セオドア ルーズ ベルト。 米海軍長官代行が辞任 集団感染の空母セオドア・ルーズベルトの騒動で

米海軍長官代行が辞任 集団感染の空母セオドア・ルーズベルトの騒動で

セオドア ルーズ ベルト

フランクリン・ルーズベルト(2~15)とは、の第代である。 正式な名前はフランクリン・デラノ・ルーズベルト(ベルト、トとも表記)。 第26代であるセオ・ズベルトはに当たる。 概要 、当時の合衆。 二十世紀前半のにおける中心人物の一である。 彼のディール政策は自を恐慌のどん底から復活させたと内では高評価されている。 を通じ民とのを重視し、歴代のでのでは毎回ほぼ上位5傑に入る等、も同民からの支持は根強い。 その一方、の長に対する容共的な外交を行い、その行為を黙認したことにはされる。 (当時)に対してはの際にを強く支持し大なの行い媚中と言われた。 史上、一四連続によるを成し遂げたである。 初代・が三選までを固辞した故事からは二選までというのがそれまでの慣例だったが、戦時・有事を理由とし年、年の選に立補し。 後にが正(第条)、正式には2期までと定められた為以降はこの経歴に並ぶは現れないと思われる。 彼の内政によるの回復は同時に、開までの間、デイトの業地帯をに対する「の」に発展させる。 これは、同が際的なを握る原動となる。 彼のに対する際組織の展望は死後、として実現した。 彼の評価は義の違いで大きく分かれる。 義()から見ればディール政策をはじめとするの的政策は「恐慌対策を具体化した」として評価され、「本格的な層対策に取り組んだ」として評価される。 それまでの一という雰囲気が強かったに「により犠牲となった層救済」という新たな標を示し、これらの支持基盤を合わせる事によって「ディール連合」と呼ばれる巨大な支持基盤を形成、その後数十年に渡る議会におけるの下をした。 内でも、は、彼の揮を賞賛している。 一方、を唱えていたはディールにきわめて辛辣な評価をし、党のディール連合を崩すことで以降のの勢拡大が成功されたといえる。 ディール政策については、でもの間でその評価は分かれている。 大戦中、日系人にだけ強制収容を実地した事や、任期内で行った系人(人)の権に上の妨行為等、的から行われた政策は、他の功績を差し引いても大きなをされただけではなく、同における問題解決を遅らせる要因となった。 この政権としての「層」と「マ」という別々の経緯による同における弱者達へのに満ちた態度の解決は、年代のと・B・の政権まで持ち越される事となった。 車椅子大統領 史上一の重度の身体障を持つでもある。 11年、ポを患う。 その後遺症により、ほぼ下半身全体がし以降に乗っていた。 (ン・説有り)。 病後の姿をに映されるのを非常に嫌い、来訪先の会見等では、立ち木の的の配置などを自ら底的に示をした。 また、当時のも察したのか積極的にせず、時代の現代ではまず有りえない話だが、彼がが必要な障者だということは民はほぼ知らなかった。 実際、彼の姿のは2枚のみの残存である。 、の身体障者協会のにより、に姿のズベルトの像が立てられた。 関連動画 関連商品 関連項目• (宿敵)• (宿敵)• マンハッタン計画•

次の

フランクリン・ルーズベルトとは (フランクリンルーズベルトとは) [単語記事]

