魔女 っ 子 メグ ちゃん 歌詞。 アンジュルム 魔女っ子メグちゃん 歌詞

AKB48谷口めぐ:カフェイベ『魔女っ子メグちゃん、楽しいばかりがおめぐ推し』「推し変はしないでね!」

魔女 っ 子 メグ ちゃん 歌詞

第1問:私のフルネームの画数は15画である。 「私の名前、"谷口めぐ"だから、簡単な漢字と平仮名なのでテストの時に簡単でしたね(笑)!」と語ると会場からも笑いが起きた。 第2問:私は今、しょっぱいものが食べたい。 問題が提示された瞬間に会場からは「知らないよ!」という声と爆笑が起きた。 「これは私の今の気持ちですね(笑)!」と語ると、会場から「ヒントは?」の声に、「ダメだよ!私の今の気持ちだもん(笑)!」と笑顔でばっさり。 第3問:私がAKB48で一番好きな楽曲は「摩天楼の距離」である。 「私が一番好きなのは『初日』です。 最初にレッスンした時の曲が『初日』でした。 その時にこの歌詞がとても響きました」と思い出エピソードを展開。 第4問:私の手のひらの大きさは18cmである。 「昨日、自分に関する問題を考えていたのですが、何があるかな?と思っていたらメジャーがあったので測ってみました(笑)大きいですよね!」と語っていた。 第5問:私の20mシャトルランの最高記録は60を超えている。 「ヒントは、私は学生時代は運動部でした」と語ると多くのファンが正解。 4問正解したファンが谷口とじゃんけん対決して3人が選ばれた。 続けての『イントロクイズ』では、谷口と会場のファンがイントロクイズで対決。 わかったら挙手をして回答。 谷口が勝利したらスイーツゲット、負けたら罰ゲーム。 第1問「青春ダ・カーポ」。 会場のファンも挙手したが、谷口が「ごめんね、譲れない気持ち(笑)」と述べて回答。 正解すると「やった!負けず嫌いが出ちゃった(笑)」と喜んでいた。 第2問「アクシデント中」。 会場のファンが回答。 第3問「従順なSlave」。 「どっちが速かったかな?」と言って、会場のファンとじゃんけんして谷口が勝利して回答。 「嬉しい!めぐチームの正解です!めぐチームって私だけですが(笑)」と喜んだ。 第4問「カフカとてんとうむChu!」。 会場のファンが回答すると、谷口も「凄い!」と驚いた。 第5問「あの日の自分」。 イントロが難しく谷口が悩んでいると会場のファンが回答。 また「凄い!懐かしいですね。 ドキュメンタリーの主題歌ですよね」とコメント。 第6問「愛しさのアクセル」。 会場のファンが回答。 「やばい!このままだと罰ゲームになっちゃう!まだ2ポイントしかとってない・・」と焦ると会場からも笑い声。 第7問「ヤンキーマシンガン」。 会場のファンが谷口に回答権を譲ってくれると谷口は自信満々に「正義の味方じゃないヒーロー!」と回答したが不正解。 「うぇーー!!まじ!?!」と残念がる谷口に会場も爆笑。 第8問「ロッカールームボーイ」では谷口が正解。 第9問「微笑みの瞬間」では会場のファンが正解。 「この曲が好きなファンの方が多いですね!」とにっこり。 第10問(最終問題)「友達じゃないか?」も会場のファンが正解。 谷口が3ポイントで会場のファンが7ポイントの結果となり、谷口が「びりびりペン」の罰ゲームに挑戦。 「まじでやりたくない!本当にやだ!なんで、自分でこれをやるって言っちゃったんだろう!」と言うと会場からも大きな笑い声と声援。 谷口は「びりびりペン」に挑戦し「痛い!!親指が・・・」と語っていると再び会場からも笑いが起きていた。 続けて会場のファンからのリクエストに合わせて谷口が歌うカラオケリクエストコーナー。 まずは『Only today』を披露すると会場のファンからもコール。 「皆さん、歌ってほしい曲はありますか?たくさん書いてくださいましたが、いろいろあって選びきれませんでした」と会場のファンに呼びかけた。 会場から「友達じゃないか?」の声が上がると、「いいね。 歌えるかな?温かい目で見てください!私の初めてのセンター曲です」と振ると『友達じゃないか?』を披露。 歌い終えると「なんとか歌えた!ありがとうございます!この曲、とってもリクエストが多かったです!次に多かった曲が『微笑みの瞬間』でした」と語ると、『微笑みの瞬間』を熱唱。 最後は会場のファンからのリクエストで『初日』を披露。 『質問コーナー』では会場のファンからの質問に谷口が回答。 質問:魔法で何でも叶えられるとしたら、何をしたいですか? 谷口は「シンプルに空を飛びたい!鳥みたいに空飛びたい!海外に行くときも自分の力で行けるんだよ!」と語ると会場からも笑いが起きた。 質問:今後やってみたい役があれば教えてください。 谷口は「普通の女の子の役をやってみたいですね!今まで不良やキャバ嬢のような役だったので、普通の女の子がいいです。 ありのままの女子を演じたいですね!」とにっこり。 質問:今年一番、印象に残ったことは? 谷口は「演技の仕事ができたのが嬉しかったです。 海外に行けたことは印象に残っています。 マレーシア、タイ、中国(上海)に行けたことは印象に残っていますね」と回答。 質問:来年、挑戦したいことは? 谷口は「AKB48以外の舞台に出演したいと思います。 一人で外の舞台に出演できるように実力をつけたいと思います!」と真剣に回答。 質問:寒い冬の乗り越え方は? 谷口は「家でストーブの前にいます。 家族と争奪戦になりますので、それに勝つことです(笑)そして家から出ないこと(笑)参考にならないですかね(笑)あとは、ヒートテックを2枚着ることです」と解説。 質問:最近のチームB公演で面白かったこと、変わったことがあったら教えてください。 谷口は「チームBの楽屋は賑やかですね。 奥原妃奈子ちゃんがかわいいです。 それに大家志津香さんや中西智代梨さんが一緒になって遊んでいます(笑)卒業しちゃいましたが太田奈緒ちゃんと中西智代梨さんが、楽屋で要らないものの押し付け合いをしてて、鬼ごっこみたいになっていたのが面白かったです(笑)」と裏話を披露。 質問:2019年やり残したことはありますか? 谷口は「ないです!仕事もプライベートも楽しかったです!」と回答。 質問:2020年の抱負は? 谷口は「今まで、真面目に活動してきましたが、もっと楽観的になって活動できたらいいなと思います!」と語った。 質問:プロレスのどこが好き? 谷口は「痛めつけられても、諦めずに相手に立ち向かって行く姿に私は好きになりました!感動します。 『豆腐プロレス』でプロレスに出会えたのはいい出会いでしたね!」と語ると会場のファンからも拍手。 他にも多数の質問や応援コメントが寄せられていた。 その後、谷口から会場のファンに手書きのメッセージを手渡しで配布。 谷口は「お知らせがあります!今日の夜にMステに出ます!一生懸命に探して見てください!」と呼びかけると会場からも大きな拍手と声援。 最後に会場のファンと写真撮影。 「今日の洋服は今年の成人式の後の同窓会で着たドレスを着ています!緑色を選んで着ているのは意外でしょ!?ママが選んだのですが(笑)」と語ると、会場からも「かわいい!」と声援。 谷口が「いつも、皆さん応援ありがとうございます!これからも私らしく頑張るので、応援よろしくお願いします。 推し変は絶対にしないでください!ここにいる皆さんは絶対に推し変はしないと信じています!本当にありがとうございました!幸せな時間でした!」と呼びかけると会場からも「はーい!」の返事があり、カフェイベントは幕を閉じた。

次の

アンジュルムの歌う「魔女っ子メグちゃん」がゴイスーカワイイ

魔女 っ 子 メグ ちゃん 歌詞

