ハンター ウイルス。 【緊急警告】第2の新型コロナか、 致死率50%「ハンタウイルス」で中国人が死亡! 当局も極秘始動… ヤバすぎる事態が進行中!

中国雲南省で新たな殺人ウイルスが! 「致死率50%」「24時間以内に死ぬ」

ハンター ウイルス

ハンタウイルスを媒介するネズミ(写真:CDC) の抑え込みに成功したとされるで、別の感染症が報告され、騒ぎになった。 雲南省臨滄市の健康委員会は、3月23日、出稼ぎに出ていた男性労働者が、を媒介とする「ハンタウイルス」に感染し、発症からわずか3時間ほどで死亡したことを報告した。 バスで移動中に具合が悪くなったとされ、発熱の症状がみられる同僚2名も検査に回っている。 このニュースを受け、ツイッターでは《コロナより糞やべぇ》《3時間後に死ぬとか映画やん もうやめてくれ》などのツイートが流れたが、ハンタウイルスとは、一体どういった病気なのか。 医学博士で、WHO諮問委員を務めたこともある左門新氏がこう語る。 「ハンタウイルスによる疾患には、実は2種類あります。 先日中国で発生したのは、アジアや欧州で確認されている腎症候性出血熱と呼ばれるもの。 もう一つは、主に北南米で確認されているハンタウイルス肺症候群です。 どちらも、基本はネズミのようなげっ歯類の糞尿や唾液から飛沫感染するんですが、致死率が格段に違う。 前者は6~15%程度と、そう高いとも言えないレベルですが、後者は36%。 これは感染症のなかでも、かなり高い数値といえます」 今回、雲南省で起きた事例は、前者の「腎症候性出血熱」だ。 症状としては、突然の発熱や頭痛、顔面紅潮、点状出血など。 その後に重症化すると、腎臓への障害が起こり、腎不全に至る。 「雲南省で起きたのは、重症化して腎不全に陥ったケースです。 ただ、多くの人はそこまで至らずに治ります。 ハンタウイルス自体は特に新しいものではなく、中国でも毎年4万人程度の感染者が出ています。 有効なワクチンも開発されており、パンデミックの心配は特にないと言っていいでしょう」(左門氏) ハンタウイルス感染症は、日本では1970年代以降、確認されていない。 しかし、新型コロナ以外にも警戒しなければいけない状況は、日本も中国と変わらない。 東京都感染症情報センターでは、東京都における各種感染症の患者数が各週ごとに公開されている。 これを見ると、新型コロナの裏で、さまざまな感染症がはびこっていることがわかる。 2019年12月30日から2020年4月12日までの累計を見ると、当然最も人数が多いのは「新型コロナウイルス」の2249人だが、次いで多いのは「結核」の700人だ。 新型コロナほどではないが、2020年が始まってわずか3カ月半と考えると、決して少なくない印象を受ける。 以下、「梅毒」363人、「百日咳」179人、「エイズ」91人、「侵襲性肺炎球菌感染症」84人、「E型肝炎」52人、「アメーバ赤痢」42人と続く。 人数は少ないが、「コクシジオイデス症」「ジアルジア症」など聞いたこともない病気も並んでいる。 当たり前だが、怖いのは新型コロナウイルスだけではない。 必要な予防策はそれぞれ異なるが、手洗い・うがいなどの基本を丁寧に続けていくしかない。

