ドナルド ダック テンプレ。 【パズドラ】バージルパーティーのテンプレサブ候補

【パズドラ】ドナルドの評価!超覚醒と潜在覚醒おすすめ

ドナルド ダック テンプレ

ドナルドダックのプロフィール まずはドナルドダックの基本的なプロフィールをチェックしていきましょう。 本名 ドナルド・フォントルロイ・ダック(Donald Fauntleroy Duck) みんなが呼んでいる「ドナルドダック」という名前はフルネームではありません。 ディズニーキャラクターの中では珍しくミドルネームがあるキャラクターなんですよ。 誕生日(スクリーンデビュー日) 1934年6月9日 ドナルドの誕生日は、初出演映画『かしこいメンドリ』が公開された日(スクリーンデビュー日)です。 ミッキーと初共演したのは、同年に公開された『ミッキーの芝居見物』です。 どちらの映画もドナルドはサブキャラとして登場していたのですが、存在感のあるユニークなキャラクターが人気を集め、後にドナルドが主役の映画シリーズの制作が始まったのです。 年齢 ティーンエイジャー デビュー作が公開された1934年から計算すると86歳ということになりますが、あくまでも「スクリーンデビュー86周年」であり、キャラクターの設定としてはティーンエイジャー(13歳~19歳)です。 身長 身長:90cmくらい? ミッキーの身長は3フィート2インチ=約96. 5cmですが、ドナルドの身長は具体的に明かされていません。 2人が出演する映画を確認すると、ドナルドの方が小柄に描かれていることがわかります。 出典: ディズニーパークにいる2人も比較してみましょう。 やはりドナルドの方がやや小柄ですね。 出典: ということで、推測にはなりますが、ミッキーの身長が約96. 5cmならばドナルドの身長は90cm前後ということになりますね。 性格 短気、負けず嫌い、自己中心的 ドナルドはとにかく自分が大好きで、いつも自分が1番でいたいと考えています。 また、喜怒哀楽がとても分かりやすいキャラクターなので、嬉しいことがあったら思いっきり喜び、腹が立つことがあったら思いっきり怒ります。 短気であることからトラブルを起こすシーンも多いですが、我に返って反省する姿を見るとなんとも憎めません。 欠点が多く三枚目な性格はドナルドの短所であり長所とも言えますね。 なんだかんだ言って恋人や仲間たち、そしてたくさんのファンから愛されています。 職業 映画俳優 ミッキーを始めとするディズニーの仲間たちは、みんな映画俳優として数々の作品に出演してきました。 ドナルドの主な出演映画については、記事の後半でご紹介しますね。 家族 父:クックモア・ダック 母:ホーテンス・マクダック 姉:ダンベラ・ダック 祖父:グランパ・ダック 祖母:グランマ・ダック おじ:スクルージ・マクダック おじ:ルードヴィッヒ・フォン・ドレイク(スクルージの義弟) 甥っ子:ヒューイ、デューイ、ルーイ いとこ:ガス・グース など ドナルドは他のキャラクターとは違い、家族・親族に関する情報がとても多いんです! この中で有名なキャラクターといえば、スクルージ・マクダックとヒューイ、デューイ、ルーイですね。 出典: おじのスクルージ・マクダックは世界で一番リッチなアヒルです。 1967年公開『スクルージ・マクダックとお金』でスクリーンデビューし、1983年公開『ミッキーのクリスマスキャロル』では名前の由来となった主人公「エベニーザ・スクルージ」を演じています。 また、東京ディズニーシーでは彼の名前が付いたショップ「マクダック・デパートメントストア」を経営しています。 出典: 3つ子の甥っ子ヒューイ、デューイ、ルーイはとにかくやんちゃ盛りです。 いたずらをしてドナルドをよく怒らせているイメージがありますね。 彼らは東京ディズニーランドのパレードによく出演しています。 また、トゥーンタウンではカウンターサービスのレストラン「ヒューイ・デューイ・ルーイのグッドタイム・カフェ」を経営(!)しています。 実は料理が得意だそうですよ。 