今リセマラすべきアプリ。 【浪人百剣】序盤攻略・リセマラ情報!課金するべきか解説!|スマホゲーム攻略隊

『最新2020版』神ゲーはリセマラすら面白い!最強のゲームアプリ30選

今リセマラすべきアプリ

ここから記事本編です! 早速、実際にゲームをインストールしてプレイしてみましょう。 アプリの容量が大きいのか、 ダウンロード・インストールに少し時間がかかりますね。 初回インストール時には世界観を表現する三種類の画像を確認できました。 初回インストールが終わると、 オープニングムービーが流れます。 布の繊維や人間の肌の質感が美しく、まるで映画のようですね。 スマホゲームでこれだけのムービーが見られる時代になったのだなぁと感心してしまいます。 物語のあらすじが英語のナレーションで入っているようですが、ごめんなさい、日本語字幕が欲しいです……。 雰囲気だけは、なんとなく伝わりました。 このオープニングは スタート画面の 「CG再生」から何度でも見ることができます。 ちなみにその下の 「画面設定」では エフェクトや解像度の細かい設定ができる本格仕様となっています。 ゲーム序盤の流れ それでは、サーバーを選択してゲームに入っていきましょう。 まずは キャラクター選択です。 最初に選べるキャラクターは3人。 弓を持った 「デスレンジャー」 斧を持った 「闘獣の王」 杖を持った 「氷の女 祭司」 それぞれに 持っている武器が違い、攻撃方法や操作感に差がありそうです。 「ゲームでその他のヒーローも獲得可能」とのことですので、好みのキャラを選びました。 名前を決めるとチュートリアル開始です。 オープニングだけでなく、ゲーム内のグラフィックも綺麗ですね。 さて、アクションゲームはあまり得意ではないのですが、大丈夫でしょうか。 左コントローラーで移動・方向操作、右のボタンで攻撃・スキル発動という感じですね。 よくあるタイプの操作方法なので、 普段あまりこういったゲームをやらない筆者でもすぐに慣れることができました。 しばらく進んだところで、少し強力なボスを発見! 倒すと 装備と金貨をドロップします。 クエスト目標を討伐すると 、ワープゲートが出現し、拠点へ帰ることができるようです。 拠点へ戻ったら、 拾った装備と金貨でキャラクターを強化し、次のクエストへ向かいます。 このように、 拠点とクエストの往復を繰り返しながらストーリーを進めていくのが基本の流れです。 ラジエルのリセマラについて リセマラは必要?不要? このゲームは キャラクターをガチャで引くタイプのゲームではありません。 装備も敵からドロップするものや、フィールドのオブジェクトを壊して入手したものを拾って使うので、 基本的にはリセマラはしないものとして進めて良いと思います。 リセマラの対象になるガチャ要素としては、一応 ペットのガチャがあります。 しかし、 ペットはキャラクターレベルを12まで上げなければ解放されず、 リセマラに辿り着くまでの時間が長いです。 そして、 アプリの容量が重く、インストールに時間がかかるのも難点です。 端末スペックに対する自信と時間があり、どうしても序盤から最高の状態でゲームを始めたい人は試してみるのも良いかもしれませんが、 効率の面から考えてリセマラはおすすめしません。 たしかにランクの高いペットは強力ではあるのですが、そこまでする必要性があるかというと微妙なところです。 ガチャ結果が多少悪かったからといって、 時間をかけて 再度インストールしキャラクターレベルを上げる作業をするよりは、 ステージの周回で レアな装備を拾った方が早く確実に強くなれると思います。 公式のストアに飛ぶので、そちらでDLしてください。 もし仮に気に入らなかったら、すぐにアンインストール出来ます。 ラジエル最強キャラクターランキング さて、ここからは ラジエルの最強キャラクターは誰なのかということについて触れていきましょう。 最初に選べるキャラクターは3人ですが、 現在実装されているキャラクターは5人いることがゲーム内のキャラクター情報から確認できます。 スタート時のキャラクター選択画面で「選ばなかったキャラクターも獲得可能」となっているので、いつ切り替えができるようになるのかと思ったら、 2体目はレベル56到達、3体目はアビス魔境ランク1の20階クリア……と、 すぐには解放できないのですね。 しばらくは同じキャラ使っていくという事を考えて、 自分に合ったキャラクターを選ぶことが大事なようです。 各キャラクターの位置づけとしては、次のようになっています 「デスレンジャー」ヴィルサーク 遠隔物理攻撃の射手。 攻撃力が高く、防御力が低い。 状態異常攻撃や回避を得意とする。 「闘獣の王」盤石 近接物理攻撃の戦士。 