次の

中国ではハンタウイルス…東京でもコロナの陰に数々の感染症が

ハンター ウイルス

感染症法に基づく医師及び獣医師の届出について 28 ハンタウイルス肺症候群 (1) 定義 ブニヤウイルス科、ハンタウイルス属の新世界ハンタウイルス(シンノンブレウイルス等)による急性呼吸器感染症である。 (2) 臨床的特徴 前駆症状として発熱と筋肉痛がみられる。 次いで咳、急性に進行する呼吸困難が特徴的で、しばしば消化器症状及び頭痛を伴う。 頻呼吸、頻拍の出現頻度が高い。 半数に低血圧等を伴う。 発熱・悪寒は1〜4日続き、次いで進行性呼吸困難、酸素不飽和状態に陥る(肺水腫、肺浮腫による)。 早い場合は発症後24時間以内の死亡も頻繁にみられる。 肺水腫等の機序は心原性ではない。 X線で肺中に広範な滲出液の貯留した特徴像が出る。 致死率は40〜50%である。 感染経路としては、 1 ウイルスを含む排泄物(尿、便)、唾液により汚染されたほこりを吸い込む(これが最も多い)、 2 手足の傷口からウイルスに汚染されたネズミの排泄物、唾液が接触して入る、 3 ネズミに咬まれる等である。 媒介動物は、米国ではシカシロアシネズミが、南米ではコットンラットがウイルス保有動物として最も一般的である。 ウイルスを媒介するこの群のネズミは米国、カナダ、中南米(チリ、アルゼンチン等)にも存在する。 このネズミとウイルスは日本では見つかっていない。 (3) 届出基準 ア 患者(確定例) 医師は、(2)の臨床的特徴を有する者を診察した結果、症状や所見からハンタウイルス肺症候群が疑われ、かつ、次の表の左欄に掲げる検査方法により、ハンタウイルス肺症候群患者と診断した場合には、法第12条第1項の規定による届出を直ちに行わなければならない。 この場合において、検査材料は、同欄に掲げる検査方法の区分ごとに、それぞれ同表の右欄に定めるもののいずれかを用いること。 イ 無症状病原体保有者 医師は、診察した者が(2)の臨床的特徴を呈していないが、次の表の左欄に掲げる検査方法により、ハンタウイルス肺症候群の無症状病原体保有者と診断した場合には、法第12条第1項の規定による届出を直ちに行わなければならない。 この場合において、検査材料は、同欄に掲げる検査方法の区分ごとに、それぞれ同表の右欄に定めるもののいずれかを用いること。 ウ 感染症死亡者の死体 医師は、(2)の臨床的特徴を有する死体を検案した結果、症状や所見から、ハンタウイルス肺症候群が疑われ、かつ、次の表の左欄に掲げる検査方法により、ハンタウイルス肺症候群により死亡したと判断した場合には、法第12条第1項の規定による届出を直ちに行わなければならない。 この場合において、検査材料は、同欄に掲げる検査方法の区分ごとに、それぞれ同表の右欄に定めるもののいずれかを用いること。 エ 感染症死亡疑い者の死体 医師は、(2)の臨床的特徴を有する死体を検案した結果、症状や所見から、ハンタウイルス肺症候群により死亡したと疑われる場合には、法第12条第1項の規定による届出を直ちに行わなければならない。 検査方法 検査材料 分離・同定による病原体の検出 血液、肺組織材料(生検、剖検による新鮮・凍結組織) PCR法による病原体の遺伝子の検出 間接蛍光抗体法又はELISA法によるIgM抗体若しくはIgG抗体の検出 血清.

次の

ハンタウイルス肺症候群

ハンター ウイルス

概要 [ ] 1993年にアメリカで初めてHPSの原因ウイルスであるSin Nombre virus(名無しウイルスという意味)が同定されて以来 、2000名以上のHPS患者が報告されており、多くのHPS関連ハンタウイルスが見つかっている。 原因ウイルスは、北アメリカ大陸では主にSin Nombre virus、南アメリカ大陸では主にAndes virusのグループである。 ハンタウイルスの種によって病原性が異なり、基本的にはからヒトへの感染は無く、ウイルスを保有した齧歯類からの感染であるが、南米のAndes virusのある株はヒト-ヒト感染を起こして問題となった。 ウイルスの種類と致死率 [ ] ブニヤウイルス科ハンタウイルス属に属するハンタウイルスのうち、南北アメリカ大陸に存在する新世界ハンタウイルスの一部がHPSを引き起こす。 代表的な新世界ハンタウイルス• Black Creek Canal virus• Bayou virus• Rio Segundo virus(病原性不明)• Cano Delgadito virus(病原性不明) 上記のもの以外にも、多くの新世界ハンタウイルスが種としてICTV()に登録されている。 症状 [ ] 初期症状はの症状に似ており、、筋痛、、、、下痢、倦怠感がみられ、関節痛、背痛、胸痛、腹痛、咳、咽喉痛、頭痛などが見られることもある。 臨床的には以下の5つのフェーズに分けられている。 潜伏期• 前駆症状期• 心肺症状期(多くの患者がこの時期に死亡する)• 利尿期• 回復期 HPSは急激に症状が悪化することが知られており、を伴う呼吸困難を引き起こす。 最終的な死因は肺水腫ではなく、心原性ショックとされている。 現在、や有効な治療法は確立されておらず、対症療法にとどまる。 検査所見 [ ] 検査所見としては減少、増加、濃縮が特徴的である。 Sin Nombre virus感染患者の病理学的検査により、肺、腎臓、心臓、脾臓、膵臓、リンパ節、骨格筋、腸、副腎、脂肪組織、膀胱、脳を含むさまざまな臓器にハンタウイルス抗原が分布していることが確認されている。 脚注 [ ]• この発見の経緯はテレビで取り上げられた。 [ ] 参考文献 [ ]• Levis S et. ,Hantavirus pulmonary syndrome in northwestern Argentina: circulation of Laguna Negra virus associated with Calomys callosus, 2004, American Journal of Tropical Medicine and Hygiene• Khaiboullina SF et. , Hantaviruses: molecular biology, evolution and pathogenesis, 2005, Current Molecular Medicine• Bi Z et. , Hantavirus infection: a review and global update, 2008, Journal of Infection in Developing Countries• Jonsson CB et. , A Global Perspective on Hantavirus Ecology, Epidemiology, and Disease, 2010, Clinical Microbiology Reviews• 、国立感染症研究所公式サイト(2009年6月13日閲覧)。 CDC. USA(2009年9月28日閲覧) 関連項目 [ ]• - 過去、で流行した謎の感染症で、ハンタウイルスが原因ではないかと疑われている。 - 沖縄県出身者が移民入植したので1954年に流行した原因不明の病気。 15人が死亡し、ハンタウイルスが原因ではないかと疑われている。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の