セオドア ルーズ ベルト

Theodore Roosevelt 1858-1919 セオドア=ローズヴェルト Theodore Roosevelt 1858-1919 「ルーズベルト」とも表記。 の大統領の副大統領をつとめていたが、9月6日、大統領が暗殺されたため、憲法の規定により大統領に昇格した。 在職1901~09年。 マッキンリーと同じく、19世紀末から20世紀初頭の政策を推進した大統領である。 彼は共和党に属し、熱心に海外膨張主義を主張し、特にカリブ海への勢力拡大、中国市場に参画するためにハワイおよびフィリピンの領有を画策していた。 彼の進めた膨張政策は1898年の(米西戦争)を実現させたが、彼はその際には義勇兵を率いてキューバに侵攻し、名声を高めた。 ついで1900年、共和党マッキンリー大統領の副大統領となった。 参考 1900年の大統領選挙 19世紀の最後で、次の世紀の指導者を選出する大統領選挙は1900年に行われた。 共和党からは帝国主義政策を推進したマッキンリーが再出馬、対抗する民主党からは40歳の若さが売り物のブライアンが立ち、フィリピンや中国への帝国主義進出を舌鋒鋭く批判した。 それを受けて選挙戦の前線に立ったのが副大統領候補セオドア=ローズヴェルトだった。 彼はまだ41歳、若い二人の舌戦が大統領選挙を大いに盛り上げた。 セオドアは米西戦争では自ら義勇兵を率いてキューバに乗りこみ「帝国主義者」を自称して憚らず、「偉大な文明国の膨張は、常に、法と秩序と正義の勝利を意味する」と主張し、フィリピンをフィリピン人に返せというブライアンの主張に対しては「フィリピンをフィリピン人に返すなら、アリゾナをアパッチ族に返さなければいけない」と反論した。 ブライアンは「帝国主義は、現在我々の国を脅かしている最も危険な罪悪である」と訴えたのに対し、セオドアは「私はいかなるときも膨張に賛成である。 我が国の兵士が戦い血を流してきた血で、我が国の旗を引き下ろすことはしたくない」と訴えた。 このアメリカ全土を熱狂にまきこんだ1900年の大統領選挙は、マッキンリー+セオドア=ローズヴェルトの共和党が勝利した。 ただし、このときの選挙は現代と異なっていた。 まず女性に選挙権は認められていなかった。 また黒人選挙権は南部における様々な規制法によって実質的に行使できなくなっており、この年、最後まで残っていたノースキャロライナ州選出の黒人下院議員ジョージ・ホワイトが立候補を断念、以後28年間、黒人がアメリカ議会で演説することはなかった。 <有賀夏紀『アメリカの20世紀(上)』2002 中公新書 p. 革新主義の標榜 大統領としては、まず内政ではトラストや資本集中と金権政治家を攻撃し、富の公平な分配を主張して、の運用、労働者保護政策など(進歩主義 progressivism)をとった。 外政では力を背景とした実力外交を展開、と言われた積極的なを進めた。 その一つが、1902年にキューバに強要して憲法の中にを加えさせた。 さらに、建設権の獲得など帝国主義政策をとった。 また、では調停役をつとめ、1906年のノーベル平和賞を受賞した。 09年にタフト大統領に代わったが、12年の大統領選挙に革新党(進歩党とも訳す)を結成して臨み、民主党のに敗れ再任はならなかった。 「ローズヴェルトの系論(コロラリー)」 セオドア=ローズヴェルトは、カリブ海域に対する積極的な介入を行う際に、を拡大解釈して正当化した。 それは1904年に年次教書として示したもので、アメリカ外交の基本はヨーロッパ諸国の中南米諸国への干渉を許さず、アメリカ合衆国の国益を守るためであればアメリカ自身が干渉する、という主張であり、「慢性的な不正と無能」に陥っている中南米諸国に対して国際的警察力としてアメリカが干渉は正当であるとも主張した。 これは「ローズヴェルトの系論」 Roosevelt Corollary to the Monroe Doctorine といわれ、アメリカのによる干渉を正当化する理屈とされた。 カリブ海域を自国の防衛および経済活動に不可欠な地域と位置づけ、勢力圏として支配しようというの身勝手な拡大解釈であったが、がに対して出したや、の一連のカリブ海域諸国への干渉もその「系論」で行われた。 参考 アメリカの小学校で教えるセオドア=ローズヴェルト 第26代大統領セオドア=ローズヴェルトは、アメリカでは人気が高く、「テディ」の愛称で呼ばれ、小熊のぬいぐるみテディベアがそのシンボルになっている。 狩りをしているとき小熊に出会ったが、小さいからと撃たなかった、と言う話が新聞に載り、それがヒントになって小熊のぬいぐるみが作られたという。 アメリカの小学校で使われている歴史の教科書を英文と日本文の対訳で読むことのできる本があって、そこでのセオドア=ローズヴェルト大統領は帝国主義の推進という面にはふれられておらず、Teodore Roosevelt:Trust-Buster and Conservationist として紹介されている。 つまり『トラストつぶしと自然保護論者』というわけだ。 トラストつぶしについては次のように説明されている。 改革に熱心だった彼は、アメリカの企業が合同してとよばれる巨大な独占企業を作り、ときどき中小企業に不公正な圧力をかけて苦しめてるのをやめさせようとした。 例えば、ジョン=の巨大なスタンダードオイル・トルストは小規模の石油業者にトラストに参加するか、さもなくば廃業するかと迫った。 トラストは示し合わせて価格を高く吊り上げることもあった。 「トラストつぶし」テディ・ローズヴェルトは、有名な例では政府の弁護士に命じ、主にJ. が牛耳っていた巨大な鉄道のトラスト、ノーザン・セキュリティ・カンパニーを解体させた。 ローズヴェルトの行為は、政府に口出しされるのに慣れていなかった実業家たちに衝撃を与えた。 彼は「企業をつぶすことを望んでいるのではない。 企業が公益に資するようにさせたいのだ」と述べている。 ローズヴェルト政権下で政府は、企業が従わなければならない法律をどんどん制定した。 たとえば、1906年に食肉検査法を制定して悪質な食肉業者から消費者を守り、安心してハンバーガーを食べられるようにした。 またアウトドア好きのスポーツマンだったローズヴェルトは製材や採掘が自然を過度に破壊しないように、自然保護計画を打ち出した。 国立公園の数を倍にすることで、今日の公園制度を作るのに貢献した。 バーダマン/村田薫編『アメリカの小学生が学ぶ歴史教科書』2005 ジャパンブック> ここで評価されているのはなどの(進歩主義)政策のことである。 帝国主義の段階でも「政治」は企業に従属するのではなく、国民のために不正をただす役割があると信じられており、アメリカ民主主義の本来の、良い意味での保守主義の精神を見ることができる。

