なか卯ペイペイ使い方。 吉野家で使えるクーポン&キャッシュレス決済まとめ。クレジットカードやタッチ決済、〇〇Payでおトクに支払いする方法

「楽天ペイ」の使い方とメリット 楽天カードユーザーは使うべき

なか卯ペイペイ使い方

2019年2月12日から電子決済サービス「PayPay(ペイペイ)」の『100億円キャンペーン第2弾』がスタートした。 またしても「PayPay狂騒曲」か……と思いきや、戻ってくる金額が抑えられていることもあって、昨年12月の第1弾ほどの「祭り」となっていないのが現状だ。 そう、2019年2月19日の16時から 松屋フーズが国内で運営する「松屋」「松のや・松乃家・チキン亭」「マイカリー食堂」「ヽ松(てんまつ)」でPayPayが使えるようになったのである! ペイペイッ!! それも手伝ってか、日頃から利用している人は多いだろう。 週に数回、もしかしたら毎日だなんて人もいるかもしれない。 で、PayPayを利用している人にとっては、またとないチャンスが到来した訳だ。 なにせ、キャンペーン中はPayPayで支払うと最大20%も戻ってくる。 例えば320円の牛めしを食べたとしたら、実質300円もしない計算なのだ。 金額としては微々たるものかもしれないが、何より 食事で還元されるのは嬉しいしチリも積もれば山となるってヤツである。 ・どうやって支払うの? しかし、問題点として「どう使えばいいのか」というのが浮上してくる。 スマホひとつで簡単に払えるようになったとはいえ、 やり方が分からなくて背後に長蛇の列となれば気まずいことこの上ない。 そのあたりの流れをHPで確認してみると……どうやら不安になることはなさそうだ。 ・松屋でPayPayを使ってみた というのも、 券売機でQRコード決済。 たったこれだけである。 もちろん、店員さんにスキャンしてもらう必要もナッシング! さっそく、最寄りの松屋でPayPayを使ってみることにした。 手順は以下の通りだ。 QRコード対応の券売機でメニューを選択して「QRコード決済」を押す 2. PayPayのアプリを起動して「支払う」ボタンをタップ 3. 券売機に表示されたQRコードをかざす これでOK、超カンタンだ。 支払いが完了したら発券されるので、いつものように店員さんに食券を渡そう。 ちなみに記者はプレミアム牛めし(380円)を注文したのだが、キャンペーンの恩恵があって丸々380円が戻ってきた。 楽天ペイやLINE Pay、Alipay、さらにWechatPayまで対応している。 これから先、キャンペーンに合ったものを使いこなすのも上手な立ち回りとなりそうだ。 参考リンク:、 Report: Photo:RocketNews24. ScreenShot:PayPay(iOS).

