愛を読む人 ネタバレ。 映画『愛を読むひと』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

無敵の人3巻(最終巻)ネタバレ!無料で読む方法も

愛を読む人 ネタバレ

映画「愛を読むひと」 結末がどうして? (ネタバレです。 )長文すみません。 ケイト・ウィンスレットが好きで見たのですが、彼女の演技と、ミヒャエル役のダフィト・クロスが素晴らしくて感動しました。 他の皆さんの演技もさすがという表現力でした。 ただ、疑問に思ったのが、最近になってから原作「朗読者」を読んで思った事があります。 1 どうして、ミヒャエルは最後、わざわざ自分の娘をハンナのお墓に連れて行き、彼女の話を娘に聞かせようとしたのか? (映画を見て、何でなのかなって不思議でした。 原作にはそのような展開はなかったのでよけいに不思議でした。 ) 2 映画にも原作にも、看守が選別や教会の鍵を開けなかった事は裁判してましたが、看守が暴力を振るった等という話はでてきませんでした。 (実際の女性看守は、殴ったり蹴ったりといった酷い事をしていた人もいると他の本で知ったのですが、すべての看守がそうであったわけではないのか、あえてそういった内容は出さなかったのか?) 3 ハンナはルーマニア出身で、17歳でベルリンに出てきたと書いてありました。 母国語は読み書きできるのではという解釈を聞きましたが、母国語以外の言葉が話せても書けないって事はよくあるんですか? 話せるだけで凄いと思うんですが、母国語以外が読み書きできないというのは、そんなに彼女にとって隠しておかなくてはいけない 事だったんでしょうか? とても素晴らしい映画だったので、もっと勉強したいです。 自分にはその辺が少し難しくて、理解力のある方、どうか教えてください。 よろしくお願い致します。 長文申し訳ありませんでした。 映画しか観ていませんので推測になります。 1 アメリカの映画だとよくありますよね。 映画のクライマックスの出来事が主人公の心境に大きな変化を与えたことを示すような場面を最後に入れることが。 作る側の事情はおいといて、映画の流れからすると、マイケルは自らの言葉で愛を語る術を持てなくなったために結婚に失敗し子供との関係もうまくいっていなかったが、ハンナの死によって自分の思いを自分の言葉で語ることができるようになった、もしくは自分の言葉で語ろうという気持ちになった、ということでしょう。 2 映画では、観客にわかりやすくするためハンナが裁かれるのに必要な情報に絞った、時間的制約のない原作では読者に当時の状況・時代背景を知らせる情報を与えることでより物語に深く入り込んでもらう、ということではないでしょうか。 3 ハンナはルーマニア出身だったんですね、知りませんでした。 私は最初、ハンナは読字障害なのかな、と思ってました。 たまたま映画を観る前にNHKスペシャルで英語圏で多い、というのを見たものですから。 でも、ハンナは刑務所内で独自で勉強して読み書きができるようになっていますので、それまでの人生でドイツ語を学ぶ機会を持てない境遇だった、ということだと思います。 映画を観た限りでは、ハンナはabcのようなルーマニア語にもある文字の形すら理解できていないようですので、「母国語は読み書きできる」ということはないと思います。 彼女は幼い頃からルーマニアで苦労してその境遇から逃れるためにドイツに来たと言うことでしょうか。 読み書きができない=苦労した境遇を知られる、ということを恐れるために隠しておきたかったのだと私は理解しています。

