行政書士 予備校 おすすめ。 行政書士通信講座を合格者がおすすめ!【比較ランキング・目的別・学習スタイル別】

行政書士通信講座・予備校比較

行政書士 予備校 おすすめ

もちろん、合格までに必要な勉強時間については個人差はあります! たとえば、法学の初心者と大学で法律学んだ方では基礎が異なりますし、元々の国語力の差や国家資格の勉強経験など、様々な要素で必要な勉強時間は変わってきます。 わたしがお伝えしたいことは、そうした中でも やっぱり行政書士の予備校を活用されてる方は、比較的短期間で合格されている方が多いということです。 独学に比べると高額ですが、やはり考え抜かれたカリキュラムと講義なので効率的に勉強できるのは確かです。 わたしは独学で運よく2年の勉強期間で合格できましたが、これが3年、4年と時間がかかっていたら... 途中であきらめていたかもしれませんし、お金をケチらず予備校に通っておけばよかったなぁときっと後悔していると思います。 2.同期やOBの人脈ができる 行政書士を含め、士業は独占業務がある一方であまり協力し合いません。 横のつながりも縦のつながりもないんです。 少し乱暴な言い方をすると、 行政書士にとって他の行政書士は全員敵。 独立開業すると縄張り争いのようなことをしなければなりません。 行政書士に合格して独立開業しても数年で廃業してしまう。 これは先輩行政書士との争いに負けたということなのです。 もちろん独立した場合は、行政書士の専門知識加え、営業力も必要になるので、廃業に至る理由がすべてこうした縄張り争いではないんですけどね。 その点、予備校を利用していると同期合格のつながりはできますし、大手予備校だと 卒業生ネットワークがあったりします。 たとえば、伊東塾の秋桜会はとても魅力的です。 実はちょっぴり、後悔しています... 行政書士になる目的を考える わたし自身、行政書士試験になぜ独学で挑んだかというと、やはりお金の問題が一番大きかったです。 途中で挫折して勉強し続けるかどうかも怪しかったので、何万円も払えませんでした(笑) だから、わたしは、でも紹介したように、市販本マニアになりました。 たしかに、市販本で教材を集めると数万円もかからず勉強することができます。 そして独学でも合格することもできるでしょう。 だから、行政書士試験に安く合格するのが目的であれば、わたしのように独学にこだわって勉強してもかまわないと思います。 〇 でも、 行政書士として独立したい、早く合格したい、と思うのであれば、目先の費用だけにこだわらず、予備校の利用を検討してもよいと思いますよ。 むしろ予備校の利用をおすすめします。 効率的な勉強ができる、予想問題が的中する... などのメリットよりも、はるかに大きな人脈が入るのですから。

