赤西 仁 離婚。 赤西仁と黒木メイサの夫婦半顔画像!現在は離婚せず順調【インスタ】

黒木メイサと赤西仁の現在は離婚した?本名がさつきで子供の名前は?

赤西 仁 離婚

来歴 [ ] KAT-TUN [ ] 、のオーディションを受ける。 結果は不合格だったが、 付けていた名札を返した相手が偶然社長で、その名札の番号がNo. 1だったため、「YOUも残っちゃいなよ。 」と言われ合格した(本人談)。 ジャニーズのオーディションを受けた理由は、テレビ番組でが歌う姿を見て、同じような事がしたいと思ったから。 からジャニーズJr. としてやに参加し、 にの専属バックダンサーとして結成されたのメンバーに選ばれる。 1月からKAT-TUNメンバーとともに出演したテレビドラマ『』第2シリーズでブレイク。 、KAT-TUNメンバーとしてシングル『』でCDデビュー。 にを理由に芸能活動を無期限休業するも、にから帰国、翌20日の帰国記者会見で芸能活動復帰を発表。 10月、連続ドラマ『』で連続ドラマ初主演。 7月、映画『』の日本語吹替版の声優を務める。 1月公開の『』で映画初出演初主演。 劇場公開に先駆け、『BANDAGE』の劇中バンドであるLANDSのボーカリストとして発売したシングル『』とアルバム『』がそれぞれオリコンチャート初登場1位を記録した。 6月19日・20日にロサンゼルスで同ライブを行い、アメリカに10月まで滞在。 KAT-TUNのライブツアーには不参加で、当時はその後KAT-TUNとしての活動予定も未定であり、ジャニーズ事務所は当時点での脱退や解散は否定した。 2010年、正式にKAT-TUNを脱退する方針が、同日のKAT-TUNの東京ドームでのライブ開始前にジャニー喜多川から発表された。 実際の脱退は秋の全米ツアーの結果を見て最終判断をするとした。 、公式携帯サイトのKAT-TUN'S MANUALにてソロ活動を発表。 理由として人間関係のもつれではなく、方向性の違いと答えている。 、ジャニー喜多川から赤西仁への言及が報道される。 秋以降の最終判断を待たずにソロ活動について正式発表したことについては「なるべく早い方がいいと考えてのこと」と説明。 ソロデビュー正式発表後はKAT-TUNの所属している(プライベートレーベルのJ-One Recordsレーベル)から別の国内レコード会社へ移籍する見通しが持たれていた。 、KAT-TUN公式サイトのプロフィールから赤西の名前が消え、赤西単体の公式サイトが開設される。 2011年、当時ジャニーズ事務所所属としては異例のツイッターアカウントを開設。 当初はアメリカでのプロモーションの一環であった。 全米デビューまで更新はあったもののその後退社まで更新は一切なかった。 ソロ活動 [ ] 11月7日から、、、、5都市を巡るツアー『Yellow Gold Tour 3010』を開催、合計1万5000人を動員した。 12月9日、と契約し、春に全米デビューすることを発表。 1月14日から日本凱旋公演『Yellow Gold Tour 3011』を開催。 また凱旋公演の途中に、今夏にとコラボし、全米デビューシングルを発売することが発表された。 3月2日、「」でソロデビュー 、発売初週で21万7000枚を売り上げ、オリコンチャート初登場1位を獲得した。 また、主演映画『』のオーディションに合格、2012年12月でハリウッドデビューすることが決まった。 11月8日、全米デビューシングル「」がダンスチャート1位を獲得した。 また12月7日には、同曲を収録した日本盤ミニアルバムを発売。 12月28日、日本での2作目のシングル「」を発売。 3月7日、ファーストアルバム『』を日米同時発売。 その一方で、との結婚が事後報告となったペナルティとして、全国ツアーの中止と主演に内定していたドラマの降板という処分を受けたと報じられている。 6月23日、新曲「」の発売をとが発表 、1年半ぶりの芸能活動再開が明らかになった。 ジャニーズ事務所退社後 [ ] 2014年2月28日、と赤西との間で、契約満了と再契約は行わないことで合意。 同日付でを退社したことが、翌日の3月1日に同事務所の側から明らかにされた。 退社に至る経緯は公表されていないが、複数の報道において、活動の方向性をめぐる食い違いが要因として指摘されている。 赤西が所属するは、2014年4月2日に発売するライブ・ビデオ以外に新作発表の予定はなく 、今後の契約についても未定とした。 退社が報じられた2014年3月2日、赤西自身もおよびで退社を報告した。 この報告で、子ども時代から夢見てきた海外での活動に、さらに注力したいとの意思を表明した。 2014年7月4日(自身の30歳の誕生日)に公式サイトを開設し、再始動開始を報告した。 また同日にファンクラブ「JIP's」も発足した。 2015年、ので開催された授賞式『愛奇芸尖叫之夜』で、「アジア人気アーティスト賞」と「年度音楽大賞」の2つの賞を日本人として初めて受賞。 2016年9月21日、とユニット「 」(ジンタカ)を結成し、シングル「」でCDデビュー。 2017年、10月27日赤西主宰の自主レーベル が、との業務提携を発表した。 2018年、サンリオの人気キャラクターとコラボを発表。 2019年 、コラボカフェをオープン。 2019年3月4日、「」と診断されたため、4月6日から予定していた全国ツアー「JIN AKANISHI "THANK YOU" TOUR 2019」の公演内容を変更することを発表した。 代替公演として、独立からの5年間を追ったドキュメンタリー映画『JIN AKANISHI 5th Anniversary Our Years Film』の上映会が行われる。 2019年12月6日、との新ユニットとしての活動を2020年から行うことが発表された。 人物 [ ] 実弟は俳優の(旧芸名:日颯太)。 