次の

「楽天ペイ」の使い方とメリット 楽天カードユーザーは使うべき

なか卯ペイペイ使い方

楽天ペイは、楽天会員が利用できる決済サービスだ。 楽天会員情報に登録したクレジットカードや楽天スーパーポイントを使って決済ができる。 「楽天ペイ」アプリをスマホに導入すると、スマホに表示したバーコード/QRコードを読み取ってもらったり、店舗に設置してあるQRコードをスマホで読み取ったりして決済が可能だ。 カードを提示せずにクレジットカード払いができるため、手軽で安全性が高いことが魅力。 当然、チャージも必要ない。 また、楽天ペイで200円支払うごとに楽天スーパーポイントが1ポイントたまる。 登録しているクレジットカードが楽天カードの場合は、さらに100円につき1ポイント加算されるので、200円で3ポイントたまる計算だ。 楽天ペイを実店舗で使う方法は、自分のスマホにバーコード/QRコードを表示させて読み取ってもらう「コード表示」、お店が表示するQRコードを読み取る「QR読み取り」、支払うお店をアプリのリストから選択し、自分で金額を入力して支払う「セルフ」の3種類がある。 この他、ECサイトなどでも使えるが、今回は実店舗で使う決済方法を紹介しよう。 「楽天ペイ」アプリの使い方 実店舗で楽天ペイを利用するには、楽天ペイアプリが必要だ。 iOS版、Android版が用意されており、iOS 9. 0以降、Android 4. 3以降で利用できる。 初回のアプリ起動時には、楽天会員IDを入力してログインする。 楽天会員IDを持っていない場合は、アプリから新規会員登録が可能だ。 支払いに利用するクレジットカードを設定するが、既に楽天会員として登録しているクレジットカードがあるなら、それが表示されるので選択すればOK。 登録がない場合は、新たにクレジットカードを登録する。 利用できるカードは、全ての楽天カードと、その他のVisa、MasterCardブランドのカードだ。 前述の通り、楽天カードはポイントがたまりやすいので、楽天カードを登録するのがお勧めだ。 支払いが終わると確認画面に切り替わる。 会員IDに登録しているメールアドレスに確認メールも届く お店側がQRコードを表示し、それをスマホで読み取る「QR読み取り」の支払いに対応しているのは飲食店や美容院が多い印象だ。 QRコードは紙に印刷されたものや、iPadに表示されたものがある。 支払い方法に楽天ペイを指定し、店員さんがQRコードを表示したら、アプリの支払い画面を左右にフリックするなどして「QR読み取り」画面を表示し、コードを読み取る。 金額の入力が必要な場合は、指定された金額を入力。 確認画面で「スライドでお支払い」のボタンをスライドさせると支払いが完了。 お店側の端末画面にも決済完了の通知が表示される。 アプリのメニュー。 楽天ペイが使えるお店を検索できる メリット:楽天スーパーポイントがたまりやすい 各社が続々と参入しているバーコード/QRコード決済にいち早く取り組み、対応店舗を広げている楽天ペイ。 ふらりと入ったお店に楽天ペイのステッカーが貼られていることがあり、他のバーコード/QRコード決済サービスより使えるお店が多い印象はあるが、まだどこでも使えて便利というほどではない。 最も大きなメリットは、楽天スーパーポイントがたまる・使えるということだろう。 楽天ペイを使えば200円で1ポイント、登録しているクレジットカードが楽天カードなら、通常のカード利用ポイント(100円で1ポイント)もたまる。 楽天ペイを使うからという理由で楽天カードを持ってもいいかもしれない。 また店舗側は、他のバーコード/QRコード決済同様、QRコードを表示する・読み取れるツールを用意すればいいので、導入コストが安いというメリットがある。 不満点:クレジットカードが必要 支払いは登録したクレジットカードから引き落とされるので、クレジットカードを持てない人は使えない。 楽天カード以外に使えるカードが、現在、VisaとMasterCardブランドのカードのみという点にも、不満を感じる人がいるかもしれない。 また、楽天ペイは結局のところクレジットカード払いだが、使える場所の数で見れば、まだ楽天カードを使えるお店の方がずっと多い。 クレジットカードを出さなくてもいいので安全性は高いが、その代わりにスマホで楽天ペイアプリを起動しなくてはならない。 その手間賃にプラス1ポイントが付いてくるといった感じだ。 さらに、他のバーコード/QRコード決済同様、データ通信が使えない環境ではバーコード/QRコードを表示できないので決済できない。 楽天カードユーザーは絶対使うべき 楽天ペイは、楽天カードを支払いカードに登録しているとポイントの付与率が高くなるので、楽天カードを持ち、楽天経済圏でさまざまなサービスとメリットを受けたいと思う人にお勧めだ。 楽天カードを持っていない場合は、他のバーコード/QRコード決済サービス以上のメリットは特に感じられない。 楽天は現在、非接触決済サービスとして「楽天Edy」も提供している。 楽天ペイは楽天Edyほど利用できる場所がまだ多くないが、今後、QRコード決済の広まりに応じて対応店舗はどんどん増えていくはず。 そうなれば、もっと便利さを感じられるようになるだろう。 また、近い将来、楽天ペイ、楽天Edy、楽天スーパーポイントを1つのアプリで管理できるようになり、楽天ペイアプリから個人間送金も可能になる予定だ()。 こうした環境が整ってくれば、楽天の決済サービスの利便性はまた一段アップする。 そのときが来るのを期待したい。 関連記事• 楽天は、「楽天ペイ」「楽天Edy」「楽天スーパーポイント」を1つのアプリで管理できるようにする予定。 個人間送金も開始する。 時期は未定。 楽天は、スマホアプリ決済サービス「楽天ペイ」を「楽天生命パーク宮城」観客席でのドリンク販売に導入。 7月7日からQRコード決済が利用可能となる。 Android専用「楽天Edyアプリ」に新機能が追加。 端末へ「Edyカード」などをかざすと登録情報を読み取り、Edyカードへのポイントチャージや楽天会員情報に登録しているクレジットカードからのチャージが可能となる。 UIも改善し、新機能追加を記念して最大Edy5000円分プレゼントキャンペーンも行う。 2017年3月に楽天は「楽天ペイブランド構想」を発表。 キャッシュレス決済が足踏み状態にある日本を、楽天のエコシステムで変えていくという。 2020年を見据えた同社の戦略を聞いた。 「Google Pay」は、楽天Edy、nanaco、Suica、WAONの電子マネーサービスを一括で管理できる。 現在はGoogle Payで支払うと電子マネーが当たるキャンペーンも実施している。 そんなGoogle Payを使うメリットを解説する。 関連リンク•