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2014年7月) 第6作 1973年10月 - 1974年3月 第7作 魔女っ子メグちゃん 1974年4月 - 1975年9月 次作 1979年2月 - 1980年2月 魔女っ子メグちゃん アニメ 原作 ひろみプロ、成田マキホ 脚本 山浦広靖、、 ほか キャラクターデザイン 、 音楽 アニメーション制作 製作 東映動画(表記)、 放送局 放送期間 1974年4月1日 - 1975年9月29日 話数 全72話 - プロジェクト ポータル 『 魔女っ子メグちゃん』(まじょっこメグちゃん)は、からまで、NETテレビ(現・)系列毎週月曜 19:00 - 19:30 にて全72話が放送されたである。 の1つ。 概要 本作の企画案は、前作『』と同じひろみプロが作成。 これをもとに、魔法使いから発展した魔女の世界観を流入し、魔界の女王候補となるライバルとの駆け引きを描くことを軸とし、従来路線との差別化を図った。 作品において、主人公の魔法少女とほぼ同じ能力を使うキャラクターが登場した最初の作品である。 また、クールなライバルヒロインのノン、コメディーリリーフの調査官チョーサン、真の悪役として設定された闇の女王サターンは、後の魔法少女物のサブキャラクター像に大きな影響を与えている。 の歌唱による、背伸び気味の少女期の気分や魅力を強調したの主題歌も特徴のひとつで、オープニングに描かれた「チラ見え」のエロチシズムも相まって、メグの小悪魔的な魅力を高めるのに一役買った傑作といわれる。 オープニングでも表れているように、本作のコンセプトは「『』より控えめで綺麗に可愛く小粋にいこう」である。 西洋の街並みを思わせる無国籍な世界観、少女マンガやファッショングラビアを彷彿とさせる画面構成やデザインは、これを意識したスタッフの試みの表れである。 感情的かつお転婆でやんちゃなメグのキャラクターは従来の優等生的な魔法少女像を払拭し、これ以降の魔法少女物では、活発かつ活動的な性格付けの主人公が主流となる。 さらにコメディーの要素も加味したことで、ドタバタのお笑い、露出度のやや高いサービスシーンも追加された。 それまでの魔法少女アニメの主人公よりも年齢が高めで思春期を迎えた年頃の少女像を伴ったメグの魅力と健康的なお色気を押し出した作風は、少年層に大きく訴求し、結果的に本作は少女のみならず少年の視聴者層からも人気を集めることとなった。 ともすればメグのあられもない描写に注目が行きがちな本作であるが、悩むより走り出す性格のメグを描くことは、やがて人間中心の物語展開を導くこととなった。 本作の終了後、『』から10年間放映された東映魔法少女アニメは、3年以上の休息期間を経て、次作『』の放映に至る。 ストーリー 魔界の次期女王候補でライバル同士のメグとノン。 魔界の女王にふさわしい資質を身に着ける修行のため、2人は人間界に送られ、それぞれ先輩魔女である神崎家と郷家の娘として暮らすこととなる。 始めはあくまで他人同士という意識だったために神崎家での暮らしになじめないメグであったが、紆余曲折を経て、神崎家の人々の優しさを知り、人間の温かさと家族の絆の大切さを知る。 そして、時にライバルのノンとぶつかり合い、時に様々な騒動を巻き起こしながら、人間界での波乱万丈の日々を過ごしていく。 そして、ついに女王を決定する最終選考の日が訪れ、メグとノンは魔界に帰ることになった。 人間と共に暮らすことに安らぎを覚え、試験を放棄して人間界に留まることを望んだメグは、先輩魔女のマミが神崎家の人々の記憶から自分の存在を消してしまったことにショックを受けつつ、自分の果たすべきことを受け入れて魔界に帰っていく。 しかし、無意識の内にメグのことを思い出し、雨の中をメグを探しに出て病気になってしまった妹分のアポのためにメグは再び人間界に戻ろうとし、そんなメグを実力で女王の座を射止めたいノンが引き止めようとする。 2人は壮絶な取っ組み合いを繰り広げた末に、女王から共に不合格を言い渡され、再び人間界で修行を積むよう命じられる。 こうして、人間界に戻ってきたメグは再び神崎家に迎え入れられ、楽しく日々を過ごしていくのだった。 登場人物• 全話を通して、主要キャラクターを務める声優が、同じ一話の中で多数のキャラクターを演じている。 魔女(次期女王候補生) 神崎 メグ(かんざき メグ) - 本作の主人公。 女王候補の一人。 黙っていれば美少女だが、そんな暇はないほどめまぐるしく活動的な女の子。 人間界では中学3年生として過ごしている。 ラビのいたずらなどで怒った時は「馬鹿野郎」「こんちくしょう」などと口が悪くなるなど、短気で直情的な性格ではあるが、心優しい一面もあり、先輩魔女マミの影響で人間界では魔法より大切なものを学び取っている。 呪文は「テクニク・テクニカ・シャランラー」。 「シャランラー」と省略して唱えることもある。 投げキッスの要領で、指先から魔法を放つ。 オープニングの特徴的な歌詞としても使用されている。 この力はハート形のペンダントヘッドに収められており、これがないと魔法力は極端に弱くなる。 赤毛で血色のいい肌、胸元には白いリボン・腰を赤いリボンで絞ったオレンジ色のミニフレアワンピース姿で、長い脚には赤いローヒールパンプスを履いている。 劇中ではいたずら好きのラビやチョーサンらの格好の標的であり、スケスケのネグリジェ、下着姿、パンチラ、バスシーン、セミヌードなどを晒されていた。 最終回では「人間に情を持ち過ぎた」と言う理由で、女王から再び修行を命じられてしまうが、それにより、念願の人間界行きを叶え、再び神崎家の一員として人間界で暮らせることになった。 郷 ノン(ごう ノン) 声 - 女王候補の一人。 メグとは対照的なクールビューティーで、冷たい眼差し、青い髪に青白い肌の美少女。 文武両道の秀才で魔法界の学校でもトップに立つ才女だが、魔女らしく人間を見下している。 郷家の娘として迎え入れられ、メグと同じ中学3年生として過ごしている。 一見クールだが情に厚い面もあり、ノンに、またはノン自身が心を開いたキャラクターも存在する他、メグのことを助けることもある。 特に決まった呪文はなく、目の前で横向きにVサインをかざして魔法を指先より放つ。 メグ同様、ダイヤ型のペンダントを持っており、必要に応じ魔法の矢じりや砲丸などに変形して使用できる。 人間を見下すばかりで理解しようともしなかったため、最終回で「お前は人間を知らなさ過ぎる」と言う理由で、メグとともに女王から人間界での再度の修行を言い渡された。 神崎家 パパ、ラビ、アポは、マミやメグが魔女であることは知らず、マミの手で記憶を操作されたことでメグのことを家族として受け入れている。 後に、メグが試験の最終選考のために魔界に帰ることになった際にもマミの手で記憶を操作され、メグの存在を記憶から抹消されたが、最終回での修行やり直しを受けて三度、記憶操作を行った。 パパとは大恋愛の末結婚し、幸せな家庭生活を営んでいる。 ややふくよかな体型で、温厚そうな中年女性に見える。 今でも現役で魔法を使える(人命を救うためにのみ使用し、それが奇跡だと周囲に思わせなければならない実力試験の実施通知「ブルーレター」を受け取って慌てるエピソードがある)。 かつてメグ同様女王候補として人間界で修業した経験を持ち、その時のライバルである魔女キーランと次期女王の座を争った関係だった。 パパ 声 - 人間界ではメグの父となる。 展示会や講演会など各種催事を行なう「神崎プロモーション」の創業者兼社長。 少々慌て者ではあるが、いざというときには身を挺(てい)して家族を守ろうとするなど、勇敢な一面を持つ理想的な父親である。 神崎 ラビ 声 - 神崎家の長男。 いたずら好きであり、特にメグには何かとちょっかいを出しては姉弟ゲンカが絶えない。 メグへのスカートめくりもコミュニケーションの一つになった感がある。 根は家族思いの優しい男の子であり、時には涙を流すこともある。 また素直さをチョーサンに利用されることもある。 神崎 アポ 声 - 神崎家の末娘。 おしゃまな幼稚園児。 兄とはいたずらでタッグを組むこともあり、見た目より頑固な一面もある。 ちょっとした家庭内のいさかいにも敏感に反応し泣き出すことも。 第52話でレギュラーとなったセントバナード犬のゴンベエとは大の仲良し。 郷家 キーラン 声 - 千々松幸子 ノンの先輩魔女であり人間界でのママがわりを演じる。 かつての女王候補であり、マミとはライバルだった。 マミ同様、現在でも魔法は使える。 激しい気性の持ち主で典型的な「教育ママ」的容姿をしており、語尾に「ざます」を付けるのが口癖。 郷との結婚を「後悔している」と自身が愚痴るほどマミとは正反対の境遇を過ごしている。 自分の果たせなかった女王の夢をノンに託すことになる。 職業は画家。 ノンをモデルに絵を描くこともある。 のんびりした性格のマイホームパパだが、気性の激しいキーランには頭が上がらない様子。 第2話より登場。 メグの親友となる。 トンボメガネを着用。 どちらかというと三枚目のキャラクターでおおらかな女の子。 第30話、エミの登場で出番交代となる。 ボス 声 - 大竹宏 クラスの番長で、我が道を行くタイプ。 