新型 レヴォーグ。 【レヴォーグ 新型情報 リーク】発売日や予約、デザイン(内装、外装)、エンジン、燃費、スペック、価格予想などまとめ。2.4Lターボ投入の可能性も。

スバル新型レヴォーグ プロトタイプの感想と見えてきた最新情報!

新型 レヴォーグ

スバルが、ミドルクラスワゴン「レヴォーグ」のフルモデルチェンジ発売を予定しています。 最新のデザインとパワートレインにより性能を進化する新型レヴォーグについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。 フルモデルチェンジする新型レヴォーグは、以前公開されたコンセプト「SUBARU VIZIV TOURER CONCEPT」をベースに、最大熱効率40%超を達成したリーンバーンエンジンや最新のプラットフォームを採用するなど基礎から大幅に変更し、その性能を大きく進化。 スバル新型レヴォーグの販売は、当初、先行予約受付開始が2020年7月、発売は2020年9月が予定されていましたが、新型コロナウイルス感染拡大などの影響から延期され、先行予約受付開始は2020年8月下旬、発売は2020年11月が予定されています。 スバルの新世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム(SGP)」を採用• フルインナーフレーム構造を採用し、高剛性と軽量化を両立• 新世代の外装、内装デザインを使用• 最大熱効率40%超を達成した1. 8Lリーンバーンエンジンを搭載• 3インチデジタルメーター、11. 6インチ大型インフォテインメントシステムを採用• 電動テールゲートを搭載• 安全システムに「新世代アイサイト」を採用。 GPSと準天頂衛星「みちびき」を介してロケーターが自車位置を正確に特定し、高精度マップで自動車専用道路形状をクルマが把握することで、カーブ前減速や渋滞時のハンズオフ走行支援を実現。 国内初となるコネクティッドサービスを採用し、万が一の衝突事故時に自動で通報する先進事故自動通報システムを装備。 緊急時にボタンひとつでコールセンターにつながるSOSコール機能を搭載• ヘッドライトのデザインは、ボクサーエンジン内を移動するピストンをイメージしたC字型とし、六角形のフロントグリルと組み合わせ。 ボディは、ヘキサゴングリルから始まる前傾姿勢の硬質なボディラインに、内側から強い圧力で張り出した躍動感あふれる4つのフェンダーを組み合わせることで、走りの愉しさと安心感を表現。 リアには大きなカーゴスペースを設け、アクティブギアとしての実用性も向上しています。 レヴォーグは「スポーツツアラー」として製作され「ステーションワゴン」よりスポーティなデザインを特徴としていますが、新型レヴォーグではリアオーバーハングを短縮することで個性を伸ばしたデザインになっています。 また、新型レヴォーグSTIスポーツでは「電子制御ダンパー」をスバル初採用し、走り始めから分かる上質な乗り味と、スポーティな走りを高い次元で両立。 さらに、スイッチ操作一つでクルマのキャラクターを変更できる「ドライブモードセレクト」をスバル初採用し、従来の「SIドライブ」のパワーユニット制御だけでなく、ステアリングやダンパー、さらにAWDシステムについても制御できるようになっています。 これにより、走りの自在性を高め、さらなる走行性能を楽しむことができるようになっています。 ホイールベース:2670mm• あわせてホイールベースも延長することでで、より広い室内空間がつくられます。 全高は採用されるスバルグローバルプラットフォームにより低重心化が可能となり、スポーツスタイルをアップすることになります。 また、ボディは、インナーフレームのみをアンダーボディに溶接で取り付け、その後アウターパネルを溶接するフルインナーフレーム構造を新世代モデルが発表されているレガシィに続いて採用。 インナーとアウター側を溶接したうえでアンダーボディに取り付ける従来の製造方法より部品点数を減らし、ボルトによる骨格同士の接合をスポット溶接に置き換えることできることで高剛性化と軽量化を両立。 静粛性も高められ、レガシィでは高速道路で3デシベル室内に入り込む音が少なくなると発表されています。 メーターには12. 3インチのデジタルメーターが採用され、インフォテインメントシステム用として11. 6インチ大型ディスプレイをセンターに搭載することで使いやすさを向上。 また、ラゲッジへのアクセスには電動テールゲートを装備することで、広い荷室を持つワゴンとしての魅力がアップされます。 水平対向4気筒1. 6kgm• 水平対向4気筒2. 