尿酸 値 高い 食事。 痛風治療のうそ?ほんと!ビールはダメでも焼酎ならOK?

尿酸値を下げるために最も大切なこと|高尿酸血症の怖い合併症|高尿酸血症・痛風|三和化学研究所

尿酸 値 高い 食事

血中の尿酸値が高い状態が続く「高尿酸血症」は、痛風の原因になるばかりでなく、生活習慣病とも大きなかかわりがあります。 多くの場合、生活習慣の乱れが影響しているため、日ごろから適切なカロリー摂取を心がけるなど、食事面の見直しを図りましょう。 ここでは高尿酸血症の食事療法のポイントについて、わかりやすく解説します。 高尿酸血症とは|尿酸値が高いと、どう問題なの? 血中の尿酸値が高い状態が続くことを「高尿酸血症」といい、血液検査で尿酸値が7mg/dl以上の場合に高尿酸血症と診断されます[1]。 尿酸値が高いと、足親指の付け根が炎症を起こして激しく痛む「痛風」の原因に。 そのほか、腎障害や尿路結石、高血圧、脂質異常症、メタボリックシンドロームなどを合併しやすくなることが知られています。 また、高尿酸血症は動脈硬化による大血管障害(狭心症や心筋梗塞、脳梗塞など)の危険因子としても知られています。 そのため、尿酸値が高いと診断されたときは、肥満や血圧、血中脂質、血糖値など他の動脈硬化危険因子にも注目し、生活全般を見直す必要があります。 なお、痛風の症状や予防方法については、もあわせてご覧ください。 高尿酸血症の治療法 上記で見てきたとおり、高尿酸血症は肥満や高血圧、糖や脂質の代謝異常など生活習慣病に結びつきやすいため、飲食の見直しを中心とする生活習慣の改善が何よりも大切となります。 痛風関節炎や痛風結節がある場合• 血中尿酸値が一定の基準を超える場合• 腎障害や高血圧、糖尿病など合併症がある場合 などは、副作用に十分注意しながら薬物治療が導入されます。 主な治療方法を以下にまとめます。 生活習慣の改善 食事や飲酒の見直し、減量、適度な運動など 薬物療法 体内における尿酸産生を抑える薬や、尿中への尿酸排泄をうながす薬を使用 高尿酸血症の食事療法 高尿酸血症における食事療法のポイントは、以下の4つです[2]。 適正なエネルギー摂取で肥満を予防・解消する• プリン体を含む食べ物・飲み物の過剰摂取を控える• 適正な飲酒を心がける• 水分を十分にとる それぞれについて、詳しく見ていきましょう。 適正なエネルギー摂取で肥満を予防・解消する 肥満は、体内でのプリン体合成が加速する原因に。 また食べ過ぎることによってプリン体の摂取量も増える可能性があります。 肥満はさまざまな生活習慣病を引き起こすもとでもあるため、摂取エネルギーの適正化を図り、減量や肥満予防につとめましょう。 現在、肥満かどうかは、身長と体重からBMIを割り出すことで判定できます。 BMIが25を超えると肥満、18. 5未満だと痩せていると判定されるため、18. 5から25の間をキープすることが大切です。 1日あたりの摂取エネルギー量の設定は、性別や年齢、肥満度などによって異なりますが、一般的には標準体重1Kgあたり1日25~30kcalで設定します。 65=59. 8kgとなり、59. 炭水化物やタンパク質、ビタミン・ミネラルをバランスよく摂取できるよう、主食・主菜・副菜を意識して揃えるよう工夫しましょう。 なお、医師から摂取エネルギー量を指示されている場合は、そちらに従うようにしてください。 プリン体を含む食べ物・飲み物の過剰摂取を控える プリン体は体内で合成されるもののほか、食べ物・飲み物由来のものもあります。 