皇族 殺人。 天皇制は、皇族殺しの藤原氏が日本を支配するための道具: 清和源氏心実流 旗挙げ!

もし、天皇が一般国民に殺されたら・・・

皇族 殺人

皇室に関するいろんな噂話と情報かく乱工作 先月末まで 悪徳業者と交渉していたので、敢えてブログの更新を止めていました。 2か月かかりましたが無事返金させました。 この件につきましては別の機会に公開しようと思います。 それと表ブログの更新に追われて余裕がなかったのもあり、ここは放置していました。 それぞれのブログは現時点においては別々にする方が都合が良いという事でマイペースで運営していますが、時期が来ればそのうち1つにまとめるかもしれません。 本来ならば動画も作りたいのですが、今はそこまでは手が回りません。 元々ユーチューバーをしており、チャンネル登録者数がそこそこあるので、情報拡散に使えるかなぁと考えて一応残していますが、動画の内容が・・・・なのでごっそり作りかえようかと思案中です。 皇室に関してはいろいろな方々が情報発信をしていますが、内部抗争が激しいらしく対立する様々な情報が錯綜していて真相がわかりにくい状況です。 ここでは私の憶測と妄想も含めて、様々なデータを元にその中の一部を取り上げながら、検証していこうと思います。 皇室といえば5月1日に新天皇の即位で話題になっています。 それとは別に眞子さまと小室圭氏の事とか、天皇礼賛キャンペーンとか非常にくっだらない話題を朝鮮半島系マスコミが必死に情報工作しています。 以前、たまたま見つけたある秋篠宮家の情報暴露系ブログと、嫌韓系動画の運営者が同じである事に気づきました。 どう見ても趣味とか副業ではなく本格的な「お仕事」としてやっているんだろうなとも思えるような、素人とは思えないなかなかのクオリティーなのです。 皇室に関する暴露情報はたくさんありますが、それをざっくりと分けつつ説明していきますね。 皇室、多分すべての皇族にあるであろう影武者説 世の中にはそっくりさんというのが存在するようですが、意図的にしているとか何とか。 影武者説に関しては下記のブログがかなりわかりやすいのでご覧ください。 保守系皇室ブログ・でれでれ草 影武者を用意するのはどうしてでしょうね。 暗殺を防止する為でしょうか。 それとも善人アピールの為に公務とやらをしていると疲れるから、適度に休みが欲しいという事で敢えてそうしているのでしょうか。 その影武者の人たちの人件費や衣装代なども当然国民の血税から出ていると思われますので、本当に無駄でしかないですね。 それから皇太子は影武者以外にも整形説もあります。 美智子皇后にはどす黒い伝説もありますね。 より詳しく知りたい方は下記のブログ記事を片っ端からご覧ください。 保守系皇室ブログ・でれでれ草 そして、今回取り上げる 眞子さまの影武者の事は下記のブログ記事をご参照ください。 保守系皇室ブログ・でれでれ草 眞子さまにも 影武者がいるのは間違いないと私も思います。 明らかに別人だと思われている人が時々入れ替わっているなという事を感じますので。 影武者だろうと思われる人も朝鮮顔なのでぱっと見わかりにくいですが、よく見ればいろいろと粗が出てくるなーと感じます。 結婚問題で小室圭氏との事が何かと話題になっていて、ブログや動画などでたくさんの情報が流れています。 例えば 恋愛結婚がどうのこうのとありますが本当でしょうか。 ただの演出の一つに過ぎないのではないでしょうか。 結婚がなかなか思うように進まない、眞子さまが可哀想だとか 清楚だとか、 皇室に対するありもしない国民の関心とやらを 演出しようと必死なだけではないのかと思ってしまいます。 そもそも国民の関心は結婚できるかできないかという事ではなく、 国民の血税が無駄に使われているのが嫌なだけでしょう。 さらに眞子さまが結婚に伴って受け取るといわれている『一時金』、一億円以上の支度金なるものの行方が気になって仕方がないだけだと思います。 小室圭氏親子が晒し者となってかなりバッシングされていますね。 どれを見ても 悪いのは小室圭氏親子 眞子さまは世間知らずのお嬢様で小室圭氏親子に騙されている 被害者 という構図になっています。 本当でしょうか。 普通の神経を持ち合わせている人間ならば、ここまでバッシングされたら精神を病むと思うのです。 いくら反日朝鮮半島系の人だからといってもそこまでは強くないかと思います。 圭氏の母親の佳代さんの人格攻撃がされていますが、それ自体が演出でしかないように見えます。 そのような演出に加担する時点で何らかの利益は得ていると思いますし、まともな思考をもつ人間ならこのような非常識な言動はしません。 