第20話では車いすの少女ミルのために、失敗続きだった自作の人力飛行機を飛ばして見せた。 エミ 声 - 第30話より転校生として登場。 一見、少女人形のような可憐さを持つ。 幼い頃覚えた催眠術を、無意識に他人にかけていたため、催眠術をかけられた者からその者の意思とは関係なく殴られてしまうという、可愛そうないじめられっ子だった。 神崎プロモーションが招いたオランダ合唱団の団長、ジョセフ牧師により催眠術は解かれ、普通の女の子に戻った。 熱血教師だが犬嫌い。 ユウタ ラビの友達。 おっとりとした性格で、紙飛行機を作るのが得意。 第63話では七夕の夜に神崎家の屋根裏部屋を使わせてほしいと申し入れ、メグとマミを困惑させる。 魔界を統べる女王。 新しい女王を選ぶために、魔法学校の生徒から2名を選び、人間界に潜伏する先輩魔女のもとで修業を受けさせる。 時には自らが、候補生に手を差し伸べることもある。 本編ではメグとノンを選出して人間界に送るも、最終回で二人とも落とし、修行をやり直すように命じた。 チョーサン 声 - 女王候補の振る舞いを監視し試験の採点の参考とするために女王に報告することを任務とする女王直属の調査官。 肩書きは立派なものの、実際は非常にだらしなく、強い者に媚びる性格。 真剣にその職務を全うする気などなく、人間びいきのメグには辛い点を与え、ノンこそ女王にふさわしいと彼女に肩入れしてメグを妨害し、あわよくばそのまま排除しようとするなど個人的な贔屓が甚だしい上、ツユスキーの特性を利用して街に被害を与えようとするなど悪知恵にも長けている。 街はずれに建つ古城を彷彿とさせる時計塔を根城にしている。 魔界を乗っ取ろうと企むサターンの登場で表向きは女王に従いつつも、性格ゆえにその裏では寝返っていた。 しかしその裏切りは魔界に露見し、最終話では罰を受けることとなった。 チョーサンの使い魔。 人間の声色を真似る能力を持つ魔界のメス猫。 模様は風。 意外と抜けている一面がある。 クロー 声 - 大竹宏 同じくチョーサンの使い魔。 フルフルとコンビを組んで悪企みを手伝う。 左目にグローバー型のを付けたオスのカラス。 フルフル同様、どこか抜けている。 パトラ 声 - 魔界の司法長官。 チョーサンの(メグを落とそうとする、虚偽も同然の)報告を受け、メグを試しに人間界へやってくる。 タンザ かつて魔界の女王との戦い敗れて森の奥深くへ隠れ住んでいる魔女。 自身が住み着いている森へ入ってくる者を容赦なく魔法で攻撃する。 レオン 声 - メグの後輩魔女。 退屈な魔界から抜け出し、人間界で悪戯をくり返しメグを困らせる。 第71話でのメグとサターンの最終決戦においてメグの助っ人として登場した。 チャック 公園でアイスクリームを売っている元魔女の老婆。 メグをひと目見て魔女だと見抜き、魔界へ戻れるように協力を求める。 トットとチッチ 悪戯が過ぎて魔界から追い出された双子の魔女。 チョーサンに利用されメグを学校から追い出そうとする。 サターン 声 - 第27話から登場。 自らを「闇女王」と呼ぶ凶悪な魔女で、現女王への復讐のため、メグやノンを亡き者にし次期女王になるべく、魔界の者を使うなどしてメグ達の抹殺を謀る。 死神が持つような、大きな鎌を武器としている。 初登場の際はメグへの間接的な攻撃としてマミを狙い、温厚な女魔法使いを装ってメグに近づき、巨大なサソリの使い魔を操るがメグの魔法に敗れて以降もたびたびメグを付け狙う。 第71話での最終決戦でメグをあと一歩のところまで追い詰めるも、家族や仲間達の応援を受けて奮起したメグが起死回生で放った大魔法に逆転されて敗れ、消滅。 メグに意地悪な試練を与えた。 人に乗り移る能力を持つ。 第71話ではサターンに利用されるも、メグに撃退される。 サムサ 雪や北風を自由に操ることができる冬の魔女。 町にやってきた春の妖精の仕事を妨害したりして冬を長引かせたりするが、春の妖精の魔法により撃退される。 第71話ではジョーカー同様サターンに利用されるが、マミの魔法により撃退される。 ローザ サターンの忠実な部下。 サターンの命令を受け、メグやノンを倒そうと人間界へやってくるが、ノンの魔法に破れ傷つき倒れてしまう。 メグの熱心な看病に次第に心を開いてゆく。 ユリ 人間界へ憧れ、魔界を脱走してきた花の妖精。 サターンに魔界を脱走してきた弱みを握られメグやノンを殺すよう命じられる。 ペニー マミの魔法大学にいた頃の同級生。 ノンによればその厚顔無恥な性格については魔界でも広く知られているとのこと。 ある日突然神崎家にやってきて魔女であることを気にすることなく振る舞い、さらには他の同級生であるセント、フラン、マルク、ルーブルを呼び出し、同窓会代わりと称して5人で我が物顔で神崎家に居座り続け、メグやマミを困らせた。 第71話ではメグとサターンの最終決戦において窮地に陥ったメグの手助けに駆けつける。 ヤンヤン 子供用のカンフー着を着込んだ少女のような姿の魔女。 メグがいなくなれば次期女王候補になれるとのチョーサンの言葉に騙されて、遠く離れた村に住むメグの友人・早苗からの誘いを受けて雪祭りが行われている村にやってきたメグに対し、恐竜やフランケンシュタインの怪物、スフィンクスを模した雪像を操り襲いかかるなど魔法を使ったさまざまな悪戯を仕掛ける。 氷の妖精 メグはスケートが得意ではないとのチョーサンが魔界に提出した報告を聞きつけて、メグの部屋にやってきた女性型の小さな妖精。 連日、深夜に現れ、メグの部屋の鏡台をスケートリンクに見立てて、メグにフィギュアスケートの特訓を行う。 ルウ 春の妖精。 冬の魔女サムサが町にずっといるため力が出せずに花の中に閉じこもっていたが、1度だけ使うことができる、大きな南風を呼ぶ大魔法でメグのピンチを救い、サムサを町から追い出した。 ベル 植物園で風車を売っている女性だが実は元女王候補の魔女。 自分が女王になりたいがために卑怯な手を使ったために女王の逆鱗に触れ、魔力を全て取り上げられ魔界を追放され、娘のミミとも離れ離れにさせられていた。 もう一度魔界へ戻れるようにするために掟を破ってベルに魔法を教えるメグだったが、魔界の検察官に捕まってメグは命を落としてしまう。 しかし女王の計らいによってメグは蘇生、ベルはミミと共に人間として暮らすことになった。 ミミ 魔界に住むベルの娘。 母に会いたい一心で魔界を脱走して人間界へやってくるが、事情を知らなかったメグやノンは検察官にミミを引き渡してしまう。 その後女王の計らいで人間の娘となり、親子ともに一緒に暮らせるようになった。 ツユスキー 魔界の傘職人。 女王の命令により、町中の傘を直しに人間界へやってくるが、雨男のため雨が降り続き、町に洪水や崖崩れが発生する。 傘の修理が終わるまで町から離れられないのを知ったチョーサンはこれを利用して彼の元へ壊れた傘を大量に集め、雨をさらに長引かせて街を壊滅させようと企む。 ジロン 第69話に登場。 不在だった大松先生の代わりに教師になりすまして小百合学園へやってきた魔女。 魔界で他の魔女を殺したため、凶悪犯として魔界の刑務所・茨の城に閉じ込められていたが、魔法と雷の力を使って茨の城を脱走した。 魔界を困らせるためと称して女王候補のメグとノンを付け狙うが、自身を追ってきた魔界の警備犬・シグマとの激闘の末に敗れ、魔界に連れ戻される。 本作の世界観 本作における魔女の出身地である「魔界」は、「不思議な力」の理由づけとしての「魔法」を扱っていたそれまでの魔法少女物とは趣きが異なり、西洋における「」の世界観やイメージを組み込んだ「魔の存在」として描かれ、人間世界と同じ次元に存在しつつ人間の世界とは対照的な世界として描写されている。 女王候補に求められる資質にも魔界の住人ならではの思考形態が必要とされ、「人間世界の道義を理解すること」と同時に「人間を軽蔑する」事など意外に複雑で相反する思考が要求される。 このため、最終話では人間の情に傾き過ぎたメグと人間を常に見下して理解しようともしなかったノンは女王から修行のやり直しを命ぜられている。 スタッフ• 企画 - 高見義雄• 製作担当 - 江藤昌治、三沢徹夫• 音楽 -• プロデューサー - 小澤英輔• 背景 - サンアートスタジオ、マスコット、アートペア、、アップルズ、ムツゴロウ、陶山プロ、現代制作集団• 撮影 - 池田重好、高梨洋一、相磯嘉雄、菅谷信行、菅谷英夫、寺尾三千代、佐藤隆郎、山田順弘、武井利晴• 編集 - 井関保雄、三野純、神原直美• 録音 - 二宮健治• 効果 - 協立音響• 選曲 - 賀川晴雄• 製作進行 - 遠藤勇二、林由美子、高木昭雄、宮崎美子、四十八願恵子、小島多美子、永丘昭典• 記録 - 安藤まるみ• 美術設定 - 土田勇• エンディングテーマの歌詞は、オープニングテーマのになっている。 