屋根裏 イタチ 駆除。 イタチの生態と被害|東海・北陸・近畿・中部でのイタチ駆除ならイタチ駆除ザウルス東海版

イタチを屋根裏から追い出す方法!イタチはどこからやってくる?|生活110番ニュース

屋根裏 イタチ 駆除

屋根裏に侵入するイタチの捕獲方法 2月から6月下旬まで右肩上がりに増え続ける害獣の家屋内侵入。 彼らが深夜に天井裏をバタバタ走りまわる騒音被害やそれによって睡眠不足などにおちいる精神的被害。 持ち込んだ食べ物の腐敗でウジやハエなどの発生や害獣に寄生するノミ、ダニの媒介などの衛生的被害など大切なマイホームに害獣が侵入することで生活している人々や建物に甚大な影響をおよぼすことになります。 この記事ではそのイタチを完全駆除するためには侵入口の封鎖施工をプロにやってもらうのは解っているが予算が合わない、一度自分自身で捕獲してみたい!と、いうような方々のために害獣駆除専門業者・アスワットがイタチ捕獲のノウハウを伝授します。 捕獲する前にイタチの捕獲許可は必ず取ること イタチをはじめとするほとんどの害獣は「鳥獣保護管理法」それに基づいて市町村が計画する「鳥獣保護管理事業計画」、「外来生物法」などの法律によって細かく定められていますので、それぞれが定める自治体の法律にしたがって 捕獲器を設置する前には必ず捕獲許可をとって下さい。 捕獲器の選び方 イタチを捕獲できない原因の多くは捕獲器と仕掛ける餌の間違いが非常に多く見られます。 イタチを捕獲するのにアライグマなどを捕獲するための捕獲器。 中型ないしは大型の捕獲器を設置している場合は構造上、餌がとりにくかったり捕獲されてもサイズが違うため構造上の隙間より逃げてしまう場合があります。 イタチの捕獲にはイタチ専用捕獲器(小型動物用)を必ず使用して下さい。 仕掛ける餌の選び方 捕獲器同様、餌の選定も重要です。 アライグマやハクビシンを捕獲するのと同じような感覚でバナナやみかん、キャラメルコーンなどを仕掛けていては捕獲の確率は非常に低くなります。 イタチは動物性タンパク質で脂っこいものを好みます。 一番捕獲の確率が高い餌はコンビニなどで安価に販売されている骨なしフライドチキンが最も有効です。 餌をトリガーに引っ掛けるタイプの捕獲器を使用される場合、よく失敗するパターンが引っ掛けるエサの他に呼び餌のために捕獲器の中に餌をバラ撒くのは厳禁。 万が一、真っ先にばら撒いた餌を食べた時、トリガーに身体が接触し蓋が不完全に閉まって取り逃がしてしまうことが起きるからです。 餌は一つで簡単に捕まってしまいますのでご安心下さい。 捕獲器は野外に仕掛けない。 捕獲器を設置する場所も屋根裏に侵入しているイタチを捕獲するうえで重要なポイントのひとつです。 よく家の外部に捕獲器を仕掛ける方がおられますがそれは間違ったやり方です。 以上のことからも家屋侵入しているイタチを捕獲する場合はイタチ専用捕獲機を野外に仕掛けないでください。 正しい捕獲器の設置場所は天井裏。 天井裏を走り回っているイタチを効率よく捕獲するためには必ず天井裏に捕獲器を仕掛けるようにして下さい。 2階建ての木造住宅であればユニットバス(浴室)内天井に点検口が設置されていることが多いですし、2階では和室の押し入れの天井に、洋室ではクローゼット内の天井に点検口が設置されている場合が多いので一度探してみてください。 自宅にある全ての点検口を確認したらできるだけイタチが走っている場所に近いところの点検口に捕獲器を設置して下さい。 点検口作製費用は1箇所あたり15,000~20,000円が相場だと思います。 ) 捕獲器を点検口内に設置する場合の注意点。 普段住み慣れている自宅内においても点検口を開けて天井裏をのぞくことなどほとんどないと思います。 特に足場は高所、狭くて暗い場所に捕獲器をするので慣れないとケガをする場合もあるので慎重に作業を行うことが必要です。 (新聞紙、ビニールの敷物など薄いものは捕獲時、捕獲器の中へイタチが引き込みますのでやめて下さい。 ) 捕獲の有無の確認は必ず毎日行って下さい。 捕獲器を設置する場合、必ず毎日の見回り義務が発生します。 天井裏に設置した場合、イタチが捕獲されれば捕獲器内でイタチが暴れるので毎日お住まいになっている限り気づかないということはほとんど無いとは思いますが、たまにおとなしいイタチもいて気づかない場合もあり、 放っておくと2~3日で死んでしまい法律違反となりますので、必ず毎日、捕まっていないかどうか確認して下さい。 (一晩でも外泊される場合はいったん捕獲器の設置を中止して帰宅後、改めて設置しなおして下さい。 ) イタチが捕獲された後の処理の仕方。 イタチが捕獲された場合は基本的に捕獲許可時に指示された方法で適切に処理して下さい。 ほとんどの自治体が殺処分処理(炭酸ガスなどを用いての安楽死)もしくは放獣処理(広い河原などに放つ)のどちらかを選ぶこととなりますが、一般の方に簡単できる方法の放獣処理をお勧めします。 許可時に定められた放獣場所へイタチを移動する場合、車の車内やトランクなどに入れるとイタチが放つ強烈なニオイで当面の間、車に乗れなくなるため、キャリーや荷台のある車なら捕獲器が入るくらいの段ボール箱の中に捕獲器を入れた後、そこに積んで移動、そのような車がない場合は、のバイクや自転車の荷台にその段ボール箱を積んで移動して下さい。 放獣時の注意点。 放獣する場合、人や車の往来が多い道路などから近い場所での放獣は避けて下さい。 放獣したイタチが走って逃げる際、その道路に入ったことによる交通事故や人への咬傷事故を引き起こすこともありますので、放獣する場合は人や車の往来が少ない目立たない場所を選んで放獣して下さい。 放獣時も必ず手を噛まれないよう皮手袋を使用することをお勧めします。 放獣するところを他の人が見ていた場合、稀に不審な行動などに思われて何をしていたのか聞かれたり、警察などに通報されることもあるので必ず捕獲許可書を携帯して法律に基づいて適切に処理していること説明できるようにしておくことも大切です。 【まとめ】天井裏に侵入して走り回っているイタチを捕獲するポイントをまとめると次の通りです。 以上の事を必ず守ったうえで安全に捕獲作業を一度行ってみてください。 投稿ナビゲーション.

次の

屋根裏のイタチ退治は? 最近、屋根裏にイタチが出てきてコトコトと音たて夜眠れません。駆除・忌避?いなくなるような方法はないでしょうか?

屋根裏 イタチ 駆除

2018年05月08日• 夜中に1階と2階の間の屋根裏からゴソゴソと動物みたいなのが動く音や、壁を行き来したりする音が聞こえてくることがあります。 春頃になるとその謎の動物の鳴き声の主は数が増えて大勢で鳴きだします。 赤ちゃんを産んだのかと思えるような小さい動物の鳴き声もしてくるようになります。 更には天井の板にシミが出来てきて板が垂れ下がってきたりすると、家の修繕の為に大工さんや工務店をいれなければならない事態にもなってしまいます。 放っておくと天井板は、度重なる屋根裏での糞尿で腐ってしまいます。 下から見ると天井板が段々と反って(そって)きたと見た目でもわかります。 そしてついに敗れた天井板からドスンッと下に落ちて来てご対面ということもあるのです。 物音の犯人はイタチやアライグマ、テン、ハクビシン等の害獣が考えられます。 イタチの赤ちゃんはキーキー、アライグマの赤ちゃんの場合はクゥクゥ~ッ。 4月や5月は頃になると、屋根裏では大暴れと糞尿のオンパレード。 屋根裏の物音や臭いを放っておくと、見えない屋根裏では凄いことになってしまいます。 上の写真は屋根裏の断熱材がイタチやアライグマ等の害獣が行き来して荒らされたあとです。 イタチやアライグマが餌を持ち込むことで、屋根裏には食べかすの死骸が散乱していることもあります。 写真のこの場合は小鳥を持ち込んでいます。 こうした被害を少しでも早く解決するためには屋根裏の物音の主を調べて、駆除をしてくれるイタチ駆除業者やハクビシン駆除業者、あるいはアライグマ駆除業者、総称して【害獣駆除業者】に依頼するのが解決への一番近道です。 