スクルージや甥っ子たちは知名度が高いですが、その他にもドナルドにそっくりな家族・親戚がまだまだたくさんいます! ファミリーツリーを見てみると、遠い親戚にはGOOSE(ガチョウ)、COOT(オオバン)、GREBE(カイツブリ)などアヒル以外の鳥もいることがわかります。 出典: 恋人 出典: デイジーダック デイジーダックは1937年公開『ドナルドのメキシカン・ドライブ』でスクリーンデビューしました(ドンナ・ダックという名で出演)。 ドナルドにとってデイジーは最愛の恋人であり、ドナルドの最大の理解者でもあります。 デイジーを愛するあまり、トゥーンタウンにある自分のボートに「ミス・デイジー号」と名付けているんですよ。 友だち 出典: ミッキーマウス ミニーマウス グーフィー ホーレス・ホースカラー クララベル・カウ ホセ・キャリオカ パンチート など ミッキーは親友ですが、ドナルドが一方的にライバル視することもあります。 ドナルドは負けず嫌いな性格ですから、仲間たちの中心的存在であるミッキーのことを認めつつも羨ましく思っているのでしょう。 ライバル 出典: チップ&デール 先ほどミッキーをライバル視することもあるとご紹介しましたが、ドナルドの真のライバルはシマリスのチップ&デールです。 彼らとはたくさんの映画で共演しており、ドナルドはいつも2人にイタズラされたり振り回されたりしています。 ドナルドダックの歴史 続いては、ドナルドダックの出演映画をもとに、長い歴史を振り返ってみましょう。 映画の出演本数はNo. 1 ドナルドは1934年に『かしこいメンドリ』でスクリーンデビューし、その後はしばらくミッキーの映画シリーズに出演していました。 タイトルに『ドナルドの~』と名前が入った映画であっても、ミッキーシリーズの1つとして公開されていたのです。 そんな中、ついに1937年にドナルドの映画シリーズが公開されることになりました。 記念すべき1作品目は『ドナルドの駅長さん』という映画です。 以降、ドナルドの映画は年間5~8本ペースで公開されてきました。 ミッキーはこれまで120本以上の映画に出演してきましたが、ドナルドはなんと170本以上の映画に出演しているんですよ! デビュー作ではサブキャラだったにも関わらず、結果としてミッキー&フレンズには欠かせない大人気キャラクターの地位を確立したのです。 1934年『かしこいメンドリ』 出典: デビュー作のドナルドはとても小顔で、くちばしと首が長い印象ですね! 手の指も羽根のように描かれており、とてもアヒルっぽい見た目をしています。 コスチュームはこの頃からセーラー帽&セーラー服を身に付行けていますが、帽子のカラーが今とは異なります。 1940年代 出典: 1940年代になるとミッキーの主演映画の制作数が激減しますが、その一方でドナルドの主演映画は年間5~8本ペースで順調に制作されていました。 この頃のドナルドは、もう見慣れたビジュアルになっていますね。 デビュー当時よりも目が大きくなり、くちばしの長さは短くなりました。 現在との違いは、胸元のリボンの色が赤ではなく黒であることくらいですね。 ビジュアルの変化はほとんどありませんが、よく見ると鼻の孔が描かれていません。 また、セーラー服についていた4つのボタンが無くなっていますね。 また、袖のラインも黄色に塗られてコスチュームがカラフルな印象になりました。 このように、ドナルドのビジュアルは時代と共に少しずつ変化を重ねてきたのです。 独特な喋り方が生まれたきっかけ ドナルドはよくモノマネをされるように独特な声をしていますよね。 本物のアヒルのようなグワッ!グワッ!という鳴き声と人間の喋り方を交えた発声方法のため、よく耳を傾けないと何を言っているのか聞き取りづらい場面もあります。 そんな難しいドナルドの声を最初に担当していたのは「 クラレンス・ナッシュ」という声優です。 田舎育ちの彼は子供の頃から周りに様々な動物がいる環境で育ったそうで、動物の鳴き声のマネが得意でした。 