3kgm• トランスミッション:マニュアルモード付CVT「リニアトロニック」• 駆動方式:4WD「シンメトリカルAWD」 新型レヴォーグには、新開発された1. 8Lのダウンサイジングターボエンジンが搭載されます。 水平対向4気筒1. 5kgm• 8kgm 前モデルのレヴォーグには1. 6Lと2Lのターボエンジンが搭載されていましたが、第4世代となる新開発のBOXERターボエンジンではリーン(希薄)燃焼技術を採用し、加速性能と環境性能を高次元で両立。 最大熱効率40%超を達成しながら、大きなトルクによるストレスのない質感高い走りが実現されます。 このエンジンは、今後スバルが生産する車の多くに搭載され、プラグインハイブリッドなどの電動化にも対応します。 その他新型レヴォーグでは、北米で販売するSUV「アセント」搭載されていた新世代の2. 4Lターボエンジンの設定を予定。 高いパフォーマンスを発揮するパワートレインラインナップとなります。 新機能採用!スバル新型レヴォーグの安全装備は? スバル新型レヴォーグの安全装備には、前モデルに搭載されている「アイサイト・ツーリングアシスト」を進化させた「新世代アイサイト」が採用されます。 アイサイトツーリングアシストでは、全車速追従機能付きクルーズコントロールと、車線中央維持、先行者追従操舵によるステアリング操作アシスト機能をあわせることで、安全性を高めるほか、ドライバーの疲れが軽減されていました。 新型レヴォーグでは、GPSと準天頂衛星「みちびき」を介してロケーターが自車位置を正確に特定し、高精度マップで自動車専用道路形状をクルマが把握することで、カーブ前減速や渋滞時のハンズオフ走行支援を実現。 加えてコネクティッドサービスとして、万が一の衝突事故時に自動で通報する先進事故自動通報システムを国内初採用。 緊急時にボタンひとつでコールセンターにつながるSOSコール機能が搭載されます。 8Lターボ:16. 前モデルは2Lターボエンジンが13. スバルグローバルプラットフォームは、全面改良を受けて新世代になっているインプレッサから採用され、2025年までを見据えたスバルの次世代プラットフォームとして製作されています。 車体剛性は部位により1. 7~2倍にアップし、サスペンションを滑らかにストロークさせることで乗り心地を向上します。 車体全体の低重心化も進められることで操舵時の無駄な挙動も防がれ、路面に吸い付くようにまっすぐ走れることで、将来の自動運転走行も見据えた走行性能になっています。 スバルグローバルプラットフォームは、車種に合わせてプラットフォームを柔軟に変化させることが可能とされており、ガソリンエンジンのほか、ハイブリッドやプラグインハイブリッド、電気自動車にも対応することができます。 また、生産性も向上し、日本国内の工場とアメリカの各生産ラインがそれぞれ複数車種を生産する「ブリッジ生産」も容易になっています。 330万円~420万円• グレード:「GT」「GT-H」「STI Sport」 新型レヴォーグの価格は、最新のパワートレインや安全装備を搭載することでアップします。 前モデルは1. 6Lターボエンジンが283万円、2Lターボが362万円からとなっていましたが、新型レヴォーグでは高い安全性や快適性がアピールされます。 スバル新型レヴォーグの発売日は? スバル新型レヴォーグは、当初、先行予約受付開始が2020年7月、発売は2020年9月が予定されていましたが、新型コロナウイルス感染拡大などの影響から延期され、先行予約受付開始は2020年8月下旬、発売は2020年11月が予定されています。 スバルは根強い人気をもつワゴンモデルを新世代に進化させることで、ブランドのミドルクラスを充実させ、アピールする予定です。 スバル・レヴォーグを「おさらい」 スバル・レヴォーグ(LEVORG)は、初代となる前モデルが2013年に登場したワゴンです。 ボディサイズは日本での取り回しに重視し、北米での人気が高まったことから大型化していたレガシィツーリングワゴンより全長を100mm短縮、全高は70mmダウンされました。 レヴォーグの発売により、それまで販売されていた5代目レガシィは2014年6月で受注を終了し、後に発表されたレガシィはセダンとクロスオーバー「レガシィアウトバック」の2タイプのみが設定されました。 当初、レヴォーグは国内専用車とされていましたが、ステーションワゴンの需要が高い欧州にも投入されることになり2015年から販売を開始。 同じ2015年には香港、2016年からはオセアニア、台湾、シンガポール、フィリピンなどでも販売されるグローバルモデルになっています。 新型レヴォーグについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! carislife.