攻撃力と防御力が高い。 高いHPを活かし、正攻法で敵の中に斬り込んでいくスタイル。 「氷の女司祭」エレナ 遠隔魔法攻撃の魔法使い。 攻撃力が高く、防御力が低い。 シールドを生成して自分を守ることができる。 最初に選べるキャラクターはこの3人です。 この他、ゲームを進めていくうちに獲得できるようになる 「傀儡操縦師」のイサドラは 近接魔法系の召喚士、 「守衛騎士」のバイソンは同じく 近接魔法系のヒールタンクとのことです。 次は初期の3キャラを実際に触った感じから、キャラクターの操作感やおすすめポイントを紹介していきます。 「デスレンジャー」ヴィルサーク 遠く離れた位置からの攻撃で安全に敵を倒す事ができます。 防御力が低く設定されているため、敵に囲まれないうちに倒してしまうようにしましょう。 軽率にスキルを連打しているとMPがすぐになくなってしまう印象があります。 テクニックが必要で少し難しいイメージですが、 ボス戦での毒攻撃は便利です。 「闘獣の王」盤石 近づかないと攻撃が当てられないので、逃げ撃ちができません。 ですが、 頑丈なので敵のちょっとした攻撃は当たってもあまり気になりません。 攻撃力も高く、操作が単純なので初心者向きかもしれませんね。 「氷の女司祭」エレナ ヴィルサークと同じく、 離れた位置からの逃げ撃ちが可能です。 自分中心の円形範囲スキルが使いやすく、敵に囲まれても連打で切り抜けられる場面が多い印象です。 防御力は低めなのでボス戦などで懐に入られるとちょっとハラハラしますね。 最初に誰を選ぶべきか?最強キャラクターランキング ゲームを始めて最初に選ぶべきキャラクターで迷ってしまう方もいるのではないでしょうか。 このゲームは、 キャラクターごとの個性がしっかりしているため、 それぞれのキャラクターによって得意な戦い方が異なります。 明らかに強いキャラや弱いキャラというものは存在しないので、キャラクター選択は完全に好みの問題と言えます。 ですが、今回はランキング形式での紹介ということなので、部門を分けて順位をつけてみました。 頑丈さ部門 1位 盤石 2位 エレナ 3位 ヴィルサーク やはり 盤石のみ近接攻撃職という事もあり、 HPも防御力も他の二人とは全然違います。 続いて、 シールドが張れるエレナ。 ヴィルサークは回避型なので頑丈さとは対極となる戦い方が得意です。 攻撃部門 1位 盤石 2位 エレナ 3位 ヴィルサーク 一撃の重さについては 個々のスキルや育て方、装備の良し悪しによって 大きく変わってくるであろう部門ですので、 スタート直後の体感でのランキングとさせていただきます。 やはり 近接職である盤石は倒される前に敵を倒さなければならないので、殲滅力が高いなぁと感じます。 ヴィルサークは一撃が大きいタイプではなく、毒をあたえてじわじわとHPを削る戦い方ですのでここでのランクは低くなっています。 しかし、 ボス戦など攻撃を避けながら戦う場面では毒攻撃は非常に使いやすいと思います。 頭脳戦部門 1位 ヴィルサーク 2位 エレナ 3位 盤石 スキルで回避を高めたり、毒でダメージを与えたりと、大事な場面でMPが枯渇しないよう調整しながら 力押しに頼らない戦闘を楽しめるのがヴィルサークです。 対照的に 盤石は高い攻撃力と防御力でごり押しが可能なキャラクターなので、 通常攻撃の連打でもなんとかなってしまうところが長所でもあり短所でもあるところです。 まとめ 初期の操作キャラクターは、 一番考えることが少ないのは盤石で、 アクションが苦手な人はこちらから始めてみるのが良いかもしれません。 ただ、私には少し単調すぎる気がして、結局エレナに戻ってきました。 ヴィルサークはスキルを駆使して戦うキャラですので、 ややアクションに慣れている人には楽しいのではないかと思います。 このように、 人によって使いやすいキャラと苦手なキャラが分かれると思いますし、 後から解放される2人も初期の3人とは異なる特徴があるようですので、 ぜひ色々なキャラを試してみていただきたいです。 このゲームでは サーバーごとにキャラクターが作れるので、序盤で別のキャラを試したいときは別のサーバーを選択すると、データを消さずにお試しできますよ。 ラジエルは アプリの容量が重く、インストールに時間がかかるものの、その分本格的に作られたゲームだと思います。 キャラクターそれぞれに設定があり、メインのストーリーだけでなく、会話の合間に少しずつ見え隠れする バックグラウンドストーリーが気になります。 アクションがあまり得意でない筆者でしたが、 しばらく遊んでいるうちに引き込まれて夢中になっていました。 普段ゲームをよくやる人から初心者さんまで、ダークファンタジー好きな方はぜひ遊んでみてください。

