弁護士 仕事 内容。 弁護士と司法書士、税理士等の業務の違い

弁護士秘書の仕事とは?気になる業務内容や実態に迫る!

弁護士 仕事 内容

みなさんは、弁護士の仕事というと、何をイメージしますか?テレビドラマの中の弁護士は、犯人に間違われている人を助けたり、罪を犯した人を弁護したりしていることが多いので、刑事事件の弁護人というイメージが強いかもしれません。 けれど、弁護士の仕事はそれだけではありません。 弁護士は、社会の中で起こるさまざまなトラブルを解決するために働いているのです。 弁護士の多くは、事務所(=法律事務所)に所属して仕事をしています。 事務所の規模はさまざまで、弁護士が一人しかいない事務所も数多い一方で、数百人の弁護士が所属している大きな事務所もあります。 ただ、法律事務所だけが弁護士の働く場所というわけではありません。 最近では、会社員として働く弁護士も数多くいます。 また、国や地方公共団体、国際機関などの職員として仕事をしている人もたくさんいますし、法律の知識をいかしながら、国会議員を務める人もいたりします。 一口に弁護士といっても働き方はさまざまで、それぞれの人が、自分に合った職場や働き方を選択し、働いているのです。 会社員や職員として働く弁護士の場合、仕事の進め方は、それぞれの職場によって違ってきます。 法律事務所に所属する弁護士の場合には、「法律相談」が仕事のスタートになります。 トラブルを抱えた人から話をよく聞いて、解決のためのアドバイスをするのです。 法律相談は、法律事務所で行うことが多いですが、各地の弁護士会、日本司法支援センター(法テラス)、市区町村役場・区役所などでも行っています。 法律相談のアドバイスだけではトラブルが解決しそうにないときは、裁判で決着をつけることまで見越して、その事件の処理を弁護士に頼むことになります。 さて、トラブルにも種類があり、大きく分けると、民事事件と刑事事件の二つに分かれます。 民事事件というのは、お金を貸したのに返してくれないとか、離婚や相続で争いになったとか、私たちの日常の生活の中で起こる争いごとのことです。 ここで、弁護士は、事件の一方の代理人となって、困っている人の手助けをします。 刑事事件は、罪を犯した疑いのある人(被疑者・ひぎしゃ)や罪を犯したとして裁判所に起訴(きそ)された人(被告人・ひこくにん)の捜査(そうさ)・裁判に関係するものをいいます。 ここでは、弁護士は、「弁護人」として、被疑者や被告人を弁護します。 民事事件をどう解決するかということや、刑事事件においてどう刑罰(けいばつ)を科すかということは、すべて法律に基づいて行われます。 法律は、私たちの自由や権利などを保障(ほしょう)し、ときには、権利と権利のぶつかり合いを調整する役割を果たしています。 弁護士は、この法律をしっかり学び、正しく使う専門家なのです。 弁護士は、「基本的人権を擁護(ようご)し、社会正義を実現すること」を使命としていて、法律の専門家として、人々の自由、財産、健康などの権利を守るとともに、不正が行われることのないように、社会を見守り、みんなが安心して暮らせる社会になるよう仕事をしています。

