タラ ちゃん の 妹。 「サザエさん」タラちゃんに妹がいた→フグタヒトデ、毒のありそうな名前だな

サザエさんの登場人物

タラ ちゃん の 妹

『サザエさん』のタラちゃんに、実は妹がいるって知ってましたか? サザエさんの10年後 国民的漫画・アニメであるサザエさんは日本人であれば知らない人はいないぐらい、人気の作品ですよね。 日曜日の夕方から放送されることから、 翌日からまた通学や仕事をしなければいけない・・・といった気持ちになる、サザエさん症候群という言葉まで登場しました。 そんなサザエさんですが、実はあまり知られていない事実があります。 かなり昔の連載になりますが、当時の連載には サザエさん10年後というコーナーがあり、現在公開されている家系図に存在しないはずの、タラちゃんの妹が描かれていたのです。 作者の長谷川町子さんのお話によると、10年後だけではなく30年後ぐらいまでの磯野家の構想があったようですね! タラちゃんの妹、その名もヒトデちゃん! タラちゃんの妹についてですが、 ヒトデちゃんという名前のようです。 それではヒトデちゃんはどのような女の子なのでしょうか? ヒトデちゃんはサザエさんの10年後を描いた漫画に登場しています。 10年後の世界でヒトデちゃんは子供らしく元気に走り回っている様子が描かれており、隣にいるマスオさんに「これヒトデあぶないよ」と声をかけられています。 これはあくまで想像になってしまいますが、明るく快活な女の子に見えるため、ヒトデちゃんはサザエさん似で産まれてきたのではないでしょうか? ちなみにwikipediaでは以下のように解説されています。 フグ田ヒトデ(フグた ヒトデ) サザエとマスオの第2子。 外見はワカメと似ているが、なぜか王冠らしき物をかぶっている。 原作・アニメともに一切登場しないが、長谷川町子によって描かれた「サザエさん一家の未来予想図」という漫画のみに登場する。 この漫画は、1954年(昭和29年)に文藝春秋により出版された『漫画読本』に収録されており、サザエさん一家の10年後という内容である。 『サザエさん一家がひとなみに年をとっていたら…』には年を取った一家とカツオとワカメの新しい家族の姿が描かれているのだが、この中にヒトデは存在しない。 ワンピースを着ていることから、妹であるという説が有力であるが、小さなコマでのみの登場のため、実際の性別は不明である。 他の登場キャラクターについても一部性格が変わっていて、敬語の印象が強いタラちゃんについても10年後には口調が変わっています。 10年後には少しやんちゃな口調になっているため、カツオくんのような元気な男の子に育ったのでしょう。 10年後には磯野家がなくなっている!? サザエさんの10年後の様子を見て異変が起きていることに気付きます。 10年後が描かれた漫画内ではカツオやワカメ、フネ、波平が会話している様子が描かれており、以下の会話が行われています。 フネ「なんでもこのへんだよ、昔の家があったのは。 」 ワカメ「かわったのねー!」 ワカメちゃんが成長するとサザエさんそっくりの髪型になっているのも衝撃的ですが、それ以上に衝撃を受けるのが、 家がなくなっているところです。 波平さんも「今じゃ弾丸道路になっちまってる」と語っています。 いったい何が起きて磯野家やご近所さんまでなくなって、道路になってしまったのでしょうか・・・ サザエさんの20年後、30年後 更にサザエさんの20年後、30年後といわれる画像も存在しています。 サザエさん20年後 サザエさんの20年後を描いた漫画も存在しています。 サザエさん一家の20年後の様子が記念撮影のような一コマで描かれていますが、カツオもワカメも結婚して子供がいます。 そして、カツオの見た目はすっかり年をとって波平さんとそっくりになっています。 カツオの横に並んでいる奥さんの見た目は美人に描かれており、その風貌的には 結婚相手は花沢さんではないようです。 更にワカメちゃんはすっかりあかぬけた様子で、かなりきれいな女性として描かれています。 タラちゃんについては、マスオさんにそっくりになっていて、とても真面目そうな男の子に成長しています。 波平さんやフネさんも孫やひ孫たちなど、家族に囲まれてとても幸せそうにしています。 サザエさん30年後 更に30年後の構想まであったのが驚きですよね! 30年後のお話はノリスケさんが磯野家を訪れるところから始まります。 30年後にはカツオくんはすっかり波平さんのようになっています。 そして、それぞれのキャラクターの30年後どのようになっているのかが描かれ、 最後に登場する子供たちが、現在の磯野家とそっくりであるというオチで終わります。 似ているというよりは、現在の磯野家そのままという感じとなっています。 こうして磯野家は代々受け継がれていくのでした。 波平さんやフネさんについてもどうやらご存命のようなので、安心してください。 しかし、20年後にも30年後にもヒトデちゃんの存在は描かれていないのが気になってしまいます。 今後のサザエさんにヒトデちゃんは登場するの? それでは、現在放送されているサザエさんに、今後ヒトデちゃんが登場することはあるのでしょうか? 原作のサザエさんは時間の経過につれてキャラクターが成長していきます。 しかし、アニメでは時間が止まったまま進行しているため、ヒトデちゃんを登場させることは難しいと考えられます。 タラちゃんの妹であるヒトデちゃんの存在が今後有名になることによって、サザエさんのスペシャル番組でサザエさんの10年後が放送されるかもしれませんね!.

