ミャンマー 転職。 ミャンマーへ転職の進め方とは?ミャンマーへの転職を成功させるために知っておきたいこと

「ミャンマー」を含む転職・求人情報

ミャンマー 転職

記事の目次• ミャンマーの概要 ミャンマーの基本情報 ミャンマーは、インドやタイ、中国、ラオス、バングラデシュと隣接する東南アジアの国です。 面積は68万平方キロメートル。 人口は約5141万人です。 ミャンマーへの行き方 現在、日本からミャンマーに行く直行便は成田からヤンゴンまでの1日1便しかなく、フライトは約8時間かかります。 ミャンマーは近年、日系企業の進出が急激に増加している国のひとつ。 日系企業のミャンマー進出 インフラの整備が進んでいること、人件費が安いことなどがその理由です。 日系企業だけではなく、中国や韓国の企業進出も進んでいるため、今後はミャンマー進出を巡る競争が激化することが予想されます。 ミャンマーの気候 ミャンマーは南北に細長いため、地域によって気候が異なります。 北部は温帯に、中部・南部は熱帯に属します。 季節 いずれにしても1年は、暑季(3月~5月中旬)・雨季(5月下旬〜10月中旬)・乾季(10月下旬〜2月)の3つのシーズンに分かれます。 ヤンゴン 暑季は35度以上を超える厳しい暑さ。 雨季は降水量が多くなり、影響が出ることもあります。 最も過ごしやすいのは乾季です。 湿度が低く、日本の初夏のように過ごしやすくなります。 マンダレー 暑季は暑さが厳しいシーズン。 雨季でも降水量は多くはありませんが、蒸し暑くなります。 乾季は平均気温は25度と過ごしやすいですが、気温が13度くらいまで下がり寒く感じる日もあります。 ミャンマーは多民族国家ですが、最も多いビルマ族が使用する言語がこのビルマ語です。 また、イギリスの植民地だった経緯と、英語教育が行なわれている背景から、英語が通用する人も少なくありません。 ミャンマーで日本人の多い地域 ミャンマーで日本人が多く住んでいるのは、ヤンゴンです。 その中でも、 必要な書類• 日本大使館発行の在留届提出済証明書(必要な場合のみ)• 居住物件の賃貸借契約書• パスポート• Form26(事業体の役員の一覧を記載したもの、現地法人の場合)• Form1(営業許可証)• Certificate of Incorporation(法人登記、現地法人の場合)• Certificate of Registration of Branch Office in Myanmar(支店の登記を証する書類、支店の場合)• Form18(支店に所属する役員の一覧を記載したもの、支店の場合)• 居住地区からの推薦状(必要な場合のみ)• 顔写真• 雇用契約書• 納税証明書• 雇用者のリスト 必要に応じて、他の書類も求められる場合があります。 その際、上記1. で用意した書類およびAppointment Letter(辞令、日本語の場合は英訳する。 ただし提出を求められないケースもある)などを添付します。 経済特区法に基づき設立された会社の場合には、SEZ内のワンストップサービスセンター(OSSC)宛に提出します。 在留許可、数次ビザの発給を申請 入国管理・人口省入国管理・人口局(Ministry of Immigration and Population, Department of Immigration and Population)に宛に申請します。 注意点・備考 外国人(特にマネージャー以上の役員)が人事異動等で交替する場合は、DICAに必要書類を届け出て、Form26またはForm18の変更手続きを行う必要があります。 その他の手続き 1. 外国人登録 3カ月以上滞在する外国人は、外国人登録を入国管理局で行い、外国人登録証(Foreigner Registration Certificate:FRC)を入手する必要があります。 ミャンマーへの転職の進め方 ミャンマーで働くには3つの方法があります。 現地採用• 海外駐在員• 大使館勤務 現地採用 現地採用とは、ミャンマー現地の企業で採用される働き方です。 現地採用には営業職など20代や30代前半の方が多い印象です。 ミャンマー駐在員 ミャンマー駐在員とは、日本の会社からミャンマーの子会社もしくは関連会社に出向する働き方です。 管理職など30代、40代、50代の方が比較的多いです。 