次の

行政書士問題集の人気おすすめランキング15選【独学の味方】

行政書士 予備校 おすすめ

比較する司法書士講座6つ この記事で比較する司法書士講座は次のとおりです。 LEC• 伊藤塾• クレアール• アガルート• 資格スクエア• スタディング 比較対象にしていない司法書士講座 実は、上に挙げた6つ以外にも司法書士講座はいくつもあります。 TAC• ユーキャン• 小泉予備校• 東京法経学院• 東京司法書士学院 司法書士講座を選ぶときに最初は比較対象にしていましたが、早い段階で候補から外れたので記事では割愛します。 候補から外したのは、次の項目で説明する「比較する基準」のいずれかを満たさなかったからです。 比較する基準 比較基準は次のとおりです。 講座 スタディング アガルート 資格スクエア クレアール 伊藤塾 LEC 評価 実績が最も優れているのは伊藤塾です。 出典:伊藤塾公式サイト また、 L ECも実績を公表しています。 その他の通信講座やオンライン予備校は、「合格者の声」や「合格体験記」などに合格者の感想を掲載しているところもありますが、具体的な実績は不明です。 まったく公開していない講座もあります。 他の資格試験にも当てはまりますが、 司法書士講座を選ぶうえで過去の実績は重要な材料になります。 実績の裏には蓄積されたノウハウや知見がありますし、何より「この講座で学習すれば合格できる」と安心することができます。 反対に実績が非公表の場合、「この講座で大丈夫だろうか」という不安を抱えるながら勉強することになりがちです。 看板講師とは、その講師を目当てに受講者が集まるレベルの講師です。 司法書士講座は、それぞれ看板講師を含む講師が担当しています。 講師力で頭一つ抜きんでているのが伊藤塾です。 看板講師を含む10人もの講師が講座を担当する万全の布陣です。 「看板講師がいれば十分じゃないか」と思うかもしれません。 でも、看板講師の講義が自分にぴったりだとは限りません。 人には相性があるので、どれだけ評価の高い講師でも自分に合わなければ効率的に学習することは難しいです。 そのため、講師のバリエーションが豊富であることは受講生にとって大きな意味を持ちます。 伊藤塾に次いで講師力の高さを誇るのが、LECです。 看板講師の海野先生や森山先生の講義は人気が高く、講師目当てに受講を決める人がいるほどです。 他にも約5名の講師が司法書士講座を担当しており、いずれも高い評価を受けています。 看板講師の知名度の高さで言えば、資格スクエアの三枝先生がNo. 1でしょう。 講師歴18年を超えるベテランで、LECやクレアールの講座も高い評判を得ていましたが、現在は資格スクエアでその手腕を存分に発揮されています。 講座 スタディング アガルート 資格スクエア クレアール 伊藤塾 LEC 評価 司法書士講座の教材で評価が高いのはアガルートと伊藤塾です。 まず伊藤塾ですが、司法系資格のテキストは軒並み評価が高く、受講生以外も「テキストは伊藤塾を使う」という人がたくさんいます。 司法書士講座のテキストも包括的で詳しい内容が評判で、試験に合格した後も手元に置く人がいるほどです。 アガルートのテキストは、伊藤塾のテキストとは対照的です。 徹底的に無駄を削ぎ落して合格に必要な情報だけを盛り込んであるので、薄いのに合格できる知識が身につくようになっています。 フルカラーで図表が多用されているので、初学者にも人気が高くなっています。 スタディング 出典:アガルート(左)、スタディング(右) 大手予備校のLECと伊藤塾のオンライン講義は、倍速機能はありますが他には特に機能がありません。 通学者向けの講義の録画をオンラインで視聴できるというレベルです。 オンライン予備校のアガルートはオンラインレジュメを利用できますが、基本的にはオンラインで講義を視聴して紙媒体のテキストを利用することを想定しています。 資格スクエアの講義はオンラインで学習が完結する機能が備わっていますが、スマホ視聴だと画面が小さくて利用しにくいです。 一方でクレアールは、スマホでも快適に視聴・操作できますが、オンラインだけで学習が完結するような機能がありません。 学習がオンラインで完結し、スマホ学習も快適に行えるのがスタディングです。 「忙しい人がスキマ時間で勉強できるように」というコンセプトでスマホ学習を前提に開発されているので、スマホでもYouTubeを見るような感覚で視聴できます。 画面いっぱいに映し出されたスライドを見ながら講師の説明を聞くというスタイルなので、テキストすら必要ありません。 Webテキストやメモ、マイノートといった便利機能もたくさん備わっているので、PCやタブレットでも快適に学習可能です。 PCメインなら資格スクエアでも問題ありませんが、 スマホ学習が中心になるならスタディング一択です。 講座 スタディング アガルート 資格スクエア クレアール 伊藤塾 LEC 評価 サポート体制が優れているのが大手予備校の伊藤塾とLECです。 講師と受講生の距離が近く、講師に直に質問したり相談したりできるのは通学メインの予備校の大きな強みと言えます。 また、答練や模試も充実しているので、知識をアウトプットして自分のレベルを把握しやすいのもメリットです。 通信講座のクレアールもサポート体制で高い評価を受けています。 「通信講座なのに?」