「高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン(第2版)」では、1日の摂取量が400mgを越えないよう推奨されています[3]。 鶏や豚・牛のレバー、モツ、白子、あんこう肝、マイワシやアジ・サンマなどの干物、カツオブシ、煮干し、カツオ、大正エビなどは、プリン体が多いとされる食品です。 また飲み物では、ビール、発泡酒、紹興酒などの醸造酒が多くなっています。 一方で牛乳やヨーグルトなどの乳製品には、血中尿酸値を低下させる働きがあります。 積極的に摂るのが望ましいでしょう[3]。 適正な飲酒を心がける アルコールは、体内での尿酸の産生を増やしたり、尿中に排泄されるはずの尿酸を体内にとどめる働きがあります。 ビールや発泡酒などプリン体の多いアルコール飲料をたくさん飲んだり、レバーや白子などプリン体の多いおつまみを食べると、尿酸値はさらに上昇してしまいます。 そのため、どの種類のアルコール飲料であっても適正な飲酒を心がけることが何よりも大切です。 血中尿酸値への影響を最低限に抑えるためにも、1日あたりの飲酒量は日本酒1合(またはビール500ml、ウィスキー60ml)程度にとどめ、週に1回以上の休肝日を設けましょう。 水分を十分にとる アルコールを飲みすぎなければ、尿酸は尿とともに体外に排出されます。 水やお茶、ウーロン茶などをたくさん飲むことで血中の尿酸濃度を薄め、尿の排泄量を増やしましょう。 ただし、前述の「高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン(第2版)」によると、糖分の多い清涼飲料水や果糖を含んだジュース類は尿酸値を上げてしまうため、 飲みすぎないようにしましょう[4]。 尿酸は、中性~アルカリ性の尿に溶けやすい性質を持っています。 水分をたくさんとるとともに、緑黄色野菜や芋類、海藻類などのアルカリ性食品を積極的に食べるのもおすすめです。 まとめ 食事や飲酒など生活習慣の乱れによって血中尿酸値が上昇する「高尿酸血症」は、それ自体は特に自覚症状がありません。 ただ、放置すると痛風の原因となったり、高血圧や脂質異常症など生活習慣病を合併したり、メタボリックシンドロームに陥りやすくなるため、注意が必要です。 血中尿酸値の上昇を防ぐには、今回ご紹介したように食生活面の見直しを図ることが大切です。 また、肥満を防ぐためにも、適度な運動をとり入れましょう。 ただし、激しい運動は尿酸の合成を促すため、ウォーキングなどの軽い有酸素運動を毎日続ける程度で十分です。 あわせて十分な休息をとるなどしてストレス解消を心がけ、尿酸値の改善につとめましょう。 参考文献• [1]宮崎 滋ほか. "高尿酸血症" 厚生労働省e-ヘルスネット. e-healthnet. mhlw. html 参照2018-05-14• [2]佐藤 裕保. "高尿酸血症の食事" 厚生労働省e-ヘルスネット. e-healthnet. mhlw. htmll 参照2018-05-14• [3]日本痛風・核酸代謝学会ほか. tukaku. pdfl 参照2018-05-14• [4]日本痛風・核酸代謝学会ガイドライン改訂委員会. "高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン 第2版" 公益財団法人 日本医療機能評価機構 Mindsガイドラインライブラリ. jcqhc.

