ポケモン 個体値 アルファベット。 【悲報】ポケモンガチ勢、攻撃個体値0の表記「A逆V」と「A0」のどっちを使うかでレスバトルができてしまう

16進数はなぜアルファベットを使うのか?ポケモンの「V」との関係

ポケモン 個体値 アルファベット

どうも!ダサモンです! ここ数日の記事で個体値の評価方法などを紹介しています。 個体値が決まるとポケモンの名前に個体値をメモしてませんか?このメモの仕方にもコツがあります。 今日は16進法を使って個体値を表す方法を紹介したいと思います。 はじめに ポケモンの名前欄に個体値をメモしてもいいのですが名前が長すぎると入力出来ません。 16進法を使うと「カイリキーfec」と表せます。 どうですか?わけわかりませんねー。 では説明したいと思います。 16進法とは? 皆さんが一般的に使っている数字は10進法と呼ばれるものです。 0 ~ 9 までの数字を使います。 16進法とは、数字の 0 ~ 15 を一桁の文字で表す方法です。 数字とアルファベットのabcdefの6つで表します。 数字の 0 ~ 9 はそのままで、10はa、11はb、15はfを表します。 以下表のようになります。 10進法 16進法 0 0 1 1 2 2 3 3 4 4 5 5 6 6 7 7 8 8 9 9 10 a 11 b 12 c 13 d 14 e 15 f 個体値は16進法であらせます 個体値は攻撃、防御、HPの数値で構成されます。 数値の範囲は 0 ~ 15 です。 おや? これ 16進法と同じですね。 16進法は 0 ~ 15 の数値を一桁で表します。 まさに16進法が使えます。 先程カイリキーの個体値の例をあげました。 fec で十分です。 このように16進法を使えば3つの文字だけで個体値を表せるようになるのです。 まとめ 16進法を使って個体値を表す方法を紹介しました。 三桁で個体値を表せるのでポケモンの名前にメモしても余裕で入ります。 はじめはわけわかりませんが、すぐ慣れますよ。 ちなみにダサモンはコンピューター関連の仕事をしているので16進法をよく使います。 会社のポケモンGO仲間と個体値の事を話すときは16進法を使ってます。 皆さんも16進法使ってみてはどうでしょうか?便利ですよー。 ではでは。

