口内炎 塩。 【即効】一発で口内炎を治すオススメの方法【簡単】

治りにくい白い口内炎!治療方法や口内炎ができやすい場所・種類別の原因を解説

口内炎 塩

塩を患部に塗ることで組織の内外で浸透圧の差が生じ、水分が外に出て歯茎などが引き締まることはあります。 しかし、これは見た目だけ治ったように見えるだけであり、本当に治ったわけではありません。 痕が残ったり治りにくくなってしまうリスクがあるので、まずは歯医者さんで適切な治療を受けることをおすすめします。 荒治療?塩を塗りむのは効果あり? 2-1 塗り込むのは効果なし 塩でのうがいは、うがい薬ほどではないにしろ、口全体の殺菌効果はゼロではないといえます。 しかし直接患部に塗りこんでしまうと、炎症を治す菌までも殺してしまいさらなる悪化を招きかねません。 また当然ですが、塩を患部に塗ると激しい痛みをともないます。 これらの理由から、口内炎に直接塩を塗り込むのは避けたほうがいいでしょう。 塩の結晶が患部を傷つける可能性もありますので、注意してください。 2-2 基本的には薬のほうが効く 前述しましたが、塩やハチミツ、梅干しは、殺菌効果はあるものの、口内炎に効くかどうかは確かではありません。 基本的には、殺菌力も薬のほうが高いので、確実に治すならお医者さんに相談して、薬を処方してもらうといいでしょう。 もし薬を手に入れる事ができなかったり、お医者さんに診てもらう余裕がなかったりする場合は、何もしないよりは塩やハチミツ、梅干しを利用すれば患部の緩和につながるかもしれません。 ただし、あくまで民間療法の補助的なものとしてとらえて、過信はしないでください。 民間療法以外の口内炎治療方法 3-1 生活習慣を改める ここからは、民間療法以外で、口内炎ができたら際の対処法を解説していきます。 口内炎は軽視されがちで、そのまま放置することが多いものです。 しかし、しっかりと初めのうちから対処すれば、症状を悪化させずに早期治療できる可能性があります。 口内炎を予防・治療するのに大切なのは、心身ともに健やさを保つことです。 そのため、まずは規則正しい生活習慣で疲労を回復し、ストレス軽減のためにリフレッシュするようにしましょう。 食事のバランスも考えて、ビタミン摂取などもしっかりと行えば、口内炎になりにくいライフスタイルが作れるでしょう。 3-2 市販薬を使う 最近では、口内炎の市販薬も様々な種類があります。 ジェルタイプの塗り薬、スプレータイプの薬、パッチタイプの貼り薬などさまざまあるため、自分にあった使いやすいものを選ぶといいでしょう。 民間療法の塩やハチミツ、梅干しは殺菌効果はあるものの口内炎を治療する成分が入っているわけではありませんので、もし病院へ行けないのであれば、身近なドラッグストアや薬局などで市販薬を買うようにしてください。 3-3 お医者さんに診てもらう 口内炎で病院!?と思うかもしれませんが、早く治したいなら診療を受けるべきです。 歯科口腔外科や内科などで診てもらえるので、ぜひ、お近くのかかりつけ医に診てもらってください。 また、2週間以上経っても治らない口内炎は、ガンなどの他の病症である可能性があります。 「口内炎くらいで…」と、軽視せずに、早めにお医者さんを受診するようにしましょう。 漢方薬も検討を 4-1 体質改善から口内炎を治す 一般的な薬に抵抗があるのなら、漢方薬に頼ってみてもいいかもしれません。 薬には違いありませんが、体質改善などもできるので、何度も口内炎を再発している人にもおすすめです。 4-2 口内炎に用いられる漢方薬 以下の漢方が、口内炎治療でよく使われる漢方です。 漢方はお医者さんでも処方してもらえるところがあります。 口内炎に悩んでいるのなら、お医者さんの診療を受けながら漢方を処方してもらってもいいですね。 ・茵蔯蒿湯(いんちんこうとう) 古くは黄疸の改善に使われてきた漢方薬です。 皮膚のかゆみや湿疹、蕁麻疹などに用いられることが多く、口内炎の治療にも用いられます。 ・黄連解毒湯(おうれんげどくとう) 胃炎、不眠症などに処方されることのある漢方は、皮膚のかゆみや口内炎などにも用いられます。 胃腸が弱っている場合は、こちらの漢方を飲めば口内炎と合わせて改善が見込めるかもしれませんね。 ・半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう) 胸焼け、下痢などの症状に処方される薬ですが、口内炎にも用いられます。 みぞおちに違和感があったり、消化不良などを併発しているなら、こちらの漢方が役立ちます。 ・黄連湯(おうれんとう) 食欲不振や胸焼けなど、こちらも胃腸の不調を感じる際に用いられる漢方です。 口内炎にももちろん効果があります。 ・温清飲(うんせいいん) 肌が乾燥していたり、皮膚炎があったり、ひどい生理痛などに悩まされている人は、こちらの漢方もおすすめ。 女性ホルモンなどの乱れが著しく、それらが原因で口内炎ができているのならこの漢方薬が助けになります。 ・補中益気湯(ほちゅうえっきとう) 疲れやすい方や、疲労感によって食欲が減退している場合は、こちらの漢方がおすすめです。 免疫が低下していることによって口内炎ができているのなら、こちらの漢方薬を選んでみてはいかがでしょうか。 ・六君子湯(りっくんしとう) 胃腸が弱く、食欲不振になっている場合は、こちらの漢方で改善を。 胃腸の弱りと栄養の偏りは口内炎を発生させやすく、悪化させやすいですので、こちらの漢方で口内炎のもととなる原因を断ちましょう。 まとめ.