詐欺師が被害者を装う事で自分の身を守るのは、常套手段の一つでもありますね。 もしかしたら、小室圭 氏と眞子さまの結婚騒動は、秋篠宮家が小室圭氏親子と予め契約した上で、 悪事を 隠蔽する為の 自作自演工作なのではないかと私は考えています。 秋篠宮家の情報暴露 スキャンダル をしているブログと動画 16年前位に話題になった未解決の プチエンジェル事件というのがありました。 若い世代だと知らない人も多いかもしれませんが、かなりインパクトのある事件でしたのでそれなりの世代の人なら大抵は知っていると思います。 下記のウィキペディアやサイト記事をご参照ください。 どこまで本当の情報が出ているのは知りませんが、女子高生数人を雇って小学生の女の子に猥褻な行為や売春をさせていたという酷い話です。 犯人は一人だという設定になっていますが、それはカモフラージュに過ぎず本当は組織的な犯行だったのではないかという説が濃厚なようです。 犯人が自殺した事やいきなり捜査そのものを不自然な形で打ち切ったという、怪しさ満点の事件とも言われています。 そして実は、この事件ともう一つの未解決事件が絡んでいるのではないかという説もあります。 下記の2つのまとめ記事がわかりやすいのでご参照ください。 厚別区殺人事件 不可解な被害者の言動や犯人だと疑われていた男性の死など、真相は結局わからずじまいという謎だらけの事件です。 そして、それらの2つの事件の真相ではないかと思われる情報を、下記のサイトが皇室である秋篠宮家のスキャンダルに絡めて、別の視点かつ独自の理論と情報で解説しています。 皇室問題分析室 一見、インパクトのある読みにくいサイトでいろんな意味でかなり強烈な内容ですが、話の辻褄は合うのでそうかもしれないと思えるような内容でもあります。 簡単にザックリと表現すると、自由奔放な眞子さまのお遊びの後始末をする為に 何の罪もない眞子さまに容姿が似ていただけの 無関係な一般人が、巻き込まれて殺されたのが 厚別区殺人事件。 当時、眞子さまと 同じ年頃の小学生が犯罪に巻き込まれたという事件をでっち上げる事で、眞子さまを含む皇室の悪事を隠蔽しようとしたのが プチエンジェル事件。 上記のサイトの情報が仮に正しいとすれば、どの事件も マスコミが流すイメージとはかけ離れた自由奔放な眞子さまや皇族方のお遊びを誤魔化し隠蔽工作する為に 捏造と でっち上げによって 事件化されたという事になりますね。 皇室には派閥闘争がお盛んらしいと思われる状況がある 先ほど紹介しました皇室関連の記事が満載のブログとサイトについて考察していきます。 これらの2つのブログやサイトは 美智子皇后と 秋篠宮家を 貶めるような内容がメインに書かれています。 ざっと目を通しましたが、皇太子一家の事を貶めるような記事は見当たりません。 あと、この動画も運営者は違うと思いますが、やんわりと秋篠宮家を貶めるような表現をされています。 これらのブログと動画は 皇太子一家を 中心とする 天皇制度を 支持しているようです。 他にもたくさんありますがキリがないのでここでは省略します。 それぞれの皇族の名前で検索するとたくさん出てきますので、興味のある方は調べてみてください。 それとは逆に 皇太子一家の事を貶めるような記事と 秋篠宮家を持ち上げる記事を書いたブログもたくさんあります。 その中で有名で分かりやすいものを紹介します。 BBの覚醒記録 どれもかなり有名なブログで、愛国を主眼に 美智子皇后を含めた反日工作をする朝鮮半島系の勢力を目の敵にしており、 秋篠宮家を持ち上げています。 これらは 秋 篠宮家 を 中心 とする 天皇制度 を 支持しているようです。 このような感じで皇室ではマスコミや工作員を雇っての派閥闘争が繰り広げられていますね。 次は、これらのブログの中で、 特に手が込んでいると思われるブログとその宣伝動画を紹介します。 嫌韓と愛国日本人のように見えるが実は在日朝鮮半島系の人? 私がこれは特に異質だなと感じたブログが となります。 ブログ内にリンクが貼られていた動画が下記になります。 このブログの運営者は以前、ブログ記事の内容の一部を宣伝する為の動画もUPしていましたが、数か月位も経たないうちに削除されていました。 内容が内容だけに削除は免れない事だったのかと思います。 そしてその宣伝動画をきっかけに知るようになったのが、下記の複数の動画になります。 2019年10月21日追記 現在は休眠中や削除、チャンネル名変更となっています。 一通り視聴しましたが、同じ人が運営しているのではないかと私は思っています。 