足が臭い 病気。 足の臭い対策(男性/女性)!おすすめアイテムや原因を知ってお悩み解決!

洗っても足が臭い!もしや病気が原因!?何科を受診したらいいの?│美容男子

足が臭い 病気

足の臭いの種類は? 「足が臭い!」 その匂いには種類があるというのは、 他人の足の臭いがクサイという経験をした方は、 何となくわかるという人もいるでしょう。 その匂いの種類について、あげてみます。 ニオイの元となる発生源の大方は、汗! ですが、汗は基本的に無臭です。 汗が皮膚の表面でアカや皮脂などと混ざり合い、 それを雑菌が分解することで、 臭いが発生してきます。 腕や顔周りなど、汗をかいたらすぐに拭き取れる 場所ではなく、 足の裏や脇、足の付け根など、蒸れやすいところは、 臭いが発生しやすいところです。 靴下が酸っぱい臭いがするというのは 蒸れやすく、雑菌も繁殖しやすいからなんですね。 女性でも女性ホルモンが減少すると、 加齢臭を発します。 加齢臭は、皮脂線の多い上半身からの 発生が多く、耳の裏や胸元・首回り・脇 などが代表的です。 納豆に近い匂いでむわっとした感じ。 足から発生する納豆のような匂いの 原因は「イソ吉草酸」という臭い成分。 皮膚の常在菌が角層のアミノ酸を分解することで、 生成されるものですが、 納豆にも同じ成分が含まれているため、 納豆臭く感じられるようです。 足が疲労し、老廃物質がたまってくると、 血行が悪くなり、体の中から出るアンモニア臭が 発生しやすくなります。 また、 肝臓が疲れてくると、体内のアンモニアが 増加し、汗として排出されます。 疲れてくると、アンモニア臭=疲労臭が 強くなるのはこのためです。 糖尿病でケトン体という物質が発生すると、 甘い臭いがしてきます。 インスリンと言うホルモンがうまく 働かないために、ブドウ糖を利用して エネルギーに出来ないので、 肝臓が中性脂肪を分解して作り出すケトン体を エネルギー源として合成します。 また、ダイエットなどで、糖分を制限することでも ケトン体が生成されるので、汗にもケトン体の臭いが 混じり、甘い臭いになります。 これらの臭いの全てを経験された方はいないと思いますが、 足の臭いにはいろいろな臭いがあるんですね。 足の臭いが甘い!原因は? 足の臭いが気になるという方で、 甘い臭いがするというのは、 少ないかもしれませんね。 というのも、先ほどの臭いの種類と原因にも ありましたが、 ほどんどの場合は、汗や細菌によるものが多く、 また足の臭いが甘いといって 人に相談などはしないので、 耳にすることが少ないのだと思います。 足の臭いが甘い原因は主に二つ! それぞれについて解説していきます。 脂肪酸のままですと、 エネルギーとして使えないのですが、 ケトン体は水に溶ける性質で血液を通じて 細胞に届くので、 糖の代わりのエネルギーとして利用できます。 このケトン体が果物が腐ったような 甘い臭いがするので 糖尿病になった体からでる汗は、甘い臭いがします。 食事をして血糖値が上がると、 すい臓からインスリンが分泌され、 糖をエネルギーとして筋肉や臓器などに送る一方、 使われなかった糖は中性脂肪となり体に蓄えられます。 この状態を防ぐために、 糖質制限ダイエットにおいては、 糖質の摂取量を極端に減らし、 血糖値を上げないようにする ということが重要とされています。 そして、 糖質制限ダイエットで体内のブドウ糖が 不足すると、 体はその代わりのエネルギー源として、 脂肪が分解された「ケトン体」を使い始めます。 脂肪が分解されてできたケトン体が エネルギーとして使われるため、 効率よく体脂肪が減少するというのが 糖質制限ダイエットですね。 このようにケトン体が生成され、 体からケトン臭が発せられるので、 ダイエットをしている方で、 甘い臭いがしてきたら、 ケトン臭がしているということになります。 足の臭いが甘いことを放置したらどうなる? 自分の足の臭いということに 自分では気づけないことも多いです。 