トイレ 壁 掃除 セスキ炭酸ソーダ。 トイレの壁の掃除方法!尿の飛び散り汚れの落とし方から消臭まで

セスキ炭酸ソーダの使い方|油汚れ・カビ掃除や消臭に/重曹との違い

トイレ 壁 掃除 セスキ炭酸ソーダ

セスキ炭酸ソーダってそもそも何? このセスキ炭酸ソーダの成分は 重曹と炭酸ナトリウム(炭酸ソーダ)が混じったものです。 炭酸ナトリウムは強力なアルカリ性で、昔から家庭の身近にある重曹の成分を混ぜることで、だれにでも使いやすい洗剤となります。 なのでセスキ炭酸ソーダといっても新たに開発されたというよりかは、 より使いやすく進化させたといった感じでしょうか。 ここでは炭酸ソーダと重曹が混ざって、セスキ炭酸ソーダと言いましたが、調べるともともと自然界にセスキ炭酸ソーダというものが存在しているとのこと。 でもそれはそれとして、同じものなのであまり気にせずいきましょう。 セスキ炭酸ソーダと重曹との違いは? セスキ炭酸ソーダは強いアルカリ性なので、 洗浄力に定評があります。 一方、重曹は弱アルカリ性なので洗浄力がセスキ炭酸ソーダに比べ弱くなります。 本当は炭酸ソーダ 炭酸ナトリウム が一番洗浄力が強いんですが、強すぎて家庭での使い勝手が悪く、そこで炭酸ソーダと重曹の間の商品としてセスキ炭酸ソーダが開発されました。 あとはセスキ炭酸ソーダは 水に溶けやすいので、水に薄めてスプレーで使用することができ、 使い勝手が良い点も話題のポイントとなっています。 一方、重曹も掃除に大活躍するんですが、水に溶けづらいといったのが若干の弱点となります。 なので、水に溶かしてスプレーで使おうとすると詰まりが発生することがあって使い勝手がややいまいち。 重曹スプレーって商品はあまり見かけないのはこのせいかもしれません。 セスキ炭酸ソーダの得意な汚れ セスキ炭酸ソーダはざっとまとめると以下の3つの汚れ落としが得意! ・ 皮脂や手垢、血液など身体から出るタンパク質汚れ ・ 油汚れ ・ 洗濯の下処理 洗浄力に優れているので、人の体内から出た汚れや、成分の分解といったような役割に抜群の効き目を発揮します。 あと タバコのヤニで黄ばんだお部屋の壁紙にも効果を発揮するので使ってみて下さい。 セスキ炭酸ソーダの苦手な汚れ ・ひどい油汚れ(こびりついたもの) ・泥汚れ ・水あか セスキ炭酸ソーダは洗浄力は強いんですが、逆に粘り強くしつこい汚れといった頑固なものにはめっぽう弱いというか効果を発揮しません。 軽い油汚れには有効です なので万能洗剤ではないという点に注意が必要になります。 あと アルミ、畳、白木などには使用しない方がいいとのことです。 重曹の得意な汚れ ・焦げ付きの除去 ・茶渋など軽い汚れの除去 ・消臭 重曹の特徴は 研磨力になります。 なので汚れを削り落とすという汚れに対して有効です。 顆粒が大きいため水に溶けずらいですが、こういったメリットもあります。 ガリガリ行く感じですねw そして洗浄力がないわけではないので汚れも落としてくれます。 あと重曹は 消臭にも効果大なので、使える幅が広いという点で昔から人気があったんでしょうね。 重曹の苦手な汚れ ・ステンレスなどの傷のつきやすい製品 重曹は研磨力があるがゆえに、柔らかい素材(製品)には傷をつけてしまう恐れがあります。 買ったばかりの物を洗おうと重蔵を使ってこすったら傷がついたなんてこともあり得るので注意が必要です。 