限り。 ただし、を使用しないので、のを発動するのが大前提のを使用した時は戦術自体が崩壊する。 ちなみに特別ので獲得に補正が掛かるが、負けてもの倍くらいのが貰えるので損はい。 ほぼお題に勝敗が左右されるということで止され、選ばれるはほぼ全ての戦参加者からとなり、そののによって獲得が変動する様になった。 初期よりには扱いきれないも増えた為、結果としてある程度以上のがあればしやすくなっている。 (:なし) の社員で瀬人やの部下でありとても忠心が強いが、彼らによく振り回されている苦労人。 ではにの進行や、の稼働状況をまとめたレポートの管理を行っている。 (:なし) ちゃんと生きているだが、千年のでのにされた男。 「 シ編」を追体験できる期間限定で登場。 その時使っていたは、やで 《》召喚の生贄をえるために使った 《炉》と 《の檻》、そして の攻撃を限に上げるとされた「 ・ブ」のに、 強化のために 《湿地原》と 《・》を追加した物を使っていた。 「 配信1周年記念」で登場した彼を倒すと 《》が貰える。 (:なし) ので、のとしてと会話できる。 の時のに登場し、をしてはいないからと参戦を遠慮していたの本心を、への参戦を促した。 三(:なし) が持つの。 に万丈ので出てくる他、GXのとある場所に隠れている ついでにの方も隠れている。 (:なし) の相手をしてくれるこののド。 のとかではなくである。 ただし結構口が悪い。 (:なし) で、 維持局特別捜という肩書を持っていた小柄でみたいな人物。 どころかにも一切登場しないのだが、 実はのある場所に隠れている。 イベント なども含めて何かしら二つくらいの期間限定を並行して開催している。 大きなはだいたい終了間際にの解答をめられる 解答は任意。 結果がある程度反映されている様で、同様のが開催した時は修正点を告知される。 いずれもがっつりやれば結構な量の報酬が手に入る美味しいだが、報酬は入手機会が非常に限られている物が多く、と取得が面倒になる場合がある。 なお、のの化が玉報酬になっていたは、そのの多くが常設の条件で入手可となったので、ごく一部を除いて再開催の見込みは薄いと思われる。 期間限定登場 のがそれぞれのにで現れるようになる。 としてできるようになる前のお披露的な意味と、なにかしらの理由で普段より強なを携えて現れる様になる二つのがある。 の為、狙いの餌食になる事が多いが、年々強くなっている気がする。 への挑戦状 からの挑戦状が来る。 5問くらい出題され、5問ともなると常設の問題よりかなり難しい。 は頭を抱えて に泣きつき、 リと イは そっちのけで楽しんでいたことがある。 ・ラン 単純にでも戦でも良いのでしまくることでを稼ぎ、一定毎に報酬が貰える。 実施期間全体で達成するノと、されるノの二つがある。 ・ランに変わる様に始まった。 をすると達成したによってが入り、のがでを累計に付き1周する。 基本的に・ランと同じだが、周回し続ければ低で報酬を手に入れ続けることが可。 とは、で詰めをしたときのものが。 とでも良いのですればが入り、その分だけのをのが降りていき、各階の 階毎に用意された物の中から を取得していく。 登録した同士でに微量のが掛かる。 ちなみにこのは、が時代に出した「 王の」が。 年代記 のをすごろく形式で追体験出来る大。 止まったで視聴やを得ながら要所毎にに準じたを行い、を倒すことでとなる。 進めている内に得たを支払い、専用 を回して限定を手に入れることができる。 に「 の王編」・「 ・シ編」、GX「 編」・「 の結社編」を開催したことがある。 冒険盤 闇催ののをす大。 スタミナを消費しながらを移動し、を探索してを上げながら頂上の「 闇の支配者ゾーク」の討伐に挑む。 各階層にはとが配置されており、からは各種と専用が手に入る。 と遭遇するとになり、によるか、手持ちの専用を使用したで戦うことになる。 やはり、ここで手に入れたで専用を回すと限定を手に入れられる。 は闇なので、途中に入るは彼が進行を行うが、の様にえげつないことはしてこない。 の のが対戦相手を務めるを通り勝ち上がっていく大。 相手のは全てのと一致するで統一、残りLPは持ち越しという共通点がある。 初時のみンを得るやで中に回復出来る他、時間経過や手に入る回復で回復出来る。 回復は一応でも買える。 やはり報酬で専用を回せる 変則のBOX。 このは対戦相手のが喋るのだが、 が出て来た時はである「 」満載のを線通信に喋り、報酬がのととであった。 催の大会。 との2段階のに分かれており、では戦同様に勝ち続ける事でvを20まで上げるとに挑戦できる。 初期vは開催の前ので上下する。 は持ち点の 0点でもではい を賭けて戦い、最終的に一番多いのになる。 者にはの大会への参加権が与えられるらしい。 の上位はまさしくやが群雄割拠している状態だが、を突破するだけでもけっこう美味しい。 ュ戦 たまに開かれる通常の戦とは別に行われる。 もも特別なュの下で行われ、も減らされている。 それ以外は通常の戦とほぼ同じ。 のとを組んでに挑む大。 相手はだが、味方もなのでの経験があると不安かもしれないが、自体は強いので存外勝てる。 また、1度にすると次周から味方を操作可に設定出来る。 立ちはだかるはンビから度の高い組み合わせまで様々。 と と闇のはこのでのみ二人組のになる が使用すると自分のをやと闇で交互に回す。 を勝ち上がって行くとで者が登場する。 対戦の組み合わせや者は毎に変わり、何故か がとしていたことも。 こちらも報酬で専用 が回せる。 関連動画 関連項目• 外部リンク•

次の

スマホゲームをやめた! デュエルリンクスを引退しました

デュエル リンクス meta

遊戯王 デュエルリンクスとは、を基に開発された、にとしてされているである。 概要 に登場したをとして、 と呼ばれる形式でのを用いてのを行うことが出来るである。 開発及びは。 さながらのによるに加え、のがのを召喚した際には専用の口上とーションが入るといった演出がある。 本作は相手にする「 」に加え、「 対戦」により他のとすることが可。 様々な制約こそあれど、で見知らぬ相手とすることができる。 また、にした相手のとすることや、他者のを観戦することも可となっている。 配信開始予定だったが延期され、配信開始はドを経て同年に行われた。 その後、にでのを開始した。 よって、はでのも可で、かつのを引き継ぎできる。 は「 」のを3形式に落とし込んだようなものである。 基本料の制であり、現はに内でを購入する際に必要となるが、他のゲー同様の報酬やその他によって 色 の 石 ジ ェ ム が貰えるので、ごく一部を除けばの購入はで十分可 とのでの報酬としてのみ貰えるも存在する。 購入に が使えないのは「 2以降のスー 一部除く 」、「 各の拡 45まではLV報酬でも増やせる 」、「 一部を除いた及びの 柄もあるぞ 」。 そして の上げに利用できる消費等である。 されているはごく一部を除いて準拠の効果を持ち、内のを見ながら追加されている。 古い物からされることが多いが、中には近年ので登場したも追加されることがある とはが違うので思わぬ活躍をすることもある。 世界観 が開発し、中のとが可な仮想間という設定で、開始当初は初代『 』を基にした のみが存在し、登場も初代及びに準じた人物のみが登場していた。 に『 』を基にした GX がされ、・を模したに達や、の実技担当最高者こと名物等も登場した。 その後、にはから数十年後のを描いた『 』を基にした が。 また、この作品から登場したとそれに関連するも同時にされた。 から劇場作品である『 』を基にした が。 版とは扱いとなったの正当な後日談であり、同一人物でも大きく印が変わっていたりする。 手持ちのと消費は共有だが、それぞれ別のという扱いになっているため、間をが移動することはできないが、各に設置されたと呼ばれる施設から「 ・」という消費を使うことで、別ののとをすることが出来る。 デュエルリンクスにおけるデュエルのルール スピードデュエル によりでのとなっている新とべた場合、• 初期値は 00 使用によっては増減する。 初期手札はお互いに 4枚 同上• 枚数は 20枚~枚 使用によっては場及びにのが追加される。 以下 は 最大5枚 同上+ の生涯での拡。 、・が 3しか存在しない Pともい。 フェ2が い。 の違いがある。 先攻ドローがいので、後攻はテージに勝るのは3以後と同様かつより顕著。 