次の

個体値、性格、などの解説。ステータスの計算

ポケモン 個体値 アルファベット

種族値、個体値、基礎ポイント(努力値)とは ポケモンの能力値は「 種族値」「 個体値」「 基礎ポイント」( 努力値)という3つのパラメーターでできています。 これらの数値の存在や、計算方法は公式にはあまり明らかにされていません。 おそらく子供向けゲームとして複雑な数字や数式が前に出てしまうことがないように、といった配慮もあるのでしょう。 ただし、ゲーム中にも「わかる人にはわかる」感じの部分は多く、個体値に関しては「すごいとっくん」で金銀の王冠を使ってあげられたリ、基礎ポイントはポケリゾートやフェスサークルなどで上げたり下げたりできます。 対戦をやるならば、まずはこれらの数字の存在を知っておきましょう。 計算時のベースとなる数値(ふだんは意識されない)があり、能力値の基礎は種族値で決まります。 そのうえで個体値と基礎ポイントにより上積みがあり、最終的な能力値が決まります。 この3つの値は「 三値」とも呼ばれ、次のような意味を持ちます。 種族値:種族ごとに固有の値 種族に固有の値。 同じ種族ならばどのポケモンも同数となります。 Webのポケモン情報サイトで調べます。 0〜31の値を取ります。 ゲーム中に個体値を見ることはできませんが、「ジャッジ」機能で大まかな判定が可能です。 ただし、条件(おそらくタマゴを20個以上孵す)を満たしておく必要があります。 ジャッジによる個体値ははっきりとした数値ではわかりません。 完全な検証はまだ行っていませんが、以下のようにジャッジと数値が対応すると思われます。 ダメかも:0 まあまあ:1~10ぐらい? かなりいい:11~20ぐらい? すごくいい:21~29ぐらい? すばらしい:30 さいこう:31 基礎ポイント:後天的に上げ下げできる値 基礎ポイントは、バトルでポケモンを倒したときに、各能力に(こっそりと)加算される数字です。 0〜252の値を取り、道具を使ったり、ポケリゾートの「わいわいリゾート」やフェスサークルの屋台を使ったりしても上げられます。 ただしグラフだけの表示で、数値として見ることはできません。 最高値(252)の能力だけ、、キラキラ光るエフェクトがかかって表示されます。 トータルの基礎ポイントが 上限の510あるときはグラフが水色に、そうでないときは黄色になります。 1の 補正がかかります。 9となります。 9の補正は「マイナス補正」と呼びます。 性格による補正は「つよさをみる」画面やジャッジ画面で確認でき、うすいピンクの能力値がプラス補正、うすい水色の能力値がマイナス補正のかかった能力値となっています。 「まじめ」など補正のない性格もあります。 種族値+個体値が最大の能力値にプラス補正、最小の能力値にマイナス補正がかかる性格にすることで、能力値の合計を最大化できることになります。 ポケモン対戦はお互いのレベルが50に合わせられるのが基本なので、レベル50のときの式を覚えておきましょう。 いずれも端数は切り捨てとなります。 個体値(0~31)で最大15. 5、基礎ポイント(0~252)で0~31. 能力値の略称(HABCDS) プレイヤー間の会話や攻略サイト、育成論(対戦用ポケモンの育て方)サイトなどでは、ポケモンの各能力値を、アルファベット1文字の略称で呼ぶことがあります。 HP:H 攻撃:A 防御:B 特攻:C 特防:D 素早さ:S 「H」「A」「S」は能力の略称のようですが、「B」「C」「D」は単純に並びで覚えておけばいいでしょう。 なお、能力値そのものを上記のように略称で呼ぶ場合と、各能力の個体値を略称で呼ぶ場合があるので、混乱を避けるには事前に何を指すのか明確にしておいた方がいいでしょう。 「A個体値」のような言い方をすることもあります。 ポケモンのステータス「ようすをみる」画面の6つの記号と対比させ、各能力値の個体値が最高値のときに記号をマークすることがあります。 公式に決まっている方法はありませんが、個体値が最高値なら水色、最低値ならピンク、とする人が多いようです また、個体値は0~31までの値をとることから、最高値の場合を32進数で「 V」と呼ぶことがあります。 「6V」といえばすべての能力の個体値が最高値であることを表します。 「最速」と「準速」 ポケモン対戦では素早さが特に重要で、そのポケモンが可能なもっとも高い素早さを持つ個体を「 最速」と呼ぶことがあります。 最速であるためには、 ・個体値、基礎ポイントが最高であること ・素早さにプラス補正のかかる性格であること が必要です。 プラス補正は別の能力値にかけて個体値、基礎ポイントを最高にした場合は「準速」と呼びます。 また、個体値、基礎ポイントを最低値、素早さマイナス補正にした「最遅」のポケモンが使われることもあります。 まとめ ・能力値は「種族値」「個体値」「努力値」から構成される ・性格により能力値が補正される.

次の

個体値のHとかAとかって何?|ポケモン知恵袋|ポケモン徹底攻略

ポケモン 個体値 アルファベット

DPS 1秒間に与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 DPT 1ターンに与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 EPtank 1度技を使用した際に溜まるゲージ増加量。 ゲージの増加効率。 ターン毎のゲージの増加効率。 発生 時間 技を使用してから相手にダメージを与えるまでの時間。 硬直 時間 技を使用してから避ける動作及び、次の技が使用可能になるまでの時間。 エネルギー ゲージ技を使うために必要なゲージ量。 フィールドリサーチでの入手方法 過去に登場をしていたタスクも含みます。 なし ゴウカザルの進化系統.

次の