つるむらさき 育て 方。 つるむらさき育て方の8ポイント!食べ方も指南!

つるむらさきの収穫の時期はいつ?タイミングの見分け方や収穫方法、保存方法も!

つるむらさき 育て 方

「つるむらさき」の上手な選び方・保存方法・食べ方を知っていれば、旬の野菜を美味しく食べられます。 「つるむらさき」を生で食べることが出来れば、サラダなども楽しめますね。 「つるむらさき」は名前の通りに紫色のものと緑色の品種があります。 紫色の種類は花が美しいので観賞用に栽培されることもあります。 「つるむらさき」を漢字表記すると「蔓紫」になります。 東南アジア原産の野菜です。 つるむらさき(蔓紫)は葉と茎を食べます。 味はホウレンソウに似ていてモロヘイヤにやや似た独特のぬめりや粘り気があります。 中華料理では炒め物・ベトナムではスープ料理に使うことがあります。 日本料理では主に沖縄で栽培されています。 沖縄での名前は地紅(じゅびん)で、島野菜の一つになっています。 沖縄では、おひたし・味噌汁などの具に使われています。 つるむらさき(蔓紫)の栄養価はホウレンソウよりも優れているとされています。 ビタミン類やミネラル類や食物繊維を多く含むので、健康・美容におススメの野菜です。 次に、つるむらさきのこと・つるむらさきの食べ方・つるむらさきを生で食べる方法を紹介します。 つるむらさき(蔓紫) つるむらさき(蔓紫)は夏の葉物野菜として食べている人も多いと思います。 土の香りとヌルヌルした食感があるので苦手な人も多いようです。 しかし、つるむらさき(蔓紫)にはホウレンソウに勝る栄養成分が含まれています。 つるむらさき(蔓紫)の美味しい食べ方を知っていれば、美味しい野菜を食べて健康・美人になれますね。 つるむらさき(蔓紫)に含まれているビタミン類・ミネラル類・食物繊維を効率よく摂取しませんか。 ミネラル類で多いのはカルシウムやマグネシウムです。 次に、つるむらさき(蔓紫)の食べ方やつるむらさき(蔓紫)を生で食べる方法を紹介します。 つるむらさき(蔓紫)の食べ方 つるむらさき(蔓紫)を美味しく食べるには上手に保存する必要があります。 つるむらさき(蔓紫)は乾燥に弱い葉物野菜です。 冷蔵保存をおススメしますが、そのまま冷蔵庫に入れるのではなく濡れた新聞紙に包んでビニール袋に入れてから冷蔵保存します。 冷蔵保存期間は2~3日です。 つるむらさき(蔓紫)を美味しく食べるには茹で方が大切です。 茹でるときには茎と葉を分けて茹で時間を調節します。 茎と葉を切り分けて塩を入れたお湯を沸騰させて茎から茹でます。 茎を30秒茹でたら葉を入れて20秒茹でます。 茹でたらザルに上げて冷まします。 茹でなくてそのまま油いためにしても美味しく食べられます。 次に、つるむらさき(蔓紫)を生で食べる美味しい方法を紹介します。 つるむらさきを生で食べる つるむらさき(蔓紫)の食べ方には、茹でておひたしで食べる方法や油炒めなどがあります。 つるむらさき 生で食べることもできますが、独特の土臭さがあるので火を通して美味しく食べる方法をおススメします。

次の

つるむらさき(ツルムラサキ)の栽培!育て方や収穫の時期や方法は?