次の

「サザエさん」SPドラマにタラちゃんの妹・フグ田ヒトデ、“家族写真”も到着(コメントあり)

タラ ちゃん の 妹

スポンサーリンク タラちゃんの妹、ヒトデちゃん? サザエさんには、作者の長谷川町子さん自身が描いた家系図があります。 しかしその中には、ヒトデちゃんやサンゴちゃんというキャラクターは描かれていませんでした。 サザエさんは長年テレビアニメを放映し続けていますが、今のところヒトデちゃんとサンゴちゃんの名前は出てきていません。 実は・・・ このヒトデちゃんというキャラは、サザエさんの原作に登場させるはずだったキャラなのです。 ただ、作者の長谷川町子さんが亡くなったことで連載は再開されることはなく、ヒトデちゃんは幻のキャラとなってしまったのだそうです。 このヒトデちゃん、どんなキャラだったかというと・・・ サザエとマスオの間に生まれた子供、つまりタラちゃんの妹なのだとか。 原作漫画のサザエさんはテレビアニメとは違い、劇中でしっかり時間が流れていて子どもたちの成長する経過が描かれています。 その中で、タラちゃんの妹としてヒトデちゃんが登場する予定だったのでしょう。 以上の参考記事によれば、一度だけヒトデちゃんが描かれた?と思わせる回が存在したとのこと。 それは、1954年12月に発売した文藝春秋の「漫画読本」という雑誌に掲載されていました。 サザエさんの10年後の世界で、かつて自宅があった場所に家族が訪れるという話。 その話の中で、ヒトデちゃんと思われるキャラクターが一度だけ描かれていたのです。 マスオさんが「これヒトデあぶないよ」と声をかけている少女に、「ヒトデ」と名がつけられていました。 これが、後に生まれたと思われるヒトデちゃんが唯一描かれた場面です。 2019. 30追記 2019年11月24日に放送予定の実写スペシャルドラマ「磯野家の人々〜20年後のサザエさん〜」において、幻のキャラクターとされていたヒトデちゃんが登場することが明かされました! テレビアニメのサザエさんの世界は時間が流れないので、今後もヒトデちゃんが登場する可能性はかなり低そうです・・・ では・・・サンゴちゃんって何者? ネットの中では、幻のキャラ・ヒトデちゃんの他にも「サンゴちゃん」というキャラクターがいるらしい、という噂があります。 しかし・・・ どれだけ情報を探しても、サンゴちゃんに関する公式の情報や確かな情報は得られませんでした。 結局、サンゴちゃんについては「ネットで飛び交っている噂に過ぎないのでは?」という印象を持ちました。 まとめ サザエさんの家系図にいないキャラのヒトデちゃんとサンゴちゃん。