当初のエンディング映像は夕暮れ時の映像で、子犬が転がりながらメグの前に現れる場面の前後には木の葉が風で舞っていたが、後に夕暮れ前の映像かつ木の葉を風船に差し替えたものになった。 東映アニメーションがで配信している本作第1話のエンディング映像は、後期のものに差し替えられている。 各話リスト 話数 放送日 サブタイトル 脚本 演出 (コンテ) 作画監督 美術 1 1974年 4月1日 すてきな魔女がやってきた 土田勇 2 4月8日 あの娘はライバル 端名貴勇 伊藤英治 3 4月15日 魔女がいっぱい 木暮輝夫 土田勇 4 4月22日 わが家の灯 山浦弘靖 上村栄司 内川文広 5 4月29日 愛の魔法使い 今村文人 鈴木紀男 千葉秀雄 6 5月6日 パパは笑っちゃいられない 茂野一清 伊藤英治 7 5月13日 わがあこがれのメグ 芹川有吾 上村栄司 内川文広 8 5月20日 やつあたりの天才 雪室俊一 岡崎稔 端名貴勇 土田勇 9 5月27日 まごころの歌 永樹凡人 千葉秀雄 10 6月3日 すばらしい気球旅行 今村文人 宮崎一哉 神宮さとし 伊藤英治 11 6月10日 月よりの使者 山浦弘靖 設楽博 木暮輝夫 土田勇 12 6月17日 わんわん騒動 辻真先 芹川有吾 荒木伸吾 内川文広 13 6月24日 決闘! 魔法屋敷 茂野一清 菊地城二 伊藤英治 14 7月1日 幻の竪琴 今村文人 大貫信夫 上村栄司 千葉秀雄 15 7月8日 パパの恋人?! 山浦弘靖 岡崎稔 端名貴勇 土田勇 16 7月15日 大空より愛をこめて 宮崎一哉 神宮さとし 伊藤英治 17 7月22日 二人のメグちゃん 山浦弘靖 大貫信夫 谷沢豊 千葉秀雄 18 7月29日 古城の愛の物語 安藤豊弘 設楽博 木暮輝夫 内川文広 19 8月5日 さようなら幽霊さん 辻真先 芹川有吾 荒木伸吾 土田勇 20 8月12日 歩くのよ! ミルちゃん 今村文人 岡崎稔 端名貴勇 伊藤英治 21 8月19日 元魔女チャックバアさん 雪室俊一 宮崎一哉 神宮さとし 内川文広 22 8月26日 星はいつ海に降るか 辻真先 上村栄司 千葉秀雄 23 9月2日 恥かきべそかき大作戦 茂野一清 谷沢豊 千葉秀雄 24 9月9日 盗まれたドレス 松岡清治 大貫信夫 上村栄司 25 9月16日 幻の少年 辻真先 芹川有吾 木暮輝夫 伊藤英治 26 9月23日 魔法大合戦 山浦弘靖 岡崎稔 端名貴勇 内川文広 27 9月30日 さそり座の呪い 設楽博 荒木伸吾 土田勇 28 10月7日 赤ちゃん騒動 大貫信夫 谷沢豊 千葉秀雄 29 10月14日 天使の涙 上村栄司 30 10月21日 ふしぎないじめられっ子 雪室俊一 茂野一清 高橋信也 伊藤英治 31 10月28日 愛の山彦 今村文人 岡崎稔 端名貴勇 内川文広 32 11月4日 はばたく魔女の影 辻真先 芹川有吾 木暮輝夫 土田勇 33 11月11日 サターンの使者 山浦弘靖 設楽博 荒木伸吾 伊藤英治 34 11月18日 招かれざる客 新田義方 上村栄司 千葉秀雄 35 11月25日 うちの2階の白い馬 雪室俊一 坂口尚 谷沢豊 36 12月2日 かえらない人形たち 辻真先 岡崎稔 端名貴勇 内川文広 37 12月9日 おかしな転校生 松岡清治 茂野一清 高橋信也 土田勇 38 12月16日 遠い国行き 紙ヒコーキ 雪室俊一 設楽博 荒木伸吾 伊藤英治 39 12月23日 サンタの名はアポ 辻真先 芹川有吾 木暮輝夫 内川文広 40 1975年 1月6日 おてんば大レース! 山浦弘靖 遠藤勇二 阿部隆 伊藤英治 41 1月13日 迷子の白熊くん 辻真先 坂口尚 千葉秀雄 42 1月20日 友情の雪まつり 松岡清治 岡崎稔 端名貴勇 土田勇 43 1月27日 ひみつの雪見鳥 雪室俊一 新田義方 谷沢豊 遠藤重義 44 2月3日 やってきました反抗期 山浦弘靖 芹川有吾 木暮輝夫 内川文広 45 2月10日 友情の赤い靴 今村文人 設楽博 荒木伸吾 伊藤英治 46 2月17日 北風・春風物語 岡崎稔 端名貴勇 土田勇 47 2月24日 春はヨットに乗って 松岡清治 大貫信夫 谷沢豊 遠藤重義 48 3月3日 にんぎょうの詩 49 3月10日 風車のうた 辻真先 芹川有吾 木暮輝夫 内川文広 50 3月17日 空飛ぶカバン 山浦弘靖 岡崎稔 端名貴勇 伊藤英治 51 3月24日 タローをよろしく 松岡清治 新田義方 谷沢豊 遠藤重義 52 3月31日 帰って来たゴンベエ 山浦弘靖 芹川有吾 木暮輝夫 土田勇 53 4月7日 魔界の落第生 茂野一清 森英樹 内川文広 54 4月14日 迷子の迷子の仔猫ちゃん 今村文人 岡崎稔 端名貴勇 伊藤英治 55 4月21日 犯人は誰だ? 山浦弘靖 設楽博 荒木伸吾 土田勇 56 4月28日 白百合の秘密 新田義方 神宮さとし 遠藤重義 57 5月5日 大空高く鯉のぼり 今村文人 山本寛己 阿部隆 伊藤英治 58 5月12日 どこへ行ったのゴンベエ 山浦弘靖 芹川有吾 木暮輝夫 59 5月26日 雨の中の少女 岡崎稔 端名貴勇 土田勇 60 6月2日 若さま大サーカス 雪室俊一 新田義方 神宮さとし 千葉秀雄 61 6月16日 雨ふりおじさん 今村文人 設楽博 荒木伸吾 土田勇 62 6月23日 ま夜なか発、魔女の国ゆき 雪室俊一 遠藤勇二 森英樹 伊藤英治 63 7月7日 七夕の青い星 荒木伸吾 64 7月14日 カナヅチ騒動 山浦弘靖 新田義方 神宮さとし 千葉秀雄 65 7月21日 夢のチンチン電車 今村文人 岡崎稔 端名貴勇 遠藤重義 66 8月4日 霧の中の朝刊太郎 雪室俊一 山本寛己 木暮輝夫 伊藤英治 67 8月18日 ギターと少年 山浦弘靖 新田義方 谷沢豊 遠藤重義 68 8月25日 夏休みのあかんべぇ 雪室俊一 寒竹清隆 (芹川有吾) 木暮輝夫 伊藤英治 69 9月8日 復讐犬シグマ 今村文人 岡崎稔 端名貴勇 千葉秀雄 70 9月15日 大凧よ海風に舞え 松岡清治 西沢信孝 阿部隆 伊藤英治 71 9月22日 決戦・大魔法! 山浦弘靖 岡崎稔 端名貴勇 72 9月29日 さようならメグちゃん 芹川有吾 荒木伸吾 放送局 この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2019年4月)• (制作局):月曜 19:00 - 19:30• :月曜 18:00 - 18:30• :月曜 16:55 - 17:20• :月曜 19:00 - 19:30• :月曜 19:00 - 19:30• :月曜 19:00 - 19:30• :木曜 17:25 - 17:55• :金曜 19:00 - 19:30• :木曜 17:15 - 17:45• :火曜 16:55 - 17:20• :木曜 17:25 - 17:55• :月曜 - 金曜 17:00 - 17:30• (51話まで)• (当時の放送免許エリアはのみ)• 劇場版 本作は、『』内で2作が上映されている。 魔女っ子メグちゃん(上映)• 第1話のブローアップ版。 2011年10月21日発売の『復刻! 東映まんがまつり1974夏』に収録されている。 魔女っ子メグちゃん 月よりの使者(上映)• 第11話のブローアップ版。 同時上映は『』・『』・『』・『』・『』の5本。 夏公開の『』以来、春の『』と同年冬の『』時を除いて上映してきた「魔女っ子」アニメは、本作をもって一旦中断。 に『』が上映されるまで、4年4か月「魔女っ子」アニメは上映されなかった。 2011年11月21日発売の『復刻! 東映まんがまつり1975春』に収録されている。 1974年5月号 - 1975年 - 学園物としての要素に比重を置いた内容になっている。 後に小学館からとして発行されたが、最後の二話分が未収録となっているため、単行本としては未完の状態(1巻の表記があるものの、続巻が刊行されないまま絶版になった)であり、また掲載順が入れ替わっている。 2001年にから完全版として単行本が復刻され、未収録分と池原成利執筆による後述の小学館の学習雑誌掲載分全てが収録された。 