セスキと重曹がダメな場合にはクエン酸があります セスキ炭酸ソーダと重曹はアルカリ性。 一方、 クエン酸は酸性と真逆の性質をもちます。 なので簡単にいうとセスキ炭酸ソーダと重曹が苦手なものにはだいたいクエン酸が効果を発揮します。 ・水あか(ポット等) ・せっけんかす そしてクエン酸は水にも溶けやすいので、スプレーにも向いてます。 セスキ炭酸ソーダでピッカピカ ここまではセスキ炭酸ソーダ・重曹・クエン酸のそれぞれの使い方と特徴をお伝えしてきましたが、ここからはセスキ炭酸ソーダを使ったお掃除方法をお伝えしていきます。 水回りや多くの物はこれ一本でイケると思いますよ。 いままで落ちなかった汚れなんかももしかしたらあれっ?といった感じで落ちてしまうかも! セスキ炭酸ソーダでお風呂掃除 お風呂の浴室や浴槽って今は何を使ってお掃除していますか? セスキ炭酸ソーダを使えばお風呂場もピッカピカに。 雑巾かスポンジは汚れの程度によって変えていただければ大丈夫です。 そしてセスキ炭酸ソーダにも 消臭成分が含まれているので、 排水溝の掃除にも効果がありますので、掃除後は流して排水溝の洗浄にも効果的です。 一石二鳥ですね。 シャワーヘッドや蛇口は? シャワーヘッドや蛇口なんかは 水アカやカルキ汚れなどのアルカリ性の汚れがメインとなるので、 ダブルでの洗浄がおすすめです。 汚れの程度にもよりますが、まずは アルカリ性の汚れにはクエン酸ですね。 水200mlに対して小さじ1のクエン酸を入れた容器にシャワーヘッドを 1~3時間ほど浸けおきします。 時間や濃度は汚れに応じて調整してください。 そして次にセスキ炭酸ソーダで皮脂などの酸性の汚れを浸けおきで落とします。 分量は水500mlに対し、小さじ1のセスキ炭酸ソーダをいれます。 30分ほど浸け置きした後にブラシで擦ります。 そしてタオルで拭き取れば完了になります。 浸けおきが面倒であれば、クエン酸の場合は浸け置き時間を短くし濃度を濃くする。 (ただしクエン酸は浸け置きが効果があるので、注意が必要です) セスキ炭酸ソーダ水の場合は浸けておきながらブラッシングでもいいと思います。 浴槽のカビには? 浴槽のカビにもセスキ炭酸ソーダは効果あるの?ってことなんですが、答えは NOになります。 重曹やクエン酸も効きません。 カビはこれらの洗浄力では太刀打ちできません。 なのでここはあきらめて市販の界面活性剤入りの塩素系のカビ取り剤、要はカビキラーなんかを使いましょう。 セスキ炭酸ソーダで床掃除 床掃除にもちょっと気を付ければ問題なくセスキ炭酸ソーダでイケちゃいます。 まず気を付けるのは、白木じゃなければ大丈夫です。 あとは濃度もセスキ炭酸ソーダ水を雑巾に吹き付けて床掃除だったら問題ありません。 濃度が濃いとフローリングのワックスがはがれるなんてこともあるようですが、よっぽのことがない限り、大丈夫でしょう。 なので白木、セスキ炭酸ソーダの濃度の2点に気を付けてもらえれば問題ないです。 セスキ炭酸ソーダで洗濯 ワイシャツのエリやソデの汚れ、食べ物のシミ、血液のシミにもセスキ炭酸ソーダ水を吹きかけてから洗濯機で洗濯すると効果的で、消臭にもなります。 ただこれは漂白剤が使えないものや漂白剤がない場合に代用で使うといった感じの使い方がいいような気がします。 