つるむらさき 育て 方

種まき 5~6月• 収穫 6月下旬~10月上旬 上記の栽培スケジュールは 中間地向けなので、 寒冷地では少し遅めに、 暖地では早めにずらして種まきを行うことができます。 つるむらさきの発芽適温は 25度~30度のため、住んでいる地域の気候などに合わせて種まきを行うようにしましょう。 つるむらさきの種類 つるむらさきには葉と葉柄が紫色になる 赤茎種と、葉も茎も緑色の 青茎種があります。 赤茎種は紫色の花、青茎種は白色の花でどちらも綺麗ですが、 観賞用としては赤茎種、 食用にするなら青茎種が向いています。 つるむらさきの栽培方法 つるむらさきの 栽培方法の手順を詳しく解説していきたいと思います。 土づくり・肥料 つるむらさきは 酸性土を嫌うので、石灰などで アルカリ性の土壌にしておきましょう。 元肥は 種まきをする2週間前までに、苦土石灰、堆肥、化成肥料を畑に施しましょう。 つるむらさきは 肥料を吸う力が強く、比較的痩せた土地でも良く育つ野菜なので、元肥が多すぎると初期の 生育不良に繋がります。 肥料は控えめにしておきましょう。 つるむらさきは プランターでも栽培することができるので、プランターの場合は野菜用の培養土を使用することをおすすめします。 つるむらさきに必要な株間 つるむらさきは気温が高くなってくると生育が旺盛になり、葉が繁るので少なくとも30cm~40cmの株間をあけるようにしましょう。 プランターの選び方 つるむらさきを育てるプランターは、野菜用の物で 深めで大きいものを選ぶようにしましょう。 おすすめのサイズは 幅60cm深さ30cm以上の物で、このサイズのプランターだと2株育てることができます。 種まき つるむらさきは 畑に直まきするか、 ポットに種をまき育苗してから植え付ける方法があります。 つるむらさきの種は 皮が硬く発芽しにくいので、種を 一晩水に浸し柔らかくしてから種まきをしましょう。 直まきの場合 土づくりをした畑で 50~60cm幅の畝を作り、 30cm以上の株間で3粒ほど種をまきましょう。 つるむらさきの種は 嫌光性のため、しっかり覆土をし水をたっぷりとあげましょう。 ポットにまく場合 必要な分だけポットを用意し土を八分目まで入れ、指で1cmの深さの穴をあけてひとつのポットに3粒ほどの種をまきましょう。 覆土、水やりなどは直まきと同様です。 プランターで育てる場合、 ポットで育苗したものを植え付けることをおすすめします。 日当たり つるむらさきは日当たりと風通しの良い場所で育てましょう。 間引き 発芽し、 本葉が2~3枚になったころ、 元気な株を1本残して間引きをしましょう。 ポットまきの場合も間引きは同様で、 間引き後本葉4~5枚になるまでポットで育苗し、畑やプランターに植え付けましょう。 水やり つるむらさきの水やりは、根付くまでの最初のうちは 乾燥させないようこまめに水やりをするようにし、根付いた後は 土の表面が乾いたときにたっぷりとあげるようにしましょう。 つるむらさきは 高温には強いですが、 乾燥に弱いため夏の生育期は乾燥しすぎないよう、注意が必要です。 黒マルチや敷きワラなどで乾燥を防ぐのもおすすめです。 追肥 基本的につるむらさきは 比較的痩せた土地でも育つため追肥の必要はないですが、元気がなく生育に不安がある時や、 プランターで育てる場合には追肥することをおすすめします。 畑の場合株間に 一掴み程度の化成肥料を、プランターの場合収穫が始まり次第2週間に1回 水やりと追肥を兼ねて、液肥を与えましょう。 摘芯 つるむらさきは わき芽を収穫する野菜なので 本葉が6枚ほどになり 草丈30cm以上になったら主枝を 摘芯しましょう。 摘芯の仕方は先端から10cmほどの所をハサミなどで切ればおしまいです。 主枝を摘芯することで、わき芽の成長を促進させることができ 収量アップにつながるので、必ず行うようにしましょう。 収穫 つるむらさきは わき芽が15㎝ほどになったころが収穫適期です。 主枝から出たわき芽の葉を2枚ほど残したところで収穫します。 つるむらさきは 若い葉や茎を食用にするため、あまり大きくさせると葉や茎が硬くなりアクも強くなるため、 早めに収穫するようにしましょう。 夏場は生育が旺盛で葉が繁り日当たりや風通しが悪くなりがちなので、こまめな収穫を心がけると長く楽しめます。 つるむらさきの冬越し つるむらさきは 暑さを必要とするので、路地では無理ですが 室内で越冬させることも出来ます。 栽培時期が終わる10月頃に収穫したつるむらさきを水を入れた花瓶に挿し越冬させます。 暖かくなり遅霜の心配がなくなったらつるむらさきが発根していることを確認し、畑やプランターに植え付けましょう。 この方法なら毎年種まきをする必要がなく、簡単につるむらさきを楽しむことができます。 つるむらさきを挿し木してみる つるむらさきは 挿し木で増やすことも可能です。 種が手に入らない時や発芽時期を逃してしまった場合におすすめの方法なので、チャレンジしてみてください。 つるむらさきの下葉を取り斜めに切る• コップなどの容器に水を入れ斜めに切ったつるむらさきを挿し2週間ほど待つと発根• 発根したつるむらさきをプランターなどに植える 生命力が凄まじいので、スーパーなどで買ったつるむらさきで挿し木をすることも出来ます。 病気・害虫の対策 比較的育てやすつるむらさきでも病気や害虫が発生することがあります。 ここではつるむらさきに発生しやすい病害虫をご紹介します。 紫斑病 つるむらさきがかかりやすい病気は斑点病、紫紋羽病などいくつかありますが、代表的な病気と言えば 紫斑病です。 症状としては葉や茎に 外側が紫色で中心部が白色の斑点が出来るのが特徴で、被害が少ない場合は症状が出ている部分だけ取り除きましょう。 一見虫による食害にも見えるため、注意してよく観察しましょう。 正しい判断ができれば病気の蔓延を防ぐことができます。 病気が広範囲に広がってしまった場合には紫斑病に効く農薬があるので、散布してみるのもおすすめです。 ヨトウムシ つるむらさきにつきやすい害虫は、アブラムシやハダニなどがりますが、特に気を付けたいのは ヨトウムシです。 ヨトウムシは 昼間は株元などに潜み夜間に活動しはじめるのが特徴で、葉や茎などを穴だらけになるまで食害します。 ヨトウムシによる食害を疑う場合、作物をよく観察し近くにヨトウムシがいるか観察し、 見付け次第駆除するようにしましょう。 食害が酷く、駆除だけで追いつかない場合は、ヨトウムシに効果のある農薬を使用することをおすすめします。 連作障害 つるむらさきは連作障害が出にくい野菜ではありますが、畑に余裕のある方は前年につるむらさきを植えた場所は避けて植えると安心です。 つるむらさきのグリーンカーテン 緑のカーテン つるむらさきは名前の通りつる性の植物なので、 グリーンカーテンにぴったりな野菜でもあります。 ここではつるむらさきでグリーンカーテンを作るために必要なものと、グリーンカーテンの作り方を説明していきたいと思います。 必要な物• つるむらさきの苗• 2mの支柱2本• ネット グリーンカーテンの作り方• グリーンカーテンを作りたい場所につるむらさきの苗を植える プランターでも可• つるむらさきの苗の両端に支柱をしっかり挿す• 支柱にネットをかける• つるむらさきのつるがネットに行くようにテープなどで誘引してあげる つるむらさきの苗はグリーンカーテンを 作る場所の幅に合わせて数を用意してください。 つるむらさきは 摘芯をせずに伸ばせば2m近くにもなるので、グリーンカーテンにとても適しています。 日除けだけでなく、収穫して食用としても楽しめるので是非チャレンジしていただきたいです。 花も美しい!つるむらさき栽培のまとめ お浸しや天ぷらなど食用として味わうのはもちろん、 赤茎種の花はとても綺麗で観賞用としても楽しめちゃいます。 グリーンカーテンにもなり、 夏に収穫できる貴重な葉物野菜を自分で育ててみませんか? つるむらさきの栽培をする際には是非この記事を参考にしてみてください。