次の

【ネタバレ考察】『愛を読むひと』が描いた「変わる」こととその受容

愛を読む人 ネタバレ

11話から最終話|結末ネタバレ 自分の殺した者達が次々に襲い掛かってくるという悪夢にうなされるいのり。 ローカを通して抹殺対象をデフォルメし精神影響を抑えているニルと違いいのりは自分の目で見て対象を決めるいのりはそれより遥に精神的不安は大きいです。 悪夢にうなされるいのりを起こし不器用ながらもフォローするニル。 それで少し元気になったのか、いのりは次の対象に会ってみることにします。 何故この人を殺さなければならないのか?その答えはすぐに分かります。 いのりが道を尋ね、親切に道案内してくれているかに思えた遥人でしたが、路地裏に入った瞬間、隠れ潜んでいた秘書の女にナイフを突きつけられたのです。 「驚いたな。 シャーニャが僕をターゲットに?」 実はこの男はシャーニャシステムを作った男の実の息子だと言うのです。 そして最近まで父からシャーニャを預かり、育成の管理をしていたが、裏切りがバレてターゲットになったのだと。 シャーニャを通じて見てるであろう父に宣戦布告をした遥人はいのりとニルの意識を刈り取り拉致するのでした。 目を覚ました2人は見覚えのない場所に連れて来られていました。 そこでシャーニャが出来上がった経緯を聞かされます。 元々は少子化対策の為に人と人とを繋げるためのシステムで住民の行動パターンを分析し、相応しい男女が偶然出会うようにきっかけを作る縁結びのようなシステムでした。 でも分析を繰り返すうちに高い精度で縁結びに成功し、そして結婚するにふさわしくない人を判断するようになります。 つまりそれが犯罪予測でした。 公式には採用されなかったシステムですが遥人の父たちが研究を続け、シャーニャが完成したのです。 遥人はその反対組織のリーダーとしてシャーニャに対抗するシステム、シロウサキを開発していました。 ですがそれを使いこなす人材が不足しているようで、いのりとニルに手を組まないか?と持ち掛けます。 このままシャーニャの言いなりになればいずれ使い捨てにされてします。 遥人側に付くことを決めたいのりとニル。 この日を境に、無敵の人同士の熾烈な殺し合いが始まります。 それと同時にシャーニャから2人の抹殺命令が下されたようで、次々に刺客が現れます。 自分より小さい子供が刃物を向けてくる光景に嫌気がさしながらも、自分たちが生き残るには戦うしかありません。 兄の間の手から救う手助けをしてくれたおばさんも敵として現れ、いのり自らの手で彼女を殺します。 後に引けない所まで来てしまった2人はついに官房長官を追い詰めます。 多数の同業者が死んでいく中、指令を全うした2人。 その数カ月後、いつものように悪い奴を殺して回るいのりとニルの姿がありました。 「もちろん殺し続けますよ。 狂ってるのは私か、世界かそれもシャーニャが決めてくれるから」 -完- 最終巻の感想 全3巻とかなり短い漫画でしたが、最後はかなり敵味方入り乱れての乱戦があったり、次々に明らかになっていく真実だったり、目まぐるしいストーリー展開でした。 いのりとニルが官房長官を殺した時に遥人に裏切られるような描写があったのですが、結局次のシーンでは自由になった2人が今もシャーニャを使って世直ししていると言う最期にちょっとポカンとなってしまってもう少し、作り込んだ最後にして欲しかったように思いました。 個人的には全5巻ぐらいにして、無敵の人が無敵となるまでのストーリーなんかもみたかったなぁと思いました。 漫画版は誰でも無料で読むことが出来るので最後にその方法を紹介します。 U-NEXTは映画やドラマ、漫画(電子書籍)などを見ることのできるサイトです。 U-NEXTは本来、月額料金を払って利用するサイトなのですが、初めての人なら全員 31日間無料でお試しすることができます。 さらにサイト内で使える 600円分のポイントをもらうことができこれは漫画にも使えます。 無敵の人は一巻あたり660円のするので端数の60円は必要ですがかなり安く手に入ります。 ただこちらの方法はちょっとしたコツが必要でそれを上手く利用刷ることで0円で読むことが出来ます。 下のリンク先に詳しくまとめているので、良ければ使ってみて下さい。

次の

「何故、文盲を隠していたのか?「ロマ」という差別」愛を読むひと aasewqさんの映画レビュー(ネタバレ)

愛を読む人 ネタバレ

まぁ、男性社員にレスの相談なんて出来ませんよね…また、お酒が入っているとはいえ先輩めっちゃ突っ込むなあ…笑 優しい人だと言う純に、真山は純の気持ちを察して俯きます。 だんだん暗くなってくる空気を察した先輩はとりあえず飲もうと周りを活気付けます…。 一方、そんな「優しい人」である武頼は、電話越しで泣いて困っている沙織の元へ。 負い目のある武頼は人目のある場所で立ち話をしようとしますが、学生が多かったので沙織は場所を移します。 夜の公園で沙織はベンチに腰掛けながら、 子供についイライラして当たってしまう自己嫌悪、職場から感じる自分へ向けた悪意や離婚したのにも関わらず真剣を求めてくる旦那について、 興奮しながら溜まった鬱憤を吐き出します。 それを静かに何も言わずに聞いている武頼。 自分の話をしっかり聞いてくれている武頼に、沙織は意見の一つも言わせてくれなかった元夫や、自分の悩みさえ聞きたくないと起こる実母を思い出します。 武頼はSNSなどで、同じ状況の友人を作り情報交換をしてみては?とアドバイス。 そんな淡々と解決策を優しく語る武頼の横顔に、学生時代の武頼を重ねる沙織。 沙織は武頼の優しさを感じ、 好きになったかも…と呟くのでした…。 それでも愛を誓いますか?・第37話の感想 もうね、前回に引き続き 純がかわいそうの一言ですよ…。 早く真山に癒してもらって~~!と思ってしまいますが、純は武頼のことがやっぱり好きなんですよね。 辛いね…真山…。 武頼は沙織が元カノだからといって本当に甘すぎですよね。 よく男性は付き合った彼女のことを遺伝子的に全員「自分のもの」だと思うフシがあると言いますが、武頼もきっとそうなのでしょうな~。 沙織がただの他人ならここまでしないんだけど、元カノだからついつい相談にも載ってしまうって感じなのでしょう。 なにより沙織が意図的に「かわいそうな女」を演出しているので、余計に武頼がハマっていくという…。 もう本当にどうしようもない男です笑 個人的にはもう離婚して沙織とくっついて、純を開放してあげて欲しい。 そして純には若い真山とくっついてもらい、人を信頼して愛すると言う気持ちを思い出してもらいたい…。 「それでも愛を誓いますか?」はめっちゃコミックで読むことが出来ます! 是非チェックしてみてくださいね!!.

次の