次の

【即効】一発で口内炎を治すオススメの方法【簡単】

口内炎 塩

スポンサーリンク 1.「口内炎に塩」は悪化するのか? 1-1.こうすると塩で口内炎が悪化する 口内炎に対して上手に塩を使えば、症状を悪化させることなく、治療に役立てることができます。 口内炎は細菌に感染して炎症を起こしていることが多く、塩の殺菌効果によって細菌の活動を抑制できるからです。 しかし、適切な形で口内炎に塩を作用させるのはとても難しいといえます。 例えば、粗塩などを口内炎に直接塗り付けたとしたら、高い殺菌効果が期待できますが、反面、強い刺激によって痛みを伴うことがあります。 また、殺菌効果は期待できても、傷口自体が悪化することもあるため、口内炎に塩を塗るというのは、正直言ってお勧めできる方法とはいえません。 口内炎に塩を使うのは、いわゆる民間療法の一種ですので、治療効果がある場合もあれば、逆に症状が悪化する場合もありますので注意が必要です。 1-2.塩が傷口を広げ炎症を促進する? 口内炎に塩を塗ると、炎症がさらに強まったり、傷口が大きくなったりすることがあります。 そもそも口内炎というのは、潰瘍(かいよう)の一種ですので、粘膜の表面がボロボロになっています。 そこへ塩を塗り付けることで、傷口がさらに悪化したり、炎症を促進させたりしてしまうことがあるのです。 ですので、リスクを抑えつつ、口内炎に対して塩を効果的に使うには、塩水でうがいをするのが一つの方法と言えます。 塩水でうがいをする方法であれば、水により塩分濃度が下がるため、口内炎が悪化する可能性も低いですし、ある程度の殺菌効果も期待できるからです。 2.そもそも「口内炎に塩」の根拠って? 「口内炎に塩」という話は、誰しも一度は耳にしたことある話ですから、当然、何らかの根拠がありそうに思えます。 インターネット上にも「口内炎 塩」に関する情報が多くあふれています。 しかしながら、実際のところ、口内炎に対して塩が効くという科学的根拠は存在していません。 2-1.「口内炎に塩」は民間療法 塩に殺菌効果があるという事は実証されており、塩を用いることで口内炎が良くなる可能性も十分にあり得ます。 ただ、塩を用いて口内炎の治療を繰り返し行った研究はないため、科学的根拠は乏しいと言えます。 また、口内炎の市販薬の中にも、単純に塩を用いた商品はありません。 つまり、口内炎に塩を用いるという治療法は、あくまで民間療法であり、科学的根拠に基づいた、リスクが低く効果が高い治療法が存在しているからとも言えます。 2-2.はちみつや梅干しの科学的根拠について 口内炎に塩を塗るという治療法以外にも、梅干しやはちみつを使った治療法というのが広く知られています。 梅干しには沢山の塩分が含まれていますし、はちみつには塩と同様の殺菌効果が期待できますので、口内炎に塩を用いる方法のように症状が改善することもあります。 けれども、はちみつや梅干しも、塩と同様に口内炎に治療効果があるという科学的根拠には乏しいと言えます。 ただ、口内炎が出来た場合に、はちみつや梅干しなどを進んで食べるというのは悪いことではありません。 なぜなら、梅干しは、唾液の分泌を促進してくれる、はちみつは、栄養価の高い食品であり、治癒を補助し口内炎の治りを早める効果が期待できるからです。 まとめ 口内炎に塩を用いる方法は、明確な科学的根拠がないため、民間療法の範疇にとどまると言えます。 それだけに、治療効果の個人差が大きく、使い方一つで口内炎を逆に悪化させることもありえます。 ですので、口内炎ができたら、塩、梅干し、はちみつ等を用いて無理に自分で治そうとせず、専門家である歯科医師に診てもらいましょう。 歯科医師であれば適切な診断を下し、個人の年齢、健康状態等を考慮した上で、口内炎の種類や症状に適切な治療を施してくれるかと思います。 口内炎は立派な病気ですので、やはり、より安全で、より確実な治療法で治していくことが望ましいです。

