岩崎 宏美 聖母 たち の ララバイ。 聖母たちのララバイ 岩崎宏美 歌詞情報

岩崎宏美 聖母たちのララバイ 歌詞

岩崎 宏美 聖母 たち の ララバイ

1曲まるごと収録されたCDを超える音質音源ファイルです。 <フォーマット> FLAC (Free Lossless Audio Codec) サンプリング周波数:44. 1kHz|48. 0kHz|88. 2kHz|96. 0kHz|176. 4kHz|192. 0kHz 量子化ビット数:24bit• ハイレゾ商品(FLAC)の試聴再生は、AAC形式となります。 実際の商品の音質とは異なります。 ハイレゾ商品(FLAC)はシングル(AAC)の情報量と比較し約15~35倍の情報量があり、購入からダウンロードが終了するまでには回線速度により10分~60分程度のお時間がかかる場合がございます。 ハイレゾ音質での再生にはハイレゾ対応再生ソフトやヘッドフォン・イヤホン等の再生環境が必要です。 詳しくは をご確認ください。

次の

岩崎宏美「聖母たちのララバイ」がレコード大賞を獲れなかった意外な理由

岩崎 宏美 聖母 たち の ララバイ

解説 [ ] 原題は「聖母の子守歌」。 9月に開始したの2時間枠『』のエンディングテーマ()であった同曲は、当初エンドロール用に放送される1コーラス分のみが制作されただけであった。 ゆえにそれ以外のパートは製作・録音されておらず、発売の予定も立っていなかった。 しかし、放送後に視聴者から作品化の要望が殺到したため、番組内のマスターテープを元に録音したものを製作し、抽選による視聴者200名のプレゼントとした。 ところが、35万通 を超える応募はがきが殺到し、過去に同様の企画を行った『』エンディングテーマ「」の10万通を大きく上回った ため正式なレコードとして発売されることとなり、間での紆余曲折の後、当時岩崎が所属するビクター音楽産業(現:)でフルバージョンの制作が行われた。 発売2週目にしてで1位を獲得。 岩崎自身の「」以来約7年ぶり、通算3作目のチャート1位シングルとなった。 セールスとしてもオリコン集計では80万枚を超え、累計では130万枚 を超える大ヒットを記録し、同年のオリコン年間シングルチャートでは3位を記録した。 またこの曲で『』には、「」以来3作ぶりにランクイン(通算14週間)を果たす。 また、同番組で1位(通算5週間)を獲得したのも、同曲が唯一であった。 同年11月には第13回を受賞。 and Mrs. Tideman のメロディーと酷似していると、抗議のため来日した同曲の作曲者から指摘される。 本曲作曲者のがこの類似点を盗作と認めたため、作曲クレジットが木森と、盗作された上記楽曲の作曲者であるとの併記という共作クレジットに修正された。 この結果、外国人作家が製作した楽曲を対象外とする当時の日本レコード大賞の基準に該当し、エントリーができなくなった。 最終的には作曲者のクレジットがジョン・スコットとの併記となったが、現在でも木森単独の作曲とする資料や、コンピレーション盤が複数存在している。 当初4月21日発売と発表されていたが、1か月延期になった。 初回盤にJohn Scott作曲・編曲とクレジットされているものが存在するなど、対応が当初混乱していた。 因みに作品データベースでは作曲:木森敏之として登録されている。 翌の春には、の入場行進曲に採用された。 岩崎宏美の楽曲としては、の「センチメンタル」以来7年ぶり2度目の選曲である。 にはCDシングルとして再発されたが、その際は本作と入れ替わり2代目『』主題歌となり、後にヒットした「」とカップリングして収録している。 作詞のは「作詞はどなたかのピンチヒッターみたいだった。 カラオケまで全て整って僕に回ってきた。 (詞の意図は、)サスペンス劇場だから、そのまま終わるより、安らかな気持ちで眠りについてほしい、うなされたりすると困るから。 」と説明。 収録曲 [ ] オリジナル盤 [ ]• 聖母たちのララバイ• 作詞: 、作曲: ・、編曲: 木森敏之• 赤い糸• 作詞: 山崎光、作曲: 、編曲: 価格 [ ]• 発売当時の価格は700円 1993年再発盤 [ ]• 聖母たちのララバイ• 作詞: 山川啓介、作曲: 木森敏之・John Scott、編曲: 木森敏之• 作詞: 山川啓介、作曲・編曲: 木森敏之• 聖母たちのララバイ(オリジナル・カラオケ)• 収録アルバム: 『』(1982年7月5日発売、2007年4月25日紙ジャケ復刻)/編曲: 木森敏之• 『火曜サスペンス劇場』エンディングで使われたTVバージョン。 収録アルバム: 『誕生』(1989年11月21日発売)/編曲: 樋口康雄• ストリングス、フリューゲルホルン、ピアノにパーカッションを加えたアコースティック・バージョン。 収録アルバム: 『MY GRATITUDE 〜感謝』(1995年8月23日発売)/編曲: 塩谷哲(元編曲: 樋口康雄)• 金子飛鳥&ASKA STRINGSに塩谷のピアノを加えたアコースティック・バージョン。 収録アルバム: 『30TH ANNIVERSARY BOX』(2004年4月25日発売)/編曲: 寺本正樹• 2004バージョン。 比較的オリジナルに忠実な編曲。 収録アルバム: 『』(2007年9月26日発売)/編曲: 野見祐二• チェコ・フィルハーモニー管弦楽団60人の大編成によるフルオーケストラ・バージョン。 カバー [ ]• マーチングフェローズオーケストラ -。 からシングルレコード「聖母たちのララバイ/少女A」として発売。 (1998年、アルバム『産休(Thank You)』収録)• (2007年、アルバム『』収録)• (2010年、アルバム『Singer』収録)• 脚注 [ ] [].

次の

「岩崎 宏美」の楽譜一覧

岩崎 宏美 聖母 たち の ララバイ

解説 [ ]• 「聖母たちのララバイ」に続く山川啓介・木森敏之コンビの作品で、系『』の主題歌となった。 1983年末の『』金賞受賞曲。 さらに『』では、岩崎自身初出場時の末『』以来、8年振り2回目の紅組を務めた。 ラジオ局などに配布されたサンプル盤のコーラスアレンジは、TV版に準拠し、1コーラス目、2コーラス目は混声コーラスがその最後の部分を後追いで繰り返すような形になっていたが、発売されたバージョンは後追いのようにはなっていない。 なお、基となるTVバージョンは紙ジャケット復刻アルバムの『』にボーナストラックとして収録されている。 収録曲 [ ]• 作詞: /作曲・編曲:• それぞれの朝• 作詞・作曲: /編曲: 脚注 [ ]• 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p. 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 『』 -.

次の