ジーク フリード キルヒアイス。 ジークフリートとは (ジークフリートとは) [単語記事]

ジークフリード・キルヒアイス

ジーク フリード キルヒアイス

ジークフリート(g)とは、に圏で見られる人名、である。 概要 マンで「」と「」、「守り」の意味が入った言葉である。 に当てはめるのなら、さしずめ「勝()」、「勝守(かつもり)」とでもなるだろうか。 場合によっては「ジークフリード」「サイフリート」「ザ」などと読まれたりもする。 マンのに登場するの名として知られており、「ニーベルンゲンの歌」が特に有名。 さらに、それをにしたの楽劇「」で知っている人も多いだろう。 その後も様々なにジークフリートの名前を冠したり、その設定を元にしたが登場している。 なお、の()とは根を同じにしており、する向きもあるが、かなり設定面は異なっている。 そして、「環」のジークフリートはむしろに近い点が多いのでややこしい。 ジークフリートの名を持つ人物• - 『』に登場する。 この記事に上記「ニーベルンゲンの歌」でのジークフリートについての解説あり• - 「」の登場人物• -「」の。 個別記事有り。 本名が「ジークフリード・ウェドナー」。 サイフリート・ - 「」の登場人物• ジークフリート - 「」の登場人物、の、 ベ(が) 関連項目•

次の

広中雅志は「銀河英雄伝説」のキルヒアイス!よく聞けばナレーションの声だった!

ジーク フリード キルヒアイス

広中雅志は「銀河英雄伝説」キルヒアイス役が代表作!その思い入れとは? 広中雅志は「銀河英雄伝説」キルヒアイス役が代表作!「銀河英雄伝説」あらすじについて 広中雅志は、バラエティ番組などでナレーションをしているナレーターとして知られていますが、声優として参加している作品もあります。 代表作は、「銀河英雄伝説」のジークフリード・キルヒアイス役。 原作は、田中芳樹の同名のSF小説で、1982年に刊行されて以来、累計1500万部を数える超人気作です。 1988年にアニメ化され、放送から30年近く経った今でも愛され続けている名作です。 「銀河英雄伝説」は、数千年後の未来の宇宙を舞台に描かれた壮大なスケールのアニメ。 銀河帝国と自由惑星同盟に分かれた二国間の抗争は、150年にも及んでいました。 しかし、宇宙暦8世紀末に、「常勝の天才」ラインハルトと、「不敗の魔術師」ヤンという2人の天才の登場により歴史が大きく動いていく……という物語です。 広中雅志の演じたキルヒアイスは、ラインハルトの親友であり、補佐官というキャラクター。 登場人物が多い「銀河英雄伝説」は、豪華声優陣でも話題となりました。 広中雅志のキルヒアイス役に対する思い入れとは?当時はアニメアフレコに不慣れだった? 広中雅志演じるキルヒアイスは、「銀河英雄伝説」第一期ラストで衝撃的な死を遂げます。 しかし、ラインハルトと深い繋がりを持つ親友であり補佐官という重要なポジションで、死を遂げて退場した後も作品全体に影響を与え続ける存在感たっぷりな役。 加えて、誰にするか決めるまでが非常に難航したキルヒアイスという大役をつかんだことや、今は亡き先輩声優たちと共演できた作品ということから、広中雅志はこの役に対して深い思い入れを持っているとか。 そのため、再びキルヒアイス役を演じる機会が訪れた際には、他の仕事を全て断ってでも収録に参加すると公言しています。 キルヒアイス役を演じるまでは、アニメのアフレコの経験が少なかったものの、監督から「あまりアニメということにこだわらないで良い」と言われ、洋画吹替えやドラマを演じるつもりで取り組んだそうです。 広中雅志はあの番組のナレーター!年齢やプロフィールは? 広中雅志はあの番組のナレーターだった!バラエティ番組でお馴染みのあの声! 「銀河英雄伝説」キルヒアイス役を演じた後からファンレターが増え、アニメを見て、ナレーションをしている他の番組を見たといってくれる人も沢山いたことが嬉しかったという広中雅志。 彼のナレーションと言えば、特に知られているのが、「世界まる見え!テレビ特捜部」や「ビートたけしのTVタックル」です。 その他にも、スポーツ番組の「Jスポーツ」「サンデー・ジャポン」など、さまざまな番組にナレーションで出演しています。 テレビをよく見る人ならば、知らず知らずの内に広中雅志のナレーションを何度か耳にしているに違いありません。 広中雅志の年齢やプロフィールは?所属事務所は? 広中雅志は、非公開にしているため、年齢は不明です。 しかし、所属事務所の公式サイトによると、誕生日は12月27日。 日本大学芸術学部映画学科出身で、声優事務所の老舗である青二プロダクションに所属しています。 耳馴染みの良い落ち着いた声質を活かし、主にナレーターとして活動しており、「嗚呼!バラ色の珍生」や「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」の「笑ってはいけないシリーズ」などでもお馴染みです。 アニメ声優としては、「銀河英雄伝説」キルヒアイス役が最も有名ですが、その他にも、「北斗の拳」ロック役や「ギャラクシーハイスクール」ドイル役などでも出演しています。 広中雅志の声が聴けるロボット掃除機とは?新旧のキャストが集まる「銀河英雄伝説」新プロジェクトイベントについて 広中雅志がキルヒアイス役で出演していた「銀河英雄伝説」は、さまざまなメーカーとのコラボ商品が開発されてきました。 その中でも特にユニークだったのが、カタログ通販のニッセンとのコラボです。 キルヒアイス関連では、「キルヒアイスココロボ」というグッズがあります。 SHARPのロボット掃除機「COCOROBO」とのコラボ商品で、広中雅志録り下ろしのオリジナル音声を搭載。 「雨というのは、消えた名もない星々の、涙なのかもしれませんね」「わたくしが初陣したのは、15のときでした」などの作中の台詞以外にも、「指向性ゼッフル粒子散布、ではなく、プラズマクラスターシャワーモードです」など、「COCOROBO」ならではのガイダンス音声も楽しめる仕様となっています。 オリジナル音声の数は80種以上というのですから、広中雅志やキルヒアイスのファンならば、ぜひとも手に入れたい商品です。 そんな根強い人気を誇る「銀河英雄伝説」ですが、新プロジェクトが発表されたことで、再び熱い注目を浴びています。 「銀河英雄伝説」は、劇場アニメやOVA(レンタル用作品)本編、外伝、朗読、ミュージカルなど、多様な展開をみせてきましたが、ついに新作アニメが制作されることが発表されました! 制作を担当するのは、「黒子のバスケ」「ハイキュー!! 」などで知られるProduction I. 新キャストやスタッフの詳細が発表される2017年9月20日開催予定のイベントには、旧キャストの堀川りょう(ラインハルト役)、広中雅志(キルヒアイス役)、佐々木望(ユリアン役)の3名の登壇も予定されています。 新旧のキャストが揃うというのはなかなかないことなので、とても貴重な機会になるのではないでしょうか。 キルヒアイス役を演じ、一際強い思い入れを持っていた広中雅志が、新プロジェクトでも何らかの形で出番はあるのかにも注目したいところです。

