ロールシャッハ 医師。 ロールシャッハ,H.

ロールシャッハテスト|心理検査専門所|千葉テストセンター

ロールシャッハ 医師

ロールシャッハ・テストは、今回の公認心理師試験には出題されていませんでした。 ですが、今後もずっと出ないとは到底考えられない領域です。 少なくとも臨床心理士試験では、毎年1問は出ていたと思います。 これから数回にわたって、資格試験対策用のロールシャッハ・テストに関する内容をまとめていきたいと思います。 どの本を読んでも資格試験に向けて適切な解説がなされているものはないので(当然ですけど)、この際、細やかに行ってみようと思っています。 一応、まとめた資料はあるのですが、久々に書き下ろしていこうと思います。 第1回は「歴史および基本的理解」です。 長くなりますので、お付き合いくださいませ。 ヘルマン・ロールシャッハについて 1884年、スイスにて生まれます。 父親は小中学校の美術教師でした。 母親はロールシャッハが13歳の時に他界しており、父親はその後、母親の妹と再婚しています。 幼いころのあだ名は「クレックス(Klex)」で、これは「インクのしみ」「インクの汚れ」という意味でした。 なぜこのようなあだ名がついたのか? 当時、スイスではある遊びが流行っていました。 日本の駄菓子屋さんにはボール紙におもちゃの入った袋がホッチキス止めされていますよね。 あんな感じで、スイスにも「クレクソグラフィ」というセットが売っていました。 クレクソグラフィは紙とインクがセットになったもので、紙にインクを垂らして、半分に折って何に見えるかを言い合って遊ぶものです。 ヘルマン・ロールシャッハはそれがとても上手だったようで、そのため「インクのしみ」というあだ名がついたということです。 芸術への関心が高かったことも影響しているかもしれません。 大学に進む際、悩んだ末に医学の道を選びましたが、美術への興味を持ち続け水彩画を描き続けました。 実はこのことはロールシャッハ・テスト作成に大いに役立っております。 おそらく、ヘルマン・ロールシャッハ自身が手を入れたのでしょう。 ヘルマン・ロールシャッハは、1910年~1913年に教員をしていた友人とともにクレクソグラフィについての研究を行いました。 クレクソグラフィで才能豊かな子どもの反応はより空想や想像に満ちた反応をすることに気づいていたためです。 1912年ブロイラーの指導で、幻覚に関する学位論文を提出しています。 ブロイラーは統合失調症概念を提出した一人として有名ですね(もう一人はエミール・クレペリンですよ)。 上記の通り、元々クレクソグラフィの研究をしていたことも相まって、ヘルマン・ロールシャッハは、1917年末~1918年始めに、インクブロットを用いての性格の鑑別診断を行おうと決断しました。 【H8-31B、H16-34BCD、H17-12D】 ロールシャッハ死後の研究者たちとサインアプローチ ここでは、ロールシャッハの亡き後の有名どころの研究者たちと、彼らが示した有名なサインアプローチについて紹介していきます。 