次の

大三国志のリセマラ有無やガチャ当たりキャラランキング!

今リセマラすべきアプリ

アプリのアンインストール• アカウントの切り替え 正式にデータを消去するには、 運営会社へメールで申請しないといけないようです。 かなり面倒だし、自分のメルアドがバレるので、メールでのアカウント解約はおすすめしません! 配信が開始された現在では、サーバーが1つしか準備されていませんが、サーバーが増えたら サーバーごとにアカウントを作成できるようになるかもしれません。 リセマラが成功した方がいましたら、お問い合わせ欄からお知らせください! 新しい情報が入り次第、追記していきます! ガチャの排出確率 浪人百剣のガチャ排出は以下の通り。 ただし、SR以下の奥義は 分解して武魂を入手することができるほか、 奥義の限界突破をするための消費アイテムとして使います。 シリアルコードを入力してガチャ券をもらおう! Twitterでガチャ券10枚がもらえるシリアルコードが発行されています。 シリアルコードは 『yoyaku』です。 画面上にあるタブの右側に 『パック交換』でコードを入力すればOKです。 シリアルコードは有効期限は記載されていません。 ガチャ10連すればSRくらいは必ず出ると思います。 奥義には大きく2種類あります。 攻撃系奥義を2~3枚、防御系奥義を1枚入れておくことが基本となります。 攻撃系奥義 敵に向かって攻撃を発射する。 敵の攻撃と衝突したときは奥義力量値が高い方の攻撃が有効となる。 攻撃が成功したときHPを吸収したり、追加ダメージを与える効果もある。 防御系奥義 敵からの攻撃を軽減する。 HPを回復したり、奥義の消耗を減少させるなどの効果もある。 浪人百剣は課金するべき? 浪人百剣はゲーム中に課金通貨『金貨』が頻繁に入手できます。 ログインボーナスをはじめ、多数の報酬があります。 蝶々がヒラヒラしているマークのアイコンをタップして 報酬の取り逃しがないようにしておくとよいでしょう。 課金は中盤以降でOKだ。 2位 【 最新作RPG】 最強のアニマルを育成し、敵を殲滅させろ! 今一番アツいスマホゲーム間違いなし! 3位 【史上最強の三国RPG】 今まで語られることのなかった、新しき三国志のストーリー。 【神器】システムで課金勢を蹴散らそう! 4位 【キャラが可愛すぎる!】 楽しい学院生活で、女の子との絆を深めよう!奥深いバトルで激ハマりするユーザー多数! 5位 【放置系ゲームの王道】 MMO初心者でも無料で楽しめる!本当に放置してるだけで最強になります。

