伊勢 志摩 スカイ ダイビング。 伊勢志摩スカイダイビングクラブ

空から眺める伊勢志摩 スカイダイビングは最高すぎた

伊勢 志摩 スカイ ダイビング

ダイビング日記 伊勢志摩の海で見られた生物、水中の様子、海況などを日記に。 伊勢志摩の海を潜ってみたい方はのファンダイブ情報をクリック。 夏季の詳しいタイムスケジュールは をご確認下さい。 2020-06-23 火曜 南伊勢、相賀浦の海。 ソフトコーラルが綺麗なのでワイドで楽しめます。 (愛知県 K代様撮影) ツインアーチ内のソフトコーラルが大きく成長。 (愛知県 K代様撮影) 撮影している風景を撮影。 (動画からの切り出し) (三重県 O様撮影) 今日の南勢ボートダイブは暑い日になりました。 6月23日午前の南伊勢町 相賀浦、海況画像です。 {こちらのスポットは南勢相賀浦店集合です。 南勢のダイビングポイントのほとんどを 潜って頂いているので普段あまり行かない ポイントへ。 (別にこのポイントを 避けているわけではなく少し流れがあるのと 平均水深が深くなるので条件が揃わないと行けないのです。 ) キンギョハナダイ群れ、 イッセンタカサゴ群れ、 ニシキベラ、 ミギマキ、 スズメダイ群れ、 ソラスズメダイ、 ネンブツダイ群れ、 メジナ群れ、 アカカマス群れ、 イサキ群れ、 アカハタ、 チョウチョウウオ、 ヒメイソギンチャクエビ、 カザリイソギンチャクエビ、 ニシキウミウシ、 リュウモンイロウミウシ、 アオパンダ、 ツユダマガイ など見られました。 ミノカサゴ、 コダマウサギガイ、 トゲアシガニ、 シロチョウウグイスガイ、 オルトマンワラエビ、 オオウミシダトウマキクリムシ、 アオウミウシ交接、 イバラウミウシ属の1種、 ムラクモキヌヅツミガイSP、 ヒロウミウシ、 ニシキウミウシ、 オトヒメエビ、 イソカサゴ など見られました。 2020-06-21 日曜 伊勢志摩のダイビングポイント南勢レインボーアーチで見られている メキシクロミス・マクロープスというレアなウミウシです。 (愛知県 K藤様撮影) アーチ内にはキンメモドキが沢山群れています。 (愛知県 K藤様撮影) 南勢の海、アオパンダ、緑のマフラーを着けているみたい。 (愛知県 M田様撮影) 綺麗なウミウシ、ミチヨミノウミウシ幼体。 (愛知県 M田様撮影) 幻想的に撮れていますね。 ザラカイメンカクレエビ。 (愛知県 M井様撮影) 今、南勢でアヤニシキは沢山見られます。 胞子が出てきてます。 (愛知県 M井様撮影) 南勢のダイビングポイント、レインボーアーチはソフトコーラルが すごく大きくなっていてカラフルです。 ボートの定員にはゆとりがありますが 満員のお客様でした。 南勢でファンダイブ。 360度・全天球カメラ 「RICOH THETA V」で撮影。 6月21日午前の南伊勢町 相賀浦、海況画像です。 {こちらのスポットは南勢相賀浦店集合です。 コンデジの方がほとんどでしたが 皆さんカメラを使いこなしていて 沢山の水中写真を撮って頂けました。 メキシクロミス・マクロープス(レアなウミウシです)、 ハナイロウミウシ、 サキシマミノウミウシ、 アプリシア・ニグロキンクタ、 ミレニアムマツカサウミウシ、 リュウモンイロウミウシ、 ミチヨミノウミウシ、 アオウミウシ、 ユビノウハナガサウミウシ、 トラウツボ、 コノハガニ、 クリアクリーナーシュリンプが ウツボをクリーニング、 キンメモドキ群れ、 クロホシイシモチ群れ、 ネンブツダイ群れ、 イッセンタカサゴ群れ、 キンギョハナダイ群れ、 キタマクラ、 タカノハダイ、 アオパンダ、 アヤニシキ胞子 など見られました。 2020-06-20 土曜 伊勢志摩の海、間崎島で見られているアオリイカ卵の中の赤ちゃんイカ。 (岡山県 O田様撮影) 模様が個体によって違うので撮る楽しみがあるクロフチウミコチョウ。 (岡山県 O田様撮影) 賢島からボートで行く間崎島は晴れて良い天気。 360度・全天球カメラ 「RICOH THETA V」で撮影。 6月20日午前の英虞湾 間崎島、海況画像です。 {こちらのスポットは賢島本店集合です。 ミニケヤリ、 アオリイカ卵、 キイロウミコチョウ、 クロフチウミコチョウ、 ヒラミルミドリガイ、 ハコフグ幼魚、 アオウミウシ、 ハオコゼ、 キヌカジカ、 ムラサキミノウミウシ、 シロイバラウミウシ、 シラヒメウミウシ など見られました。 2020-06-19 金曜 英虞湾、間崎島の水中で見られる綺麗なホソテンロクケボリガイです。 (愛知県 M川様撮影) 賢島から行くダイビングポイント間崎島に居るホタテウミヘビです。 (愛知県 M川様撮影) 間崎島で体験ダイビングも開催しました。 ダイビングポイントから帰る頃には晴れ間も出てきました。 6月19日午後の英虞湾 間崎島、海況画像です。 {こちらのスポットは賢島本店集合です。 ライセンスをお持ちの彼は付き添いで 2本目にファンダイブを開催しました。 クロダイ、 メバル群れ、 ソラスズメダイ群れ、 スズメダイ群れ チャガラ など見られました。 2020-06-14 日曜 伊勢志摩の海、賢島から行く間崎島で見られているアオリイカ卵の中の 赤ちゃんイカです。 上下にいるのがわかりますか? (愛知県 O野様撮影) 綺麗なソフトコーラルについているホソテンロクケボリガイ。 (愛知県 O野様撮影) 伊勢志摩のダイビングポイント、間崎島に居るキイロウミコチョウ。 (愛知県 T内様撮影) 伊勢志摩のダイビングポイントはウミウシの宝庫。 シャクジョウミノウミノシです。 (愛知県 T内様撮影) 今日の間崎島は思ったより風が弱く晴れ間もありました。 360度・全天球カメラ 「RICOH THETA V」で撮影! 6月14日午前の英虞湾 間崎島、海況画像です。 {こちらのスポットは賢島本店集合です。 フォト派の方でしたので 多くの生物というよりは 限られた個体数をじっくり時間をかけて 撮影頂きました。 クロヘリアメフラシの仲間、 ホソテンロクケボリガイ、 クツワハゼ、 キイロウミコチョウ、 クロフチウミコチョウ シラヒメウミウシ など見られました。 2020-06-13 土曜 三重県 志摩市 間崎島の水中で見られる綺麗な クロフチウミコチョウ。 (愛知県 O野様撮影) 伊勢志摩 水中写真 アオリイカの卵の中、稚イカがかなり成長しています。 (愛知県 O野様撮影) 賢島からダイビングボートで行く間崎島で見られているキイロウミコチョウ。 (愛知県 Y野様撮影) ガンガゼの棘に擬態しているガンガゼカクレエビ。 (愛知県 Y野様撮影) 志摩観光ホテルと賢島大橋をバックに記念撮影。 6月13日午前の英虞湾 間崎島、海況画像です。 {こちらのスポットは賢島本店集合です。 ワイドからマクロ仕様に変更頂きました。 ガッツリのんびり撮影頂きました。 キイロウミコチョウ、 クロフチウミコチョウ、 ムラサキミノウミウシ、 ガンガゼカクレエビ、 アオリイカ卵、 シラユキモドキ、 シラユキウミウシ、 シラヒメウミウシ など見られました。 トウヨウキセワタ、 ガンガゼカクレエビ、 アオリイカ卵 など見られました。 2020-06-12 金曜 志摩半島、英虞湾の間崎島で見られているクロフチウミコチョウ。 綺麗なウミウシの仲間です。 (愛知県 K代様撮影) こちらはキイロウミコチョウ。 右に見えているのが僕の 指示棒の先ですので大きさを比べてみてください。 (愛知県 K代様撮影) アオリイカの卵もいろんな場所に産み付けられています。 動画からのキャプチャー画像です。 (三重県 O様撮影) 賢島周辺をクルージングしながらダイビングポイントへ。 梅雨の晴れ間で暑い。 6月12日午前の英虞湾 間崎島、海況画像です。 {こちらのスポットは賢島本店集合です。 1本目は西側中心にコースガイド。 キイロウミコチョウ(コンスタントに見つかりました。 ) クロフチウミコチョウ(交接している個体も。 )、 ウミコチョウ祭りでした。 アユカワウミコチョウやシラタマウミコチョウに期待。 アオリイカ卵、 スズメダイ群れ、 クエ、 シロウミウシ、 シラユキウミウシ、 シラヒメウミウシ、 キンホシイソハゼ、 コノハミドリガイ など見られました。 こちらでもキイロウミコチョウ発見。 アオリイカ卵、 チャガラ、 ケヤリムシ、 ガンガゼカクレエビ、 イソウミウシSP、 ヒメキヌハダウミウシ、 クロコソデウミウシ幼体、 シラヒメウミウシ、 コノハミドリガイ、 ミギマキ など見られました。 2020-06-09 火曜 伊勢志摩の海、英虞湾の間崎島は 今、アオリイカが産卵に来ています。 (三重県 K西様撮影) 間崎島はウミウシの宝庫。 こちらはコンスタントに見られている フジイロウミウシ。 (三重県 K西様撮影) 間崎島で海洋実習を開催。 午後からはファンダイブも開催しました。 いつもの賢島大橋と志摩観光ホテルをバックに記念撮影。 6月9日午前の英虞湾 間崎島、海況画像です。 {こちらのスポットは賢島本店集合です。 アオリイカ卵 ダテハゼ(間崎島初記録)、 キタマクラ、 ハオコゼ、 ヒロウミウシ、 アオウミウシ、 コイボウミウシ、 シラヒメウミウシ、 タツナミガイ、 クロミドリガイ、 チャガラ群れ、 ケヤリムシ、 コノハミドリガイ、 ソラスズメダイ群れ など見られました。 )、 ヨウジウオ、 フジイロウミウシ、 ヒロウミウシ、 ベニイシガニ、 ハコフグ、 サラサウミウシ、 ホタテウミヘビ、 キンホシイソハゼ など見られました。 2020-06-08月曜 賢島周辺の海は穏やか。 今日も暑い日でした。 2か月ぶりの間崎島。 やっぱり英虞湾は景色がいい〜! 水面から海底の魚たちが見えています。 ホンダワラ系が 良く生えているのでアオリイカが産卵していました。 6月8日午前の英虞湾 間崎島、海況画像です。 {こちらのスポットは賢島本店集合です。 南伊勢相賀浦のボートダイブは 先月から潜っているのですが 間崎島で潜るのはなんと2か月ぶり。 (^^;) 水温が高いので今日から僕もウエットスーツで 潜りました。 ホンダワラにアオリイカが卵を産み付けていました。 南方系の魚たちが越冬していたのには驚き。 