それに加え、各には『 』というがあり、複数ある内の一つを予めして使用する。 それぞれ発動条件と1中に使用できる回数が違い、同じを持っているも居る。 中には外からのを発動及び手札やに追加するという効果を持つものもある。 《》等現状では強すぎるという理由で一部のしか使えないも持ってこれたりする。 ちなみにの発動と効果に対して出来ず、の効果に対してが誘発してもに乗らない上、の効果でが場に出た場合は通常召喚・特殊召喚として扱われない。 また、の発動を直接妨するもい。 ただし、で得た自体はのとして扱われる。 リミットレギュレーションとスキル調整 に登場するはほぼ全てとしてする物であり、あまりに古いはがされていたりするが、裁定もほぼ同じ はず である。 しかし、等の関係から全を網羅しているわけではない。 自体はされているが、が取得する方法がいので、高の専用と化している物もある。 論の性も調整が必要となれば行われ、には上方修正を受けたもある。 その際にはの制限も調整も簡単な調整理由がに告知される。 【禁止】:。 での実績と反省がある為か、今のところ定される事態となったはい。 今のところは。 実情としては、下記の制限がより厳しいのもあると思われる。 【LIT1】: 制限。 それに加えて、と違い以下のが追加されている。 【LIT1】定された群は、その内1枚しかに入れられない。 【LIT2】: 準制限。 論 【LIT1】とは共存可。 【LIT2】定された群は、合わせて2枚までしかに入れられない。 【LIT3】: 【LIT1】【LIT2】とは共存可。 【LIT3】定された群は、合わせて3枚までしかに入れられない。 これとは別に、内での条件を満たした場合のみ1~2枚貰えるがいくつか存在し、実質制限を受けているものもある 【LIT】定されたとの共存は可なので、そこは。 ゲームの流れ 開始時にかのどちらかを最初のとして選択する。 その後、的に二人のが始まり、勝負がつくと から本番開始になる。 初期の内容は基本的に以外のほぼ全共通して、自身がとする1枚と、の様にを召喚するための前提となるが用意されている 一部例外 他は、攻撃0にすら満たない弱小なくらいしか入っていない。 しかし、の低い序盤は、内に現れる も同のしか出してこない 名もきやを除く。 彼らとし、を獲得してのを上げるとやなどの報酬が手に入るので、それらを集めてを強化していきながら毎のを達成し、を上げていくのが基本的な流れになる。 一定のに到達等の条件を満たすことで と呼ばれるの登場人物達が現れ、内にとして登場したり、からを挑む事が可になる。 更に と呼ばれるお題をすると、そのを化することが出来る。 また、期間限定のによってのみ出来るも居る。 その多くは同様のを何度か開催した後、別の方法によって通常中に出来るようになった。 ただし、その手ののは、での彼らの描写に沿ったお題が多く、のやが必要だったりでかなり面倒。 ミッションについて 提示されたお題をすると様々な報酬が貰える要素。 各に設けられたお題を全てこなすととなり次のに上がれる。 登場した毎に設定されている。 お題を全てこなすと化出来るが、発生させるには生涯のが必要。 リー 毎週される。 生涯 実績を元に報酬が貰える。 登場や等が報酬のは基本非開。 期間限定に連動している 当然期限付き。 ものによっては日毎にされ、後半に追加される事も。 施設 仮想のは、基本的に全てが下記の4つので構成されている。 各のジェにはするとが作動するものがあり、当たり演出が出ると少量のが貰える。 ゲートエリア と呼ばれる大きな状の物体が置いてあるの に触れると…。 は各を間接的に繋いでいるのか、「 ・」というを消費することで、各のにを挑むことが出来る。 ここに出てくるは各自のにで出現するものと同じを使用し、報酬も同一である。 触れるとを対戦相手としての 詰め や、配信パックに収録されたを用いたを借りての が楽しめる。 それぞれ初時のみが貰える。 コロシアムエリア 対人戦を行うための ムがある に触れると…。 戦では中のと対戦が可となっていて、勝てば勝つほど上位に昇格し、より強い相手とングするようになる。 ここで になることが、の最終標。 他にはムを作成しての人としたり、関係なしの 対戦、の 対戦もある。 一応他人のを見ることもできる。 ランク戦概要 段階 備考 頂点 降格し。 複数人昇格可。 1~5 1は降格し。 1~7 降格し。 1~7 降格し。 1~7 降格し。 ブズ 1~7 降格し。 1~3 降格し。 戦のは右の表にある通り7種類の区分があり、 、 、 以外は 1~7の7段階に分かれている。 彼のによって回数は変わるが、連勝すると昇格し、逆に連敗と降格する 備考は毎のによる降格の有。 一定への昇格によってが貰える他、累積回数によってのと交換できる「 チケット」等が貰えるため、がむに挑戦するだけでも得るものがある。 毎の始めにが掛かり、のから5段階下がっての再開となる。 ちなみに 降参 もあるのだが、切断行為の抑制や敢闘を推奨するためリーやで、勝ち負け関係なく切断ももせずにをやり遂げるとが貰える場合がある。 ショップエリア 各種有料を購入するための がある のの辺りに触れると…。 パックは内容が固定の所謂 BOXになっており、全部引き切れば確実に狙ったが手に入る の区分は U R・ ・ R・ N。 しかし、のはOX中1種につき1枚しか入ってないので、3枚集めたいときはコツコツを集めるかりの出費を必要とする 一応、年に数回貰える~チケットの交換対に入っている事がある。 もし、々に欲しいを引き切ってしまったら、 BOXを行うことで新しいBOXから購入することが出来る。 1パック 3枚入 o20円。 1200~パックのBOXと、~パックのBOXがある。 現で一度に沢山購入するととしてが付く。 何かの記念等に配信される「 セレクションボックス」以外は基本的に 配信期限が設定されていない。 ストラクチャーデッキ のに沿った「 スー」形式の販売も存在する。 20枚に加え、 や を使う前提のでは用のも入っている。 一部除いてそれぞれ 1回だけでの購入ができる。 のスーに1枚しか入っていないも存在し、それらを3枚となるとやはり現での購入が必要になる こちらも、年に数回貰える~チケットの交換対に入っている事がある。 は通常価格0円、特別価格0円 1回限定。 こちらも特に 配信期限は設定されていない。 カードトレーダー 前の広場には トが居り、のを行っている。 対人でのトレード機はいので、の上3枚以降の同名は基本的に不要となる。 それらを交換用の消費に変換し、一を支払うことでのと交換できるのである 定期的にナップが変わる。 交換用の消費はったの処理以外に、とのでの報酬等の通常でも入手可な他、報酬など様々な条件で集められる。 また、パック購入や報酬で入手できるには「 シャ加工」及び「 加工」と呼ばれる特殊なる加工を施されている物がある 通常のものは「ベーシック加工」と呼ぶ。 それらをで使用すると評価に特別が加算される様になっており、を狙う場合に重宝する。 のの様な特別な条件の達成で入手出来る物は確定で加工が施されている場合がある。 更に トから交換できるは、大量のを消費することで加工を施すこともできる。 デュエルラボエリア 旧カードラボ 、、が見れる ラボがある の中身が気になる…。 特にとは、やの取得条件をすぐに調べることが出来て便利。 召喚の鑑賞が追加されてから名称を ラボから ラボにめた。 街頭リプレイ ラボの外にあるから、で高戦ののを視聴できる。 1日に1度だけ、視聴するだけで5が貰える。 登場人物 プレイアブルキャラ は通常、は現状期間限定で入手可。 DMワールド 「 」始まりの地、 を模した。 常にシ状態。 しかし、登場するは当時ほどの悪い人たちではない。 初期のは 《》。 に族や族と相性の良いを取得する。 また、多くのが取得できる汎用としてLPが一定値減る毎にドローフェでドローするをの に に限定する 『ドロー:〇』というのがあるが、彼の場合、その系としてドローという名の任意サーチが可な 『ディスニー・ドロー』を固有として取得できる 論中に1回しか使えない。 他に、のでのみ取得できる固有 『』はにおける同名の発動条件に「 《》を召喚したの終了時」という条件を付けることで、版と違いと同じ効果 「お互いの手札が6枚になるようドローする」を実現した。 このは生涯で取得できるようになっている。 