でもその前に、自分の力で何とか追い出す方法はないものかというお声に専門のイタチ駆除業者が「こういう方法もありますよ」と、アドバイスさせていただいた記事となります。 参考までに終わりの方で専門の害獣駆除業者に依頼した場合の料金相場や、業者を選ぶ場合のポイントも書いていますので参考にしてみて下さい。 この記事の「屋根裏のイタチを自分で追い出す4つの方法」を書いた福岡県のイタチ駆除業者 目次• 屋根裏に入って来たイタチを自分で駆除できないのか? 福岡県の福岡市、北九州市、飯塚市、行橋市、そして山口県の下関市の場合はそのほとんどがイタチによるものです。 ということで、被害数が多いイタチに絞って追い出しが出来ないものかと対策を考えてみました。 イタチを屋根裏から自分で追い出す方法は? イタチに限ったことではなくアライグマも近頃多いのが特徴ですが、数が多いのは福岡県や山口県に限って言えばイタチの侵入が圧倒的に多いです。 この天井裏の物音の犯人のイタチを、どうにか自分で追い出すことは出来ないものかと考える人も多いと思います。 そのいくつかの方法を考えてみたいと思います。 その方法とは?• 屋根裏で バルサンを使ってイタチを追い出す方法。 屋根裏に ナフタリンを置いてイタチを追い出す。 蚊取り線香でイタチを追い出す。 (火気絶対に注意)• CDをぶら下げてイタチを追い出す。 等があげられます。 その一つ一つについて解説いたします。 屋根裏でバルサンを使ってイタチを追い出す方法 屋根裏でバルサンは効果的です。 イタチが嫌がって逃げていくことも多いようです。 でもゴソゴソと天井裏で走り回る生き物の物音から、解放されたと思って安心していられるのも数日です。 やれやれと安心して眠りについたところで、ゴトゴトとまたあの嫌な音がしだしたという話もよく聞きます。 ほとんどの場合で言えるのは、 一週間もするとまた同じようにイタチは侵入してくるというケースが多いようです。 屋根裏にナフタリンを置いてイタチを追い出す 洋服ダンスにいれる防虫剤で強烈な匂いのするあれです。 イタチは臭覚が優れていますのでちょっとした匂いも嗅ぎ分ける能力があります。 その能力を逆手にとって匂いのきついものを置くのも得策です。 しかし、 これもまた大抵の場合で一週間もするとまたやってきて屋根裏を走り回っていることになるようです。 蚊取り線香でイタチを追い出す (火気絶対に注意) こちらは絶対的に火気には注意が必要ですのでお勧めはできません。 中には来なくなったという人もいますが、 火気を使うということがイタチの被害以上に危険ですのでやめた方が良いと思います。 CDをぶら下げてイタチを追い出す それでは他にどんな方法があるのでしょうか? そう考えた時に、ハトやカラスが来ないようによくCD盤をぶら下げているのを見たことがあります。 こちらももしかしたら対策の一つになるかと思います。 でも、イタチが慣れてしまってやっぱり長続きはしないようです。 イタチ・アライグマ駆除業者の追い出し方法 イタチの駆除業者はこうして追い出しを行っている場合もあります。 専門のイタチ駆除業者に依頼する方が早道の場合も 色んな方法があるので自分で一通りをやってみるのもありだとは思いますが、断熱材を荒らされたり嫌なにおいが部屋中にこもったりする、その前に対策をとりたいものです。 少しでも早く解決するためには、専門のイタチ駆除業者に相談してみるのも良いかと思います。 場合によっては、その方が早く安い金額で、確実に、解決できるかもわかりません。 私も遠い昔、自分の家の屋根裏が夜な夜な小動物の運動会の会場になってしまった経験があります。 屋根裏で小動物同士がケンカを始めたのかなと思う程、大きな物音や鳴き声を聞いた経験もありますのでどれだけ屋根裏の物音が嫌なものかはよくわかります。 そのうちに強烈な獣臭(けものしゅう)というか、変な臭いが部屋中にしてきた時にはもうたまらなく嫌な気分になったことを思い出します。 