アイフォン ストレージ システム。 iPhone容量を圧迫する「その他」の削除方法まとめ、空き容量を大幅に増やすテク

iPhoneのデータをWindowsにコピーする際「システムに接続されたデバイスが機能していません」と出てしまう場合の対処法

アイフォン ストレージ システム

スマートフォン( スマホ)を利用していると、容量不足問題に直面することがあります。 「ストレージの空き容量がありません」などと表示され、「あぁ、容量を空けなきゃ」と対策を迫られます。 Android端末であれば、SDカードを使って容量をアップさせたり、パソコンにデータを移したりといったこともできますが、 iPhoneの場合はあとから容量を増やすことができないため、困ってしまいます。 そこで今回は、スマホのストレージ容量を確保するための方法を紹介します。 空き容量を増やすテクニックはいくつもありますが、なかでも大胆に容量を空けることができるものを中心に5つ紹介します。 まずはこの画面で、どのアプリがストレージを消費しているかを確認し、不要なアプリは削除してください。 キャッシュを削除 一部のアプリは、使用するたびに「キャッシュ」と呼ばれるファイルをスマホに蓄積していきます。 キャッシュを蓄積することによって、表示を高速化させたり、データ通信量を抑えているのです。 このキャッシュという機能には、ストレージを消費するデメリットもあります。 一例に、人気ニュースアプリ「SmartNews」の場合、数百MBものキャッシュを保持しています。 このキャッシュをクリアすることで、空きストレージを増やことができます。 キャッシュのクリアの方法はアプリによって異なり、上記のように設定画面からアプリ名を探すタイプと、アプリを起動してからアプリ内の設定画面でクリアするタイプがあります。

次の

iPhoneの容量不足時に空きストレージを増やす方法 全まとめ

アイフォン ストレージ システム

原因その1 : iPhone本体の設定 最初に簡単に変更できるiPhoneの設定から確認してみてください。 まず『設定』のアイコンをタップして『写真』という項目を見つけてください。 そして写真の設定画面の一番下にある『MACまたはPCに転送』という項目を『元のフォーマットのまま』にしてください。 この設定によってPCへのデータ転送が安定するようで、エラーがでなくなることもあるようです。 この設定にしても変わらずエラーが出てしまう場合は下記の内容をご確認ください。 原因その2 : USBポートとケーブル 僕のPC環境では、USBハブを経由するとコピーに失敗するようでした。 USBメモリやiPhone以外のUSB2. 0でデータをやりとりするデバイス(レコーダー等)はUSBハブ経由でも問題なく転送できるのですが、iPhoneだとダメみたいです… 電源付きのUSBハブでもダメ ちなみにUSBハブだと外付けHDDやメモリを使おうとして電力供給が安定しないから、データ転送はできないということがよくあります。 ボイスレコーダーやミュージックプレイヤーなどでも充電はできるけど、データの転送が不安定になるということはUSBハブを使うと結構起こります。 ただ僕が普段使っているUSBハブは電源をACアダプターから取っているものなので、iPhone(Lightning接続の場合?)だと電力が安定していたとしてもあまり関係ないようです。 PC本体のUSBポートでも不安定な場合も 僕のPCの場合、本体前面に付いているUSBポートだと、最初に書いたようなデータをコピーしだしてすぐに「システムに接続されたデバイスが機能していません」が出てしまうことはなくなりました。 USB3. 0 のポートは不安定になる? PC本体前面に付いているUSBポートでも、最近だと2. 0と3. 0のポートが混在していると思いますが、僕の感覚ではなぜか 2. 0 のポートの方が安定していたように思います。 これは僕のスマホであるiPhone8plusのLightningポートはUSB2. 0相当の通信速度らしいので、そのせいかもしれません。 ちなみに2017年に発売されたiPad ProなどはUSB3. 0に対応されているらしいので、PCに接続する際は3. 0のポートでも安定して動作するかもしれません。