と思うかもしれませんが、通学メインの予備校と同じレベルのサポートがウケられると口コミでも評判です。 例えば、無制限に質問できることや答練の添削をしてもらえるあたり、伊藤塾やLECとそん色ありません。 学習は通学ではなく通信講座が良いけど、答練や添削を受けたいし質問もたくさんしたいという人はクレアールがおすすめです。 講座 スタディング アガルート 資格スクエア クレアール 伊藤塾 LEC 講座価格 運営会社 実績 講座の質 講師 教材 講義 カリキュラム 総合 オンライン サポート 以上の評価を踏まえて、司法書士講座のおすすめランキング第1位から第3位を選びました。 第1位:スタディング 価格 5. 0 運営会社 5. 0 実績 3. 5 講座の質 4. 0 オンライン 5. 0 サポート 3. 5 総合 4. 5 スタディングは、難関資格の対策講座を取り扱うオンライン学習サービスです。 圧倒的な低価格とスマホで完結する学習スタイルが口コミで評判になり、多くの受験生が受講しています。 特に、十分な学習時間を確保しにくい社会人の人気を集めています。 講座価格 スタディングの講座価格は92,000円で、他の司法書士講座よりも圧倒的に安いです。 大手予備校になると50万円を余裕で超えるので、スタディングの価格設定は驚異的と言えます。 オンライン予備校でもアガルートが158,000円、資格スクエアが201,700円で、1. また、司法書士試験を独学で勉強する場合にかかる費用の平均は15万円程度と言われていますが、 スタディングの講座価格は独学の費用より安くなっています。 もちろん追加でテキストや参考書を買うことはあるでしょうが、それでも15万円もしないでしょう。 スタディングの講座価格には製本テキストが付属しませんが、購入してもプラス19,800円なので独学より安価です。 運営会社 スタディングの運営会社KIYOラーニングは働く人向けの教育コンテンツや教育サービスの企画などを行う企業です。 企業規模も業績も申し分なく、スタディングも安定した運営で着々と受講者を増やしています。 実績を公表していないのは残念なポイントです。 でも、私を含め、スタディングの司法書士講座を利用して試験に合格した人は何人もいます。 講座の質 スタディングの講座の質は、大手予備校やオンライン予備校・通信講座と同じレベルです。 「この人の講義を受けたい」という看板講師はいませんが、スライドや図表を使った分かりやすい講義には定評があります。 また、 他の講座と比較すると効率化に特化しており、忙しい人でもスキマ時間で無理なく勉強できるのもポイントです。 例えば、重要ポイントを押さえた1つ30分程度の講義は、昼休みや家事育児の合間などにも視聴できるので効率重視の人にはありがたいものです。 「安かろう悪かろう」だという人もいますが、もし講義の質が気になるなら無料のお試し講義を受けてみてください。 私も最初は不安がありましたが、お試し講義を受けて質の高さを実感し、受講を決めました。 オンライン オンライン講義で選ぶなら、スタディングが第一候補になります。 視聴の快適さとインターフェイスの使い勝手の良さは、他の講座とは比べ物になりません。 特にスマホ学習がメインの場合、オンライン講義に定評のある資格スクエアでさえ見にくさが気になるところ、スタディングの講義は快適に視聴できます。 仕事や家事育児の合間にしか学習時間がとれないという人には特におすすめです。 サポート スタディングがイマイチなのがサポート体制です。 オンライン学習サービスなので通学タイプのような手厚いサポートは難しいにせよ、せめて記述式の答練や添削は欲しいところです。 司法書士試験が択一式を重視した試験とはいえ、さすがに記述式のアウトプットがないのは不安になります。 ただし、独学メインの人なら大きな問題はありませんし、答練や添削だけ他の予備校の単品講座を受講する方法もあります。 スタディング+単品講座でも他の予備校のパックコースより安いので、価格の安さというメリットは失われません。 総合 以上の理由から、スタディングを司法書士講座のおすすめランキング第1位に選びました。 第2位:資格スクエア 価格 5. 0 運営会社 5. 0 実績 3. 5 講座の質 4. 5 オンライン 5. 0 サポート 3. 5 総合 4. 5 価格 資格スクエアの司法書士講座は、スタディングとアガルートに次ぐ3番目の安さです。 とはいえ、201,700円と通学メインの予備校に比べると安く、 独学でかかる費用の平均16万円より少し高いだけです。 また、380時間という受講時間の長さを考えるとコスパは最高レベルに良いと言えます。 講座選びで価格を重視する場合は価格単体ではなくコスパも重要になりますが、このコスパで選ぶなら資格スクエアは十分に選択肢に入ります。 運営会社 資格スクエアの運営会社は、代表講師である鬼頭先生が代表取締役の株式会社サイトビジット。 事業規模も業績も申し分ありません。 実績 資格スクエアは司法書士講座の実績を公表していません。 伊藤塾やLECといった大手予備校が実績を公表していることを踏まえると、「非公表」というだけで不安になる人はいるでしょう。 しかし、実績のフタを開けてみると合格者数を公表している予備校は少なく、合格者に占める受講生の割合など曖昧な書き方が多くなっています。 