韓国の反応 かいかい。 「輸入を攻撃するのはフェアじゃない」韓国のホワイト国除外、現地の反応は

海外の反応「韓国ドラマも日本漫画のコピーだろ、韓国アニメvs日本アニメ」

韓国の反応 かいかい

リチウムイオン電池(電池)を開発し、商品化に寄与して別名「充電する世界」を開いた米国・英国・日本人科学者3人が今年のノーベル化学賞を受賞し、ノーベル科学賞歴代最高齢者の97歳の受賞者が出た。 27番目の日本人ノーベル賞受賞者も誕生した。 ノーベル科学賞に限定すると、日本人の受賞者は、今回が24回目だ。 スウェーデン王立科学アカデミーノーベル委員会は9日(現地時間)、2019年のノーベル化学賞受賞者で、アメリカ人のジョン・グッドイナフ(97)テキサス州オースティン大学教授、マイケル・スタンリー・ウィッティンガム(77)、ニューヨーク州立大学教授、日本人吉野彰(71)、日本名城大教授兼旭化成フェローを選定した。 今度の受賞者のうちジョン・グッドイナフ教授の年齢は97歳で最高齢者ノーベル賞受賞者になった。 今まで最高年齢の受賞者は2018年度ノーベル物理学賞受賞者のアーサー・アシュキン米国ベル研究所博士だった。 受賞当時、アシュキン博士は96歳だった。 また、日本人受賞者がいるという点も目を引く。 日本国籍者のノーベル賞受賞は今回が27番目だ。 吉野氏は化学賞を受賞した8人目の日本人となった。 これまで日本は物理学賞11人、生理医学賞5人、化学賞の7人を輩出している。 ノーベル科学賞では24人目の受賞者が誕生しだ。 京都大学大学院卒業後、1972年に世界1位のリチウムイオン電池メーカーである旭化成に入社し、吉野は学界ではなく産業界出身という点で注目される。 大阪大学で博士号を取得したことも、かなり後の2005年だ。 企業で下積みしてきた吉野は2017年から名城大学名誉教授職もしている。 ノーベル委員会はこの日、「現在携帯電話、ノート型パソコン、電気車などすべての分野に使われているリチウムイオン電池は化石燃料がなくても 「充電が可能な世界」を切り開いた」と評価した。 今年のノーベル科学賞の受賞者に900万スウェーデン・クローナ 約1億円相当 の賞金とメダル・証書を授与し、授賞式は、アルフレッド・ノーベルの命日の12月10日、スウェーデンのストックホルムで開催される。 技術のギャラは出ているが、むしろ私たちが利点であるわけだ。 韓国は基礎科学を研究しようとする人が多くない。 本当に興味がなければ。 お金がなければ。 本当に痛ましい民族である。 この方のおかげで、バッテリーの心配がなく携帯用家電が使用できて感謝しています。 そもそも科学史は百年以上の差がであり、基礎科学は産業のように短期間で模倣できる分野ではないのに。 日本の高等科学教育は、20世紀初頭にはすでに開始したが、韓国はせいぜい70年代からだ。 naver. nhn?

次の

韓国の反応「日本は世界5位のノーベル賞大国!韓民族は、世界中で最も賢い民族なのになぜ韓国系は受賞できないの?」

韓国の反応 かいかい

日本政府は2日、輸出管理上の優遇措置を受けられる「ホワイト国」から韓国を除外する政令改正を閣議決定した。 輸出管理強化の対象は、これまでのフッ化水素など半導体素材3品目から、電子部品や工作機械など「1000品目以上」に拡大する。 これは、韓国の輸出管理に疑わしい事案が続いているため、安全保障上の運用見直しだ。 韓国側のデータでも、核兵器や生物・化学兵器に転用可能な戦略物資の不正輸出が続出していた。 第三国経由で、北朝鮮やイランに流れた可能性も報じられており、日本の対応は当然だろう。 それにしても、一連の日韓対立をめぐる「韓国と日本の反応の違い」には、心底驚かされる。 韓国では、日本製品の不買運動や、過激な「反日」デモが行われているようだ。 ソウルの日本大使館が入ったビルにはガソリンを積んだ車が突入し、釜山の日本総領事館にも若者が侵入した。 外国公館の安全と品位を保護するウィーン条約はまったく守られていない。 韓国大統領府のホームページでは「東京五輪・パラリンピックのボイコット」の請願が行われており、与党議員はSNSで「放射能オリンピック反対」などと発信しているという。 エスカレートの度合いが尋常ではない。 今月15日の「光復節」には、さらに過激化するだろう。 一方、日本では、韓国向け半導体素材の輸出管理強化について、産経新聞・FNNが先月中旬に世論調査したところ、「支持する」が70・7%で、「支持しない」は14・9%だった。 韓国の「ホワイト国」剥奪について経産省が実施した意見公募でも、数万件のうち圧倒的多数が「賛成」だったとされる。

次の

[B!] 韓国人「日本のノーベル賞の威厳」 : カイカイ反応通信

韓国の反応 かいかい

日本政府は2日、輸出管理上の優遇措置を受けられる「ホワイト国」から韓国を除外する政令改正を閣議決定した。 輸出管理強化の対象は、これまでのフッ化水素など半導体素材3品目から、電子部品や工作機械など「1000品目以上」に拡大する。 これは、韓国の輸出管理に疑わしい事案が続いているため、安全保障上の運用見直しだ。 韓国側のデータでも、核兵器や生物・化学兵器に転用可能な戦略物資の不正輸出が続出していた。 第三国経由で、北朝鮮やイランに流れた可能性も報じられており、日本の対応は当然だろう。 それにしても、一連の日韓対立をめぐる「韓国と日本の反応の違い」には、心底驚かされる。 韓国では、日本製品の不買運動や、過激な「反日」デモが行われているようだ。 ソウルの日本大使館が入ったビルにはガソリンを積んだ車が突入し、釜山の日本総領事館にも若者が侵入した。 外国公館の安全と品位を保護するウィーン条約はまったく守られていない。 韓国大統領府のホームページでは「東京五輪・パラリンピックのボイコット」の請願が行われており、与党議員はSNSで「放射能オリンピック反対」などと発信しているという。 エスカレートの度合いが尋常ではない。 今月15日の「光復節」には、さらに過激化するだろう。 一方、日本では、韓国向け半導体素材の輸出管理強化について、産経新聞・FNNが先月中旬に世論調査したところ、「支持する」が70・7%で、「支持しない」は14・9%だった。 韓国の「ホワイト国」剥奪について経産省が実施した意見公募でも、数万件のうち圧倒的多数が「賛成」だったとされる。

次の