東海オンエア uuum加入。 東海オンエア|本名・身長・誕生日などプロフィールまとめ

【イベントレポート】人気YouTuberに一斉に会える国内最大のイベント「U

東海オンエア uuum加入

Contents• 東海オンエアがUUUMに移籍! 東海オンエアがヒカキンさんやフィッシャーズなど人気YouTuberが所属するに加入したことが話題となっています。 東海オンエアの UUUM加入が発表されたのは2017年11月18日に開催されたU-FES内です。 東海オンエアのUUUM加入はU-FES当日まで秘密とされ、当日にサプライズ発表となりました。 U-FESの会場はかなり盛り上がったようですね。 東海オンエアがUUUMに移籍した理由は? 東海オンエアは2017年7月1日に元所属事務所GENESIS ONE(ジェネシスワン)を辞めています。 そこから無所属だと言っている期間が4か月ほどあり、東海オンエアはUUUMに加入しました。 東海オンエアがUUUMに移籍した理由について、元所属事務所ジェネシスワンを辞めた原因から考えてみました。 東海オンエアはジェネシスワンを辞めた理由について動画を投稿しています。 ジェネシスワンを辞めた理由として、 「音楽やブランドなどの才能を伸ばしていく事務所だったけれど、自分たちには動画の才能しかなく、むしろ動画だけをやっていきたいと思った」と述べています。 おそらく、音楽活動を行っているクリエイターへのサポートが主で、動画クリエイターへのサポートは不十分だったのではないかと考えられます。 つまり東海オンエアは クリエイターとしてのサポート体制が整っている事務所への移籍を希望していたのではないでしょうか。 そのUUUMは、大人気YouTuberのヒカキンさんが最高顧問を務めているなど、YouTuber側の気持ちをよく理解している事務所であると言えます。 ファンと交流するイベントの運営や動画作成の協力、音楽や素材の提供など様々なサポート体制が整っているようです。 つまり、東海オンエアがUUUMへ移籍した理由は、 YouTuberのサポート体制が整っているから。 東海オンエアを含めたUUUM所属クリエイターは、UUUMのことを「非常に良い事務所である」と語ることが多いです。 UUUMはかなり大手のYouTuber専門事務所ですから、東海オンエアにとってUUUMへの移籍は、大きなステップアップになったのではないかと思います。 東海オンエア移籍前後の動画内容比較! UUUMに移籍した東海オンエアですが、UUUMと言えばさん、など幅広い年齢に人気のあるYouTuberが多く在籍しています。 視聴者側からの印象としては、UUUMのイメージは 全年齢対象でクリーンな動画を作る、過激ではない事務所という印象が強いようです。 そのため、過激な動画も多く投稿していた東海オンエアがUUUMに所属したことは非常に話題になっていました。 東海オンエアの動画を楽しんでいたファンからは、UUUMに所属したことによって、東海オンエアの動画の在り方が変わってしまうのではないかと不安の声が多く上がっていました。 東海オンエアがUUUMに入ったらぜったい面白くなくなると思ったら入ってしまったか・・・少し残念。 UUUM移籍前後の東海オンエアの動画内容 東海オンエアがUUUMに移籍したことを発表したのは2017年11月18日ですが、実は発表のかなり前からUUUMに所属していたようです。 この情報は東海オンエアのサブチャンネル、「東海オンエアの控え室」の概要欄で東海オンエア自身から発信されていました。 一回だけ言わせてくだされ。 「UUUM入ったとか残念」とか「UUUM入っても変わらないで」とか言ってる皆さん。 正直に言いますと、我々結構前からUUUMに入ってたんです。 大人の事情があって言えませんでしたけどね。 オープンカー洗車も、男体盛りも、カンテンドースイッチも、第6回カーセックスも、全部UUUMに入ってからの動画ですよ?気づかなかったでしょ? だから事務所変わったくらいで動画は変わらないですよ。 というか、UUUMは「スケべダメ」「うんこダメ」っていうような心の狭い事務所ではありません。 そんな事務所入りませんよ。 クリーンなクリエイターさんが多いのは事実ですけどね。 引用元: この中で一番古い公開日の動画はで、2017年7月29日となっています。 このことから、東海オンエアは遅くとも 2017年7月の後半には、すでにUUUM所属YouTuberだったことになります。 ジェネシスワンを辞めたのも2017年7月頭だったので、辞めてからすぐにUUUMに所属していたようですね。 2017年7月のUUUM移籍前の動画は、下ネタ系や選手権シリーズ(~王決定戦)、人気企画のカーセッ〇スを探せなどがあります。 UUUMへの移籍で主に心配されているのは、東海オンエアの下ネタ系の面白い動画が見られなくなってしまうということでした。 しかし、その心配は全く必要なく、「流行にとらわれず自分たちのやりたい面白いことを全力で楽しむ」東海オンエアのまま、動画を投稿し続けています。 ちなみに、UUUM移籍後の人気動画には、「合法的にパンチラを撮影したい」とか、年齢制限を気にした「マッサージでメンバーの疲れを癒す」など、相変わらず過激な動画が投稿されています。 UUUM移籍前後の動画を比較しましたが、内容や動画の方向性に違いはありませんでした。 UUUMへの加入が発表される前の7月後半から11月までの東海オンエアの動画は、すでに所属したあとの動画です。 しかしその期間に東海オンエアが公開した動画について、変化があったという意見もネット上にはありませんでした。 UUUMに移籍していたこと自体分からなかった、という人の方が多いのだと思います。 東海オンエアの動画は、 UUUM移籍前後で変化はありませんでした。 東海オンエアの今後の動画内容は? 東海オンエアはUUUMに所属しても、動画の方向性が2019年1月現在まで全く変わっていないことから、今後も全てではないにしろ過激な動画が投稿されていくことは間違いないでしょう。 東海オンエアのUUUM加入報告動画では、東海オンエアらしさが炸裂しています。 途中までは、真面目にクリーンな動画づくりをすることをアピールしている東海オンエアメンバーですが、最後はやはり下ネタでのオチとなっています。 UUUM移籍で動画内容が変わるのではないか、と心配していた方も、こちらの動画を最後まで見て「UUUMに移籍しても東海オンエア変わらないなあ」と安心した方も多いのでは? 2017年11月に入ってからのトリニダード・トバゴでの動画は、UUUMからのサポートがあったから実現したものであるという、リーダーてつやさんの発言もありました。 東海オンエアのやりたかったことを実現するために、UUUMが全面的にサポートしてくれているようです。 UUUMのサポートによって、東海オンエアの動画の幅はまた更に広がっていくかもしれませんね。 元々東海オンエアの動画は、下ネタ系の動画ばかりではありません。 今後も 東海オンエアらしい面白い動画を期待したいと思います。 最後に 東海オンエアがUUUMに移籍した理由と移籍前後の動画内容の比較をまとめてみましたがいかがでしたでしょうか? UUUMに加入して動画の方向性が変わるのかもしれないと心配していた方も多かったことと思いますが、2019年1月現在もまったく方向性は変わっていませんから、今後も安心して東海オンエアの動画を楽しむことができますね! 東海オンエアのファンとしては、事務所が変わってもずっと東海オンエアを応援していきたいと思います! 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

