千と千尋の神隠し 泥団子。 【千と千尋の神隠し】青蛙の正体や性格は?名セリフや名シーンを紹介

『千と千尋の神隠し』の8つの謎とは?知れば知るほど面白い!

千と千尋の神隠し 泥団子

この記事で分かること• ハクは湯婆婆の弟子だけど「ウザい」存在? まず、 千と千尋の神隠しで通説となっている彼の設定について見ていきましょう。 「千と千尋の神隠し」の設定上、ハクは温泉施設「油屋」の主人かつ、経営者である 湯婆婆の弟子ということになっています。 千尋と同じく、ひょんなきっかけから湯婆婆たちの世界にあらわれ、強力な魔法使いでもある 湯婆婆の弟子入りを果たしました。 この決断に周囲は反対しますが、それとは裏腹に湯婆婆の下についた彼。 その結果、湯婆婆の手先のような存在として油屋に所属することになった。 というのが、映画上での大まかな設定ですね。 湯婆婆の側近とも言える存在だったことから、油屋の従業員の中では比較的上の立場にいるようです。 ただ皆から尊敬されながらも、態度は冷たく冷淡。 千尋の姉貴分であるリンからは「 ハクみたいな奴が2人もいたら、たまったものではない」と愚痴を言われる始末… ハクは「川の神様」だったが、その正体をなかなか思い出せなかった 「千と千尋の神隠し」の世界にやってきた人間は、 自分が誰なのか正体をしっかり覚えておかないと元の世界に帰れなくなってしまうと千尋はハクから忠告されます。 そのハクも自分はどこからやってきたのか、その正体がもう思い出せず苦労しているとも言っていましたよね。 Sponsored Link しかし物語の終盤になって、ようやくハクは 自身の正体を自覚するのです。 そう、彼の正体とは「 川の神様」。 ハクは千尋が住む家の近くにあった「琥珀川」 コハクガワ の神様で、「 ニギハヤミコハクヌシ」という名前を持っていたと、作品の最後の方でやっとハッキリしますよね。 それなのに、千と千尋の神隠しの世界に迷い込んだことで名前を湯婆婆に取られることに。 そして「ハク」という名前だけ残されて、この世界で生き続けていたということになります。 それが絶体絶命の時期を千尋に助けられたことにより、ハクはようやく 自分の名前と正体を悟ったのです。 不思議なことに千尋が物語の世界に入ってきた時、ハクは彼女のことを覚えていた反面、彼女はハクに全く心当たりがありませんでした。 しかしストーリーの後半では、ようやく千尋もハクのことを思い出し彼の正体について口を開くのです。 と言うのも、千尋はハクが神様となっている 川に落ちた経験があったからです。 それに気づいた川の神・ハクが千尋を救い出し、無事に両親の元まで送り届けたということになっています。 日本には800万もの神様が存在するとされ、木や川など至るところに神様がいると信じられています。 要するに、ハクの正体は「 日本に存在する川の神様だった」ということ。 千と千尋の神隠しでは、ハクは常に千尋の味方となって助け役でしたが、終盤になって彼女に助けられる…こんなストーリーだったら、大抵の人は感動しちゃいますよね。 ハクのもう一つの正体…それは「白竜」 そうかと思えば、ハクは「 白い竜」に姿を変えることも出来ます。 この姿は千と千尋の神隠しの中盤から確認することができ、物語の中でも大事な部分を担っていますね。 実はこの白い竜も、 ハクの正体だったという見方があるのです。 千と千尋の神隠しの中で、ハクとは別に川の神様が登場するシーンを思い出してみてください。 最初はゴミや泥にまみれた汚い姿で油屋をパニックに陥れますが、汚れを落としたあとは神様らしく神々しい姿になってご機嫌よろしく油屋を後にします。 ハクもこの神と同様、川の神様ですよね。 つまり度々登場する白竜とは、神様が時空を超えて移動するときに「 その存在を世に示すための姿」と考えることが出来るそう。 だとすれば「 白竜=ハクの正体」と捉えて良いのかもしれません。 ただ「千と千尋の神隠し」を観ていると、彼は自分の正体を知る前ですら白竜の姿で銭婆の魔法の契約印を盗まされたり、それによって銭婆から制裁を受けたりと… 神様ながらも不遜な扱いを受けていてかわいそうですよね。 普段は少年の姿をしつつも、様々な側面が垣間見えるハク。 もう二度と元の世界に戻れないと思いきや、無事に正体を思い出せて何よりでしょう。 彼の正体を知った上で「千と千尋の神隠し」を視聴すれば、また違った楽しみが味わえそうです。

