テレワーク の 意味 は。 テレワークとは|日本テレワーク協会

「テレワーク」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

テレワーク の 意味 は

テレワーク telework : オフィスから離れた場所で働く 「テレワーク」の意味を詳しく 「テレワーク」は「オフィスから離れた場所で働く」という意味のカタカナ語です。 広い意味では、「時間や場所に捉われないで働くこと」を指します。 特にパソコンやスマホなどのテレビ電話機能や、チャットを使ってコミュニケーションを取りながら仕事をすることです。 具体的なテレビ電話機能のソフトにはSkypeやzoomがあり、チャットアプリにはLINEやChatwork、Slackがあります。 では、「テレワーク」とはどういった状況の働き方なのかというと、たとえば働いている会社が東京にあったとします。 通常ならば、家から東京にある本社まで通わなければなりません。 しかし、パソコンやスマホ使ってコミュニケーションを取りながら出社せずに家やカフェで働くことが具体的な「テレワーク」です。 テレワーク助成金を受けながら仕事に励む。 テレワークで働くと、通勤電車の人混みを避けることができる。 この業種では テレワークが不可能だ。 「テレワーク」はビジネスに関する例文でよく使います。 「テレワーク助成金」「テレワーク補助金」は2020年に大流行した新型コロナウイルス対策のひとつとして、よく使われた単語です。 「テレワーク」を行っている中小企業に対して政府が支援金を与えるというものです。 コロナウイルスにかからないためには、人混みを避けなければなりません。 そのため、出勤をしなくてもよい「テレワーク」が奨励されたのです。 テレビ電話の時は、相手と時間を合わせなければなりませんが、場所は合わせなくても大丈夫です。 そのため、出勤のためにわざわざ電車に乗らなくてよいというメリットがあります。 全ての業種で「テレワーク」ができるとは限りません。 たとえば、個人情報を扱う業種ならば情報流出のリスクからテレワークができませんし、接客業なら対面が基本です。 「テレワーク」の語源 「テレワーク」の語源は英語のteleworkです。 意味はカタカナ語とほぼ同じです。 「離れて」という意味のteleと「働く」という意味の「work」が一緒になった単語です。 また、英語の場合はteleworkよりtelecommuteを使うことが一般的です。

次の

「テレワーク」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

テレワーク の 意味 は

telephone、cellphoneとは そうなると、気になるのが電話を表す【telephone】、【cellphone】とはどのような意味なのでしょうか。 【tele】+【phone】は「遠く」+「音」という2語が合体して【telephone】という新しい言葉が生まれました。 ところが、電話が普及するにしたがって【phone】という略語が広まりました。 この【telephone】=【phone】は有線でしたが、そのうち無線電話が発明されました。 無線電話は電波を中継する基地局が必要で、この基地がカバーするエリアのことを【cell】といいました。 基地局を利用した電話=【celler telephone】、略して【cell phone】という言葉が生まれたのです。 切羽詰まらないと動かないのは、みんな同じ いまだ特効薬が存在しない新コロナウィルスに対しては、外出を控えることくらいしか対処法がありません。 そのため、これまで在宅勤務なんて無理と決めつけて、遅々として進まなかったシステム・制度の改革が急ピッチで進行しています。 追い詰められないと動こうとしないのは、個人も会社も国も一緒ですね。 もしかしたら、私たちは歴史的な技術の転換期にいるのかもしれませんね。

次の

テレワークとはどういう意味?在宅勤務との違いは?簡単にまとめてみた

テレワーク の 意味 は

「リモートワーク」とは? 「リモートワーク」とは、 「自宅・カフェといった会社のオフィスから離れた場所で働くこと」を意味しています。 「リモート remote 」には、 「離れた・遠隔の」という意味合いがあります。 「リモートワーク」というのは、 「今後、IT分野・ウェブ関連 クリエイティブ職 で普及すると予測される会社のオフィス以外での新しい働き方」や 「勤務時間や働く場所に縛られない働き方」を意味している言葉です。 「テレワーク」とは? 「テレワーク」とは、 「リモートワークの少し前の呼び方 総務省が使っている公式な呼び方 」であり、 「会社のオフィスではない離れた場所で働くこと」を意味しています。 「テレ」とは 「電話」の意味ではなく、 「遠くの・離れた」を意味する言葉です。 「テレワーク」も 「リモートワーク」と同様に、 「場所と勤務時間にとらわれない働き方」を示している言葉です。 「テレワーク」には、会社に雇われる 「雇用型」とSOHO 自宅利用のスモールオフィス などを営む 「自営型」があります。 「リモートワーク」と「テレワーク」の違い! 「リモートワーク」と 「テレワーク」の違いを、分かりやすく説明します。 「リモートワーク」とは、 「自宅・カフェなど会社のオフィスから離れた場所で働くこと」や 「これからIT分野・ウェブ関連で普及すると予測される会社のオフィス以外での新しい働き方」を意味しています。 それに対して、 「テレワーク」というのは 「リモートワークの少し前の時代の呼び方」であり、 「会社 オフィス ではない場所で働くこと・場所と勤務時間に縛られない働き方」という意味は概ね共通しています。 「テレワーク」は、大きく 「雇用型 在宅勤務・モバイルワーク・施設利用型 」と 「自営型 SOHO・内職型勤務 」に分類することができます。 まとめ 「リモートワーク」と 「テレワーク」の意味の違いを分かりやすく説明しましたが、いかがだったでしょうか? 「リモートワーク」という言葉は、 「会社のオフィスから離れた場所 自宅・カフェなど で働くこと」を意味しています。 それに対して、 「テレワーク」という言葉は 「会社から離れた場所で雇用されたり自営業・自由業の形で働くこと、リモートワークの古い言い方」という意味合いを持っています。 「リモートワーク」と 「テレワーク」の意味の違いを詳しく調べたい時には、この記事の説明を確認してみてください。

次の