ガリレオ の 落体 の 法則。 重力とは?|重いほど重力は大きい?落下運動と落体の法則って?

ガリレオ・ガリレイの名言からの学び。[自分の目で確かめることの大切さ]

ガリレオ の 落体 の 法則

ねらい ガリレオ・ガリレイがふりこの等時性を発見した過程に興味・関心をもつ。 内容 ふりこの動きには決まりがあります。 ヒモの長さを短くすると、ふりこの動きは速くなり、長くすると、ふりこの動きは遅くなります。 でも、長さを一定にすると、ふれはばを大きくしても小さくしても、往復する時間は同じです。 このことを発見したのは、16世紀の科学者、ガリレオ・ガリレイです。 1583年のある日の夕方、ガリレオはピサの大聖堂に入りました。 中は薄暗く、あかりを灯されたばかりのランプが大きくゆれていました。 何気なく、ゆれるランプを見ていたガリレオですが、ふと気づいたのです。 大きくゆれるのと小さくゆれるのと、ランプが往復する時間は変わらないようだ。 手首の脈を取り、時間を測ってみると、やはり脈の数はほぼ同じだったのです。 「ふりこの往復する時間は、ふれはばとは関係ない。 」ふりこのきまりを発見したのは、この時だといわれています。

次の

ガリレオ・ガリレイ [物理のかぎしっぽ]

ガリレオ の 落体 の 法則

ねらい ガリレオ・ガリレイがふりこの等時性を発見した過程に興味・関心をもつ。 内容 ふりこの動きには決まりがあります。 ヒモの長さを短くすると、ふりこの動きは速くなり、長くすると、ふりこの動きは遅くなります。 でも、長さを一定にすると、ふれはばを大きくしても小さくしても、往復する時間は同じです。 このことを発見したのは、16世紀の科学者、ガリレオ・ガリレイです。 1583年のある日の夕方、ガリレオはピサの大聖堂に入りました。 中は薄暗く、あかりを灯されたばかりのランプが大きくゆれていました。 何気なく、ゆれるランプを見ていたガリレオですが、ふと気づいたのです。 大きくゆれるのと小さくゆれるのと、ランプが往復する時間は変わらないようだ。 手首の脈を取り、時間を測ってみると、やはり脈の数はほぼ同じだったのです。 「ふりこの往復する時間は、ふれはばとは関係ない。 」ふりこのきまりを発見したのは、この時だといわれています。

次の

物理の歴史(力学)

ガリレオ の 落体 の 法則

ねらい ガリレオ・ガリレイがふりこの等時性を発見した過程に興味・関心をもつ。 内容 ふりこの動きには決まりがあります。 ヒモの長さを短くすると、ふりこの動きは速くなり、長くすると、ふりこの動きは遅くなります。 でも、長さを一定にすると、ふれはばを大きくしても小さくしても、往復する時間は同じです。 このことを発見したのは、16世紀の科学者、ガリレオ・ガリレイです。 1583年のある日の夕方、ガリレオはピサの大聖堂に入りました。 中は薄暗く、あかりを灯されたばかりのランプが大きくゆれていました。 何気なく、ゆれるランプを見ていたガリレオですが、ふと気づいたのです。 大きくゆれるのと小さくゆれるのと、ランプが往復する時間は変わらないようだ。 手首の脈を取り、時間を測ってみると、やはり脈の数はほぼ同じだったのです。 「ふりこの往復する時間は、ふれはばとは関係ない。 」ふりこのきまりを発見したのは、この時だといわれています。

次の