次の

images.foodieblogroll.com

千と千尋の神隠し 泥団子

もう結構前だけどこんな動画があがっていて その中で、 なぜは豚の中に両親がいないとわかったのか についてを 「情に勝る解決」(リクツではない) と結論づけていたのだけれど、本当にそうなんだろうか。 は豚の中に両親がいないことを見抜く前にも、 別の形をしているけど正体を見抜く、という経験をしています。 それがハクの龍の姿。 傷ついた龍の姿を見て、「ハク、こっちよ!」と咄嗟に叫び、 自分でもそれをハクと見抜いたことをビックリしてしまうシーン。 その前にもはハク龍を見ているのですが(おにぎりのシーン) その時はなにも気づくそぶりはありませんでした。 ではこのシーンの間に何があったか、にどんな変化があったのか を考えてみると、なんだか意味深な 「苦団子」というアイテムがありました。 えらい川の神様にもらったお団子なのですが、 もらった晩にはそれを少し食している。 じゃあこの団子ってどんな効用があるのかって、 それはなんともよくわからないのですが、 でもこれが原因とすれば 「理屈じゃない」よりは多少は理屈っぽくならないでしょうか。 団子を食べたからわかりました、と。 こう考えてみると、すでにこの時点では この世界を逃げ出す条件を整えていたことになります。 この時点ですでに、この世界から抜け出すためには 「豚の中から両親を探せ」という問題を解決しなくてはいけなかった。 (解決して団子を食べさせなければいけなかった) 実際、夢の中で「見つけられるんだろうか?」と不安になる描写があります。 でも心配ご無用、ハク龍の正体を見抜けるのだから、 両親だって見つけられるのです。 でもは団子を使って両親を助けて元の世界に戻るよりも、 ハクを助け、 を助けることを選択した。 というようにも考えられないでしょうか。 だから、を助けたシーンこそ、映画のクライマックス。 自分の退路を断って銭婆に会いに行くことこそ大事なのだという。 この動画の中でいう、と湯婆婆の対比、というのはなるほどなと思うのですが、 この結論にはなんだか拍子抜けするような感じです。 というところで「苦団子」に注目して見ましたが、 はたしてこれが一体何者なのか、いまいち判然としません。 ただハクにしろ、にしろ、 ただ「中のものを吐かせる」アイテムというだけでは なんというか寂しい感じがします。 じゃあこれで「リクツ」が通っているのかというと、どうにも弱いですけども。

次の

千と千尋の神隠しあらすじネタバレ!結末で分かるハクの本当の名前!