そんな特技をディズニーの声優オーディションで披露したことがきっかけとなり、ドナルドの声優に抜擢されました。 彼がいなかったらドナルドのあの独特な喋り方は生まれなかったわけですね。 ちなみに、ドナルドの声優をしながら甥っ子のヒューイ・デューイ・ルーイやデイジーダック(初期作品)の声優も務めていたそうですよ。 クラレンスはドナルドのデビュー作『かしこいメンドリ』から、1983年公開『ミッキーのクリスマスキャロル』まで、なんと約50年ものあいだ声優を務めました。 なお、日本では山寺宏一さんがドナルドの声を30年担当しています。 これまで数々の作品で活躍してきた大人気声優の山寺さんでさえも、ドナルドの声を演じるのは難しいと感じるそうです。 ドナルドが美声になるストーリーがある ドナルドの声がいつもの声とはまるで違う美声になるストーリーがあるってご存知でしたか? 1947年公開「ドナルドのジレンマ」 高いところから落下してきた鉢植えがドナルドの頭に直撃し、記憶喪失&声変わりをしてしまいます。 1948年公開「ドナルドの夢の声」 「ドナルドのジレンマ」では事故により声が変わってしまいますが、その翌年に公開された「ドナルドの夢の声」では自ら声を変える行動にでます。 ブラシのセールスマンとして働くドナルドは、聞き取りづらい声のせいで相手にしてもらえず悩んでいました。 まとめ ドナルドダックというキャラクターには、ミッキーマウスとは違った魅力や面白さがありますよね。 彼に会いたくなった方は、東京ディズニーリゾートの下記スポットを訪れてみてください。 「今日もかっこいいね!」「ドナルドが1番好き!」なんて声をかけると、きっとご機嫌な姿を見せてくれるでしょう。

次の

【パズドラ】ドナルド(クラシック)の評価!おすすめの潜在覚醒

ドナルド ダック テンプレ

この項目では、ディズニーのキャラクターについて説明しています。 その他の名称については「」をご覧ください。 ドナルドダック Donald Duck 初登場 作者 原語版声優 (1934 - 1985) (1985 - 現在) 日本語版声優 版 詳細情報 種族 性別 ドナルド・フォントルロイ・ダック(: Donald Fauntleroy Duck、通称: ドナルドダック)は、をモチーフにしたの。 伯父にと教授、甥っ子にがおり、彼らを総称してをダックファミリーと呼ぶ。 1930年代から1950年代にかけての多くの作品で主人公を務めた。 加えてダックファミリーが登場するアニメーションには、『』や『』などがある。 現在 [ ]これらの番組はやなどで放送されている『』や『』、『』内で視聴できる。 歴史 [ ] 、の一作品である『』で初登場。 この作品では脇役としての登場であったが、その独特なキャラクターから支持を集める。 同年には短編映画であるの『』にてと初共演を果たし、同シリーズ『ミッキーと犬泥棒』では早くもと戦う役どころを演じている。 それ以降、の製作が始まるなど出演作品は170本以上を数え、ミッキーマウスの出演作品数を上回っている。 ドナルドの主演作品の中で『』がので短編アニメ賞を受賞した。 声優 [ ] 原語版声優• 初代:( - )• 二代目:( - 現在)• 三代目:ダニエル・ロス(2017年 - 現在)• 一時代役:サム・クワスマン(のみ) 『』での声変わり後の声はレスリー・デニソンが演じている(吹き替え版では同一声優が声色を変えて演じている)。 『』リブート版での子供時代の声はオリジナルの役だったが演じた。 吹き替え声優• (初代) - 1950年代のテレビ番組• (2代目) - 1950年代のテレビ番組• (3代目) - 1950年代のテレビ番組• (1981年、1983年) - 『』版 、『』(2009年5月25日に閉鎖)• この節には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 が含まれているおそれがあります。 ( 2017年2月)• 曖昧な記述になっています。 ( 2017年2月) 本名 [ ] ドナルド・フォントルロイ・ダック(Donald Fauntleroy Duck) 職業 [ ] ディズニー短編集では様々な職業についているが、本業は軍人である。 中の従軍経験あり。 『』(オリジナル版)のプロローグでは彼がに配属され長期航海に出るシーンが描かれている。 性格 [ ] とを好む。 得意な楽器はマラカス。 甥っ子達と生活している時は食事を作ったり、短編作品ではホットケーキを作ったりもしているので意外にも料理上手らしい。 人をからかうことが好き。 な性格であり、の中で喜怒哀楽が非常に激しい。 また、傍若無人でな上とても騙されやすい。 かなり短気なせいなのか、口調は子供っぽいがかなりのである。 彼は気性が激しく、先項にて述べた『』内では、気に入らない相手を(鳥のアラカンなど)で撃ったり、同番組内で放送された『housesitter』という作品では、の態度が悪かっただけで銃を構えるシーンも見受けられた(ただし、ミッキーも過去の作品で似たことをやっている)。 一部の作品では悪役として登場させられたり、イタズラをしたり、ずるをしたりするため、大抵の場合はドナルド自身がしっぺ返しを食らってとことん酷い目に遭うことが多く、特にとの共演作品ではほとんど悪役的存在として描かれ、毎回と言っていいほど散々な結末(ドナルド自身に身体・財産に被害を受けるのがほとんど)で終わる。 そのため、ミッキーを始めとする共演者からは悪い印象ばかりが目立つが、根は気の良い性格でやりすぎたりすると反省したり、悲しんでいる人がいると気を遣ったりするなどの一面もある。 また、短気な印象が強いが、相手があまりに強いと弱気になる小心な一面もあり、「クワックパック」や「ミッキー、ドナルド、グーフィーの三銃士」ではその部分が強調された。 ディズニー各作品では知らない相手に「誰だ? 」と身分の上下関係なく言う。 また、これを目上であるナレーターにも言う。 ライバルや宿敵は、、J. ジョーンズ、グラッドスターンガンター、ケントパワーズ、フリントハートグロムゴールド、、アルゴス、ハンフリー・ベアー、アラクアン・バード、ハチ、ビーバー、ロバ、小鳥、モグラ、ムササビ、ペリカンなどの数え切れないほどの宿敵や天敵が存在しているが、近年の作品では親友のミッキーにすらライバル視している部分が多く、クラシックシリーズでも敵対した回もいくつかあり、「ミッキーマウス・マーチ」の一部のバージョンでもたまに自分の名前を言っており、そのため二人の関係は親友というより悪友(いい意味で)に近い。 日本語吹き替え版における一人称は「僕」。 しかし、版や版などオリジナル版ではない声優は稀に「俺」や「俺様」になることがある。 服装 [ ] 標準的な服装は上半身のみのにセーラー帽。 初期から服に付けているものがボタンから蝶ネクタイへ変わっているものの、それ以外はあまり変わってはいない。 だが、『トゥーンタウン』ではのような服装で、青地に黄色の縞模様の服になっている。 『クワックパック』ではを着用している。 普段着では下半身は何もつけていないことが多いが、入浴の時は逆に上半身裸で下半身にタオルを巻いていたりする。 声 [ ] アヒルの鳴き声そのままの声を思わせる甲高く騒がしい声。 アニメの中でも、やに対して話しても一部通じず、話を聞いてもらえないことも多々ある。 ドナルド本人も長年の悩みである。 ドナルドの声を扱った以下のような短編映画がある。 『』 - 男らしい声で男らしくデイジーにプロポーズするのが夢だったという描写がある。 『』 - 短気を克服した後にデイジーに会った際、声が変わる演出がある。 『』 - 頭に鉢植えが落ちてきた衝撃で美声となり、世界のスーパースターとなる。 この回は吹き替え版での日本語での吹き替えはされていない。 『』 - 第7話の「じょおうさまのおちゃかい」で紳士になる特訓の際、お茶を飲んだドナルドの声が良くなる演出があり、その場にいたミッキーやグーフィーも驚いた。 『』 - 「影の戦い パート2 ダックファミリーは負けない!」