次の

弁護士の勤務先と仕事内容の違い

弁護士 仕事 内容

の仕事とは 弁護士は、司法試験を突破して国家資格を取得した法律の専門家であり、人々からの法律相談に乗ったり、依頼人に代わって相手方と交渉したり、裁判で争ったりすることがおもな仕事です。 私たちが暮らす日本は「法治国家」であり、多くの人々が快適かつ安全・安心に暮らし、また円滑に経済活動を行うために、さまざまな法律が整備され、それに基づいて国家が運営されています。 しかし、個々の権利や心情、利害関係などは複雑に絡み合っているため、たとえ望まなくても、法的トラブルに巻き込まれる可能性は誰にでもあります。 そうした問題が発生した際に、法律知識を駆使して事態の解決にあたるのが弁護士であり、扱う案件は民事事件と刑事事件の2種類に大別できますが、どちらも依頼人の利益を守ることが役割です。 弁護士法において「弁護士は、基本的人権を擁護し、社会正義を実現すること」が使命であると記載されている通り、弁護士はまさに社会正義のために働く職業といえるでしょう。 弁護士の業務の内容 民事事件に関する業務 民事事件は、個人間や法人間など、私たちの身の回りの生活上で起こるさまざまな争いに関する事件です。 お金を貸したのに返してくれない、離婚や相続で揉めた、交通事故に遭った、医療ミスが疑われるなど、案件の種類は多岐にわたります。 民事事件における弁護士の業務も、問題の深刻度合に応じてさまざまであり、法律についての助言だけで片付く場合もあれば、代理人として書面を作成したり、相手方と交渉を行ったりすることもあります。 話し合いでの解決が難しければ、最終的には訴訟を起こして裁判に持ち込み、法的手段での決着を図ります。 民事裁判における業務は、まず依頼人の希望を聴取すること、次に事実関係を調査して、依頼人に有利となる書類や証言などを集めること、そして裁判で依頼人の弁護を行うことです。 テレビドラマなどでは、よく法廷で熱弁をふるうシーンがクローズアップされますが、実際の民事裁判はもっと事務的であり、弁護士の仕事も証拠集めなどの準備作業が大半を占めます。 裁判によっては、訴状を提出して次回の期日を決めるだけで終わり、10分程度で閉廷となることも珍しくありません。 刑事事件に関する業務 刑事事件は、警察が介入し、刑法上の犯罪が対象となる事件で、暴行、傷害、器物破損、窃盗、詐欺、脅迫、わいせつ、賭博など、さまざまな種類があります。 刑事事件における弁護士は、罪を犯した疑いのある人(被疑者)や、罪を犯したとして検察に起訴された人(被告人)の代理人となり、事件を調査したり、検察官を相手に弁護活動を行うことが仕事です。 ただし、裁判ドラマから受ける一般的なイメージとは異なり、刑事事件を手掛ける弁護士は少数派です。 これは、 や検察官が、事件関係者などを強制的に調べられる強い権限を持っている一方、弁護士にはなんら捜査権が与えられておらず、事件の調査や証拠集めが非常に難しいということが影響しています。 また、被疑者や被告人の多くは、知り合いに刑事事件を得意とする弁護士がおらず、金銭的余力に乏しい人も少なくないため、裁判所が選定した「国選弁護人」に頼るケースが目立ちます。 しかし、憲法には「誰もが公平に裁判を受ける権利がある」と明記されており、罪の重さに対して不当な量刑が課されたり、えん罪が発生したりすることを防ぐため、弁護士の働きはきわめて重要です。 民事事件と比較すると、法廷で発言する機会も多くなりますので、刑事事件を扱う弁護士が少ないからといって、民事事件より仕事のやりがいが劣るというわけではありません。 さらに、近年では裁判員裁判制度が導入され、法律知識を持たない一般人に対しても、裁判の争点や被告人の言い分などをわかりやすく伝える力が求められるようになっています。 刑事事件を扱う弁護士は、民事事件を手掛ける弁護士とは求められるスキルがやや異なるといえるでしょう。 