ポケモン とくせいカプセル 夢特性。 隠れ特性 (かくれとくせい)とは【ピクシブ百科事典】

特性(ポケモン)

ポケモン とくせいカプセル 夢特性

隠れ特性とは、「」より登場したの1つである。 概要 それまではごとに(を除き)最大2種類までしか設定されていなかった「」の、3種類として第五世代で新たに追加されたもの。 隠れ特性を持ったは通常の方法では入手することができない。 入手方法については以下を参照のこと。 五世代では最初はがな入手方法であったため、「夢特性」と呼ばれる事も多い。 なお、の入手法は「夢」が一切関係ないものがほとんどだが、の間ではどちらの呼び方も使われている。 なお、あくまで「通常の入手方法では出現しない」だけのただの3種類なので、"隠れ"だからと言って既存のと同時に2つのを持ったりするような事はい。 隠れ特性はどのに設定されているが、専用を持つ(など)・通常が「」のみの(など)・そのがないと成り立たない専用を持っている(など)、などには設定されていない事が多い。 設定されたは様々で、驚異的なをしたものからまるっきり役にたたなそうなものまで色々ある。 前者の代表例としてはの専用を獲得した()や、の例としては「やるき」と「ふみん(隠れ特性)」の効果が被っているが挙げられる。 なお、スケ(など)や、アナラ(など)といった、通常はどのでも持っていない、隠れ特性限定のも存在する。 主な入手方法 第五世代• での入手。 内で行ける場所の「しま」を進んでいくとで出現し、をすると仲良くなれることができる。 その後、しまの最もにある「の木」に願うと、前回願ってから今回までに仲良くなったのうち1匹だけ連れて帰ることができる(つまり、1日分ので出会ったのうち1匹だけつれて帰れる)。 仲良くなったは寝かしつけたを起こすとのにやって来るので、そこで捕まえる事が出来る。 ただし最初から全てのが捕獲可な訳ではなかった。 はが終了しており、使用することが出来ない。 配布で貰う。 しまに出現しないのうち一部はのや上のなどで配布される時がある。 付属している、いは開されたをの所定のにて入すると、1のように内で「仲良くなった」として追加される。 のところ配布されたは・・のポケ各種と、系7種、・・・・。 なれらの配布限定の隠れ特性持ちは必ずであり、でのが出来ないようになっている。 で産ませる。 内ので捕まえる。 時点では、のみ。 ではや、など大幅に増加。 隠しで捕まえる。 で新たに登場した仕掛け。 のにある隠されたを探し、を手に入れたり隠れ特性のと出会えたりする。 しかし該当にが出るも低ければも出るも低く、当ての個体を入手するには運と根気が必要となる。 で捕まえる。 の隠れ特性も手に入れられる。 ちなみにのはのはざまである。 第六世代• で捕まえる。 最も手軽な入手方法。 では一度済のと同時になれば、その後はに隠れ特性持ち個体が出てくるようになる。 ただしは1つのごとに3種類しか出ない上、隠れ特性持ちも通常持ちも均等なで出る。 なお、は・どちらでも問題ない。 も確定で2V以上のものが出るため、産の個体を親にすれば孵化厳選も楽。 ただし、全ての隠れ特性持ちがに出てくるわけではない。 で出たものを捕まえる。 5匹の群れの中に低で隠れ特性持ち個体が混じっていることがある。 群れが出現する場所であれば、あまいミツやを使うことで群れに出会える。 一度に5体がいっぺんに出てくるため少しれば隠れ特性持ちに出会える可性は高いが、どの個体が隠れ特性持ちなのかを判別することは出来ないため、スワップなどで1体ずつしなければ分からず、効率は悪い。 では後述する図鑑ナビが登場したため需要は減ったが、単純に隠れ特性持ちの個体が欲しいのであればこちらのほうが効率は良く探せる場合もある。 では低で同じ種類4体+違う種類1体という群れが出現する場所も多いが、この違う種類1体の隠れ特性持ちを狙う場合、相当な根気が必要となる。 の群れの中に混じるそうしょく持ちやの群れに紛れるがんじょう持ちがその例。 図鑑ナビのサーチ機を使う では図鑑ナビに生息地が表示されるであればどの種族でも隠れ特性を捕獲することができる。 欲しいが出現するに行き、図鑑ナビでサーチを行えばむらやなどにが姿を見せるのだが、このとき隠れ特性持ちの個体が出現することがある。 運が良ければ3V以上の個体と遭遇することもある。 一度捕獲したことのある種族でなければサーチできず、何度も遭遇しなければ隠れ特性持ちも高なか出て来ないのが難点だが、ではでしか入手できなかったやなどを捕獲しやすくなった。 また、でも出会える種族は予めで遭遇回数を稼いでおくと効果的。 内ので入手する 今のところのサネに出現するのみ。 性別や性格をりやすいが、には期待できない。 配布されたものを受け取る。 本作ではふしぎなものとでもしいが配布される。 ふしぎなものを受信すると、の左側にいのが現れるため、話しかけると受け取ることが出来る。 また、にすると自動的にのに配布が送られてくることがある。 (持ち)、、、、など。 で産ませる。 前作とは違って個体がいなくても遺伝できるようになった。 第五世代で捕まえたものをで送る。 恒例となる作品からの。 から解禁。 以外のやはこの方法でしか入手できない。 初代のから送ってくる 産のを送ってくると一で隠れ特性になる。 第七世代• 呼び出しで呼び出されたものを捕まえる では野生で出るの多くがを呼び、呼ばれたを次々倒していくことで連鎖する。 そして11連鎖以降は低で隠れ特性持ちのが出現するようになる。 連鎖以降は15ので出る他4Vも確定するため、なるべく連鎖以上を狙うと良いだろう。 ただしで出る他のなど、一部のはこの方法では入手することが出来ない。 で産ませる 後述。 配布されたものを受け取る・第六世代から送ってくる• 第代のから送ってくる 初代産同様、全て隠れ特性になる。 第八世代• で捕まえる で捕まえたは隠れ特性である場合がある。 ただし確定ではなく、また系など一部のは隠れ特性が出現しない。 で産ませる 遺伝 隠れ特性は一定の条件で遺伝する事が分かっている。 第五世代では「側が隠れ特性持ちである」「相手がでない」の2つが条件。 相手はでさえなければいいので、同の違う種のでも良い。 条件を満たすと~ので隠れ特性を持ったが生まれる。 ちなみに隠れ特性を親にしても隠れ特性持ちが生まれる事はない。 個体しか入手できない種族は隠れ特性持ち個体を増やすことが出来ない。 第六世代からは「側が隠れ特性持ちである」か「隠れ特性持ち個体とを掛け合わせる」のどちらかが条件となった。 このため、隠れ特性持ちでもを相手にすれば一定で隠れ特性持ちの個体が生まれる。 これによりナイト持ちで配布されたかそくなど、個体しか入手できない種族でも隠れ特性持ちを孵化で増やせるようになった。 また、第六世代ではいとを使うことで遺伝が楽になったため、の出てくるの価値が増している。 2V以上が確定で出る上にむらでに遭遇するよりも出現率が高いため、発売後もなお第六世代で最も効率の良い高収集の手段となっている。 第七世代では関係のは変わっていない。 前述の通り呼び出しで4V以上が確定になるようになり、も野生で出現するため4Vを量産できるようになったが、1体捕まえるだけでもりに時間がかかる。 第八世代でも同様。 は5で4V確定であり、第七世代よりは楽。 また、のはが発生した時点で固定化されるため、後ホストがレポートせずにすることで同じ個体を何体でも量産可となっている。 関連項目•