でドナルドの言葉を聞き取れずに苛立ったジャイロの発明品を飲み込んだことで声が良くなり、その影響かいつになく、強気な発言をしている。 誕生日 [ ] 1934年6月9日説 初登場した『』が公開された1934年6月9日を誕生日と公式で発表されている。 ディズニーストアでは毎年ドナルドバースデーグッズ発売、(現:)およびおよびにてハッピーバースデードナルド特番を放送される。 近年ではディズニーパークでも誕生日を祝う催しがある。 13日の金曜日説 映画『』では13日の金曜日という設定になっている。 3月13日説 短編映画『』ではドナルドの誕生日が3月13日となっている。 好物 [ ] 『クワック・パック』では入りが好物ということになっている。 主演ゲームでは、が好物という設定があった。 その他 [ ]• 1940年代の作品のいくつか(『』、『』など)で、大変な危機に追い詰められた際に、キリスト教徒のような祈りではなく、仏教徒のように合掌して念仏を唱えるなど神頼みをするシーンがある。 ドナルドは飛べないというイメージが強いが、ミッキー、プルートとアルプス登山をする『』では、お尻の羽を抜いて回転させることで宙を舞い、ミッキーを襲っていた鳥に立ち向かっている。 ビーチで鮫と一戦交えたときは、ビーチパラソルを翼のようにして鮫から逃げて行く姿でエピソードを締めくくっている。 内で飛ぼうとするが、ドナルドだけはうまく飛べない(、はうまく飛べている)。 『』ではドナルドが有名人からサインを貰おうとスタジオに訪れるが、ドナルドを追い出そうとした警備員や有名人達もドナルドの大ファンであり、大勢でドナルドからサインを貰おうと頼んで来た。 母親はの妹のホーテンス・マクダック、父親はクックモア・ダック。 ダンベラ・ダック という姉 がおり、その子供がである。 にの全線開通式典で、とともにテープカットを行っている。 60歳の誕生日を迎えた、の駐車場と公募で選ばれた一般市民の自動車1169台を用いてドナルドの地上絵が作られ、ドナルドも自動車の誘導に参加していた。 にの殿堂入りを果たし、ハリウッド大通りに星形プレートが埋め込まれた。 の公式となっている。 ドナルドダック効果 [ ] ドナルドの声は前述の通りきわめて特徴的だが、この声が人間がとの混合気体を吸い込んで発声したものに非常に似ているため、ヘリウムを吸い込んだときの声の変化のことを俗に「ドナルドダック効果」または「ドナルドダックボイス現象」と呼ぶ。 これを実現するための気体を詰めたボンベがパーティーグッズとして市販されている。 純粋なヘリウムを使用するとに至る可能性があり、専用に用意された気体を使用しなければ危険である。 ゲーム [ ]• に用ゲームソフトが、から発売されている。 には用ゲームソフトが、から発売されている。 詳細は『』を参照。 には用ソフトとして、から『ドナルドダック アドバンス』が発売された。 に発売された用ゲームソフト「」を始めとしたではディズニーキャッスルの王宮魔導士として登場。 文字通り強力な魔法でと共に主人公をサポートしている。 他にもが多数発売された。 脚注 [ ] []• で配信• これらは、初期のの性格を引き継いだものである [ ]。 『ダックテイルズ』や新聞漫画に登場したときはデラ・ダックだったが、翌年 [ ]作られた同じ話のアニメではダンベラ・ダックになっている。 長年不明だったが『ダックテイルズ』で姉であることが明かされた。 これは1947年当時、大学にマスコットキャラクターがなかったため、大学関係者がウォルトと交渉したところ、使用を快諾されたことがきっかけとなっている。 パーティーグッズのヘリウムはこの危険性を減らすため酸素:ヘリウムが1:4程度の割合で含まれた2種混合吸気缶となっている。 関連項目 [ ]• - によって「 」(ディズニーに提供したドナルドダックのテーマ)が作られた。 - の選挙で投票したい候補者・政党がいない場合に利用される架空の政党。 ドナルドダック本人も毎回、ある程度の票を獲得している。 外部リンク [ ]• - ディズニー.