千と千尋の神隠し 泥団子

内容紹介 ジブリ映画をDVDよりも美しい映像で見る。 ジブリがいっぱいCOLLECTION 宮崎 駿 監督作品 『千と千尋の神隠し』 今回ブルーレイディスク化するにあたり、質感豊かな高画質映像の収録を可能にしたマスターグレードビデオコーディング技術による細やかな階調での本編映像を収録。 近年飛躍的に進歩した再生環境下で、劇場公開時のクオリティを再現した色彩、映像をご堪能いただけます。 音声・字幕は日本語以外にも、英語、フランス語、韓国語、中国語など、映画が紹介された多くの国々の言語を収録しています。 また、ブルーレイディスクならではの大容量を生かし、本編とのピクチャー・イン・ピクチャーで楽しむことの出来る絵コンテ映像やアフレコ台本、予告編集などを高画質・高音質の本編映像と共にお楽しみいただけます。 ひ弱で不機嫌な少女、千尋は現代に生きる普通の女の子。 両親とともに車で引っ越し先の家へと向かう途中で「不思議の町」に迷い込んだ。 店のカウンターにあった料理を勝手に食べた両親は、豚に姿を変えられてしまう。 ひとりぼっちになってしまった千尋は、名を奪われ「千」と呼ばれるようになり、その町を支配する魔女・湯婆婆の下で働き始める。 千尋は湯屋「油屋」の下働きとして働きながら、様々な出来事に遭遇しつつも、謎の少年ハクや先輩のリン、釜爺らの助けを借りて、厳しい難局に立ち向かっていく。 はたして千尋は元の世界に帰れるのか……? 内容(「キネマ旬報社」データベースより) 2001年夏に公開され、大ヒットを記録した宮崎駿監督による冒険ファンタジー。 ジブリの最高傑作とする人も多く、多くの海外でも絶賛されたテーマ性が光る、日本文化の粋を究めた集大成と言えるジャパンアニメの至宝。 特に子供達への道徳授業はこの一本で足りるかも知れないと思わせる「自然に気付かせる訓話」の幕の内弁当だ。 食べる為には働くこと、間違いは認めて謝ること、人を色眼鏡で見ないこと、自分が周囲に出来ることは惜しまぬこと、自然を守るのは人間の為になること、人の言葉に安易に流されずに自分で考えること、子供への過ぎた干渉は成長を阻害すること、相手の立場や真意を慮ることがコミュニケーションの基本であること等々、挙げ出せば本当にキリがない。 日本人の勤労意識や自律心を、日本版「不思議の国のアリス」とも言える女の子の冒険ストーリーに綴り、日本的かつ無国籍な幻想的空間を舞台に、美しく躍動的なアニメーションを以て、薫り豊かな音楽に乗せて奏でる本作は、もはや未来に遺すべき芸術作品だ。 人として社会と関わるからには決して逃れられない基本姿勢を、僅か二時間で親子一緒に愉しく学べるのだ。 幾らディズニーアニメが素晴らしくとも日本アニメに届かないのは、そのメッセージの多様さと大人にも通じる普遍的な深みにある。 本作は「風の谷のナウシカ」や「もののけ姫」の様な自然科学や文明論的な社会テーマ性は弱く見える。 でも本作の真意は人文科学的な人間行動学の啓蒙にある。 人と自然に対して大いなる愛を持ち、勇気を持って行動する人は、周囲を変え、運命をも変える。 この発想は実は日本人には当たり前だが、絶対的な神に運命を委ねる教えの中で育ってきた国や地域の人々にはとても新鮮なのだろう。 「善き行動が善き社会を創る」 此れこそ真に日本アニメの歴史的名作と確信する由縁です。 自分は1980年代からのファンだが、世界が宮崎駿に感動し感謝するなど、誰が予想できただろうか? 人の想像力は世界をも繋ぐ無限の可能性を秘めていると感じさせる不朽の名作です。 今さらなんだといわれそうだが、封切り時には背景の美しさに見とれて、ストーリーを覚えていない。 で、十数年ぶりに観ることにした。 背景に心を奪われたはずだ。 最初に迷い込む繁華街は80年代以前の香港か台北を思わせる。 馴染みのある字で書かれた看板が読めないというもどかしさを再現してくれた。 湯屋はそれ以上に印象深い。 日本的というには豪華すぎ、エキゾティックというには懐かしすぎる。 キャラクターよりもストーリーよりも舞台の見事さが記憶に残る映画なんて、本作くらいではないだろうか。 他の要素が駄目というわけではない。 カエルの従業員や釜じいは楽しいし、湯ばばあ姉妹も強烈なキャラだ。 話は王道の冒険メルヘンである。 ヒロインの活躍ぶりに一喜一憂して、手に汗握る波乱万丈のドラマが展開する。 かつての東映長編アニメの傑作をバージョンアップした感じだ。 湯屋で少女が働く設定を売春婦と結び付けたり、巨大な赤ん坊に象徴的な意味づけをしたりする論があるらしい。 深読みしたい人はすればいいが、本作を楽しむのにそんなものは必要ない。 夢中で見入って、ハッピーエンドに拍手すればいい。 これはそういう映画だ。 一度でもこの作品を観ると、 心の奥にある子供のころの記憶と混じり、 二度とほどけない心象風景として、 記憶と一体化してしまう。 宮崎駿さんの作品には、 どれもそんな力があると思うのですが、 この作品はとくにそれが強いと思います。 その証拠に、 存在しないはずの幻のエンディングを、 記憶として、 補完してしまっている人が大勢存在したり、 懐かしい、 あの時の追体験をしたいなと思うと、 それは経験ではなく、 この作品の記憶だったりもします。 うちには元々、 中古で購入した同作品があり、 それをすりきれるほど観たのですが、 中古だったこともあり、 扱いが雑で、ボロボロになってしまい、 今回、リマスター版を購入しました。 結果、大満足です。 映像は、 もともと絵柄が手書き感強めなので、 きれいになったというより、 気のせいかもしれませんが、 観やすくなったような印象でした。 そして、これも気のせいかもですが、 音声が聞きとりやすかったです。 セリフと音響と音楽のバランスなのか、 音が全般的にクリアになったのか、 専門的なことはわかりませんが、 音も含めて、 とても観やすかった。 そして、今後もまた、 この作品を 何度も何度も観るだろうと確信しました。 ぼくの映画コレクションは、 一軍から五軍まであり、 繰り返し観たい作品を 一軍として並べてあるのですが、 これは迷わず一軍に加わりました。 よく、ジブリで一番好きなのは? なんて質問、ありがちですが、 ぼくにとってこの作品は〝二位〟です。 不動の一位として〝もののけ姫〟があり、 これは不動の二位。 