アオリイカ、 ソラスズメダイ群れ、 カゴカキダイ、 チョウチョウウオ、 ミギマキ、 タカノハダイ、 メジナ群れ、 メバル群れ、 クロダイ など見られました。 明日は間崎島ファンダイブなので 昨年、人気だったハナイカ卵や シラタマウミコチョウを探してみたいと思います。 2020-06-07 日曜 伊勢志摩、南伊勢町相賀浦の水中!ソフトコーラルが 成長してカラフルになっています。 (愛知県 Y野様撮影) こちらも水中をワイドレンズで。 色とりどりの生えもの系! (愛知県 Y野様撮影) 相賀浦のダイビング。 ニシキスベヨコエビを正面から。 (奈良県 がじゅ様撮影) いい感じに上っています。 シャクジョウミノウミノシ。 (奈良県 がじゅ様撮影) 冬の五ケ所湾の水温が高かったのでクマノミは大きく成長。 (大阪府 K野様撮影) 足のきらきら星が綺麗なカザリイソギンチャクエビ。 (大阪府 K野様撮影) 今日の南勢ボートダイブは晴れて暑い日に。 6月7日午前の南伊勢町 相賀浦、海況画像です。 {こちらのスポットは南勢相賀浦店集合です。 愛知、奈良、大阪など近県の方々にも 潜って頂けるようになりました。 テントウウミウシ、 ピコチシオウミウシ、 シャクジョウミノウミノシ、 アオパンダ、 ホンカンボヤ、 クロホシイシモチ群れ、 チョウチョウウオ など見られました。 ゲストの写真を見て頂ければわかりますが ソフトコーラルが大きく成長してカラフルです。 上の画像をクリックして頂くとYouTubeの動画が見れます。 「伊勢志摩でダイビング!南伊勢の海をドローン撮影」で見て頂けます。 2020-06-06 土曜 三重県 南伊勢町相賀浦で見られているセンヒメウミウシと ホソツツムシのコラボ! (奈良県 がじゅ様撮影) 非常に色彩が綺麗なウスイロウミウシ! (奈良県 がじゅ様撮影) 伊勢志摩、南勢ボートダイブはどのポイントもソフトコーラルが 生き生きと。 天気は曇りでしたが穏やかで外側のダイビングポイントを 潜りました。 6月6日午前の南伊勢町 相賀浦、海況画像です。 {こちらのスポットは南勢相賀浦店集合です。 ドイツから今年の初めに日本に来られて方など いろんな地域から潜りに来て頂きました。 ヨゾラミドリガイ、 ミレニアムマツカサウミウシ、 サラサウミウシ、 ユビノウハナガサウミウシ、 センヒメウミウシ、 イタチウオ、 アオパンダ、 アカシマシラヒゲエビ、 コロダイ、 キンギョハナダイ群れ、 キンメモドキ群れ、 イッテンチョウチョウウオ(南方系)、 など見られました。 ウスイロウミウシ、 センヒメウミウシ、 ニシキウミウシ、 カワハギ、 ソラスズメダイ群れ、 オキゴンベ、 メジナ群れ、 クロダイ群れ、 オオモンハタ、 ヒラメ、 イセエビ、 ハコフグ、 カサゴ、 コケギンポ など見られました。 2020-06-05 金曜 南伊勢町相賀浦のダイビング。 水中で見られるアヤニシキです。 胞子が出てきてます。 (奈良県 M田様撮影) 南勢で見られるイソギンチャクモエビ。 綺麗なイソギンチャクの場所にいるので 写真に撮るなら今がチャンス。 (奈良県 M田様撮影) 伊勢志摩も気温が30度で暑い日でした。 穏やかなので 外側のポイントへ潜りに行きました。 6月5日午前の南伊勢町 相賀浦、海況画像です。 {こちらのスポットは南勢相賀浦店集合です。 カメラTG5がファンダイブの途中で 水漏れして曇っちゃたりで 後半ソフトフォーカスの写真に。 ドトラケモサ、 クリアクリーナーシュリンプがクロアナゴをクリーニング中、 コイボウミウシ幼体、 アカシマシラヒゲエビ、 キンギョハナダイ群れ、 シロウミウシ、 サラサウミウシ、 アヤニシキ、 アオパンダ、 ツマグロハタンポ、 キンメモドキ群れ、 オオモンハタ など見られました。 カメノコフシエラガイ、 コウベダルマガレイ、 ヒガンフグ、 フチドリタナバタウオ、 イソギンチャクモエビ、 アカハタ、 ホソテンロクケボリガイ、 ユビノウハナガサウミウシ、 タカツキヅタ、 ソメンヤドカリ、 ボウズコウイカ、 イセエビ、 オオウミシダトウマキクリムシ、 メジナ群れ、 ブダイ、 クロホシイシモチ群れ、 マアジ群れ など見られました。 2020-05-30 土曜 南伊勢町、相賀浦のダイビングポイント。 ホンダワラ系が一面を覆いつくし、季節感が出ています。 (三重県 N嶋様撮影) 南勢のアカシマシラヒゲエビは越冬しました。 (三重県 N嶋様撮影) ホソテンロクケボリガイ、綺麗な貝です。 (三重県 K西様撮影) こちらはアーチで見られるアオパンダ。 優しく微笑んでいるようです。 (三重県 K西様撮影) シマキンチャクフグ、目線がいいですね。 (三重県 D口様撮影) テントウウミウシ ペアで密ですね。 (三重県 D口様撮影) 午前中は予想に反して穏やかだったので外側の ダイビングポイント レインボーアーチへ行きました。 5月30日午前の南伊勢町 相賀浦、海況画像です。 {こちらのスポットは南勢相賀浦店集合です。 昨日の昼からやや風波が出ていたので ボートが出せるか心配でしたが 朝になったらべた凪に戻っていました。 ゲストの皆さんに聞いて レインボーアーチに行くことに。 透明度がかなり良くなってきています。 昨日地元の漁師さんに聞いたら すぐ近くまで黒潮の良い潮が近づいているとのことで カツオが良く釣れるらしいです。 これから 透明度は期待できそうですね。 ニホンアワサンゴ、 ムスメウシノシタ、 コイボウミウシ、 ユビノウハナガサウミウシ、 アオパンダ、 アカシマシラヒゲエビ、 テントウウミウシ、 ミヤコウミウシ、 トラウツボ、 キンメモドキ群れ、 シマキンチャクフグ、 コロダイ、 アヤニシキにドロノミ、 カゴカキダイ群れ、 カサゴ、 ネンブツダイ群れ など見られました。 ゲストの方にポイント希望を聞いて 最後の望み、ダンゴウオを探すことに。 フチドリタナバタウオ、 ヒラミルミドリガイ、 ユビノウハナガサウミウシ、 コノハミドリガイ、 メバル、 マダコ、 ホソテンロクケボリガイ、 イセエビ、 ヨコスジイシモチ、 メジナ群れ、 クロホシイシモチ群れ など見られました。 ダンゴウオは見つからず。 気温は高く暑いし 水温が高くなってきたので 来週からウエットスーツに着替えようかな。 2020-05-29 金曜 伊勢志摩、相賀浦の水中。 アーチは しばらく誰も入っていなかったので一面ソフトコーラル。 南勢ボートダイブ、午前中はべた凪。 トイレや手洗い場のタオルをウイルス感染予防のために ペーパータオルに変更させて頂きました。 5月29日午前の南伊勢町 相賀浦、海況画像です。 {こちらのスポットは南勢相賀浦店集合です。 気温が上がりウエットスーツのお客様も半々ぐらいになってきました。 波が無かったので一番外側のポイントへ 潜りに行きました。 キンメモドキ群れ、 オオモンハタ、 シロウミウシ、 イタチウオ、 ミヤコウミウシ、 キタマクラ、 ハコフグ、 コロダイ、 キンギョハナダイ群れ、 ツマグロハタンポ、 イシガキダイ、 アカシマシラヒゲエビ、 アオパンダ、 シラユキウミウシ、 イッセンタカサゴ群れ など見られました。 コクテンベンケイハゼ、 ベンケイハゼ幼魚、 マツカサウオ、 ソメンヤドカリ、 クロホシイシモチ群れ、 ネンブツダイ群れ、 ブダイ、 ニザダイ、 ソラスズメダイ、 クロヘリアメフラシ幼体、 ミギマキ、 コダマウサギガイ、 チョウチョウウオ など見られました。 2020-05-23 土曜 伊勢志摩の海、南勢で見られているガンガゼカクレエビです。 背景の青が綺麗。 (三重県 I藤様撮影) ニシキウミウシ幼体、後ろにニシキスベヨコエビが隠れています。 (三重県 I藤様撮影) ムラクモキヌヅツミガイSP、線の入り方がユニークですね。 (三重県 I藤様撮影) モフモフ系で人気のヤグルマウミウシ。 (三重県 I藤様撮影) ピンク色で可愛いセンヒメウミウシです。 (三重県 I藤様撮影) コロナウイルスで44日間休みましたが今日から営業再開。 コロナ感染防止対策のため、パーテーションを作り、 テーブルの間隔を広く。 次亜塩素酸水や除菌アルコールも設置しております。 5月23日午後の南伊勢町 相賀浦、海況画像です。 {こちらのスポットは南勢相賀浦店集合です。 普段の生活に戻れて嬉しいです。 県知事の要請もあり 5月中は県内のお客様に限っての受け入れとなり 今日は三重県津市から来て頂きました I藤様の貸し切り。 風波がありましたが何とか外側のポイントへ。 デジタル1眼フォト派の方なのでじっくり撮影頂きました。 水中の魚たちは コロナウイルスの影響を知る由も無く 華やかに迎えてくれました。 やっぱり水中は楽しいですね。 トウヨウコシオリエビ、 ニシキウミウシ幼体、 ニシキスベヨコエビ、 ハナミノカサゴ、 ムラクモキヌヅツミガイSP、 イセエビ、 オトヒメエビ、 マダイ、 タカベ群れ、 マルツノガニ、 カザリイソギンチャクエビ、 イソギンチャクモエビ、 クマノミ、 オオウミシダトウマキクリムシ、 ガンガゼカクレエビ など見られました。 2020-05-15 金曜 非常事態宣言も解除されていよいよ再開ですが。 画像は昨年5月、同時期に撮影しましたアオリイカの卵です。 新しく造ったダイビングボートの試乗を兼ねて賢島周辺をクルージング。 いつも間崎島へダイビングに行く途中に見られる 志摩観光ホテルと賢島大橋です。 {こちらのスポットは賢島本店集合です。 } ポイント:陸上 天候:晴れ後曇り 気温:28.0度C 水温:19.0〜20.0度Cぐらいだと思います。 と思ったのですが 悪天候で中止。 台風も北上してきそうなので 再開は来週末からになりそうです。 またまた水中写真は昨年の5月に撮影しました アオリイカの卵です。 マクロからワイドまで楽しめる 良い時期なのです。 なんとか来週からはファンダイブを再開したいですね。 2020-05-11 月曜 三重県 志摩市間崎島で見られるミノウミウシです。 昨年5月に撮影しました。 こちらは昨年5月11日、丁度1年前の同じ日の写真です。 暑くてお客様もガイドのしゅうちゃんもウエットスーツで 潜ってたんですね。 {こちらのスポットは賢島本店集合です。 } ポイント:陸上 天候:晴れ 気温:29.0度C 水温:19.0度Cぐらいだと思います。 今週末は 三重県内のお客様のご予約は頂いております。 