にとのを提出したことを、同月9日にジャニーズ事務所が発表した。 事務所発表の当日朝、一部スポーツ紙による結婚報道があったことを受けての発表となった。 2012年に、赤西立ち会いのもと第1子である女児誕生。 当日夜、夫婦連名のファクスで第1子誕生を報告した。 、黒木が第2子妊娠を報告。 、黒木の第2子男児の出産を発表。 作品 [ ] シングル [ ] 赤西仁名義 発売日 タイトル 順位 収録アルバム 1st 1位 2nd 3rd 2位 4th 3位 Go Good Records 5th 2位 - 〜 - 名義 米国シングル• 「」(2011年11月8日)• 「Sun Burns Down」(2012年1月24日) 配信限定でシングル形態でのCD発売はなかった。 このシングル自体は赤西が2014年にジャニーズ事務所を退社、よってワーナーミュージックとの日本国内での契約が切れた為、現在は日本では入手不可である これはアメリカでは配信チャートの影響力が有力視されるためである。 配信リリース後、これらは全米デビューアルバムに収録された。 スタジオ・アルバム [ ] 赤西仁名義 発売日 タイトル 順位 備考 1st 3位 ジャニーズ事務所時代、 唯一のアルバムである。 「」(2012年3月7日) リアレンジ・アルバム [ ] 発売日 タイトル 順位 備考 1st 3位 既発表曲のリアレンジバージョン13曲などを収録。 ミニ・アルバム [ ] 発売日 タイトル 順位 備考 JIN AKANISHI名義 1st 1位 全米デビューシングルの日本盤。 赤西仁名義 Go Good Records 1st 3位 ベスト・アルバム [ ] 発売日 タイトル 順位 備考 1st 1位 キャリア初となるベスト・アルバム。 映像作品 [ ] 発売日 タイトル 形態 順位 備考 1 Yellow Gold Tour 3011 DVD 初回限定盤A 1位 ライブ映像 DVD 初回限定盤B DVD 通常盤 2 JIN AKANISHI JAPONICANA TOUR 2012 IN USA 〜全米ツアー・ドキュメンタリー DVD 8位 米ツアーのドキュメンタリーを中心に、 ライブ映像などを収録。 DVD 初回限定仕様 Blu-ray 12位 Blu-ray 初回限定仕様 3 JIN AKANISHI'S CLUB CIRCUIT TOUR DVD 4位 ジャニーズ事務所時代最後のライブツアー映像。 事務所退社後の発売となった。 LANDS「」(2009年11月25日)• LANDS「」(2010年1月13日)• JINTAKA「」(2016年9月21日) その他の楽曲 [ ]• Care - KAT-TUN 4th『』に収録。 LOVEJUICE - KAT-TUN 7thシングル「」初回限定盤2に収録。 Helpless Night - 『』初回生産限定盤Disc3に収録。 「Crystal Kay feat. Jin Akanishi」名義。 A Page - KAT-TUN 11thシングル「」初回限定盤2に収録。 未CD化楽曲 [ ] ( 作品データベース検索サービスに記載されている楽曲を記載。 テレビドラマ [ ]• case. 2(1999年1月17日) - 鈴木延彦 役• case. 15(1999年4月18日) - マサル 役• 第2話(1999年5月16日、日本テレビ) - 村田 役• (1999年10月 - 12月、) - 渋谷涼太 役• (2000年3月 - 6月、) - 藍原大和 役• 第6話(2000年5月18日、) - 少年 役• (2001年1月 - 3月、テレビ朝日) - 井上直人 役• 11th DATE(2001年2月18日、日本テレビ) - 主演・万次郎 役• (2004年12月13日 - 16日、日本テレビ) - 北川翔 役• (2005年1月 - 3月、日本テレビ) - 矢吹隼人 役• (2005年4月 - 6月、日本テレビ) - 黒沢明彦 役• anego〜アネゴspecial〜(2005年12月28日)• (2007年10月 - 12月、日本テレビ) - 主演・松竹梅魅録 役 映画 [ ]• (2010年1月16日) - 主演・高杉ナツ 役• (2013年12月25日全米公開) - 役 ラジオ番組 [ ]• (2007年10月1日 - 2008年3月28日、)• 第33回(2007年12月24日 - 25日、ニッポン放送)• LANDSの〜映画「BANDAGE」スペシャル〜(2010年1月15日ニッポン放送) 吹き替え [ ]• (2008年7月5日) - 主演 スピード・レーサー役 CM [ ]• (2001年)• 爽(2001年)• with マリオ(2005年7月)• 「もしも私が校長先生なら」篇(2005年7月)• ロッテ プラスX(2003年 - 2009年)• ウォーターリップ セセラ(2006年)• OXY(2006年 - 2009年)• 902iシリーズ「ラーメン」篇 2005年• FOMA 902iシリーズ「おサイフケータイ」篇 2006年• new 9シリーズ「動き出すレジ」篇 2006年• FOMA 903iシリーズ「MUSIC」篇 2006年• 企業広告「優しい未来」編 2008年• なんでデラックス? べにほっぺ 篇 2009年• なんでデラックス? 