インスタ 背景 色変える。 【インスタ】ストーリーで背景色・気温・時間を入れる方法など♪意外と知らない小技まとめ

【Instagram Stories】フォントの色を変える事が出来るようになりました

インスタ 背景 色変える

無料のアプリですが、一部機能は有料となりますので ご自身の判断でご利用ください。 スマホでカンタンに背景を合成する手順 2-1. 動画編集アプリ「Video Toolbox」を起動する 今回はiPhoneでの操作をご紹介しますが スマホ アンドロイド も基本同じ操作です。 2-2. 「Chroma key」をタップ 2-3. iPhone・スマホの中の動画が表示されるので背景を合成したい動画を選ぶ 動画を選び、右下「Select」をタップ 2-5. 編集画面にて背景を合成する 上記で選択した動画は青い空に白い雲が浮かぶ動画でしたが 青い空の部分がレンガ調に変わっていますね! 背景の色は青の他に緑、ピンクも合成可能です。 ご自身で用意出来る背景の色で動画を撮影し用意しておきましょう! 下の「Sensitivity」は、合成の精度を変えられます。 もう少し青を感知して合成してほしい、などといった場合に 丸いスイッチを動かします。 右から左にフリック 画面に指を置いて、はらう動作 すると 合成する柄もいくつか用意されています。 選択すると、背景に合成されている柄が変わります。 2-6. 保存する 右上の保存マークをタップすると保存されます。 合成までを試してみて、ご自身の判断で購入をお願いいたします。 まとめ いかがでしたか? とてもカンタンにテレビ番組のように背景が合成出来ますね! 動画を撮影するのに、 背景をもう少し面白くしたい、 素敵な背景で動画撮影したい、などといった場合は ぜひこちらのアプリを試してみてくださいね! 尚、動画編集アプリ「Video Toolbox」は 動画にモザイクをかけることも可能です。 こちらもぜひ試してみてください。 みなさんも動画づくりの参考にしてください。 Have a nice movie!!

次の

スマホで画像の色を置き換えたいなら画像編集アプリ「PicsArt」を使おう

インスタ 背景 色変える

注意白と黒、グレーは色を置き換えることができません。 エフェクト エフェクトを選択します。 色の置き換え 次に「カラー」にある「色の置き換え」を選択します。 これを自分が色を変えたいところに動かしていきます。 色を変える 選択した部分を変えたい色に変えていきます。 色の調整は、「置き換える色」で調整できます。 保存 色を置き換えたら、保存していきます。 左下にある「保存」をタップしたら、保存完了になります。 背景色が肌の色と似ている場合 背景色と肌の色が似ている場合は、背景色だけを変えたくてもこのように一緒に肌の色も変わってしまいます。 ですので、これを消しゴム機能を使って解消していきます。 まず、右上にある消しゴムのマークをタップします。 次に、下の真ん中にある人型のマークをタップします。 するとこのようにアプリが人を認識して、人の色だけが元に戻りました。 ただ、この機能は完璧ではないので、この画像の右腕のようにまだ色が付いている部分があります。 ですので、これを消していく作業を行います。 下の左から2番目にある消しゴムのマークをタップし、消しゴムのサイズや透明度などを調整して元の色に戻したい部分を消しゴムで消していきます。 するとこのように背景だけが綺麗に色を変えることができました。 まとめ 色を置き換えることができるツールはたくさんありますが、中でもスマホで簡単にできるのは、PicsArtだけです! PicsArtの様々な機能を使って、画像編集を楽しんでください! 次に読む記事.

次の

インスタストーリーの編集・加工機能とその使い方。ちょっとした手間でストーリーだって魅力的に…♡

インスタ 背景 色変える

背景を工夫して周りと差をつけるパワポ作りを! PowerPointのスライドにどんな色や模様を付けるかで、プレゼンテーションの印象が大きく変わります。 あらかじめ用意されている 「テーマ」を設定するのが一般的ですが、PowerPointがビジネスシーンで多くの人に利用されている現在、他の人と同じテーマになる可能性もあります。 このようなときは、スライドの背景にちょっと手を加えるのがお勧めです。 いちからデザインを考える時間やセンスがなくても大丈夫。 背景の色を変えたり、スライド全体に大きく写真を敷くなどすると、オリジナリティのある背景に生まれ変わります。 ここでは、スライドの背景で差を付ける3つの方法を解説します。 上図と同じ背景色でも、文字の色を黒にすると読みやすい また、スライドの背景を一色で塗りつぶすと、その分色の面積が増えるため、 色の持つ意味が重要になります。 スライドの内容にあった色を使うとか、コーポレートカラーの色を使うのもいいでしょう。 なお、冷静で落ち着いた印象を与える「黒」や「青」はビジネスシーンでよく使われる背景色のひとつです。 パワーポイント背景編集2. 印象的な画像を敷く 2つ目は、 スライドの背景全体に大きく写真を敷く方法です。 プレゼンテーション全体を象徴する写真を使えば、唯一無二のデザインになります。 このとき、どんな写真を使うかでデザインの完成度が左右されます。 新製品案内のプレゼンテーションであれば新製品の写真やイメージ写真、旅行の企画書であれば現地の写真といったように、プレゼンテーションの内容をイメージしやすい横長の写真をパソコンに保存しておきます。 写真の準備ができたら、表紙のスライドを表示して、「デザイン」タブの「背景の書式設定」ボタンをクリックします。 写真がスライドの背景として表示された。 ここでは、文字の色とフォント、位置を調整して、空の部分にタイトルが収まるようにした スライドの背景に写真を大きく表示するとインパクトがあり、聞き手の関心を集める効果は絶大です。 だからこそ、1枚目の表紙のスライドや、新製品を紹介するスライドなど、ここぞというスライドに1か所だけ使いましょう。 すべてのスライドの背景に写真があると、肝心の内容が読みづらくなってしまうからです。 テーマが適用されているスライドでも、同じ操作で1枚目のスライドの背景だけを写真に変更して使えます。 パワーポイント背景編集3. ロゴを透かし文字でデザインする 3つ目の方法は、 スライドの背景に透かし文字を入れる方法です。 「社外秘」とか「見本」といった文字を透かし文字にすることもできますが、ここでは、会社のロゴ画像を透かし文字にして、デザインの一部として挿入します。 すべてのスライドにロゴ画像を入れるには、「表示」タブの「スライドマスター」をクリックして、スライドの設計図である「スライドマスター」を表示します。

次の