次の

ウィンカーはそこが点滅するのか!フルモデルチェンジ版・スバル新型「レヴォーグ」の開発車両が目撃に。なお正式受注は2020年7月2日よりスタートするようだ【動画有】

新型 レヴォーグ

メニュー• レヴォーグ フルモデルチェンジ 確定内容 2020年3月10日 ・次期レヴォーグの発売時期は2020年9月頃、既に商談は始まっているそうです。 ・搭載されるエンジンはFA18型では無く、 新開発1. 8L水平対向ターボエンジンで 最高出力200ps 最大トルク30. 0kg. mを発生 ガソリンはレギュラー。 ・駆動方式はAWD トランスミッションはCVTのみのラインナップでMTは設定されない。 8Lモデルが発売され 2021年4月に2. 4Lモデルが発売されるそうです ベストカー情報。 新型レヴォーグを買うなら、リセール情報を確認し下取り価格が大幅に下落していなければまず1. 8Lグレードを買ってから翌年2. 4Lへ買い替えするのも有り。 新開発1. 8L水平対向エンジンってどうなの? 2020年3月21日追記 スバルが次期レヴォーグ公式ページで公開していた1. 8L水平対向エンジン。 写真を見て思ったのがインタークーラーがFA・FBエンジン向けのよりも大いですね。 現行VM系レヴォーグは残念ながら事故率が高く 特に2. 0L直噴ターボFA20型エンジンを搭載するVMGにはオーバースペックだとスバルは憂慮している様です。 次期レヴォーグには車格に見合った アイサイトと相性がよくマイルドな味付けにするべく開発されたのが1. 8L水平対向エンジンらしい。 エンジン性能は詳細が判明次第追記致します。 もし、どっちのレヴォーグを買うか迷っているなら パワフルかつ激速が好みはVMG、 安全性と経済性を重視は次期モデルがおすすめだと予想します。 「」 写真はFA20型ターボエンジン。 レヴォーグ・STI・SPORT プロトタイプ 東京オートサロン2020 1月10日~12日に幕張メッセ開催 にてレヴォーグ・STI・SPORTのプロトタイプを発表。 大阪オートメッセ2020にて実車を見てきました。 余りにもキープコンセプト感高くこれだとちょっとつまらないなと言うのが第一印象です。 STI・SPORTコンセプトの主な内容は「STI製フロント・サイド・リヤアンダースカート及びフォグランプ上にLEDアクセサリーライナー」を装着。 期待していたブレーキまわりはVM系レヴォーグと同じ片持ち。 フェールリッド 給油口の蓋 も現行型とほぼ同じ。 余りにもインパクトが無いのか会場ではメインのレヴォーグでは無く、左隣に展示していた「WRX S4 STI Sport GT CONCEPT」 WRブルーメタリック塗装やレカロセミバケットシートに6ポットブレーキを採用するなどインパクトが高い内容。 の方が注目度が高かった。 レヴォーグ・プロトタイプ 最新画像 モーターショーで次期レヴォーグ・プロトタイプを見てきました。 実物を見た感想は、現行型レヴォーグと大きく変わることはなかった。 あえて言うと 少しクロスオーバーテイストが強くなったと言う印象です。 写真を見ながら気になった点をピックアップさせて頂きます。 フェンダーのタイヤハウス部分のデザインが八角形風になっている、もしかしたらクロスオーバーテイストのレヴォーグ Outbackと被る も将来的に設定されるのかもしれない。 アッパーグリルのノーズ部分が強調されていて現行型と差別化がされてはいるが、 ライト類が減ったので綺羅びやかな部分が損なわれている。 LEDアクセサリーラーナーが設定されると思うのだが、それでもさみしい感じは否めない。 ホークアイにターンランプが組み込まれているので、一灯式ヘッドライトだけだとフロントフェイスが寂しい。 サイドからの見た目は、大型ルーフスポイラーが余り目立たない工夫がされており、ノーズが長くなった分やはりSUVテイストが若干あります。 スポーツワゴンのイメージからアーバンステーションワゴン。 5J P. 114. 3 オフセット55mm。 ブレーキは片持ちキャリパー。 リヤ側はテールレンズのデザインが綺麗で高級感高いのだが、フォレスターにもやや似ている気もする。 ちなみにテールレンズは水平対向をイメージしたデザインとしていると言う。 その他気になるところでは、ラテラルリンクが長くなっているようにも見え、マフラーメインパイプが蛇の様に曲がっている。 