紋付はかま 篇 2010年 舞台 [ ]• (2000年11月、)• (2001年12月 - 2002年1月、)• (2002年6月、)• ANOTHER(2002年8月) - ゲスト出演• (2003年1月 - 2月、)• (2004年5月8日 - 5月23日、)• (2006年4月27日-5月15日、) コンサート [ ]• JIN AKANISHI LIVE TOUR 2015 〜Me〜(2015年7月3日 - 9月25日)• JIN AKANISHI LIVE TOUR 2016 〜Audio Fashi(2014年11月11日 - 12月2日)on〜(2016年7月9日 - 11月9日)• 赤西仁 全米ツアーファンクラブ壮行会! We'll be together with you! Test Drive J to Us(2012年1月7日、横浜アリーナ)• 赤西仁 アルバム『Me』リリース記念スペシャル・イベント(2015年7月4日)• 赤西仁 アルバム『Audio Fashion』リリース記念スペシャル・イベント(2016年7月4日、豊洲PIT)• JINTAKA Debut Single 『Choo Choo SHITAIN』リリース記念スペシャル・イベント(2016年10月3日、豊洲PIT)• NO GOOD TV(2020年4月 - ) - 錦戸亮と共同チャンネル 受賞 [ ]• 第2回 愛奇芸尖叫之夜(2015年)• アジア人気アーティスト賞• 年度音楽大賞• 第20回China Music Award(2016年)• Asian Most Popular Japanese Artist• WEIBO Account Festival in Japan 2018」 2018年• 最も影響力あるアーティスト賞 脚注 [ ] []• LINE NEWS. 2020年5月17日閲覧。 2014年3月2日. 2014年3月2日閲覧。 Wink Up 2008年2月号() [ ]。 ただし、ジャニー社長によると、ジャニーがオーディションで最も重視していたのは礼儀であり、赤西を引き止めた理由も「名札を返却する姿勢がとても礼儀正しかったから」とのこと。 2011年12月9日. 2012年2月10日閲覧。 LANDS名義で既に2枚発売されていたが、本人名義では初。 サンケイスポーツ. 2012年3月25日. の2012年3月28日時点におけるアーカイブ。 2012年6月25日閲覧。 日刊スポーツ. 2012年4月15日. 2013年6月24日閲覧。 デイリースポーツ. 2013年6月23日. 2013年6月24日閲覧。 スポニチ Sponichi Annex. 2013年6月24日. 2013年6月24日閲覧。 ナターシャ. 2013年6月23日. 2013年6月24日閲覧。 2014年3月2日. 2014年3月2日閲覧。 2014年3月2日. 2014年3月2日閲覧。 デイリースポーツ online デイリースポーツ. 2014年3月2日. 2014年3月2日閲覧。 2014年3月2日. 2014年3月2日閲覧。 スポニチ Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2014年3月2日. 2014年3月11日閲覧。 デイリースポーツ online デイリースポーツ. 2014年3月2日. 2014年3月11日閲覧。 JIN AKANISHI OFFICIAL SITE. 2014年9月17日閲覧。 ORICON STYLE 2015年12月7日. 2015年12月8日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年8月10日. 2016年8月12日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2019年3月4日. 2019年3月4日閲覧。 デイリースポーツ online 株式会社デイリースポーツ. 2019年3月11日. 2019年3月11日閲覧。 音楽ナタリー 音楽ナタリー. 2020年2月23日. 2020年5月2日閲覧。 ORICON NEWS 2020年4月28日. 2020年5月2日閲覧。 - スポーツニッポン 2012年2月9日• 2012年9月24日. 2013年9月16日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2016年11月26日. 2017年6月7日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2017年6月7日. 2017年6月7日閲覧。 ナターシャ. 2014年9月17日. 2014年9月17日閲覧。 JIN AKANISHI OFFICIAL SITE 2014年11月11日. 2018年6月23日閲覧。 JIN AKANISHI OFFICIAL SITE 2015年5月8日. 2018年6月23日閲覧。 JIN AKANISHI OFFICIAL SITE 2015年10月6日. 2018年6月23日閲覧。 JIN AKANISHI OFFICIAL SITE 2016年7月9日. 2018年6月23日閲覧。 JIN AKANISHI OFFICIAL SITE 2016年8月22日. 2018年6月23日閲覧。 JIN AKANISHI OFFICIAL SITE 2016年11月9日. 2018年6月23日閲覧。 JIN AKANISHI OFFICIAL SITE 2017年5月5日. 2018年6月23日閲覧。 JIN AKANISHI OFFICIAL SITE 2018年2月8日. 2018年6月23日閲覧。 JIN AKANISHI OFFICIAL SITE 2018年4月30日. 2018年6月23日閲覧。 ORICON NEWS 2018年3月2日. 2018年6月23日閲覧。 UNIVERSAL MUSIC JAPAN 2017年12月6日. 2018年6月23日閲覧。 音楽ナタリー. 2016年4月17日. 2016年4月18日閲覧。 外部リンク [ ]• - Jin Akanishi 赤西仁の公式サイト• - UNIVERSAL MUSIC JAPAN• - チャンネル•

次の

赤西仁の現在を画像で確認!ジャニーズを辞めた本当の理由に衝撃!