あなたを悩ませている、イタチやアライグマ被害が少しでも早く解決することを願っています。 自分でイタチの追い出しが出来るようであれば、それは何よりです。 自分では危険だと感じたり何度もやってみたけどうまくいかないという場合は、専門の害獣駆除業者への依頼をなさってください。 イタチ(害獣)駆除は、「業者に頼んで捕まえて終わり?」という誤解 「専門の害獣駆除業者に2~3万円で捕まえてもらったら終わりでしょ?」 そう思っておられる方も多い様です。 本当にそうでしょうか? イタチやアライグマ等の害獣に侵入されてしまった屋根裏は、害獣の生活の場となっていればノミやダニの侵入も考えられます。 ご家族の健康被害が心配されるところです。 また屋根裏にはイタチや害獣等のフンや尿が散乱していれば、清掃をしたり除菌・消臭、ノミやダニに対しての消毒も必要となります。 そしてイタチやアライグマ等の害獣に再度侵入されないように、侵入口となる穴を見つけて塞がなければまた入られてしまいます。 イタチ駆除作業というのはシロアリ駆除のように5年に一回する作業でもありませんので、しっかりとした作業を行っておけばあとは二度と必要ないという場合も多いのです。 それだけに精度の求められる作業が必要ということが言えます。 弊社、アイエイゼンは 独自のノウハウで イタチを追い出し、入らないようにします。 地域密着で対応可能なエリアを 近隣地域とさせていただいているので、低料金が可能です。 お気軽にお問い合わせください。 業者に依頼する場合、イタチやアライグマ等の害獣駆除費用の相場は? では専門の害獣駆除業者に依頼した場合、駆除費用の相場はどのようになっているのでしょうか? 前置きしておかなくてはいけないことがあります。 それは家の大きさやイタチの侵入による被害の状態は様々ですので、一概にいくらの金額ですとはなかなかいきません。 イタチの侵入口の大きさや形も違いますし、侵入口の場所が一階床下にある場合もあれば天井裏にある場合もあります。 屋根に登らないと分からない場合もあります。 汚れた屋根裏のフンを綺麗に清掃もして下さいという方もいれば、少ないですが屋根裏は汚れたままでも良いですと言われる方もおられます。 数は少ないものの、「屋根裏に溜まったイタチ等の害獣のフンの掃除の必要はないです」とお客様が希望されれば、その料金は作業代金より引くことになります。 総じて言えるのは、• 除菌消臭• イタチの侵入口を全て封鎖、• 作業後の再侵入は無料施工という保証 この内容で作業してもらって作業後3年程度の保証がある場合、 イタチ駆除費用の相場は20万円前後が多い様です。 自分の家をイタチ駆除の害獣駆除業者に作業してもらったら、どれくらいの料金になるかはイタチ駆除業者の無料見積をご利用ください。 ネット上のイタチ(害獣)駆除業者さんの情報 こちらは信頼の 公社 日本ペストコントロール協会加盟の業者さんで、害虫・害獣駆除を昭和56年から営業しておられる信頼の厚い業者さんです。 料金も明確にしておられて大変良心的だと思います。 こちら様はイタチ駆除料金で 最低料金は30,000円~のようですが、価格帯で多いのは違ってきているようです。 事前にこうした料金体系をきちんとお知らせしておられるのは大変良心的な業者さんだと言えます。 価格帯は以下の様に掲載しておられるようです。 (以下、日東防疫様の駆除・捕獲の料金表より引用)• こちらも駆除の達人としてテレビ取材をたくさん受けて全国に紹介されている会社さんです。 関西エリアでの害獣駆除業者さんです。 イタチをはじめとする害獣駆除を専門としておられる害獣駆除業者さんで、生物学者の先生が顧問におられて学術的にも害獣駆除に向き合っておられる会社さんです。 熊本の業者さんです。 害獣駆除にも色々と最新の器材を使って完全駆除を行っている会社さんで、ホームページにも役に立つ優良ブログコンテンツをアップされていて、読むと参考になると思います。 千葉県茂原市に本社のある会社です。 