その代わりに新しくで可なとして、開始時に 《ズ・》1枚をに追加する『 受け取れぇぇい!!』が登場した。 名はに登場した名やをにしている物が存在するが、これはがに言ったであってのではない。 なんでと同時に存在できるのかは考えなくていい。 元々は限定で化も報酬だった。 初期のは 《破壊ラ》。 開始時にが自分のに追加される 『じいちゃんの』なる固有を取得できる。 《》とそのはこのでしか使用できない。 また、の条件を満たすことで、LPが一定値減る毎に1度、手札を1枚に戻して 《LV4》をからに出す固有 『沈黙の』を取得できる。 なお、「 」関連は LV4・L・沈黙のも含めて、全てパック及びスー収録である点に留意。 は彼の会社「 」が開発したことになっている。 たまに内で も開催している。 初期のは論 《》。 しかし1枚だけ…。 彼のは族と上級がである。 という的なをすると使用可になる。 は一応 《》。 として参戦した際、に用意させたにはほとんど弱いしか入っていなかった。 ると、を介してから 「自分のでを集めるように」と釘を刺されてしまった。 しかしの示で用意された初期には1枚だけ 《》が入っていた。 が流となる以前のとの「 編」のがあるである。 (:) 召喚:《》《》 の親友にして。 は魂の 《》。 取得できるは族と、劇中やたら運が良く、で結果が変わるをよく使っていた描写のおかげで系の効果が多い。 そしてL00からのを防ぐことすら可な 『根性』というを取得できる そのの開始時にL00以上いと発動しないが。 また、系の中でも特に手な効果を持つのが 『』という固有。 5以降に自分のLPをになるように支払い、手札を2枚捨てて発動できる。 を振り、出たの枚数ドローする。 大きなが出れば豊富な手札から大逆転も可だが、手札内容によってはものである。 しかし、のを最優先で引きたいのでかなり多用されたので「 7以降に発動可」に調整された ついでにそののが何枚かされた…。 (:) 召喚:《》 の親友。 かどうかは諸説ある。 は、で使用したためか 《》。 から挑めるとしての強さは大したことないのだが、ある期間限定では、に煽られたがとイに相談し、割と本格的な 【・パー】を組んで逆襲に来たことがある。 の取得できるで特筆すべきは、お互いの初期手札が1枚増える固有の 『スタン』と、中1度だけ、L000以下の場合に発動でき、相手終了時までLPを要される効果発動時にLPを支払わずに発動できる 『0』である。 前者は説明通りの効果で、初期LPがの半分なのもあってを与えると非常に相性が良く 特に《》 、で先攻を狙うが横行したらしい。 そのため、調整として「 使用者は自身の初手にの効果を発動できなくなった」。 はのなら考えそうなことだが、【 フラ】に利用できる。 が 《》からで 《》を2体出してくる様は非常に。 このが使えるは他にも居るが、の報酬で簡単に取得できるのはだけである。 その他にもLPを要する強なを実質2に渡って連発できたために「 発動後、適用出来るのは1回だけ」に調整された。 (:) の親友。 のとして現れた? 登場した時はがを吐き、どこももだらけになった。 ちなみにを挑むと弱すぎて殺されるらしく、画面に移ることなく悲鳴を上げて消える 何回か繰り返すとのとが貰えた。 後に、期間限定としてだが、ちゃんとが出来るようになった ちなみに半端なだとに負ける程度には強くなった。 そんな彼も使用可に。 闇から表人格のを取り戻すために、彼催のに挑むも、判定で 大失敗 を出したため駒「 魔士ト」に変えられてしまう。 他ののを借りてをし、闇の支配者ゾークを討伐することで使用可になる。 初期には? として、彼お気に入りの 《ンダー》が3枚入っている がって…。 固有には 《ンダー》をに見立てた 『[ンダー]』がある。 とは、回の「 編」で使用された特別の事で、がで一したことのある回でもあるのだが、実際に彼がに据えたのは 《・ナイト》である。 (:) 召喚:《》 美しき孤高の女。 は 《》。 なお、初期には 《》と 《-麗なる分身-》も同時に入っているので一応出せる。 の固有は同様を確認できる 『戦術 ・ 』と「 」であり、特に 『の遺志』はの「 」を一定枚数除外して外から 《》を手札に加える効果であり、本作では現状このとの固有 『創造者』及び、「 」でしか 《》を使用することは出来ない。 しかし、の報酬は後半になると「 」系のになってしまう。 (:) 召喚:《セクト》 の割にはのある初代族使い。 彼を登場させるにはまずに勝する必要がある。 は 《セクト》だが、彼が使えるようになる頃には別ので使っていたをした方が強いだろう…パックには 究極変異態も収録されていることだし。 彼の固有は族というよりで彼が用いた戦術に由来するものと言ったほうが良い。 彼はのおかげで 《・》が居なくても鱗粉を撒き散らし、相手のに 《パラ》を仕込み、 《の》の成長を倍に出来るのだ それでも《の》や「・セクト」の方が速い…。 (:) 召喚:《》 だと出番が増えた代わりにのと化しているの初代族使い。 しかしは 《二頭を持つ・》でも 《ナイト・》でもなく 《》 何故かまた持っていた。 彼の固有はに族をし、に貫通効果やなどのを与えることが出来る。 ある期間限定では、の 《》は元々自分のだが、「 」使いのはに譲ってちゃんとした族のを手に入れようと奮起していた。 「やっぱ羽とか生えてたらダメやろとして!」「…………ぎゃはー!!《二頭を持つ・》ってえてるやん!!」などと迷走していたが…。 梶木漁太(:) 召喚:《》 亡きと同じ立な漁師をもす。 《》は彼の。 登場させるにはを通算回行う必要がある。 彼のはの形見であり、その面を感じている 《》。 固有は 《》を開始時に外から発動する 『の』と、 《》が発動中に1体に直接攻撃を付与する 『からの刺客』 そのフェ終了時に対となったはへ送られる。 《》は、初期から存在するでありながらのとべて様々ながあり、発動条件が大概が 《》の場合なので存在するだけでがある。 (:一) 召喚:《》 本名「 ・ハ」。 の元全プで、よりの似合う男。 はで敵を破壊する 《》。 登場させるにはに回する必要がある。 問題はその後に出る彼ので、その内の一つに「 このが出てから 族のを2枚集める」というのがある。 トから交換して手に入れるか、引きやすそうなパックを購入するか、報酬に族のが多い自身のと何度も戦うか、いずれにしろを消費することになる場合がほとんどなので多少面倒である。 そんな彼の固有は、彼の手癖の悪さをした然とした名前や効果のものばかりなのだが、他とべるとむしろとしてはか堅実と言って良いかもしれない。 だが、というのは元々運が絡むである。 堅実であること自体がテージになるのだ 『スリカエ』は堅実過ぎた…。 (:'y') 召喚:《》 の生みの親にしての存在「 」の使い手。 でもは 《》デース。 同様に以前は限定だった。 の「 の王編」のを追体験できるのをやっていたことも。 中のでは左が常に隠れているが、使用可になった際に本人が 千年眼 ・ を持ってると言っていたので付いている様だ。 また、一部のでは左に千年眼が確認できる。 そして千年眼の特殊 『ド』はとして「 3以降にL000以上ある場合」という条件下で相手の伏せのみ視えるようになった やは要警である。 他の固有で特筆すべきは、それぞれ中1度しか使えないが、LPが一定値以下の場合、自分のドローフェに通常ドローする代わりに外からで強を手札に加える 『創造者』と、LPが一定値減った後の自分のドローフェで通常ドローしたを2枚に出来る 『増刷』である。 前者は所謂 『 』みたいな効果で、 《》等の強なのでまだ取得できないがに引けるようになっており、逆転の一手足り得るあんなやこんなもあるらしい。 は最特権とでも言うべき。 闇(:) 召喚:《・フィア》《》 の効果による時 の友人が千年により宿した残虐な格。 は 《・フィア》で、彼も以前は限定だった。 側のであるに対して 「このじゃオレものに操られるにすぎない」と、元々得意としていたに絡めてっとを言っていた。 彼の固有 『』は、の上、の 《》が使用なので、をする形の発動条件を追加した上で、発動後から5回の自分のに 「D」「E」「T」「H」の5がい特殊するとなった。 ・をすることはいが、発動条件となるの 《・フィア》がから取り除かれると効となる。 他はだいたい固有でこそいが、族や闇に関すると肥やしが可なを取得できる。 彼らも元限定で、今回はに雇われて現れた。 