赤西 仁 離婚

来歴 [ ] KAT-TUN [ ] 、のオーディションを受ける。 結果は不合格だったが、 付けていた名札を返した相手が偶然社長で、その名札の番号がNo. 1だったため、「YOUも残っちゃいなよ。 」と言われ合格した(本人談)。 ジャニーズのオーディションを受けた理由は、テレビ番組でが歌う姿を見て、同じような事がしたいと思ったから。 からジャニーズJr. としてやに参加し、 にの専属バックダンサーとして結成されたのメンバーに選ばれる。 1月からKAT-TUNメンバーとともに出演したテレビドラマ『』第2シリーズでブレイク。 、KAT-TUNメンバーとしてシングル『』でCDデビュー。 にを理由に芸能活動を無期限休業するも、にから帰国、翌20日の帰国記者会見で芸能活動復帰を発表。 10月、連続ドラマ『』で連続ドラマ初主演。 7月、映画『』の日本語吹替版の声優を務める。 1月公開の『』で映画初出演初主演。 劇場公開に先駆け、『BANDAGE』の劇中バンドであるLANDSのボーカリストとして発売したシングル『』とアルバム『』がそれぞれオリコンチャート初登場1位を記録した。 6月19日・20日にロサンゼルスで同ライブを行い、アメリカに10月まで滞在。 KAT-TUNのライブツアーには不参加で、当時はその後KAT-TUNとしての活動予定も未定であり、ジャニーズ事務所は当時点での脱退や解散は否定した。 2010年、正式にKAT-TUNを脱退する方針が、同日のKAT-TUNの東京ドームでのライブ開始前にジャニー喜多川から発表された。 実際の脱退は秋の全米ツアーの結果を見て最終判断をするとした。 、公式携帯サイトのKAT-TUN'S MANUALにてソロ活動を発表。 理由として人間関係のもつれではなく、方向性の違いと答えている。 、ジャニー喜多川から赤西仁への言及が報道される。 秋以降の最終判断を待たずにソロ活動について正式発表したことについては「なるべく早い方がいいと考えてのこと」と説明。 ソロデビュー正式発表後はKAT-TUNの所属している(プライベートレーベルのJ-One Recordsレーベル)から別の国内レコード会社へ移籍する見通しが持たれていた。 、KAT-TUN公式サイトのプロフィールから赤西の名前が消え、赤西単体の公式サイトが開設される。 2011年、当時ジャニーズ事務所所属としては異例のツイッターアカウントを開設。 当初はアメリカでのプロモーションの一環であった。 全米デビューまで更新はあったもののその後退社まで更新は一切なかった。 ソロ活動 [ ] 11月7日から、、、、5都市を巡るツアー『Yellow Gold Tour 3010』を開催、合計1万5000人を動員した。 12月9日、と契約し、春に全米デビューすることを発表。 1月14日から日本凱旋公演『Yellow Gold Tour 3011』を開催。 また凱旋公演の途中に、今夏にとコラボし、全米デビューシングルを発売することが発表された。 3月2日、「」でソロデビュー 、発売初週で21万7000枚を売り上げ、オリコンチャート初登場1位を獲得した。 また、主演映画『』のオーディションに合格、2012年12月でハリウッドデビューすることが決まった。 11月8日、全米デビューシングル「」がダンスチャート1位を獲得した。 また12月7日には、同曲を収録した日本盤ミニアルバムを発売。 12月28日、日本での2作目のシングル「」を発売。 3月7日、ファーストアルバム『』を日米同時発売。 その一方で、との結婚が事後報告となったペナルティとして、全国ツアーの中止と主演に内定していたドラマの降板という処分を受けたと報じられている。 6月23日、新曲「」の発売をとが発表 、1年半ぶりの芸能活動再開が明らかになった。 ジャニーズ事務所退社後 [ ] 2014年2月28日、と赤西との間で、契約満了と再契約は行わないことで合意。 同日付でを退社したことが、翌日の3月1日に同事務所の側から明らかにされた。 退社に至る経緯は公表されていないが、複数の報道において、活動の方向性をめぐる食い違いが要因として指摘されている。 赤西が所属するは、2014年4月2日に発売するライブ・ビデオ以外に新作発表の予定はなく 、今後の契約についても未定とした。 退社が報じられた2014年3月2日、赤西自身もおよびで退社を報告した。 この報告で、子ども時代から夢見てきた海外での活動に、さらに注力したいとの意思を表明した。 2014年7月4日(自身の30歳の誕生日)に公式サイトを開設し、再始動開始を報告した。 また同日にファンクラブ「JIP's」も発足した。 2015年、ので開催された授賞式『愛奇芸尖叫之夜』で、「アジア人気アーティスト賞」と「年度音楽大賞」の2つの賞を日本人として初めて受賞。 2016年9月21日、とユニット「 」(ジンタカ)を結成し、シングル「」でCDデビュー。 2017年、10月27日赤西主宰の自主レーベル が、との業務提携を発表した。 2018年、サンリオの人気キャラクターとコラボを発表。 2019年 、コラボカフェをオープン。 