てきぱき 類語。 「鬱積」の意味とは!類語や言い換え

手際がいい人の特徴・類語【悪い人の特徴と改善】

てきぱき 類語

「気鋭」の意味 「気鋭」の意味は、 「やる気があり、考え方や行動が勢い付いていること」です。 ものごとを行う時に、他の人よりも気力があり、てきぱきと行動してやり遂げていくことを言います。 自分から積極的に考えて行動をして、しかもそれが上手くいくことが多く、波に乗って勢い付いている時の表現です。 「気鋭」の読み方 「気鋭」の読み方は、 「きえい」になります。 特に難しい漢字ではないのですが、書こうと思うと思い浮かばないことがあるので覚えておきましょう。 「気鋭」の言葉の成り立ち 「気鋭」の 「気」は、 「その人の生命や意識を司ること」という意味です。 具体的には 「呼吸」 「意識」 「心の動き」 「精神」 「気持ち」 「興味・関心」など、その人が行動する原動力になる内面の働きを表します。 「鋭」は 「するどい」とも読み、 「先がとがっていてよく切れる」 「勢いが激しく厳しい」という意味があります。 これらの言葉が組合わさり 「意識や興味・関心の持ち方が勢いづいて激しい様子」という意味で使われています。 「気鋭」の表現の使い方 「気鋭」の表現の使い方を紹介します。 文法的な使い方 「気鋭」は名詞・形容動詞であり、文末に使う時には 「気鋭だ・である」になります。 一般的には人に優秀な身内を紹介する時に 「気鋭の〇〇」として使います。 「気鋭」が使われる言葉 「気鋭」は 「やる気があって勢いがある」という意味で、以下の様な複合語として使われることもあります。 「新進気鋭」は、 「新たにその分野に現われた勢いのある人」という意味です。 「少壮気鋭」は、 「年齢が若くて気力に溢れ期待できる人」という意味です。 「気鋭」を使った例文と意味を解釈 「気鋭」を使った例文とその意味を解釈していきます。 「気鋭」を使った例文1 「彼は新進気鋭の映画監督だ」 若くて意欲があり、連続して斬新な作品を発表したり、新しい試みにチャレンジしたりして、世間から注目されている映画監督のことを言います。 「気鋭」を使った例文2 「彼は我が社の少壮気鋭メンバーの一人です」 社内でも若くて積極的に仕事に取り組む姿勢を見せていて、近い将来活躍が期待できる従業員が何人かいる中、そのうちの一人であることを表しています。 「気鋭」の類語や類義語 「気鋭」の類語や類義語を紹介します。 「意気盛ん」【いきさかん】 「積極的に行動しようと思う気持ちがみなぎっていること」という意味です。 「意欲的」【いよくてき】 「やる気があり、自分から行動しようとする様子」という意味です。

次の

てきぱきの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

てきぱき 類語

「鬱積」とは? 「鬱積」とは不平や不満が心の中に溜まることを言います。 「鬱積」の読み方 「鬱積」と書いて 「うっせき」と読みます。 「うつせき」と読み間違えないように気をつけましょう。 「鬱積」の表現の使い方 「鬱積」とは不平不満が内面に溜まっている状態を言います。 自分のことや人のこと、どちらにも使えますが、使い方としては 「彼は、鬱積した疲れからか、すっかり暗くなっている」 「彼女に対する怒りや、恨みが鬱積していた」という風に使います。 「鬱積」を使った例文と意味を解釈 それでは 「鬱積」を使った例文をいくつか紹介しましょう。 意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。 「鬱積」を使った例文1 「彼女は自分勝手な怒り、妬みを鬱積し、ついには周りを巻き込んだ大騒動に発展させた」 「鬱積」とは不平不満を心に溜めることですが、その不平不満とはもっともな理由である場合もあれば、自分勝手な思いから起こっているものも色々と種類があります。 例文の場合は、自分勝手な不平不満を募らせていたことがわかります。 「鬱積」を使った例文2 「心に鬱積した思いがあるので、そう簡単に何もなかったようにはできない」 長い間、苦しみ我慢したことというのは、そう簡単にはなくなりません。 そのような心に溜まった思いのことを 「鬱積」という言葉で言い表すのです。 簡単に水に流せるようなことならばそもそも 「鬱積」しないのです。 「鬱積」の類語や類義語・言い換え 言葉の意味が理解できましたところで、 「鬱積」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。 こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。 「鬱屈」【うっくつ】 「鬱屈」とは気分が晴れない、ふさぎ込む、憂鬱な気分であるという意味です。 「彼はどうやら、鬱屈した日々を過ごしているらしい」 「鬱屈した気持ちでいるから、何をしても楽しくない」という風に使います。 「欲求不満」【よっきゅうふまん】 「欲求不満」とは自分の欲求が何かの障害により、阻止されている状態で、その結果、不快、緊張、不安といった気持ちになっていることを言います。 その 「欲求」とは人によって様々です。 例えばダイエットをしている、禁煙をしているといった人は、甘いものが食べられない、たばこが吸えないといった状態は 「欲求不満」になる可能性があります。 「欲求不満だからイライラしているんじゃない」 「僕は欲求不満を抱えている」などと使います。 「ストレス」 「ストレス」とは精神的、肉体的に、負担となる刺激、状況のことを言います。 「ストレス解消に励む」 「ストレスが溜まる」などと使います。

次の

手際がいい人の特徴・類語【悪い人の特徴と改善】

てきぱき 類語

今まで「てきぱき」と無縁だった人が、突然見た目も中身もてきぱきした人になるのは、少しハードルが高いでしょう。 まずは第一印象を左右する、声の大きさから改善していくことをお薦めします。 大きな声ではきはきと返事をすることで、第一印象ははきはきと、てきぱきとしたイメージに一歩近づくことができるでしょう。 また、今まで普通のスピードでこなしていた作業を、意識して速めるようにしてみましょう。 自然と、周りからの評価も変わっていき、いろんな仕事を任されるようになったり、人が集まったりするでしょう。 そして次のステップとして、考え方や言動など中身からもてきぱきした人に変えていく努力をしましょう。 気づきの感性を育てる てきぱきしている人は、なぜ、てきぱき物事を処理したり、受け答えしたりできるのでしょうか。 それは、物事の筋道を自分で組み立て、予想される出来事を常に頭に思い浮かべ、相手の立場に立って考えているからです。 漫然と受け身の姿勢で何事にも取り組む人と、自ら学ぶ姿勢をもち、常に能動態の姿勢を持っている人とでは大きな差があります。 目の前のこの人はどんなことを欲しているのか、効率よく仕事を運ぶにはどうしたらいいのか、従来のやり方でなくこんなやり方もあるのではないか、など、てきぱきしている人の頭の中は常にフル稼働している状態です。 どんな出来事に対しても、その原因や自分なりの考えを持ったり、問題点を探ってみたりする癖をつけましょう。 気づきの感性を高めることで、自ずとてきぱきとした人になり、自分も周りの人も気持ちよく過ごせるようになるでしょう。

次の