今作は基本ではないので、2人で1人のとして扱われる。 は 《》で、初期には論 三も一緒に…入ってない…だと… 3枚ともパック第1段のRである。 これには流石の彼らもびっくり仰。 しかし彼らには固有によってに三が入っていなくても 《》を召喚する荒業 『招来』が用意されていたのだった。 他には手札ののを三つも下げるとか、通常ドローの代わりに外から三のいずれか1枚をで手札に加えるとか、最 《》を召喚するためなら手段を選ばない感じである。 もう一つ特殊なに 《-ウォール-》を外からに出す 『作成』がある。 の除去手段を持たず、 ウォールをどかさない限りを与えられないくらいの相手には強固なとなる。 これを利用してを集めた後、1度に1万以上を与えてする 【】なるがには存在する。 との報酬増加には評価でを狙う必要があるのだ。 ほぼ同じ理由で 『招来』も用のとして採用されることがある。 (:) 召喚:《》《》 を守るの末裔「 」。 は彼の一族に課せられた宿命への憎悪から生まれた格である。 今作の彼はシ編で消滅した後復活したらしい。 彼の初期のは 《》。 が狭くLPが00しかないでは、テージを奪い、毎を与えるこのはりに脅威である。 ちなみに 《》は、別の条件を満たすと貰える。 彼もまた以前は限定で、ズを率いてで大暴れしていた。 ついでにも居た。 ちなみに 《》はに渡されたらしい。 その時は専用のによって 《-球体形》を場に出た状態でを始めるなどやりたい放題だった。 余談だが、にて単体では散々な評価がされた 《》であるが、の 『作成』の様にを用いた戦術でLPを稼ぎ、攻撃1万越えの攻撃でする用で使われる他、の固有 『生贄を束ねる』によって、にあった 召喚の生贄となった達の攻撃、守備それぞれの合計値分だけ の攻撃、守備がするをできるようになった。 (:) の。 を登場させるにはを通算200回通常召喚しなければならなず、の一つにLP00以上残してにするものがある。 LPの初期値が00なのでLPを回復させるやが必要になる。 の初期にはと呼べるものが入っていない。 そもそもがやで披露したにはそういった感じのものがかった。 なので代わりに、として 《生贄の抱く》が1枚入っている。 が持つ千年クの 『予知』は、5終了時まで自分はお互いのを確認できるというになった。 他に取得できるには「 」や族に関わるものがある。 【】や 【・パー】を使う場合役に立つ。 の固有の中でも特になのが 『現世復帰の制約』。 相手よりLPが以上少ない場合1に1度、相手ののを全てただの 《》に変えてしまうという効果である。 そもそもに触れないか、 《》を積んだ以外では、場合によっては致命傷になり得る。 「 配信2周年記念」として登場するを倒すと 《》が貰える。 リ(:TA) 召喚:《》 の一族イシュタールに拾われ使用人として育てられた。 の義的な人物。 そしてが最も信頼する部下。 は元祖 《》。 彼を登場させるにはを通算回発動させなければならず、の一つに「 を1内に10回使用する」があるなど、彼のために使いやすいを多く手に入れる必要がある。 固有もほぼに関するもので、中でもに3枚以上がある場合、1枚で手札に加え、残りを全てに戻す 『終わらない』は、 《狡猾な》や諸事情で複数枚積めない強なを再利用出来る便利な効果である。 (:) 召喚:《》 窃盗集団ズの師。 と同じくを 《》としているが、と違ってに対する情はい ちなみに彼の《》専用の召喚がある。 以前はの「 シ編」を追体験できるで出来た。 その他の命でで暴れていたことも。 として解放後、してにされると怯えていたが、結局何もかったので気を取り直してとして高みをすことにした 来た理由こそそれぞれだが、だいたい皆をすためにここに残っている。 彼のは 《》をするためにあると言っても良い 最近は《》の所為で「」使いの才が開したが、あんまりにもの立つ瀬がいので該当が調整された…。 また、を多用するに向いている。 塚(:) 召喚:《王--》 こと族の使い手。 とにおける彼の生死などこの際考えなくてよい。 初期のは 《王--》。 最近は気の弱いところが自分と似ているとかで「 」もお気に入り。 自分を切り捨てた のことは恐れつつも未だに恨んでおり、で彼に挑むと怒り出す。 反対に 闇については非常に恐れている 「怖えぇけど…… 負けねえゾ!」 後に行われたでは何故かとを組んでいたが…。 彼も以前は限定であった。 その頃は 【】を使用していた。 当初に来た時は、を申し込む度にその貌からと間違われてられてしまい騒動に発展してしまう。 た内の一人である「 弱気な」が落としたをに返した後、 もついでに渡し、を辞めてを去ろうとしたところ、に「やめないでください」と言われ、やにも引き留められたので残ることにした 使用として解来た頃には怖がられなくなったらしい。 の彼はLVのに 《》を入れているため、発動されるとによっては詰む。 このは塚の到達の報酬となっているが、似たような効果を持った 『這いよる軍団』という固有も取得できる。 パー絽場(:) 召喚:《》 自称者の。 の「 シ編」ではのタネを看破されし、パーを名乗るのを止めた彼だが、に来て本物のに覚めたと言い出し、としてどの種族のが後に脅威となるか予知しようと試みるが…。 は上のあらゆるを化する 《》。 また、 『』は実際にとして使用可で、初期手札を1枚減らし、自分の最初の終了時まで相手の手札全てを視ることが出来る なのか、の詳細は見れない。 その間相手は、手札を開して発動する及び、手札を開して行うの処理ができなくなる。 他は ・かに関するである。 いの方が「 の」、いの方が「 闇の」を、をとした群を駆使したを得意とする。 同様このでは2人で1人のとして扱われる。 配信2周年にして遂に3枚ののがにったので、それらを狙いに現れた。 その割にはの彼らのには封じの切り札であったはずの 《生贄封じの》が入っていない…。 ちなみに他の使用はから手に入ったりパック収録だったりで既に手に入る物が多い。 として解放した際は、様に負けた原因で喧をしている所へから連絡が入り、のはもういいから好きに動けと言われる。 やにおいて彼らはが登場する前に出番がくなったので接点がく、のはの雰囲気が変わっている く、悪くなられた ことにを訴えたが、闇のに 「元よりらズになどおらぬではないか」と一笑に付された。 DSODワールド とは少し異なる過程を経てしたの後日談となる「 」のを模した。 の原点。 相変わらず住民登録にが必要なの下町となっている。 その為に高度なシミュレーターやを開発したが、最終標はへ立ったを現世にらせることにあった。 としての使用は当然をとしているのだが、に登場した関連で構成されており非常に強。 もの副であるが、自身の野望や開発業に勤しんでいるから会社のを任されているようである。 ではしてないが、としての使用はの入った 【】を使用する。 (:) 瀬人にとの決着を諦せようとに殴り込みをかけて来た「 未知の」の正体。 「 未知の」としての姿は仮想間内でのであり、実際はの姿をしている。 瀬人に後はは消滅したが、気に入っていたらしい。 使用は「 」を内包した 【】と言ったところ。 済木(:) 初期には沢山居たの童実野の。 がと全な地続きである左と言えなくもない。 狙った相手を手下と共に暴行し、その様子をで撮して中の者にするという様なことをやっていたのだが、ではとある人物を狙った為に逆に手下共々別のに送られしまった。 以降はに登場せず、そもそもすらしてないのだが の住民なのでは持っていた 、どういうわけかのに拾われ仮想間内に生還?を果たす。 当初は一部の人にしか認知されず、化後は手下達と再会して活動を始めるも、等には嫌われ、に至っては言という扱いを受ける。 での出現条件は「 自分の効果で相手のを合計回除外」という屈のめんどくささを誇る。 GXワールド 養成 ア・カを模した。 にはのも混じっている。 は今のところしか居ない 一応、GXのを追体験できるののみ、何人か登場した。 (:) 召喚:《》《》 ので、ののが見える元気で明るい。 を軸とする 【】を使う。 初期のは幼い頃に彼がした 《》。 《》や 《 フェザーマン》及び 《 》も入ってたりするが、肝心の 《》と が入っていない。 《》はの方をある程度して居れば何枚か手に入る他、 【】と 【】のスーがそれぞれ出ており、それらを購入することで々に を用いた【 】が組めるようになっている ちなみにスーに入っている《》は後期である。 