2019年3月4日、「」と診断されたため、4月6日から予定していた全国ツアー「JIN AKANISHI "THANK YOU" TOUR 2019」の公演内容を変更することを発表した。 代替公演として、独立からの5年間を追ったドキュメンタリー映画『JIN AKANISHI 5th Anniversary Our Years Film』の上映会が行われる。 2019年12月6日、との新ユニットとしての活動を2020年から行うことが発表された。 人物 [ ] 実弟は俳優の(旧芸名:日颯太)。 にとのを提出したことを、同月9日にジャニーズ事務所が発表した。 事務所発表の当日朝、一部スポーツ紙による結婚報道があったことを受けての発表となった。 2012年に、赤西立ち会いのもと第1子である女児誕生。 当日夜、夫婦連名のファクスで第1子誕生を報告した。 、黒木が第2子妊娠を報告。 、黒木の第2子男児の出産を発表。 作品 [ ] シングル [ ] 赤西仁名義 発売日 タイトル 順位 収録アルバム 1st 1位 2nd 3rd 2位 4th 3位 Go Good Records 5th 2位 - 〜 - 名義 米国シングル• 「」(2011年11月8日)• 「Sun Burns Down」(2012年1月24日) 配信限定でシングル形態でのCD発売はなかった。 このシングル自体は赤西が2014年にジャニーズ事務所を退社、よってワーナーミュージックとの日本国内での契約が切れた為、現在は日本では入手不可である これはアメリカでは配信チャートの影響力が有力視されるためである。 配信リリース後、これらは全米デビューアルバムに収録された。 スタジオ・アルバム [ ] 赤西仁名義 発売日 タイトル 順位 備考 1st 3位 ジャニーズ事務所時代、 唯一のアルバムである。 「」(2012年3月7日) リアレンジ・アルバム [ ] 発売日 タイトル 順位 備考 1st 3位 既発表曲のリアレンジバージョン13曲などを収録。 ミニ・アルバム [ ] 発売日 タイトル 順位 備考 JIN AKANISHI名義 1st 1位 全米デビューシングルの日本盤。 赤西仁名義 Go Good Records 1st 3位 ベスト・アルバム [ ] 発売日 タイトル 順位 備考 1st 1位 キャリア初となるベスト・アルバム。 映像作品 [ ] 発売日 タイトル 形態 順位 備考 1 Yellow Gold Tour 3011 DVD 初回限定盤A 1位 ライブ映像 DVD 初回限定盤B DVD 通常盤 2 JIN AKANISHI JAPONICANA TOUR 2012 IN USA 〜全米ツアー・ドキュメンタリー DVD 8位 米ツアーのドキュメンタリーを中心に、 ライブ映像などを収録。 DVD 初回限定仕様 Blu-ray 12位 Blu-ray 初回限定仕様 3 JIN AKANISHI'S CLUB CIRCUIT TOUR DVD 4位 ジャニーズ事務所時代最後のライブツアー映像。 事務所退社後の発売となった。 LANDS「」(2009年11月25日)• LANDS「」(2010年1月13日)• JINTAKA「」(2016年9月21日) その他の楽曲 [ ]• Care - KAT-TUN 4th『』に収録。 LOVEJUICE - KAT-TUN 7thシングル「」初回限定盤2に収録。 Helpless Night - 『』初回生産限定盤Disc3に収録。 「Crystal Kay feat. Jin Akanishi」名義。 A Page - KAT-TUN 11thシングル「」初回限定盤2に収録。 未CD化楽曲 [ ] ( 作品データベース検索サービスに記載されている楽曲を記載。 テレビドラマ [ ]• case. 2(1999年1月17日) - 鈴木延彦 役• case. 15(1999年4月18日) - マサル 役• 第2話(1999年5月16日、日本テレビ) - 村田 役• (1999年10月 - 12月、) - 渋谷涼太 役• (2000年3月 - 6月、) - 藍原大和 役• 第6話(2000年5月18日、) - 少年 役• (2001年1月 - 3月、テレビ朝日) - 井上直人 役• 11th DATE(2001年2月18日、日本テレビ) - 主演・万次郎 役• (2004年12月13日 - 16日、日本テレビ) - 北川翔 役• (2005年1月 - 3月、日本テレビ) - 矢吹隼人 役• (2005年4月 - 6月、日本テレビ) - 黒沢明彦 役• anego〜アネゴspecial〜(2005年12月28日)• (2007年10月 - 12月、日本テレビ) - 主演・松竹梅魅録 役 映画 [ ]• (2010年1月16日) - 主演・高杉ナツ 役• (2013年12月25日全米公開) - 役 ラジオ番組 [ ]• (2007年10月1日 - 2008年3月28日、)• 第33回(2007年12月24日 - 