次の

痛風の食事

尿酸 値 高い 食事

尿酸値がすでに高めの傾向にある場合、日常生活を見直してみる必要があります。 そのままにしていると、痛風などの病気に進行してしまうこともあるため、尿酸値を下げる対策を取らなければいけません。 まずは食生活の改善から始めましょう。 肥満、特に内臓脂肪型肥満は尿酸値を上昇させますので、肥満がある場合はその解消が何より優先です。 普段の生活では暴飲暴食は避け、尿酸の排出を促すために水分を十分に摂ります。 理想は1日2L以上、水とお茶を飲みましょう。 また、コーヒーは尿酸値を下げることがわかっています。 砂糖などを入れずブラックで飲みましょう。 また、栄養の偏りがないよう色々な食材をバランスよく食べ、塩分とエネルギーは過剰にならないように注意することが有効です。 特に野菜や海藻類に含まれる食物繊維はプリン体の吸収を妨げる働きがあります。 逆に、アルコールはプリン体の産生を促し尿酸の排出を妨げる作用があるため、飲み過ぎは禁物です。 日常生活では、肥満予防と改善にウォーキングやスイミング、サイクリングなどの有酸素運動を心がけましょう。 「尿酸値を下げるためにプリン体は避けるべき」は本当なのか 尿酸値を下げるために、腎臓から尿酸をたくさん排泄させるには、尿をできるだけアルカリ性にすることが必要になります。 酸性では尿酸が溶けにくく、排泄がスムーズにいかないためです。 アルカリ性食品である野菜、海藻、いも類、きのこ類を多く摂ると尿がアルカリ性に近づくので、意識して食べると良いでしょう。 果物はバナナがお勧めです。 バナナは尿酸値とともに血圧も下げる効果があります。 ただし糖分が多いので1日1本程度に。 牛乳などの乳製品もアルカリ性で、乳に含まれるカゼインとホエーたんぱく質が尿酸の排出を促すため、おすすめです。 一方、尿酸値を上げてしまうものは、脂の多い肉類やアルコールです。 それ自体のプリン体は多くなくても、体内で尿酸の合成を促します。 特にプリン体の多い食品としては、レバー、あん肝や白子、ビールなどです。 納豆もプリン体の多い食品といわれますが、1日1パック程度なら問題ありません。 尿酸値を下げるために!コンビニでの商品の選び方 尿酸値を下げたい方向けに、1つ簡単にできるレシピとして、ほうれん草のミルクスープを紹介したいと思います。 ほうれんや牛乳などの乳製品は、尿をアルカリ性にして乳酸値を下げる効果が期待できます。 <<ほうれん草のミルクスープ>> 材料・2人分 ・ほうれん草300g ・鶏肉100g ・しいたけ3枚 ・サラダ油 A【酒大さじ1、塩こしょう少々、水大さじ2、中華スープの素少々】 ・牛乳1. 牛乳に片栗粉を溶かしておき、流し入れる。 弱火でとろみがつくまで煮る。 まとめ.