彼のは 《》を外から発動する 『の戦う』と通常ドローの代わりに外から 《》を手札に加える 『』。 そして、同様の方法で 《クル・》を手札に加える 『の』等がある。 それぞれ一定以上のを受けるかLPが一定値を下回らないと使えない。 《クル・》は専用で、は 『の』の効果でのみ使用することが出来る 1発に出たパック「・ビギニング」にて遂に入手可となった。 期間限定で、 「十代がを捨てた!」等と大騒ぎになることがあるが、実態はの彼が普段使わない別の「 」体のに変わるだけである。 別の期間限定ではによって固有 『のドロー』を取得できた。 効果は、に「 」が存在する場合、自分の3回の通常ドローが 《》になるというもの。 《》は放送時では既にだったが、が少なかった当時、十代はこのを含めて では禁止級の ドローを多用し、による手札消費の荒さを補っていたという逸話がある。 『 のドロー』は生涯ので取得できるようになっている。 (:) 召喚:《・》《LV7》 元はの最優秀の「 ・」所属だった。 では十代やにして以降、武者の末に「 」と「 」を手に入れてに戻って来た ついでに達のが見える様になった。 そして通称が「 」になった。 初期のは 《・》。 相手が何か召喚する前にに成功すれば、表側表示で存在する限り相手を全に封印出来る。 に必要なも全て最初から入っているが、先攻初手で全部手札に来れば苦労しない。 彼の固有は「 」に関係ある効果だが、開始時に 《・》を発動する 『たちの故郷』が一番便利だろう。 その他にのの報酬として 《》と 《の》を開始時にに追加する固有 『・』がある。 彼のもう一枚の「 」軸の族 といったところだろうか。 ちなみに 《の》はこのでしか使えない。 彼の期間限定で未登場の 《ンダラ》が手に入るものがあった。 の彼のは 【】と 【】があるが、はが使えない 《》と 《》を複数枚積んで 《LV3》の特殊召喚とを狙ってくる。 最悪一体でも生き残っていれば 《L》のに繋げてくる。 (:) 召喚:《・ブ》 「 ・の」と称される切っての才媛。 に と名の付くをとして使い、 も も使いこなす。 初期のは 《・ブ》。 相手のの数によって効果が変化する不安定さを持つが、いずれも強。 問題は初期の「 」同様が貧弱かつ、の代用が利かないところ。 のには や をする 『の使い手』及び 『の使い手』があり、との両方を得意とするらしい。 更に固有として、LPが一定値以下の時、1度だけ通常ドローの代わりに外から「 ・」を手札に加える 『招来』と、開始時に 《の檻》を発動する 『の使い手2』を取得できる。 がとする「 ・」はGXにも登場していたが、後かなりの年を経てが放送している第9期になってやっと化した経緯があり、出たの所為もあって他のGX産のの中でも特に高いを誇っていた。 《》が未だに 【LIT2】に定されているようなにそんなものが入ってきたらどうなるかは結果として内のが数枚ほど 【LIT2】に定されてしまった。 【LIT2】の意味は上記の のとおりである。 (:) 召喚:《》 では をして「 五に入る」と言わしめた。 十代と同じ 【】使いだが、彼の場合的な要素を持つ「 」をとする。 版GXでは「 」というを使っていた。 登場させるには闇を通算200回召喚する必要がある。 初期のは 《》。 3体のを必要とする特殊召喚であるため強だが滅苦。 彼のは、ほぼ十代の「 」版及び闇・族用。 「 」も「 」も闇・族なので両方のを組み合わせてジーさせるのが彼の構成の定石。 もっとも、「 」というと最近は何度も の出番が多いが…。 (:) 召喚:《・》 理詰めの頭。 中級の「 ・」所属だが、並の「 ・」より余程優秀である。 彼が登場する条件は「 自分のの残り3枚以下で回する」という、たぶん言われないとわからないのもの 基本的にの登場条件は非開。 狙いのを多用していたら出たという人が多いかもしれない。 初期のは 《・》。 召喚に必要なは一式入っているが 《》よりも圧倒的に難しい…。 で六分のを持っていたためか、彼の固有はLPが一定値以下の場合、 《》等の「 ののの攻撃はし、守備は0する」を任意で発動するものが 六分存在する。 相手を選ぶだが、期間限定「 の」は敵の使用がのに統一されたのみであり、結構相性が良い。 の彼のにはに関する効果を持ったが多く入っている他、高だと 《》、低だと 《ピケル》が入っている。 召喚するときは 「入れた覚えないぞ」などと言い訳していた。 ちなみに攻撃させるときはで攻撃名 ・・ を叫ぶ。 彼の期間限定では、独自に提唱する の統一を明すべく、同の下に構築された 【化合】と、版GXでの彼が使っていた 【】を持っていきなり走り出していった 流石に脱がなかった。 (:) 召喚:《》 ・の実技担当最高者を務める。 性格は概ね後半の様だ。 彼の「 」は、自身の攻撃に対して相手に・を発動させない効果を持っているのがな特徴。 その中でも最高の攻撃を持つ 《》は、において彼が使用する度にほぼ毎回違う手順で召喚されるという、の手本たるらしい逸話を持つ。 期間限定専用であった頃、の外でたるんでいるを見かねて、このままでは自分の給料にくと考えた彼は自を切ってまで報酬を用意し、に特別授業を行った。 終了後、へ 「で特別授業を行ったので時間外労働手当を貰いたい」とした所、に申告しないとダメだと言われてしまった。 で言っていたがまだあるらしい。 が 攻撃0繋がりなのか、に続いて 『粉砕!』を取得できる。 他には自分の最初の開始時に自分上に 《》を追加する 『闇?』がある。 これにより、一部除いて攻撃の低い「 」の強化や特殊召喚のできない上級以上の召喚が容易になった。 (:) 召喚:《》 ・校であるック校から来た留。 から託された「 」のとはのようなで結ばれている。 以前は限定で、最初に登場した時は 《》がにかったので、も様子見状態だった。 その後に出たでは ・のを手に入れるために集めに協してほしいと現れる。 ノを達成すると共々 ・が使用可になった。 初期の 《》は、自分及びに「 」が合わせて7種類あれば特殊召喚できるが、初期には2種類 《・タートル》と《・》 しか入っていない…。 の報酬や、との報酬で増やせる他、初期に取得できるに、開始時自分のに 《》と「 」7種類を追加するものがあるのだが、あろうがなかろうが召喚するのは難しい部類。 そして「 」は効果の性質上、・が3か所しかないことでかなり割を食っている。 なので固有に、手札を1~3枚捨てて、捨てた枚数だけから「 」を・に置く 『受け継がれる宝玉』 中2回のみ発動可 がある。 自分の・のをとして処理しながらテージを得るのと絡めることで肥やしが出来る。 なお、フェ2がいので 《・タートル》の固有効果はのを受け、「 」共通効果だけを残して「 された」。 (:) 召喚:《-》 ・において優秀な成績を修めて入りした ので、「 」という族の使い手。 では落ちこぼれ扱いの「 ・」からのし上り、「 ・」にまで昇格した彼だが、今作では「 ・」のを着ている。 元は限定で、後から遅れて来たという設定で登場した。 はをすることで使用可になるが、その一つに「 でのLVとの中に・トを召喚する」というのがある。 《・ト》はとの報酬の品で。 つまり非常に入手らい…。 初期のは 《-》。 の 《》のと言われがちだが、あちらの場合では現状、後述の事情があって一長一短である。 また、報酬で3枚 《・コネクション・》を取得できるのと、固有で通常ドローの代わりに外から 《・コネクション・》を手札に加えるや、通常ドローとは別に、の 《》のを1枚から手札に加える 『ーブ[]』もあるのでは厚い。 ついでに、 《》と 《ペイク》を名しで対にしている 『補助輪』なるもある。 では 《》用の装備だった補助輪だが、LPが一定値減る毎に使用可になり、対がした後のフェ終了時に対を次の自分のまで除外するになった。 《ペイク》の直接攻撃を通しつつ相手に破壊されないように逃がすのがな使い方。 相手の毎にしない程度に必要分受けるのがコツである。 《ホーリー》等はこの手の発動条件を満たすのに非常に有用となった。 (:) 召喚:《》 入りを果たした後、 に負けて以来負けに負け続けた結果、に飢えたと化したこと。 期間限定では 《》や、こと「 」も入手できた。 しまいには自らを苦しめた 『衝撃増幅装置』を持ち出しての を敢行 ただし着けるのは側のみ…。 専用でもあるこれは、・効果を計3回受けると 強制するというキ効果である。 