25日、ニッポン放送)• LANDSの〜映画「BANDAGE」スペシャル〜(2010年1月15日ニッポン放送) 吹き替え [ ]• (2008年7月5日) - 主演 スピード・レーサー役 CM [ ]• (2001年)• 爽(2001年)• with マリオ(2005年7月)• 「もしも私が校長先生なら」篇(2005年7月)• ロッテ プラスX(2003年 - 2009年)• ウォーターリップ セセラ(2006年)• OXY(2006年 - 2009年)• 902iシリーズ「ラーメン」篇 2005年• FOMA 902iシリーズ「おサイフケータイ」篇 2006年• new 9シリーズ「動き出すレジ」篇 2006年• FOMA 903iシリーズ「MUSIC」篇 2006年• 企業広告「優しい未来」編 2008年• なんでデラックス? べにほっぺ 篇 2009年• なんでデラックス? 紋付はかま 篇 2010年 舞台 [ ]• (2000年11月、)• (2001年12月 - 2002年1月、)• (2002年6月、)• ANOTHER(2002年8月) - ゲスト出演• (2003年1月 - 2月、)• (2004年5月8日 - 5月23日、)• (2006年4月27日-5月15日、) コンサート [ ]• JIN AKANISHI LIVE TOUR 2015 〜Me〜(2015年7月3日 - 9月25日)• JIN AKANISHI LIVE TOUR 2016 〜Audio Fashi(2014年11月11日 - 12月2日)on〜(2016年7月9日 - 11月9日)• 赤西仁 全米ツアーファンクラブ壮行会! We'll be together with you! Test Drive J to Us(2012年1月7日、横浜アリーナ)• 赤西仁 アルバム『Me』リリース記念スペシャル・イベント(2015年7月4日)• 赤西仁 アルバム『Audio Fashion』リリース記念スペシャル・イベント(2016年7月4日、豊洲PIT)• JINTAKA Debut Single 『Choo Choo SHITAIN』リリース記念スペシャル・イベント(2016年10月3日、豊洲PIT)• NO GOOD TV(2020年4月 - ) - 錦戸亮と共同チャンネル 受賞 [ ]• 第2回 愛奇芸尖叫之夜(2015年)• アジア人気アーティスト賞• 年度音楽大賞• 第20回China Music Award(2016年)• Asian Most Popular Japanese Artist• WEIBO Account Festival in Japan 2018」 2018年• 最も影響力あるアーティスト賞 脚注 [ ] []• LINE NEWS. 2020年5月17日閲覧。 2014年3月2日. 2014年3月2日閲覧。 Wink Up 2008年2月号() [ ]。 ただし、ジャニー社長によると、ジャニーがオーディションで最も重視していたのは礼儀であり、赤西を引き止めた理由も「名札を返却する姿勢がとても礼儀正しかったから」とのこと。 2011年12月9日. 2012年2月10日閲覧。 LANDS名義で既に2枚発売されていたが、本人名義では初。 サンケイスポーツ. 2012年3月25日. の2012年3月28日時点におけるアーカイブ。 2012年6月25日閲覧。 日刊スポーツ. 2012年4月15日. 2013年6月24日閲覧。 デイリースポーツ. 2013年6月23日. 2013年6月24日閲覧。 スポニチ Sponichi Annex. 2013年6月24日. 2013年6月24日閲覧。 ナターシャ. 2013年6月23日. 2013年6月24日閲覧。 2014年3月2日. 2014年3月2日閲覧。 2014年3月2日. 2014年3月2日閲覧。 デイリースポーツ online デイリースポーツ. 2014年3月2日. 2014年3月2日閲覧。 2014年3月2日. 2014年3月2日閲覧。 スポニチ Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2014年3月2日. 2014年3月11日閲覧。 デイリースポーツ online デイリースポーツ. 2014年3月2日. 2014年3月11日閲覧。 JIN AKANISHI OFFICIAL SITE. 2014年9月17日閲覧。 ORICON STYLE 2015年12月7日. 2015年12月8日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年8月10日. 2016年8月12日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2019年3月4日. 2019年3月4日閲覧。 デイリースポーツ online 株式会社デイリースポーツ. 2019年3月11日. 2019年3月11日閲覧。 音楽ナタリー 音楽ナタリー. 2020年2月23日. 2020年5月2日閲覧。 