東海オンエアはなぜUUUMに?理由と移籍前後の動画内容を比較した

東海オンエア uuum加入

UUUMでは、クリエイターのマネジメント担当者を「マネージャー」とは呼びません。 「バディ(相棒)」と呼んでいます。 芸能界でよく聞く「マネージャー」という言葉は、どうしても「上から」というイメージがあります。 でも、クリエイターもマネジメントする側も、どっちが上か下かではなく、あくまで「隣りにいる」ような関係性。 ぼくらはもっとクリエイターに寄り添った存在でありたい。 ということで「バディ(相棒)」という言葉を選んだのです。 (…)バディという概念は、クリエイターのことを第一に考えるUUUMの哲学の根幹に近いものなのです。 こちらのnoteでは、UUUMにおける「クリエイター」と「バディ」の関係性を始め、「クリエイター」にとって「バディ」はどうあるべきか、具体的にどんな働きをするのか、バディに求められる素質は何か……といったことが語られていました。 (現在、新しいバディさんを募集しているようです) 何となく読み始めたnoteでしたが、なるほど、とても面白い。 YouTubeが所属する事務所の数は他にもありますが、多くのクリエイターが「UUUMに入りたい…!」と思う理由のすべてがここに詰まっているように感じました。 同時に、このnoteを読み終わったあと、 すっごく腹落ちしたんです。 今回は、何だか居ても立ってもいられなかったので、東海オンエアが過去に投稿した動画を参照しながら、それを再確認していこうと思います。 最大限の想像で書いている部分もありますので、あしからず……。 岡崎市在住の6人組YouTuber「東海オンエア」って? 東海オンエアについては、ちょうど1年ほど前に執筆したnoteを見ていただければ、最低限は分かってもらえると思います : 簡単にまとめると、愛知県岡崎市を拠点に活動する、とても個性豊かな男性6人組のグループYouTuberです。 現在(2019年12月15日時点)のチャンネル登録者数は約483万人。 プレゼンnoteを書いたときは約390万人だったので、1年ほどで100万人近くも伸びています! なぜ、東海オンエアはこれほどまでに高い人気を誇るのか? 理由は山ほどあると思いますが、鎌田さんのnoteで確信に変わったのは、「 並々ならぬバディのサポート」も彼らの人気を支える要因の一つだということです。 企画を面白くするための努力を惜しまない では、バディさんは具体的にどのようなサポートをしているのでしょう? それが垣間見える東海オンエアの過去動画をいくつか紹介します。 「【発注ミス=自腹】東海オンエアに必要なものを外注せよ!第一回外注王!!」という動画では、当時のバディであるタカオカさんも(声のみ)参加し、メンバーと同様に外注をしています。 バディが動画に出演するケースは少ないですが、この動画に関しては、企画会議の段階でバディが誰よりも早く「 東海オンエアに絶対必要なものを見つけました!」と言い出したのがきっかけで参戦が決まったようです。 即座にそんなことが言えるのは、 常日頃から「クリエイターのために何ができるだろうか?」「今のクリエイターに足りないものは何か?」を考えている証拠だと思います。 また、この動画からバディが「企画会議」に参加してることも分かります。 東海オンエアの企画会議は月に一度、各々が用意してきた案を発表して詳細を詰め合うスタイル(のはず)です。 開催頻度が低い分、その日は朝から晩までスタジオに缶詰め。 そこに同席してることが、個人的には驚きでした。 もちろん、コンプライアンスチェック的な観点もあると思いますが、それだけが目的なら採用された企画だけを確認すればいいはず。 長時間の企画会議に同席するのは、きっと 採用された動画をより面白くするためには何ができるかを一緒に考えるためなのかなと感じました。 「【クイズ番組あるある】難し過ぎるクイズに自分だけ正解する快感を味わってみたい!」