写真は昨年の今日と同じ日に撮影した ものです。 今日と同じように暑くなってきて 皆さんウエットスーツで潜っていたのですね。 ウミウシが多いですがアオリイカが産卵に来ていたり もう少しするとハナイカが産卵に来て、 去年はハナイカの卵でかなり盛り上がりました。 今年も6月になったら同じように見れるといいな〜。 2020-05-07 木曜 新型コロナウイルス感染症拡大阻止の休業延長と県外からのお客様へのお知らせ。 詳しくは最新情報のページをご覧ください。 以下の文字をクリックして頂くとリンクページに飛びます。 昨年GWに撮影しました。 先日紹介させて頂いた新しく作った ダイビングボート(右上)と 現在使っている当店のボート4隻が 全て船体のカラーが精悍なブラックで揃ってきました。 ダイビングに行くのにカッコいいボートのほうがいいですよね。 {こちらのスポットは賢島本店集合です。 三重県は特定指定地域でないため 段階的に緩和されるようですが 今日の三重県知事の発表によりますと 三重県から県外への移動と 県外から三重県内への移動は自粛要請が 出ています。 当店も再開に向けて準備をしているところで 県内のお客様だけでも先に受け入れようか どうしようか迷っているのですが とりあえずは 5月14日まで休業して県の方針を確認しながら 営業再開の日を決めていきたいと思っています。 今日の 画像は昨年5月GWに見られていた可愛いカゴメウミウシです。 5月中にダイビングが再開できれば見れるかも。 それと ダイビングボートが統一したカラーにする計画で 4隻、ブラックハル(船体が全体にブラック)仕様に なってきましたよ。 カッコいいカラーだけではなく 3隻には頑丈なタンク立て付きベンチシートが付いているので タンクを背負うのも楽々。 2020-05-02 土曜 三重県 志摩市 間崎島で見られるハナイロウミウシです。 昨年のGWに撮影した写真です。 この時期の間崎島は カラフルなウミウシが沢山見られるのです。 新しいダイビングボートが出来上がりました。 南勢相賀浦店で使用している「アリスト号」と よく似た感じのブラックハル メタリック塗装です。 そのボートに今日はタンク立て付きベンチシートとラダーを 取り付けました。 これでダイビングには便利に 使って頂けるようになりました。 {こちらのスポットは賢島本店集合です。 画像は昨年GWに撮影しましたハナイロウミウシです。 賢島から行く間崎島はこの時期から水温も上がってきて 沢山のウミウシをじっくり撮影頂ける季節なのですが。。。 今日は特に気温が30度超えで暑かったですね。 ウエットスーツで潜れるのではないかと思ってきました。 先日からお伝えしておりました 新しいダイビングボートが出来上がり タンク立て付きベンチシートやラダーを 取り付ける作業が終了しました。 南勢のボートとよく似ていますが 2つのタンク立て付きベンチシートの仕様が 前後で少し違うのです。 このボートを南勢と間崎島と両方で使うことを 想定してどちらにでも使いやすいように形状を変えています。 ラダーも上りやすいようやや大きめに 作ってみました。 間崎島で使うときは更にオーニング(屋根)が取り付け 出来るようにしようと思っています。 2020-04-30 木曜 賢島は今日も穏やかで良い天気でした。 新しいダイビングボート用のタンク立て付きベンチシートが 出来上がってきたので取り付けたら本格始動となります。 コロナウイルス休業が解除されればの話ですが。 緊急事態宣言で休業中なのでSTAY HOME動画を作ってみました。 上の画像をクリックして頂くとYouTubeの動画が見れます。 「GWもおうちの中で!うちで踊ろう!」で見て頂けます。 星野源さんと三浦大知さんとアリストダイバーズ大矢がドラムでコラボ! お魚もおうちの中で頑張っています。 {こちらのスポットは賢島本店集合です。 5月6日までの緊急事態宣言が 延長されそうな気配ですね。 僕たちのようなダイビング業界の 休業補償はどうなるのでしょうかね。 もう20日以上休んでいるのです。 上記画像からYou Tube動画にリンクしていますので 興味のある方はご覧ください。 2020-04-28 火曜 今日は南勢にあるダイビングボートを賢島へ回してくるため 南勢相賀浦店に行きました。 大池湾内は透明度良かったです。 まずは潜って船底掃除。 コロナウイルスの休業続きで20日間潜っていなかったので ブランクダイバーです。 少し期間が開くだけで焦ってしまいますね。 (^^; 船底も綺麗になって南勢相賀浦店から出港。 後ろに見えるのが 南勢のダイビングポイント「トドマリの鼻」です。 目指すは賢島本店です。 五ケ所湾から英虞湾へ回港。 英虞湾に入ると波も穏やかに。 真ん中に見えるのがいつも賢島本店から潜りに行っている 間崎島です。 4月28日午前の南伊勢町 相賀浦、海況画像です。 {こちらのスポットは南勢相賀浦店集合です。 このボートは アリストダイバーズを開業してすぐ購入した ダイビングボートで思い入れもあり 20年以上頑張ってくれていましたが この度、新しいダイビングボートと入れ替えに 新たな持ち主の元へ行くことになりました。 普段はダイビングポイントが近いこともあり 15分ほどしかボートに乗っている時間がないのですが 南勢相賀浦店から賢島本店まで45分ほど (飛ばせばもっと早く着くと思いますが安全運転で) 快調に走ってくれました。 新しいダイビングボートは出来上がっているのですが ステンレスのタンク立て付きベンチシートや ラダーを作ってもらっているところです。 艤装が終わればまた紹介させて頂きたいと思います。 しかし使える日がいつになるのか。 コロナ禍が 早く収束して欲しいですね。 2020-04-26 日曜 賢島から行く間崎島で撮影しましたアラリウミウシです。 昨年のGWに撮影した画像です。 筏をもう少し改築しないといけませんが これでお店の前からボートに乗れる予定です。 {こちらのスポットは賢島本店集合です。 昨日、賢島本店の前に桟橋を掛ける作業が終了し、 お店の前からボートに乗れるようになりました。 筏を改築したり、ボートを着ける位置を調整しないと いけませんが、一旦車に乗って桟橋までの移動が 1分間といえども煩わしかったと思われますが これで便利になります。 水中写真は昨年のGW同じ時期に見られていた アラリウミウシです。 今年も この時期に間崎島を潜れば可愛いウミウシ達に会えていたと 思われますがもう少しの我慢ですね。 週明けの平日の内に南勢相賀浦店の様子も見に行こうと 思います。 2020-04-23 木曜 志摩市 アリストダイバーズ賢島本店の前に 桟橋を作っています。 まだ繋がっていないので ごちゃごちゃした写真ですみません。 これでお店の前からボートに乗り降り出来、 南勢相賀浦店の同じように車での移動がなくなり 便利になる予定です。 {こちらのスポットは賢島本店集合です。 それなのでまたまた 陸日記が続きます。 今週中に 筏と繋げる予定です。 間崎島から戻ってきてすぐ 温水シャワーを浴びて頂けます。 天気が良い日が続き 皆さんにも潜って頂きたいですが ここはぐっと我慢するしかないですね。 2020-04-21 火曜 新型コロナウイルスの影響で休業延長のお知らせ。 詳しくは最新情報のページをご覧ください。 以下の文字をクリックして頂くとリンクページに飛びます。 2020-04-20 月曜 期限があるリピーター割引券などを お持ちのお客様へ 再延長 当店の休業によりご来店頂けない状態が続きますので 有効期限より先日2か月延長とお知らせ致しましたが 無期限延長とさせて頂きますので捨てないで 次回ご使用ください。 (例4月30日までの割引券であれば 次回ご来店頂く日まで有効期限延長適応。 ) 2020-04-19 日曜 三重県、アリストダイバーズ南伊勢相賀浦店は施設から 桟橋が出ているのですぐボートに乗れます。 出口をスライドドアにしたので出入りが楽になりました。 いつもの年ならこの時期に少し成長したダンゴウオが見られているのですが 営業自粛で探しに行けません。 4月19日午前の南伊勢町 相賀浦、海況画像です。 {こちらのスポットは南勢相賀浦店集合です。 暖かい春の日差しを浴びながら海の上にいると 気分も爽快になりますね。 お客様に「太陽の日差しをあまり浴びてない人は鬱になりやすい」と 聞いた事がありましたが、ほんとに 毎日、家にこもってばかりだと (テレビやネットでコロナウイルスの話ばかりで)不安になりますよね。 最新の情報を得ることも大事だと思いますが たまには時間を忘れて 海でのんびり過ごすのもいいですよ。 (^^) 2020-04-18 土曜 南伊勢町の海、ダンゴウオですが昨年の画像です。 春らしい暖かい画像で癒されてください。 こちらも昨年4月の画像です。 春濁りも無く透明度の良い レインボーアーチを潜っていたのです。 今年は4月になってこのアーチを2回潜っただけで コロナ自粛休業しているので自粛解除したら真っ先に潜りに行きたいポイントです。 {こちらのスポットは南勢相賀浦店集合です。 コロナ自粛休業10日目となりました。 明日は天気が良くなりそうなので また南勢相賀浦店の状況を見に行こうと思っています。 潜らない予定ですが。。 2020-04-16 木曜 南伊勢、相賀浦の海で見られるゴマフビロードウミウシ。 パープルの色彩が鮮やかなアヤニシキという海藻です。 {こちらのスポットは南勢相賀浦店集合です。 ちょうど1年前の今頃はどんな生物が見られていたのかなと 過去写真を確認してみたら、ダンゴウオや ウミウシやいろんな写真が。。 平成から令和に代わる事で 盛り上がっていて 沢山のお客様に来て頂いていたのが良くわかりました。 今日の水中写真はその 1年前に撮影したものです。 そろそろ潜りたくなってきたけど 明日からまた天候が悪くなり 海が荒れそうな予報で残念。 コロナ感染が一向に収まる気配がなく 陸の雲行きも怪しくなってきましたね。 2020-04-14 火曜 今日はアリストダイバーズ南勢相賀浦店の海の状況や 強風で施設が飛ばされていないか見に行ってきました。 ダイビングボートは2隻とも大丈夫でしたが昨日とは逆の 北北西の風が強く大池湾内でも波立っていました。 