次の

定義 TR: セオドアルーズ ベルト

セオドア ルーズ ベルト

ワシントンDCとバージニア州の間を流れるポトマック川にある、セオドア・ルーズベルト島にハイキングに 行ってきました。 この島はその名の通り、26代アメリカ大統領セオドア・ルーズベルトの功績を記念する公園と なっています。 バージニア州Rosslyn(ロズリン)から出ている橋がこの島への唯一のアクセスです。 島内へは車や自転車の進入 禁止なので、ロズリンの橋の近くまで車、自転車で行くか、地下鉄ロズリン駅から徒歩で向かいます。 ロズリン駅周辺はオフィス街となっており都会的な雰囲気となっています。 ロズリン駅から10分程度歩くと、ロズリンの都会的な雰囲気とは対照的に、自然豊かなセオドア・ルーズベルト 島に到着します。 この橋を渡って、いざ島内へ。 橋を渡って島にたどり着くと森が広がっています。 島全体はこんな感じです。 島自体は小さく、徒歩1時間程で1周することができます。 地図の絵にも書いてありますが、運が良ければ野生の 鹿に出会うことができます。 島に入って少し歩くと、セオドア・ルーズベルト大統領の像があります。 像の周りに石碑が建っており、ルーズベルト大統領が残した名言が彫られていました。 島の主な観光スポットは ここだけなので、あとは島の自然を満喫するのみです。 道はこのように緑が生い茂っているため、気温が高くても、森の中は日影が多く、涼しくて歩きやすかったです。 リスはいたのですが、残念ながら鹿に出会うことはできませんでした。 ちなみに、ワシントンDC近郊の住宅街に は野生のリスがいます。 見た目は可愛いリスですが、狂暴で不衛生ということで、アメリカでは嫌われている みたいです。 島の東部は湿地帯となっており、橋で湿地帯を通り抜けます。 島の北側からはワシントンDC北西部に位置するジョージタウンが見えます。 1時間ほど歩いてスタート地点に戻ってきました。 この島は旅行ガイドなどに載っていない為か、観光客はほとんどいませんでした。 地元の方々がランニングして いる程度なので、人が少なく、のんびり過ごすことができました。 観光で疲れた方は疲れを癒しにセオドア・ルーズベルト島を訪れてみてはいかがでしょうか。 特派員プロフィール• ワシントンDC3特派員 momoko 夫の仕事の関係でワシントンDCの隣に位置するヴァージニア州に在住。 ワシントンDCや近隣の州は魅力的なスポットで溢れている為、期間限定のアメリカ生活を充実させるべく、見ごたえのある観光名所や、ガイドブックに載っていない穴場、美味しいレストランを焦って探索中。 趣味は旅行。 アメリカ滞在中はアメリカ国内や近隣国を旅行する予定。 アメリカ横断も計画中。 多くの旅行経験を活かし、旅行者目線のおススメ情報を発信していきます。 アメリカの今• アメリカを旅する• アメリカの詳細情報• 旅の準備• おすすめ特集•

次の