無限 ホンダ。 フットワーク・FA13

【今さら聞けない】「無限」とホンダの関係とは?

無限 ホンダ

FA13 [ ] 特徴 [ ] シャーシはフロントのデザインを一新し、風のトーショナルウィングが湾曲したハイノーズに変更した。 シーズン終盤にはこちらもジョーダンが先鞭を付けた前後押し引き式のシーケンシャル・マニュアルシフトを導入した。 前年までポルシェエンジン、フォードエンジンを使用したチームは、今年度からのエンジンを使用することとなった。 これはからまで、が使用していたエンジンを無限が引き継いだものであった。 エンジンの信頼性はポルシェとは比較にならないくらい高まり、戦闘力も向上した。 アルボレートは16戦中14戦を完走、6ポイントを獲得した。 亜久里は前年度のドライバーであるに合わせたと言うシートモノコックを元にした車体での走行を強いられ、予選落ちが2度、リタイアが5度とアルボレートに比べると信頼性に欠ける結果であった。 チームの総獲得ポイントは6、コンストラクターズランキング7位でシーズンを終えた。 スペック [ ] シャーシ [ ]• 型名 FA13• ホイルベース 2,946 mm• 前トレッド 1,816 mm• 後トレッド 1,676 mm• 重量 505 kg• 燃料タンク容量 200 L• サスペンション ダブルウィッシュボーン、プッシュロッド、シングルスプリング• ダンパー クアンタム• ブレーキ• クラッチ• タイヤ エンジン [ ]• 型名 無限ホンダ MF-351H• 気筒数・角度 V型10気筒・72度• 排気量 3,493 cc• 最大出力 700馬力以上• スパークプラグ• インジェクション ホンダPGM-F1• イグニッション ホンダPGM-IG• 燃料・潤滑油 FA13B [ ] は序盤2戦に改良型の FA13Bが投入された。 リアウィングの最大高を下げる規制に対して、翼端板を前方へ延長し、規制範囲外の位置にサブウィング(ウィング)を取り付けた。 この手法は後に他チームも追随し、1993年のトレンドとなった。 鈴木と新加入のデレック・ワーウィックがドライブしたが、予選ではに次ぐをCと競う苦しい性能で、初戦の南アフリカでは終盤にワーウィックが入賞の一歩手前まで健闘するも最終ラップでスピン 7位完走扱い 、第2戦ブラジルではワーウィックが9位、鈴木がリタイアとなっている。 F1における全成績 [ ] ( 太字は) 年 シャシー エンジン タイヤ No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位 MF-351H , 3. 5 6 7位 9 10 13 6 5 5 7 7 7 7 9 7 Ret 7 6 15 Ret 10 8 DNQ Ret 7 10 11 DNQ Ret 12 Ret Ret 9 Ret 10 8 8 MF-351HB , 3. 5 4 9位 9 7 9 10 Ret Ret 参照 [ ].

次の

【MUGEN INSIGHT】 新型三代目インサイトと無限がカスタムしたインサイトを見比べてみる<HONDA INSIGHT フォトギャラリー>|セダン|MotorFan[モーターファン]