大使館勤務 ミャンマー大使館では、経済協力調整員という国際協力を行う人材を募集していることがあります。 狭き門ですが、開発学などの知識がある方は狙ってみると面白いでしょう。 在ミャンマー日本国大使館: ミャンマーでの就職活動 日本の会社を辞めてからミャンマーへの就職活動をしよう、などと考えるのはおすすめではありません。 転職活動は現役で働いているほうが有利です。 時間は限られていますので、できるだけ効率的に海外への転職活動をしましょう。 スムーズにミャンマーへの転職を進めるためにも、時間を有効に使い上手に転職活動を進めていきましょう。 ガス田開発のMoattama Gas Transportation• パイプライン建設のTanintharyi Pipeline• 食品のMyanmar Brewery• 金融のKanbawza Bank、Myawaddy Bank• 製造のMyanma Economic Holdings• 卸小売のMyawaddy Trading、Shwe Byain Phyu などがあります。 Myawaddy Bank、Myanma Economic Holdings、Myawaddy Tradingは軍系の 財閥である Union of Myanmar Economic Holdings(UMEHL)のグループ企業です。 UMEHLは宝石、縫製、木材、タバコ、飲料、電子機器、コンピュータ、小売、金融、ホテル、通信などありとあらゆるビジネスを展開しています。 そのほかに、財閥ではKanbawzaグループもミャンマー経済に大きく貢献しています。 また、精米、木材、建設、ホテル、運輸業などを展開するHtooグループも大きな財閥です。 ミャンマー求人を扱う転職サイトに登録する 初めてミャンマーへの転職活動をする方は、まず転職サイトに登録してみましょう。 職務経歴などを記入するとスカウトなども受けられます。 しかし、まず自分の希望する転職市場がどのような状況であるのかをあらかじめ確認しておきましょう。 ミャンマーで求められる人材 ミャンマーでは即戦力となる人材が求められることが多いです。 自分のスキルやキャリアを整理していきましょう。 いろいろ思い出したり考えたりして、最終的には「職務経歴書」を作成することになります。 自分の勤務している会社の簡単な内容、自分の職種でどのような業務をしているか、その範囲や深さもきちんとまとめます。 即戦力人材が求められる 会社で表彰されたとか、トップセールスになったとか特に大げさなことでなくてかまいません。 それを後で絞り込んでいきます。 自分の活躍は自分では意外と気がつきにくいものですから、よく思い出してみましょう。 経験や実績を伝える 職務経歴書を書くときは「主要遂行職務」と「実績」を中心に記入していきます。 どのような職務を任され、どのような動きをし、どのような結果を出したのかをまとめていきます。 転職回数の多い方やアピールしたいことが多いとつい文章が長くなってしまいますが、読む立場のことも考えて、簡潔に、わかりやすく書くことが大切です。 【海外求人をチェックしたい方はこちら】• (未経験から幅広く求人を探す)• (海外で働ける求人を探す)• (海外勤務・外資系を狙う年収600万円以上の方) 日系企業・外資系企業の転職先の調査 ミャンマーには日系企業、外資系企業、ローカル企業など選択肢は様々あります。 いざ転職をするつもりで調べてみると、今自分のいる業界のことでも意外と知らないことが多かったりします。 ミャンマーには約376社(2018年5月時点)の日系企業が進出しています。 最近では自動車関連の企業の進出も加速し、今後の日本語人材の需要は伸びることが予想されます。 ミャンマーの就職活動では、大手企業から中小企業まで、転職の際には少し視野と裾野を広げて募集を探すことをおすすめします。 海外転職エージェントを上手に活用 転職エージェントへの登録はちょっと面倒だと思われる方も多いと思います。 確かにパソコンやケータイだけで済む転職サイトよりも入力項目が少し多いのは事実です。 また、どうしてもやらなくてはいけないというものでもありません。 でも、転職エージェントには転職サイトだけでは得られないメリットがあります。 