ロマンスカー サルーン。 小田急ロマンスカーVSEの展望席に乗ってきたよ

ロマンスカーのサルーン席ですが、JR九州の特急のほうがお洒落だと思いますか...

ロマンスカー サルーン

箱根から新宿方向ロマンスカー後展望席眺望と座席選びの参考 みんがです。 2020年の2月に箱根に行く用事があり、帰りは 箱根から新宿に移動だったので、 人生初のロマンスカーに乗ることにしました。 生まれて初めてロマンスカーに乗車するので、 せっかくなら 展望席に座ってみたいと思いました。 そこで、ロマンスカーの 展望席を予約するという段階になって、 座席によって 眺望や 雰囲気が違う事がわかり、 席の選択について 迷ってしまいました。 旅は、事前の準備をする事もまた楽しみなものですが、 私のような、ロマンスカー初心者は座席選びひとつにも迷ってしまうかと思います。 そこで、今回の私の経験が、何か参考になる事もあるかも知れないと思い、 今回の ロマンスカー初体験を記事にしました。 この記事では、 箱根発新宿行きの ロマンスカーの 予約から 乗り場の様子、 後展望席の 眺望と座席位置による 雰囲気の違い、 私の考えるロマンスカーの おすすめの座席について書いています。 2020年2月の段階の情報の為、現在は変わっている事もあるかも知れませんので、 最新の 情報や 運行状況は、 小田急電鉄の公式ページなどでご確認をお願いいたします。 ロマンスカーについて 鉄道関連には全く知識のなかった私は、 この時までロマンスカーというものがある事も知りませんでした。 小田急ロマンスカーとは、小田急電鉄が運行する特急列車の総称です。 昭和25年(1950年)頃に登場したようです。 当時、 映画館で横並びの 二人で座る座席が流行っていて、 それが 「ロマンスシート」と呼ばれていたことから、 ロマンスシートに近い座席の配置である事にちなみ 「ロマンスカー」と 命名されたということです。 展望席とは ロマンスカーには、 一般の座席のほかに、 「前展望席」「後展望席」「サルーン席」という座席があります。 初めて小田急ロマンスカーに展望席が設置されたのは1963年だそうです。 サルーン席とは、半個室に区切られた座席で、座席表のオレンジ色の部分です。 ロマンスカーの予約方法 ロマンスカーの座席は 全席指定席になっています。 展望席は特別料金なしの一般料金(運賃+特急料金)で乗車できます。 サルーン席はサルーン料金がかかります。 ロマンスカーの特急券の予約はインターネット、電話、窓口にて予約することができます。 乗車券の購入はインターネットか窓口で出来ます。 特急券の予約・発売は、乗車日の1ヶ月前の10時から取り扱いしています。 私は、今回はインターネットから予約のみを行い、 予約の際に電子特急券情報を自宅で印刷して、当日窓口で乗車券を購入する形にしました。 新宿行きの進行方向に対して左側となる、 C,D側の座席に座りました。 後展望席とは、名前の通り進行方向に対しての後部にあたります。 下の列車の写真で見ると、これが後部です。 写真に向かって右側がA,B席、向かって左側がC,D席になります。 