洗い場の屋根が飛ばされていないか心配でしたが 先日、足元の繋ぎも増強したので無事でした。 昨日紹介しきれなかった相賀浦店施設内の和式トイレです。 新品と交換しました。 外側の温水洗浄付き洋式トイレと 両方を使っていただけますのでトイレ待ちが解消されると思います。 4月14日午前の南伊勢町 相賀浦、海況画像です。 {こちらのスポットは南勢相賀浦店集合です。 } ポイント:陸上 天候:晴れ 気温:17.5度C 水温:17度Cぐらいだと思います 風:北北西10m 波:沖側は波がありました。 施設、ボート、桟橋などどこも壊れているところは無く ホッとしました。 しかし、今日はこの時期には珍しい まるで冬場のような北北西の風が強く 外を歩くのも大変でしたね。 屋根を新しくしたことによってか 風が強い日でも施設内は若干静かになったような気がします。 施設内の水中写真パネルの飾りつけや 防虫灯の取り付けなどを行いました。 4月以降で外側のポイントも潜れるようになったので 穏やかな日にスタッフのみで調査ダイブにも行きたいと思います。 2020-04-13 月曜 アリストダイバーズ南勢相賀浦店のリフォーム前と後の画像です。 強風で剥がれそうな瓦屋根をすっきりしたスレート屋根に。 室内の照明は 蛍光灯から明るいLED照明に。 天井のクロスを張りました。 海側桟橋に出るドアは開き戸から引き戸に。 風の強い日は明けたり閉めたりが大変でしたが 横にスライドなので片手にカメラなどを持っていても 軽い力で開きます。 風を通したいときは半分だけ開けられるので 便利です。 洗い場の屋根はスタッフのみで作りました。 広い面積の 屋根になりましたので暑い日差しを遮るし、雨の日は 干している器材が濡る心配が少なくなりました。 愕然! 慌てて倉庫にポリカーボネートの屋根を入れて 室内へ戻りました。 朝になってから 賢島本店の施設やダイビングボートも 心配で見に行きましたがなんともなくてホッとしました。 2020-04-11 土曜 南伊勢町 相賀浦の桜と海。 例年ですと 桜とダンゴ(水中のダンゴウオ)のお花見で盛り上がっているのですが。。。 凄く潜りたいダイビング日和でしたが(^^; 今のうちに普段なかなか出来なかった 陸の事を済ませないとね。 相賀浦店のリフォームはほぼ終了して 施設が綺麗に使いやすくなりました。 細部の写真はまたアップさせて頂きます。 更にダイビングボートのラダーやタンク立て付き ベンチシートを今、作ってもらっているところです。 ボートはブラックハル化(今あるボートは3隻ブラックカラーに なりましたがもう1隻もブラックメタリックになる予定。 ) また後日紹介させて頂きます。 それでは皆さんも、もう少しStay homeで! 2020-04-10 金曜 4Kテレビ撮影の予定で用意した水中ハウジング。 (^^; こちら志摩地方ではコロナウイルスの感染者報告は まだ出ていません。 三重県は都道府県別の感染者数を見ても 多いほうから35番目、少ないほうから数えて13番目と 比較的人数が少なく発症ペースも遅いように感じられます。 昨日、今日と本来なら NHKの水中撮影を担当することになっていたのですが 7日の緊急事態宣言を受けて NHKも1か月間ロケが中止となり全ての日程が延期となってしまいました。 天気は良いし残念ですが改めてまた日程や放送日が決まれば ご報告したいと思います。 時間も取れるし皆さんもこの期間にハウジングのメンテナンスや 陸上で撮影の練習をしてみてはいかがでしょうか? カメラやハウジングにつきまして分からない事がございましたら お気軽にご連絡ください。 2020-04-09 木曜 新型コロナウイルスの影響を鑑み休業のお知らせ。 詳しくは最新情報のページをご覧ください。 以下の文字をクリックして頂くとリンクページに飛びます。 2020-04-08 水曜 伊勢志摩の海、間崎島で見られているソラスズメダイ群れ。 (京都府 Y岡様撮影) 人気のウミウシ、キイロウミコチョウ!今年も間崎島に出始めました。 いろんなウミコチョウが期待できそうです。 (京都府 Y岡様撮影) 賢島からボートで行くダイビングポイント間崎島は穏やか。 透明度も良く海底まで見えていました。 360度・全天球カメラ 「RICOH THETA V」で撮影! 4月8日午前の英虞湾 間崎島、海況画像です。 {こちらのスポットは賢島本店集合です。 ゲストの方は半年ほどブランクがありドライスーツが初めて でしたので穏やかな間崎島でリフレッシュダイブを 兼ねてのファンダイブでした。 アカエイ幼魚、 メジナ群れ、 カゴカキダイ、 シロウミウシ、 アオウミウシ、 キイロウミコチョウ、 ホシササノハベラ、 ヨツアナカシパン、 スジハゼB など見られました。 2020-04-04 日曜 伊勢志摩、南伊勢相賀浦の海。 人気のアッコさんエビです。 (愛知県 H橋様撮影) 体長3cmほどの可愛いオオモンカエルアンコウ幼魚です。 同じ場所にいてくれました。 (愛知県 H橋様撮影) 4月から外側のポイントへ行けるようになりましたので 今日も水中アーチのポイントへ。 暖かな南伊勢でボートダイビングを開催しました。 4月4日午前の南伊勢町 相賀浦、海況画像です。 {こちらのスポットは南勢相賀浦店集合です。 いつも来て頂いているお客様で 外側のポイントを潜りました。 ウスマメホネナシキサンゴ、 ウララカミノウミウシ、 ニシキウミウシ、 ミツイラメリウミウシ、 サラサウミウシ、 アオウミウシ、 アオパンダ、 キンギョハナダイ群れ、 ツマグロハタンポ、 コロダイ など見られました。 オオモンカエルアンコウ幼魚、 ウズラカクレモエビ(アッコさんエビ)、 ホソテンロクケボリガイ、 サザナミフグ、 トサカマルガザミ、 ハクセンミノウミウシ属1種3、 アカエラミノウミウシ、 コアカリュウグウウミウシ、 シャクジョウミノウミウシ など見られました。 2020-04-03 金曜 伊勢志摩の海、相賀浦で見られているフタスジミノウミウシです。 (愛知県 M手洗様撮影) 南伊勢町相賀浦。 アカエラミノウミウシ。 周りも綺麗ですね。 (愛知県 M手洗様撮影) 冬の間中潜っていなかったのでソフトコーラルが生き生きと壁全面に育っていました。 南勢のボートダイブ。 4月からは外側のポイントへも行けます。 4月3日午前の南伊勢町 相賀浦、海況画像です。 {こちらのスポットは南勢相賀浦店集合です。 4月からは外側のポイントへ行けるようになったのですが 1日が荒れた天気でやっと穏やかになり アーチのポイントへ行けました。 キンギョハナダイ群れ、 アカシマシラヒゲエビ、 ダイダイウミウシ、 サガミコネコウミウシ、 ジボガウミウシ、 オトメウミウシ、 ツマグロミノウミウシ、 ムロトミノウミウシ、 アカテンミノウミウシ、 シロイバラウミウシ、 ムカデミノウミウシ、 ゴシキミノウミウシ、 フジエラミノウミウシ、 イソギンチャクモエビ、 アオパンダ など見られました。 上の画像をクリックして頂くとYouTube動画が見れます。 「お化け級の大きさ!伊勢志摩にユウレイクラゲ現る!」が 動画で見て頂けます。 上の画像をクリックして頂くとYouTube動画が見れます。 「ダンゴウオ幼魚・天使の輪が生まれました!」が 動画で見て頂けます。 画像コンテンツにつきまして 当サイトのコンテンツは著作権を放棄していません。 (被写体の各権利は撮影者本人に帰属します)。 に掲載されている画像等の無断転載はご遠慮下さい。

次の

空から眺める伊勢志摩 スカイダイビングは最高すぎた

伊勢 志摩 スカイ ダイビング

ダイビング日記 伊勢志摩の海で見られた生物、水中の様子、海況などを日記に。 伊勢志摩の海を潜ってみたい方はのファンダイブ情報をクリック。 夏季の詳しいタイムスケジュールは をご確認下さい。 2020-06-23 火曜 南伊勢、相賀浦の海。 ソフトコーラルが綺麗なのでワイドで楽しめます。 (愛知県 K代様撮影) ツインアーチ内のソフトコーラルが大きく成長。 (愛知県 K代様撮影) 撮影している風景を撮影。 (動画からの切り出し) (三重県 O様撮影) 今日の南勢ボートダイブは暑い日になりました。 6月23日午前の南伊勢町 相賀浦、海況画像です。 {こちらのスポットは南勢相賀浦店集合です。 南勢のダイビングポイントのほとんどを 潜って頂いているので普段あまり行かない ポイントへ。 (別にこのポイントを 避けているわけではなく少し流れがあるのと 平均水深が深くなるので条件が揃わないと行けないのです。 ) キンギョハナダイ群れ、 イッセンタカサゴ群れ、 ニシキベラ、 ミギマキ、 スズメダイ群れ、 ソラスズメダイ、 ネンブツダイ群れ、 メジナ群れ、 アカカマス群れ、 イサキ群れ、 アカハタ、 チョウチョウウオ、 ヒメイソギンチャクエビ、 カザリイソギンチャクエビ、 ニシキウミウシ、 リュウモンイロウミウシ、 アオパンダ、 ツユダマガイ など見られました。 ミノカサゴ、 コダマウサギガイ、 トゲアシガニ、 シロチョウウグイスガイ、 オルトマンワラエビ、 オオウミシダトウマキクリムシ、 アオウミウシ交接、 イバラウミウシ属の1種、 ムラクモキヌヅツミガイSP、 ヒロウミウシ、 ニシキウミウシ、 オトヒメエビ、 イソカサゴ など見られました。 2020-06-21 日曜 伊勢志摩のダイビングポイント南勢レインボーアーチで見られている メキシクロミス・マクロープスというレアなウミウシです。 (愛知県 K藤様撮影) アーチ内にはキンメモドキが沢山群れています。 (愛知県 K藤様撮影) 南勢の海、アオパンダ、緑のマフラーを着けているみたい。 (愛知県 M田様撮影) 綺麗なウミウシ、ミチヨミノウミウシ幼体。 (愛知県 M田様撮影) 幻想的に撮れていますね。 ザラカイメンカクレエビ。 (愛知県 M井様撮影) 今、南勢でアヤニシキは沢山見られます。 胞子が出てきてます。 (愛知県 M井様撮影) 南勢のダイビングポイント、レインボーアーチはソフトコーラルが すごく大きくなっていてカラフルです。 ボートの定員にはゆとりがありますが 満員のお客様でした。 南勢でファンダイブ。 360度・全天球カメラ 「RICOH THETA V」で撮影。 