有心論 意味。 【RADWIMPS/有心論】の歌詞の意味を徹底解釈

有心論

有心論 意味

RADWIMPSの歌の中でも、人気が高く、歌詞の評価がとても高い「有心論」 ミスチルの桜井和寿さんも、Bank Bandでカバーしています。 野田洋次郎の天才的とも言える歌詞の意味を解釈して、分かりやすくお伝えしたいと思います。 ラッドウィンプス「有心論」の歌詞 今まで僕がついた嘘と 今まで僕が言ったホント どっちが多いか怪しくなって 探すのやめた 自分の中の嫌いなところ 自分の中の好きなところ どっちが多いかもう分かってて 悲しくなった どうせいつかは嫌われるなら 愛した人に憎まれるなら そうなる前に僕の方から嫌った 僕だった だけどいつかは誰かを求め 愛されたいとそう望むなら そうなる前に僕のほうから 愛してみてよと 君があまりにも綺麗に泣くから 僕は思わず横で笑ったよ すると君もつられて笑うから 僕は嬉しくて 泣く 泣く 明日を呪う人間不信者は 明日を夢見る人間信者に もう昨日を探してた僕はいない いない 君は人間洗浄機 この機会にどのご家庭にも一つは用意して頂きたい こりゃ買わない手はない 嘘ではない 驚くべき効果を発揮します 新しい自分に出会えます ただ中毒性がございます 用法・用量をお守りください こんなキャッチフレーズを書こう やっとこさ君のクローンが成功した時にでも だって君は世界初の肉眼で確認できる愛 地上で唯一出会える神様 誰も端っこで泣かないようにと 君は地球を丸くしたんだろう? だから君に会えないと僕は 隅っこを探して泣く 泣く 誰も命 無駄にしないようにと 君は命に終わり作ったよ だから君がいないその時は 僕は息を止め 待つ するとね君は いつでもここに来てくれたのに もうここにいない 明日を夢見た人間信者は 明日の死を待つ自殺志願者に3分前の僕がまた顔を出す 息を止めると心があったよ そこを開くと君がいたんだよ 左心房に君がいるなら問題はない ない ないよね 2秒前までの自殺志願者を 君は永久幸福論者に変えてくれた そんな君はもういない いない いない いないけど この心臓に君がいるんだよ 全身に向け脈を打つんだよ 今日も生きて 今日も生きて そして 今のままでいてと 白血球、赤血球、その他諸々の愛を僕に送る スポンサーリンク 「有心論」歌詞の意味を解釈 僕がついた嘘と言った本当の数を数えます。 その時は、本気で言った言葉も時間が経って嘘に変わってしまうことってあります。 恋愛中に本気で言った極端の言葉なんて、気持ちがさめてしまえば、みんな嘘になってしまいます。 そんなふうに考え出すと、どんな人も本当のことより、嘘の数のほうが多くなってしまっていると気づきませんか? 自分の中の嫌いなところ、自分の中の好きなところ どっちが多いか分かってて、悲しくなるのだから、もちろん嫌いなところが多いのでしょう。 この歌詞に出てくる人(野田洋次郎)は、潔癖で、完璧主義者の傾向がある人なんだろうなと思います。 完璧でありたいから、嫌いなところが多くなるし、潔癖だから許せないことが多くて、自殺志願者になってしまうのです。 「君がいることで、潔癖で自分を許せない僕が、自分を許せるようになる」 この歌で歌われていることって、要は、こういうことです。 潔癖なだけじゃなく、臆病でもあるのでしょう。 愛した人に嫌われる、憎まれるくらいなら、僕のほうから嫌うのは、きっと怖いからです。 スポンサーリンク その後の 「だけどいつかは誰かを求め 愛されたいとそう望むなら そうなる前に僕のほうから 愛してみてよ」と これは、君が僕に伝えたことなのかなと思います。 言葉で伝えたのか、行動で伝えたのは分かりませんが、僕が君から学んだことなのではないでしょうか。 君が綺麗に泣くから思わず僕は笑い、僕が笑うのを見て、君が笑うから、僕は嬉しくて泣く。 この部分の歌詞は美しいです。 なぜ美しいと感じるのかなと考えてみると、素直な(純粋な)感情の連鎖を美しく感じているのだと思います。 この純粋で美しい感情の連鎖は、とても人間らしいものだなと思います。 自分が嫌いで、許せないことが多く、臆病者な人間は、きっと明日=未来が来るのが嫌で呪うでしょう。 昨日=過去のことばかりを見つめて、暗い場所にいます。 そんな僕を明日=未来を夢見る人間信者に変えてくれたのは、君です。 この人間信者というのは、人間という存在を肯定することができるようになったということです。 こんなふうに僕を変えてくれた君を、「人間洗浄機」と電化製品のように例えるのも可愛らしいです。 君のクローンができたら、こんなキャッチフレーズで君を売りだそう。 だって君は目に見ることのできる「愛」であり、「神」だから。 キリスト教的な世界観を感じます。 スポンサーリンク 神であるが世界を創った時に、地球を丸くしたのは端っこを創らないためだろう。 そんな愛の存在である君がいないと、僕は隅っこで泣いてしまう。 永遠の命ではみんな命を大事にしないから、君が命に限りを創ったと言います。 「だから君がいないその時は 僕は息を止め 待つ」 この部分の解釈は、少し難しいのですが、君がいないと、僕は命の大事さも分からなくなってしまって、君のことをただ待ってしまうといったような意味なのかなと思います。 感覚は分かるのですが、言葉にするのが難しい部分です。 隅っこで泣いた時も、息を止め待っている時も、君はここに来てくれたのに、もうここにいません。 僕は人間という存在を肯定できるようになり、未来を思い描いていたのに、君がいなくなると、また自殺志願者に変わってしまいます。 3分前の僕がまた顔を出すというのだから、3分前までは君はいたのでしょう。 自殺願望があるので、息を止めてみたら、心の存在を感じとります。 心の中には、君がいました。 鼓動を打つ心臓の左心房に君を感じることができるから、問題などないんだと言います。 君はいなくなったけど、君の存在は、永久に僕の心に有り続けるから、永久に人を肯定することができる幸福論者に変わります。 君は僕の心には有るけれど、君の存在自体はなくなってしまいます。 今日も生きてほしい、今のままでいてほしいと、心臓から諸々の愛を送ってくれるのが君です。 スポンサーリンク こういう歌詞になります。 歌詞全体として、キリスト教的世界観を感じさせる歌詞になっています。 そして、君という存在が誰なのかが気になるところだと思います。 一般的には、野田洋次郎さんがお付き合いしていた彼女、一般人であるマキさんという女性だと言われています。 ただ、この歌の3分前、2秒前といった歌詞が、そうではない解釈もあるのではないかなと思います。 人間であるマキさんが、3分や2秒という短い時間で、いたり、いなくなったりするというのがちょっと不自然にも思えます。 有心論という歌の歌詞における、君というのはこの歌そのものではないかなとも思えるのです。 こんな歌があれば、人間信者だり、幸福論者として生きていけるのではないかなと思えるのです。

