とあるif 共闘 自分。 とある魔術の禁書目録 幻想収束:原作好きやキャラ育成に力を入れたい人にオススメのスマホゲーム|アプリぽっけ

【原作:とある魔術の禁書目録】創約2巻 感想(ネタバレ注意)

とあるif 共闘 自分

バストは超電磁砲 漫画版 より。 概要ですのっ! 屈指な学校、の1年生。 「レベル4」の能力を持つ(ジャッジメント) 真性のであり自他共に認める 真性のの向こう側。 LOVE。 それゆえにが自分以外とイイ雰囲気になっていたり、に対する彼女の態度を見ると嫉妬に狂いはじめたりもする。 とはいえ、大覇星祭にて 諸事情で 黒子が美琴の事を忘れた際、美琴から優しくされた時の反応からして実はツンデレタイプかも……? 普段はデレデレだけれどね! 但し、百合・変態属性はあくまで美琴個人に対してのみであり、 ソレが絡まない環境に於いては至ってノーマルな人物である。 誤解され易いが…「の目を気にする」「嫁入り前の体に傷がつく事を気にする」等、本当の意味でのと言う訳ではなく、所謂「男なんて不潔!」タイプの性格ではない。 あ、でもアニメでは 素でセレクトしていたな……。 そのほか、携帯電話等を含めて未来未来しているアイテムが好きである様子。 御坂美琴とはもともとルームメイトではなかったのだが、 同居人に丁重にお願いして代わってもらっている。 ちなみに実家はホワイトスプリングホールディングスというコンビニや輸入雑貨スーパーなどを取り扱う企業らしい。 人称・呼称・言葉遣い・口癖ですの!• は一貫して「 わたくし」。 も一貫して「 あなた」。 は美琴には「 お姉さま」、には「 ういはる」とで呼ぶ以外は、敵味方・相手の年齢に関係なく「 苗字+さん」で呼ぶ。 ただし、気を遣う必要性が全くない独り言やモノローグ時には、誰が相手であろうと及びの呼び捨てで呼ぶ(御坂・食蜂及び御坂美琴・食蜂操祈)。 なお、家族には「 お父さま・お母さま」と呼ぶ。 言葉遣いは「 ですの!」を付けた典型的なを敵味方・相手の年齢に関係なく完璧に常用し、では絶対に接しない。 また、気を遣う必要性が全くない独り言やモノローグ時でも同様に常用する。 は「 !」 風紀委員として当然ですの! 自他共に認める変態では有るが、成績・素行等は優良。 公私をキッチリと分け、ジャッジメントとして行動する際は一切その素振りは見せず確実に任務をこなす等、非常に優秀な人物でも有る。 (美琴が絡まなければ、下記の始末書物の越権行為以外ではほぼ完璧人間である) 前述にもあるが、基本的には 至って真面目な女の子であり、特にジャッジメントの活動では人情からすぐに首を突っ込んでくる美琴に度々釘を刺している。 ただし、本来校内のみが管轄のジャッジメントにおいて他の地域にも頻繁に手を出す黒子の行為は完全に越権行為であり、毎回始末書を書いてるのだとか。 もっとも本人はそれですむなら構わないと思っている節があるが……。 また美琴のお節介焼きで熱しやすい性格も熟知しており、風紀委員やジャッジメントとして行動中は、出来るだけ美琴との接触を避けて、彼女をトラブルに巻きこまないよう配慮している。 厳密にいえば 首を突っ込ませない よう配慮している そして何より人として正義感、度胸や根性なども人一倍強い。 普段の飄々とした態度からは分かりにくいが、当麻や美琴に負けないレベルで熱血な部分を隠し持っている。 そのため仮に「 学園都市の治安を脅かすというならば、相手が美琴であろうと対応は変わらないですの!」と明言している。 そして禁書目録の無印八巻では、上条さんが登場するまではヒーロー役をやったりしている。 『とある科学の超電磁砲』であれば天賦夢路編での活躍がとくに彼女らしさが分かりやすいと言える。 お姉様のためですの! 何かと美琴と一緒にいる印象が強いキャラクターではあるが、 原作では共闘したシーンは意外にもほとんどなかったりする。 