弁護士の役割 法律は、私たちの自由や権利などを保障しており、お互いの権利と権利がぶつかり合ったときには、その権利の範囲を調整するという機能も有しています。 民事事件をどのように解決するかということや、刑事事件の被告人に対してどのような刑罰を科すかということも、すべて法律に基づいて行われます。 しかし、法律は六法をはじめとして非常に分量が多く、またその内容もきわめて複雑で、一般人が理解することは困難です。 弁護士は、法律の専門家として、人々の生活をサポートするとともに、不正が行われることのないよう社会を監視し、誰もが安心して暮らせる世の中を構築していくことが役割です。 法律相談や代理人業務だけでなく、人権を守るための啓蒙活動を行ったり、講演会を開催したり、企業や地上公共団体の顧問になったりと、弁護士はさまざまなフィールドで活躍しています。 弁護士の勤務先・有名な企業 弁護士の勤務先として最も一般的なのは法律事務所です。 ただ、その事業規模はさまざまであり、所属弁護士数が300人~500人程に達する大手もあれば、数十人~100人未満の中堅どころ、弁護士1人で経営している小さな事務所もあります。 有名事務所としては、 ・西村あさひ法律事務所 ・アンダーソン・毛利・友常法律事務所 ・森・濱田松本法律事務所 ・TMI総合法律事務所 ・長島・大野・常松法律事務所 があり、それらは5大法律事務所と呼ばれます。 法律事務所は、それぞれに事業内容が異なっており、大企業を顧客に企業 を手掛けるところや、個人相手の離婚調停を得意とするところなど、一部の業務に特化しているケースが目立ちます。 法律事務所以外では、一般企業の法務部などに就職し、会社員として弁護士資格を生かす人や、大学・法科大学院で教授や講師となり、後進の指導にあたる人などが多いようです。 弁護士の仕事の流れ 弁護士の仕事は、トラブルや悩みを抱えた依頼者から法律相談を受け付けるところからスタートします。 問題の内容や原因、依頼者の要望、相手方の主張などを整理して、まずは当人だけで解決できるよう、法的なアドバイスを行います。 しかし、それだけでは事態を収拾することが困難であると判断される場合は、弁護士は依頼人と代理人契約を結び、相手方と示談交渉を行ったり、最終的には裁判を起こして法廷で争ったりします。 すぐに相手方と合意して和解が成立することもあれば、何年間もかけて高等裁判所や最高裁判所で戦うケースもあります。 問題が解決したり、裁判が結審すると、依頼人から弁護報酬を受領して、弁護士の一連の業務は完了となります。 弁護士と関連した職業 検察官 検察官は、検察庁に所属する であり、警察から送検されてきた被疑者を取り調べ、起訴するかどうかを判断することが仕事です。 刑事裁判においては、検察官は原告となりますので、被告人の代理人を務める弁護士とはしばしば法廷で争うことになります。 なお、一般的に検察官は と呼ばれることもありますが、検事という名称は、全部で5つある検察官の階級名のうちのひとつです。 裁判官は、弁護士・検察官と並ぶ三大法曹資格のひとつで、裁判を取り仕切り、判決を下すことが仕事です。 裁判官になる道は、司法試験に合格した後、司法修習を受けるまでは弁護士と同じですが、その後、所定の審査を受けなければなりません。 審査をパスするには、司法試験および司法修習においてきわめて優秀な成績を収めること、そして裁判官にふさわしい人格であると認められることが必要であり、職業に就くための難易度は弁護士を上回ります。 司法書士は、クライアントから依頼を受けて、不動産登記や商業登記など、法務局に申請する手続きを代行することがおもな仕事ですが、弁護士と同じく人々からの法律相談に応じるという役割もあります。 また、所定の研修を修了した「認定司法書士」については、弁護士と同じように、簡易訴訟において依頼者の代理人となり、法廷で争うこともできます。 司法書士・弁護士ともに法律系国家資格であり、業務内容や求められる知識は共通している部分が多いため、司法書士が法律事務所に勤めるケースもあります。