6月21日午前の南伊勢町 相賀浦、海況画像です。 {こちらのスポットは南勢相賀浦店集合です。 コンデジの方がほとんどでしたが 皆さんカメラを使いこなしていて 沢山の水中写真を撮って頂けました。 メキシクロミス・マクロープス(レアなウミウシです)、 ハナイロウミウシ、 サキシマミノウミウシ、 アプリシア・ニグロキンクタ、 ミレニアムマツカサウミウシ、 リュウモンイロウミウシ、 ミチヨミノウミウシ、 アオウミウシ、 ユビノウハナガサウミウシ、 トラウツボ、 コノハガニ、 クリアクリーナーシュリンプが ウツボをクリーニング、 キンメモドキ群れ、 クロホシイシモチ群れ、 ネンブツダイ群れ、 イッセンタカサゴ群れ、 キンギョハナダイ群れ、 キタマクラ、 タカノハダイ、 アオパンダ、 アヤニシキ胞子 など見られました。 2020-06-20 土曜 伊勢志摩の海、間崎島で見られているアオリイカ卵の中の赤ちゃんイカ。 (岡山県 O田様撮影) 模様が個体によって違うので撮る楽しみがあるクロフチウミコチョウ。 (岡山県 O田様撮影) 賢島からボートで行く間崎島は晴れて良い天気。 360度・全天球カメラ 「RICOH THETA V」で撮影。 6月20日午前の英虞湾 間崎島、海況画像です。 {こちらのスポットは賢島本店集合です。 ミニケヤリ、 アオリイカ卵、 キイロウミコチョウ、 クロフチウミコチョウ、 ヒラミルミドリガイ、 ハコフグ幼魚、 アオウミウシ、 ハオコゼ、 キヌカジカ、 ムラサキミノウミウシ、 シロイバラウミウシ、 シラヒメウミウシ など見られました。 2020-06-19 金曜 英虞湾、間崎島の水中で見られる綺麗なホソテンロクケボリガイです。 (愛知県 M川様撮影) 賢島から行くダイビングポイント間崎島に居るホタテウミヘビです。 (愛知県 M川様撮影) 間崎島で体験ダイビングも開催しました。 ダイビングポイントから帰る頃には晴れ間も出てきました。 6月19日午後の英虞湾 間崎島、海況画像です。 {こちらのスポットは賢島本店集合です。 ライセンスをお持ちの彼は付き添いで 2本目にファンダイブを開催しました。 クロダイ、 メバル群れ、 ソラスズメダイ群れ、 スズメダイ群れ チャガラ など見られました。 2020-06-14 日曜 伊勢志摩の海、賢島から行く間崎島で見られているアオリイカ卵の中の 赤ちゃんイカです。 上下にいるのがわかりますか? (愛知県 O野様撮影) 綺麗なソフトコーラルについているホソテンロクケボリガイ。 (愛知県 O野様撮影) 伊勢志摩のダイビングポイント、間崎島に居るキイロウミコチョウ。 (愛知県 T内様撮影) 伊勢志摩のダイビングポイントはウミウシの宝庫。 シャクジョウミノウミノシです。 (愛知県 T内様撮影) 今日の間崎島は思ったより風が弱く晴れ間もありました。 360度・全天球カメラ 「RICOH THETA V」で撮影! 6月14日午前の英虞湾 間崎島、海況画像です。 {こちらのスポットは賢島本店集合です。 フォト派の方でしたので 多くの生物というよりは 限られた個体数をじっくり時間をかけて 撮影頂きました。 クロヘリアメフラシの仲間、 ホソテンロクケボリガイ、 クツワハゼ、 キイロウミコチョウ、 クロフチウミコチョウ シラヒメウミウシ など見られました。 2020-06-13 土曜 三重県 志摩市 間崎島の水中で見られる綺麗な クロフチウミコチョウ。 (愛知県 O野様撮影) 伊勢志摩 水中写真 アオリイカの卵の中、稚イカがかなり成長しています。 (愛知県 O野様撮影) 賢島からダイビングボートで行く間崎島で見られているキイロウミコチョウ。 (愛知県 Y野様撮影) ガンガゼの棘に擬態しているガンガゼカクレエビ。 (愛知県 Y野様撮影) 志摩観光ホテルと賢島大橋をバックに記念撮影。 6月13日午前の英虞湾 間崎島、海況画像です。 {こちらのスポットは賢島本店集合です。 ワイドからマクロ仕様に変更頂きました。 ガッツリのんびり撮影頂きました。 キイロウミコチョウ、 クロフチウミコチョウ、 ムラサキミノウミウシ、 ガンガゼカクレエビ、 アオリイカ卵、 シラユキモドキ、 シラユキウミウシ、 シラヒメウミウシ など見られました。 トウヨウキセワタ、 ガンガゼカクレエビ、 アオリイカ卵 など見られました。 2020-06-12 金曜 志摩半島、英虞湾の間崎島で見られているクロフチウミコチョウ。 綺麗なウミウシの仲間です。 (愛知県 K代様撮影) こちらはキイロウミコチョウ。 右に見えているのが僕の 指示棒の先ですので大きさを比べてみてください。 (愛知県 K代様撮影) アオリイカの卵もいろんな場所に産み付けられています。 動画からのキャプチャー画像です。 (三重県 O様撮影) 賢島周辺をクルージングしながらダイビングポイントへ。 梅雨の晴れ間で暑い。 6月12日午前の英虞湾 間崎島、海況画像です。 {こちらのスポットは賢島本店集合です。 1本目は西側中心にコースガイド。 キイロウミコチョウ(コンスタントに見つかりました。 ) クロフチウミコチョウ(交接している個体も。 )、 ウミコチョウ祭りでした。 アユカワウミコチョウやシラタマウミコチョウに期待。 アオリイカ卵、 スズメダイ群れ、 クエ、 シロウミウシ、 シラユキウミウシ、 シラヒメウミウシ、 キンホシイソハゼ、 コノハミドリガイ など見られました。 こちらでもキイロウミコチョウ発見。 アオリイカ卵、 チャガラ、 ケヤリムシ、 ガンガゼカクレエビ、 イソウミウシSP、 ヒメキヌハダウミウシ、 クロコソデウミウシ幼体、 シラヒメウミウシ、 コノハミドリガイ、 ミギマキ など見られました。 2020-06-09 火曜 伊勢志摩の海、英虞湾の間崎島は 今、アオリイカが産卵に来ています。 (三重県 K西様撮影) 間崎島はウミウシの宝庫。 こちらはコンスタントに見られている フジイロウミウシ。 (三重県 K西様撮影) 間崎島で海洋実習を開催。 午後からはファンダイブも開催しました。 いつもの賢島大橋と志摩観光ホテルをバックに記念撮影。 6月9日午前の英虞湾 間崎島、海況画像です。 {こちらのスポットは賢島本店集合です。 アオリイカ卵 ダテハゼ(間崎島初記録)、 キタマクラ、 ハオコゼ、 ヒロウミウシ、 アオウミウシ、 コイボウミウシ、 シラヒメウミウシ、 タツナミガイ、 クロミドリガイ、 チャガラ群れ、 ケヤリムシ、 コノハミドリガイ、 ソラスズメダイ群れ など見られました。 )、 ヨウジウオ、 フジイロウミウシ、 ヒロウミウシ、 ベニイシガニ、 ハコフグ、 サラサウミウシ、 ホタテウミヘビ、 キンホシイソハゼ など見られました。 2020-06-08月曜 賢島周辺の海は穏やか。 今日も暑い日でした。 2か月ぶりの間崎島。 やっぱり英虞湾は景色がいい〜! 水面から海底の魚たちが見えています。 ホンダワラ系が 良く生えているのでアオリイカが産卵していました。 6月8日午前の英虞湾 間崎島、海況画像です。 {こちらのスポットは賢島本店集合です。 南伊勢相賀浦のボートダイブは 先月から潜っているのですが 間崎島で潜るのはなんと2か月ぶり。 (^^;) 水温が高いので今日から僕もウエットスーツで 潜りました。 ホンダワラにアオリイカが卵を産み付けていました。 南方系の魚たちが越冬していたのには驚き。 アオリイカ、 ソラスズメダイ群れ、 カゴカキダイ、 チョウチョウウオ、 ミギマキ、 タカノハダイ、 メジナ群れ、 メバル群れ、 クロダイ など見られました。 明日は間崎島ファンダイブなので 昨年、人気だったハナイカ卵や シラタマウミコチョウを探してみたいと思います。 2020-06-07 日曜 伊勢志摩、南伊勢町相賀浦の水中!ソフトコーラルが 成長してカラフルになっています。 (愛知県 Y野様撮影) こちらも水中をワイドレンズで。 色とりどりの生えもの系! (愛知県 Y野様撮影) 相賀浦のダイビング。 ニシキスベヨコエビを正面から。 (奈良県 がじゅ様撮影) いい感じに上っています。 シャクジョウミノウミノシ。 (奈良県 がじゅ様撮影) 冬の五ケ所湾の水温が高かったのでクマノミは大きく成長。 (大阪府 K野様撮影) 足のきらきら星が綺麗なカザリイソギンチャクエビ。 (大阪府 K野様撮影) 今日の南勢ボートダイブは晴れて暑い日に。 6月7日午前の南伊勢町 相賀浦、海況画像です。 {こちらのスポットは南勢相賀浦店集合です。 愛知、奈良、大阪など近県の方々にも 潜って頂けるようになりました。 テントウウミウシ、 ピコチシオウミウシ、 シャクジョウミノウミノシ、 アオパンダ、 ホンカンボヤ、 クロホシイシモチ群れ、 チョウチョウウオ など見られました。 ゲストの写真を見て頂ければわかりますが ソフトコーラルが大きく成長してカラフルです。 上の画像をクリックして頂くとYouTubeの動画が見れます。 「伊勢志摩でダイビング!南伊勢の海をドローン撮影」で見て頂けます。 2020-06-06 土曜 三重県 南伊勢町相賀浦で見られているセンヒメウミウシと ホソツツムシのコラボ! (奈良県 がじゅ様撮影) 非常に色彩が綺麗なウスイロウミウシ! (奈良県 がじゅ様撮影) 伊勢志摩、南勢ボートダイブはどのポイントもソフトコーラルが 生き生きと。 天気は曇りでしたが穏やかで外側のダイビングポイントを 潜りました。 6月6日午前の南伊勢町 相賀浦、海況画像です。 {こちらのスポットは南勢相賀浦店集合です。 ドイツから今年の初めに日本に来られて方など いろんな地域から潜りに来て頂きました。 ヨゾラミドリガイ、 ミレニアムマツカサウミウシ、 サラサウミウシ、 ユビノウハナガサウミウシ、 センヒメウミウシ、 イタチウオ、 アオパンダ、 アカシマシラヒゲエビ、 コロダイ、 キンギョハナダイ群れ、 キンメモドキ群れ、 イッテンチョウチョウウオ(南方系)、 など見られました。 ウスイロウミウシ、 センヒメウミウシ、 ニシキウミウシ、 カワハギ、 ソラスズメダイ群れ、 オキゴンベ、 メジナ群れ、 クロダイ群れ、 オオモンハタ、 ヒラメ、 イセエビ、 ハコフグ、 カサゴ、 コケギンポ など見られました。 2020-06-05 金曜 南伊勢町相賀浦のダイビング。 