これはもちろんジャッジメントとしての義務感であり、美琴を巻き込ませないという強い信念もあるからなのだが、それ抜きにしても共闘機会には何かと恵まれない。 幻想御手編 犯人が木山と判明した時には黒子は度重なる幻想御手を使用した犯罪者の補導・逮捕や情報収集により重傷を負っていて美琴が単独で戦闘。 妹達編 美琴が個人の問題と抱え込んでいたのもあって周りに話さなかった。 後に黒子は後の残骸編で美琴の行動の真意を知ることとなる。 風斬編・残骸編 いずれもジャッジメントとしての任務を優先したため美琴は参加できず。 ただし前者はシェリー戦で美琴に助けられてはいる。 大覇星祭編 食蜂操祈によって美琴の記憶を抜かれた状態にあったため共闘出来ず。 こちらは記憶喪失の状態で美琴を救った。 アニメ版超電磁砲では 美琴との共闘シーンは普通にあるのだが、それらは大体アニオリの話である。 わたくしの能力ですのっ! 能力名 空間移動 (レベル4) 解説 自身もしくは自分に触れた物体を、空間の離れた場所へと移送する。 一度に飛ばせるのは距離にして81. 5m・質量にして130. 7kgまで。 自身を連続で転移させる際には1秒ほどのタイムラグが発生する。 移動速度はタイムラグ込みで時速にして288kmと並みの速度が出ている。 当作品のテレポート系能力の特性として、すでに物体Aが存在するところに物体Bをテレポートさせると、物体Bが物体Aを内側から押しのけて出現する。 これには物体間の強度は問わないため、その気になれば紙切れ1枚あればダイヤモンドだろうが切断可能という能力である。 主な戦闘方法は、にホルスターを巻いて忍ばせた金属矢 寸鉄 を、テレポートさせ相手を壁や地面に縫い付けたり、相手の頭上にテレポートしてを見舞ったりする。 風紀委員として実戦経験も豊富であり、システムスキャン上「レベル4」に分類されるものの、 本気でかかれば一部の「」とも互角に近い戦いができるものと思われる。 尚、テレポート可能なものは自身か若しくは自身が『触れている物』に限られる。 また移動地点への演算のために強い集中力を要するため、集中力を切らせると本来使える状況でも能力の行使が危うくなってしまう。 下着や水着が過激なのは一応、このためである……趣味の面も多きそうではあるが そして視覚を誤認させたり、超高速で動く相手にはめっぽう弱く、特に『幻想御手 レベルアッパー 事件』で「偏光能力 トリックアート 」使いには苦戦を強いられていた。 そのほか予知能力の類いとも相性は悪く、対戦相手に自分以上の上位能力者が多いことも手伝って、彼女自身の戦績は相対的に黒星が多いという結果に甘んじている。 ちなみに作中内設定ではなく作者のメタ設定として、レベル5の能力の条件として「白井黒子よりも見た目とインパクトが『派手で強い』」ことがあるんだとか。 ちなみに御坂美琴に対してはのために用いられることが多い 例:のみをテレポートさせる、いきなり現れて抱きつく、等。 プレイヤー出演ですのっ! にてプレイアブルキャラとして出演。 テレポートを利用した戦法は上手くつなげばループすることも可能。 キャラとの掛け合いでは、にヴァーチャル世界での子作りの仕方を教えてもらおうとしたり、を相手にしたときは 「わたくしはお姉さまをピー……しております!」というまさかの伏字発言をするなど相変わらずの変態ぶりだが、その一方で不登校のに注意を呼びかけたりなどジャッジメントとしての一面も見られる。 ただし、を幼女を連れまわしてると勘違いしたり、の魔王の監視をストーカーと思い込んだり、挙句の果てに、の嘘にコロッと騙されてに勝負しかけるなど、どこか抜けてる面も多々ある。 なお、には能力のほとんどを分析されて面喰っていた。 「レベル0といい、レッテルなんてあてになりませんのね……」 を相手にして勝利すると、スキあり!っと言わんばかりに飛び掛かろうとするが、 その寸前でリザルト画面に移行するので、 関連イラストですのっ!.

