ゆる キャン 焚き火 台。 ゆるキャン特別仕様にもなったB

【評判】笑sのB

ゆる キャン 焚き火 台

Amazonでは少し割高ですが、公式サイトで定価で購入できる。 軽量は正義なので高価でも手を出したくなる焚き火台、しかし人気モデルのために類似品も登場しています。 こだわりがなければ安価なパチもんでいいかもしれない。 ヒロシ氏も言っている通り、軽量モデルというのは安定感が落ちるので注意。 しかしピコグリルはキャンプを続けていくのなら将来的には欲しいです。 Moon Lence ステンレス焚き火台 今回購入したMoon Lenceというメーカーのステンレス焚き火台を実際に使用したので、使い方や他に必要な道具類などの紹介です。 組み立て編 それなりにコンパクトに折り畳める焚き火台なので嵩張りません。 専用バッグから取り出すと、何やら収納ケースのようなものにまとまっています。 収納ケースを開いたら土台として地面に置き、その上に焚き火台を組み立てるというモデルです。 組み立ては非常に簡単で、折り畳まれた部品を開いてポンポン乗せていくだけ。 そして土台となる金属ケースはけっこう重要な役割を果たします。 土台となった収納ケースは 灰や火種の受け皿の役割を果たします。 そもそも「直火禁止」のキャンプ場で焚き火台が必要なのは、芝や草を焦がさないためです。 しかし焚き火台を使ったとしても灰や火種がどうしても落ちてしまうもの。 火種が落ちてしまうと芝や草は焦げてしまうので、キャッチする受け皿があるといい。 一時的に薪を取り出したい際にも受け皿の上にポンと置くこともできて便利ですよ。 直火禁止のキャンプ場で焚き火をするなら受け皿があるモデルがおすすめ。 調理編 この焚き火台には折り畳みの網が付属してたけど使用しません。 網だけで追加購入できるのか分からなかったからです。 一つの網を使い続けるためにゴシゴシ洗うのは面倒くさい。 100円なのでキャンプのたびに新品を用意できます。 これは本当に買ってよかった。 大きめな焼き網を選んだのは正解でした。 焼けた肉を一時的に火の当たらない部分へ逃しておくことができますよ。 けっこう便利でした。 炒めものなど焼き網では調理不能な場合に備えて、同じく100円ショップの焼肉プレートを用意しました。 こちらは2枚入り100円でお得だ。 網の上にポンと置くだけです。 焼き網の上にカップを置けば、冷めたお茶を温めることもできる。 カップやクッカーを乗せる場合、ススが付着して黒くなるので注意。 僕としては黒くなった方が玄人感というか、使い込んでる感が出てかっこいいと思う。 眺める編 焚き火台は少し重たいですが、それだけ安定性の高さが期待できます。 実際に薪をガンガン積んでも安定性は抜群でした。 超軽量モデルのピコグリルも欲しいけど、重たい焚き火台も悪くない。 チェアに座って火の管理をしながらボケっと眺めるのが非常に楽しい。 目の前に富士山もあるので癒やし効果倍増です。 焚き火の楽しさを覚えてしまいました。 火の管理には火吹き棒、トングなど手元にあるといい。 (火吹き棒は木炭のときにしか使っていないですが)• 一晩キャンプしてみた結果 一晩使ってみたけど破損箇所や目立った問題などありませんでした。 想像以上に灰や火種が下へ落ちるので受け皿が非常に役に立った。 どれくらい使っていけるか耐久性が気になる。 ピカピカの焚き火台も一晩使っただけで真っ黒になりました。 ピカピカよりは使用感があった方がいい。 折り畳みのヒンジ部なども問題ありませんでした。 火の当たらない側面にはイイ感じの模様がつき少しカッコよくなった。 チタン製だともっとカッコよく模様がつくとかどうとか聞いたな。 こういう部分でも楽しめるのが焚き火台の魅力。 薪と木炭について 今回は「薪2セット+木炭3kg」を用意したところ、2人キャンプを一晩楽しむにはピッタリな量でした。 参考までにどうぞ。 近くの施設で1セット400円の薪を購入。 キャンプ場内では500円で販売していました。 現地調達でもいいけど、キャンプ場の近辺にも薪を安く購入できる施設があるので探してみるといいですね。 調理用に木炭3kgも用意。 これはホムセンで400円くらいだった。 ダイソーで500g100円の木炭があるけど、3kg分を買うと600円と少しコスパが悪いのでホムセンがおすすめ。 (500g単位で微調整したい場合、ソロキャンで一食分だけという場合にはダイソーの木炭の方が扱いやすいかもしれません。 ) 木炭の着火剤を兼ねてダイソーで100円の「着火剤のいらない着火炭」も用意しました。 焚き火台(受け皿があるといい)• 100円の網、プレート(使い捨て用)• 炭バサミ(トングでもいい)• 火吹き棒(ないよりは確実)• 燃料(薪、木炭)• モーラナイフ(バトニング用)• 焚き火グローブ(火傷、ケガ防止)• 着火剤(あると楽)• 火消し壺(セットで用意したい) とくに受け皿や火消し壺の大切さですよ。 おすすめの焚き火台をまとめた記事でも「火消し壺を一緒に買おう」なんて記載されていなかったりする場合もある。 キャンプ場によって必ずしも必要とはなりませんが、なるべくセットで揃えておきたい道具類ですね。 初キャンプをして「キャンプは焚き火を中心に楽しむもの」ということが分かった。 焚き火台を導入したことで想定していたよりも10倍キャンプを楽しめました。 焚き火はロマンです。