の動画では、現在のバディ(カメちゃん)さんがクイズの出題者として(声のみ)出演しています。 加えて、動画で出題されている30問のクイズ(超難しい)もバディさんが用意しています。 問題作成の場面を実際に見ているわけではないので、これは想像でしかありませんが、「高確率で当てられはしないけど、(動画の展開的に)一人は分かるかもしれない問題」を30個も用意するのは至難だったと思います。 これさ…1番すごいのって、「分かりそうで分からない、けどもしかしたら分かるかもしれない」っていうギリギリのラインのクイズ30問を上手に見つけてきたカメちゃんさんじゃね…?(コメント欄より引用) 視聴者が残した上記のコメントには、5,000を超えるグッドボタンが押されています。 私以外の多くの視聴者が、同じことを感じていた証拠です。 今回の場合、クイズの質が動画の展開を大きく左右するはずなので、その大役をバディさんに任せるということは、 東海オンエアもバディさんをかなり信頼しているんだなと思いました。 クリエイターの成功を、自分のことのように喜ぶ バディさんの素晴らしさは、東海オンエアのサブチャンネル(彼らの日常を配信するチャンネル)でも見られます。 サブチャンネルの登録者数が200万人を超えたときは、特注デザインが施されたナイキの靴が贈られていました。 適当に考えていたら、こんなにセンスの良いプレゼントは思いつかないと思います。 さらにこの動画の途中(4:30〜)では、メンバーがバディ(カメちゃん)さんについて次のように話しています。 UUUMのバディさんは、クリエイターのことをすごく好きでいてくれるから、嬉しいことはすぐに教えてくれる。 「最近の東海オンエア、まじヤバいっす。 登録者数のブーストかかってます」って(笑)。 クリエイターの成功や幸せを、自分のことのように喜んでくれる。 そんなバディさんが近くにいるからこそ、クリエイターは「次も頑張ろう」と思えるのかもしれません。 「ここぞ」というときは、ちゃんと注意する それだけではありません。 バディさんは、クリエイターを誰よりも気にかけているからこそ、クリエイターのダメな部分を見過ごしません。 「【盗撮】としみつがイベントで大遅刻したのでブチギレます」の動画では、名古屋で開催するファンイベントにメンバーの一人が大幅な遅刻をします。 バディさんの叱り方からは、相手を想うがゆえの真剣さがひしひしと伝わってきました。 バディさんの注意の仕方が、社会人一年目の僕は将来参考にしたい。 バディさんの注意の仕方、すごく厳しくもあり、落ち込ませ過ぎないようにするところめっちゃかっこいい。 コメント欄には、こういった意見が数多く寄せられていました。 それほどまでにベースに「愛」がある叱り方だったのだと思います。 冒頭で紹介した鎌田さんのnoteには、「ときには、厳しいことを伝えてあげるのも、バディとしての大切な仕事なんです」と書いてありました。 この動画は、まさにその真意を感じられます。 さて、ここまで勢いでガーッと書いてしまいました。 特にちゃんとしたオチがあるわけではありませんが、鎌田さんのnoteを読んで「うん、うん、そうだよな〜」と納得したことを、東海オンエアの動画と照らし合わせて再確認でき、とても満足しています :) 以前からも感じていたことではありますが、視聴者が見ているYouTuberの世界は本当にほんの一部分なんだろうなと改めて思いました。 昨日見た動画も、今日見た動画も、数々の神企画の裏側には、クリエイターとそれを支えるバディの並々ならぬ努力がある。 それが本人たちの口から語られる機会は多くないと思いますが、きっとすべてのコンテンツがそう作られてるんですよね。 このnoteを書き終わった今、以前にも増してYouTuberが好きになりました。 いつも素敵な動画を投稿してくれて、本当にありがとうございます。 以上、UUUMにおけるクリエイターとバディの関係性についてでした!.