次の

ストレージ内、システムの容量が多すぎる…

アイフォン ストレージ システム

年末といえば大掃除。 一年のゴミを綺麗さっぱりしてスッキリしてよい年を迎えたいもの。 今回は、知らないと無駄なファイルが溜まっているWindowsマシンのストレージをすっきりする方法を教えましょう。 今年は7月にWindows 10が登場し、無料でパージョンアップした人も多いことでしょう。 Windows 10になると、Windowsアップデートによる修正プログラムを追加するだけでく、以前はSP版と呼ばれていたようなメジャーアップデートがかなりの頻度で行なわれます。 Windowsは今後メジャーアップデートを繰り返して最新機能を提供していくのです。 早速11月にnovember updateとして初めてのメジャーアップデートが実施されました。 メジャーアップデートになると、Windowsをインストールするぐらいのファイルをダウンロードし、再起動してアップデートを実行します。 アップデートがかかり新バージョンとなったとき、 アップデートに必要なファイルと、以前の状態に戻すための古いWindowsのファイルが残ったままになります。 これがバカにならないくらい大きく、マシン環境にも左右されますが、 20GB程度はあると思います。 最近のマシンはSSDを搭載し、容量が128GB程度ということもあります。 そんなとき、不要なファイルが20GBも食っていたとしたら、非常に無駄です。 このようなインストール時の残骸を削除したことがないという人は、この年末いい機会ですからスッキリさせてちゃいましょう。 お手軽にシステムクリーンアップ まず、エクスプローラーを開き、Windowsの入っているCドライブを右クリック。 プロパティーを選択すると現在の使用量と空き容量の割合が染めされています。 その横にある"ディスクのクリーンアップ"を選択すると、削除できるファイルが一覧表示されます。 こちらは、ふだん定期的に実行すると、数十MBぐらいは空き容量を増やすことができます。 さらに、下にある"システムファイルのクリーンアップ"を選択します。 するとシステム関係で削除できるファイルが現われます。 そのなかに、 "一時Windowsインストールファイル"と "以前のWindowsのファイル"の2つがあります。 これがアップデートによって残されたファイルです。 "以前のWIndowsのインストール"は以前の環境に戻るためのファイル。 まず、"一時Windowsインストールファイル"は最低限チェックしてください。 あと、"以前のWindowsのファイル"ですが、現在Windowsの環境がちょっと不安定だと感じているのであれば、このファイルがあれば以前のバージョンへ戻すことができるのでやめたほうがいいです。 特に問題なく快適に使えているのであれば、もう以前のバージョンには戻らないでしょうから、バッサリ削除しちゃいましょう。 この2つのほか、削除できるものすべてチェックしたら、筆者の環境だと 25GBを超えました。 あとは実行すればスッキリします。 SSDやHDDなど環境によっては時間がかかることがあるので、終わるまで焦らず待ちましょう。 これで空き容量がグッと増えたはずです。 でも77GBも何に使用しているんだろうか? これで空き容量が増えましたが、アプリをいろいろインストールしたり削除したりして、容量が圧迫されてきたと感じている人もいると思います。 そんな時は思い切って 再インストールをおススメします。 回復を使って再インストール 筆者の経験からWindowsを使い続けていくと動作がなぜか重くなって来たり、空き容量が減っていったりします。 年に1度、それこそ年末の大掃除の時期にすっきりと初期状態に戻してすっきりした新年を迎えようじゃないですか。 ということで、筆者もこの年末実行しました。 やり方はWindows 7以前より非常に簡単です。 設定の"更新とセキュリティ"で"回復"を選択します。 上にある"このPCを初期状態に戻す"を実行します。 実行時にまっさらにして再インストールするか、個人用のファイルを残したままにするか選択できます。 アプリはすべて消されるため再インストールしなければなりませんが、データは残すことができます。 でも、ここはまっさらにして再インストールをオススメします。 消されたくないデータは別のストレージへ移動するか、OneDriveなどのクラウドストレージへバックアップしておきましょう。 この過程を忘れて再インストールしたらデータもろとも消えてしまうので注意が必要です。 スッキリしたいなら、データはバックアップを取り"すべて削除する"を選択する。 場合によっては出荷状態に戻すという選択肢も出てくる。 Windowsのドライブのみにしておこう。 クリーニングするとかなり時間がかかるので、"ファイルの削除のみ行う"を選択しよう。 Windows 8以降、超絶ラクになったのは、 使っていた環境のバージョンをダウンロードしてインストールしてくれること。 以前だと、ROMやUSBメモリーから再インストールしなければならず、最新版にするにはインストール後にアップデートさせる必要がありました。 手間ひまかけずにできるので、筆者の環境では 再インストール作業が20分で終わりました。 まぁ、そのあと今まで使っていたアプリや、プリンターやスキャナーなどのドライバーを再インストールしなければならないので、そちらのほうが数倍時間がかかります。 しかし、こうして再インストールして、いま使用するアプリだけに絞った環境にすると、筆者の場合は 50GBほどスッキリしました。 Windowsだけなら20GBも使っていない。 それでも42GBなので、掃除する前の91. 5GBに比べて50GBほど減ったことになる。 絞ったといっても大幅に絞った訳でもなく、細かなツール類を入れていない程度です。 しかも、クラウドストレージ以外のデータ関係のファイルはすべてほかのドライブに保存するようにしています。 基本的にWindowsとアプリとそれに関する設定、クラウドストレージのデータしかない状況で、この容量の減りようときたら......。 いかに使い続けていると無駄なファイルが増え続けていくのかがわかります。 ちなみに、筆者はWindows Insider Programに参加していますが、再インストール後も最新ビルドのInsider Preview版になるので、ホント再インストールに関してはラクになりました。 環境を 心機一転したいなら、回復による再インストールが絶対オススメです。 年の瀬の時間があるときにWindowsマシン環境を一度チェックして、実行しましょう。

次の