ひどいものだとセスキ炭酸ソーダ水だけでは汚れが落ちきらない場合があるので。 セスキ炭酸ソーダでトイレ掃除 トイレ掃除は基本クエン酸スプレーを使用することをおすすめします。 というのも、 クエン酸には抗菌作用があり、酸性。 便器内、便座、床などの、水垢やトイレの黄ばみの掃除にはクエン酸が効果的なんです。 あとトイレの臭いの原因となるアンモニアはアルカリ性なので、酸性のクエン酸が大活躍しちゃいます。 じゃセスキ炭酸ソーダは参上しないのかというとそういうわけではなく、基本はクエン酸でというだけです。 トイレの汚れもアルカリ性の汚ればかりではありません。 なのでたまにセスキ炭酸ソーダ水を使って掃除してあげることをおすすめします。 トイレの黄ばみ(尿石汚れ)には? トイレ掃除をこまめにやっていればいいんですが、中にはたまにしか掃除していなくて、いつの間にか黄ばみ(尿石汚れ)が…なんて方も少なくないんじゃないでしょうか? そんなときには重曹とクエン酸を使った黄ばみ(尿石汚れ)の落とし方をおすすめします。 やり方はいたって簡単で、便器の中の黄ばみ(尿石汚れ)にクエン酸を振りかけて、その上から重曹を振りかけます。 泡が発生するのでブラシでこすります。 そして最後に水で流します。 そうすると、重曹とクエン酸が化学反応を起こして汚れを落としてくれちゃいますので。 セスキ炭酸ソーダは入浴剤にも使える? 普段は掃除に使っていた セスキ炭酸ソーダを入浴剤としても使えるということで実際に使ってみました。 始めは多少抵抗があったのでお風呂に対して大さじ3~4杯程度にしておきました。 他の記事をみると大さじ5杯とあったので。 そして入れすぎるとアルカリに傾きすぎて肌荒れを起こす場合があるとのことで、3~4杯ならまぁ大丈夫かなと。 セスキ炭酸ソーダは水に溶けやすいので、入れると瞬く間にスーっと溶けていきました。 入浴時には若干のヌメリがあります。 ただお肌がつるつるになるんんじゃないかと期待感もあります。 温泉でもアルカリ泉は美肌をうたっているところが多いので一緒なのかなと。 お風呂上りは肌もしっとりとしてよい感じをうけました。 たぶんですが、もっと入れても普通に大丈夫だと思います。 次は大さじ5~6杯くらい入れてみようと思いました。 あと入浴剤としてセスキ炭酸ソーダを使うと流すときに排水溝の掃除や汚れの抑制、浴槽のカビや汚れの予防にもなるので、一石二鳥ですね。 まとめ いかがでしたでしょうか? セスキ炭酸ソーダを中心に重曹、クエン酸と掃除に使われるものの違いや用途についてまとめてみました。 セスキ炭酸ソーダと重曹はアルカリ性。 クエン酸は酸性ということでした。 まずはこの分類が大事になります。 酸性の汚れなら セスキ炭酸ソーダor重曹。 アルカリ性の汚れならクエン酸といったように。 そして注意点が何点かあり、 重曹を使う場合には柔らかい素材には使わない方がいいということと、 カビにはこの3点は効果がないので、あきらめて市販のカビキラー等を使用しましょうとのことでした。 セスキ炭酸ソーダがテレビやメディアで取り上げられ、内容を詳しく知らないと万能な洗剤と勘違いしてしまいますが、実はそうでもないんですよね。 ただ便利で洗浄力が強いのは間違いないので、使える幅が広いのは間違いありません。 用途をしっかりと理解して、正しく簡単に汚れを退治していきたいですね。