次の

【とあるIF】がマジで面白いのか実際に遊んでみた評価レビューと評判まとめ

とあるif 共闘 自分

バストは超電磁砲 漫画版 より。 概要ですのっ! 屈指な学校、の1年生。 「レベル4」の能力を持つ(ジャッジメント) 真性のであり自他共に認める 真性のの向こう側。 LOVE。 それゆえにが自分以外とイイ雰囲気になっていたり、に対する彼女の態度を見ると嫉妬に狂いはじめたりもする。 とはいえ、大覇星祭にて 諸事情で 黒子が美琴の事を忘れた際、美琴から優しくされた時の反応からして実はツンデレタイプかも……? 普段はデレデレだけれどね! 但し、百合・変態属性はあくまで美琴個人に対してのみであり、 ソレが絡まない環境に於いては至ってノーマルな人物である。 誤解され易いが…「の目を気にする」「嫁入り前の体に傷がつく事を気にする」等、本当の意味でのと言う訳ではなく、所謂「男なんて不潔!」タイプの性格ではない。 あ、でもアニメでは 素でセレクトしていたな……。 そのほか、携帯電話等を含めて未来未来しているアイテムが好きである様子。 御坂美琴とはもともとルームメイトではなかったのだが、 同居人に丁重にお願いして代わってもらっている。 ちなみに実家はホワイトスプリングホールディングスというコンビニや輸入雑貨スーパーなどを取り扱う企業らしい。 人称・呼称・言葉遣い・口癖ですの!• は一貫して「 わたくし」。 も一貫して「 あなた」。 は美琴には「 お姉さま」、には「 ういはる」とで呼ぶ以外は、敵味方・相手の年齢に関係なく「 苗字+さん」で呼ぶ。 ただし、気を遣う必要性が全くない独り言やモノローグ時には、誰が相手であろうと及びの呼び捨てで呼ぶ(御坂・食蜂及び御坂美琴・食蜂操祈)。 なお、家族には「 お父さま・お母さま」と呼ぶ。 言葉遣いは「 ですの!」を付けた典型的なを敵味方・相手の年齢に関係なく完璧に常用し、では絶対に接しない。 また、気を遣う必要性が全くない独り言やモノローグ時でも同様に常用する。 は「 !」 風紀委員として当然ですの! 自他共に認める変態では有るが、成績・素行等は優良。 公私をキッチリと分け、ジャッジメントとして行動する際は一切その素振りは見せず確実に任務をこなす等、非常に優秀な人物でも有る。 (美琴が絡まなければ、下記の始末書物の越権行為以外ではほぼ完璧人間である) 前述にもあるが、基本的には 至って真面目な女の子であり、特にジャッジメントの活動では人情からすぐに首を突っ込んでくる美琴に度々釘を刺している。 ただし、本来校内のみが管轄のジャッジメントにおいて他の地域にも頻繁に手を出す黒子の行為は完全に越権行為であり、毎回始末書を書いてるのだとか。 もっとも本人はそれですむなら構わないと思っている節があるが……。 また美琴のお節介焼きで熱しやすい性格も熟知しており、風紀委員やジャッジメントとして行動中は、出来るだけ美琴との接触を避けて、彼女をトラブルに巻きこまないよう配慮している。 厳密にいえば 首を突っ込ませない よう配慮している そして何より人として正義感、度胸や根性なども人一倍強い。 普段の飄々とした態度からは分かりにくいが、当麻や美琴に負けないレベルで熱血な部分を隠し持っている。 そのため仮に「 学園都市の治安を脅かすというならば、相手が美琴であろうと対応は変わらないですの!」と明言している。 そして禁書目録の無印八巻では、上条さんが登場するまではヒーロー役をやったりしている。 『とある科学の超電磁砲』であれば天賦夢路編での活躍がとくに彼女らしさが分かりやすいと言える。 お姉様のためですの! 何かと美琴と一緒にいる印象が強いキャラクターではあるが、 原作では共闘したシーンは意外にもほとんどなかったりする。 これはもちろんジャッジメントとしての義務感であり、美琴を巻き込ませないという強い信念もあるからなのだが、それ抜きにしても共闘機会には何かと恵まれない。 幻想御手編 犯人が木山と判明した時には黒子は度重なる幻想御手を使用した犯罪者の補導・逮捕や情報収集により重傷を負っていて美琴が単独で戦闘。 妹達編 美琴が個人の問題と抱え込んでいたのもあって周りに話さなかった。 後に黒子は後の残骸編で美琴の行動の真意を知ることとなる。 風斬編・残骸編 いずれもジャッジメントとしての任務を優先したため美琴は参加できず。 ただし前者はシェリー戦で美琴に助けられてはいる。 大覇星祭編 食蜂操祈によって美琴の記憶を抜かれた状態にあったため共闘出来ず。 こちらは記憶喪失の状態で美琴を救った。 アニメ版超電磁砲では 美琴との共闘シーンは普通にあるのだが、それらは大体アニオリの話である。 わたくしの能力ですのっ! 能力名 空間移動 (レベル4) 解説 自身もしくは自分に触れた物体を、空間の離れた場所へと移送する。 一度に飛ばせるのは距離にして81. 5m・質量にして130. 7kgまで。 自身を連続で転移させる際には1秒ほどのタイムラグが発生する。 移動速度はタイムラグ込みで時速にして288kmと並みの速度が出ている。 当作品のテレポート系能力の特性として、すでに物体Aが存在するところに物体Bをテレポートさせると、物体Bが物体Aを内側から押しのけて出現する。 これには物体間の強度は問わないため、その気になれば紙切れ1枚あればダイヤモンドだろうが切断可能という能力である。 主な戦闘方法は、にホルスターを巻いて忍ばせた金属矢 寸鉄 を、テレポートさせ相手を壁や地面に縫い付けたり、相手の頭上にテレポートしてを見舞ったりする。 風紀委員として実戦経験も豊富であり、システムスキャン上「レベル4」に分類されるものの、 本気でかかれば一部の「」とも互角に近い戦いができるものと思われる。 尚、テレポート可能なものは自身か若しくは自身が『触れている物』に限られる。 また移動地点への演算のために強い集中力を要するため、集中力を切らせると本来使える状況でも能力の行使が危うくなってしまう。 下着や水着が過激なのは一応、このためである……趣味の面も多きそうではあるが そして視覚を誤認させたり、超高速で動く相手にはめっぽう弱く、特に『幻想御手 レベルアッパー 事件』で「偏光能力 トリックアート 」使いには苦戦を強いられていた。 そのほか予知能力の類いとも相性は悪く、対戦相手に自分以上の上位能力者が多いことも手伝って、彼女自身の戦績は相対的に黒星が多いという結果に甘んじている。 ちなみに作中内設定ではなく作者のメタ設定として、レベル5の能力の条件として「白井黒子よりも見た目とインパクトが『派手で強い』」ことがあるんだとか。 ちなみに御坂美琴に対してはのために用いられることが多い 例:のみをテレポートさせる、いきなり現れて抱きつく、等。 プレイヤー出演ですのっ! にてプレイアブルキャラとして出演。 テレポートを利用した戦法は上手くつなげばループすることも可能。 キャラとの掛け合いでは、にヴァーチャル世界での子作りの仕方を教えてもらおうとしたり、を相手にしたときは 「わたくしはお姉さまをピー……しております!」というまさかの伏字発言をするなど相変わらずの変態ぶりだが、その一方で不登校のに注意を呼びかけたりなどジャッジメントとしての一面も見られる。 ただし、を幼女を連れまわしてると勘違いしたり、の魔王の監視をストーカーと思い込んだり、挙句の果てに、の嘘にコロッと騙されてに勝負しかけるなど、どこか抜けてる面も多々ある。 なお、には能力のほとんどを分析されて面喰っていた。 「レベル0といい、レッテルなんてあてになりませんのね……」 を相手にして勝利すると、スキあり!っと言わんばかりに飛び掛かろうとするが、 その寸前でリザルト画面に移行するので、 関連イラストですのっ!.