1974年4月号 - 1976年3月号 池原成利• 1974年4月号 - 1975年10月号• 小学三年生 1974年4月号 - 1975年3月号 1975年4月号 - 1975年10月号 池原成利• 小学四年生 1974年4月号 - 1975年3月号 1975年4月号 - 1975年10月号 池あや子• 小学五年生 1974年4月号 - 1975年9月号 志村みどり• 1974年4月号 - 11月号 1974年12月号 - 1975年9月号 関連商品 レコード より発売。 のアルバム『』に収録(2004年12月22日)• 音楽CD アルバムCD より発売 ANIMEX1200 88 アニメサウンドメモリアル 魔女っ子メグちゃん COCC-72088:2004年9月 LPレコード盤のCD化。 廉価版のためジャケットは再現しているがライナーノートはない。 スペシャル・ソング・コレクション (1999年1月21日発売 CD1枚・総24曲アルバムに収録) COCX-30267 OPとEDの主題歌に収録。 音楽CD(書籍扱い) 毎日コミュニケーションズ(現・)より発売。 蘇る!東映アニメアンソロジー 03 魔女っ子メグちゃん&花の子ルンルン 2004年12月発売 DVD 東芝デジタルフロンティア(現・)より発売。 1 [2002年12月21日発売] B00007B8ZT 第1話から第36話まで• DVD-BOX 2 [2003年1月24日発売] B00007K4LF 第37話から第72話まで 備考• 1999年に発売された用ソフト『』では、神崎メグ役の吉田理保子が声優を引退してマネージャ業に専念し、郷ノン役のつかせのりこも1989年に死去していたため、両方代役が立てられている(メグ役は、ノン役は)。 関連項目• - 次作の東映の魔法少女アニメ。 主人公の一人チックル役が、本作と同じ吉田理保子。 - 次作の東映アニメーションの魔法少女アニメ。 キャラクターデザインが荒木プロ()。 - 本作のパロディドラマ。 - CM前のアイキャッチ等に本作の主題歌の冒頭部分を使用。 脚注 []• 再開後のシリーズが何作目に当たるかについて、特に公式見解は見られない。 そもそもシリーズの範囲が明確ではなく、『ルンルン』以外にもが存在する。 『魔女っ子アニメ大全集』:東映動画篇、(株)BANDAI、1993年8月20日 98頁。 なお、放送開始当初はかつてこの枠で放送され、渡辺が劇伴を担当した「」からのBGMの流用もあった。 顕章事業実行委員会『丘灯至夫生誕100周年記念誌 あの青春 この詩』 ふるさと文化の館、2016年12月3日、37頁。 『河北新報』1974年4月28日 - 1975年11月23日付朝刊テレビ欄。 『河北新報』1974年9月16日 - 1975年9月29日付朝刊テレビ欄。 『河北新報』1974年4月1日 - 1975年9月29日付朝刊テレビ欄。 『』1974年4月1日 - 1975年9月29日付朝刊テレビ欄。 『』1975年9月1日 - 9月29日付テレビ欄。 『日刊スポーツ』1975年9月5日 - 9月26日付テレビ欄。 『』1975年9月30日付朝刊テレビ欄。 『北國新聞』1975年3月6日付朝刊テレビ欄。 『北國新聞』1976年7月19日 - 7月22日付朝刊テレビ欄。 1975年夏の『東映まんがまつり』上映時期は『メグちゃん』の本放送期間と重なるが、本作からの作品の上映はなかった。 ただし1979年7月時の「まんがまつり」は一部地域のみの公開であり、全国公開の作品は、の『』まで待つ事になる。 外部リンク• [ ] 前番組 番組名 次番組.

次の

アンジュルム「魔女っ子メグちゃん」のムービー(PV)・動画ダウンロード、音楽ランキングならimages.foodieblogroll.com!

魔女 っ 子 メグ ちゃん 歌詞

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2014年7月) 第6作 1973年10月 - 1974年3月 第7作 魔女っ子メグちゃん 1974年4月 - 1975年9月 次作 1979年2月 - 1980年2月 魔女っ子メグちゃん アニメ 原作 ひろみプロ、成田マキホ 脚本 山浦広靖、、 ほか キャラクターデザイン 、 音楽 アニメーション制作 製作 東映動画(表記)、 放送局 放送期間 1974年4月1日 - 1975年9月29日 話数 全72話 - プロジェクト ポータル 『 魔女っ子メグちゃん』(まじょっこメグちゃん)は、からまで、NETテレビ(現・)系列毎週月曜 19:00 - 19:30 にて全72話が放送されたである。 の1つ。 概要 本作の企画案は、前作『』と同じひろみプロが作成。 これをもとに、魔法使いから発展した魔女の世界観を流入し、魔界の女王候補となるライバルとの駆け引きを描くことを軸とし、従来路線との差別化を図った。 作品において、主人公の魔法少女とほぼ同じ能力を使うキャラクターが登場した最初の作品である。 また、クールなライバルヒロインのノン、コメディーリリーフの調査官チョーサン、真の悪役として設定された闇の女王サターンは、後の魔法少女物のサブキャラクター像に大きな影響を与えている。 の歌唱による、背伸び気味の少女期の気分や魅力を強調したの主題歌も特徴のひとつで、オープニングに描かれた「チラ見え」のエロチシズムも相まって、メグの小悪魔的な魅力を高めるのに一役買った傑作といわれる。 オープニングでも表れているように、本作のコンセプトは「『』より控えめで綺麗に可愛く小粋にいこう」である。 西洋の街並みを思わせる無国籍な世界観、少女マンガやファッショングラビアを彷彿とさせる画面構成やデザインは、これを意識したスタッフの試みの表れである。 感情的かつお転婆でやんちゃなメグのキャラクターは従来の優等生的な魔法少女像を払拭し、これ以降の魔法少女物では、活発かつ活動的な性格付けの主人公が主流となる。 さらにコメディーの要素も加味したことで、ドタバタのお笑い、露出度のやや高いサービスシーンも追加された。 それまでの魔法少女アニメの主人公よりも年齢が高めで思春期を迎えた年頃の少女像を伴ったメグの魅力と健康的なお色気を押し出した作風は、少年層に大きく訴求し、結果的に本作は少女のみならず少年の視聴者層からも人気を集めることとなった。 ともすればメグのあられもない描写に注目が行きがちな本作であるが、悩むより走り出す性格のメグを描くことは、やがて人間中心の物語展開を導くこととなった。 本作の終了後、『』から10年間放映された東映魔法少女アニメは、3年以上の休息期間を経て、次作『』の放映に至る。 ストーリー 魔界の次期女王候補でライバル同士のメグとノン。 魔界の女王にふさわしい資質を身に着ける修行のため、2人は人間界に送られ、それぞれ先輩魔女である神崎家と郷家の娘として暮らすこととなる。 始めはあくまで他人同士という意識だったために神崎家での暮らしになじめないメグであったが、紆余曲折を経て、神崎家の人々の優しさを知り、人間の温かさと家族の絆の大切さを知る。 そして、時にライバルのノンとぶつかり合い、時に様々な騒動を巻き起こしながら、人間界での波乱万丈の日々を過ごしていく。 そして、ついに女王を決定する最終選考の日が訪れ、メグとノンは魔界に帰ることになった。 人間と共に暮らすことに安らぎを覚え、試験を放棄して人間界に留まることを望んだメグは、先輩魔女のマミが神崎家の人々の記憶から自分の存在を消してしまったことにショックを受けつつ、自分の果たすべきことを受け入れて魔界に帰っていく。 しかし、無意識の内にメグのことを思い出し、雨の中をメグを探しに出て病気になってしまった妹分のアポのためにメグは再び人間界に戻ろうとし、そんなメグを実力で女王の座を射止めたいノンが引き止めようとする。 2人は壮絶な取っ組み合いを繰り広げた末に、女王から共に不合格を言い渡され、再び人間界で修行を積むよう命じられる。 こうして、人間界に戻ってきたメグは再び神崎家に迎え入れられ、楽しく日々を過ごしていくのだった。 登場人物• 全話を通して、主要キャラクターを務める声優が、同じ一話の中で多数のキャラクターを演じている。 魔女(次期女王候補生) 神崎 メグ(かんざき メグ) - 本作の主人公。 女王候補の一人。 黙っていれば美少女だが、そんな暇はないほどめまぐるしく活動的な女の子。 