次の

【随時更新】ゆるキャン△全巻に登場するキャンプギア総まとめ!ブランドや製品名まで調べました

ゆる キャン 焚き火 台

自然の灯りで闇を照らし、身体を温め、時には調理にも使用できる焚き火。 最近では事故の危険から「直火禁止」のキャンプ場が増えつつあり、キャンプでは焚き火台が必須になってきています。 これからキャンプを始めるならもちろん 「直火 OK のところしか行かないよ」という人も、万が一に備えて持っておいて損はありません。 では、どんな焚き火台を選べばいいのでしょうか? 一言に焚き火台といっても、メーカーによって形状やサイズは様々ですが、選ぶポイントは大きく3つ。 この3つのポイントを押さえたら、GO OUT編集部が厳選した焚き火台35モデルをご紹介! あなたのスタイルに合った逸品を見つけて、より素敵なキャンプライフを送りましょう! Contents• 2020年春より日本上陸したアリゾナ州発の新鋭ブランド「」の焚き火台。 直径が62cmもある大型で、地面からの高さも39cmあるためチェアに座りながらでも薪をくべやすい。 (問)モチヅキ tel:0256-32-0860 02. ・足元の暖かさを追求した低重心設計。 ・多目的に使える外周フレーム。 「焚火カフェ」主宰の寒川一さんと槙塚鉄工所による焚き火ブランドが送る斬新な焚き火台。 足元の暖かさを追求した低重心設計になっており、直火に近い感覚で焚き火が楽しめる。 中心のパン外周には、フライパンディッシュを置けるほか石を積んで風防にしたり、湿った薪を乾かしたりにも使うことができる。 また付属のトライアングルを五徳として使うことも可能。 (問)アンプラージュインターナショナル tel:072-728-2781 03. ・ロストル採用で燃焼効率アップ。 ・焼き網付属でBBQも楽しめる。 老舗メーカー「」から、新登場した焚き火台。 脚を拡げ、本体のパネルを押し下げるだけのイージー設営なうえ、本体の下には灰受けがぶら下がっていて片付けも楽々。 また火床の底には燃焼効率を高めるロストルを設置できるのもポイント。 焼き網が付属するので、炭を使ったBBQコンロとしても活躍する。 (問)尾上製作所 04. ・燃焼効率バツグンの二次燃焼モデル。 ・厚さ5cmに折り畳めるコンパクト設計。 のブランド初となる箱型焚き火台。 長辺のサイドパネルの2重構造による二次燃焼モデルで、燃焼効率がとても良くなるので、煙が出にくく、燃え残りも少ないのが特徴。 二次燃焼モデルには珍しく厚みはわずか5cmに折りたたみが可能。 焼き網が付属するほか、別売りのクッカースタンドを載せることで、ダッチオーブン調理にも対応できる。 (問)モンベル・カスタマー・サービス tel:06-6536-5740 05. ・イージー設営なパネル構造。 ・純国産のハイクオリティ。 の傑作焚き火台が、純国産のハイエンド仕様になって新登場。 従来モデルの3倍もの厚さのステンレスを使った強靭なボディを持ち、安定感や耐久性は最高峰レベル。 パーツは全てパネル状になっていて、ネジなどは一切必要なく、それぞれのパーツの突起部を切れ込みに差し込んでいくだけの簡単設営に。 使用時は側面のプレートを1枚だけ外すことによって、火床に収まらないサイズの薪にも対応できる。 (問)ロゴスコーポレーション・コンシューマ係 tel:0120-654-219 06. 本体(火床と脚)の重量はわずか約298gで、側板と網をフル装備してもたったの約423gという驚異的な軽さを実現。 分解してスタックすると厚さわずか15mmとと収納サイズも実にコンパクトな設計も魅力でソロキャンプにうってつけ。 使用時の長辺は36cmと火床も広い。 (問)ベルモント tel:0256-36-1081 07. ・脚も火床も開閉式の簡単設営。 ・リーズナブルな価格。 脚と火床は分離式になっているが、どちらも展開時も収納時も開閉式で、火床を脚に載せるだけの簡単設営なのも嬉しい。 税込5000円ちょっとというリーズナブルな価格もポイントだ。 重量は約2. 