次の

東海オンエアはなぜUUUMに?理由と移籍前後の動画内容を比較した

東海オンエア uuum加入

2018年11月12日 UUUM(ウーム)株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:鎌田 和樹、以下UUUM)は、クリエイター「ワタナベマホト」「imiga」「タケヤキ翔」「カイト」「夕闇に誘いし漆黒の天使達」「JENNI」のUUUMへの新加入が決定したことをお知らせいたします。 当該6組のクリエイターは、株式会社GENESIS ONE(本社:東京都新宿区、代表取締役:川合 一生、以下GENESIS ONE)に所属し活動してきましたが、このたび、UUUMとGENESIS ONEの 間で基本合意書を締結し、今後UUUMへ移籍することが決定いたしました。 今回の移籍に伴い、これまで発売してきたグッズや楽曲の販売、クリエイターイベントの開催は、今後、GENESIS ONEからUUUMに順次引き継がれ、継続していく予定です。 その他のサービスに関しては詳細が決まり次第、お知らせいたします。 2018プレミアムステージ」で、今回の新加入をサプライズ発表しました。 「U-FES. 2017」(2017年11月開催)での「東海オンエア」「恭一郎」の加入発表に続く2年連続でのサプライズ発表となり、会場は熱狂に包まれました。 UUUMでは、「もっとアソビナカマを」という経営戦略のもと、ユーザー、クリエイター、クライアント、スタッフともに、新しいエンターテイメントの世界を切り開いていくことを目指しております。 新たにアソビナカマとして加わったクリエイター達を強力にサポートし、「セカイにコドモゴコロを」届けられるコンテンツを作ってまいります。 シェア•

次の