次の

【パズドラ】ドナルドダックのテンプレパーティ(ドナルドダックパ)|ゲームエイト

ドナルド ダック テンプレ

ドナルドダックのプロフィール まずはドナルドダックの基本的なプロフィールをチェックしていきましょう。 本名 ドナルド・フォントルロイ・ダック(Donald Fauntleroy Duck) みんなが呼んでいる「ドナルドダック」という名前はフルネームではありません。 ディズニーキャラクターの中では珍しくミドルネームがあるキャラクターなんですよ。 誕生日(スクリーンデビュー日) 1934年6月9日 ドナルドの誕生日は、初出演映画『かしこいメンドリ』が公開された日(スクリーンデビュー日)です。 ミッキーと初共演したのは、同年に公開された『ミッキーの芝居見物』です。 どちらの映画もドナルドはサブキャラとして登場していたのですが、存在感のあるユニークなキャラクターが人気を集め、後にドナルドが主役の映画シリーズの制作が始まったのです。 年齢 ティーンエイジャー デビュー作が公開された1934年から計算すると86歳ということになりますが、あくまでも「スクリーンデビュー86周年」であり、キャラクターの設定としてはティーンエイジャー(13歳~19歳)です。 身長 身長:90cmくらい? ミッキーの身長は3フィート2インチ=約96. 5cmですが、ドナルドの身長は具体的に明かされていません。 2人が出演する映画を確認すると、ドナルドの方が小柄に描かれていることがわかります。 出典: ディズニーパークにいる2人も比較してみましょう。 やはりドナルドの方がやや小柄ですね。 出典: ということで、推測にはなりますが、ミッキーの身長が約96. 5cmならばドナルドの身長は90cm前後ということになりますね。 性格 短気、負けず嫌い、自己中心的 ドナルドはとにかく自分が大好きで、いつも自分が1番でいたいと考えています。 また、喜怒哀楽がとても分かりやすいキャラクターなので、嬉しいことがあったら思いっきり喜び、腹が立つことがあったら思いっきり怒ります。 短気であることからトラブルを起こすシーンも多いですが、我に返って反省する姿を見るとなんとも憎めません。 欠点が多く三枚目な性格はドナルドの短所であり長所とも言えますね。 なんだかんだ言って恋人や仲間たち、そしてたくさんのファンから愛されています。 職業 映画俳優 ミッキーを始めとするディズニーの仲間たちは、みんな映画俳優として数々の作品に出演してきました。 ドナルドの主な出演映画については、記事の後半でご紹介しますね。 家族 父:クックモア・ダック 母:ホーテンス・マクダック 姉:ダンベラ・ダック 祖父:グランパ・ダック 祖母:グランマ・ダック おじ:スクルージ・マクダック おじ:ルードヴィッヒ・フォン・ドレイク(スクルージの義弟) 甥っ子:ヒューイ、デューイ、ルーイ いとこ:ガス・グース など ドナルドは他のキャラクターとは違い、家族・親族に関する情報がとても多いんです! この中で有名なキャラクターといえば、スクルージ・マクダックとヒューイ、デューイ、ルーイですね。 出典: おじのスクルージ・マクダックは世界で一番リッチなアヒルです。 1967年公開『スクルージ・マクダックとお金』でスクリーンデビューし、1983年公開『ミッキーのクリスマスキャロル』では名前の由来となった主人公「エベニーザ・スクルージ」を演じています。 また、東京ディズニーシーでは彼の名前が付いたショップ「マクダック・デパートメントストア」を経営しています。 出典: 3つ子の甥っ子ヒューイ、デューイ、ルーイはとにかくやんちゃ盛りです。 いたずらをしてドナルドをよく怒らせているイメージがありますね。 彼らは東京ディズニーランドのパレードによく出演しています。 また、トゥーンタウンではカウンターサービスのレストラン「ヒューイ・デューイ・ルーイのグッドタイム・カフェ」を経営(!)しています。 実は料理が得意だそうですよ。 スクルージや甥っ子たちは知名度が高いですが、その他にもドナルドにそっくりな家族・親戚がまだまだたくさんいます! ファミリーツリーを見てみると、遠い親戚にはGOOSE(ガチョウ)、COOT(オオバン)、GREBE(カイツブリ)などアヒル以外の鳥もいることがわかります。 出典: 恋人 出典: デイジーダック デイジーダックは1937年公開『ドナルドのメキシカン・ドライブ』でスクリーンデビューしました(ドンナ・ダックという名で出演)。 ドナルドにとってデイジーは最愛の恋人であり、ドナルドの最大の理解者でもあります。 デイジーを愛するあまり、トゥーンタウンにある自分のボートに「ミス・デイジー号」と名付けているんですよ。 友だち 出典: ミッキーマウス ミニーマウス グーフィー ホーレス・ホースカラー クララベル・カウ ホセ・キャリオカ パンチート など ミッキーは親友ですが、ドナルドが一方的にライバル視することもあります。 