5kg。 (問)カンセキ ワイルドワン事業部 tel:028-651-0570 08. ・自在チェーン&フック採用で直火料理にも便利。 ・トライポッドより安定性が高い。 4本の脚に直接火床をセットできるというの斬新かつ画期的な新型焚き火台。 ピラミッド状に組んだ脚の中腹に耐熱メッシュシートをセットし、上部から伸びた自在チェーン&フックを利用して、ダッジオーブンやポットが吊るすことができる。 3脚のトライポッドと比較して、安定性が高いのも魅力だ。 ・ 全パーツボックスに収まるコンパクト性。 ・ 工具不要で組み立て可能! 新鋭アウトドアギアブランドの話題の焚き火台「グルグルファイヤー」をが別注。 通常はオプションアイテムである風防「FUBOU」にビームスのブランド名が刻まれたスペシャル仕様としてデフォルトで付属するほか、収納時にはフタになる薪台にはビームスロゴが配されている。 炎が上がると風防に浮き上がるビームスのネームが焚き火をより盛り上げてくれる。 (問)ビームス 渋谷 tel:03-3780-5500 10. ・フードグレード304ステンレス採用のタフ仕様。 ・料理に便利なグリルも展開。 カナダのアウトドアブランドWolf and Grizzly(ウルフ アンド グリズリー)による、コンパクト収納な焚き火台「ファイヤーセーフ」。 強度が高く、耐食性に優れるフードグレード304ステンレスを採用したタフ仕様。 フレームも火床も折りたたむことができ、収納時はA4版の半分のサイズまで小さくなるためソロキャンプにもうってつけだ。 1月発売予定。 (問)エイアンドエフ tel:03-3209-7575 11. ・組み立て式でコンパクト収納。 ・グリルが付属し焚き火料理も可能。 焚き火に関するギアを中心に、手軽に使える機能性と斬新なデザインを持ったギアを展開するカナダのアウトドアブランド「」の焚き火台。 その名の通り薪を壁のように横向きに積むことで、オートマティックに焚き火を楽しめるという焚き火台。 グリルが付属するので焚き火調理も可能。 組み立て式でコンパクトに収納できるので、ソロキャンプにも最適だ。 (問)スライブ 044-789-9328 12. ・専用の収納ケース付き。 愛知県の家具メーカーが立ち上げたアウトドアファニチャーブランド「Hang Out(ハングアウト)」初の焚き火台。 組み立てが簡単ですぐに使え、丈夫なフレーム構造なので網の上でスキレットなどを使った料理も可能だ。 火が付きにくい広葉樹の太い薪もフレームに渡すようにくべることで下から火があたり、効率よく燃やせる。 (問)ハングアウト 13. ・炎が中心部に集中して効率的な焚き火調理が可能。 の野良ストーブは今までのどの焚き火台にもないほどの高火力を誇る小型焚き火台。 小型焚き火台は軽量化のために板厚が薄いものが多いなか、この野良ストーブは、最低でも1. 2mm、最も重量のかかるゴトクには2. 5mm厚のステンレス板を採用し、高火力に耐えるタフな焚き火台に仕上げている。 本体の脚を開いて、火床を脚にかけるだけでセットが完了するシンプルな構造で、鍋を乗せるゴトクも本体に一体型となっている。 ソロでの焚き火調理には最適だ。 (問)野良道具製作所 tel:050-3632-3040 14. Bush Craft inc. ・世界最軽量のウルトラライト仕様。 ・バックパックにも入るコンパクト収納。 自然の材料を使ってその場で居住空間を作り上げる究極のアウトドアスタイル「ブッシュクラフト」がコンセプトの気鋭のブランドより登場した系な焚き火台。 人気につき現在在庫切れとなっているが、2019年12月頃に再入荷予定なので、お見逃しなく! (問)ブッシュクラフト tel:042-775-5818 15. ・直径90cmの薪がくべられる広い火床。 ・コンパクト収納。 直径90cmの薪がくべられる広々とした火床と、高さ24cmの低めの作りにより直火感覚で焚き火を楽しむことができる。 バラすと各パーツは重ねられるため、コンパクトに収納できるのもポイント。