ちなみに「サインアプローチ」とは以下のようなことを指します。 「 群間比較に基づいたいわゆる実証的なデータから、スコアおよびその量について、その意味するところに関する知見を示すことである。 例えば、「M反応の多い人は、~である」というように、述語部分を対象の属性に依拠して決定した上で、命題の主題に当たる部分をさまざまなスコア特徴で発見する試みである(片口安史,1974)」 【H7-50C】 ベック(Beck,S,J:1886~1980) ロールシャッハ・テストの信頼性 信頼性とは「何回やっても同じ結果になる」という指標です。 信頼性を示す概念として、再現性、等価性、内的整合性が挙げられます。 再現性:同じ検査を時間をおいて繰り返して、その結果の相関を見る。 再検査法によって算出される。 等価性:類似した検査を同時に行い、その結果の相関を見る。 並行検査法によって算出される。 内的整合性:質問紙の場合、その検査の質問項目一つひとつが同じような価値を持っているということによって示される。 折半法などによって算出される。 これを見たときに、まずは内的整合性による信頼性の算出は困難であることがわかりますね。 10枚の図版で考えたときに、これらの図版がそれぞれ異なる意味を持つからこそロールシャッハ・テストには価値があるのです。 例えば、 折半法でやろうと思っても、10枚の図版を折半してしまって、その両方が同じ価値をもつということはあり得ないのはわかりますよね。 また、ロールシャッハ図版は唯一無二のものであり、複製は難しいため、等価性によって信頼性を示すのも困難です。 一応、RorschachがBehnにロールシャッハの平行シリーズを作成させてはいます(Behn-Rorschach test(1921))。 その他にも、カロ・インクブロット・テスト(1970)があるものの、やはり平行シリーズを用いての効果判定研究は極端に少ないと言わざるを得ません。 ロールシャッハ図版は一つの芸術作品のようなものです。 それと「等価」なものというのは、いわばとある絵画と全く異なる絵だけど「等価」なものを描きなさいと言っているようなものです。 そんなことは不可能ですよね。 これらの事情からロールシャッハ・テストの信頼性は再検査法(再現性)によるものに限られてしまいます。 ただロールシャッハ・テストの指標の中にも、年数がたっても変わりにくいものや、浮動性の高いものなどが入り混じっているので、その辺の難しさもありますね。 【H13-31D】 ロールシャッハの適用年齢 Ames,L. (1974)は、2歳でも個人としての特徴を示す、としています。 また、Klopfer,B. (1956)は、精神年齢が3歳に達していれば可能と述べています。 そして、一定数の反応を要するエクスナー法では、5歳児の標準データがあります。 適用可能年齢については諸説ありますが、共通して言えそうなこととして、 「少なくとも言語反応を得ることができれば、適応可能」という感じでしょうか。