ドナルドは負けず嫌いな性格ですから、仲間たちの中心的存在であるミッキーのことを認めつつも羨ましく思っているのでしょう。 ライバル 出典: チップ&デール 先ほどミッキーをライバル視することもあるとご紹介しましたが、ドナルドの真のライバルはシマリスのチップ&デールです。 彼らとはたくさんの映画で共演しており、ドナルドはいつも2人にイタズラされたり振り回されたりしています。 ドナルドダックの歴史 続いては、ドナルドダックの出演映画をもとに、長い歴史を振り返ってみましょう。 映画の出演本数はNo. 1 ドナルドは1934年に『かしこいメンドリ』でスクリーンデビューし、その後はしばらくミッキーの映画シリーズに出演していました。 タイトルに『ドナルドの~』と名前が入った映画であっても、ミッキーシリーズの1つとして公開されていたのです。 そんな中、ついに1937年にドナルドの映画シリーズが公開されることになりました。 記念すべき1作品目は『ドナルドの駅長さん』という映画です。 以降、ドナルドの映画は年間5~8本ペースで公開されてきました。 ミッキーはこれまで120本以上の映画に出演してきましたが、ドナルドはなんと170本以上の映画に出演しているんですよ! デビュー作ではサブキャラだったにも関わらず、結果としてミッキー&フレンズには欠かせない大人気キャラクターの地位を確立したのです。 1934年『かしこいメンドリ』 出典: デビュー作のドナルドはとても小顔で、くちばしと首が長い印象ですね! 手の指も羽根のように描かれており、とてもアヒルっぽい見た目をしています。 コスチュームはこの頃からセーラー帽&セーラー服を身に付行けていますが、帽子のカラーが今とは異なります。 1940年代 出典: 1940年代になるとミッキーの主演映画の制作数が激減しますが、その一方でドナルドの主演映画は年間5~8本ペースで順調に制作されていました。 この頃のドナルドは、もう見慣れたビジュアルになっていますね。 デビュー当時よりも目が大きくなり、くちばしの長さは短くなりました。 現在との違いは、胸元のリボンの色が赤ではなく黒であることくらいですね。 ビジュアルの変化はほとんどありませんが、よく見ると鼻の孔が描かれていません。 また、セーラー服についていた4つのボタンが無くなっていますね。 また、袖のラインも黄色に塗られてコスチュームがカラフルな印象になりました。 このように、ドナルドのビジュアルは時代と共に少しずつ変化を重ねてきたのです。 独特な喋り方が生まれたきっかけ ドナルドはよくモノマネをされるように独特な声をしていますよね。 本物のアヒルのようなグワッ!グワッ!という鳴き声と人間の喋り方を交えた発声方法のため、よく耳を傾けないと何を言っているのか聞き取りづらい場面もあります。 そんな難しいドナルドの声を最初に担当していたのは「 クラレンス・ナッシュ」という声優です。 田舎育ちの彼は子供の頃から周りに様々な動物がいる環境で育ったそうで、動物の鳴き声のマネが得意でした。 そんな特技をディズニーの声優オーディションで披露したことがきっかけとなり、ドナルドの声優に抜擢されました。 彼がいなかったらドナルドのあの独特な喋り方は生まれなかったわけですね。 ちなみに、ドナルドの声優をしながら甥っ子のヒューイ・デューイ・ルーイやデイジーダック(初期作品)の声優も務めていたそうですよ。 クラレンスはドナルドのデビュー作『かしこいメンドリ』から、1983年公開『ミッキーのクリスマスキャロル』まで、なんと約50年ものあいだ声優を務めました。 なお、日本では山寺宏一さんがドナルドの声を30年担当しています。 これまで数々の作品で活躍してきた大人気声優の山寺さんでさえも、ドナルドの声を演じるのは難しいと感じるそうです。 ドナルドが美声になるストーリーがある ドナルドの声がいつもの声とはまるで違う美声になるストーリーがあるってご存知でしたか? 1947年公開「ドナルドのジレンマ」 高いところから落下してきた鉢植えがドナルドの頭に直撃し、記憶喪失&声変わりをしてしまいます。 1948年公開「ドナルドの夢の声」 「ドナルドのジレンマ」では事故により声が変わってしまいますが、その翌年に公開された「ドナルドの夢の声」では自ら声を変える行動にでます。 ブラシのセールスマンとして働くドナルドは、聞き取りづらい声のせいで相手にしてもらえず悩んでいました。 まとめ ドナルドダックというキャラクターには、ミッキーマウスとは違った魅力や面白さがありますよね。 彼に会いたくなった方は、東京ディズニーリゾートの下記スポットを訪れてみてください。 「今日もかっこいいね!」「ドナルドが1番好き!」なんて声をかけると、きっとご機嫌な姿を見せてくれるでしょう。

次の