レヴォーグコンセプトモデル VIZIV Touring 2018年3月6日発表 スバルは次期レヴォーグのコンセプトモデル「VIZIV Touring」を 2018年3月6日開催ジュネーブモーターショー発表するそうです。 公開されたティザー画像はリヤのテールランプだけですが、ヘッドライトと同じホークアイブレーキランプが今までの ぶつぶつLEDからきれいなラインで点灯している。 モータショー向けの試作車の為このまま市販される訳では無いが全体的な次期レヴォーグはVIZIV Touringを柔らかくした感じのデザインになると思われる。 2020年 レヴォーグ フルモデルチェンジ予想 スバルは北米の排気ガス規制強化対策としてFA型2. 0Lと1. 6Lエンジンから1. 8Lと1. 5Lダウンサイジングターボエンジンへシフトた 新型レヴォーグは2019年発売へ。 FA16からダウンサイジングされた 新開発1. 5L水平対向エンジンを搭載するレヴォーグは1年遅れの 2020年頃登場するとの事。 これまでのスバル車の主力エンジン「EJ20 FA20 FB16 FB20」は廃止。 2019年までに新開発されるFA18?とFB15?エンジンがメインに。 フロントフェイスは東京モーターショー2017に出展された「」に似たデザインが採用されると予想されます。 新開発エンジンを搭載するモデルの第一弾は人気のスポーツワゴン「レヴォーグ」で現行VM系は2019年にマイナーチェンジする「レヴォーグF型」 E型は2018年登場 が最終モデルとなると予想されます。 フルモデルチェンジから一年後にFA15水平対向ターボエンジン搭載するレヴォーグ発売。 2016年10月発売のインプレッサに採用された「DYNAMIC X SOLID」と言うコンセプトが採り入れられるが徐々にモーターショーで発表されたコンセプトモデルのデザインに近づいていく仕上がりに。 WRXのVA系が発表される前のコンセプトデザインに採用されている様な切れのある綺麗なラインに光るヘッドライトイルミネーションが採用されると思われる。 次期レヴォーグのプラットフォームはSGP プラットフォームはGDB派生のシャシーから低重心で剛性が高く軽量化を施しハイブリッドシステムも搭載できる「スバル・グローバル・プラットフォーム」ベース。 今以上の乗り心地に静音性とハンドリング性能の向上が期待できると思われます。 VM系レヴォーグは車重が1550kg前後あるのだが次期新型はWRXと同じくらい1470kg前後となる可能性も。 軽量ならダウンサイジングターボエンジンのハンデもある程度無くなるし、フライングカーペットと称されるプラットフォームは低重心ローポジションで安定したハンドリングが期待できる。 これにアイサイトバージョン4. 0が組み合わさりより利便性の高い自動車に生まれ変わる。 次期レヴォーグ予想エンジンスペック 現行VA系の2. 0リッター水平対向DOHCターボエンジンは300psを発生するが、1. 8リッター水平対向DOHCターボエンジンは恐らく200psも行かない可能性も。 排気ガス規制対策の為ブースト圧も抑えられると思われる。 4L水平対向ターボエンジン最高出力予想270ps前後。 8L水平対向ターボエンジン最高出力予想170ps前後。 5L水平対向ターボエンジン最高出力予想140ps前後。 かげまるさんこんばんは。 次期レヴォーグは1. 5Lターボ仕様になる可能性があるのですね。 これは経済的には従来より少し楽になるかもしれないですね!! 6Lの頃は2Lクラスの扱いで納税しなければなりませんでしたが、もしこれが実装されれば、1. 5Lの方はかなり需要が期待できると思います。 スバルさんのターボ車は「マニアック」だというイメージが定着していましたが、これを機に売上を伸ばしていただいて、今後も独立したメーカーとして頑張って頂きたいと思うところです。 GT-Sのスポーツ シートでは、ホールド性の良さは 分かりますが、リクライニング時の際には、大柄な為に肩周辺部に どうも違和感が有り、出来れば ソフトタッチな Vスポーツ車に装備されれば有難いのですが??? 5月のE型 発売 が待ち遠しいですね。 来年、フルモデル F型のエンジン部は各ダウンサイズの反面 VM系 よりボディサイズが拡大するとの ネット情報も有るので、日本の道路幅からすると 今回の E型に希望を膨らませる事にします。