また、資格スクエアは新興のオンライン予備校なので、華々しい実績を出すにはもう少し時間がかかる側面はあるでしょう。 講座の質 資格スクエアの司法書士講座で最も注目すべきなのは、何といっても看板講師の三枝先生の講義です。 LECやクレアール時代から評判がずば抜けていましたが、資格スクエアに移られてからも大手予備校の大栄が講義を利用するなら評判はとどまるところを知りません。 もちろん評判が良いのは講義の質が高いからで、他の予備校を受講しながら三枝先生の単品講座を受ける人もいます。 カリキュラムに目立った評判は見かけませんが、オンライン予備校らしく効率化に特化したカリキュラムが優秀です。 テキストも要点が厳選されたコンパクトな内容で、アガルートや伊藤塾ほどではありませんが評価されています。 オンライン PCメインでオンライン講義を受講するなら、資格スクエアがおすすめです。 視聴の快適さやインターフェイスの使い勝手はスタディングと同レベルで、条文リンクがついたオンラインレジュメは非常に使い勝手が良くなっています。 また、講義中に抱いた疑問質問をその場で質問できる仕組みも便利です。 ただし、スマホ視聴となるとスタディングほどの快適さや利便性がなく、他の予備校と同じレベルまで下がります。 また、音声ダウンロードが有料オプションなのもマイナスポイントです。 サポート 資格スクエアもオンライン予備校なので、通学タイプほどのサポート体制は整っていません。 答練や添削もないので、記述式の対策に不安を抱える人には物足りなさがあるでしょう。 ただし、答練や添削だけ他の予備校の講座を受講すれば問題は解決します。 そもそもオンライン予備校の多くは 費用を抑えて効率的に合格することに特化しているので、サポート体制の薄さは織り込み済みかもしれません。 総合 価格、講座の質、オンラインの評価の高さから、司法書士講座のおすすめランキング第2位に選びました。 第3位:アガルート 価格 5. 0 運営会社 5. 0 実績 3. 5 講座の質 4. 5 オンライン 5. 0 サポート 3. 5 総合 4. 5 価格 アガルートの司法書士講座は、スタディングに次ぐ2番目の安さです。 講義時間が360時間とスタディングの2倍くらいあるのに価格は6万円程度しか違わず、コスパではスタディングを上回ります。 他のオンライン予備校や通信講座と比較してもかなり低価格なうえ、 合格すると全額返金+お祝い金3万円という驚異の特典があります。 一発合格の自信があり合格特典で選ぶなら、アガルート一択です。 運営会社 運営会社は株式会社アガルートです。 他の予備校の運営会社に比べると規模は小さめですが、業績に問題はありません。 実績 アガルートも司法書士講座の実績を公表していません。 大手予備校と比べると、実績を公表していないことで不安に感じる人は少なくないでしょう。 アガルートは新興のオンライン予備校なので他校と肩を並べるだけの実績がないのかもしれませんが、非公表なのはネガティブな印象があります。 ただし、オンライン予備校やオンライン学習サービス、通信講座は実績を公表していないところが多いので、アガルートだけの課題とは言えません。 講座の質 アガルートの講座で注目すべきなのは、何といっても質の高い教材です。 そのテキストは伊藤塾のテキストと同じかそれ以上の評価を受けており、テキストだけ購入する受験生もいます。 徹底的に無駄を削ぎ落して重要ポイントだけ記載されているので、効率的に合格を目指す人にはバイブルともいえる存在です。 講師や講座内容、カリキュラムも平均以上の評価を受けており、安心して受講できます。 オンライン アガルートはオンライン予備校ですが、オンライン講座の評判はイマイチです。 オンライン画面にテキストを映し出すことは可能ですが、ただテキストが見れるだけでメモやマーカー引きはできません。 条文リンクや質問などの機能も搭載されていません。 また、スタディングのようにスマホ視聴時の快適さもなく。 オンラインについては大手予備校に近いレベルです。 ただし、 音声ダウンロードが無料で利用できるので、オフラインで講義を聴きたい人にはありがたいです。 サポート アガルートも他のオンライン予備校と同じでサポート体制は充実していません。 総合 以上より、コスパや合格特典、講座の質などから司法書士講座のおすすめランキング第3位に選びました。 オンラインに偏ったランキングの理由 ランキングを見て「オンライン予備校ばっかりじゃないか」と思われたでしょう。 実は去年のランキングは次のとおりでした。 第1位:スタディング• 第2位:伊藤塾• 第3位:資格スクエア 大手予備校の伊藤塾がランクインしていたんです。 圧倒的な実績、講座の質の高さ、サポート体制の充実度で他講座を上回っているので、今年も伊藤塾をランクインさせるつもりでした。 でも、 コロナウィルスの影響を踏まえて、よりオンライン講座の質が高い講座を優先的に選びました。 賛否あるとは思いますし、状況が変わればランキングを変える可能性はありますが、現時点では上記ランキングとしています。 司法書士の予備校・通信講座の比較・おすすめランキング【2020年版】のまとめ 司法書士の予備校・通信講座6つを比較し、おすすめランキングを紹介しました。 2020年の社会情勢などを踏まえたランキングにしているので、参考になれば幸いです。