次の

口内炎に塩を塗ると悪化する理由と、正しい塩の使い方と効果

口内炎 塩

Sponsored Links 塩うがいは風邪の喉の痛みや扁桃炎にも効果的!?緑茶でもOK? 塩は 殺菌や菌の繁殖を抑える働きがあり、 古くから長期保存食などに塩は使われて来ました。 その中で塩を使った うがいは、 風邪の予防や 喉の痛みを抑えるという働きも 担っていると調査報告がされています。 塩うがいではなくとも風邪予防として、 水道水でのうがいで発症確立は 40%低下 これは水道水に含まれている 塩素が 効果を発揮していると京都大学で発表しています。 しかし、そこに塩をプラスすれば より確かな効果や他にもよい作用にも繋がります。 また、発熱予防の点では 緑茶うがいの方が効果があり、 最も発熱しにくいと浜松医科大学より調査発表されています。 続いて水道水というので、 塩味を感じなくても塩の作用によって 喉の痛みを和らげ発熱の発端である扁桃炎も抑え あっても高熱にはなりにくいと言えます。 塩素は沸騰させることで 効力が薄くなるので、 緑茶うがいする場合にはカテキン効果以外に 塩を少々入れてうがいする方が効果的にいいですね! Sponsored Links 塩うがいは口臭や口内炎、鼻にも効果的!? 塩でうがいする事で得られる 効果とは、 喉の痛みなど以外にも口臭や口内炎、 また、うがいは 鼻うがいもおすすめです。 これについて医師が答える「ヘルスケア大学」でも 塩は古くから研磨剤や強い殺菌力、 火傷の消毒や虫歯の応急処置などに使われてきて、 使用に関しても方法を載せているほどです。 口臭に関しては洗浄効果により 口内のネバつきをさっぱりさせておすすめです。 口内炎にも 塩うがい、 なかには激しく痛みはしますが、患部に直接塩を塗り込む! という方もいる様で、 個人差はありながら中には2日で完治した! という声があがるので 何もしないよりは短期間で治す事ができそうです。 塩うがいするときの作り方!塩の濃度はどれくらい? 塩でうがいをする場合には、 どんな濃度で作ったら良いのか? 濃度に関して調べましたが、 どれも一定していませんでした。 しかし多くあがるのは 「 しょっぱさを感じない程度」 一般的な180ml程度だと思いますが、 それに対して 塩ひとつまみ程度で十分だそうです。 また、風邪や蓄膿症、花粉症などの 鼻症状に良いとされる 鼻うがいに対しては 痛みを伴わない濃度として、 人の体の生理的塩分濃度「0. 9%」に近い濃度 180ml程度の水ならば 塩 約2gほどで塩分濃度1%ほどになり 人間の体内塩分濃度と近い濃度になります。 ぬるま湯にしっかり溶かしてから行うとよいでしょう。

次の