トリノ空港 ホテル。 トリノ

トリノ

トリノ空港 ホテル

トリノは、イタリア共和国ピエモンテ州の州都で、ミラノに次ぐ工業都市です。 郊外にはトリノ空港があり、パリやフランクフルトなどのヨーロッパ主要都市との直行便があるほか、ミラノからも鉄道で約1時間というアクセスの良い街です。 世界遺産に登録されている、イタリア統一時の主力となったサヴォイア王家の王宮群をはじめ、レオナルド・ダ・ヴィンチの自画像や自筆原稿などがある王宮図書館など、観光スポットもたくさんあります。 また、チョコレート発祥の地でもあり、カフェで絶品チョコをつまみながら観光を楽しめます。 そして、サッカーリーグのセリエA「ユヴェントス」の本拠地でもあり、サッカー観戦ツアーも人気があります。 そんなトリノで、おすすめの高級ホテルを紹介します。 トリノのホテル事情 トリノの主要宿泊エリア トリノはミラノに次ぐイタリアの主要都市ですので、ビジネスで訪れる人はもちろん、観光客も多い街です。 したがって、利便性の高いホテルが多く見つかります。 多くのホテルが立ち並ぶのは、トリノへの入り口となるポルタ・ヌォバ駅周辺です。 トリノの主要な観光スポットへ徒歩で行くことができ、電車や飛行機使って移動する際にも便利なエリアでもあります。 トリノへのアクセス トリノ・カゼッレ国際空港からトリノ市内へのアクセス方法は、Sadem社が運営するバスか、GTT トリノの私鉄 が運営する電車か、タクシーのいずれかです。 ただし、電車の場合は、ドーラ駅でバスに乗り換える必要があるので、初めての方は空港からバスを使うことをおすすめします。 トリノの名物・グルメ トリノは美食の街とも言われ、2年に1度開催される世界最大級の食の祭典「サローネ・デル・グスト」の開催地として、世界中から食のプロフェッショナルたちが集結する都市でもあります。 そんなトリノの名物料理と言えば、グリッシーニです。 グリッシーニはスティック状のパンで、あのナポレオンがパリまでわざわざ運ばせていたほどです。 トリノ観光の注意点 トリノ観光で気になる治安情報 トリノは犯罪発生率がイタリア国内でも低く、治安が比較的良いと言われています。 しかし、中心地区のチェントロから見て北にあるドーラ川を越えたエリアは少し治安が悪いと言われています。 また、観光スポットの青空市場は観光客を狙ったスリや強盗が発生することもあるので、注意が必要です。

次の

Top Hotels in Turin from ¥4,746 (FREE cancellation on select hotels)

トリノ空港 ホテル

トリノは、イタリア共和国ピエモンテ州の州都で、ミラノに次ぐ工業都市です。 郊外にはトリノ空港があり、パリやフランクフルトなどのヨーロッパ主要都市との直行便があるほか、ミラノからも鉄道で約1時間というアクセスの良い街です。 世界遺産に登録されている、イタリア統一時の主力となったサヴォイア王家の王宮群をはじめ、レオナルド・ダ・ヴィンチの自画像や自筆原稿などがある王宮図書館など、観光スポットもたくさんあります。 また、チョコレート発祥の地でもあり、カフェで絶品チョコをつまみながら観光を楽しめます。 そして、サッカーリーグのセリエA「ユヴェントス」の本拠地でもあり、サッカー観戦ツアーも人気があります。 そんなトリノで、おすすめの高級ホテルを紹介します。 トリノのホテル事情 トリノの主要宿泊エリア トリノはミラノに次ぐイタリアの主要都市ですので、ビジネスで訪れる人はもちろん、観光客も多い街です。 したがって、利便性の高いホテルが多く見つかります。 多くのホテルが立ち並ぶのは、トリノへの入り口となるポルタ・ヌォバ駅周辺です。 トリノの主要な観光スポットへ徒歩で行くことができ、電車や飛行機使って移動する際にも便利なエリアでもあります。 トリノへのアクセス トリノ・カゼッレ国際空港からトリノ市内へのアクセス方法は、Sadem社が運営するバスか、GTT トリノの私鉄 が運営する電車か、タクシーのいずれかです。 ただし、電車の場合は、ドーラ駅でバスに乗り換える必要があるので、初めての方は空港からバスを使うことをおすすめします。 トリノの名物・グルメ トリノは美食の街とも言われ、2年に1度開催される世界最大級の食の祭典「サローネ・デル・グスト」の開催地として、世界中から食のプロフェッショナルたちが集結する都市でもあります。 そんなトリノの名物料理と言えば、グリッシーニです。 グリッシーニはスティック状のパンで、あのナポレオンがパリまでわざわざ運ばせていたほどです。 トリノ観光の注意点 トリノ観光で気になる治安情報 トリノは犯罪発生率がイタリア国内でも低く、治安が比較的良いと言われています。 しかし、中心地区のチェントロから見て北にあるドーラ川を越えたエリアは少し治安が悪いと言われています。 また、観光スポットの青空市場は観光客を狙ったスリや強盗が発生することもあるので、注意が必要です。

次の

イタリア北部旅行記1(成田-トリノ)

トリノ空港 ホテル

イタリア・アルバで開催中の「白トリュフ祭り」へ行くべくトリノへ行ってきました! パリ・CDG空港からトリノへは直行便が出ています。 ただし便数は多くはないです。 トリノ空港 トリノ中心部へはバスで約1時間。 バス、電車で移動が可能ですがバスの方が便利です(理由は後述)。 本数は少ないですがLingotto駅行きもあり。 ホテルの場所によってはSusaまたはNuova駅でバスを降りてからメトロやバスでの移動が必要です。 バスはいわゆる高速バスのようなものでベビーカーは折りたたんで下へ収納。 けっこう途中のバス停で止まった気がします。 ここから市内中心部へはさらに電車等で移動が発生するので個人的にはバスの方が便利かなと思います。 空港からバスに乗る 空港に着いてゲートから出ると正面にバスの券売機があります(写真撮り忘れ)。 係員がいたので片道・往復、どこまで行くかを伝えて購入をサポートしてもらいましたが、英語メニューもあるので簡単に買えると思います。 *2018年11月現在の時刻表を貼っておきます。 バス乗り場は券売機に向かって右から外へ出て右へ進んだところ。 歩道がほとんどなくバス停が出てくるので、すぐに見つけられると思います。 赤いマークのところです。 実際はもう少し右(画像で言えば上)のイメージ。 トリノ市内から空港行きバスに乗る場合 Porta Nuova駅、Porta Susa駅から空港までをGoogleマップで検索すると「268番バス」のルート、バス停が出ます。 Googleマップは便利ですね〜。 〜〜〜〜〜〜〜〜 我が家は空港からバスに乗ってPorta Nuova駅で降り、ここからメトロのM1線でホテル付近まで移動しました。 「 ACマリオットホテル」へは早さで言うとわずかながらPorta Susa駅で降りてM1の方が良かったみたいです。 時間を取るかゆっくり座っている時間を取るかですね。 安い!どうやらバスやトラムにも乗れる共通切符のようです。 ホテル周辺。 街、建物自体はあまりきれいではないかな。 続きます。 ポチッとしていただけると励みになります。

次の