次の

【最新版】行政書士の予備校・学校おすすめ人気ランキング|厳選10社を徹底比較

行政書士 予備校 おすすめ

*Contents*• 行政書士試験合格までのプロセス 10か月で行政書士試験合格した私が一押しする合格ノウハウが詰まった本 これのお陰で合格できました! 👇 こちらをクリック👇 *限定100名住所入力だけで無料GETできる 行政書士試験概要 受験資格 学歴・年齢関係なく誰でも 受験日 例年11月2週目の日曜日 午後1時から4時の3時間 受験手数料 7000円 参考 学歴・年齢関係なく受けれる試験なので誰にでもチャンスがある試験だと分かりました。 最年少合格は14歳 最高齢合格者は81歳です! 「あなたにも チャンスがあります」 次にどのくらいの人が受験して、どれだけ合格するのか? 合格率をみていきます! 行政書士試験合格率はどのくらいか? 最新データから過去10年分の合格率 100人中10人が受かる試験だと分かりました。 法律知識がなくても正しい勉強をすれば受かる試験ですね^^ 学習計画をしっかり立てれば必ず合格できるよ! 次に勉強法ですが、試験の中身についてみていきます。 行政書士試験の合格までの勉強法 行政書士試験の配点 300満点中180点で合格です。 つまり 6割とれたら合格できる試験なのです! 必要な勉強時間も気になると思います。 行政書士試験おすすめの予備校 まずはクレアールで 合格本を手に入れよう!^^ こちらの本は行政書士・社労士の資格で有名な予備校「クレアール」の著書 行政書士試験は民法・行政法を中心に勉強しよう! 他の合格者の意見・勉強法も参考にしてもらいたい! 行政書士試験合格者インタビュー 勉強法、使用した教材、勉強時間なども目から鱗 一発合格者から学ぶ 残念ながら一発合格出来なかったあなたは何がいけなかったか?何故不合格だったのかも分析して学習計画を立て直しましょう! 以下の記事は2回目にして合格を掴んだ女性のインタビュー記事です。 行政書士試験10か月で合格でした私がおすすめする本 これのお陰で合格できました! 👇こちらをクリック👇 0 *100名限定住所入力だけ無料GET 行政書士合格後の道 更なる挑戦 行政書士試験合格したあなたおめでとうございます! ここで二つの選択肢が生まれます。。。 行政書士として開業するか更なる難関資格にチャレンジするか!! まずは行政書士と相性の良い資格を紹介します。 行政書士の年収は? 10か月で行政書士試験合格した私が一押しする合格ノウハウが詰まった本 これのお陰で合格できました! 🙂 👇こちらをクリック👇 *100名限定住所入力だけ無料GET.

次の