メタル ウルフ カオス 海外 の 反応。 『メタルウルフカオスXD』のユーモアが世界的にウケる理由とは。インタビュー&プレイレビュー【E3 2019】

『メタルウルフカオス XD』レビュー。レッツパァリィィ! 全アメリカ国民の諸君! 15年ぶりに味わえる濃厚な大統領魂を感じろ!

メタル ウルフ カオス 海外 の 反応

基本情報 発売日 2019年8月6日 対応機種• PlayStation 4• Xbox One• Windows メーカー• 国内発売:フロム・ソフトウェア• リマスター版での変更内容 本作は2004年12月にXbox専用ソフトとして発売された「METAL WOLF CHAOS」を、現世代機向けに調整したリマスター版となります。 オートセーブ機能を追加するなど、現世代向けのアップグレードが施されています。 ストーリー 出典: 21世紀に入り四半世紀が過ぎ去ろうとしていたとき、全米各地で放棄した大規模なクーデター軍により、軍部などすべての中枢機関が掌握されてしまいました。 その危機に立ち上がったのが、第47代アメリカ合衆国大統領であるマイケル・ウィルソンです。 秘密裏に開発していた「特殊機動重装甲」を身にまとい、アメリカに自由を取り戻す戦いに挑みます。 爽快な破壊アクション 出典: ウィルソンが操るのは、最新鋭のパワードスーツ「メタルウルフ」です。 驚異的なパワーとスピード、そして多彩な重火器を駆使して敵勢力をせん滅する爽快感を味わってください。 マシンガンやショットガン、バズーカなど、両手に装備した重火器は、その場で換装し戦況に合わせて使い分けることができます。 ミッションクリアで新しい重火器を開発し、メタルウルフの武装を強化しましょう。 圧倒的な破壊表現が織りなす「制圧と破壊のカタルシス」を堪能しましょう。 キャラクター マイケル・ウィルソン 出典: 第47代アメリカ合衆国大統領。 大統領就任前には、軍人として世界各地の紛争で活躍した英雄です。 悪の副大統領からアメリカの自由と正義を取り戻すため、メタルウルフを駆り一人戦います。 リチャード・ホーク 出典: クーデターの首謀者であり、アメリカ合衆国副大統領。 ウィルソンの親友ながら、常に強い劣等感を抱いていました。 強い選民思想と、大統領を屈服させたいという思いから、クーデターにより全米を制圧しました。 ジョディ・クロフォード 出典: 大統領秘書官。 ペンシルバニア大学を首席で卒業したエリートです。 クーデターでホワイトハウスが混乱する中、自ら大統領のオペレーターを志願し、作戦行動をサポートします。 メタルウルフカオスXDのTwitterつぶやき.

次の

[B! メタルウルフカオス] メタルウルフカオスを見た海外の反応

メタル ウルフ カオス 海外 の 反応

ワタクシ政治のことは面倒くさくてよく分からないのですが、 とりあえず今回のアメリカ大統領選で分かったのは、 「メタルウルフカオスが今も大人気だった」 …ということでした。 きのうはtwitterのタイムラインがアメリカ大統領大喜利状態だったので、 せっかくだから何か1個ぐらい投稿してみようと思い、 我が心のバカゲー『メタルウルフカオス』ネタをしれっとツイートしてみたのでした。 12年近く前のゲームだし、 しかも初代XBOXでしか発売されなかったので、 適当にスルーされて終わりだろうと思っていたのですが、 当方の予想以上にリアクションがあって驚いた次第。 …というか、 今回のアメリカ大統領選に合わせて、 ここぞとばかりに『メタルウルフカオス』ネタを投稿した人の多いこと多いこと。 なぁぁぁぁんだ、みんなこのゲームが好きなんじゃないか!と嬉しくなったのでした。 発売日当日に買った「メタルウルフカオス」のソフト。 ワタクシ当時雑誌か何かでこのストーリーを読んで、 発売日当日にこのソフトを購入しました。 「これは歴史に残るバカアクションゲームになるぞ」と直感的に思ったんでしょうね…。 実際、発売から12年経った今もこうしてtwitterでプチ祭り状態になったわけですから、 自分の予測も間違ってなかったのではないかと。 悪人顔の副大統領(右) ゲーム自体もあらゆる物を破壊しまくることが可能な爽快な内容でしたね~。 公式サイトで壁紙を配信してたっけなぁ…。 ジョディ・クロフォードの元ネタは、 『羊たちの沈黙』のジョディ・フォスターと、 スコット・グレンが演じたジャック・クロフォードでしょう、多分。 トランプ政権がどうなるか分かりませんが、 駐日アメリカ大使にジョディ・クロフォードみたいな人を呼んできたら、 日本でも人気が出るんじゃないですかね(適当)。