水中で見られるアヤニシキです。 胞子が出てきてます。 (奈良県 M田様撮影) 南勢で見られるイソギンチャクモエビ。 綺麗なイソギンチャクの場所にいるので 写真に撮るなら今がチャンス。 (奈良県 M田様撮影) 伊勢志摩も気温が30度で暑い日でした。 穏やかなので 外側のポイントへ潜りに行きました。 6月5日午前の南伊勢町 相賀浦、海況画像です。 {こちらのスポットは南勢相賀浦店集合です。 カメラTG5がファンダイブの途中で 水漏れして曇っちゃたりで 後半ソフトフォーカスの写真に。 ドトラケモサ、 クリアクリーナーシュリンプがクロアナゴをクリーニング中、 コイボウミウシ幼体、 アカシマシラヒゲエビ、 キンギョハナダイ群れ、 シロウミウシ、 サラサウミウシ、 アヤニシキ、 アオパンダ、 ツマグロハタンポ、 キンメモドキ群れ、 オオモンハタ など見られました。 カメノコフシエラガイ、 コウベダルマガレイ、 ヒガンフグ、 フチドリタナバタウオ、 イソギンチャクモエビ、 アカハタ、 ホソテンロクケボリガイ、 ユビノウハナガサウミウシ、 タカツキヅタ、 ソメンヤドカリ、 ボウズコウイカ、 イセエビ、 オオウミシダトウマキクリムシ、 メジナ群れ、 ブダイ、 クロホシイシモチ群れ、 マアジ群れ など見られました。 2020-05-30 土曜 南伊勢町、相賀浦のダイビングポイント。 ホンダワラ系が一面を覆いつくし、季節感が出ています。 (三重県 N嶋様撮影) 南勢のアカシマシラヒゲエビは越冬しました。 (三重県 N嶋様撮影) ホソテンロクケボリガイ、綺麗な貝です。 (三重県 K西様撮影) こちらはアーチで見られるアオパンダ。 優しく微笑んでいるようです。 (三重県 K西様撮影) シマキンチャクフグ、目線がいいですね。 (三重県 D口様撮影) テントウウミウシ ペアで密ですね。 (三重県 D口様撮影) 午前中は予想に反して穏やかだったので外側の ダイビングポイント レインボーアーチへ行きました。 5月30日午前の南伊勢町 相賀浦、海況画像です。 {こちらのスポットは南勢相賀浦店集合です。 昨日の昼からやや風波が出ていたので ボートが出せるか心配でしたが 朝になったらべた凪に戻っていました。 ゲストの皆さんに聞いて レインボーアーチに行くことに。 透明度がかなり良くなってきています。 昨日地元の漁師さんに聞いたら すぐ近くまで黒潮の良い潮が近づいているとのことで カツオが良く釣れるらしいです。 これから 透明度は期待できそうですね。 ニホンアワサンゴ、 ムスメウシノシタ、 コイボウミウシ、 ユビノウハナガサウミウシ、 アオパンダ、 アカシマシラヒゲエビ、 テントウウミウシ、 ミヤコウミウシ、 トラウツボ、 キンメモドキ群れ、 シマキンチャクフグ、 コロダイ、 アヤニシキにドロノミ、 カゴカキダイ群れ、 カサゴ、 ネンブツダイ群れ など見られました。 ゲストの方にポイント希望を聞いて 最後の望み、ダンゴウオを探すことに。 フチドリタナバタウオ、 ヒラミルミドリガイ、 ユビノウハナガサウミウシ、 コノハミドリガイ、 メバル、 マダコ、 ホソテンロクケボリガイ、 イセエビ、 ヨコスジイシモチ、 メジナ群れ、 クロホシイシモチ群れ など見られました。 ダンゴウオは見つからず。 気温は高く暑いし 水温が高くなってきたので 来週からウエットスーツに着替えようかな。 2020-05-29 金曜 伊勢志摩、相賀浦の水中。 アーチは しばらく誰も入っていなかったので一面ソフトコーラル。 南勢ボートダイブ、午前中はべた凪。 トイレや手洗い場のタオルをウイルス感染予防のために ペーパータオルに変更させて頂きました。 5月29日午前の南伊勢町 相賀浦、海況画像です。 {こちらのスポットは南勢相賀浦店集合です。 気温が上がりウエットスーツのお客様も半々ぐらいになってきました。 波が無かったので一番外側のポイントへ 潜りに行きました。 キンメモドキ群れ、 オオモンハタ、 シロウミウシ、 イタチウオ、 ミヤコウミウシ、 キタマクラ、 ハコフグ、 コロダイ、 キンギョハナダイ群れ、 ツマグロハタンポ、 イシガキダイ、 アカシマシラヒゲエビ、 アオパンダ、 シラユキウミウシ、 イッセンタカサゴ群れ など見られました。 コクテンベンケイハゼ、 ベンケイハゼ幼魚、 マツカサウオ、 ソメンヤドカリ、 クロホシイシモチ群れ、 ネンブツダイ群れ、 ブダイ、 ニザダイ、 ソラスズメダイ、 クロヘリアメフラシ幼体、 ミギマキ、 コダマウサギガイ、 チョウチョウウオ など見られました。 2020-05-23 土曜 伊勢志摩の海、南勢で見られているガンガゼカクレエビです。 背景の青が綺麗。 (三重県 I藤様撮影) ニシキウミウシ幼体、後ろにニシキスベヨコエビが隠れています。 (三重県 I藤様撮影) ムラクモキヌヅツミガイSP、線の入り方がユニークですね。 (三重県 I藤様撮影) モフモフ系で人気のヤグルマウミウシ。 (三重県 I藤様撮影) ピンク色で可愛いセンヒメウミウシです。 (三重県 I藤様撮影) コロナウイルスで44日間休みましたが今日から営業再開。 コロナ感染防止対策のため、パーテーションを作り、 テーブルの間隔を広く。 次亜塩素酸水や除菌アルコールも設置しております。 5月23日午後の南伊勢町 相賀浦、海況画像です。 {こちらのスポットは南勢相賀浦店集合です。 普段の生活に戻れて嬉しいです。 県知事の要請もあり 5月中は県内のお客様に限っての受け入れとなり 今日は三重県津市から来て頂きました I藤様の貸し切り。 風波がありましたが何とか外側のポイントへ。 デジタル1眼フォト派の方なのでじっくり撮影頂きました。 水中の魚たちは コロナウイルスの影響を知る由も無く 華やかに迎えてくれました。 やっぱり水中は楽しいですね。 トウヨウコシオリエビ、 ニシキウミウシ幼体、 ニシキスベヨコエビ、 ハナミノカサゴ、 ムラクモキヌヅツミガイSP、 イセエビ、 オトヒメエビ、 マダイ、 タカベ群れ、 マルツノガニ、 カザリイソギンチャクエビ、 イソギンチャクモエビ、 クマノミ、 オオウミシダトウマキクリムシ、 ガンガゼカクレエビ など見られました。 2020-05-15 金曜 非常事態宣言も解除されていよいよ再開ですが。 画像は昨年5月、同時期に撮影しましたアオリイカの卵です。 新しく造ったダイビングボートの試乗を兼ねて賢島周辺をクルージング。 いつも間崎島へダイビングに行く途中に見られる 志摩観光ホテルと賢島大橋です。 {こちらのスポットは賢島本店集合です。 } ポイント:陸上 天候:晴れ後曇り 気温:28.0度C 水温:19.0〜20.0度Cぐらいだと思います。 と思ったのですが 悪天候で中止。 台風も北上してきそうなので 再開は来週末からになりそうです。 またまた水中写真は昨年の5月に撮影しました アオリイカの卵です。 マクロからワイドまで楽しめる 良い時期なのです。 なんとか来週からはファンダイブを再開したいですね。 2020-05-11 月曜 三重県 志摩市間崎島で見られるミノウミウシです。 昨年5月に撮影しました。 こちらは昨年5月11日、丁度1年前の同じ日の写真です。 暑くてお客様もガイドのしゅうちゃんもウエットスーツで 潜ってたんですね。 {こちらのスポットは賢島本店集合です。 } ポイント:陸上 天候:晴れ 気温:29.0度C 水温:19.0度Cぐらいだと思います。 今週末は 三重県内のお客様のご予約は頂いております。 写真は昨年の今日と同じ日に撮影した ものです。 今日と同じように暑くなってきて 皆さんウエットスーツで潜っていたのですね。 ウミウシが多いですがアオリイカが産卵に来ていたり もう少しするとハナイカが産卵に来て、 去年はハナイカの卵でかなり盛り上がりました。 今年も6月になったら同じように見れるといいな〜。 2020-05-07 木曜 新型コロナウイルス感染症拡大阻止の休業延長と県外からのお客様へのお知らせ。 詳しくは最新情報のページをご覧ください。 以下の文字をクリックして頂くとリンクページに飛びます。 昨年GWに撮影しました。 先日紹介させて頂いた新しく作った ダイビングボート(右上)と 現在使っている当店のボート4隻が 全て船体のカラーが精悍なブラックで揃ってきました。 ダイビングに行くのにカッコいいボートのほうがいいですよね。 {こちらのスポットは賢島本店集合です。 三重県は特定指定地域でないため 段階的に緩和されるようですが 今日の三重県知事の発表によりますと 三重県から県外への移動と 県外から三重県内への移動は自粛要請が 出ています。 当店も再開に向けて準備をしているところで 県内のお客様だけでも先に受け入れようか どうしようか迷っているのですが とりあえずは 5月14日まで休業して県の方針を確認しながら 営業再開の日を決めていきたいと思っています。 今日の 画像は昨年5月GWに見られていた可愛いカゴメウミウシです。 5月中にダイビングが再開できれば見れるかも。 それと ダイビングボートが統一したカラーにする計画で 4隻、ブラックハル(船体が全体にブラック)仕様に なってきましたよ。 カッコいいカラーだけではなく 3隻には頑丈なタンク立て付きベンチシートが付いているので タンクを背負うのも楽々。 2020-05-02 土曜 三重県 志摩市 間崎島で見られるハナイロウミウシです。 昨年のGWに撮影した写真です。 この時期の間崎島は カラフルなウミウシが沢山見られるのです。 新しいダイビングボートが出来上がりました。 南勢相賀浦店で使用している「アリスト号」と よく似た感じのブラックハル メタリック塗装です。 そのボートに今日はタンク立て付きベンチシートとラダーを 取り付けました。 これでダイビングには便利に 使って頂けるようになりました。 {こちらのスポットは賢島本店集合です。 画像は昨年GWに撮影しましたハナイロウミウシです。 賢島から行く間崎島はこの時期から水温も上がってきて 沢山のウミウシをじっくり撮影頂ける季節なのですが。。。 今日は特に気温が30度超えで暑かったですね。 ウエットスーツで潜れるのではないかと思ってきました。 