無限 ホンダ

FA13 [ ] 特徴 [ ] シャーシはフロントのデザインを一新し、風のトーショナルウィングが湾曲したハイノーズに変更した。 シーズン終盤にはこちらもジョーダンが先鞭を付けた前後押し引き式のシーケンシャル・マニュアルシフトを導入した。 前年までポルシェエンジン、フォードエンジンを使用したチームは、今年度からのエンジンを使用することとなった。 これはからまで、が使用していたエンジンを無限が引き継いだものであった。 エンジンの信頼性はポルシェとは比較にならないくらい高まり、戦闘力も向上した。 アルボレートは16戦中14戦を完走、6ポイントを獲得した。 亜久里は前年度のドライバーであるに合わせたと言うシートモノコックを元にした車体での走行を強いられ、予選落ちが2度、リタイアが5度とアルボレートに比べると信頼性に欠ける結果であった。 チームの総獲得ポイントは6、コンストラクターズランキング7位でシーズンを終えた。 スペック [ ] シャーシ [ ]• 型名 FA13• ホイルベース 2,946 mm• 前トレッド 1,816 mm• 後トレッド 1,676 mm• 重量 505 kg• 燃料タンク容量 200 L• サスペンション ダブルウィッシュボーン、プッシュロッド、シングルスプリング• ダンパー クアンタム• ブレーキ• クラッチ• タイヤ エンジン [ ]• 型名 無限ホンダ MF-351H• 気筒数・角度 V型10気筒・72度• 排気量 3,493 cc• 最大出力 700馬力以上• スパークプラグ• インジェクション ホンダPGM-F1• イグニッション ホンダPGM-IG• 燃料・潤滑油 FA13B [ ] は序盤2戦に改良型の FA13Bが投入された。 リアウィングの最大高を下げる規制に対して、翼端板を前方へ延長し、規制範囲外の位置にサブウィング(ウィング)を取り付けた。 この手法は後に他チームも追随し、1993年のトレンドとなった。 鈴木と新加入のデレック・ワーウィックがドライブしたが、予選ではに次ぐをCと競う苦しい性能で、初戦の南アフリカでは終盤にワーウィックが入賞の一歩手前まで健闘するも最終ラップでスピン 7位完走扱い 、第2戦ブラジルではワーウィックが9位、鈴木がリタイアとなっている。 F1における全成績 [ ] ( 太字は) 年 シャシー エンジン タイヤ No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位 MF-351H , 3. 5 6 7位 9 10 13 6 5 5 7 7 7 7 9 7 Ret 7 6 15 Ret 10 8 DNQ Ret 7 10 11 DNQ Ret 12 Ret Ret 9 Ret 10 8 8 MF-351HB , 3. 5 4 9位 9 7 9 10 Ret Ret 参照 [ ].

次の

無限 MUGENとは?ホンダ車のカスタムパーツからレーシングチームについても

無限 ホンダ

創業時から積極的に関わり続けているモータースポーツ活動ほか、4輪&2輪の市販車パーツを幅広く提案。 ボディキットや機能系など、クルマ1台をカスタムできるパーツが揃う。 他社では取り扱いのない、ホンダ車を熟知した存在ならでのパーツも多い。 新車と同時にパーツが発表されるなど、目にする機会の多いハイメジャーブランドだ。 新車ディーラーだけでなく、大型量販店等で定期的にフェアを開催したり、オンラインも一部ありと、間口の広いブランドでもある。 「TEAM MUGEN」でレース活動を展開中 スーパーフォーミュラやスーパーGTへの参戦を続けるなど、レースシーンに欠かせない存在である無限。 現場のDNAも市販パーツに活きる。 【ジェイド・RS】 対象車の性格によるものの、無限パーツは躍動感を強く感じさせるスポーティ路線のパーツが多く、ボディキットはその最たる例といえる。 トレンドを感じさせる高いデザイン性はもちろんだが、LEDイルミの扱い方など、他社では真似できない個性が光る特徴も多々あり。 指すやマフラーといった機能パーツのほかに、オリジナルホイールの開発も以前から積極的に行っている。 【PARTS SPECIFICATION】 【ジェイド・RS】 フロントアンダースポイラー 7万7000円(8万2000円) エアロイルミネーション 3万5000円 サイドスポイラー 5万8000円(6万3000円) リアアンダースポイラー(デュアルサイレンサー同時装着タイプ) 6万7000円(7万2000円) リアアンダースポイラー(標準マフラー装着タイプ)6万7000円(7万2000円) ウイングスポイラー 5万5000円(6万円) ミニバンやSUV、コンパクト、Kカーと、現行ホンダ車のパーツが揃う。 アフターメーカーが扱わないクルマも、無限にはある場合が多い。 mugen-power. 専用チューニングが施されており、特別な装備品も多数。 現在ステップワゴン、S660、フリードの3車種から選べる。 honda. 掲載されている写真はそれぞれの車種用でないものも含まれています。 また、対応は年式やグレード、 装備などにより異なる場合があります。 購入の際は必ずご確認ください。 商品の価格・仕様・発売元等は記事掲載時点でのものです。 商品の価格は本体価格と消費税込みの総額表記が混在しております。 商品を購入される際などには、メーカー、ショップで必ず価格・仕様・返品方法についてご確認の上、お買い求め下さい。 購入時のトラブルについて、出版元・編集部は一切関知しません。 また責任も負いかねます。 2020 All Rights Reserved.

次の