次の

「楽天ペイ」の使い方とメリット 楽天カードユーザーは使うべき

なか卯ペイペイ使い方

お得なポイント還元! キャッシュレス・消費者還元事業を含めた還元率 対象店外 0. auPayの利用にはauIDが必須ですが、auユーザー以外が作成することができず結果としてauPayの利用が不可となっています。 8月29日からすべてのユーザーが利用可能になりました! auユーザー以外でも利用可能に! 8月29日からauユーザー以外でも利用可能になりました。 これでドコモのd払いと同様にすべての方が利用できるようになり利便性が上がりましたね…! auPAY独自のキャンペーンもあるのでお得に使いこなしましょう! auWALLET クレジットカードでポイント2重取り!? au WALLET クレジットカードはauユーザーなら必ず持っておきたい、年会費無料で高還元のお得なクレジットカードです。 一般的なクレジットカードと一緒ですが、 auPayとあわせると1. auPAYとあわせてポイント2重取りが可能に…!! auWALLETポイントをメインに利用しているauユーザーの方にはかなり重宝できるクレジットカードとなっています。 さらに、auWALLETクレジットカード使ってお買い物でたまったポイントがカード請求にあてることができます。 つまり、ポイントを利用して請求額を減らせるのです。 また、セブンイレブンやマツモトキヨシなどのポイントアップ店でau WALLET クレジットカードを利用すると、ポイントがさらに貯まりますよ…! au WALLET クレジットカードは、をご覧ください。 詳しく解説しています。 auPAYyに残高が足りない場合でも、au WALLETポイントがあればすぐにチャージが可能です。 ほかにもチャージ方法はいくつかあり、コンビニなどでチャージする現金でのチャージ方法のほかに、じぶん銀行を利用してのチャージやauかんたん決済などもあります。 還元率は0. 他のスマホ決済サービスと比較すると物足りない(他スマホ決済がキャンペーン中なので。 ) ですが、au WALLETクレジットカードを使えば還元率1. 同じ額を現金とauPAYで支払った場合ポイントが付与されるのとされないのでは、ポイントを受け取り現金同様に利用できる方がお得になりますよね。 8月29日から全てのユーザーが利用可能になりました。 コンビニや家電量販店、一部の飲食店であれば利用可能となっていますが、ローカルなお店やチェーン店以外は現状として対応していないお店の方が多いです。 今後加盟店が増える見込みなので、期待したいところです。 楽天ペイと提携! 6月25日からでauPAYがつかえるようになりました…! 楽天ペイと提携したことで相互のお店で利用可能になりましたよ。 au PAY:評判・口コミ auPAYの評判をまとめています。 昨日au payを使ってゲオでd-01jを本体のみ8290円で購入。 俺今PayPayとauPay使ってるんだけどさ auPay使えないわー ホント利用可能店舗が少な過ぎ ローソン以外のコンビニは使えないわ 飲食店もはなまる以外これはと思う店がない これからの改善に期待だけど どうもPayPayの陰に隠れて後手後手に回ってしまった感が強い — のんちゃん jazzranchan 使えるお店が少ないのはかなりデメリットですね…。 送信すると確認コードが届くので、画面で確認コードを入力して登録情報を入力。 届いたSMSメールに記載された認証コードを入力します。 その際、auPAYで利用する時に利用する暗証番号も設定します。 登録者情報の入力が完了しますと設定終了です。 au WALLETポイントをPontaポイントに統一。 au IDとPonta会員IDを連携• Pontaアプリに、スマホ決済サービス「au PAY」を実装• au WALLETアプリに「デジタルPontaカード」を実装 この2つの統合で会員数が1億を超えます…!• Ponta:9,200万• au WALLET:2,200万• 合計1億以上 ものすごい大きな経済圏ができあがります。 もちろん、auPayのローソン特別キャンペーンなども期待できますね。 今後の動向に注目です。

次の