先日からお伝えしておりました 新しいダイビングボートが出来上がり タンク立て付きベンチシートやラダーを 取り付ける作業が終了しました。 南勢のボートとよく似ていますが 2つのタンク立て付きベンチシートの仕様が 前後で少し違うのです。 このボートを南勢と間崎島と両方で使うことを 想定してどちらにでも使いやすいように形状を変えています。 ラダーも上りやすいようやや大きめに 作ってみました。 間崎島で使うときは更にオーニング(屋根)が取り付け 出来るようにしようと思っています。 2020-04-30 木曜 賢島は今日も穏やかで良い天気でした。 新しいダイビングボート用のタンク立て付きベンチシートが 出来上がってきたので取り付けたら本格始動となります。 コロナウイルス休業が解除されればの話ですが。 緊急事態宣言で休業中なのでSTAY HOME動画を作ってみました。 上の画像をクリックして頂くとYouTubeの動画が見れます。 「GWもおうちの中で!うちで踊ろう!」で見て頂けます。 星野源さんと三浦大知さんとアリストダイバーズ大矢がドラムでコラボ! お魚もおうちの中で頑張っています。 {こちらのスポットは賢島本店集合です。 5月6日までの緊急事態宣言が 延長されそうな気配ですね。 僕たちのようなダイビング業界の 休業補償はどうなるのでしょうかね。 もう20日以上休んでいるのです。 上記画像からYou Tube動画にリンクしていますので 興味のある方はご覧ください。 2020-04-28 火曜 今日は南勢にあるダイビングボートを賢島へ回してくるため 南勢相賀浦店に行きました。 大池湾内は透明度良かったです。 まずは潜って船底掃除。 コロナウイルスの休業続きで20日間潜っていなかったので ブランクダイバーです。 少し期間が開くだけで焦ってしまいますね。 (^^; 船底も綺麗になって南勢相賀浦店から出港。 後ろに見えるのが 南勢のダイビングポイント「トドマリの鼻」です。 目指すは賢島本店です。 五ケ所湾から英虞湾へ回港。 英虞湾に入ると波も穏やかに。 真ん中に見えるのがいつも賢島本店から潜りに行っている 間崎島です。 4月28日午前の南伊勢町 相賀浦、海況画像です。 {こちらのスポットは南勢相賀浦店集合です。 このボートは アリストダイバーズを開業してすぐ購入した ダイビングボートで思い入れもあり 20年以上頑張ってくれていましたが この度、新しいダイビングボートと入れ替えに 新たな持ち主の元へ行くことになりました。 普段はダイビングポイントが近いこともあり 15分ほどしかボートに乗っている時間がないのですが 南勢相賀浦店から賢島本店まで45分ほど (飛ばせばもっと早く着くと思いますが安全運転で) 快調に走ってくれました。 新しいダイビングボートは出来上がっているのですが ステンレスのタンク立て付きベンチシートや ラダーを作ってもらっているところです。 艤装が終わればまた紹介させて頂きたいと思います。 しかし使える日がいつになるのか。 コロナ禍が 早く収束して欲しいですね。 2020-04-26 日曜 賢島から行く間崎島で撮影しましたアラリウミウシです。 昨年のGWに撮影した画像です。 筏をもう少し改築しないといけませんが これでお店の前からボートに乗れる予定です。 {こちらのスポットは賢島本店集合です。 昨日、賢島本店の前に桟橋を掛ける作業が終了し、 お店の前からボートに乗れるようになりました。 筏を改築したり、ボートを着ける位置を調整しないと いけませんが、一旦車に乗って桟橋までの移動が 1分間といえども煩わしかったと思われますが これで便利になります。 水中写真は昨年のGW同じ時期に見られていた アラリウミウシです。 今年も この時期に間崎島を潜れば可愛いウミウシ達に会えていたと 思われますがもう少しの我慢ですね。 週明けの平日の内に南勢相賀浦店の様子も見に行こうと 思います。 2020-04-23 木曜 志摩市 アリストダイバーズ賢島本店の前に 桟橋を作っています。 まだ繋がっていないので ごちゃごちゃした写真ですみません。 これでお店の前からボートに乗り降り出来、 南勢相賀浦店の同じように車での移動がなくなり 便利になる予定です。 {こちらのスポットは賢島本店集合です。 それなのでまたまた 陸日記が続きます。 今週中に 筏と繋げる予定です。 間崎島から戻ってきてすぐ 温水シャワーを浴びて頂けます。 天気が良い日が続き 皆さんにも潜って頂きたいですが ここはぐっと我慢するしかないですね。 2020-04-21 火曜 新型コロナウイルスの影響で休業延長のお知らせ。 詳しくは最新情報のページをご覧ください。 以下の文字をクリックして頂くとリンクページに飛びます。 2020-04-20 月曜 期限があるリピーター割引券などを お持ちのお客様へ 再延長 当店の休業によりご来店頂けない状態が続きますので 有効期限より先日2か月延長とお知らせ致しましたが 無期限延長とさせて頂きますので捨てないで 次回ご使用ください。 (例4月30日までの割引券であれば 次回ご来店頂く日まで有効期限延長適応。 ) 2020-04-19 日曜 三重県、アリストダイバーズ南伊勢相賀浦店は施設から 桟橋が出ているのですぐボートに乗れます。 出口をスライドドアにしたので出入りが楽になりました。 いつもの年ならこの時期に少し成長したダンゴウオが見られているのですが 営業自粛で探しに行けません。 4月19日午前の南伊勢町 相賀浦、海況画像です。 {こちらのスポットは南勢相賀浦店集合です。 暖かい春の日差しを浴びながら海の上にいると 気分も爽快になりますね。 お客様に「太陽の日差しをあまり浴びてない人は鬱になりやすい」と 聞いた事がありましたが、ほんとに 毎日、家にこもってばかりだと (テレビやネットでコロナウイルスの話ばかりで)不安になりますよね。 最新の情報を得ることも大事だと思いますが たまには時間を忘れて 海でのんびり過ごすのもいいですよ。 (^^) 2020-04-18 土曜 南伊勢町の海、ダンゴウオですが昨年の画像です。 春らしい暖かい画像で癒されてください。 こちらも昨年4月の画像です。 春濁りも無く透明度の良い レインボーアーチを潜っていたのです。 今年は4月になってこのアーチを2回潜っただけで コロナ自粛休業しているので自粛解除したら真っ先に潜りに行きたいポイントです。 {こちらのスポットは南勢相賀浦店集合です。 コロナ自粛休業10日目となりました。 明日は天気が良くなりそうなので また南勢相賀浦店の状況を見に行こうと思っています。 潜らない予定ですが。。 2020-04-16 木曜 南伊勢、相賀浦の海で見られるゴマフビロードウミウシ。 パープルの色彩が鮮やかなアヤニシキという海藻です。 {こちらのスポットは南勢相賀浦店集合です。 ちょうど1年前の今頃はどんな生物が見られていたのかなと 過去写真を確認してみたら、ダンゴウオや ウミウシやいろんな写真が。。 平成から令和に代わる事で 盛り上がっていて 沢山のお客様に来て頂いていたのが良くわかりました。 今日の水中写真はその 1年前に撮影したものです。 そろそろ潜りたくなってきたけど 明日からまた天候が悪くなり 海が荒れそうな予報で残念。 コロナ感染が一向に収まる気配がなく 陸の雲行きも怪しくなってきましたね。 2020-04-14 火曜 今日はアリストダイバーズ南勢相賀浦店の海の状況や 強風で施設が飛ばされていないか見に行ってきました。 ダイビングボートは2隻とも大丈夫でしたが昨日とは逆の 北北西の風が強く大池湾内でも波立っていました。 洗い場の屋根が飛ばされていないか心配でしたが 先日、足元の繋ぎも増強したので無事でした。 昨日紹介しきれなかった相賀浦店施設内の和式トイレです。 新品と交換しました。 外側の温水洗浄付き洋式トイレと 両方を使っていただけますのでトイレ待ちが解消されると思います。 4月14日午前の南伊勢町 相賀浦、海況画像です。 {こちらのスポットは南勢相賀浦店集合です。 } ポイント:陸上 天候:晴れ 気温:17.5度C 水温:17度Cぐらいだと思います 風:北北西10m 波:沖側は波がありました。 施設、ボート、桟橋などどこも壊れているところは無く ホッとしました。 しかし、今日はこの時期には珍しい まるで冬場のような北北西の風が強く 外を歩くのも大変でしたね。 屋根を新しくしたことによってか 風が強い日でも施設内は若干静かになったような気がします。 施設内の水中写真パネルの飾りつけや 防虫灯の取り付けなどを行いました。 4月以降で外側のポイントも潜れるようになったので 穏やかな日にスタッフのみで調査ダイブにも行きたいと思います。 2020-04-13 月曜 アリストダイバーズ南勢相賀浦店のリフォーム前と後の画像です。 強風で剥がれそうな瓦屋根をすっきりしたスレート屋根に。 室内の照明は 蛍光灯から明るいLED照明に。 天井のクロスを張りました。 海側桟橋に出るドアは開き戸から引き戸に。 風の強い日は明けたり閉めたりが大変でしたが 横にスライドなので片手にカメラなどを持っていても 軽い力で開きます。 風を通したいときは半分だけ開けられるので 便利です。 洗い場の屋根はスタッフのみで作りました。 広い面積の 屋根になりましたので暑い日差しを遮るし、雨の日は 干している器材が濡る心配が少なくなりました。 愕然! 慌てて倉庫にポリカーボネートの屋根を入れて 室内へ戻りました。 朝になってから 賢島本店の施設やダイビングボートも 心配で見に行きましたがなんともなくてホッとしました。 2020-04-11 土曜 南伊勢町 相賀浦の桜と海。 例年ですと 桜とダンゴ(水中のダンゴウオ)のお花見で盛り上がっているのですが。。。 凄く潜りたいダイビング日和でしたが(^^; 今のうちに普段なかなか出来なかった 陸の事を済ませないとね。 相賀浦店のリフォームはほぼ終了して 施設が綺麗に使いやすくなりました。 細部の写真はまたアップさせて頂きます。 更にダイビングボートのラダーやタンク立て付き ベンチシートを今、作ってもらっているところです。 ボートはブラックハル化(今あるボートは3隻ブラックカラーに なりましたがもう1隻もブラックメタリックになる予定。 ) また後日紹介させて頂きます。 それでは皆さんも、もう少しStay homeで! 