害獣・害虫駆除の達人としてこちらもテレビ取材も多く受けている会社さんで、色々な機材を駆使して低料金・完全駆除を掲げておられます。 この他にも高い技術を低料金で行っている業者さんは耳にします。 〇〇円~という料金表示はどういうこと? お客様が侵入口を自分で見つけておられて、封鎖作業が床回りの1ヶ所のみ。 他のフン清掃や除菌・消臭、消毒、他の場所の侵入口の封鎖、作業後の保証等が必要ない、というお客様のケースがあります。 最低料金で済む場合は、このようなケースと思われます。 しかし、将来的に万一イタチやアライグマ等の害獣が再侵入した場合の保証をしてもらう場合は、封鎖の作業が1ヶ所で済むという場合は少ない様です。 何故かと言いますと侵入口は数ヶ所ある場合が多いのです。 自分の家での害獣駆除作業がどれくらいの料金になるかの疑問には、専門の害獣駆除業者に自分の家を見積もりしてもらうのが大切です。 専門の害獣駆除業者の立場で言わせていただきますと、 イタチは3㎝程度の穴があれば侵入してきます。 作業後の保証をする為にはこうした穴を全て封鎖する必要があるのです。 イタチの侵入口となるのはこの大きさ。 500円玉は2. 6㎝です。 これより少し大きい3㎝程度の穴からイタチは侵入しますので、この穴を封鎖する必要があります。 業者ではなく自分でイタチを追い出す際に可能であれば、注意深くイタチの侵入口を探して一つ一つを塞ぐことが出来れば自分で作業するのもありだと思います。 しかし、屋根や狭い床下であったり危険を伴う場所も多くなることからあまりお勧めは出来ません。 害獣駆除業者に依頼する時は、作業後の保証が重要 知り合いの大工さんや、リフォームをしてもらった業者さんに言って解決したという場合もあるようです。 一方で「知り合いの大工さんにやってもらったけどいっこうに音が止まない」とか、「1週間くらいは音がしなくなったけどまた音がしだしたのでもう一度依頼した。 」 すると今度は大工さんの方から「専門の業者に言って下さい」と言われた。 という経緯で当社への依頼になったお客様も多いです。 また、「便利屋さんにやってもらったけど、来るたびごとにお金が必要でもう100万円以上使ってる。 未だ屋根裏で走り回ってる音がする」という驚くようなケースもありました。 もちろん便利屋さんの全てがという訳ではないと思いますが、こういう例もありましたという一例です。 安い料金と言うから頼んではみたものの、全然うまくいかない。 あるいは、あとからあとから追加の料金を請求されて困るという例もあるようです。 イタチ(害獣)駆除業者に依頼する場合は数社の相見積もりを 業者に依頼する場合は、• イタチ駆除作業の 料金• イタチ駆除作業の 内容• イタチ駆除作業後の 保証• 見積に来た担当者との 相性 をしっかりと見比べてお決めください。 依頼した業者さんが信頼できる協会に加盟している業者であれば、安心かとも思います。 その意味からいえば、ペストコントロール加盟業者から探すのも良いかと思います。 【福岡県内の場合】 【全国の場合】 関連している記事• こんにちは。 害獣・害虫駆除歴20年超の株式会社あい営繕です。 こちらは、イタチを自分で駆除し […]• こんにちは。 株式会社あい営繕です。 いつもは害獣・害虫駆除にまつわるあれこれについて書いてい […]• こんにちは。 イタチ駆除業者の株式会社あい営繕です。 こちらの記事にたどり着い […]• 家に生息する生き物はたくさんいます。 […]• この数日はこの冬一番の寒気が到来していて山間部だけでなく平地でも雪が積もっているところがあちこ […]• 「自分でイタチ駆除」「業者によるイタチ駆除」の違いをご存知ですか? イタチがわが家の屋根裏に […]• イタチ駆除業者を選ぶ時に必ず見ておきたい項目が「保証」です。 もっとも重要と […]• 「天井裏(屋根裏)でドタバタ音がする…」「何かの動物が侵入した形跡がある…」。 これらはもしかし […].