ORICON NEWS 2020年4月28日. 2020年5月2日閲覧。 - スポーツニッポン 2012年2月9日• 2012年9月24日. 2013年9月16日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2016年11月26日. 2017年6月7日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2017年6月7日. 2017年6月7日閲覧。 ナターシャ. 2014年9月17日. 2014年9月17日閲覧。 JIN AKANISHI OFFICIAL SITE 2014年11月11日. 2018年6月23日閲覧。 JIN AKANISHI OFFICIAL SITE 2015年5月8日. 2018年6月23日閲覧。 JIN AKANISHI OFFICIAL SITE 2015年10月6日. 2018年6月23日閲覧。 JIN AKANISHI OFFICIAL SITE 2016年7月9日. 2018年6月23日閲覧。 JIN AKANISHI OFFICIAL SITE 2016年8月22日. 2018年6月23日閲覧。 JIN AKANISHI OFFICIAL SITE 2016年11月9日. 2018年6月23日閲覧。 JIN AKANISHI OFFICIAL SITE 2017年5月5日. 2018年6月23日閲覧。 JIN AKANISHI OFFICIAL SITE 2018年2月8日. 2018年6月23日閲覧。 JIN AKANISHI OFFICIAL SITE 2018年4月30日. 2018年6月23日閲覧。 ORICON NEWS 2018年3月2日. 2018年6月23日閲覧。 UNIVERSAL MUSIC JAPAN 2017年12月6日. 2018年6月23日閲覧。 音楽ナタリー. 2016年4月17日. 2016年4月18日閲覧。 外部リンク [ ]• - Jin Akanishi 赤西仁の公式サイト• - UNIVERSAL MUSIC JAPAN• - チャンネル•

次の

黒木メイサと赤西仁の現在は離婚した?本名がさつきで子供の名前は?

赤西 仁 離婚

赤西仁は現在テレビ出演ゼロで収入も0? 赤西仁さんのこれまでを振り返っていきますと、赤西仁さんに注目が集まったのは「ごくせん」第二シリーズでしたね。 KAT-TUNメンバーである亀梨和也さんと共に出演しいっきにブレイクを果たします。 その後KAT-TUNとして「Real face」でCDデビューし順調に活躍の場を広げていくかのように思えたのですが、7ヶ月後に語学留学を理由に無期限の休養に入り、約2年間の間活動を休止してしまいます。 帰国・復帰後はドラマ「有閑倶楽部」でドラマ初主演。 また映画「スピードレーサー」の日本語吹替え声優を担当するなど、休養が充電になったのかソロ活動を充実させていきます。 その後は、2010年1月16日公開の映画「BANDAGE」の劇中バンドであるLANDのボーカルとして、楽曲「BANDAGE」を発表。 この楽曲とアルバム「Olympos」がオリコンチャート初登場1位を記録しましたが、根強いファンが多かった証拠でしょうね。 同年、ソロライブを日生劇場とロスアンゼルスで公演。 この間KAT-TUNのライブツアーもありましたが、こちらには参加していませんでした。 LANDでの活動を通してソロでやっていく決意を固めたのか、KAT-TUNからの脱退を発表。 海外5大都市ツアーを行い、シングル「Eternal」でソロデビューを果たします。 KAT-TUNのライブツアーに参加していなかったところをみると、それ以前からソロ活動をすることはジャニーズ事務所と折り合いが付いていたということなんでしょうね。 「Eternal」はオリコン初登場1位を獲得。 キアヌ・リーブス主演の映画「47RONIN」への出演が決定し、ハリウッドデビューを達成しました。 しかし、2016年にはテレビ出演は6月現在の時点まで無し。 歌手として海外のアーティストに楽曲提供を行ったりしていますが、鳴かず飛ばずのようです。 一方、妻の黒木メイサさんは舞台出演や映画出演に大忙し、一家の大黒柱は黒木メイサさんだと考えられます。 となると、現在はソロ歌手としての収入が無いに等しい赤西仁さんはヒモなのか!?と疑いたくなってしまいますがそういうわけでもないようです。 確かに黒木メイサさんの方が稼ぎが多く、ヒモっぽく見えるかもしれません。 しかし、赤西仁さんと黒木メイサさんの間にはお子さんがいます。 忙しい黒木メイサさんに代わって、赤西仁さんが子育てをしているようです。 赤西仁さんのInstagramに時折お子さんとの写真が出てきています。 また週刊誌の報道では、黒木メイサさんの仕事場にお子さんと一緒に来て休憩中にふたりであやしていたり、ディズニーランドに家族で行ったりと仲睦まじい様子が目撃されています。 これはヒモではありませんね、専業主夫(兼業ですが)というべきでしょう。 