人間界では中学3年生として過ごしている。 ラビのいたずらなどで怒った時は「馬鹿野郎」「こんちくしょう」などと口が悪くなるなど、短気で直情的な性格ではあるが、心優しい一面もあり、先輩魔女マミの影響で人間界では魔法より大切なものを学び取っている。 呪文は「テクニク・テクニカ・シャランラー」。 「シャランラー」と省略して唱えることもある。 投げキッスの要領で、指先から魔法を放つ。 オープニングの特徴的な歌詞としても使用されている。 この力はハート形のペンダントヘッドに収められており、これがないと魔法力は極端に弱くなる。 赤毛で血色のいい肌、胸元には白いリボン・腰を赤いリボンで絞ったオレンジ色のミニフレアワンピース姿で、長い脚には赤いローヒールパンプスを履いている。 劇中ではいたずら好きのラビやチョーサンらの格好の標的であり、スケスケのネグリジェ、下着姿、パンチラ、バスシーン、セミヌードなどを晒されていた。 最終回では「人間に情を持ち過ぎた」と言う理由で、女王から再び修行を命じられてしまうが、それにより、念願の人間界行きを叶え、再び神崎家の一員として人間界で暮らせることになった。 郷 ノン(ごう ノン) 声 - 女王候補の一人。 メグとは対照的なクールビューティーで、冷たい眼差し、青い髪に青白い肌の美少女。 文武両道の秀才で魔法界の学校でもトップに立つ才女だが、魔女らしく人間を見下している。 郷家の娘として迎え入れられ、メグと同じ中学3年生として過ごしている。 一見クールだが情に厚い面もあり、ノンに、またはノン自身が心を開いたキャラクターも存在する他、メグのことを助けることもある。 特に決まった呪文はなく、目の前で横向きにVサインをかざして魔法を指先より放つ。 メグ同様、ダイヤ型のペンダントを持っており、必要に応じ魔法の矢じりや砲丸などに変形して使用できる。 人間を見下すばかりで理解しようともしなかったため、最終回で「お前は人間を知らなさ過ぎる」と言う理由で、メグとともに女王から人間界での再度の修行を言い渡された。 神崎家 パパ、ラビ、アポは、マミやメグが魔女であることは知らず、マミの手で記憶を操作されたことでメグのことを家族として受け入れている。 後に、メグが試験の最終選考のために魔界に帰ることになった際にもマミの手で記憶を操作され、メグの存在を記憶から抹消されたが、最終回での修行やり直しを受けて三度、記憶操作を行った。 パパとは大恋愛の末結婚し、幸せな家庭生活を営んでいる。 ややふくよかな体型で、温厚そうな中年女性に見える。 今でも現役で魔法を使える(人命を救うためにのみ使用し、それが奇跡だと周囲に思わせなければならない実力試験の実施通知「ブルーレター」を受け取って慌てるエピソードがある)。 かつてメグ同様女王候補として人間界で修業した経験を持ち、その時のライバルである魔女キーランと次期女王の座を争った関係だった。 パパ 声 - 人間界ではメグの父となる。 展示会や講演会など各種催事を行なう「神崎プロモーション」の創業者兼社長。 少々慌て者ではあるが、いざというときには身を挺(てい)して家族を守ろうとするなど、勇敢な一面を持つ理想的な父親である。 神崎 ラビ 声 - 神崎家の長男。 いたずら好きであり、特にメグには何かとちょっかいを出しては姉弟ゲンカが絶えない。 メグへのスカートめくりもコミュニケーションの一つになった感がある。 根は家族思いの優しい男の子であり、時には涙を流すこともある。 また素直さをチョーサンに利用されることもある。 神崎 アポ 声 - 神崎家の末娘。 おしゃまな幼稚園児。 兄とはいたずらでタッグを組むこともあり、見た目より頑固な一面もある。 ちょっとした家庭内のいさかいにも敏感に反応し泣き出すことも。 第52話でレギュラーとなったセントバナード犬のゴンベエとは大の仲良し。 郷家 キーラン 声 - 千々松幸子 ノンの先輩魔女であり人間界でのママがわりを演じる。 かつての女王候補であり、マミとはライバルだった。 マミ同様、現在でも魔法は使える。 激しい気性の持ち主で典型的な「教育ママ」的容姿をしており、語尾に「ざます」を付けるのが口癖。 郷との結婚を「後悔している」と自身が愚痴るほどマミとは正反対の境遇を過ごしている。 自分の果たせなかった女王の夢をノンに託すことになる。 職業は画家。 ノンをモデルに絵を描くこともある。 のんびりした性格のマイホームパパだが、気性の激しいキーランには頭が上がらない様子。 第2話より登場。 メグの親友となる。 トンボメガネを着用。 どちらかというと三枚目のキャラクターでおおらかな女の子。 第30話、エミの登場で出番交代となる。 ボス 声 - 大竹宏 クラスの番長で、我が道を行くタイプ。 第20話では車いすの少女ミルのために、失敗続きだった自作の人力飛行機を飛ばして見せた。 エミ 声 - 第30話より転校生として登場。 一見、少女人形のような可憐さを持つ。 幼い頃覚えた催眠術を、無意識に他人にかけていたため、催眠術をかけられた者からその者の意思とは関係なく殴られてしまうという、可愛そうないじめられっ子だった。 神崎プロモーションが招いたオランダ合唱団の団長、ジョセフ牧師により催眠術は解かれ、普通の女の子に戻った。 熱血教師だが犬嫌い。 ユウタ ラビの友達。 おっとりとした性格で、紙飛行機を作るのが得意。 第63話では七夕の夜に神崎家の屋根裏部屋を使わせてほしいと申し入れ、メグとマミを困惑させる。 魔界を統べる女王。 新しい女王を選ぶために、魔法学校の生徒から2名を選び、人間界に潜伏する先輩魔女のもとで修業を受けさせる。 時には自らが、候補生に手を差し伸べることもある。 本編ではメグとノンを選出して人間界に送るも、最終回で二人とも落とし、修行をやり直すように命じた。 チョーサン 声 - 女王候補の振る舞いを監視し試験の採点の参考とするために女王に報告することを任務とする女王直属の調査官。 肩書きは立派なものの、実際は非常にだらしなく、強い者に媚びる性格。 真剣にその職務を全うする気などなく、人間びいきのメグには辛い点を与え、ノンこそ女王にふさわしいと彼女に肩入れしてメグを妨害し、あわよくばそのまま排除しようとするなど個人的な贔屓が甚だしい上、ツユスキーの特性を利用して街に被害を与えようとするなど悪知恵にも長けている。 街はずれに建つ古城を彷彿とさせる時計塔を根城にしている。 魔界を乗っ取ろうと企むサターンの登場で表向きは女王に従いつつも、性格ゆえにその裏では寝返っていた。 しかしその裏切りは魔界に露見し、最終話では罰を受けることとなった。 チョーサンの使い魔。 人間の声色を真似る能力を持つ魔界のメス猫。 模様は風。 意外と抜けている一面がある。 クロー 声 - 大竹宏 同じくチョーサンの使い魔。 フルフルとコンビを組んで悪企みを手伝う。 左目にグローバー型のを付けたオスのカラス。 フルフル同様、どこか抜けている。 パトラ 声 - 魔界の司法長官。 チョーサンの(メグを落とそうとする、虚偽も同然の)報告を受け、メグを試しに人間界へやってくる。 タンザ かつて魔界の女王との戦い敗れて森の奥深くへ隠れ住んでいる魔女。 自身が住み着いている森へ入ってくる者を容赦なく魔法で攻撃する。 レオン 声 - メグの後輩魔女。 退屈な魔界から抜け出し、人間界で悪戯をくり返しメグを困らせる。 第71話でのメグとサターンの最終決戦においてメグの助っ人として登場した。 チャック 公園でアイスクリームを売っている元魔女の老婆。 メグをひと目見て魔女だと見抜き、魔界へ戻れるように協力を求める。 トットとチッチ 悪戯が過ぎて魔界から追い出された双子の魔女。 チョーサンに利用されメグを学校から追い出そうとする。 サターン 声 - 第27話から登場。 自らを「闇女王」と呼ぶ凶悪な魔女で、現女王への復讐のため、メグやノンを亡き者にし次期女王になるべく、魔界の者を使うなどしてメグ達の抹殺を謀る。 死神が持つような、大きな鎌を武器としている。 初登場の際はメグへの間接的な攻撃としてマミを狙い、温厚な女魔法使いを装ってメグに近づき、巨大なサソリの使い魔を操るがメグの魔法に敗れて以降もたびたびメグを付け狙う。 第71話での最終決戦でメグをあと一歩のところまで追い詰めるも、家族や仲間達の応援を受けて奮起したメグが起死回生で放った大魔法に逆転されて敗れ、消滅。 メグに意地悪な試練を与えた。 人に乗り移る能力を持つ。 