しかも 【】は防御をすり抜けてを与えることを非常に得意とするため、に戦うならも貰わないつもりでやる必要がある。 でも、はを名乗る前から使用していた 《》。 化後の初期には論 《》も入って…ない…。 代わりに 《ト・》が3枚入っている。 相手ならまだ、対人戦でこれをに3体並べるのは困難である。 彼の報酬で 《・》が最大三枚手に入るが、そもそもに並べてからするという手間がある時点で厳しい。 《・》と 《バネック・・》もあるが、入手手段が限られている。 そんな彼にもによる秘策があった。 中1度だけ、L000以下の場合、00を下回っている値につき 《ト・》1体を外からに出す 『流義』である。 《幕の》でも予め発動しておけば、自分スタンフェにLP払ってから発動するだけで2体は呼び出せる。 後はもう一体手札から召喚してすれば良い、のだが…。 実際は 《》をするより、などのとして使われることが多かった。 その結果調整が入り、これで出したものは出来ず、のにしか出来なくなった が出来ないので「呪印」系の効果によるも出来なくなった。 他の固有は自分の1体が1内に5回攻撃に成功した場合特殊する 『五連打!!』、通常ドローの代わりに外から 《》を手札に加える 『オレに介錯はいらん!』がある。 『五連打!!』は実質 《》専用 構築次第で全体攻撃持ちのでも可。 《》は、現状彼のの効果でのみは使用できる 発動条件的に対策もなしで《》を使った場合、そので決着を付けないと効果ですることになる。 (:) 召喚:《究極恐》 の1年で、「 ・」所属の族使い。 十代との初以降彼の舎を勝手に名乗っており、 とはどちらが分として相応しいかでしばしば言い争いになる。 期間限定で初登場したの彼のは論 【族】なのだが、LVの内容がの「 スーR-恐の-」3つ分を 較的強なものを厳選して 枚にしたかの様なものだった。 その所為でこのだけ、のとしてはの動きを可とする 後発のではに調整された。 後に行われたの後半では、 電のに曝された結果、されたのから取り込んだがし。 究極恐にした「した」とすることになる。 その際の使用は族の「 」から族の「 」にする「 」を中心とした 【】。 相手で数えて5に『 大暴れ』で自分が強制する上に、追いつめられると『 究極!』を発動し、外から 《究極》を手札に加えて即座に「 恐」の特殊召喚を行い、しぶとく生き残ろうとする 復刻時に『大暴れ』が強制引き分けになった。 初期LPは通常を大きく上回る00。 しかも「 した」を倒す毎にを強化しながら上昇していき、L0で0に達する は強化される程「」要素が薄くなる…。 他のゲーにあるような、所謂「 繰り返し挑む事によりLPを削り切る」を採用しており、と協してを与えることも出来る。 化した際は、十代の舎に甘んじるだけでなく、として彼をえるべくして参戦する。 ちなみに共々参戦が遅れた理由は、のから伝言を任されていた十代が2人に言うのをすっかり忘れていた所為。 初期のは 《究極恐》。 攻撃0で相手の全てに1回ずつ攻撃出来る全体攻撃を持つ。 「 」系を筆頭に族で召喚出来るので、それらが有ればまあまあ出しやすい。 における彼の 【族】は、同じ族使いで通っているとは違うとして、のを題材にした「 」というを使用していた。 その為固有として、族をが3つ上の族にさせる『 さんにする!』や、通常ドローの代わりに内の「 」をでドローする『 系の使い手』、更ににのみ登場した族を族にさせるの版『 ・』を取得できる。 (:) 召喚:《》《炎皇ア》《降皇ン》《幻魔皇》 幼い頃の が持っていたの。 それに宿る同名の。 色々あって十代に対して極めてんだ情を持つようになった。 その因縁は彼らの前世にまで遡る。 の氏は、にがされる以前に故人となってしまわれたが、に使うを予めまとめて作っておくという開発方針だったのが幸いし、生前に収録を終えていたため、事のでのとなった。 手前になって始まった期間限定で登場し、同様の達をにして襲い掛かって来た。 どうやらでの事件の後の展開の様だが、何故か昔の様に偏執的に十代をめる様になって現れた しかもそのことをと再会するまで忘れていた。 その時の使用は、である自身を用いた 【】。 十代以外のどので挑んでも、 「十代はどこだ?」と十代のことしか眼中にい。 高のは開始時に、自身の形態である 《-s chlh 》や 《-s r Tr c》を場に出してくる。 いずれの形態も対策なしでの突破は困難だが、自発的にを与える手段に乏しいのため、数少ないを潰してから放置すると 切れで自滅する。 ノを達成するととして解放され、終了時には同様、十代と 《》して事態は終息した 所謂になったりはしなかった。 《》の採用を前提としたは多くの場合級を多数取り入れたになりがちで、特に 《》の形態は基本的に手札要因である の場合、『上昇』によってL以上の《ザ・カュレーター》を作ったり出来るが。 それを多少善してくれるのがの固有、1に1度、手札の 《-s chlh 》、 《-s r Tr c》1枚をに戻して、から 《》1枚を手札に加える 『が名は』である。 また、後ので、中1度だけ上の自分の「 」をに送り、手札から1段階上の形態を出す『 形態降臨』が取得できるようになった。 として、の効果で出したへ通常召喚・特殊召喚に誘発するは発動できない為、その手のの対策や任意ので他のを利用せずに出来る点が挙げられる。 (:) 召喚:《》 かつて・に のとして共にしてきた師。 自身をとした「 の結社」なる組織を立ち上げて達をし、を増やしながらの破滅を論んでいた。 実は本人も「 破滅の」という存在に支配されていたが、十代にして以降は「 破滅の」から解放されて心し、を去って行った。 しかし、何故かまた「 破滅の」に支配され、失った運命を見通すをも取り戻してに現れた。 立ち向かってくる相手に、今度はなどという回りくどい事など必要ないとして。 万丈と香との3人はかつてされて彼の支配下に加わっていた時期があるのだが、その時の記憶は曖昧であるらしい。 ではと出会ったことがいのだが、同じく「 破滅の」の波動を受けたよしみで勧誘してみるも、そもそも十代以外に全くがいに突っぱねられて昂した 流石、全くブレない。 使用はをとした 【】。 トスの表裏をの正位置と逆位置になぞらえ、出た面によってそれぞれ違う効果が発動し、に運を任せるまさにの様な群だが、の彼は回を追うごとに彼が言うところの運命の高まりと共に都合の良い方の効果しか出なくなっていき、対戦相手を苦しめた。 の後半では運命が高まったことで運命を見透すどころか確定させてしまう「 運命を見透す斎王」が登場。 専用『 揺るがぬ運命の輪』によって彼のトスは必ず表になり、基本的に有利な効果しか発動しなくなってしまう。 もさらに強化され、L0には相手毎に行うトスで表が出た場合、召喚と召喚を封じる 《の巡遊》を搭載し、切り札召喚の時間稼ぎなどを行う。 初期のは当然 《》!…ではなく、彼く番の究極のこと 《》。 これはこれで弱くはいが、あっちはもも兼ねた、究極のだった。 召喚条件が「 自分の3体をに送る」なので、に送れないをにできない分エドの 《》より更に難しいが、内容を「 」に拘らなければをえるのは難しくない。 固有はやはりというか、「 」やトスに関係する効果がで、彼の代名詞『 』は「 」の効果によるトスを必ず表 正位置の効果 にする。 他に自分のトスが3回まで必ず表になる『 絶対運命!』や「 」のトスで得た効果を逆にする『 逆転する運命』などがある。 なお、彼が「 」関連のトスを行った場合のみ、の様にが回転して正位置か逆位置で止まる演出になる。 が復刻された際には未だ化されていない 《I-THE HAED MAN》、 《ザ・・》、 《ザ・スピリチ・》、 《ザ・ヘブンズ・》が報酬としてと同じ効果で登場し、上記のと名の付く3枚のをする新『 3本のの柱』が登場したが、後中にも関わらず調整の宣告がされた…。 (:) 5D'sワールド 数十年後の、 を模した。 と ライグ・が気で、にはやの姿も ただし、やるのは。 代わりにきの痣を介してにを呼び出す「 きの痣:・」をそれぞれ取得出来るようになっており、そのをしてを開始した場合に、それぞれのがに1枚追加され、更にが2枚に追加される様になっている 《》のみと同時配信されたパックにで封入されていた。 どうやら順次追加されていくパックの玉となっているらしい。 特記事項として、のはを用いるため、自分上ののを変化させたり化する汎用を取得出来るようになっている。 (:) 召喚:《》《》 の。 拾ったものでからまで何でも作ってしまう頼れる。 彼く、に入ってる 「」【 】を使用する。 「 」や「 ウォー」と名の付く族及び族を複数並べてに繋げるという、このでの基本に忠実な構築。 へは武者中の に呼ばれて訪れた。 呼んだ理由はここで決着をつけるためである。 しかし、の初期には彼の 《》が入っていなかった 後に判明することだが、化した際の初期は皆、Lの《・》1枚除いて関連のが一切入ってない。 のにのは持ってこれないらしいと、考えてみれば当たり前のことをに言われた。 まずはここで己のを磨き上げなければ勝負にならんと言われ、と別れた後、 「は拾うか昔のように…」などと言っていたらきの痣が反応し、 《》とのはまだ繋がっていると確信したは、との決着の日に向けてでの活動を開始した。 上記の通り、彼の 《》は、固有 『きの痣:・』によって開始時にに1枚追加され、にの 《》2枚が追加される。 当時 《》はこのでしか使用できなかったが、後に配信されたパック「 ・・ジ・エンシェント」に収録された。 他の固有は Lのや「 ウォー」の攻撃を上げたりするものである。 のに、この日がのということで、通常ドローの代わりにから任意の「 」をドローし、の1番上のをへ送る新『 調』と 《》の召喚がされた。 (:) 召喚:《》 や の昔からの友人にしてであり、かつてはのライグ・において敗を打ち立てていた。 はにその座を明け渡した にも言われた…。 当初は突入直後のにのみ登場した。 武者のためにに来ていたらしい。 と決着をつけるために彼を呼んだが、内での彼はまだまともにがしていないので、決着はいずれということになった。 後日配信された期間限定では、頃合いと見るや彼は遂に動き出した。 使用はでも使っていた 《・ピース・》と、 《》をそれぞれとする 【】と 【】だが、には 《》3枚積みの上、 《・》が入っていたためから 扱いされた・・・。 期間限定の時の彼にで話しかけた場合、 「に全てをつける!に取り憑かれたの魂を!」と格好良く宣言していたが、 から する場合、消費としてあの「 」を要してくる LVへの挑戦権として杯。 で話しかけた場合、「 自分が飲みたいからってそいつをた ちに集せてんのか?」と彼が問いただした所 「当たり前だ!!」と、全にに取り憑かれていた・・・。 は心の中で思った、 呆れて物も言えねぇ…… と。 なお、3人の関係をは、 に世話を焼く と と評していた。 後半ではとのライグ・が発生 、でも挑戦可。 トスではなくが流れて先攻が決まる。 このでのみ、お互いに強制設定される『 Sp-』は、お互いにが乗るようになり、 《2》のを消費して発動するものと似た効果を使えるが、内容は一部変更されている。 こののノ報酬の最後に「 の 」をから直々に渡される。 最後の一個だそうな。 そんな 彼の 《》 は、固有 『きの痣:・』 の効果でに追加され、更ににの 《》 2枚が追加される。 《》は、1に1度の破壊耐性を持つ、そこそこ場持ちの良いだが、LV3なのでLである 《》のには、更にL分のを用意する必要がある。 Lで較的特殊召喚しやすいを入れるか、 《》と合わせて自分のの和を8にし易い構築にすると出しやすいだろう。 なお、 《》はの報酬で数枚取得できる。 他の固有には「 デーモン」を強化する『 ・・デーモン』がある。 更にの攻撃が0繋がりで『 粉砕』も取得できる。 《》は後日配信されたパック「 ソ・」に収録された これで『・・デーモン』と併用出来るようになった。 (:) 召喚:《》 やの昔からの友人で、身寄りのない達の面倒を見ている。 「 の」の異名を持つ。 彼の「 」は、大量展開と変幻自在の攻防を得意とする。 彼を登場させるにはとして現れる とので、 評価0以上を出してする必要がある。 漫然とやってなか出ないなので、多少構築やの取り方を考える必要がある。 当初はが勝手に武者に行ってしまったこと等に文句を言っていたが、を見ていて火が付き、のを手に帰ると達に誓い、参戦した。 彼の 《》は、固有 『きの痣:・テ』の効果でに追加され、更ににの 《-極北の》2枚が追加される 《》は後日配信されたパック「・ライグ」に収録されたが極北のは未だ入手手段がい。 極北のには自分ののLV4以下の「 」を特殊召喚できる効果があるが、 《》はLなので、この効果だけではできない。 「 」は大量展開が得意なので、で統一すると出しやすいだろう。 (:) 召喚:《》 に族やをとしたをとし、かつて対戦相手をデェでの衝撃を実体化させるで痛めつけ、「 」と恐れられた本物の者である。 昔はそのを疎まれ酷く荒んでいたが、今は達のおかげで救われた。 ここへはとを追って来た。 時代から用する 《》は、の固有 《きの痣:・レッグ》でに追加され、にの 《・ト》が2枚追加される 両方ともはパック「ブング・」に収録されている。 ちなみに 《・ト》はその効果、 《》等ののには工夫を要する。 他の固有に、自分のに 《・》を1枚追加した状態でを始める 『より芽吹くもの』がある。 自分に族が召喚された時にから特殊召喚できる効果を持つので、のの他、大量展開からの等に使えるだろう。 (:) 召喚:《》 感が強く心優しいが少しに乗りすぎる面のある。 表示形式によって効果の変わる「 D 」の使い手。 では全中最も著しい成長が描かれるである。 彼の 《》も初期に入っていない。 「からのだ」とはの言。 《D・》は同じ「 D 」とのジーを強く意識したなので、の報酬や報酬に加え、前述の「 ・・」に収録された「 D 」と同時に使うことで価を発揮する。 他の固有は 《》の効果発動の為等、装備を多数積むことを想定した効果となっている。 (:) 召喚:《》 のの。 と違って落ち着いたしっかり者。 のが見える。 を登場させるには を使って勝する必要がある。 と違いをそうとは考えていないが、出来るだけたちと一緒に居たいという思いから参戦した。 の 《》は、においてに設定されているが、そのな理由が「 で、基本自分にだけ有利かつ強なを使うが増えた為」というのが有で、今のなら一部のの敵になったり、味方になるくらいだろう。 《》自体が特殊な効果を持っただが、使いこなせれば様々なのに繋げられる。 他の固有はのの用といった感じのもの。 なお、 《》は、後日配信されたパック「 ・・ジ・エンシェント」に収録された。 また、 《》も期間限定配信の「 セレクションボックス V. 02」に先行収録された。 (:) 召喚:《》 の維持局に属する組織 「」の特別捜課補佐。 感はあるが粗暴な性格で、かつてはや の下層地域で、その頃は全なスだった の住人を見下していたが、彼らとの交流を経て考えをめた。 顔の傷はをライグ・で追跡中にした際ので付いたもの。 ここへは、上の深にパを命じられて出動した どうやら、の再来が懸念されているらしい・・・。 として解放した際には、引き続きのパを命じられた。 彼のは、かつてにおいて「 攻撃0 」という基準を作り出した元 《》 その結果、で自身が御用になったが…。 このが持つ破壊した相手を奪い取る効果を参考に、後続の「 」が作られた。 また、とに続いて 『粉砕!』を取得できる いずれも各作品の中、が行う最初の相手となった人物であり、なおかつその時のは攻撃0で場に出ていたという繋がりがある。 後に、が取得可となったことで、初披露したの攻撃が0というくらいしか共通点がくなった。 なお、彼は「 」の第1話に登場した同名のと同一人物という設定らしいが、年齢のことは考えてはいけない。 ちなみに、上記ののノ報酬を全て手に入れた際、捜協者への報酬がくなってしまった為、 「世の中 だけじゃねーよな?にがむとろくなに会わねーと思うぜぇ オレは!」などと言っていた。 「からこのがのボードを買ってでよう!」「あら~…… だ!カネカネ! だらけだ~~!」• (:) 召喚:《》 かつて、、達の分として、共に「 通称 」というを結成し、でグとして活動していた。 しかし、それで出来なかった彼はに手を出してされた上に大事なを奪われ、勘違いだが達に裏切られたと思い込む。 最初はやはりへの恨み節全開で登場し、上記の末をでりながら勝手に、が終わると勝手に帰って行った。 の彼の使用は「 自分の手札が0枚の時に効果を発揮する」というのから考えると極めて特異な「 」を擁する 【】。 には 《》が入っており、破壊すると同様「 」を手札に加える宣言をするが、そっちが入ってないので意味がい…。 