よく、千尋が現世に帰ったあと、 ハクは八つ裂きにされるなんて、 恐ろしげな考察を見ますが、 今回、あらためて鑑賞し、 それはないなと確信しました。 ハクとの別れ際に、 『私は弟子をやめる。 名前を取り戻したから大丈夫』 という力強いセリフがあり、 それはハクの強がりなどではなく、 事実、 そうなんだろうなと思えたからです。 そもそもどーやって八つ裂きにするのか、 方法がわからないですし。 あのなさけない部下たちにやらせるの? 無理でしょ 笑 千尋と二度と会えないという設定は、 川の神様と人間だから。 という、 一番シンプルな理由だと思います。 悲劇を望む気持ちもわかりますし、 ぼくもカタルシスは大好物ですが、 残念ながら、これにはあてはまりません。 古いのがボロくなってしまった方にも、 このリマスター版はオススメします。 ケースの絵柄も、 ぼくは前のより好きです。 追記 ほめてばかりだと、 ジブリ全面肯定みたいなので、 一応、不満点も加えておきます。 再生中、ぼくの再生機が古いからか、 チャプターをまたごうとして、 一回だけ、止まることがありました。 巻き戻してもう一度流したら、 今度はスムーズに、 チャプターをまたぎました。 盤面にキズなどはなかったので、 不良ではないと思います。 でも少し不安にさせられたので、 点数は減らしませんが、不満点とします。 もうひとつ、 ジブリ共通にして最大の不満も、 声を大にして言いたい。 この糞特典ディスク、 いらないので値下げしてください。 こんなんで満足してる人、 ほんとに存在するの? コメンタリーもなし、 インタビューも、メイキングもなし、 特典はコマーシャルと、 絵コンテによる再放送だけって、 ごめんなさい、 ほんとにジブリ作品は 日本の宝であるとは思ってますけど、 特典に関しては毎回、 バカじゃねぇの?と、本気で思ってます。 サービス精神の欠片も感じず、 ディスクつけたから高い金払えって、 ゴウツクなことを言われている印象。 カオナシを描いておいて、 この商売のしかたはブーメランでしょ 笑 「となりのトトロ」のメイが迷い込んだ空間や、「崖の上のポニョ」の高潮後の水没した世界といい、今作の湯婆婆たちがいる世界といい、批評ではこれらは「あの世」とされていますが、その世界は現実世界の延長上にあり、パラレルワールドへの移行なのかもと感じます。 湯婆婆は魔法使いですが、実際に魔法を使うシーンはほとんどありません。 「魔女の宅急便」でキキが空しか飛べなかったことといい、「ハウルの動く城」もハウルよりも荒れ地の魔女の方が魔法を使っていることといい、魔法の描写に宮崎監督は積極的ではありません。 今作も魔法を使えば、全自動的に油屋の業務が回転しそうですが、そういうことはせず、神様も助けてくれてもよさそうなのに、そういうことはせず、説かれているのは労働の重要性であり、原作といわれる「クラバート」の世界観を想起させます。 千尋はこの労働で一人前に成長します。 おくされ様がくれた団子を千尋が食べても何でもなかったのに、ハクが食べると、ハンコにかけたまじないが消えたり、湯婆婆がしのばせた虫を下したり、魔法を消去する力があります。 カオナシが食べると泥がすべて吐き出されますが、油屋で出される食事には魔法がかかっていて、契約者には食事ですが、非契約者には泥であり、それを食べると本性が出るということでしょう。 千尋の両親は豚にされたのではなく、非契約のままそれを食べてしまい本性が出て、勝手に豚になったのだと思います。 労働だけでなく契約の重要性を説いている、アニメには珍しいテーマの名作だと思います。 The movie itself is original, scintillating and breathtaking. I am only putting 4 stars because the disc ships with all the settings including subtitles defaulted in Japanese so it was no small task figuring out which menu item sets up the English subtitles. My wife came up with the brilliant idea to use Google translator for the word "English" in Japanese and we were able to deduce the right menu selection from the top menu. 3rd item from the left on the main menu, 3rd column to the right and 3rd item down from there 2 Japanese characters that signify English subtitles If you are even considering this item, I'm guessing that you are already a fan of Spirited Away. It is probably the most popular and arguably one of the best of the Ghibli and Miyazaki film library. The Japanese bluray release of Spirited Away or Sen to Chihiro no Kamikakushi is fantastic. As of now, Disney has not yet released it in the US yet. It is bound to be released at some point maybe as early as late 2015 or 2016 at a cheaper price than the Japanese release. However, if you are a big fan and cannot wait, I can highly recommend this release based on the fantastic video quality alone. WILL IT WORK ON A US