トゲキッス 相性補完。 トゲキッス : Z白い悪魔|ポケモン育成論サンムーン|ポケモン徹底攻略モバイル

技範囲考察(相性補完)

トゲキッス 相性補完

5倍になるが、物理技の命中が0. 相手より先に攻撃すると威力が2倍になる『でんげきくちばし』を活かすため、『ついばむ』を採用しています(ひこうタイプのダイマックス技はすばやさが1段階上がる)。 技範囲が広く、でんきの一貫性を切れていない構築に対してはとくに強く出られる性能をもちます。 無振りでも並以上の耐久はあるため、オーロンゲの壁技でサポートすれば簡単に倒されなくなります。 じめんタイプの技を透かせるという点からもパッチラゴンと相性補完ができており、選出率は高めです。 持ち物のだっしゅつボタンによって役割を遂行し、後続のポケモンで有利対面に持ち込むという戦法が採用されています。 壁貼りによってサイクルを回しやすくなり、全体の負担を和らげると共にドラゴンタイプを持つパッチラゴンとの相性補完もこなせます。 ラスト1ミミッキュのような運用ができ、初見殺し性能が高い構成です。 はがねタイプなので「すなあらし」への耐性も持っており、タスキ枠としての役割を完遂しやすいという特徴もあります。 「でんじは」によってパッチラゴンのでんげきくちばしを活かしやすく、S操作役としての出番もあります。 と同じ型ですが、選出率はかなり低くなっています。 5倍になるが、物理技の命中が0. オーロンゲの壁貼りだっしゅつボタンから繰り出し、耐久をたもちつつ能力を上げられます。 「技範囲が広い」「ひこうタイプ」という特徴を持っていることから、ダイマックスと相性が良いポケモンと言えます。 パッチラゴンによるサイクル崩壊がメインの勝ち筋であり、パッチラゴンが出せない場合はトゲキッスによる全抜きを狙います。 ギルガルドはきあいのタスキを活かしたストッパー役として運用されます。 構築のコンセプト・有利不利・環境考察の質問 構築について管理人がインタビューを行い、「構築コンセプト」「構築の強み」「構築の弱点」などを聞いてみました。

次の

トゲキッス : Z白い悪魔|ポケモン育成論サンムーン|ポケモン徹底攻略モバイル

トゲキッス 相性補完

11位 12位 13位 14位 15位 16位 17位 18位 19位 20位 21位 22位 23位 24位 25位 26位 27位 28位 29位 30位 ランキングの解説 カバルドンが上位に参入 環境上位にカバルドンが参入。 ステロあくび型が多め 特性 :99. エースバーンやパッチラゴンに強く出られるため、採用が増えているのだろう。 ゴリランダーに対しては動きにくいので注意が必要だろう。 10位以降は変動が激しい 10位以降は変動が激しい。 特に大幅に順位を上げたや、30位内に新規参入したドラミドロやウインディにも注目だ。 ドラミドロの採用率 特性 :99. 高い特防を「とつげきチョッキ」でさらに強化する。 素早さが低いためトリックルームなどでサポートをすると、使いやすいだろう。 ウインディの採用率 特性 :98. 3 ゴツゴツメット:15. 新ポケモンは少なめ 環境初期に多かった新ポケモン達は勢いが落ち着いてきた。 ただし、ポリゴン2やジバコイルは根強い人気もあり、環境上位に入っている。 ポリゴン2の持ち物・技・特性の採用率 持ち物 しんかのきせき:99. 「じこさいせい」でHP管理をしつつ、相手を倒していく型が使用されているようだ。 ジバコイルの持ち物・技・特性の採用率 持ち物 たべのこし:34. てっぺきとボディプレスを採用していると、環境上位に入っているポリゴン2に対して強く出られるのがポイントだ。 シーズンごとのポケモンランキング.

次の

ガマゲロゲ育成論 : 【相性補完】オーロンゲトゲキッス狩り狩りオーロンゲガマゲロゲ【W壁エース】|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

トゲキッス 相性補完

ポケモン 技 解放技 ディアルガを先頭に配置したパーティ 弱点の少ないディアルガを戦闘に配置したパーティ。 ディアルガはじめん・かくとう技が弱点となっている。 メルメタルのばかぢからやカイリキーのばくれつパンチ・ラグラージのじしんなどに注意しよう。 交代するポケモン 相手が自分のディアルガをみて、ポケモンを交代してきた場合、自分もポケモンを交代することで有利な盤面になる場合がある。 メルメタルを出してきた場合はラグラージ、カイリキーの場合はギラティナなど相手のポケモンを見極めて瞬時に交換しよう。 ディアルガに相棒のCPブーストをつける 相手の手持ちがわからないため一体目にディアルガ同士の対戦になる場合がある。 最高の相棒まで相棒レベルをあげることで、CPブーストのかかっている方が ゲージ技の先出しや与えられるダメージが増加するため有利になる。 ディアルガを軸にしたパーティ4 ポケモン 技 解放技 ディアルガを先頭に配置したパーティ ディアルガは勝てるポケモンが多く、マスターリーグトップクラスのポケモン。 相手もディアルガだった場合、画面上のCPを確認してどちらが高いか確認して勝てるか判断しよう!最高の相棒にするとさらに活躍! カイオーガは相手シールドを使わせる カイオーガはなみのりを覚え、高火力でこまめにゲージ技を打てる。 また、ふぶきの威力も高くなみのりと使い分けて相手のシールドを使わせることができる。 カビゴンはギラティナ対策 ギラティナ対策としてカビゴンが活躍。 ディアルガ、メルメタルと並んでマスターリーグ環境で多いギラティナに一方的に勝てるポケモン。 ディアルガ、メルメタルにもじしんで効果抜群を与えることができるため戦える範囲が広い。 メルメタルを軸にしたパーティ ポケモン 技 解放技 ギラティナを先頭に配置したパーティ 攻撃力、HP共に比較的高いギラティナ オリジン を先頭にしたパーティ。 初手からあやしいかぜを使用して、能力が上昇すればそのまま勝つこともできるポケモンだ。 ギラティナの弱点を補えるポケモンを採用 ギラティナの弱点をついてくるバンギラスや、トゲキッスといったポケモンに対して強いポケモンを採用。 初手で不利な対面にならずに相手が交代してきた場合は状況に応じてポケモンを交代しよう。 控えのギラティナに注意 相手の控えにギラティナがいる場合、自分のギラティナのHPが減っているとシールドの残りによっては対処が難しい。 相手の交代に合わせて自分も交代するなど、自分のギラティナのHPを残す戦い方をしよう。 ギラティナを軸にしたパーティ2.

次の