の代名詞の一つであるは、化した際に全てに変更されているのだが、彼が元のををするとの演出になる。 後にが開催した時に再来し、今度は 《》を引き連れて現れた。 からは何故またに戻ってしまったのか問われるも、に燃える彼にはどんな言葉も届かない。 このは「 した」をよりらしくめた形式になっており、正式に「 」として「 」の膨大なLPを他のと共に削るとなっている。 はほぼ「 した」と同じで、相手で数えて5後に c u自身が攻撃を行い引き分けに持ち込まれる。 自体はが行い、は全部 c uが受ける。 救援を行うことでに別ののに参加可だが、出現してから間以内に倒せないと去ってしまう。 LPは最終的にした山すらかにぐ万近くに達することも有り、LVが高い程「 」の悪なが大量に積まれたを使用し、L00~には 《の陵墓》と共に 《》が入っており、膨大なLPからたった払って気で出してくる。 また、5戦に1回方式で専用『 Sp-』とのが両方使えるため、や引き次第で十分単独可。 終了時は同様に倒され、綺麗な顔で 「こんなんじゃ……できねえぜ……」と言い残して消えて行ったが…。 として解放してもやはりしていないのか、まだまだ暴れる気でいる。 はに封印されていた 《》。 攻撃0で直接攻撃出来る効果を持っているが、がいと自壊するがある。 初期には 《闇》と共に1枚ずつ入っている。 準である 《》は報酬の他、固有に初期手札0枚の代わりにこのが場に出た状態でを開始出来る『 』と、に1枚追加し、に《 ・ャー》2枚が追加される『 ニング』によって使用できる。 他の固有は開始時の手札が1枚になる代わりにその中の通常ドローが2枚になる『 ・』や「 」と「 」等。 (:) 召喚:《 la cu》• (:)• (:) 召喚:《 Wha ca》 その他(非プレイアブルキャラ)• (:書き切れないので)。 各に一のが現れ、することで彼らとする事が出来る。 終了後、や評価による報酬 に「・」 が入手できる。 はに挑んでも入手できるが、からは「 ・」を要され、それ以外では、期間限定やにに現れるのを待つ必要がある。 のが一定に達すると各の彼らのも上昇し、より強なを使ってくるようになる。 他のゲーにおけるスタミナは彼らの配置人数という形でされており、最数はのを一定まで上げることで増加する 時間経過で湧き、時に湧かせる消費の存在や、現でのみだが、その購入も出来る。 ちなみに非効率だが、戦でもが入るので対人戦が大好きなら好きなだけの上げは出来る。 名もなき(:なし) 全に現れる、を深に被ったの。 見たはまんま の 所謂。 と違い、で特別を課した上でのになる。 特別の内容はこちらにのみ有利なものからに不利なものまで三段階存在する。 使用するは戦の高の物からで選ばれる為、に戦っても相当強く、特別が「 自分だけ初期手札1枚」の時は、相手が手札でも起こさない限り。 ただし、を使用しないので、のを発動するのが大前提のを使用した時は戦術自体が崩壊する。 ちなみに特別ので獲得に補正が掛かるが、負けてもの倍くらいのが貰えるので損はい。 ほぼお題に勝敗が左右されるということで止され、選ばれるはほぼ全ての戦参加者からとなり、そののによって獲得が変動する様になった。 初期よりには扱いきれないも増えた為、結果としてある程度以上のがあればしやすくなっている。 (:なし) の社員で瀬人やの部下でありとても忠心が強いが、彼らによく振り回されている苦労人。 ではにの進行や、の稼働状況をまとめたレポートの管理を行っている。 (:なし) ちゃんと生きているだが、千年のでのにされた男。 「 シ編」を追体験できる期間限定で登場。 その時使っていたは、やで 《》召喚の生贄をえるために使った 《炉》と 《の檻》、そして の攻撃を限に上げるとされた「 ・ブ」のに、 強化のために 《湿地原》と 《・》を追加した物を使っていた。 「 配信1周年記念」で登場した彼を倒すと 《》が貰える。 (:なし) ので、のとしてと会話できる。 の時のに登場し、をしてはいないからと参戦を遠慮していたの本心を、への参戦を促した。 三(:なし) が持つの。 に万丈ので出てくる他、GXのとある場所に隠れている ついでにの方も隠れている。 (:なし) の相手をしてくれるこののド。 のとかではなくである。 ただし結構口が悪い。 (:なし) で、 維持局特別捜という肩書を持っていた小柄でみたいな人物。 どころかにも一切登場しないのだが、 実はのある場所に隠れている。 イベント なども含めて何かしら二つくらいの期間限定を並行して開催している。 大きなはだいたい終了間際にの解答をめられる 解答は任意。 結果がある程度反映されている様で、同様のが開催した時は修正点を告知される。 いずれもがっつりやれば結構な量の報酬が手に入る美味しいだが、報酬は入手機会が非常に限られている物が多く、と取得が面倒になる場合がある。 なお、のの化が玉報酬になっていたは、そのの多くが常設の条件で入手可となったので、ごく一部を除いて再開催の見込みは薄いと思われる。 期間限定登場 のがそれぞれのにで現れるようになる。 としてできるようになる前のお披露的な意味と、なにかしらの理由で普段より強なを携えて現れる様になる二つのがある。 の為、狙いの餌食になる事が多いが、年々強くなっている気がする。 への挑戦状 からの挑戦状が来る。 5問くらい出題され、5問ともなると常設の問題よりかなり難しい。 は頭を抱えて に泣きつき、 リと イは そっちのけで楽しんでいたことがある。 ・ラン 単純にでも戦でも良いのでしまくることでを稼ぎ、一定毎に報酬が貰える。 実施期間全体で達成するノと、されるノの二つがある。 ・ランに変わる様に始まった。 をすると達成したによってが入り、のがでを累計に付き1周する。 基本的に・ランと同じだが、周回し続ければ低で報酬を手に入れ続けることが可。 とは、で詰めをしたときのものが。 とでも良いのですればが入り、その分だけのをのが降りていき、各階の 階毎に用意された物の中から を取得していく。 登録した同士でに微量のが掛かる。 ちなみにこのは、が時代に出した「 王の」が。 年代記 のをすごろく形式で追体験出来る大。 止まったで視聴やを得ながら要所毎にに準じたを行い、を倒すことでとなる。 進めている内に得たを支払い、専用 を回して限定を手に入れることができる。 に「 の王編」・「 ・シ編」、GX「 編」・「 の結社編」を開催したことがある。 冒険盤 闇催ののをす大。 スタミナを消費しながらを移動し、を探索してを上げながら頂上の「 闇の支配者ゾーク」の討伐に挑む。 各階層にはとが配置されており、からは各種と専用が手に入る。 と遭遇するとになり、によるか、手持ちの専用を使用したで戦うことになる。 やはり、ここで手に入れたで専用を回すと限定を手に入れられる。 は闇なので、途中に入るは彼が進行を行うが、の様にえげつないことはしてこない。 の のが対戦相手を務めるを通り勝ち上がっていく大。 相手のは全てのと一致するで統一、残りLPは持ち越しという共通点がある。 初時のみンを得るやで中に回復出来る他、時間経過や手に入る回復で回復出来る。 回復は一応でも買える。 やはり報酬で専用を回せる 変則のBOX。 このは対戦相手のが喋るのだが、 が出て来た時はである「 」満載のを線通信に喋り、報酬がのととであった。 催の大会。 との2段階のに分かれており、では戦同様に勝ち続ける事でvを20まで上げるとに挑戦できる。 初期vは開催の前ので上下する。 は持ち点の 0点でもではい を賭けて戦い、最終的に一番多いのになる。 者にはの大会への参加権が与えられるらしい。 の上位はまさしくやが群雄割拠している状態だが、を突破するだけでもけっこう美味しい。 ュ戦 たまに開かれる通常の戦とは別に行われる。 もも特別なュの下で行われ、も減らされている。 それ以外は通常の戦とほぼ同じ。 のとを組んでに挑む大。 相手はだが、味方もなのでの経験があると不安かもしれないが、自体は強いので存外勝てる。 また、1度にすると次周から味方を操作可に設定出来る。 立ちはだかるはンビから度の高い組み合わせまで様々。 と と闇のはこのでのみ二人組のになる が使用すると自分のをやと闇で交互に回す。 を勝ち上がって行くとで者が登場する。 対戦の組み合わせや者は毎に変わり、何故か がとしていたことも。 こちらも報酬で専用 が回せる。 関連動画 関連項目• 外部リンク•

次の