全体 の 何 パーセント 計算。 パーセント(%)の出し方は?計算問題を解いてみよう【割合計算】|白丸くん

百分率(パーセント)の計算方法

全体 の 何 パーセント 計算

算数の問題で、70と80の大小関係を不等号で表すと、70よりも80のほうが大きいので「70<80」です。 しかし、「70<80」になるのは比較する70と80が 同じ種類である場合に限られます。 例えば、70kmと80cmでは、明らかに70kmのほうが長いです。 また、70kmと80cmを足しても「150」という数字は出てきません。 このように、異なる種類のものを数字だけで比較したり、足したり引いたりするのは全く意味がありません。 ここまでは理解していただけると思います。 しかし、パーセントが苦手な人に 「70%>80%」という場合もあり得るといっても「なぜ?」と言われてしまいます。 おそらく、同じ%という単位を使っているので、同じ種類だと思ってしまうのでしょう。 日本の人口の70%と、DASH島の人口の80%では、前者の方が圧倒的に多いです。 これらを足したからと言って、何かの150%になるわけでもありません。 パーセントは、元の量を表す分母が重要で、分母が異なればパーセント同士を比較する意味もなければ、足したり引いたりするのは絶対にダメです。 今回は、パーセント同士を比較してもよいかについて出題します。 自社の生産台数を世界全体で割ります。 相対参照です。 これで完成です。 85-78と引き算をして、シェアが約7パーセント上がったことになります。 シェアが増えただけで生産が7%増えたわけではありません。 むしろ生産台数は下がっています。 ところで、この7%に対する元の数、つまり100%にあたるものはありません。 2000年でも2010年でもないです。 これではパーセントの意味がありません。 この場合、7ポイント上昇または7パーセントポイント上昇と表現します。 このように分母が異なるパーセントを引いた数を「 パーセントポイント」といいます。 3.分母の異なるパーセンテージを足してはいけない 問題 次の説明の誤りをそれぞれ指摘しなさい。 「増減率を計算すると、Aはプラス2%、Bはマイナス2%なので、2つの町を合わせると0%で増減なしである。 」 解説 パーセンテージは割り算で計算しますが、その分母が異なる場合、絶対に足したり引いたりしてはいけません。 Aが100人増えて、Bが200人減っていますから合わせると減少していることは明らかです。 パーセンテージの元となる数は5000人と10000人ですから分母が違います。 それぞれ合計を出してから増加率を計算します。 4.前年比は元にする量が毎年変わる 問題 次の説明の誤りをそれぞれ指摘しなさい。 「前年比を計算すると、プラス25%とマイナス4%なので、2年間で21%増えたことになる。 」 解説 前年比は前年をもとにしているので、40万人の25%と、50万人の4%では元の数が違います。 この2つのパーセンテージを足すのは間違いです。 2050年比を算出します。 絶対参照が必要です(参考:)。 2年間で20%増です。 ちなみに、25%-20%は5%です。 この引き算は正しいです。 いずれも2050年の人口と比較しており、分母が同じだからです。 40万人の5%にあたる2万人が減少しています。 5.パーセントポイントを使った例 問題 次の説明の誤りをそれぞれ指摘しなさい。 「B店の売り上げ構成比が-50%ということは、売り上げが半分になったということである。 」 解説 構成比の分母は合計です。 合計が変わらなければパーセントを比較しても構いません。 今回の場合、合計の売り上げが3倍になっているので、構成比を単純に比較することは間違いです。 実際、B店も売り上げが増えています。 しかし、昔はB店のほうが売れていたのが、今ではA店のほうが売れているのは事実なので、パーセントをなくして、50ポイント減少などと表現します。