次の

業者にイタチ駆除を依頼したいけど、駆除費用っていくらが相場なの?

屋根裏 イタチ 駆除

2019年02月20日• こんにちは。 害獣・害虫駆除歴20年超の株式会社あい営繕です。 こちらは、イタチを自分で駆除しようと思っている方に向けての記事になります。 まずイタチ駆除のプロとして、自分での駆除は正直おすすめできません。 危険な作業も多いですし、再発生率が非常に高いです。 ただ、業者に頼むと費用の面でもったいないという気持ちももちろん分かります。 なので今回は「日本ペストコントロール協会」にも加盟している我々プロの視点から、 なるべく自分で、安全・確実にイタチを駆除する方法をお伝えしていこうと思います。 あわせて、 自分で駆除することの危険性にも触れていきます。 もし自分でできない作業だと思ったら業者に頼むようにしてくださいね。 【大前提】イタチは法律で守られている動物です 「イタチは理由なく自分で捕獲・駆除してはいけない」と聞いたことがありませんか? まさにその通りで、イタチは鳥獣保護法と狩猟法、2つの法律で守られている動物なのです。 個人で捕獲をするのは諦めましょう。 市区町村で多少解釈の違いもあるようですので、詳しくは最寄りの市区町村にお尋ねください。 狩猟が許可される12月15日から2月15日でもメスは捕獲が禁止されています。 有害鳥獣捕獲許可申請書を、最寄りの市町村に出せば捕獲OKですが、申請書を出してから時間もかかり、被害写真の添付と慣れていないと面倒な点もあります。 また、イタチは咬みつかれたり、感染症をうつされたりといったリスクがあるため大変危険です。 個人で駆除するなら捕獲を諦め、「追い出す」という方向で考えるのがオススメです。 イタチは追い出すだけなら許可はいりません。 文章もご覧になるには全画面でご覧ください。 ) 上記の動画の中で、お客様が作られた装置VSプロ仕様の追い出し装置が出てきますが、お客様の追い出し装置はお見事でした。 屋根裏のいたるところに点滅のライトが取り付けられて見たとたんに思わず「おーっ!」と感心して声が出ました。 「よくここまで、お作りになりましたね」と、その時は感心させれました。 ただ、その後のイタチの侵入口を見つけて封鎖を行う、という点で慣れているプロとお客様と差がついてしまうところではあります。 追い出すだけなら許可はいりませんので、個人で駆除を考えるならこれでしょう。 詳しい方法や、その他のおすすめアイテムは後ほど詳しく解説していきます。 一度ご自分で追い出し等を試してみて、再発生がなくならないようであれば捕獲を考えます。 その際は専門のイタチ駆除業者に依頼することを強くオススメします。 イタチを自分で駆除する際にやるべきことリスト まず、イタチを駆除する際にやるべきことをザッとまとめておきます。 大まかにわけると全部で6つ。 後ほど、それぞれについて詳しく解説していきたいと思います。 侵入場所の調査・特定• イタチを追い出す• 侵入口の封鎖• 糞尿・死骸の清掃と処理• 殺菌消毒・消臭• 断熱材の交換 イタチの侵入場所の調査 イタチがどこから入ってきたのか、どこを住処にしているのかを調査します。 屋根裏・床下などに住み着くことが多いので、そこまで入っていく必要があるでしょう。 イタチが住んでいる場所は糞尿・死骸が溜まっていたり、それに虫が湧いていたりして非常に不潔。 感染症等のリスクを防ぐためにも、かならず防護用の服を着用して行ってください。 イタチの侵入口で多いのはこんなところ 日本の住宅は、もともと小さな穴がたくさん開いています。 湿気を床下や天井裏の空間にためないためですね。 日本の気候風土は湿気が大変多いために床下や天井裏に湿気をためない工夫がなされているのですが、イタチにとっては少し違うようです。 イタチにとってこれ以上侵入しやすいところもないでしょう。 イタチは身のこなしが軽く、500円玉ほどの大きさから家屋に入り込んできます。 軒先(樹木から飛び移ってくる)• 雨樋い(あまどい)• 屋根の瓦の隙間 などはとくに注意して見ておくべきポイントでしょう。 