転職エージェントのメリット 特定の業界に特化しているエージェント、リクルーターがいる 例えばですが、外資系に転職したい場合、外資系専門のエージェントがありますし、アパレルに転職したいのならアパレルに強いエージェント、海外には海外に強いエージェントがあります。 そして、そのエージェントには業界の情報に詳しいリクルーターがいる場合があります。 ですから ネット上では出てこない業界の情報を聞くこともできます。 筆者の場合、日用品製造メーカーに新規参入した企業に転職したことがあるのですが、その母体がアパレル企業だったのです。 その際にアパレルに強いリクルーターに相談したところ、その母体の企業情報を詳しく聞くことができ、大変参考になったことがあります。 クローズドの海外求人情報を持っている 海外の求人情報は全部がオープンになっているわけではありません。 業界によっては求人があってもほとんど表に出てこない場合もあります。 そういった場合、企業はエージェント経由で人材を探している場合があります。 イメージとしてはヘッドハンティングに近いものです。 いろんな人が応募してくる公募ではなく、 より理想に近い人材だけを探しているわけです。 そういった情報をつかむためにも転職エージェントに登録しておけばクローズドの情報も掴めるケースがあります。 話をすることでセールスポイントが見えてくる 転職エージェントは多くの場合、登録者と面接をし、お互いに情報交換をしています。 そういう意味ではエージェントは転職させるプロです。 彼らは「いかにあなたを高く売るか」と考えてくれます。 ですから 自分では見えていなかった自分のキャリアやセールスポイントのアドバイスをくれたりします。 また、職務経歴書などの書き方のアドバイスをしてくれることもありますので、おつきあいしておくと便利なこともあります。 求人がしっかりしている 大手の転職エージェントを使えば、ビザの出ない違法労働、給料が支払われないブラック企業などを避けることが可能になります。 何かと不安の多い海外就職では大手のエージェントを使うことで危険を回避することができるのです。 転職エージェントのデメリット では転職エージェントに登録するデメリットはあるのでしょうか。 強いてデメリットを上げるとすると、 「役に立たないエージェントもいる」ということでしょうか。 情報をくれたり親身になってくれたりするエージェントもありますが、登録しても何の案件も紹介してくれないエージェントもいます。 また、最初のうちは何件か案件を紹介してくれてもあなたのことを「売り物にならない」と判断するとあっという間に疎遠になったりします。 ですから、過度な期待を抱かず、情報をくれたらもうけもの、くらいのイメージで登録しておくとよいでしょう。 転職の情報源は多いに越したことはないのですから。 【20代向け】• 【30代向け】• 【40代向け】• 【50代向け】 まとめ 上記のことが終了したら、いよいよ海外求人案件に応募することになります。 最後に在職中の海外への転職活動の進め方でお伝えしておきたいことがあります。 それは、 「どんなことがあっても絶対会社のパソコンで転職サイトを見ない」 ということです。 サイトを見たあと履歴を消してもダメです。 転職活動を会社に知られるのはあまりいいことではないのはもちろんですが、会社のパソコンで転職サイトにアクセスしていることを知られると企業によっては処分されることがあります。 会社のパソコンだとアクセスログが残るから、仕事中に転職サイトをみるのは絶対やめよう! 「うちの会社はそういうのゆるいから」と思って油断してはいけません。 普段は何事もなく関係ないサイトを見ていてもおとがめなしだとしても、会社側はあなたがどんなサイトを見ているかばっちりチェックしている場合があります。 特に在職中に転職活動をする方はやってしまうことがあるので、これだけはくれぐれも注意して転職活動を進めてくださいね。 上手にミャンマー就職・ミャンマー転職をするには ミャンマーで理想の仕事を見つけるには、転職サイトを使い、 気になる求人をストックしておくことが大事です。 情報収集が進めば、より具体的にミャンマーにいる自分をイメージできるはずです。 以下の転職サイトは待遇がしっかりとした求人が多いので、不安の多いミャンマー転職でも安心して利用できます。 登録は3分程度、利用は全て無料です。 今しかできないミャンマー生活をあなたも楽しんでみませんか?.