BLU-RAY PLAYER? I can confirm that YES this blu-ray will work in a US bluray player I personally use a PS3. This release is actually region-free or all-region as it can be called , and will work anywhere in the world that uses the NTSC video standard. Even if it didn't, please note that Japan and the United States are in the SAME blu-ray region: Region A, so it would have be compatible with US standards even if it was region-locked. HOWEVER: if you are in Europe, this blu-ray disc may not play since most European countries use PAL instead of NTSC to display video. PACKAGING: The Japanese packaging puts Disney's to shame. It's very minimalist and simple black-and-white and matches well with the other Japanese releases. The digipak design is made of some kind of metal and feels heavier than a normal blu-ray box. It opens like a book and has little pamphlets inside the left compartment along with the film in the right compartment. I like the magnetic lid that keeps the case closed. VIDEO QUALITY: Remember the scene where Chihiro follows Haku through those gorgeous flower bushes? Or the exciting Lupin-esque crazy car scene at the beginning of the movie? Those scenes do NOT do well on DVD - this film was made to be seen either on master film or 1080p or higher. In this blu-ray release: those scenes are absolutely perfect and do not have even a hint of pixelation or rendering issues. The colors on blu-ray are vibrant and correct unlike the previous DVD release which had either a red or yellow tint to all shots. You can see brushstrokes, and details that you could never have seen on the DVD release. It is perfectly balanced, mixed beautifully, and will shine extremely well in a 6. 1 or even a 5. 1, setup. The voices are clear as day, music swells fantastically, everything is great. The English audio, on the other hand, is only a lossy 5. 1 mix. This is disappointing since the recent UK release beefed it up to the same DTS-HD Master Audio 6. 1 that the Japanese audio got. It's okay, but not great. A little disappointing, as the English dub was actually pretty good for this film unlike a lot of anime films. EXTRAS: This is the disappointing part: the only extra for the Japanese blu-ray release is the script picture-in-picture mode -- but if you don't read Kanji, this feature isn't useful at all. There's also trailers for this film, other Ghibli releases and other anime films. THAT'S IT. In comparison, there was a blu-ray release of Spirited Away in the UK and it got the same extras that were in the English DVD release: a "Meet Hayao Miyazaki" interview, an introduction by John Lasseter, a "Behind the Microphone" short, side-by-side storyboard, and a Japanese TV special