次の

【とある科学の超電磁砲】革命未明(サイレントパーティー)編の紹介

とあるif 共闘 自分

【とあるif】共闘で自分と同じ名前がいる現象 共闘で自分と同名のプレイヤーが参加する現象について、以下の3つの説があります。 バグで名前が同じになっている説• 共闘の仕様で名前が重複している説• 共闘はリアルタイム同期ではない説 それぞれの説についてどういうことなのか、考察していきましょう。 バグで名前が同じになっている説 なんらかの バグにより、ほかのプレイヤーの名前が自分の名前で上書きされてしまっている、という説です。 もともと、とあるifの共闘には 「日をまたいでクリアすると挑戦回数が余分に消費される」「クリア後にタスクキルして更新時間をまたぐと、初回クリア報酬が二重にもらえる」など、多くのバグがありました。 そのため、名前の重複もバグによるものと考える人が多いようです。 共闘の仕様で名前が重複している説 もう一つは、 共闘の仕様で名前が重複しているとする説です。 マルチプレイコンテンツとされている共闘ですが、実際の戦闘中ほかのプレイヤーとコミュニケーションをとることはできません。 そのため、プレイヤーの編成や名前を借りたNPCが紛れ込んでいても全く気付かないわけです。 もしNPCがほかのプレイヤーのフリをしているのだとしたら、自分自身が参加者として出てきても不自然ではないのかもしれませんね。 共闘はリアルタイム同期ではない説 そもそも共闘はリアルタイム同期ではなく、そのボスに対しての プレイヤーの戦闘記録が自動的に再生されているだけ、とする仮説があります。 つまり、共闘に参加する同名のプレイヤーは、そのボスと戦闘を行った過去の自分かもしれないというわけです。 もし共闘が実際にマルチプレイをしてるわけではないとしたら、信ぴょう性のある説といえます。 【とあるif】共闘に自分と同じ名前がいても問題ないか? 原因のハッキリしない名前重複現象ですが、実害はあるのでしょうか? 名前重複は気にしなくてもよい 結論からいえば、 まったく気にしなくても問題ありません! 共闘にはほかのプレイヤーと連携する要素が皆無なので、どんな相手が参加していようと実害はないわけです。 仮にこの現象に遭遇したとしても、クリアできれば問題なく報酬が受け取れることも確認済みです。 もともと名前は重複で設定可能 とあるifでは 名前の重複が認められています。 そのため、同名のプレイヤーが存在すること自体、ありえない話ではないのです。 さすがに共闘参加者全員が、異名まで瓜二つは気味が悪いですけどね…。

次の