次の

RADWIMPS『有心論』で語られる最強の愛の形

有心論 意味

カテゴリ• タイトル『有心論』の意味 「神は存在する」という「有神論」をもじったものです。 「神は信じられないけど、自分の心なら信じられる」 という野田さんの想いから、 「心」が「有る」と書いて、「有心論」 と付けられたそうです! 『有心論』のテーマ 自分の世界を変えてくれた彼女と離れ離れになってしまった「僕」の想い が綴られた歌です。 登場人物 「僕」と「君」の二人です。 どん底にいた「僕」を「君」は救ってくれた、でも今「君」はいない…そんな悲しみが表されています。 では歌詞解釈に進みましょう! RADWIMPS『有心論』歌詞の意味 人との付き合い方 2秒前までの自殺志願者を 君は永久幸福論者に変えてくれた そんな君はもういない いない いない いないけど この心臓に君がいるんだよ 全身に向け脈を打つんだよ 今日も生きて今日も生きて そして 今のままでいてと 白血球、赤血球、その他諸々の愛を僕に送る 「僕」が倒れそうになっても支えてくれた神様のような「君」。 しかし、そんな「君」は「僕」の隣にはもう存在しません。 では、どこにいるのか。 ここでは先程も書いたとおり、「君」を「左心房」に例えてるんですね。 「左心房」とは身体に酸素を含んだ血液を流す働きがあります。 つまり、「白血球」も「赤血球」も全て「君」から「僕」という身体に送られてくるということです。 生きていくうえで絶対に欠かせないのが「左心房」です。 そんな「君」は「僕」の目の前にはいないかもしれないけど、心(左心房)にいる、そう「僕」は感じているようです。 まとめ RADWIMSは知らないけど、この歌詞は聞いたことある!なんて方も多いと思います。

次の

有心(うしん)とは

有心論 意味

カテゴリ• タイトル『有心論』の意味 「神は存在する」という「有神論」をもじったものです。 「神は信じられないけど、自分の心なら信じられる」 という野田さんの想いから、 「心」が「有る」と書いて、「有心論」 と付けられたそうです! 『有心論』のテーマ 自分の世界を変えてくれた彼女と離れ離れになってしまった「僕」の想い が綴られた歌です。 登場人物 「僕」と「君」の二人です。 どん底にいた「僕」を「君」は救ってくれた、でも今「君」はいない…そんな悲しみが表されています。 では歌詞解釈に進みましょう! RADWIMPS『有心論』歌詞の意味 人との付き合い方 2秒前までの自殺志願者を 君は永久幸福論者に変えてくれた そんな君はもういない いない いない いないけど この心臓に君がいるんだよ 全身に向け脈を打つんだよ 今日も生きて今日も生きて そして 今のままでいてと 白血球、赤血球、その他諸々の愛を僕に送る 「僕」が倒れそうになっても支えてくれた神様のような「君」。 しかし、そんな「君」は「僕」の隣にはもう存在しません。 では、どこにいるのか。 ここでは先程も書いたとおり、「君」を「左心房」に例えてるんですね。 「左心房」とは身体に酸素を含んだ血液を流す働きがあります。 つまり、「白血球」も「赤血球」も全て「君」から「僕」という身体に送られてくるということです。 生きていくうえで絶対に欠かせないのが「左心房」です。 そんな「君」は「僕」の目の前にはいないかもしれないけど、心(左心房)にいる、そう「僕」は感じているようです。 まとめ RADWIMSは知らないけど、この歌詞は聞いたことある!なんて方も多いと思います。

次の