次の

実は見落としているかも? トイレ掃除のポイントは「壁」だった

トイレ 壁 掃除 セスキ炭酸ソーダ

<目次>• セスキ炭酸ソーダとは? キッチンの油汚れも掃除できるって本当? セスキ炭酸ソーダとは、 油やたんぱく質を分解する特徴を持つアルカリ性の洗浄剤です。 炭酸水素ナトリウムと炭酸塩の複塩で、主にキッチンの油汚れ、布ナプキンなどの血液汚れ、襟の皮脂汚れの洗浄に優れています。 洗浄力が高いのに肌への負担が少ないため、ナチュラルにこだわりがある人におすすめです。 臭いもなく、常温で長期間保存をしても変質しにくいため、家庭で保管するのも楽です。 見た目は重曹と似ていますが、重曹と違って水に溶けやすいのでスプレーとして使用することができ、 掃除や洗濯の部分洗い時に重宝します。 また、セスキは入浴剤の主成分として使われていることが多く、とても身近な存在です。 6から10の弱アルカリ性です。 見た目もよく似ているこの3つの違いと特性を簡単に解説します。 重曹 ph8前後の弱いアルカリ性の物質。 主に、 茶渋やお鍋の焦げ付きを落とす研磨剤、 排水溝など生臭いニオイをとる消臭剤としての役割があります。 強い油汚れには不向き。 水に溶けにくいため、スプレーにはおすすめできません。 クエン酸 酸性。 レモンなどの柑橘類やお酢などの酸味を顆粒状にしたもの。 水アカや石鹸カス、トイレの汚れ(特に尿の汚れ)などを落とすのが得意。 漆器類や金属は溶かしてしまうため、使用不可。 セスキで掃除した後にクエン酸で簡単に拭くと曇りが取れてツヤがでます。 水に溶けやすいので、スプレーにして使用するのもおすすめ。 セスキ炭酸ソーダ pH9. 6~10の重曹よりもやや強いアルカリ性。 酸性の油汚れ、皮脂の汚れや血液汚れ落としに強い。 水に溶けやすいため、スプレーで使用することができます。 セスキ炭酸ソーダは重曹より強いですが、少ない量で汚れをしっかり落とす効果があります。 重曹より強いと言っても、界面活性剤不使用のため毒性が低く、環境にやさしいエコ楽アイテムとして広く愛用されています。 しっかり把握しておきましょう。 ・ 手袋の着用 セスキ炭酸ソーダを取り扱う際は手荒れの可能性もあるため、肌が弱い人はゴム手袋や使い捨て手袋の着用をおすすめします。 なぜなら、肌はタンパク質でできているため肌が弱い人は刺激を受けやすいからです。 ・ 吸い込まないようにしましょう 粉末を吸入してしまうと呼吸器を傷めたり、喘息を悪化させることがあります。 心配な方はマスクで対策をとりましょう。 ・ 50度以上の加熱は危険 セスキ炭酸ソーダを加熱するとアルカリ性が強くなるため、必ず手袋を着用しなければいけません。 ・ セスキ炭酸ソーダで掃除をしてはいけない場所• 畳やゴザのい草製品 =黄色く変色、シミになる• 無垢材、桐、白木など木質系の素材 =シミになり落とせない• 無垢材以外の塗装した木部分(出窓や腰高窓の枠など)• ジュート(黄麻)などの繊維素材カーペット等 =畳と同様に変色• 泥汚れには向かないので注意しましょう。 やり方は簡単、襟袖の汚れた部分にスプレーをするだけです。 この時に汗ジミのような頑固な汚れには、スプレーをかけた上から石鹸をつけてブラシでこすった後に洗濯機へ入れましょう。 つけ置き洗いは布ナプキン、赤ちゃんのオムツ、ペットが粗相をした布製品、子供服の汚れ(泥汚れには向きません)など幅広く活用できます。 洗い方は、水5リットルに対してセスキ炭酸ソーダを大さじ1杯程度入れてしばらく浸けるだけ。 その後は普通に洗濯機で洗いましょう。 また、すすぎの回数も少なくて済みます。 