次の

【ポケモン剣盾】特性の遺伝方法を解説!

ポケモン とくせいカプセル 夢特性

スポンサーリンク 特性リスト• 特性について• 特性はポケットモンスタールビー・サファイアより新たに追加された要素であり、ポケモンの種類ごとに固有の能力。 特性はバトル中に発揮されるもののほか、フィールド上で役に立つものもある。 特性は1匹のポケモンにつき決まった1つのものしか持つことができない。 特性が2種類あるポケモンの場合、2種類の内どちらの特性になるかはランダムで決まる。 正確には「性格値」と呼ばれるものにより決まる• 第5世代 ポケットモンスターブラック・ホワイト 以降は、通常とは異なった「隠れ特性 夢特性 」を持つポケモンが登場した。 第6世代 ポケットモンスターX・Y 以降は、ポケモンの特性を変える「とくせいカプセル」というアイテムが登場。 隠れ特性以外の通常の特性が2種類あるポケモンに「とくせいカプセル」を使うと、今とは別のもう一方の特性に変えることができる。

次の

卵孵化、遺伝について

ポケモン とくせいカプセル 夢特性

買価:非売品• 売価:500円 6, 5000円 7-• 効果:をもう1つの通常特性に変化させる。 1回使うとなくなる。 説明文 ・・ 2しゅるいの とくせいを もつ ポケモンに つかうと いまとはちがう とくせいに かえられる カプセル。 2種類の 特性を 持つ ポケモンに 使うと 今とは違う 特性に 変えられる カプセル。 入手方法 で200と交換する。 にいるとの再戦で勝利すると低確率でもらえる。 で100BPと交換する。 で50連勝以上して敗北した日の翌日に受付の女性から貰える。 で100BPと交換する。 で50BPと交換する。 バトルタワーのハイパーボール級、マスターボール級へのランクアップ報酬。 になると貰える。 使用できるポケモンの場合、までは「の 特性を に 変えますか?」、では「の 特性を 変えますか?」と確認メッセージが出る。 「はい」を選ぶと特性は変わる。 通常特性が1つしかないポケモンに使用することはできない。 特別な特性を通常特性に変えたり、通常特性から特別な特性に変えることはできない。 通常特性からへの変更、または隠れ特性から通常特性への変更はできない。 進化前のポケモンの特性を変更した場合、進化後にもその影響は残る。 例えば、特性のは進化すると になるが、このヨーテリーにとくせいカプセルを使ってに変更していた場合はハーデリア へと進化する。 と交換できるアイテムの中で最も交換BPが多い。 では交換BPが半分に、では第七世代の半分に下がったが、依然最も交換BPが多いアイテムであることは変わらない。 を50連勝以上の景品はではとくせいカプセルだが、ではとなる。 の孵化で親固体と異なる特性のポケモンを産むことは低確率ながら可能なので、タマゴから手に入るポケモンに対してとくせいカプセルを使うのは考えどころである。 ポケモンやで入手したポケモン、可能なポケモンなど、希少なポケモンでも通常特性ならばとくせいカプセルで変更可能となる。 でしか覚えない技と以降に追加された通常特性がある場合、以降に送って特性が変わらなかったとしても、とくせいカプセルがあれば両立させることができる。 また、過去作から送ったポケモンの特性が不規則に変更されてしまった(のがに変わってしまったなど)場合でも、狙いの特性に直すことができる。 で特性が目当てのものと異なるというズレがあった場合に使用することがある。 バトル中に使用することはできない。 に表示されることはない。 とくせいカプセルがのポケモンがを使用した場合は失敗する。 Habilidad 특성캡슐 特性胶囊 関連項目•

次の