第71話ではサターンに利用されるも、メグに撃退される。 サムサ 雪や北風を自由に操ることができる冬の魔女。 町にやってきた春の妖精の仕事を妨害したりして冬を長引かせたりするが、春の妖精の魔法により撃退される。 第71話ではジョーカー同様サターンに利用されるが、マミの魔法により撃退される。 ローザ サターンの忠実な部下。 サターンの命令を受け、メグやノンを倒そうと人間界へやってくるが、ノンの魔法に破れ傷つき倒れてしまう。 メグの熱心な看病に次第に心を開いてゆく。 ユリ 人間界へ憧れ、魔界を脱走してきた花の妖精。 サターンに魔界を脱走してきた弱みを握られメグやノンを殺すよう命じられる。 ペニー マミの魔法大学にいた頃の同級生。 ノンによればその厚顔無恥な性格については魔界でも広く知られているとのこと。 ある日突然神崎家にやってきて魔女であることを気にすることなく振る舞い、さらには他の同級生であるセント、フラン、マルク、ルーブルを呼び出し、同窓会代わりと称して5人で我が物顔で神崎家に居座り続け、メグやマミを困らせた。 第71話ではメグとサターンの最終決戦において窮地に陥ったメグの手助けに駆けつける。 ヤンヤン 子供用のカンフー着を着込んだ少女のような姿の魔女。 メグがいなくなれば次期女王候補になれるとのチョーサンの言葉に騙されて、遠く離れた村に住むメグの友人・早苗からの誘いを受けて雪祭りが行われている村にやってきたメグに対し、恐竜やフランケンシュタインの怪物、スフィンクスを模した雪像を操り襲いかかるなど魔法を使ったさまざまな悪戯を仕掛ける。 氷の妖精 メグはスケートが得意ではないとのチョーサンが魔界に提出した報告を聞きつけて、メグの部屋にやってきた女性型の小さな妖精。 連日、深夜に現れ、メグの部屋の鏡台をスケートリンクに見立てて、メグにフィギュアスケートの特訓を行う。 ルウ 春の妖精。 冬の魔女サムサが町にずっといるため力が出せずに花の中に閉じこもっていたが、1度だけ使うことができる、大きな南風を呼ぶ大魔法でメグのピンチを救い、サムサを町から追い出した。 ベル 植物園で風車を売っている女性だが実は元女王候補の魔女。 自分が女王になりたいがために卑怯な手を使ったために女王の逆鱗に触れ、魔力を全て取り上げられ魔界を追放され、娘のミミとも離れ離れにさせられていた。 もう一度魔界へ戻れるようにするために掟を破ってベルに魔法を教えるメグだったが、魔界の検察官に捕まってメグは命を落としてしまう。 しかし女王の計らいによってメグは蘇生、ベルはミミと共に人間として暮らすことになった。 ミミ 魔界に住むベルの娘。 母に会いたい一心で魔界を脱走して人間界へやってくるが、事情を知らなかったメグやノンは検察官にミミを引き渡してしまう。 その後女王の計らいで人間の娘となり、親子ともに一緒に暮らせるようになった。 ツユスキー 魔界の傘職人。 女王の命令により、町中の傘を直しに人間界へやってくるが、雨男のため雨が降り続き、町に洪水や崖崩れが発生する。 傘の修理が終わるまで町から離れられないのを知ったチョーサンはこれを利用して彼の元へ壊れた傘を大量に集め、雨をさらに長引かせて街を壊滅させようと企む。 ジロン 第69話に登場。 不在だった大松先生の代わりに教師になりすまして小百合学園へやってきた魔女。 魔界で他の魔女を殺したため、凶悪犯として魔界の刑務所・茨の城に閉じ込められていたが、魔法と雷の力を使って茨の城を脱走した。 魔界を困らせるためと称して女王候補のメグとノンを付け狙うが、自身を追ってきた魔界の警備犬・シグマとの激闘の末に敗れ、魔界に連れ戻される。 本作の世界観 本作における魔女の出身地である「魔界」は、「不思議な力」の理由づけとしての「魔法」を扱っていたそれまでの魔法少女物とは趣きが異なり、西洋における「」の世界観やイメージを組み込んだ「魔の存在」として描かれ、人間世界と同じ次元に存在しつつ人間の世界とは対照的な世界として描写されている。 女王候補に求められる資質にも魔界の住人ならではの思考形態が必要とされ、「人間世界の道義を理解すること」と同時に「人間を軽蔑する」事など意外に複雑で相反する思考が要求される。 このため、最終話では人間の情に傾き過ぎたメグと人間を常に見下して理解しようともしなかったノンは女王から修行のやり直しを命ぜられている。 スタッフ• 企画 - 高見義雄• 製作担当 - 江藤昌治、三沢徹夫• 音楽 -• プロデューサー - 小澤英輔• 背景 - サンアートスタジオ、マスコット、アートペア、、アップルズ、ムツゴロウ、陶山プロ、現代制作集団• 撮影 - 池田重好、高梨洋一、相磯嘉雄、菅谷信行、菅谷英夫、寺尾三千代、佐藤隆郎、山田順弘、武井利晴• 編集 - 井関保雄、三野純、神原直美• 録音 - 二宮健治• 効果 - 協立音響• 選曲 - 賀川晴雄• 製作進行 - 遠藤勇二、林由美子、高木昭雄、宮崎美子、四十八願恵子、小島多美子、永丘昭典• 記録 - 安藤まるみ• 美術設定 - 土田勇• エンディングテーマの歌詞は、オープニングテーマのになっている。 当初のエンディング映像は夕暮れ時の映像で、子犬が転がりながらメグの前に現れる場面の前後には木の葉が風で舞っていたが、後に夕暮れ前の映像かつ木の葉を風船に差し替えたものになった。 東映アニメーションがで配信している本作第1話のエンディング映像は、後期のものに差し替えられている。 各話リスト 話数 放送日 サブタイトル 脚本 演出 (コンテ) 作画監督 美術 1 1974年 4月1日 すてきな魔女がやってきた 土田勇 2 4月8日 あの娘はライバル 端名貴勇 伊藤英治 3 4月15日 魔女がいっぱい 木暮輝夫 土田勇 4 4月22日 わが家の灯 山浦弘靖 上村栄司 内川文広 5 4月29日 愛の魔法使い 今村文人 鈴木紀男 千葉秀雄 6 5月6日 パパは笑っちゃいられない 茂野一清 伊藤英治 7 5月13日 わがあこがれのメグ 芹川有吾 上村栄司 内川文広 8 5月20日 やつあたりの天才 雪室俊一 岡崎稔 端名貴勇 土田勇 9 5月27日 まごころの歌 永樹凡人 千葉秀雄 10 6月3日 すばらしい気球旅行 今村文人 宮崎一哉 神宮さとし 伊藤英治 11 6月10日 月よりの使者 山浦弘靖 設楽博 木暮輝夫 土田勇 12 6月17日 わんわん騒動 辻真先 芹川有吾 荒木伸吾 内川文広 13 6月24日 決闘! 魔法屋敷 茂野一清 菊地城二 伊藤英治 14 7月1日 幻の竪琴 今村文人 大貫信夫 上村栄司 千葉秀雄 15 7月8日 パパの恋人?! 山浦弘靖 岡崎稔 端名貴勇 土田勇 16 7月15日 大空より愛をこめて 宮崎一哉 神宮さとし 伊藤英治 17 7月22日 二人のメグちゃん 山浦弘靖 大貫信夫 谷沢豊 千葉秀雄 18 7月29日 古城の愛の物語 安藤豊弘 設楽博 木暮輝夫 内川文広 19 8月5日 さようなら幽霊さん 辻真先 芹川有吾 荒木伸吾 土田勇 20 8月12日 歩くのよ! ミルちゃん 今村文人 岡崎稔 端名貴勇 伊藤英治 21 8月19日 元魔女チャックバアさん 雪室俊一 宮崎一哉 神宮さとし 内川文広 22 8月26日 星はいつ海に降るか 辻真先 上村栄司 千葉秀雄 23 9月2日 恥かきべそかき大作戦 茂野一清 谷沢豊 千葉秀雄 24 9月9日 盗まれたドレス 松岡清治 大貫信夫 上村栄司 25 9月16日 幻の少年 辻真先 芹川有吾 木暮輝夫 伊藤英治 26 9月23日 魔法大合戦 山浦弘靖 岡崎稔 端名貴勇 内川文広 27 9月30日 さそり座の呪い 設楽博 荒木伸吾 土田勇 28 10月7日 赤ちゃん騒動 大貫信夫 谷沢豊 千葉秀雄 29 10月14日 天使の涙 上村栄司 30 10月21日 ふしぎないじめられっ子 雪室俊一 茂野一清 高橋信也 伊藤英治 31 10月28日 愛の山彦 今村文人 岡崎稔 端名貴勇 内川文広 32 11月4日 はばたく魔女の影 辻真先 芹川有吾 木暮輝夫 土田勇 33 11月11日 サターンの使者 山浦弘靖 設楽博 荒木伸吾 伊藤英治 34 11月18日 招かれざる客 新田義方 上村栄司 千葉秀雄 35 11月25日 うちの2階の白い馬 雪室俊一 坂口尚 谷沢豊 36 12月2日 かえらない人形たち 辻真先 岡崎稔 端名貴勇 内川文広 37 12月9日 おかしな転校生 松岡清治 茂野一清 高橋信也 土田勇 38 12月16日 遠い国行き 紙ヒコーキ 雪室俊一 設楽博 荒木伸吾 伊藤英治 39 12月23日 サンタの名はアポ 辻真先 芹川有吾 木暮輝夫 内川文広 40 1975年 1月6日 おてんば大レース! 