ウエスまたは布巾• キッチンペーパー• 古歯ブラシまたは掃除用ブラシ• 高ほうき、ハタキ、フローリングワイパーなどの長いもの キッチンの油汚れがひどい場所の掃除ポイント (食器棚・吊り戸棚の外周、冷蔵庫の外周、照明器具のカサ、天井、壁、コンロ周りの床、家電各種の外周、ガスコンロや換気扇の周り) キッチン周りで気になるのは茶色くベタベタになった汚れ。 これは調理中に跳ね飛んだ油や油煙と呼ばれる微細な油の粒子による汚れです。 その後、濡れ布巾ですすぐように拭き落としましょう。 まず、セスキ炭酸ソーダ水溶液をキッチンペーパーなどにしみこませ、湿布のように貼って少し時間を置きます。 そして重曹を水で溶いたペーストを塗って置き、しばらく後に擦るとよく落ちます。 各パーツに付着している油汚れをなるべく拭き取っておく• バケツあるいは段ボール箱の内側にゴミ袋を装着した中に、熱めのぬるま湯を注ぎ、パーツを浸して汚れを緩める• 緩んだパーツは取り出して、古新聞紙を敷いたシンクの上などに置く• パーツに重曹をふりかけ、汚れを吸わせながら古歯ブラシで擦り、汚れを掻き出す。 汚れの激しいところは液体石けんを併用する• 汚れが固い部分には、セスキ炭酸ソーダスプレーをかける• 汚れ液をウエスで拭い、その後熱めの湯で濯ぐ。 ギトギトが残っている部分は、4から再度やり直す。 濯ぎに酢などのリンスを使うと石けん分がよく落ちる• しかも厄介なのはこういった場所(冷蔵庫と壁の間や、食器棚と壁との隙間など)にまで油煙は入り込んでしまうため、しっかりと拭き掃除をしなければいけません。 手が届かない場所には高ほうき、ハタキ、フローリングワイパーなどを使いましょう。 ウエスにペパーミントのエッセンシャルオイル(又はハッカ油)を1~3%希釈させた、5%のセスキ炭酸ソーダ液を浸します。 高ほうき、ハタキ、フローリングワイパーの先端に括りつけ、突っ込んでゴシゴシ拭きましょう。 雑菌の温床である排水管も併せて掃除しましょう。 排水溝の掃除は粉末タイプの方がきれいに落ちます。 排水管、排水バスケット、蓋を取り出す• 排水バスケットと蓋を水で濡らす• スプーンでセスキ炭酸ソーダをまぶすようにかける• 10分ほど放置• ブラシかスポンジを使ってこする• 食品を扱うため、衛生的に保たなければいけません。 出来る限りマメに掃除をするよう心がけましょう。 スポンジ• 食器用洗剤• ウエスまたは布巾 冷蔵庫外周の掃除ポイント セスキ炭酸ソーダ水スプレーをウエスに吹き付けて湿らせたもので拭き、汚れの酷い部分には直接スプレーして数分おいて拭き取り掃除をします。 このとき、コンセントや基盤を濡らさないように注意しましょう。 冷蔵庫内部の掃除ポイント 冷蔵庫内部を掃除するときは先ず中身(食べ物)を出しましょう。 掃除の時期は食品が傷みにくい冬が最適です。 取り外しができる棚部分は取り外し、こちらはシンクで洗います。 このとき、しつこい汚れは食器洗い洗剤とスポンジを使って洗いましょう。 内部にセスキ炭酸ソーダスプレーを噴射する。 汚れがひどい箇所はセスキ炭酸ソーダ数分おくと取れやすくなります。 布巾又はウエスで全体を拭き取るようにします。 最後にシンクで洗った棚の水けを取り元に戻します。 大して汚れていなければ、布巾かウエスにセスキ炭酸ソーダをしみこませて拭き取るだけでも十分です。 冷蔵庫の取ってなど手垢がつきやすい場所も拭き取りましょう。 レンジフード(電子レンジの内部)の掃除ポイント セスキ炭酸ソーダで掃除をしよう! 壁といっても、一般的なビニールクロスの壁のお手入れ方法をご紹介します。 また、同じビニールクロスでもエンボスの崩れやすさは様々ですので、目立たない場所で一度試してから全体掃除にかかりましょう。 柱や土台部分に木片がある際は注意をしてくださいね。 布巾または雑巾2枚• まず、ホコリが溜まったり付いたりしている場所を掃除機で吸い取ります。 ドア・ドアノブにセスキ炭酸ソーダを噴射します。 数分おいてから布巾で磨くように拭き取りましょう。 