subbed in English called the "Making of Spirited Away". It's also likely that once Disney releases this movie in the US, it will also contain the same or more extra content. - The extras are pitiful compared to the original DVD release and to the recent UK blu-ray release. - Disney may pull out another surprise US release of this later this year Q4 2015 or around this time next year Q1 2016 , and it may include more extras than this offering. - English audio could be better the UK release upped the quality to DTS-HD Master Audio 5. 85:1 Running Time: 124 minutes Blu-Ray Release Date: July 22, 2014 Audio Tracks: Japanese DTS HD 6. 1ch, Japanese Linear PCM 2ch Stereo, English Dolby Digital 5. 1ch, Cantonese Dolby Digital 5. 1ch Surround, Mandarin Dolby Digital 5. 1ch Surround, Korean Dolby Digital 5. 1ch Surround, French Dolby Digital 5. 1ch Surround, German Dolby Digital 5. 1ch Surround, Finnish Dolby Digital 2. 0ch Subtitle Tracks: Japanese, English, Cantonese, Mandarin, Korean, French, German Extras: script picture-in-picture mode, Film trailers, trailers for other films I love Miyazaki and was really disappointed to see that this Blu-Ray was not being sold in the US yet. Amazon to the rescue! I put in my order and it didn't take as long as the Japanese seller reported that it would take. The packaging is really really nice and the disk is of really high quality. It took a minute to figure the main menu out since it's all in Japanese expected this honestly. This Blu-Ray will work in the US I loved the movie and so did my children. I bought this for us after we watched My Neighbor Totoro, which they loved as well. The story is interesting and the animation is wonderful. It is a bit darker than some of the others we have watched, but it didn't bother my children any. The only reason I didn't give this five stars is because the description does not say that EVERYTHING is in Japanese. There is an English audio track, but you must find the option in an all Japanese menu. This may be obvious to some, but I didn't realize till I received it. WARNING!! This Blu Ray is the Japanese version so ALL menus, options and included booklet, etc. are ALL in Japanese!! Yes, the English dub and the English subtitles are there BUT you have to be able to read Japanese in order to find these options in the menus. Fortunately you can use your Audio and Subtitle buttons on your BR player remote to find and select the English dub and the English subtitles. That being said, this is a magnificent and enchanting story with marvelous character development and superb animation and artwork. The Blu Ray transfer is outstanding. This is one of Miyazaki's best productions and won't disappoint.

次の