イタチはお風呂に入らないため、汚れた毛や足跡が付着していればイタチだと判定できます。 のページで詳しく解説しています。 自分でイタチを追い出す方法 侵入口の特定が済んだら、駆除に入ります。 イタチが嫌がるものを使って家から追い出しましょう。 イタチを匂いで追い出す 強烈なにおいを発するアイテムを、イタチの住処となっている屋根裏や床下に設置します。 木酢液(もくさくえき)• クレゾール石鹸液• 動物用の忌避剤 あたりがおすすめ。 薬局・ホームセンターで販売されています。 木酢液とクレゾール石鹸液は臭いが強力なので薄めて使ってください。 イタチを煙で追い出す ゴキブリ・ダニ用の燻煙剤を使って追い出す方法も考えられます。 ただしこちらは建物の構造等によって効果が薄れたり、住人が住んでいるところまで煙が回ってきたりする可能性があるためあまりオススメしません。 イタチが入る侵入口の封鎖 イタチを追い出したら、すぐに侵入口を塞ぎます。 一度追い出したとしても、そのうちにおいに慣れてまたやってきます。 再発生を防ぐため、かならず侵入口を封鎖しましょう。 封鎖には金属ネットがおすすめ 侵入口を封鎖するには金属製のネットを使うのが一般的です。 完全に塞いでしまうと家の風通しが悪くなるなどのデメリットがあるため、こういったアイテムを使いましょう。 ホームセンターで購入できます。 再発生が起きないかここで確認 侵入口の封鎖まで終わったら、数日様子を見ます。 イタチをすべて追い出さないまま侵入口を塞いでしまったり、侵入口を塞ぎきれていなかった場合は再度イタチの足音が聞こえてくるはずです。 侵入口をすべて封鎖できていると思うのであれば、再度追い出しを試みます。 そしてもういちど封鎖。 これをイタチがいなくなるまで繰り返します。 自分たちでは見つけられない侵入口があるのかも知れないと思ったら、イタチ駆除の専門業者に依頼しましょう。 業者はイタチの動き方・考え方を熟知しているのですべての侵入口を探し出してくれるはずです。 糞尿・死骸の清掃と処理 すべてのイタチを追い出せていることが確認できたら、屋根裏や床下の清掃に入ります。 さらにはエサの死骸を放置していたり、ウジやハエが湧いていることも考えられます。 感染のリスクもありますので、必ず防護用の服や手袋、マスクを着用して作業に臨んでください。 動物の死骸があった場合はとくに危険です。 菌や病害虫が大量発生していると考えられるので、個人で処理せずに業者に相談してください。 除菌・消臭 糞尿を処理したら、屋根裏の除菌と消臭を行います。 放置しておくと家中に菌が増えていくかもしれませんので必ずやっておきましょう。 床の部分だけではなく、空間全体に対して行う必要があります。 殺虫剤等を自分で吸い込まないように注意してください。 また消臭に関して、イタチの臭いは市販の消臭スプレーでは取りきれないことが多々あります。 そのようなケースでも、業者に依頼すれば臭いを綺麗に除去することが可能です。 断熱材の交換 巣を作る際に荒らされてしまった断熱材を新しいものに交換します。 除菌・消臭をしながら、破られた断熱材の撤去と新品の敷き詰めを行ってください。 以上で、イタチの駆除作業と後始末は完了です。 自分で無理だと思ったら業者へ 途中でもくどいほどお伝えしましたが、イタチ駆除作業は非常に危険な作業です。 とくに追い出し後の清掃に伴う作業はリスクが高いですので、基本的には我々のようなイタチ駆除業者にご依頼いただくのが一番かと思います。 イタチ駆除業者に頼むとどのようなメリットがあるのか イタチ駆除を自分でやってみようとしてもうまくいかないときには、私たちのようなイタチ駆除専門業者に依頼なさることをおすすめします。 依頼した場合のメリットについて申し上げます。 再発生率が違う 業者の腕によりますが、プロが集まる業者はイタチの行動・考え方を熟知しています。 どこから侵入してきたのか、その侵入経路を念入りに調査しますので、ご自身で駆除・封鎖を行うのに比べて再発生率が格段に下がります。 