次の

弁護士の仕事内容

弁護士 仕事 内容

弁護士とはどんな仕事? 弁護士とは言わずと知れた法律の専門家 弁護士は、言わずと知れた法律の専門家で、依頼を受けて法律事務を処理することを仕事とします。 日本で最難関試験とされる司法試験に合格し、司法修習を無事に終えることで、資格を得ることができます。 以前は、短答式試験・論文式試験・口述試験の3段階の試験をパスし、司法修習の申し込みを行い、その修習を終え、所定の弁護士会に登録することで弁護士として活動できる、という流れでした。 しかし、司法制度改革が進められ、法科大学院設置と同時に試験制度も変わり、現在では、法科大学院を修了することで受験資格を得るか、予備試験に合格することで受験資格を得て、受験をするという流れとなりました。 依頼人からの依頼に基づき、法的サービスを提供 弁護士は、法律に関するトラブルを抱えている人や、トラブルが起こらないよう事前に対策を行いたいと考えている人などから依頼を受け、その依頼内容を的確にヒアリングし、適切な対応を行っていきます。 関係する分野は幅広く、民法や商法といった民事に関する分野、刑法といった刑事に関する分野、行政分野など、多岐にわたります。 依頼人の利益を最優先に活動 依頼を受けて、その依頼人のために業務を行うため、依頼人の利益を最優先に考えて業務を行っていくというのが基本となります。 それが弁護士の使命であり、弁護士業務の本質的な部分でもあります。 たとえ依頼人の希望を実現することが難しいような場合であっても、そのなかでいかに希望に近づけていくことができるかというのが弁護士としての本分であり、常に必要とされる姿勢となっています。 弁護士の具体的な仕事内容とは? 弁護士の多くが扱う民事事件 弁護士が関わる分野のなかで、多くの弁護士が業務対象としているのが「民事事件」です。 民事事件とは、私人間(「しじんかん」と読み、人と人同士の関係を指します。 )の紛争が対象となる事件で、たとえば、「貸したお金が返って来ず、その返還請求を行う」、「交通事故を起こされ、ケガを負わされたため、その治療費や損害賠償を請求する」、「支払われるはずの残業代が支払われず、その請求をする」、「利息を払い過ぎていたため、その過払い金の返還を請求する」といった、実生活に密着したものが内容となります。 関係する法律は、民法や商法、会社法など、様々なものが挙げられます。 買い物をする、私物を売る、家を借りる、アルバイトをする、クリーニングをお願いする、相続手続きをする、など、日常的に関わることの多い出来事が挙がります。 トラブルが起こらないに越したことはありませんが、様々な人やモノが関係するため、どんなに気をつけていてもトラブルは起こってしまいます。 それでも自分自身でトラブルを解決することができればよいですが、利害関係が複雑になればなるほど、自身での解決は難しいものとなり、そうなると専門家の力を借りるほうが自身のためになってきます。 そのようなときに活躍できるのが弁護士です。 民事のなかでも企業法務は特殊 商法や会社法に関するものも民事に該当しますが、この場合、一般個人同士の関係とは性質が異なります。 会社間の法律問題については特に「企業法務」と呼ばれ、専門性が非常に高いものとされています。 事件の大きさを金額で判断するのは適切ではありませんが、企業法務では億単位の金額が問題となることもあり、担当する弁護士としては一般民事の案件以上に責任感を強く感じるといえます。 そのぶん、着手金や報酬額が桁違いになることも少なくないため、高い年収を目指す人や、規模の大きな案件に携わることを希望している人は、企業法務専門の弁護士として活動するというケースが多くあります。 民事事件以外では刑事事件が主な取り扱い対象 民事事件以外では、刑事事件を担当することが多いです。 被疑者または被告人の弁護人として、無罪や適切な量刑が得られるよう、検察官と事実関係を争っていくというのが主な内容です。 刑事事件については、テレビドラマなどで頻繁に取り扱われるため、イメージしやすい人が多いと思います。 また、国民が重大事件の裁判に参加する裁判員制度が2009年に開始されたことで、刑事事件に注目が集まってきたことは事実です。 弁護士費用を支払うことが困難でも利用できる国選弁護人 こちらもドラマなどでよく取り上げられていますが、刑事事件については「国選弁護人」という制度があります。 弁護士費用は高額になることが多く、資金的な余裕がない人にとっては、弁護士などの法律の専門家から法的サービスを受けることが困難になってしまいます。 それでは弁護士制度が設けられた本質が薄れてしまうということで、弁護士費用を支払うことが困難な人であっても、国(裁判所)が選定した弁護人に自身の弁護を依頼することができ、基本的に弁護士費用を負担しなくて済むということが主な内容です。 弁護士の仕事のやりがい 民事でも刑事でもあらゆる分野でやりがいを感じられる 弁護士の仕事のやりがいとしては、依頼人が抱える悩み・トラブルを解決することができるという点が大きいでしょう。 自分で解決することが困難で、どうしても問題を解消・解決したいと考えているときに、担当した弁護士が自分のために精一杯動いてくれ、自分の希望どおりの結果を実現してくれたら、依頼人にとってそれ以上の喜びはありません。 また、以前から話題になっていることですが、たとえば痴漢冤罪といった、自分で心当たりがないにも関わらず犯罪者扱いをされ、一方的な取り調べののちに事実に反して自白してしまったために、その後の人生が真っ暗なものになったという許しがたい出来事が実際に起きています。 痴漢冤罪などは、犯罪行為をやっていないという証明(立証)が簡単ではなく、取調室という密室で連日取調べを受けることから、突然そのような状況に置かれた人が常に強い心で冷静にい続けることは非常に困難です。 そのようなときに、法律の専門家である弁護士が、自身の無罪を晴らすため、常に自分の力・支えになってくれ、二人三脚で無罪勝ち取りに向けて歩んでくれたら、非常に心強い存在であることは間違いなく、一生の恩人になるという例も少なくありません。 不安に押しつぶされそうな依頼人やトラブルをなんとか解決したい依頼人など、彼らのために全力で動き、依頼人の希望を全力で叶えた末に、依頼人から感謝の言葉を得られたら、それは何物にも代えがたい報酬といえるでしょう。 そのようなやりがいが、弁護士の仕事にはあります。 弁護士の仕事のまとめ 弁護士になる道は決して楽ではない。 しかし、やりがいは無限大 医師国家試験に並ぶ最難関試験である司法試験に合格することは、決して楽な道ではありません。 しかし、困難な道を進み、つらい修習を終えて晴れて弁護士になることができてからは、弁護士としての自分の使命を見つけ、その使命のもとに、依頼人のために全力で動くことで、依頼人から受け取る報酬以上に重みのあるやりがいを感じることができるでしょう。 現在、弁護士の数が増えてしまい、「弁護士では食えない」ということが言われることもありますが、依頼人の利益のために十二分に業務を行っている弁護士は、着実に実績を積み、多くの顧客を抱えることで、自身の弁護士としての使命に基づいた活動を続けることができています。 つらい道を乗り越えたからこそ、そのような人しか感じることができないやりがいがあるはずです。

次の