本当にヒモなら何も活動しないでしょうしね。 きっと黒木メイサさんとしては、赤西仁さんに好きなことをやってほしいと考えているのではないでしょうか。 男はそう言われると本当に好きなことだけやったりするものですが、赤西仁さんはしっかり家庭も守り、協力しながら音楽活動を続けているのですから素晴らしいですよね。 さて、赤西仁さんも今年で32歳になります。 今現在はどんな様子なのでしょうか? 赤西仁の現在はどんな感じなのか画像で確認! こちらは2016年5月上旬に投稿されたもので、クリスタルケイさんとのツーショット。 お仕事絡みでしょうか? 実は、赤西仁さんとクリスタルケイさんはコラボしたことがありまして、「Wonder」という曲はファンには人気が高いのですが音源化されておらず、音源化を希望するコメントがたくさんありました。 これは4月16日に投稿されたものです。 『China Music Awards』で、赤西仁さんは「アジアで最も影響力のある日本人アーティスト賞」を受賞しました。 その時のインタビュー写真ですね。 今回マカオで行われたこの『China Music Awards』は、中国の音楽賞の中でも最高峰に位置します。 日本ではあまりテレビに出ることがありませんが、世界を舞台に大活躍しているということが分かりますね。 しかし赤西仁さん、昔と変わらずイケメンですよね…。 テレビに出なくなると劣化する方が多いのですが、まったくそんなことはありません。 ただ日本ではテレビに出ていないだけで、このChina Music Awardsのように世界でテレビに出ることもありますし、だからというわけではないですが全く劣化しておらず、むしろ大人の色気すら感じさせます。 30歳を過ぎてもこのビジュアルを維持するのは大変でしょうし、恐らく陰ながら相当の努力をしていらっしゃるのでしょう。 しかし、こう振り返ってみて不思議なのはジャニーズを退社したことです。 亀梨和也さんと共にKAT-TUNの2枚看板などと言われており、そのまま在籍していても人気はすごかったと思うのですが、なぜジャニーズを辞めたのでしょうか? 後半に続きます! スポンサーリンク ジャニーズを辞めた本当の理由に衝撃! 赤西仁さんがジャニーズを辞めた理由について、スポーツニッポンの報道では 「事務所との考え方の違い」 と報道されていましたが、詳細はどうだったのでしょうか? 赤西仁さんは英語が話せるため海外志向が非常に強かったといいます。 しかし日本でグループ活動を続けていては海外で活動できないことになりますね。 そこでデビューしてすぐに語学留学をしソロ活動へ、という流れで思い描いていたということだったんでしょうね。 人気絶頂の中での海外留学、グループ脱退とジャニーズのタレントの中では、かなり自由に動いている印象がありますが、赤西仁さんに対してのジャニーズ事務所の対応は他のタレントに比べてかなり寛容だった印象です。 それだけ今後の活躍に期待されていたということなんでしょう。 しかし、黒木メイサさんとのできちゃった婚が発覚。 事務所への報告が事後になったペナルティとしてドラマの主演降板と全国ツアーの中止が決定したと報じられました。 この後再び活動休止に入り、1年後に活動再開するもジャニーズ事務所を退社。 自身のレーベルを立ち上げ、海外での活動に注力していくとのことでした。 元々ジャニーズ事務所は所属タレントの恋愛に厳しいですよね。 浮いた話はほとんど出てこず、多くの方が独身のままです。 それを結婚したいと事務所に相談するどころか、できちゃった結婚でおまけに事後報告。 ペナルティも食らったわけですから、ジャニーズ事務所としては相当怒っていたのでしょう。 しかし赤西仁さんはペナルティ後の復帰時に 「恋愛禁止という契約があったらこの仕事やってない」 と発言しています。 このような事柄に対する考え方の違いが退社という道を選択した本当の理由だったと考えられます。 しかし、その当時の人気っぷりを考えればジャニーズ事務所にいてKAT-TUNとして活動していれば順風満帆、将来も半ば約束されたものだったというのに自ら厳しい世界に飛び込むなんてほんとうにすごいですね。 自分の意思を貫き通すために、大手の庇護から出るというのはなかなかできることではありません。 まさに男の道を行っている気がします。 赤西仁さんが日本でテレビに出なくなって2年近く経ちますが、中国で音楽賞を受賞したり、黒木メイサさんが忙しい時は子育ての代わりをしたりと充実した生活を送っているようですね。 何にも縛られず、自分の好きなことのために、大切なもののために時間を使って生きている。 一般の人には金銭的な理由でなかなかできないことであり、非常に羨ましく思います。 ただ、赤西仁さんならきっと金銭的余裕が無くても同じことをしたでしょう。 妥協して賢く生きることができているなら、KAT-TUNを脱退しジャニーズ事務所を退社することなどなかったでしょうから。 賢い選択とは言えないのかもしれないですが、この赤西仁さんの生き方はとても羨ましく、そして素晴らしく思えます。 これからも貫き通してほしいですね!.

次の