危険な作業もおまかせできる もちろん、駆除・封鎖のあとの後始末に関しても業者が請け負います。 個人の方が行うと危険な作業も、専門の知識をもって行いますので大丈夫。 家の中を汚したり壊したり、イタチが持ち込んだエサ等が家に残らないように作業します イタチ駆除作業のあとにも保証がある まともな業者なら、施工後に数年間の保証期間を設けています。 保証期間がない業者はまともな施工をしていない可能性が高いですね。 ちなみに弊社あい営繕は施工後に3年間の保証をつけております。 当然、イタチの再侵入のないように行いますが、万が一の再侵入は保証期間であれば何回イタチが出ても無料で再施工させていただきます。 (ただし、保証がつくのはあい営繕が提案した内容で施工した場合に限ります) 見積り無料の業者は増えてきています 無料で調査見積りをしてくれる業者も増えてきています。 弊社もそのうちのひとつですね。 業者選びの際は2〜3社以上、複数社で相見積りをとるのが基本です。 見積りを頼んだ手前断りづらいというお客様もいらっしゃるようですが、こちらとしても相見積りは当たり前のことですのでお気になさらないでください。 じっくり検討することをオススメします。 相見積りでは以下の4点をチェックします。 接客態度:心地良いか?信頼できそうか?• 施工金額:施工内容に見合った金額か(ぼったくっていないか)?• 施工内容:再発生を防ぐための適切な施工内容になっているか?• 保 証:施工後の保証内容は?保証期間は? 相見積りの際には、弊社あい営繕にもぜひご相談ください。  電話の応対・接客態度・調査内容・施工内容・施工金額・作業後の長期保証・など、相見積もりで他社様と比べてもきっとご満足いただけるはずです。 土・日・祝祭日も対応中。 弊社あい営繕は、大雨などの災害時には行政からの依頼で衛生消毒や、セアカゴケグモ・ヒアリ、等の外来種の侵入を水際で防ぐプロフェッショナル集団の、の会員事業所です。 下部団体の福岡県下では、の会員事業所として、行政からの依頼が協会の方へあった際には、弊社あい営繕も高い技術力で惜しみなく協力を行い地域に貢献していると自負しています。 まとめ 安全には十分気をつけながら自分でイタチ駆除をやってみてください、この記事でイタチ被害に対するお困りが解決する一助になればとても幸いです。 もし、「これは害獣駆除業者に相談したい」とお感じの場合には、福岡県内全域と佐賀県東部、山口県西部、大分県北部は、現地無料見積もりを「あい営繕」が直接対応可能です。 また、九州地区での熊本県周辺や、関西地区、中京地区、関東地区、は弊社の協力業者さんがいます。 その場合もご連絡いただければ信頼のおける害獣駆除業者さんをご紹介可能です。 弊社あい営繕にお気軽にお声がけください。 ご連絡先は、PCは画面右下、携帯電話は最下部にあります、通話無料のフリーダイヤルにご連絡ください。 関連している記事• こんにちは。 株式会社あい営繕です。 いつもは害獣・害虫駆除にまつわるあれこれについて書いてい […]• 「自分でイタチ駆除」「業者によるイタチ駆除」の違いをご存知ですか? イタチがわが家の屋根裏に […]• こんにちは。 イタチ駆除業者の株式会社あい営繕です。 こちらの記事にたどり着い […]• イタチ駆除業者を選ぶ時に必ず見ておきたい項目が「保証」です。 もっとも重要と […]• こんにちは。 害獣駆除業者の株式会社あい営繕です。 今日は『アライグマ』についてお話ししていき […]• 夜になると天井から「ドタドタ」とネズミの足音が聞こてきて安心して眠れないと悩まされている方も少 […]• 「天井裏(屋根裏)でドタバタ音がする…」「何かの動物が侵入した形跡がある…」。 これらはもしかし […]• 家に生息する生き物はたくさんいます。 […] カテゴリ一覧• 265• 122• 263• 145• 209• 699• 113• 134• 120• 104• 209• 114• 282• 127•

次の