2020-04-10 金曜 4Kテレビ撮影の予定で用意した水中ハウジング。 (^^; こちら志摩地方ではコロナウイルスの感染者報告は まだ出ていません。 三重県は都道府県別の感染者数を見ても 多いほうから35番目、少ないほうから数えて13番目と 比較的人数が少なく発症ペースも遅いように感じられます。 昨日、今日と本来なら NHKの水中撮影を担当することになっていたのですが 7日の緊急事態宣言を受けて NHKも1か月間ロケが中止となり全ての日程が延期となってしまいました。 天気は良いし残念ですが改めてまた日程や放送日が決まれば ご報告したいと思います。 時間も取れるし皆さんもこの期間にハウジングのメンテナンスや 陸上で撮影の練習をしてみてはいかがでしょうか? カメラやハウジングにつきまして分からない事がございましたら お気軽にご連絡ください。 2020-04-09 木曜 新型コロナウイルスの影響を鑑み休業のお知らせ。 詳しくは最新情報のページをご覧ください。 以下の文字をクリックして頂くとリンクページに飛びます。 2020-04-08 水曜 伊勢志摩の海、間崎島で見られているソラスズメダイ群れ。 (京都府 Y岡様撮影) 人気のウミウシ、キイロウミコチョウ!今年も間崎島に出始めました。 いろんなウミコチョウが期待できそうです。 (京都府 Y岡様撮影) 賢島からボートで行くダイビングポイント間崎島は穏やか。 透明度も良く海底まで見えていました。 360度・全天球カメラ 「RICOH THETA V」で撮影! 4月8日午前の英虞湾 間崎島、海況画像です。 {こちらのスポットは賢島本店集合です。 ゲストの方は半年ほどブランクがありドライスーツが初めて でしたので穏やかな間崎島でリフレッシュダイブを 兼ねてのファンダイブでした。 アカエイ幼魚、 メジナ群れ、 カゴカキダイ、 シロウミウシ、 アオウミウシ、 キイロウミコチョウ、 ホシササノハベラ、 ヨツアナカシパン、 スジハゼB など見られました。 2020-04-04 日曜 伊勢志摩、南伊勢相賀浦の海。 人気のアッコさんエビです。 (愛知県 H橋様撮影) 体長3cmほどの可愛いオオモンカエルアンコウ幼魚です。 同じ場所にいてくれました。 (愛知県 H橋様撮影) 4月から外側のポイントへ行けるようになりましたので 今日も水中アーチのポイントへ。 暖かな南伊勢でボートダイビングを開催しました。 4月4日午前の南伊勢町 相賀浦、海況画像です。 {こちらのスポットは南勢相賀浦店集合です。 いつも来て頂いているお客様で 外側のポイントを潜りました。 ウスマメホネナシキサンゴ、 ウララカミノウミウシ、 ニシキウミウシ、 ミツイラメリウミウシ、 サラサウミウシ、 アオウミウシ、 アオパンダ、 キンギョハナダイ群れ、 ツマグロハタンポ、 コロダイ など見られました。 オオモンカエルアンコウ幼魚、 ウズラカクレモエビ(アッコさんエビ)、 ホソテンロクケボリガイ、 サザナミフグ、 トサカマルガザミ、 ハクセンミノウミウシ属1種3、 アカエラミノウミウシ、 コアカリュウグウウミウシ、 シャクジョウミノウミウシ など見られました。 2020-04-03 金曜 伊勢志摩の海、相賀浦で見られているフタスジミノウミウシです。 (愛知県 M手洗様撮影) 南伊勢町相賀浦。 アカエラミノウミウシ。 周りも綺麗ですね。 (愛知県 M手洗様撮影) 冬の間中潜っていなかったのでソフトコーラルが生き生きと壁全面に育っていました。 南勢のボートダイブ。 4月からは外側のポイントへも行けます。 4月3日午前の南伊勢町 相賀浦、海況画像です。 {こちらのスポットは南勢相賀浦店集合です。 4月からは外側のポイントへ行けるようになったのですが 1日が荒れた天気でやっと穏やかになり アーチのポイントへ行けました。 キンギョハナダイ群れ、 アカシマシラヒゲエビ、 ダイダイウミウシ、 サガミコネコウミウシ、 ジボガウミウシ、 オトメウミウシ、 ツマグロミノウミウシ、 ムロトミノウミウシ、 アカテンミノウミウシ、 シロイバラウミウシ、 ムカデミノウミウシ、 ゴシキミノウミウシ、 フジエラミノウミウシ、 イソギンチャクモエビ、 アオパンダ など見られました。 上の画像をクリックして頂くとYouTube動画が見れます。 「お化け級の大きさ!伊勢志摩にユウレイクラゲ現る!」が 動画で見て頂けます。 上の画像をクリックして頂くとYouTube動画が見れます。 「ダンゴウオ幼魚・天使の輪が生まれました!」が 動画で見て頂けます。 画像コンテンツにつきまして 当サイトのコンテンツは著作権を放棄していません。 (被写体の各権利は撮影者本人に帰属します)。 に掲載されている画像等の無断転載はご遠慮下さい。

次の

伊勢志摩 海ログ 南勢 水中 ログブック ダンゴウオ 南伊勢 相賀浦 志摩市 間崎島 賢島

伊勢 志摩 スカイ ダイビング

伊勢志摩でスカイダイビングができるようになったらしい・・・ そんな情報が SNSを通じて入ってきました。 思い返せばスカイダイビングをしたいと言い続けて早 15年。 保護者の同意があれば飛べるらしい・・・謀ったな Mother! 身近にできる環境があるなら、行くしかない。 胸を高鳴らせ、伊勢志摩スカイダイビングへと向かいました。 予約をした日は天候に恵まれ最高の天気。 僕の初スカイダイビングにエールを送ってくれているようです。 集合場所は田曽白浜海岸。 到着するとヘリコプターがスタンバイし、飛行する準備をしていました。 今日は僕を含めて4名がスカイダイビングを体験するために参加していました。 今回は体験スカイダイビングなので、ニュージーランドからの屈強なインストラクターさんと一緒に飛ぶ、タンデムジャンプです。 日本ではスカイダイビングができるところは5箇所あるそうで、その中でも伊勢志摩スカイダイビングの魅力は何といっても 眼前に広がる ocean view! ビーチ横に降りてくることのできるのは、ここだけ。 英虞湾・リアス式海岸・富士山・知多半島・名古屋方面から紀伊半島方面まで見渡すことができます。 僕の前に Tさんと Kさんが空に旅立ちます。 ヘリコプターに向かう背中は何だか凛々しいです。 あっという間にヘリコプターは小さな点に・・・ ヘリは旋回しながら 高度 10, 000フィート(約 3, 000m)まで上がっていきます。 「 もう飛んでますね。 もうすぐパラシュートが開きますよ」とスタッフの方。 どこだろうと目を凝らしていると・・・赤いパラシュートが開きました! パラシュートは 5, 000フィート 約 1, 500m くらいで開きます。 ヘリから飛び降りフリーホールの時間が約 30秒間で時速は何と 250km!パラシュートを開いてから 3分から 4分くらいで海岸に戻ってくるそうです。 Tさんと Kさんが無事地上に生還しました。 その表情はとてもいきいきとしています。 ・・・ついにその時がきました。 僕のパートナーはニュージーランド人のRhys リース。 命を預けるパートナー、見るからに頼りがいがあります。 僕と一緒にヘリに乗り込んだ Oさんは実は2回前に飛んだばかりの、おかわりスカイダイビング。 「 いやー、最高でしたよ! 」と笑顔で話す、スカイダイビングに魅了されたクレイジーな人物。 とっても楽しみになってきました。 ヘリコプターに乗り込み、離陸!ぐんぐんと高度が上がっていきます。 本当にこの日は天気に恵まれていました。 伊勢志摩の海もリアス式海岸も空も見えるものが全てが美しいです。 高度 10, 000フィート 3, 000m に到達。 先に Oさんが旅立っていきました。 飛ぶ瞬間は少しドキドキします。 身体はRhysにしっかりと首から頭までしっかりとくっつけます。 そうすることで、飛んだ時の空気抵抗に備えます。 チラっと下が見える。 高いです。 外は少し冷たい空気。 高鳴る鼓動・・・・ 飛んだ! 30秒間のフリーホール。 自分が落ちているという感覚、空気・風を切り裂いていく感覚。 目の前に広がる風景も重なってとにかく気持ちがいい。 最高でした。 パラシュートが開き、Rhysとハイタッチ! アドレナリンがたくさん出ているのが自分でもわかります。 空から見る伊勢志摩は本当にとても綺麗で、まだまだ地元といっても新しい発見があるんだなと再認識できました。 パラシュートの操作をRhysに教えてもらい、右のグリップを下に引けば右に旋回、左のグリップを下に引けば左に旋回と、空の旅を満喫します。 海岸が近づき、着地はRhysにお任せ。 足を伸ばし着地に備えます。 無事生還しました!最後にお世話になったRhysとポージング。 (ポージングに慣れてないとGoodばっかりになるということを知る・・) 僕は伊勢志摩でスカイダイビングができるようになって本当に嬉しいです。 また、飛んでみたい。 今年 2018年 の営業は 10月 21日で、次は来年 2019年 の 5月予定とのことです。 時間はかかるかもしれませんが、いつかはソロでも飛びたいな。 2018年は10月21日 日 まで 電話番号 050-5435-2629 公式URL 駐車場 有り OTONAMIEではしております。 シェアする時代を楽しむ術を持った、皆様のご参加お待ちしております。 OTONAMIE運営本部• OTONAMIE公式記者• OTONANARA• OTONAICHI• 投稿者• なのに500円。 インドネシア マレーシア 台湾 タイ 香港 ベトナム インド Facebookファン数400万人、Web会員数50万人以上が集まる日本紹介メディア Fun! Japan については、! 殿堂入り!アクセスランキングベスト10• 投稿者: 2016-05-07 に投稿された• 投稿者: 2017-01-11 に投稿された• 投稿者: 2016-12-06 に投稿された• 投稿者: 2017-05-22 に投稿された• 投稿者: 2016-02-28 に投稿された• 投稿者: 2016-10-01 に投稿された• 投稿者: 2015-10-05 に投稿された• 投稿者: 2017-05-29 に投稿された• 投稿者: 2017-12-10 に投稿された• 投稿者: 2017-02-09 に投稿された.

次の