次の

痛風に悪い食べ物

尿酸 値 高い 食事

尿酸値が高くて困っていませんか? 健康診断を受けている方の中には、尿酸値が高いと診断された人も多いと思います。 尿酸値が高い「高尿酸値血症」は痛風やメタボリックシンドロームと深い関わりがある事がわかってきました。 尿酸値を下げるためには私達が毎日食べる食事が密接に関わっています。 そこで、このページでは尿酸値を下げるための食事法をご紹介します。 なぜ尿酸値が上がるのか 尿酸値を下げる食事法を知るためには、まず「どうして尿酸値が上がるのか」を知って頂く必要があります。 知っているという人は飛ばして読み進めて下さい。 尿酸値とは私達の血液に含まれる「尿酸」の量を示しています。 私達のカラダは絶えず栄養からエネルギーを作ったり、細胞が新しいものに入れ替わったりしています。 この流れを「代謝」ともいいますが、尿酸とは代謝の過程で最終的に生まれる物質です。 別名「最終代謝産物」とも言います。 尿酸は悪者というイメージがありますが、決してそうではありません。 抗酸化作用があり、カラダの老化や劣化を防いでくれています。 しかし体内にあまりにも尿酸が増えてしまうと逆にカラダに悪影響を及ぼします。 過ぎたるは及ばざるが如しですね。 尿酸はプリン体からできる 尿酸が代謝の最後に生まれるのは先に解説した通りですが、尿酸の材料となるものがあります。 それが「プリン体」。 最近ではビールなどでも「プリン体オフ」なんて表記を見ますが、このプリン体から尿酸が出来ます。 もう少し詳しく話すと、私達のカラダは60兆個の細胞から出来ており、細胞の中には「DNA」や「RNA」という核酸が存在します。 この核酸を構成する成分のひとつが「プリン体」です。 したがって私たちの体には必ず存在しているものです。 プリン体は血液を通って肝臓へ運ばれます。 すると肝臓で尿酸に変換されます。 作られた尿酸はそのままというわけではなく、尿に溶けて排泄されます。 しかし、食事から過剰にプリン体を摂取した場合、排泄が追付かなくなり「痛風」などを引き起こしてしまいます。 尿酸値を下げる食事法 尿酸値を下げる為には生活面での改善が必要です。 中でも私達が毎日食べる食事は尿酸値と密接に関わっています。 食事内容が偏っていたりすると尿酸値は上がってしまいます。 したがって、尿酸値を改善したい場合は正しい食事法を学ぶ必要があります。 次に尿酸値を下げるための食事法を一つずつ解説していくのでしっかりと読んで下さい。 バランス良く3食食べる これは健康の基本になりますが、食事は3食バランス良く食べる必要があります。 これは多くの方が認識している事でしょう。 しかし分かっているけど実行できていない方が多くいます。 「仕事が忙しいから・・・」と朝食を抜いたり、インスタント食品ばかり食べるなど崩れた食生活は病気の原因になってしまいます。 尿酸値もそうです。 偏った食生活は尿酸が高くなる原因となります。 とくに尿酸値は肥満やメタボリックシンドロームと関わりが深く、肥満度の高い人やメタボリックシンドロームの人は尿酸値が高くなる傾向にあります。 日本痛風・核酸代謝学会が2010年に作成した「高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン」でもメタボリックシンドロームが高尿酸血症の危険因子であると明記しています。 つまり、 3食規則正しく食べる意味とは「肥満やメタボを防止・改善する事で尿酸値を上げないようにする」という意味がるという事です。 という事で、もし肥満やメタボに該当する方は肥満から解消していきましょう。 つぎに肥満・メタボを解消するための食事法を紹介します。 肥満・メタボを防ぐ食事の基本• 血糖値を急激に上げない為に朝食は必ず摂る!• 朝食は米(玄米)、納豆、味噌汁といった和食を心がけて• 清涼飲料水(ジュース)は太りやすいので控える• 少量で満腹感を出すために、ひと口30回は噛む• 外食は和食・定食メニューを選択• 夜は消費エネルギーが減るので夕食は魚や野菜を中心に• 遅くとも夕食は寝る3時間前までに 極端にプリン体が高い食品を控える! プリン体から尿酸が作られるため、食品からプリン体を控える必要があります。 しかし、プリン体を極端に控えようとすると逆に栄養のバランスを崩してしまう人も少なくありません。 したがって基本的に「きわめてプリン体が多い食品」をまずは控えるようにしましょう。 下記にきわめてプリン体の多い食材を紹介しておきます。 