次の

昨日病院でロールシャッハテストを受けてきた者です。どの絵...

ロールシャッハ 医師

生涯 [ ] 1884年11月8日に、スイスのチューリッヒに無名の、美術教師であった のもとに生まれ、幼少期から青年期にかけてチューリッヒとで育った。 は州立学校に通っていたが、ロールシャッハはいつもを描いていたことから 「の」と言う意味がある「クレックス( Klecks)」とされていた。 始めは父に倣ってを志していたが、をする前にかの道に進むかを決めきれず、のであるに自身の進路に関する相談をに書いて送った。 結局ヘッケルの後押しでににし、精神療法家になることを目指しての道を進んだ。 チューリッヒ大学では、にとにし、当時精神医学のを務めていた同国出身の医学者、精神科医であるのとなり、一般精神医学や特殊精神療法学、並びに臨床精神療法学を学んだ。 その他に同国出身の精神科医であるの「」に関するを聴講した。 に医学を修め、当時付き合っていたの出身であったオルガ・シュテンペリン( Olga Stempelin)とした。 にブロイラーの指導のもと『反応性幻覚と類似現象』を著し 、翌年にした。 また同年にオルガとし、ロシアに移り住んだ。 なお、にはが生まれ、にはを授かった。 にロシアで揃って医師として生計を立てようとしたが、あえなく挫折した。 その後ロールシャッハは、 ()、、のにした。 なお、頃 よりインクのシミを用いて連想実験を始めるようになるが、に関心を持つようになり、途中で中断し、スイスのについての研究を行った。 1919年には、精神分析学の実験が評価され、スイス精神分析協会の副会長に任命された。 にロールシャッハの主著で、「ロールシャッハ・テスト」について言及されている全2巻からなる 『精神診断学( Psychodiagnostik)』が刊行されたが、末期のを起こし、1922年にヘリザウでのため37歳で夭折した。 その後、ロールシャッハ・テストは、のらによって発展し、にの心理学者がロールシャッハ・テストをまとめて、包括的なシステムを作り上げた。 ロールシャッハ・テスト [ ] 「」も参照 ロールシャッハは、1917年、空想を研究テーマにしていたツィマン・ヘンスの研究を発見し、その際インクのしみの着いたカードを用いてみた。 1年後、彼は15枚の偶然にインクのしみのついたカードを使った実験を開始した。 彼の意図によれば、被対象者の主観的な回答、推理、知覚能力、知性や情緒的な性格を引き出すことを可能にしてくれる筈だった。 ロールシャッハテストは、彼によれば様々な解釈できるような刺激、この場合はインクのしみに対して投影された人間の様々な傾向、解釈や感情を基礎としている。 熟練した観察者は、被験者の深層にある人格的な性格の特徴や衝動を正確に読み取ることができるというのである。 ロールシャッハは、『精神診断学』の中に300人もの精神病患者や100人もの被験者についての成果を発表している。 彼の方法は、以後、精神医学の評価や診断のツールとして用いられるようになった。 ロールシャッハテストにはなおさまざまな疑義がある。 擁護者は、人の人格の全てを深く評価するための質的で高く評価されるべき手法であるといい、反対者は、信頼性の低い欠陥だらけのテストだと主張している。 その他 [ ] 、のにロールシャッハ生誕129周年をしてロールシャッハ・テストがに採用された。 著作 [ ] 論文 [ ]• 357—400• 121—128• 175—180• 403—406• 451—474• 524—527• 53—58• 270—272• 898—905• 254—258• 385—388• Ein Mord aus Aberglauben, Schweizer Volkskunde 10, 1920, S. 39—43• 360—361 専門論文集 [ ]• Psychodiagnostik. Methodik und Ergebnisse eines wahrnehmungsdiagnostischen Experiments Deutenlassen von Zufallsformen , Ernst Bircher, Bern 1921 遺構 [ ]• Emil Oberholzer Hrsg. 240—274• 395—441• : Briefwechsel, , Bern 2004, 脚注 [ ]• 213. 335. 342. Rorschach-Test: Sag mir, was du siehst — und ich sag dir, wer du bist, Tages-Anzeiger vom 29. Dezember 2007• , p. 1526. - 、2013年11月8日閲覧。 参考文献 [ ]• 『世界文化大百科事典 11 ラフアーワンリ 索引』、(原著1971年)。 『グランド現代百科事典 30 リツホーン』鈴木泰二、(原著1983年6月1日)。 、ほか著『心理学大図鑑』、訳(原著2013年1月22日)。 、ほか著『哲学事典』(原著1973年8月20日)、初版第4刷。 Iris Blum und Peter Witschi Hrsg. Manfreg Reitz: Die Psychologie der Kleckse, Aus Wissenschaft und Forschung, Pharm. Ind. 70, Nr. 11, 1298-1300 2008 , ECV: Editio Cantor Verlag, ISSN 0031-711X 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - dort:• Artikel in der NZZ, 25. Juli 2009.