次の

つるむらさきの収穫の時期は?タイミングの見分け方や収穫方法、保存方法も!

つるむらさき 育て 方

夏に旬を迎えるつるむらさき。 葉は厚めで、しっかりとした茎を持っています。 ゆでると、独特のぬめりがあり、食べてみると土臭さがある、夏の葉野菜です。 新鮮なつるむらさきは、生でも食べられますが、独特のクセがあるので、加熱した方が食べやすいお野菜です。 手始めにゆでて、おひたしと酢味噌和えを作ってみましょう。 そのままゆでてもいいのですが、葉と茎では火の通りに差があるので、分けてゆでるとよりおいしいです。 茎は1分ほど、葉は20秒前後ゆでるだけです。 小ネタ : 漢字で書くと蔓紫。 英語はIndian spinach。 直訳すると、インドのほうれん草。 でも、ほうれん草の仲間ではないのです(笑) 栄養情報: カロテン、ビタミンC、B2、カリウム、カルシウム、鉄が豊富。 調理情報: ゆでる、炒めるなどの加熱調理がおすすめ。 つるむらさきのゆで方 1. つるむらさきの葉と茎をちぎって分けます。 鍋にお湯をたっぷり沸騰させたら、塩を少々加え茎を入れてゆでます。 30秒ほどしたら葉を入れて、20秒ほどしたらざるにあけて水気を切ります。 平たいざるなどにあけて、自然に冷ましてあげます。 触れるくらいになったら、水気を絞って食べやすい長さに切ります。 切った葉を器に盛り付けて、たっぷりのだし醤油とかつおぶしをかけて、おひたしのできあがり。 切った茎を器に盛り付けて、酢味噌をかけてできあがり。 甘酸っぱい味わいで、つるむらさきの独特のクセが気になりません。

次の