次の

新型レヴォーグ(2代目)1.8Lターボと新型アイサイト搭載

新型 レヴォーグ

新型レヴォーグこれまでの発表について 2018年3月6日~3月18日に開催されるジュネーブモーターショー2018で「SUBARU VIZIV TOURER CONCEPT(ヴィジヴ ツアラー コンセプト)」を世界初公開した。 現地時間 3月6日 火 11:15より、SUBARUブースにてプレスカンファレンスをを行った。 「SUBARU VIZIV TOURER CONCEPT」が新型レヴォーグのコンセプトモデルである。 2年後となる2020年に発売することになる。 「」をにて2019年10月23日14:00から世界初公開した。 「」を2020年1月10日から開催された「」にて初公開した。 新型レヴォーグについて 2代目新型「レヴォーグ」エクステリアはキープコンセプト。 パワーユニットは第4世代となる新開発「 1. 8L水平対向ターボエンジンFA18型」を搭載。 次世代プラットフォーム「 SUBARU GLOBAL PLATFORM SGP 」を採用。 高剛性化に寄与する「フルインナーフレーム構造」を採用。 Subaru Global Platform 衝突安全性のさらなる向上、軽量化、運動性能の向上、高効率パッケージングによる室内空間の拡大など、1クラス上の「動的質感」を実現すべく開発が続けられている。 衝突エネルギー吸収量を現行車比1. 4倍にするなど衝突安全性能を飛躍的に高めることで、乗員・乗客はもとより歩行者など周囲の人々も含めた安全性能を一層強化。 衝突安全性のさらなる向上、軽量化、運動性能の向上、高効率パッケージングによる室内空間の拡大など、1クラス上の「動的質感」を実現すべく開発が続けられている。 衝突エネルギー吸収量を現行車比1. 4倍にするなど衝突安全性能を飛躍的に高めることで、乗員・乗客はもとより歩行者など周囲の人々も含めた安全性能を一層強化しました。 新型レヴォーグ 高度運転支援技術 次世代アイサイト採用 SUBARUが2020年頃に実現を見込む高度運転支援技術を、水平対向エンジンやシンメトリカルAWDがもたらすハイパフォーマンスと融合し、SUBARUならではの安心で愉しいスポーツセダン像を表現。 性能を一層向上させた次世代アイサイト、レーダー、高精度GPS・地図等の採用により、究極の安全として「自動車事故ゼロ」の実現を追求していくとしている。 新型レヴォーグ「ドライバーモニタリングシステム」搭載 に搭載されたドライバーモニタリングシステムを搭載する。 運転手の顔を覚えて設定したシートポジションやドアミラーを自動調整する他、運転手が脇見や居眠り運転を予防する事も可能である。 新型レヴォーグ 次世代アイサイト標準搭載 新機能「TJA(トラフィック・ジャム・アシスト)」準自動運転システム 自動車専用道路 高速道路 の渋滞時追走機能。 渋滞時カーブ追従を可能にする。 全車速域でハンドル、アクセル、ブレーキを自動制御し運転をアシストする。 プリクラッシュブレーキ 衝突の危険があるとシステムが判断した場合、ドライバーに注意を喚起。 回避操作がない場合はブレーキ制御を行い、自動的に減速または停止します。 運転負荷を大幅に軽減。 一部高速道路の最高制限速度引き上げ予定に対応 後退時自動ブレーキシステム 後方障害物警告機能 Rレンジ時に車両後方に障害物を検知すると、MFDの表示と警告音で障害物の接近レベルをお知らせる。 後退時自動ブレーキ 障害物に接近して車両と追突の危険性がある場合、加速制御とブレーキ制御を行い、衝突回避を測る。 