そのまま食べるのはやめましょう。 上記で紹介した食品以外は食べ過ぎなければ、食べてOKです。 ただ基本は先に紹介したように和食・野菜の摂取を意識して下さい。 良質なタンパク質を摂ろう! タンパク質は私達のカラダを作ったり回復するために使われる成分です。 タンパク質というと「筋肉ができる」というイメージが強いですが、筋肉だけでなく、血液、皮膚、酵素やホルモンなどの材料にもなります。 尿酸値を上げない健康なカラダ作りの為に必須の栄養素と言えます。 タンパク質は動物性の肉や魚、納豆や豆腐といった食品に含まれています。 しかし 尿酸値を考えた場合は魚を一番おススメします。 タンパク質を含む食品は数多くありますが、大切なのは「良質のタンパク質」を摂る事です。 この良質なタンパク質を含むかどうかを決めるのが「アミノ酸スコア」という数値です。 アミノ酸スコアとは食品のタンパク質に含まれるアミノ酸の充足率を示します。 簡単に言うと「 アミノ酸スコアが高い食品が良質なタンパク質を含んだ食品」と思って下さい。 アミノ酸スコアの最大値は100です。 つまり アミノ酸スコアが100の食品が非常に良質なタンパク質を摂取出来ると考えて下さい。 私が一番おススメする食材である魚はアミノ酸スコア100なので良質なタンパク質が摂れるというわけです。 納豆などの大豆製品にもタンパク質は含まれますが、アミノ酸スコアの観点で見れば、魚のが優れています。 しかし動物性の肉もアミノ酸スコアは100です。 したがって「牛や豚肉でもいいのでは?」と思うでしょうが、動物性の肉には「飽和脂肪酸」という脂質が多く含まれています。 この脂質は摂り過ぎてしまうと血液中の悪玉コレステロール(LDLコレステロール)や中性脂肪を上げてしまう作用があるので注意が必要です。 しかし、食べてはいけないわけではないので動物性の肉を食べる場合は「部位」を選ぶと良いでしょう。 飽和脂肪酸は脂身に多く含まれているので脂の少ない部位を選ぶようにしましょう。 例えば、バラ肉やカルビをヒレ肉に、もも肉を胸肉やササミなど変更するといった具合です。 しかし総合的に考えれば尿酸値対策のタンパク質摂取にはは魚が一番良いでしょう。 ただ、魚でも先に紹介した白子、干物、イワシ、カツオなどはプリン体が多いので注意して下さい。 調理油を不飽和脂肪酸に変える 先ほど動物性の肉に含まれる飽和脂肪酸という脂質はLDLや中性脂肪を上げる働きがあると紹介しました。 しかし脂質の中にはカラダに良い働きをするものもあります。 それが「不飽和脂肪酸」という脂質です。 特に不飽和脂肪酸の一種である「オレイン酸」にはLDLや中性脂肪を減らし、血液の流れを良くする働きがあります。 飽和脂肪酸の働きとは逆ですね。 このオレイン酸が多く入っている代表的な調理油が「オリーブオイル」です。 したがって自宅で使っている調理油を見直しオリーブオイルに変更するようにしましょう。 特にサラダ油を使っているという人はオリーブオイルなどの良質な油に変えて下さい。 サラダ油はおすすめできません。 理由は下記ページで紹介しているので参考にしてみて下さい。 尿酸の排泄を促す野菜やキノコ、海藻を摂ろう! 野菜やキノコ、海藻を多く摂ることで尿酸を排泄しやすくなります。 尿酸は尿に溶け込んで排泄されます。 尿にはpH(ペーハー)という酸性、アルカリ性があり、食事や運動によってpHが変化します。 特に食事内容で変化しやすく、肉中心の食生活をしていると尿は酸性に傾きます。 尿酸は尿が酸性だと溶けにくく、結晶化しやすい特性があります。 尿酸は尿に溶けないと排泄されないのでこれは死活問題です。 一方尿がアルカリ性だと尿酸は溶けやすくなるので、尿酸の排泄を促す事ができます。 したがって尿をアルカリ性に変える食事をする事が有効になってきますが、尿のアルカリ化を促してくれるのが「野菜」「キノコ」「海藻」といった食材です。 尿酸値が気になる人は3食取り入れる事が望ましいです。 3食食べるのが難しい方は夕食時に多く食べるよう心掛けて下さい。 牛乳を摂取しよう! 尿酸値が気になる人は牛乳の摂取も有効です。 現在、牛乳が尿酸値に及ぼす影響が明らかになってきました。 これは牛乳に含まれる「カゼイン」という成分が体内で「アラニン」という物質に変化するためです。 アラニンは腎臓に働きかけ尿として尿酸の排泄を促す効果があります。 尿酸値が気になる人は低脂肪牛乳を一日コップ1杯飲むようにしましょう。 牛乳と尿酸値に関する情報は下記ページで詳しく解説しています。 合わせてお読み下さい。

次の