4列目以外は反転できるタイプもあるようですが、 反転しては展望席の意味があまりなくなってしまうので、 後展望席の場合には、基本的には進行方向に対して 後ろ向きに座る事になります。 後展望席について調べている途中で、進行方向に対して後ろ向きに座席に座った時、 後ろに進む感覚が気持ち悪くならないのか心配だったのですが、 実際に列車が走り始めてみると、動き始めは新鮮な感じで面白かったですし、 最前列は眺望が開けているので圧迫感もなく、すぐに慣れました。 近い感覚は、ジェットコースターが登る前に後ろ向きに進行する感じかも知れませんが、 後ろ向きに進む事については、私はすぐに気にならなくなりました。 景色の上での大きなイベントとしては、 箱根から新宿方向であれば 富士山はC,D席側に見えて来ますが、 1列目の場合は、A,B席側に座っていても全体的に見渡すことが出来るので 富士山の眺望にはあまり影響がありませんでした。 もし、富士山が見たいと思っていて、展望席の1列目が取れなかった場合は、 座席の左右によって見え方が変わってくると思いますので、予約の際は注意が必要です。 主に、自分の席の横の景色が見えています。 私の印象としては、「 展望席の 1列目以外の 眺望は、 一般車両とあまり違いがない」 ように感じました。 ロマンスカーのおすすめの座席 ロマンスカーの 醍醐味を味わうには、 展望席の 1列目が最も良いと思います。 ですが、前展望席は人気が高く、すぐに売り切れてしまうそうです。 後展望席は、わりと1列目も空いていたりすることがあります。 例えば、前展望席の1列目がすべて売り切れていて、2列目が空いてる場合、 もしも後展望席の1列目がまだ残っていれば、個人的には後展望席の1列目をおすすめします。 また、展望席の次の車両の一般席の最前列も良いと思います。 写真は後展望席方向からの撮影なので、一般席は進行方向に向けて反転されていますが、 もし、2号車の1列目を反転させて座ると、 展望席と2号車の間にスペースがあり視界が開けています。 おそらく、展望席の2列目以降よりも前の席による圧迫感は少ないと思います。 また、同じように、前展望席と次の車両の境目も広くなっています。 前展望席の1列目が取れなかった場合は、前展望席の次の車両の1列目に座るのも、 視界が広いという点ではポイントになると思います。 お弁当 ロマンスカー車内では、季節にあわせたお弁当、軽食、飲み物を販売しています。 予約の際は、乗車する列車の日時と席番号を聞かれます。 お弁当は、あっさりとした味付けで美味しく頂きました。 それから、食事をしたり飲み物を置いたりするテーブルは、 座席のひじ掛けの左側に納められていました。 私は、本当にロマンスカー初心者で、お弁当の置き場所に困っていたところ、 反対側の席に座っていた親切な方が教えて下さり、とても助かりました。 恥ずかしくて動揺してしまい、テーブルの写真を撮るのは忘れてしまいまいた… 今は、新型コロナウィルスの蔓延防止対策で、 ロマンスカーも本数を減らすなどの対策が取られているようです。 外出を控えている時期ですし、まだ気軽には出かける事はできませんが、 感染が終息して、早くまた安心して旅が出来るようになったらいいと思います。