山浦弘靖 遠藤勇二 阿部隆 伊藤英治 41 1月13日 迷子の白熊くん 辻真先 坂口尚 千葉秀雄 42 1月20日 友情の雪まつり 松岡清治 岡崎稔 端名貴勇 土田勇 43 1月27日 ひみつの雪見鳥 雪室俊一 新田義方 谷沢豊 遠藤重義 44 2月3日 やってきました反抗期 山浦弘靖 芹川有吾 木暮輝夫 内川文広 45 2月10日 友情の赤い靴 今村文人 設楽博 荒木伸吾 伊藤英治 46 2月17日 北風・春風物語 岡崎稔 端名貴勇 土田勇 47 2月24日 春はヨットに乗って 松岡清治 大貫信夫 谷沢豊 遠藤重義 48 3月3日 にんぎょうの詩 49 3月10日 風車のうた 辻真先 芹川有吾 木暮輝夫 内川文広 50 3月17日 空飛ぶカバン 山浦弘靖 岡崎稔 端名貴勇 伊藤英治 51 3月24日 タローをよろしく 松岡清治 新田義方 谷沢豊 遠藤重義 52 3月31日 帰って来たゴンベエ 山浦弘靖 芹川有吾 木暮輝夫 土田勇 53 4月7日 魔界の落第生 茂野一清 森英樹 内川文広 54 4月14日 迷子の迷子の仔猫ちゃん 今村文人 岡崎稔 端名貴勇 伊藤英治 55 4月21日 犯人は誰だ? 山浦弘靖 設楽博 荒木伸吾 土田勇 56 4月28日 白百合の秘密 新田義方 神宮さとし 遠藤重義 57 5月5日 大空高く鯉のぼり 今村文人 山本寛己 阿部隆 伊藤英治 58 5月12日 どこへ行ったのゴンベエ 山浦弘靖 芹川有吾 木暮輝夫 59 5月26日 雨の中の少女 岡崎稔 端名貴勇 土田勇 60 6月2日 若さま大サーカス 雪室俊一 新田義方 神宮さとし 千葉秀雄 61 6月16日 雨ふりおじさん 今村文人 設楽博 荒木伸吾 土田勇 62 6月23日 ま夜なか発、魔女の国ゆき 雪室俊一 遠藤勇二 森英樹 伊藤英治 63 7月7日 七夕の青い星 荒木伸吾 64 7月14日 カナヅチ騒動 山浦弘靖 新田義方 神宮さとし 千葉秀雄 65 7月21日 夢のチンチン電車 今村文人 岡崎稔 端名貴勇 遠藤重義 66 8月4日 霧の中の朝刊太郎 雪室俊一 山本寛己 木暮輝夫 伊藤英治 67 8月18日 ギターと少年 山浦弘靖 新田義方 谷沢豊 遠藤重義 68 8月25日 夏休みのあかんべぇ 雪室俊一 寒竹清隆 (芹川有吾) 木暮輝夫 伊藤英治 69 9月8日 復讐犬シグマ 今村文人 岡崎稔 端名貴勇 千葉秀雄 70 9月15日 大凧よ海風に舞え 松岡清治 西沢信孝 阿部隆 伊藤英治 71 9月22日 決戦・大魔法! 山浦弘靖 岡崎稔 端名貴勇 72 9月29日 さようならメグちゃん 芹川有吾 荒木伸吾 放送局 この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2019年4月)• (制作局):月曜 19:00 - 19:30• :月曜 18:00 - 18:30• :月曜 16:55 - 17:20• :月曜 19:00 - 19:30• :月曜 19:00 - 19:30• :月曜 19:00 - 19:30• :木曜 17:25 - 17:55• :金曜 19:00 - 19:30• :木曜 17:15 - 17:45• :火曜 16:55 - 17:20• :木曜 17:25 - 17:55• :月曜 - 金曜 17:00 - 17:30• (51話まで)• (当時の放送免許エリアはのみ)• 劇場版 本作は、『』内で2作が上映されている。 魔女っ子メグちゃん(上映)• 第1話のブローアップ版。 2011年10月21日発売の『復刻! 東映まんがまつり1974夏』に収録されている。 魔女っ子メグちゃん 月よりの使者(上映)• 第11話のブローアップ版。 同時上映は『』・『』・『』・『』・『』の5本。 夏公開の『』以来、春の『』と同年冬の『』時を除いて上映してきた「魔女っ子」アニメは、本作をもって一旦中断。 に『』が上映されるまで、4年4か月「魔女っ子」アニメは上映されなかった。 2011年11月21日発売の『復刻! 東映まんがまつり1975春』に収録されている。 1974年5月号 - 1975年 - 学園物としての要素に比重を置いた内容になっている。 後に小学館からとして発行されたが、最後の二話分が未収録となっているため、単行本としては未完の状態(1巻の表記があるものの、続巻が刊行されないまま絶版になった)であり、また掲載順が入れ替わっている。 2001年にから完全版として単行本が復刻され、未収録分と池原成利執筆による後述の小学館の学習雑誌掲載分全てが収録された。 1974年4月号 - 1976年3月号 池原成利• 1974年4月号 - 1975年10月号• 小学三年生 1974年4月号 - 1975年3月号 1975年4月号 - 1975年10月号 池原成利• 小学四年生 1974年4月号 - 1975年3月号 1975年4月号 - 1975年10月号 池あや子• 小学五年生 1974年4月号 - 1975年9月号 志村みどり• 1974年4月号 - 11月号 1974年12月号 - 1975年9月号 関連商品 レコード より発売。 のアルバム『』に収録(2004年12月22日)• 音楽CD アルバムCD より発売 ANIMEX1200 88 アニメサウンドメモリアル 魔女っ子メグちゃん COCC-72088:2004年9月 LPレコード盤のCD化。 廉価版のためジャケットは再現しているがライナーノートはない。 スペシャル・ソング・コレクション (1999年1月21日発売 CD1枚・総24曲アルバムに収録) COCX-30267 OPとEDの主題歌に収録。 音楽CD(書籍扱い) 毎日コミュニケーションズ(現・)より発売。 蘇る!東映アニメアンソロジー 03 魔女っ子メグちゃん&花の子ルンルン 2004年12月発売 DVD 東芝デジタルフロンティア(現・)より発売。 1 [2002年12月21日発売] B00007B8ZT 第1話から第36話まで• DVD-BOX 2 [2003年1月24日発売] B00007K4LF 第37話から第72話まで 備考• 1999年に発売された用ソフト『』では、神崎メグ役の吉田理保子が声優を引退してマネージャ業に専念し、郷ノン役のつかせのりこも1989年に死去していたため、両方代役が立てられている(メグ役は、ノン役は)。 関連項目• - 次作の東映の魔法少女アニメ。 主人公の一人チックル役が、本作と同じ吉田理保子。 - 次作の東映アニメーションの魔法少女アニメ。 キャラクターデザインが荒木プロ()。 - 本作のパロディドラマ。 - CM前のアイキャッチ等に本作の主題歌の冒頭部分を使用。 脚注 []• 再開後のシリーズが何作目に当たるかについて、特に公式見解は見られない。 そもそもシリーズの範囲が明確ではなく、『ルンルン』以外にもが存在する。 『魔女っ子アニメ大全集』:東映動画篇、(株)BANDAI、1993年8月20日 98頁。 なお、放送開始当初はかつてこの枠で放送され、渡辺が劇伴を担当した「」からのBGMの流用もあった。 顕章事業実行委員会『丘灯至夫生誕100周年記念誌 あの青春 この詩』 ふるさと文化の館、2016年12月3日、37頁。 『河北新報』1974年4月28日 - 1975年11月23日付朝刊テレビ欄。 『河北新報』1974年9月16日 - 1975年9月29日付朝刊テレビ欄。 『河北新報』1974年4月1日 - 1975年9月29日付朝刊テレビ欄。 『』1974年4月1日 - 1975年9月29日付朝刊テレビ欄。 『』1975年9月1日 - 9月29日付テレビ欄。 『日刊スポーツ』1975年9月5日 - 9月26日付テレビ欄。 『』1975年9月30日付朝刊テレビ欄。 『北國新聞』1975年3月6日付朝刊テレビ欄。 『北國新聞』1976年7月19日 - 7月22日付朝刊テレビ欄。 1975年夏の『東映まんがまつり』上映時期は『メグちゃん』の本放送期間と重なるが、本作からの作品の上映はなかった。 ただし1979年7月時の「まんがまつり」は一部地域のみの公開であり、全国公開の作品は、の『』まで待つ事になる。 外部リンク• [ ] 前番組 番組名 次番組.

次の