次の

桜田ひより、タラちゃんの妹・ヒトデに! 実写ドラマ「サザエさん」家族写真初公開

タラ ちゃん の 妹

国民的テレビアニメーションといえば、誰が何と言おうと「」である。 あの「ドラえもん」よりも長寿なテレビアニメであり、「おそ松くん」よりも昔から放送されている人気番組でもある。 タラちゃんにクローズアップ 今回は、そんな「サザエさん」に登場する、タラちゃんの知られざる秘密をお伝えしたいと思う。 タラちゃんといえば、笑顔がカワイイ元気なチビッ子である。 そんなタラちゃんに秘密がある!? あなたが知っている秘密はあるだろうか? 凄すぎるタラちゃんの秘密10選 1. タラちゃんはサザエにブチギレしたことがある しつけのためにサザエがタラちゃんを物置に閉じ込めたところ、「開けろォオオオオ! 子どもをいじめんなァァアアア!」とブチギレ激怒。 幼児とは思えない性悪な一面を見せた。 タラちゃんがドーピングでオリンピック出場 「タラちゃん成長期」というエピソードで、タラちゃんが筋肉増強剤を注射し、ドーピングでオリンピック出場を果たすというストーリーが考えられていたが、途中でストップが入った。 タイトルはそのままに、内容を変更してお蔵入りになった。 タラちゃんは一部層に不人気? アニメ「サザエさん」が放送され、タラちゃんが登場すると、インターネット上で「タラヲ死ね!」「タラヲ爆発しろ!」「タラヲ消えろ!」などの誹謗中傷が多数書き込みされる。 アニメマニアの伊東氏はこの現象を「幸せそうなタラちゃんに嫉妬している人が書き込みしているだけ」と語る。 タラちゃんの性別は女 もともとタラちゃんは女の子という設定で、公式情報として「女の子」と紹介されていたが、いつの間にか男の子になっていた。 な……何を言っているのかわからないと思うが、筆者も何を言っているのかわからない。 頭がどうにかなりそうだ……。 タラちゃんには妹がいる 公式設定ではヒトデという名の妹がいるが、アニメではいっさい登場していない。 アニメでは時間が止まったままの磯野家。 それゆえ、いまアニメで放送されている部分は、妹が生まれる前のエピソードなのかもしれない。 タラちゃんの腕は2〜3倍に伸びる ときどき、タラちゃんの腕が不自然に伸びている描写を見ることがある。 物理的に考えて絶対に手が届きそうにない場所に手が伸び、物をつかんだりしているのだ。 そういう能力を持った人間なのかもしれない。 タラちゃんはお経が大好きで踊り出す お経のリズムが大好きなタラちゃんは、お経が唱えられると楽しそうに踊り出すクセがある。 本来ならば心を静めるべきな場でも、お経が聞こえると踊るので注意が必要だ。 タラちゃんの性格はとても悪い アニメ版ではとても良い子なタラちゃんだが、漫画版、つまり原作では非常にやんちゃで性格が悪く、暴れたり、暴言を吐いたり、人に迷惑をかけることばかりしている性悪な存在。 さすがにアニメでそのまま放送するわけにいかず、徐々に「良い子」というイメージに印象操作していった。 あまりにも商売っぽい発言に、多くのクレームがあったといわれている。 そもそも3歳児の発言としてもオカシイ……。 タラちゃんは泥棒を一人で追い出したことがある タラちゃんが一人でいるときに泥棒と遭遇。 敵意なくじーっと見つめたり、話しかけたりすることで撃退し、何も盗まれなかった。 犯人の性格によっては、殺されていてもおかしくない状況だった。 ちなみにタラちゃんは3歳児で、たった一人で家で留守番させるには幼い年頃だが、なぜかタラちゃん以外の人が家にいない状況だった。 なくてはならない存在 いかがだろうか。 あなたがもっているタラちゃんに対するイメージが大きく変わったのではないだろうか? とはいえ、タラちゃんは「サザエさん」という作品になくてはならない存在。 これからも成長しないまま我々を楽しませてほしいものだ。 Fox 執筆、撮影、編集家。 日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。 世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。 人のアイデアを転がします! コンコン。 外部サイト.

次の