このサイトは安全ではありません。 お使いの PC はこの Web サイトのセキュリティ証明書を信頼しません。の原因

Chrome「このサイトは安全に接続できません」の対処法

このサイトは安全ではありません

Safariでブラウジングしているとき、アドレス/検索窓に 「安全ではありません」という警告が出るようになったのは、iOS11. 3(macOS10. 4)にアップデートされた頃から。 当時はサイトの証明書の期限が切れていたり、有効でないサイトでパスワードやクレジットカード情報の入力を求められたりする場合に表示されていましたが、iOS12. 2以降(MacOS10. httpsとは、http=Hyper Text Transfer Protocolの末尾に「Secure」が加わったインターネット接続プロトコル。 閲覧するだけなら基本的には問題ないといわれています。 しかし、なりすましサイトが横行している昨今、サイト管理者に悪意があれば、情報を抜き取られる可能性も否定はできないということを覚えておいてください。 たとえば、かかりつけの医院や行きつけの飲食店、カルチャースクールやスポーツジムなどのWebサイト。 営業時間や定休日、プログラムなどを確認するために定期的にチェックしている人も多いのでは? たとえこうしたサイトで「安全ではありません」の警告が出ていたとしても、文字色がグレー(ダークモードでは白)の場合は閲覧するだけなら問題ないでしょう。 気をつけるべきは、赤字で「安全ではありません」と表示されたとき。 IDやパスワード、クレジットカード番号など個人情報の入力が必要なWebサイトにもかかわらず、暗号化技術が採用されていない場合は、赤字で「安全ではありません」と表示されます。 このような警告が出たときは、情報が抜かれる危険性があるので入力は控えるようにしてください。 「安全ではありません」の警告が出ていない場合、アドレス/検索窓のURLの左側に施錠マークが表示されますが、鍵がかかっているからといって絶対的に信頼できるというわけではありません。 最近では、httpsで始まるフィッシング詐欺サイトも増加しています。 初めて利用するサイトで個人情報の入力を求められたときは、URLとサイト名で検索をかけるなどして、信頼性を再確認するよう習慣づけてください。

次の

保護されていない通信。この接続は安全ではありません。注意してください。とブラウザに警告が出る理由

このサイトは安全ではありません

このサイトは安全ではありません、など警告文が変わる場合もあります Webサイトを見ていて違うサイトへ移動すると、「このWebサイトのセキュリティ証明書に問題があります」とエラー表示されWebサイトが開けません。 海外などのWebサイトであれば、サイトそのものが怪しいのかなと思いますが、日本企業のWebサイトで表示されたら理由がわからず不安ですよね。 その先に進んでも良いのか悪いのか、それともパソコンのトラブルなのか不明です。 今回は、「このWebサイトのセキュリティ証明書に問題があります」エラーの意味と対処法をレポートしましょう。 【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ 深刻な警告文なので要注意です! 「セキュリティ証明書」と聞くとピンと来ない方も多いかと思いますが、「 セキュリティ証明書に問題があります」とは、つまりで表現すれば「 Webサイトのセキュリティ対策に問題が生じている」というかなり深刻な警告文です。 具体的にセキュリティ証明書とは暗号化通信の核です。 セキュリティ証明書イコール暗号化(https)と読み替えても間違いではありません。 ちなみに暗号化することで、通信内容の盗聴や改ざんの心配がなくなり、暗号化の仕組みの関係で、偽サイトではないことも証明されます。 Webサイトの設定ミスでも起こりますが、異常であることに間違いありません。 httpsは本来、そのようなセキュリティを高めるものです。 エラーが起きているとすれば、むしろ、攻撃を受けているような非常事態という解釈になります。 パソコンの問題もあり、その確認方法 まずは深刻な警告文と判断したいところですが、Webサイトではなく、パソコンの問題というケースもあります。 GoogleやYahoo! 、All Aboutといったhttpsのサイトを開いてみて、他のサイトでも同現象な場合は、お使いのパソコンにトラブルが起きています。 Webサイトの問題ではありません。 パソコンのトラブルだった場合ですが、解決方法はパソコンの初期化しかないでしょう。 ただ、パソコンの時計が合っていないという軽度なトラブルが原因の場合もあり、時計だけはチェックしておきたいところです。 警告が出てしまったサイト、開くとどうなる? 「このWebサイトのセキュリティ証明書に問題があります」と表示されたWebサイトを開いたらどうなるのでしょうか。 暗号化になっていないため、もしパスワードやクレジットカードを登録してしまったなら、入力した情報が漏えいする可能性があります。 また表示されたURLとは違う、偽サイトに接続している可能性もあります。 それでも閲覧するしかない場合は 特別な事情などで閲覧するしか選択肢がない場合ですが、ブラウザ内に表示される「詳細情報」から進むと警告のあるWebサイトを閲覧できます。 jpは日本企業を表します 2017年9月、Googleの発表によると、管理に不備がありシマンテック社の発行するセキュリティ証明書をエラー表示にするとのことです。 Mozilla Firefoxも検討中とのこと。 Google Chromeは、2018年4月のアップデートから同社のセキュリティ証明書がエラー表示になる予定です。 同社のセキュリティ証明書を使うWebサイトは更新が必要ですが、そこまでに作業が間に合うのかどうかとても心配なところです。 しばらくは「このWebサイトのセキュリティ証明書に問題があります」のようなエラーメッセージが続くかもしれませんね。 このようにちょいちょい目にすると、「実際のところとしては、Webサイトの設定ミスレベルの話しなんだろうな」なんて軽く考えてしまいそうですが、油断せずに立ち止まりたいところです。 この警告文が表示されただけでは、それでも開こうとクリックしなければ、問題ありません。 【関連記事】 ・.

次の

「安全ではありません」と出る理由は?SSL化すれば解除される!対処法・手順まとめ

このサイトは安全ではありません

Windows10 で Google や Youtube を見ている時に突然「このサイトは安全ではありません」というエラーが出たというトラブルを相談されました。 こんなエラーが出ていました。 このサイトは安全ではありません だれかがユーザーを騙そうとしているか、サーバーに送信されたデータを盗み取ろうとしている可能性があります。 このサイトをすぐに閉じてください。 通常このエラーはウェブサイトのセキュリティ証明書の有効期限が切れている時に表示されるエラーです。 ウェブサイトの担当者がうっかり証明書の更新を忘れてしまった場合などに出ます。 しかしあの天下の Google や Youtube でそんなミスは考えられません。 切り分けに他のブラウザで見てみました。 すると、正常に見る事ができたので Edge だけの問題という事がわかりました。 対処方法 色々試行錯誤してわかった原因は キャッシュでした。 溜まりすぎたキャッシュは時折様々な不思議な不具合を引き起こします。 そのキャッシュをきれいさっぱり削除しましょう。 画面右上の「…」ボタンを押してメニューを開き、設定を選択します。 左メニューより「プライバシーとセキュリティ」を選択し、「クリアするデータの選択ボタン」を押します。 Cookie と保存済みのWebサイトデータ• キャッシュされたデータとファイル この2つにチェックマークを入れてクリアボタンを押します。

次の