次の

【テラオリジン】リセマラするべき?ガチャ最強当たりランキング【TERA ORIGIN】

今リセマラすべきアプリ

あわせて読みたい リセマラの意味 リセマラとは「リセットマラソン」の略。 チュートリアル終了後にレアガチャを引き、納得のいく結果が出るまでアプリのインストールとアンインストール(リセット)を繰り返す行為を指します。 当たりが出るまでひたすら同じ作業を繰り返す行為がまるでマラソンを思わせる事から、この名が付きました。 リセマラのやり方 では実際のリセマラの流れを、『モンスターストライク(モンスト)』で解説していきます。 ゲームによって多少の違いはありますが、基本的な流れはどのゲームでも同じで、以下の通りです。 ストアからアプリをインストールする 2. ゲームを始める 3. チュートリアルをプレイする 4. プレゼントBOXから、有料アイテムやガチャチケットを受け取る 5. レアガチャを引く 6. ガチャ結果に納得できなければ、アプリをアンインストールして1. たとえば『実況パワフルプロ野球』シリーズの天才型選手の厳選や、『モンスターハンター』シリーズのレア素材獲得のためのクエスト周回、『デモンズソウル』の刃石マラソンなど。 ただしこちらが1ユーザーの1本のゲーム内で完結するのに対し、ソーシャルゲームのリセマラはリアルマネーが絡む、ダウンロード数に影響を与えるなど、事情はだいぶ異なります。 リセマラのメリット・デメリット 今では多くの人が何気なくやっているリセマラですが、さまざまなメリット・デメリットが存在します。 中にはメーカーの運営や利用規約に関わるものもあるので、ぜひ知っておきましょう。 メリット 強力なキャラ・お気に入りのキャラを無料で入手できる ソーシャルゲームで最も手軽に強くなる方法は、レアガチャで強力なキャラクターや装備を入手する事。 ただしそういったものは排出率1%以下などよほど運がない限り1発で引くのは不可能です。 ですがリセマラで粘れば、 強力なキャラやお気に入りのキャラを、実質的に無料で獲得できます。 運が良ければまた強力なキャラを入手できるという好循環。 運営側にとっては、「ユーザーに熱中してもらえる」メリットも 苦労して手に入れたものに対して、価値を見いだしたくなるのが人間の性。 リセマラも同様で、 「あれだけリセマラしたんだから続けてみるか」という心理が働きます。 運営側にとっても、ユーザーに長く遊んでもらえるというメリットがあります。 デメリット 時間がかかる 運次第ですが、1%以下の確率を引くために何十回もアプリのダウンロードとチュートリアルを繰り返すリセマラは時間がかかります。 しかもソーシャルゲームのデータ容量は少なくとも1GBはあるため、ダウンロード時間だけでもかなりの量に。 そもそも「マラソン」という名の付くあたりから、その道のりの長さが伺えます。 リセマラは厳選しだすとキリがないため、適度な所で切り上げるのが大切です。 通信量がかかるため、Wi-Fiや使い放題のプランが必須 先ほども触れましたが、ソーシャルゲームは 少ないものでも約1GB、多いものでは約5GBの大容量のデータです。 モバイルデータ通信でリセマラでもしようものなら、あっという間に通信制限(ギガ不足)に達してしまいます。 そのためリセマラには、Wi-Fiか通信量使い放題のプランが必須です。 サーバーへの負荷が大きくなる リセマラはデータのダウンロードを何度も繰り返すため、サーバーへの負荷が大きくなります。 それを何千、何万単位の人数で行えばなおさらです。 リセマラの有無に関わらず、サービス開始直後にサーバーへの過重な負担で運営が立ち行かなくなり、長期メンテナンスが必要となったゲームも少なくありません。 運営側にとっては、ユーザーがリセマラをする前提でサーバーを用意する必要があります。 正確なアプリダウンロード数がわからなくなる リセマラでは一人のユーザーが何度もアプリをインストールをするため、その分アプリダウンロード数が多くなります。 