次の

ゆるキャン。野クルメンバーのキャンプ道具。千明、なでしこ、イヌ子、斎藤さん。|湘南で暮らすキャンパーのブログ

ゆる キャン 焚き火 台

こんにちは。 最近キャンプに行ってないのでブログのネタがありません。 このシーンです。 バイク:Triumph THRUXTON 1200R カスタムシミュレーターでシート、サイドバッグを選択した画像です。 まんまですね。 サイドバッグも純正品で間違いないですね。 ツーリング用途でコンフォートシートと、細かい作画が素敵です。 テント:不明 軍用の放出品のような見た目のテントです。 雰囲気だけならDOPPELGANGERのワンポールテントが近いと思います。 スイスSTC社製 スキレット:LODGE? 作中では柄が木製ですが…形状はこれに近いと思います。 イス:Kermit Chair モデル探しに苦労しました…木の組み方から、この製品で確定でしょう。 アウトドアで使うナイフでは、VICTORINOXに並ぶ知名度と思います。 まな板:不明 同じ形のまな板は見つけられませんでした…。 画像はCAPTAIN STAGの製品。 丸い取っ手が特徴です。 トング: キャプテンスタッグ 先端形状と柄が特徴? コット:不明 色々なメーカーから出ている、足が丸いタイプのコット。 これもコンパクトに収納できます。 コピー元になったメーカーがあるのかもしれません…。 色の黒いものはamazonでは見つけられませんでした。 寝袋:NANGA 600STD 冬用の普通のシュラフ。 赤単色と形状からこれだと思う。 となかなかいいお値段で、他にもピコグリル 焚き火台の中では最軽量らしい を使い、トライアンフに乗り、…本物志向なのか、いい趣味してるお爺ちゃんだなと思いました。 と、今日はこのへんで。

次の