次の

ロマンスカーVSEだけに存在する4人がけボックス席サルーン席。乗ってみたのでご紹介します

ロマンスカー サルーン

ホテル タイプ別• ホテル クラス別• 人気の設備・サービス• 関東地方の人気カテゴリ• 空港周辺• 関東地方の人気カテゴリ• 関東地方で検索数の多いキーワード• VSEのサルーン席を利用しました。 小さな子供連れであったので他の乗客のみなさんに迷惑をかける心配をすることなく大変助かりました。 また、車掌さんはとても気さくで、向こうから写真を撮りましょうかと話しかけてきてくれました。 もちろん車窓からの景色もいいです。 ちなみにロマンスカーの予約は、乗車予定の1か月前午前10時から始まります。 眺望のいい席、サルーン席などは特別料金なしで他の座席同様の値段で確保することができます。 しかし、早い者勝ちです。 いい席を希望するのであれば10時とともにネット予約をしましょう。 箱根旅行でロマンスカーを利用するのであれば、大きな荷物を持っていることでしょう。 そのため新宿駅までのアクセスを満員電車で行うことは困難を極めるかもしれません。 私は、目白からタクシーを利用し小田急新宿駅に入りました。 window. page. init JSON. tripadvisor. TripResearch. servlet. reviews. jaxrs. attractions. desktop. rollupAmdShim. define. getAttribute 'data-tpid' ; ta. open urlDecoder. element. find '. priceElement. element. find '. text? reviewCountElement. text. element. find '. ratingElement. className. element. find '. define. getAttribute 'data-tpact' ; ta. trackEventOnPage trackingPageProperty, trackingPageAction, '', '' ; window. open urlDecoder. define. define. location. right' ; leftArrow. hide ; rightArrow. show ; shelfWrapper. right' ; leftArrow. show ; rightArrow. hide ; shelfWrapper. define. ad", widget. css "display"! find '. gptAd' ; ad. toggleClass 'inactive',! define. element. find '. name' ; taElement. attr 'data-tpatt' , el. rollupAmdShim. define. on 'contentLoaded', ready. error error, "ta. util. popOptions. aHref. meta. link. getPhotoNavArea elmt ; if popOptions. asdf popOptions. aHref. aHref. max popOptions. max popOptions. height, window. max popOptions. browser. popOptions. createElement 'a' ; winAnchor. name; winAnchor. aHref; document. body. open "", popOptions. name, winArgs ; winAnchor. click ; document. body. error err, "ta. util. open popOptions. aHref, popOptions. error e, "ta. util. aHref, "name": popOptions. error error, "ta. util. asdf popOptions. aHref. newTab navigator. appVersion. indexOf "MSIE 7. open popOptions. Store'. retrieve 'ta. servlet. Popup. openExternalWithDefaultOptions popOptions. open popOptions. error error, "ta. util. exportTo exports, "ta. util. define. querySelector '. emit 'website-click-event' ; taRecord. trackOfferlessCommerceClick asdf. emit 'menu-click-event' ; taRecord. emit 'map-click-event' ; taRecord. trackOfferlessCommerceClick asdf. emit 'call-click-event' ; taRecord. define. element. querySelector 'a'. trackEventOnPage pageModel. session. setEvtCookie pageModel. session. define. choices', widget. more-options', widget. element. checked; Filters[isChecked? 'set' : 'clear'] paramName, target. parentElement. getAttribute 'data-tracker' , target. checked? element. node-preserve', widget. element. split ','. element. get. valMap[input. node-preserve', widget. element. node-preserve', widget. element. define. choices', widget. more-options', widget. element. name', widget. element. html , null, allOptionsContent, 'div' , Position. parentElement. getAttribute 'data-tracker' , 0 ; Filters. set paramName, element. element. element. node-preserve', widget. element. removeClass "is-hidden-tablet" ; widget. node-preserve', widget. element. node-preserve', widget. element. Event'. pageXOffset document. documentElement. scrollLeft, window. pageYOffset document. documentElement. this. form. elements['q']. value. form. locNotFound. hidden". addClass 'focusClear' ; elmt. selectPopup. langSelectOption', selectPopup. selectPopup. val el. 1 : 2 ; selectedField. html el. max oldwidth, newwidth ; selectedField. removeClass 'hidden' ; if selectedField. location. location. location. length? selectedFilter. taStore. widgets. calendar. result. LODGING". getRepoll ; repoll. setPageUrl href ; repoll. exportTo taSearch, 'ta. common. str! str. parse sessionStorage. results. resolve response deferred. resolve response deferred. document. body. className. exportTo exports, 'ta. util. push ' ' ; results. rendered]; html. push ' ' ; html. push e. title ; html. push ' ' ; html. push '' ; e. type; tmpElm. firstChild. push results. map itemWrap. join '' ; html. exports. iconFontMap : exports. keys avatars.