今は削除されているっぽいですが、動画の構成に共通項があり同じキャラを使っていましたので。 と カッパえんちょーRe 動画 は休眠中になっていました。 ので、 をご参照ください。 これらの動画を併せて視聴すれば、運営者が同じ人物だとお分かりいただけるかと思います。 そしてこの運営者に関しては単に雇われた工作員ではなく、それなりの血筋の人のような気もします。 嫌韓ネタを扱っていますが、それはあくまでも日本人の興味関心を引き付けて、視聴者を効率よく集める為の手段と演技なのではないかとも思います。 この方には、ところどころ朝鮮半島系の人っぽい特徴があります。 話し方はこなれていますが外務省に問い合わせる時に、回りくどいネチネチした言い回しの話し方とその内容を聞いていると、彼が日本人だとは私にはとても思えません。 鳩のように素直な多くの日本人は、ある程度真実が含まれていたら、その動画で言っている内容が全て正しいに違いないと思ってしまいがちです。 実際には所々間違った情報が入り混じっています。 これは 多くの 真実の中に少しの嘘の情報を混ぜる事で、その情報の全てが正しいのだと相手を信じ込ませ、洗脳して騙す。 という詐欺師のお決まりの手法だと思います。 例えば、この人。 東出融氏。 この東出融氏と話し方が結構似てると思うのです。 あくまでも私の感覚でしかありませんが、彼には東出融氏と同じような邪気を感じるのです。 彼も真実と嘘を混ぜて正しい情報であると装い、実際に詐欺を働いた事があります。 実は東出融氏は天皇家と親戚関係にあります。 そして、彼の息子の東出風馬 氏はMacのCMに出演しています。 動画 どう考えても特に際立った実績や名声もないのに20歳前後の若さでこの役割を得るには、余程の人脈やコネがないと難しいと思います。 皇室が権力闘争と隠蔽工作に必死な理由とは 現代社会では何故か天皇が日本の象徴として崇められている風潮があります。 まるで天皇が神様のようにヨイショされ持ち上げられていますが、実際に天皇が何らかの形で日本の繁栄の為に貢献しているかというと、それらしき功績が具体的には見受けられません。 あくまでもマスコミや工作員がテレビや新聞、インターネット上のニュースサイトやブログなどのSNSで工作活動して演出して、天皇がいるから今の日本があると 言っているだけにしか思えません。 天皇のお祈りや儀式や公務などをしているから日本が反映しており、守られているのだなどという 意味不明な説も出回っていますが、現実の日本は格差社会が拡大し、多くの一般国民が貧困化しています。 どう考えても繁栄とは程遠い状況になっているぞと感じるのは私だけではないと思います。 大多数の日本国民が知りつつありますが、天皇家は決して日本の為のお祈りをしたり公務を行っているのではありません。 表向きはにこやかな表情でいかにも人格者のような設定となっていますが、実際のところは昔から現在に至るまでとことん悪事を行い国民から搾取し暴利を貪っているのです。 そして、皇室や旧皇族とその関係者らは自分たちの地位や名誉、贅沢三昧な暮らしを保持する為の隠蔽工作に必死なのです。 私が紹介したブログや動画は極一部だけであり、ネットで検索すればかなり多くの皇室に関する情報が出回っています。 いろいろな人がSNSやニュースサイトなどで情報を拡散していますが、それらの情報はよくわからない根拠に基づくものが大半であり、相反する様々なデマとしか思えないようなものも多いです。 中には洗脳されただけの一般国民も混ざっているのかもしれませんが、それらは基本的には 生長の家や創価学会系の新興宗教、 日本会議等の勢力に雇われた工作員が拡散したものが大半だと思います。 皇室では 誰がトップになるかといった感じで、内部で常に派閥争いがあり、その工作活動の為に国民の血税を使って様々な工作員を雇い情報かく乱をしているというのが真相でしょう。 その状況はRAPTブログに詳しく書かれてあるので、お読みいただければよく理解できると思うのですが、情報量が膨大なので人によってはそれを読破する余裕がない人も多いと思います。 そのRAPTブログをわかりやすく解説している、 この世のカラクリCh. さんの動画がありますので、是非ともこれを全部ご覧いただきたく思います。 それ以外にも興味のあるところからRAPTブログの記事を読み進めていけば、この世のカラクリがよりわかりやすくなると思います。 この動画をご覧いただければ、私がどうして皇室が 未解決の 厚別区殺人事件と プチエンジェル事件に 関わっている可能性が 非常に高い と考えるに至ったのかをご理解いただけるかと思います。