一方でApp StoreやGoogle Playでは重複ダウンロード数はカウントしていないと言われています。 そのためメーカー側の発表と、ストアで表示されたダウンロード数に齟齬が生じる事も。 現在では「リセマラで水増しされているのでは?」という認識がユーザーにも広がっていますが、メーカーから発表された数字が本当か疑わしくなるのは事実です。 出典: リセマラはやるべきか? 今や当たり前のように行われているリセマラですが、それは必須でしょうか? その疑問に対する答えは、リセマラをする目的によって異なります。 「攻略を有利にするため」のリセマラは重要ではない リセマラをすることで確かにスタート時点では有利になりますが、長期的に見れば攻略面ではさほど重要ではありません。 というのも5年ほどソーシャルゲームをプレイしてきた筆者の経験上、長く続けていればいつかは神引き(大当たり)することもあるし、100連してもお目当てのキャラが出ない事もあるからです。 リセマラの差は時間(と課金額)で埋まっていきます。 また最近のソーシャルゲームでは、全キャラ最高レアリティまで育成できたり、低レアリティでも一点特化で使いようがあったりと、ガチャの差がなるべく出ないよう設計されたゲームも少なくありません。 対戦要素があって、それこそ全国ランキングで1位になりたいなら話は別ですが、そうでもなければリセマラで何時間も苦労するより、早く本編を楽しむ方がおすすめです。 「お気に入りのキャラを獲得するため」ならば致し方ない面も 一方で「リセマラは絶対にしなくていい」と言い切れない理由もあり、それが「強さ目的」ではなく「キャラ目的」の場合です。 特に外部作品のコラボがきっかけでそのアプリを始める場合、なんとしてもコラボ作品のキャラが欲しいはず。 しかも コラボキャラは版権の都合上、コラボ期間中しか獲得できない可能性が非常に高いです。 運営目線で考えると課金して当てて欲しい所ですが、ユーザーの金銭事情を考えると、リセマラした方がお得と言わざるを得ません。 リセマラは禁止行為か? 中には「リセマラは禁止ではないか?」と疑問に思う方もいるはず。 筆者が確認した限りでは、明確に「リセマラ禁止」と打ち出しているソーシャルゲームは見当たりません。 メーカーとしても、リセマラが当たり前となった現状、禁止にするとユーザーが付かなくなると危惧しているのではないでしょうか。 半ば黙認状態にあるように見受けられます。 複数アカウントの所持は禁止とされている。 解釈次第ではリセマラも? 直接リセマラを禁止する規約は見かけませんが、 「一人のユーザーが複数のアカウントを持つこと」は多くのソーシャルゲームで禁止されています。 出典: アプリのインストールと削除を繰り返すリセマラが複数アカウントの保有に該当するかは際どい所ですが、 解釈次第では抵触し得る事は覚えておくべきでしょう。 なおこの規約に則ると、 リセマラの途中でそこそこ良い結果が出たら引き継ぎコードを発行するなどして保留し、さらにリセマラを続ける行為は複数アカウントの所持に該当するものと思われます。 リセマラが簡単・大変なアプリ 最後にリセマラが簡単なアプリ、大変なアプリを一例として3つずつ紹介します。 リセマラにかかる時間はゲームによってさまざま。 どういったものがリセマラに向いているのか、そうでないのか、参考にどうぞ。 リセマラが簡単なアプリ 3選 この素晴らしい世界に祝福を!ファンタスティックデイズ 『この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)』初のスマホRPG。 本作では チュートリアルをスキップして、いきなりレアガチャを引けるという、リセマラに優しい仕様となっています。 加えて初回10連は無料、10連分の有料アイテムと星4(最高レアリティ)確定チケットが配布されるため、1回のプレイで多くのガチャを引けるのもポイント。 星4の排出率も4%と比較的高めです。

次の