次の

ミャンマー生活の魅力とは?在住日本人が生活して感じる5つのコト

ミャンマー 転職

勤務地から海外求人を探す• 国内勤務地から外資系求人・語学を生かせる求人を探す• 職種からグローバル求人を探す• 言語からグローバル求人を探す• 業種からグローバル求人を探す• 特徴から転職・求人情報を探す• 雇用形態からグローバル求人を探す• 経験からグローバル求人を探す• 人材紹介案件の転職・求人情報を探す• 海外転職ノウハウ• 関連サイト• 英語・中国語など言語を生かした転職など海外の豊富な転職・求人情報はマイナビ転職グローバル。 「ミャンマー」を含む求人・転職情報などご希望の条件からあなたに合った求人選びができます。 豊富な転職ノウハウであなたの転職活動を支援する転職サイト【マイナビ転職】•

次の

ミャンマー人 求人採用サイト|外国人求人ネットACE

ミャンマー 転職

ミャンマーは2011年に軍事政権から民政化した後、外国企業の進出が活発化しており、日系企業も、進出ペースを加速させています。 2015年1月時点で200社以上が進出、それに伴い現地に駐在する日本人も増えています。 現地に駐在する人間を募集する求人も出てきていますが、まだまだ数は限られています。 出張ベースとなる求人も含めても、数えられるほどであり、ミャンマーと関わる仕事に就けるチャンスは、現時点では低いと考えてください。 これからの国と考えたほうがいいです。 ただし、現時点でも求人が発生しているのも事実なので、興味がある人はミャンマーの求人案件を扱っている転職エージェントにコンタクトしてみてください。 下記の2社であれば、取り扱い実績が比較的多いので、今現在も案件を保有しているかもしれません。 8万件以上の求人案件を保有する国内最大手転職エージェント。 海外勤務案件の取り扱いに力を入れており、世界各国への駐在案件を扱っています。 ミャンマー駐在の求人の取り扱い実績もあるので、要チェックです。 現地に進出している日系商社やメーカーからの求人が中心です。 営業、工場管理(生産管理、生産技術、品質管理、技術指導等)、輸出入業務、物流管理といった職種で募集がかかるケースが多いようです。 また、ミャンマーに開発拠点を置くIT企業(システム開発会社、アプリ開発会社等)からのブリッジエンジニアの募集案件もカバーしています。 外資系企業、日系グローバル企業専門の転職会社。 アジア・太平洋地域を中心に、海外各国における駐在員を募集する求人を多数保有しています。 数は少なくなりますが、ミャンマーへの駐在を前提とした採用となる求人も扱っているので、要チェックです。 大手ゼネコン、設計事務所、建築・開発コンサルティング会社など、建設・土木業界関連の求人が中心となりますが、IT企業、メーカー(電子機器、機械、精密部品、化学・素材など)からの求人もカバーしています。 職種に関しては、技術者やエンジニア、設計を募集する求人が多くなりますが、現地拠点の事業管理者、プロジェクトマネージャーといった管理職レベルの求人も出ています。 また、デジタルマーケターなど、『現地で、こんな仕事があるの?』と不思議に思うほど、意外な求人が見つかることもあり、募集職種の幅は広いので、ミャンマー駐在のチャンスを狙っている人は、とりあえず一度は、JACにコンタクトしておくことをオススメします。 (海外ビジネス経験者を募集する求人の取り扱いにシフトしているためです。 ) そのため、海外経験がないという人の場合、リクルートエージェント、もしくはマイナビエージェントといった転職会社のほうがオススメです。 特に、マイナビは若手層の転職支援に力を入れているので、35歳ぐらいまでの人であれば、職歴などを問わず、採用するという企業からの求人を多数保有しています。 海外駐在案件に関しても、本人の意欲が高ければ、それで良しとする企業が少なくないので、未経験という人にもチャンスがあります。 (そのかわり、本気度については、厳しく見極められるので、注意してください。 ) 韓国語・中国語・英語を活かせる仕事の紹介に特化している人材紹介会社。 ミャンマーに進出する中国企業からの求人を扱っており、日本語と中国語が出来る人材を募集する案件の取り扱い実績があります。 ミャンマーは中国資本の進出が活発であり、今後も現地駐在の案件が出てくる可能性があるので要チェックです。 ミャンマーの求人事情 ミャンマーに進出している日系企業ですが、メーカー(自動車部品、産業機械、一般消費財)とIT企業が中心です。 プラス、商社や物流企業(運輸会社)、建設会社といった業種となり、こういった企業から現地に駐在出来る人材を求める求人が発生しています。 また、ミャンマーに進出している中国企業からの人材募集案件も出ています。 日本採用、ミャンマー赴任という形になるので、給与は日本の相場を基準に決定されます。 日本語、英語に加えて、中国語が出来る人材が求められるケースが多くなっています。 語学のハードルが高くなりますが、それだけにスキルを満たす人は即採用となる可能性が高いので狙い目です。 【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。 現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。 (年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。 ) 業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。 職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。 なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。 年収1000万越えの案件が揃っています。

次の