次の

皇室と未解決の厚別区殺人事件とプチエンジェル事件

皇族 殺人

藤原氏による殺人天国、脅迫天国。 それが天皇制。 皇族を蔑んで暗殺してきた藤原氏が、日本人を騙して支配するためにやっているのが天皇制。 天皇制とは一言で言って、藤原氏が人を殺すことを許す制度だ。 天皇制がある限り、藤原氏は皇族や一般人などをどれだけ殺しても、天皇制既得権益者から隠蔽してもらえるし、許されるのである。 天皇制は、皇族殺しで悪名高い藤原氏と天皇制既得権益者がグルになってやっている、今すぐ廃止すべき、世界で最も忌まわしい制度の一つである。 日本でも、北朝鮮の独裁政権に問題があると指摘する人は多いが、それらの人達の中で、肝心の自国の天皇制に問題があると指摘できる人は一体どれだけいるのだろうか。 他国のことも大事は大事だが、それよりも、まず第一に、自国のことをしっかりとしなければならないのに。。。 もし宮内庁が天皇を暗殺したら、どうなるか。 大問題になるか? いや、ならない。 天皇制既得権益者に暗殺の事実をなかったことにしてもらえる。 もし宮内庁が皇后を暗殺したら、どうなるか。 大問題になるか? いや、ならない。 天皇制既得権益者に暗殺の事実をなかったことにしてもらえる。 もし宮内庁が皇太子を暗殺したら、どうなるか。 大問題になるか? いや、ならない。 天皇制既得権益者に暗殺の事実をなかったことにしてもらえる。 もし宮内庁が皇太子妃雅子さんを暗殺したら、どうなるか。 大問題になるか? いや、ならない。 天皇制既得権益者に暗殺の事実をなかったことにしてもらえる。 もし宮内庁が愛子さんを暗殺したら、どうなるか。 大問題になるか? いや、ならない。 天皇制既得権益者に暗殺の事実をなかったことにしてもらえる。 藤原氏は、孝明天皇、睦仁親王、井上皇后、他戸皇太子を暗殺した。 暗殺の事実はなかったことにされた。 藤原氏は昭和天皇の暗殺を考えていた。 それも全然、大問題にされたことなどない。 藤原が皇族の暗殺を考えることなど、日常茶飯事なのである。 別に珍しくもないことなのである。 それが天皇制の実体だ。 だから、ここ2~3年のことだが、「愛子さんが宮内庁に命を狙われた事件が起きたが、未遂に終わり、宮内庁はお咎めなしで、なかったことにされた」という噂があったことが気になる。 藤原氏こと宮内庁は皇族を暗殺する特権を持っている。 天皇制は、藤原が皇族を暗殺する特権を持っている前提の上に成り立っている制度だ。 だから、心配だ。 藤原にとって都合の悪いことを言う一般人の命も危ないし、藤原氏に嫌われている皇族の命も危ない。 どちらも藤原氏に脅かされる。 それが天皇制だ。 天皇制は、皇族暗殺で悪名高い藤原氏が、皇族を上から目線で支配しながら、自分の特権のために日本人を騙してやっている制度なのだから。

次の

皇室と未解決の厚別区殺人事件とプチエンジェル事件

皇族 殺人

Photo by GettyImages 新幹線を使う時は東京駅から出発するが、そこでも象徴的な相違がある。 第17代東京駅長の木下秀彰氏が解説する。 「天皇陛下、皇太子殿下の場合、『御料車』(皇族のための車)で駅まで来て、それを駅長が出迎え、丸の内の正面玄関の入り口から、乗り場に繋がる『貴賓通路』へと案内します。 赤絨毯が敷き詰められた100mほどの地下通路で、両陛下と皇太子ご夫妻、そして国賓しか利用できません。 頻度は少ないですが、出発までの時間がある時は貴賓室を利用します。 『松の間』と『竹の間』があり、前者には両陛下しか入れない。 両陛下と皇太子殿下が一緒にお越しになった時も、別々に過ごすことになる。 松の間は20~30畳ほどで、陛下専用の椅子が置いてあり、正面には横山大観の『富士に桜』という絵がかかっていた」 飛行機はどうか。 デンマークに行く時、皇太子は政府専用機を貸し切った。 これは天皇が海外に行く場合と同じだが、国内で飛行機を使う際には、大きな差が出る。 「天皇陛下は、ANAかJALの小型機を貸し切ります。 その機が羽田空港の貴賓室のすぐそばにつけ、陛下が乗り込むのです。 皇太子殿下の場合は一般客と同じ便を使う。 貴賓室から黒塗りの専用車で、客が搭乗し終わった機に向かい、ファーストクラスに乗る。 興味深いのは、天皇陛下の場合、利用する航空会社の社長が同乗する例が多いこと。 『万が一事故があったら命をもって償う』ということなのでしょう。 それだけ陛下の命を預かるのは重いことなのです」 海外に行く際、天皇と皇后だけが慣例に従ってパスポートを必要としないことも特別な待遇のひとつだろう。 皇太子を含む皇族は、一往復限定のパスポートをその都度発給されている。

次の