次の

ニンジャブレイドとは (ニンジャブレイドとは) [単語記事]

メタル ウルフ カオス 海外 の 反応

今年のE3でもDevolverはE3本会場のロサンゼルス・コンベンション・センター近くの駐車場でイベントを開いていた。 前年度、ので、筆者はてっきり今年は開かれないと思っていたが、やっぱり開催していたのだ。 どうやって話を付けたのか謎だが、ともあれ、今回はDevolverのブースで発表されたばかりの『METAL WOLF CHAOS XD』をプレイする機会をいただいたのでレポートしたいと思う。 あらためて説明すると『メタルウルフカオス』はフロム・ソフトウェアから2004年に発売されたXbox用のタイトルだ。 日本ではカルトゲームとしての知名度は高く、初代Xboxタイトルということで、中古ソフトでもプレミア価格となっている。 今回の試遊では日本側との調整を行っているザック・ハントリ氏から、本作のリメイクの経緯が説明された。 本作は日本でしか発売されなかったため、アメリカでは日本以上にカルトゲームであったそうだ。 だが近年、『メタルウルフカオス』を手に入れた数少ない海外ユーザーが実況動画を公開すると、凄まじい再生回数となった。 その理由はだいたい予想がつくと思うが、アメリカ大統領が変な英語でロボットに乗りこみ、副大統領と戦うという荒唐無稽な設定によるところが大きいだろう。 案内してくれたザック・ハントリ氏。 そこで2年前、Devolverはジョークでフロム・ソフトウェアに「フロム・ソフトウェアが助けを必要とするならば、より多くのゲーマーのために『メタルウルフカオス』をリリースする手助けするよ」とツイートした。 Count us in to help Metal Wolf Chaos get out to more gamers if From Software wants some help. — Devolver Digital devolverdigital この手のDevolverのふざけたツイートはふざけたカンファレンスと同じくらい珍しくなく、過去に彼らの(ニセモノの)CFOのFork Parkerからはセガに『シーマン』のリリースを持ちかけている。 だが、『メタルウルフカオス』に対するオーディエンスの反応は熱狂的ですぐに大量のリツイートが集まり、Devolverも冗談ですまなくなってきたようだ。 Hey please let us nerds at have the license to create a new Seaman game. Pretty please. というのも、フロム・ソフトウェア自身は『メタルウルフカオス』が海外で伝説のゲームになりつつあることは知っていたが、確信は持てずにいたからだ。 そのため、Devolverがツイートを見せた結果、「こんなにプレイしたがっている人がいるのか」と驚いたようだ。 それが2年前のことで、以来、連絡を取り合って今回の発表までこぎつけたという。 今回のバージョンは『METAL WOLF CHAOS XD』と名付けられているが、Devolverによるとリマスターではないそうだ。 というのも、オリジナル作品はアメリカでリリースされていないから、リマスターではなく、「日本のゲームをインポートし、現世代機向けにリリースするもの」と考えているとのこと。 ゲーム内容自体に変化はないが、画面の解像度や操作系は現代に合わせてアップグレードし、オリジナル作品を意図された形で体験できるようにしたという。 海外のユーザーにとってオリジナル作品のおもしろいところは、全編英語のボイスオーバーがついているとだそうだ。 設定上、キャラクターは全員アメリカ人であるため、日本発売時も英語ボイスと日本語字幕という形であったが、その珍妙なフレーズやもったいぶった話し方(特にオペレーターのジョディ・クロフォード)は英語圏のユーザーにはツボらしい。 実際、今回の試遊でも海外のメディアは始終大爆笑していた。 そのため、今回のリメイクでは、オリジナルの英語のボイスオーバーをすべてそのままにして、UIだけ英語にローカライズしたそうだ。 変な設定、変な英語、変な演出に大興奮する海外メディアの皆さん。 そこで肝心のプレイレポートだが、ぶっちゃけいうと筆者はオリジナル版をプレイしたことがない。 そのため、オリジナルとの比較はできないが、操作にはすぐに慣れ、ゲーム自体は単純だが、爽快なロボットシューティングとなっている。 あとはジャンプしてダッシュして左右の武器をLRのトリガーで撃ちまくるだけ。 試遊は大統領機「メタルウルフ」がエアフォースワンに搭乗するところで終了した。 ゲームはシンプルだが、演出やテンションのバカらしさは今やっても確かにおもしろい。 個人的にはアメリカ軍が使用する武器をローテーションで切り替えるのがなんともシュール。 M4カービンやミニガンで反乱軍にお仕置きしたり、轢き殺したり、名前の通りカオスな展開だ。 本作は今年の夏リリース予定。 他の情報についてはも参照してほしい。

次の