次の

エクセルで割り算の計算結果をパーセントで表示させる

全体 の 何 パーセント 計算

こんにちは。 デキルニンのタスクマスター、高井です。 ワタクシゴトですが、先週誕生日を迎えました。 いよいよアラフォー世代にさしかかった、松坂世代の、ロスジェネ世代の、DジェネレーションXの、今年もWWE日本公演を待ちわびる、38歳です。 さて、学生時代がみるみる遠ざかっていく私も「数学って何の役に立つのだろう(いや、立たない)」と国語で習った反語を使っていたものです。 けれども、社会人になると意外と使うんです!学校の勉強。 特に割合やパーセントの計算はよく使います。 3=4920 となるわけですが、ここが難しい人はこんな風に考えてみてください。 ですから、元の数字を100個に分けてみます。 百個に分けたうちの1つなので、164は16400にとっての1%となります。 164が十個集まった1640は16400にとっての10%です。 話を戻して、「16400円の30%は?」がピンとこない人は、 「16400の1%を30個集める」と考えると計算しやすいかもしれません。 %がよくわからない人は、とりあえず元の数字を100で割ってみましょう、という話です。 何%増減したのか比較したい場合… 「前年同月比」なんて言葉を社会人になるとよく耳にします。 これは「去年の同じ月に比べると」という意味で、売上の比較などに使われます。 この時、電卓を叩いて表示された数字が小数点以下(0. 38とか)だったら 前より減った、1より大きければ(1. 08とか)だったら 前より増えた、とざっくり思ってください。 8414~ なので、最初の3ケタに注目して「うむ、84%引きか、安い!」ではなくて、足して100になる数字で考えます。 84+16=100 「ああ、16%引きか。 とりあえずAmazonと比較だな。 」という具合です。 今のうちに慣れておきましょう! 仕事でよく出てくる%関係のものといえば、ある数字の全体における割合(構成比)や予算や目標がどのくらい達成できたか(達成率)、などが挙げられます。 どれも今回紹介した考え方の応用です。 だんだん感覚が身についてきますよ。 このとき、商品1個当たりの仕入値はいくらか。 この商品を定価の1割引で売ったとき、商品1個当たりの利益はいくらか。 原価(仕入値)が240円だったとすると、定価は何円か。 「なるほど! ザ・小売ワールド」 実はワタシ、小売業界を調べるのが死ぬほど大好きな「小売LOVE野郎」なんです(自称)。 「小売」って聞くと、みなさんあまり関係ないように思うかもしれませんが、みなさんが毎日行ってるコンビニだって、スーパーだって、ドラッグストアだって、ホームセンターだって、みんな小売業。 つまり、わたしたちの生活から小売業は切っても切り離せない関係にあるんですね~ デキルニンが運営する デキルニンサロンでは、社会人になる前に知っておきたいやビジネスに必要ななどおもしろ動画にまとめて公開しています。 ぜひ、ご利用ください。

次の

エクセルで割り算の計算結果をパーセントで表示させる

全体 の 何 パーセント 計算

【理科問題】質量パーセント濃度の計算特訓 [ 問題]次の各問いに答えよ。 答えが割り切れない場合は、小数第2位を四捨五入しなさい。 (1)食塩25gが溶けた食塩水125gの質量パーセント濃度は何%か。 (2)水200gに食塩を50g溶かした食塩水の質量パーセント濃度は何%か。 (3)質量パーセント濃度12%の食塩水300gの中に、食塩は何g溶けているか。 (4)質量パーセント濃度20%の食塩水150gをつくるには、何gの水が必要か。 (5)質量パーセント濃度5%の食塩水600gに食塩を100g加えると、加えた後の食塩水の質量パーセント濃度は何%になるか。 (6)質量パーセント濃度15%の食塩水200gに水100gを加えると、加えた後の食塩水の質量パーセント濃度は何%になるか。 (7)質量パーセント濃度18%の食塩水300gを加熱し水を50g蒸発させると、蒸発後の食塩水の質量パーセント濃度は何%になるか。 (8)質量パーセント濃度30%の食塩水200gと、質量パーセント濃度20%の食塩水150gを混ぜると、できた食塩水の質量パーセント濃度は何%になるか。 (9)右のグラフは、100gの水に溶ける硝酸カリウム質量の温度による変化を表したものである。 右のグラフを参考にして求めよ。 12=36g (4) 120g 質量パーセント濃度が20%なので、溶液(食塩水)の20%が溶質(食塩)、残りの80%が溶媒(水)になります。 8=120g (5) 18. 05=30g の食塩が溶けています。 ここに食塩を100g加えるので、溶質(食塩)と溶液(食塩水)の質量は、 30+100=130g(食塩) 600+100=700g(食塩水) になります。 15=30g の食塩が溶けています。 ここに水を100g加えるので、溶質(食塩)と溶液(食塩水)の質量は、 30+0=30g(食塩) 200+100=300g(食塩水) になります。 18=54g の食塩が溶けています。 ここから水だけを50g蒸発させるので、溶質(食塩)と溶液(食塩水)の質量は、 54-0=54g(食塩) 300-50=250g(食塩水) になります。 6% (8) 25. 2=30g の食塩が溶けています。 2つの食塩水を混ぜると、溶質(食塩)と溶液(食塩水)の質量は、 60+30=90g(食塩) 200+150=350g(食塩水) になります。 71…% (9) 31. 50…% (10) 48. このときの飽和水溶液の質量は、 100+32=132g(硝酸カリウム飽和水溶液) 今回、硝酸カリウム飽和水溶液が200gあるので、その中に溶けている硝酸カリウムは、 132:32=200:x x=48. 48…g 復習.

次の