次の

ジークフリード・キルヒアイス

ジーク フリード キルヒアイス

ローエングラム紋章版はデカールによる再現。 幻のローエングラム紋章版。 このエンブレムを付けたバルバロッサが登場することを、叶わぬと知りつつ夢想した人は私以外にもいるだろう。 キルヒアイスはあまりにも早く逝ってしまった。 赤毛の友人、ジーフリード・キルヒアイスの艦。 銀英伝の軍艦では唯一のレッドカラーリングで際だつ。 防御主体の設計はブリュンヒルトに近く、艦形からも白き貴婦人の姉妹艦といって良いだろうが、ブリュンヒルトが主砲を分散したのに対し、バルバロッサは前面下部に集中配置している。 特徴的な下部の張り出しは本体から離してセンサー群を配置するための構造で、艦本体が発するノイズを最小限に抑え、情報収集の精度を向上させるのが目的である。 同様のコンセプトはブリュンヒルト以降の帝国軍の大型戦艦でよく見られるので、一定の成果を得たものと見られる。 張り出すとその部位への被弾確率が上昇するが、こういった区画には誘爆の危険がある武装、とくに実体弾の類は演出を見る限りほとんど配置されていないようなので、直撃を受けても比較的安全だと思われる。 バルバロッサはキルヒアイスと共にアムリッツァとリップシュタット戦役を風のように駆け抜けた。 キルヒアイスは生涯で60回以上の戦闘を指揮しており、すべてに引き分け以上の結果を得ている。 その戦いの多くはリップシュタット戦役時の辺境平定で、詳細は原作でもアニメでもほとんど語られておらず、のカワサキ大統領さまがという二次創作長編を書いている。 いずれにせよ数多くの戦闘をこなして無敗のまま死んだのは、ヤン・ウェンリーの他にはキルヒアイスくらいしかいない。 ラインハルトはバーミリオンで事実上ヤンに負けており、ロイエンタールは双璧の争覇に敗れた。 キルヒアイスがラインハルトの盾となって代わりにアンスバッハに暗殺された後、主を失ったバルバロッサはオーディンに曳航された。 バルバロッサは「赤髭」という意味で、中世欧州の地中海で暴れた海賊兄弟。 または神聖ローマ帝国皇帝フリードリヒI世の通称。

次の