より明るく安全な夜間視界を確保 フロントビューモニター フロントグリル内エンブレム下に搭載したカメラの映像をMFDに映してドライバーの前方確認をサポート。 見通しの悪い交差点を通過時や、車庫から出るときでも前方左右をしっかり確認できる。 スマートリヤビューミラー 後方設置のカメラにより、荷室にたくさんの荷物や大きな荷物を載せていて、通常のミラーでは後方視野が得られないときでも後方の視野を確保。 また、助手席などからでも後方の状況を確認できる。 オートビーグルホールド 平地停車時にブレーキペダルから足を離してもVDCが車両停止を維持する。 長い信号の待ち時間や一般道での渋滞など、ブレーキペダルを踏み続けなければならないシーンでの利便性が向上する。 ステアリング連動ヘッドランプ ステアリング操作に合わせて車の進行方向を早期に照らすこことで、夜間でも視野をしっかり確保できる。 新型レヴォーグ 新開発 高精度マップ&ロケーター搭載 更にアイサイトによる高度な前方認識と全方位レーダーの組み合わせにより、車両周囲の交通環境や危険リスクを全方位で把握することに加え、高精度GPS、高精度地図データを活用することによって、自車位置を高精度に特定し、走行経路上のカーブ、車線等に応じた最適な制御を行う。 これらの技術により、前方直進時の衝突回避に加え、交差点右左折時や後退時の車両、自転車、歩行者との全方位での衝突回避を実現。 さらに、高速道路上における全車速での自動運転や自宅や商業施設等の駐車場での自動駐車を実現する。 GPSと準天頂衛星「みちびき」を介してロケーターが自車位置を正確に特定し、高精度マップで高速道路形状をクルマが把握することで、カーブ前減速や渋滞時のハンズオフ走行支援を実現しました。 オペレーターにより消防や警察に救援を要請するとともに協力病院とも連携することで、迅速な救命活動につなげる先進の救急自動通報システムを採用。 また、ドライバーが体調不良に陥るなどの緊急時には、ボタンひとつでオペレーターにつながるSOSコール機能も搭載。 新型レヴォーグ 搭載エンジンについて 新開発 1. 8L 水平対向直噴ターボエンジンを採用、第4世代となる新開発のBOXERターボエンジンにリーン(希薄)燃焼技術を採用し、加速性能と環境性能を高次元で両立。 豊かなトルクによるストレスのない質感高い走りを実現。 e-BOXER ハイブリッドモデル 2017年5月30日に開催された「Advertising Week Asia 2017」のインタビューでSUBARU(スバル)社長の吉永泰之氏は、トヨタ自動車のプラグインハイブリッド車(PHEV)技術を使った車両を2018年に米国で発売することを明らかにした。 スバルとトヨタは資本関係があり既にスバルはトヨタからハイブリッド技術での協力を受けている。 、に搭載した2. に搭載されたSUBARU StarDrive Technologyも搭載され、と同様に、2つの電気モーターとリチウムイオンバッテリー電力量:8. 8kWhを搭載し、EV走行も可能にしEV航続可能距離:27. 3km前後を可能にしたモデルとなった。 ヘキサゴングリルから始まる前傾姿勢の硬質なボディに、内側から強い圧力で張り出した躍動感あふれる4つのフェンダーを組み合わせ、走りの愉しさを強調しつつ、安心感を表現。 新型レヴォーグ 予約などについて 初代レヴォーグは販売 ディーラーにて2020年5月25日にオーダーストップとなった。 これはもちろん2代目となる新型レヴォーグの発売に伴うものだ。 新型は 2020年7月2日より先行予約がスタートする予定である。 発売後すぐに手に入れたい人はこの辺りでディーラーに足を運び始めてはいかがでしょうか? レヴォーグについては次へ.

次の