次の

小田急ロマンスカーVSEの展望席に乗ってきたよ

ロマンスカー サルーン

3号車 サルーン VSEならではの設備ともいえるのが、3号車に連結されているこの「サルーン」です。 パーティションで区切られたセミコンパートメントが3部屋並んでいます。 写真は箱根湯本方面を向いて撮影したものです。 で、新宿方面を向いて撮影するとこんな感じ。 奥にはロマンスカーカフェが設けられています。 サルーン個室を横から見るとこんな感じです。 リクライニングもひじ掛けも何もない、純然たるボックス席にパーティションと小さなテーブルが設けられているだけといえばそうなのですが、実際に座ると思った以上に「個室」な感じがします(笑)。 新宿から小田原・箱根湯本を利用した場合、乗車券、人数分の特急料金に加え、サルーン室料金3560円がかかりますが、この料金を高いとみるか価値あるものと見るかは意見の分かれるところではないでしょうか。 ちなみに、実際に4人で使うとやや手狭なので、実際には2〜3人程度で利用するのが理想的と言えそうです。 座席のアップです。 写真を見ていただいても分かるかと思いますが、背もたれはかなり直立に近く、掛け心地は「ゆったりくつろぐ」という類のものではありません。 グループでわいわいやりながら行く前提なら理に適っているともいえますが…(笑)。 座席を真正面から見るとこんな感じです。 こちらのテーブルはデフォルトでは写真左のように収納されていますが、下からクルッと引き出して展開すると多少幅が広くなる構造になっています。 木の素材を生かした作りですが、最近はデビューから10年を経て、細かいところの「剥げ」がちらほら見られるのがやや残念なところです。 荷物置き場は座席上に設けられてます。 3・8号車 ロマンスカーカフェ 続いて3・8号車に設けられている「ロマンスカーカフェ」を見ていきます。 こちらは見ての通り対面販売のカウンターが設けられており、ここで飲み物やお弁当、お土産を買うことができますが、それ以上にVSEで久々に復活した「シートデリバリーサービス」の基地としての側面が大きいようです。 この「シートデリバリーサービス」、EXEでは一旦廃止されていましたが、アテンダントが車内を回って利用者から注文を取り、後で座席まで持ってきてくれる「ロマンスカーならでは」のサービスです。 HiSEやLSEでは、いかにも「車内販売基地」という感じのスペースでしたが、VSEではさらにデザインが洗練され、車内らしくない雰囲気に仕上がっているように思います。 反対から見るとこんな感じです。 奥に設けられているモニターは、箱根の観光情報やロマンスカーの案内が表示されており、利用者が自由に操作してみることができます。 意外と気づきにくいですが、ロマンスカーカフェの天井には「天窓」が設けられています。 カフェの車両には屋根上にパンタグラフが設けられており、屋根の構造が異なるためですが、電車で天窓がついているのも珍しい気がします。 奥にはブースのようなスペースがありますが、こちらはデビュー当初喫煙ルームとして使用されていました。 ロマンスカーの全面禁煙化後は、見ての通りチラシラックが並べられたスペースになりましたが、近年になってAEDが新たに設置されており、最近は「AED設置場所」として落ち着きつつあるようです(笑)。 車椅子対応サニタリーブース 3・8号車には車いす対応のサニタリーブースが設けられています。 高い天井を目いっぱいに使った広々とした空間で、また照明の「魅せ方」もあるためか、非常にスタイリッシュな空間に仕上がっています。 あえて縦撮りしましたが、こちらのアングルの方が全体の開放感がより分かりやすいのではないかと思います。 乗車された際にはぜひ一度見てみてください(笑)。 洗面台周りのアップ。 メインの照明は鏡の後ろから間接照明で照らされており、パッと見で電車の中とは思えないような明るいおしゃれな雰囲気です。 入口ドア脇にはベビーベッドが備わります。 実はこのトイレにも天窓が設けられています。 なお、さすがに青い半透明ガラスとなっており、間違ってもトイレの内部が外からは見えないようになっています(笑)。 車両概説 デビュー年:2005年 2005年に登場。 VSEとは「Vault Super Express」の略である。 先代の30000系はビジネスや短距離利用を重視した短距離型だった。 だが50000系はロマンスカー本来の行先である箱根への観光客に配慮した観光仕様とした。 車両は観光輸送に特化したコンセプトの下で作られている。 加えて足回りや車内設備には随所に最新設備を導入し、快適な観光型車両に仕上がった。 また1987年の10000系以来、新規の製造がなかった展望席を約18年ぶりに復活させたことで当時は話題になった。 車両は10両編成で箱根湯本寄りが1号車。 ロマンスカーでは伝統の連接台車を使用し、カーブにおける乗り心地の向上を図っている。 車両は全て普通車だが、3号車及び8号車には4名用のサルーン個室を設け、グループでの利用に配慮している。 その特徴的なデザインやインパクトは日本のみならず世界からも注目され、2005年度に「グッドデザイン賞」、2006年度に「第49回ブルーリボン賞」、香港デザインセンター主催「アジアデザイン大賞」、2007年度にドイツ・ハノーバー工業デザイン協会主催「iFデザイン賞」など、多くを受賞している。 現在は10両編成2本が在籍し、「スーパーはこね」「はこね」専業で活躍。 このほか、「ホームウェイ」として他「ロマンスカー」車両の代走で唐木田にも顔を出したことがある。

次の