次の

ウォッチメン

ロールシャッハ 医師

ロールシャッハ・テストは、今回の公認心理師試験には出題されていませんでした。 ですが、今後もずっと出ないとは到底考えられない領域です。 少なくとも臨床心理士試験では、毎年1問は出ていたと思います。 これから数回にわたって、資格試験対策用のロールシャッハ・テストに関する内容をまとめていきたいと思います。 どの本を読んでも資格試験に向けて適切な解説がなされているものはないので(当然ですけど)、この際、細やかに行ってみようと思っています。 一応、まとめた資料はあるのですが、久々に書き下ろしていこうと思います。 第1回は「歴史および基本的理解」です。 長くなりますので、お付き合いくださいませ。 ヘルマン・ロールシャッハについて 1884年、スイスにて生まれます。 父親は小中学校の美術教師でした。 母親はロールシャッハが13歳の時に他界しており、父親はその後、母親の妹と再婚しています。 幼いころのあだ名は「クレックス(Klex)」で、これは「インクのしみ」「インクの汚れ」という意味でした。 なぜこのようなあだ名がついたのか? 当時、スイスではある遊びが流行っていました。 日本の駄菓子屋さんにはボール紙におもちゃの入った袋がホッチキス止めされていますよね。 あんな感じで、スイスにも「クレクソグラフィ」というセットが売っていました。 クレクソグラフィは紙とインクがセットになったもので、紙にインクを垂らして、半分に折って何に見えるかを言い合って遊ぶものです。 ヘルマン・ロールシャッハはそれがとても上手だったようで、そのため「インクのしみ」というあだ名がついたということです。 芸術への関心が高かったことも影響しているかもしれません。 大学に進む際、悩んだ末に医学の道を選びましたが、美術への興味を持ち続け水彩画を描き続けました。 実はこのことはロールシャッハ・テスト作成に大いに役立っております。 おそらく、ヘルマン・ロールシャッハ自身が手を入れたのでしょう。 ヘルマン・ロールシャッハは、1910年~1913年に教員をしていた友人とともにクレクソグラフィについての研究を行いました。 クレクソグラフィで才能豊かな子どもの反応はより空想や想像に満ちた反応をすることに気づいていたためです。 1912年ブロイラーの指導で、幻覚に関する学位論文を提出しています。 ブロイラーは統合失調症概念を提出した一人として有名ですね(もう一人はエミール・クレペリンですよ)。 上記の通り、元々クレクソグラフィの研究をしていたことも相まって、ヘルマン・ロールシャッハは、1917年末~1918年始めに、インクブロットを用いての性格の鑑別診断を行おうと決断しました。 【H8-31B、H16-34BCD、H17-12D】 ロールシャッハ死後の研究者たちとサインアプローチ ここでは、ロールシャッハの亡き後の有名どころの研究者たちと、彼らが示した有名なサインアプローチについて紹介していきます。 ちなみに「サインアプローチ」とは以下のようなことを指します。 「 群間比較に基づいたいわゆる実証的なデータから、スコアおよびその量について、その意味するところに関する知見を示すことである。 例えば、「M反応の多い人は、~である」というように、述語部分を対象の属性に依拠して決定した上で、命題の主題に当たる部分をさまざまなスコア特徴で発見する試みである(片口安史,1974)」 【H7-50C】 ベック(Beck,S,J:1886~1980) ロールシャッハ・テストの信頼性 信頼性とは「何回やっても同じ結果になる」という指標です。 信頼性を示す概念として、再現性、等価性、内的整合性が挙げられます。 再現性:同じ検査を時間をおいて繰り返して、その結果の相関を見る。 再検査法によって算出される。 等価性:類似した検査を同時に行い、その結果の相関を見る。 並行検査法によって算出される。 内的整合性:質問紙の場合、その検査の質問項目一つひとつが同じような価値を持っているということによって示される。 折半法などによって算出される。 これを見たときに、まずは内的整合性による信頼性の算出は困難であることがわかりますね。 10枚の図版で考えたときに、これらの図版がそれぞれ異なる意味を持つからこそロールシャッハ・テストには価値があるのです。 例えば、 折半法でやろうと思っても、10枚の図版を折半してしまって、その両方が同じ価値をもつということはあり得ないのはわかりますよね。 また、ロールシャッハ図版は唯一無二のものであり、複製は難しいため、等価性によって信頼性を示すのも困難です。 一応、RorschachがBehnにロールシャッハの平行シリーズを作成させてはいます(Behn-Rorschach test(1921))。 その他にも、カロ・インクブロット・テスト(1970)があるものの、やはり平行シリーズを用いての効果判定研究は極端に少ないと言わざるを得ません。 ロールシャッハ図版は一つの芸術作品のようなものです。 それと「等価」なものというのは、いわばとある絵画と全く異なる絵だけど「等価」なものを描きなさいと言っているようなものです。 そんなことは不可能ですよね。 これらの事情からロールシャッハ・テストの信頼性は再検査法(再現性)によるものに限られてしまいます。 ただロールシャッハ・テストの指標の中にも、年数がたっても変わりにくいものや、浮動性の高いものなどが入り混じっているので、その辺の難しさもありますね。 【H13-31D】 ロールシャッハの適用年齢 Ames,L. (1974)は、2歳でも個人としての特徴を示す、としています。 また、Klopfer,B. (1956)は、精神年齢が3歳に達していれば可能と述べています。 そして、一定数の反応を要するエクスナー法では、5歳児の標準データがあります。 適用可能年齢については諸説ありますが、共通して言えそうなこととして、 「少なくとも言語反応を得ることができれば、適応可能」という感じでしょうか。

次の