これに雑巾を浸してかために絞ります。 その雑巾で壁面を軽く叩くように洗剤液を塗布し、数分置きます。 次に、綺麗な雑巾をぬるま湯でよく絞ったもので、同じく叩くように洗剤液を拭き取っていきます。 汚れた雑巾はぬるま湯で洗いながら、叩き拭いていきましょう。 ゴシゴシ擦ると壁紙がよれたり、エンボスが汚く崩れることがあるので注意してください。 広い面を一度にやろうとせず、また雑巾が汚れたらその都度綺麗なものに替えて拭くのがポイントです!最後に乾いたウエスで水気が残っている所を拭き取ったら完了です。 外部は水だけ、またはメラミンスポンジを使えば落ちます。 削れ出たくず類は掃除機で吸い取りましょう。 ここではベランダ内部の掃除方法をご紹介します。 メラミンスポンジ• バケツに水とセスキ炭酸ソーダを混ぜて、濃度1%の水溶液を作る。 メラミンスポンジを水溶液に浸し、よく絞る• 上から下、右から左にけて軽いタッチで拭き下ろしていく• このときに出たくず類は掃除機で吸い取る ベランダの掃除ポイント セスキで掃除をする前に、ほうきとちり取りでベランダのゴミをきれいに取り除きましょう。 泥砂も吸える掃除機があれば、細かなホコリもしっかり吸っておくと拭くのがラクになります。 雑巾または古いタオル• バケツ• ほうき、ちり取り• 古歯ブラシ• ほうき、ちり取りでベランダのゴミをきれいに取り除きましょう• 泥砂も吸える掃除機があれば、細かなホコリもしっかり吸っておくと拭くのがラクに• バケツに水を少なめに汲み、古タオル等のボロ布をしっかり浸してよく絞ります。 そのボロ布で、床面を水拭きします。 はじめにあるだけのボロ布を濡らしておいて、どんどん拭ける状態にして置くと効率が良くなります(汚くなったボロ布はそのまま捨てます)• 汚れの色が黒っぽい場合には、「セスキ炭酸ソーダスプレー」を噴霧しながら拭くと汚れが良く落ちます• 緑色の苔汚れは、ハイターやカビキラーなど(次亜塩素酸ナトリウムスプレー)を少しかけ、10分ほど置いてから古歯ブラシで擦るとよく落ちます。 次亜が嫌な場合、少量の熱湯を数日に分けて数回ずつかけて枯らすという方法もあります。 掃除機• 全体にシッカリ掃除機をかけます。 掃除機のかけ方のコツはヘッドをゆっくり動かし、狭い範囲ごとに塵やホコリや抜け毛などの汚れをしっかり吸い取ります。 微細なホコリや足裏の汗などでべたつくような感触がある場合、お湯拭きが効果的です。 毛羽のない布を熱めの湯で絞り、絨毯の毛足を立てるように拭いていきます。 その後、お湯のみの布で濯ぎ拭きをします。 湿気はダニ発生を促すので、お湯拭きの後はよく部屋を換気して、乾燥させましょう。 経年して変色の激しい汚れについては、絨毯やカーペット専門の清掃業者に依頼するのが無難です。

次の

セスキ炭酸ソーダでトイレ掃除 家中丸ごとピカピカ

トイレ 壁 掃除 セスキ炭酸ソーダ

セスキ炭酸ソーダで壁紙掃除をするときは、次のような工夫もできます。 ラクに汚れを落とせて、より気持ちのいい仕上がりになりますよ。 薄めに作って水拭きを省く 軽い汚れなら、 セスキ炭酸ソーダの量をさらに半分ほどにして濃度を薄めたものでも十分。 薄めにつくれば水拭きで仕上げなくてもいいので、手間が省けますよ。 好みの香りを楽しむ セスキの粉末自体に香りはありません。 なので、掃除を楽しく進めたいときは、 好みのエッセンシャルオイルなどを1滴加える工夫もおすすめ。 掃除しているうちに香りが広がって、拭き終わる頃には気になる臭いが消えていますよ。 壁紙をセスキ炭酸ソーダで掃除するときの注意 セスキ炭酸ソーダを使えばたいていの汚れを落とせますが、使うときは注意点もあります。 どれも簡単なことなので、掃除を始める前におさえておきましょう。 吸水性のある壁紙には使わない.

次の