それが臭い問題の難しいところなのですが、 他人に指摘されないとないと自分では 気づけないんですね。 なぜなら、 人はニオイに慣れてしまう特徴があります。 自分のニオイに敏感になりすぎると、 それがストレスになり、 身体の不調をきたしてしまうので、 防衛機能が働くために、 自分の臭いには鈍感になるんですね。 自分では自覚しにくいという 自分の臭いに自ら気が付くということは、 それだけ自分の発している臭いが スゴイということです。 前述したとおり、 「足の臭いが甘い」という原因には、 糖尿病や過剰なダイエットによる栄養不足が 考えられますので、 この臭いを放置しておくと、 病気の進行や健康障害を引き起こすので、 早い対処が必要でしょう。 自分で自覚できるくらいの臭いが 感じられるようなら、放置せずに、 対策をとるのが賢明です。 また、自分で少し気になるかな? と思い始めたら、 信頼できる人物(家族や親しい友人)に ストレートに聞いてみるのもいいでしょう。 あなたのためを思ってきっと正直に ありのままを伝えてくれると思います。 足の臭いが甘いのは他人にもわかる? 足の臭いというのは、 普段、靴を履いているときには 気にならないことが多いでしょう。 自宅やよそ様の家で靴を脱いで入る際や、 小上がりの飲食店などで靴を脱ぐ場合に、 気が付くことが多いです。 ただ、 加齢臭や納豆クサイ臭いはかなり キツイ臭いなので、 他人からも気が付かれやすいですが、 足の甘い臭いというのは、 一般的な足の臭いとしては広まっていないですので、 上記の臭いに比べれば、 他人に気づかれることは 少ないでしょう。 実際に数値としてもそれは表れていて、 ニオイには『クサい』とわかる ボーダーラインである閾値 いきち と 呼ばれるものがあり、 臭いと認識されるレベルは、 ケトン臭(甘い臭い) 42ppm イソ吉草酸(納豆臭い)0. karumoa. html 数値が高いほど、においを感じにくい と言うことなので、 一般的な臭いよりも、臭いとして感じるのは 少ないでしょう。 ですが、自分で自覚しにくいニオイに 自分で少しでも自覚があれば、 それだけ強い臭いを発していることに なります。 食事の次に大事なこととして 運動があげられているのですが、 有酸素運動が最も適しているとのこと。 運動することで、 ・インスリンの働きを高める。 ・肥満の解消。 といった効果が期待できますので、 ウオーキングや軽いジョギング・スイミングなど、 無理のない範囲でできるものがよいでしょう。 これらの有酸素運動は、 血中にブドウ糖が筋肉に取り込まれやすく、 血糖値が下がるため、 運動療法として推奨されています。 ダイエットによって甘い臭いがする場合 糖質制限ダイエットにおいても 運動は大事になってきます。 なぜなら、ケトン体を消費できるのは、 脳と筋肉だけだからです。 活動量も減ってしまえば、筋肉は落ち、 カロリー消費はしにくくなり、 かえって痩せにくい体質になってしまいます。 ですので食事に気をつけるのと同時に、 運動を一緒に行っていくことが重要です。 有酸素運動は、運動によって血流がよくなり、 基礎代謝を支える内臓の機能が上がるので、 燃焼力もアップします。 また同時に筋トレも取り入れるといいですね。 食事で気を付けることとは? ケトン体が増えるとカラダが酸性に傾き、 『ケトーシス』とい状態になります。 カラダは通常弱アルカリ性で、 ケトーシスが起こると代謝が低下します。 それを防ぐのがアルカリ性食品です。 アルカリ性食品とは、 食品そのもののPHではなく、 含まれているミネラルなので、 紛らわしいのですが、 アルカリ性のミネラルは、 ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム などです。 食品で言えば、 野菜・果物・海藻・きのこ・大豆 です。 ちなみに間違えやすいのは、 「お酢」「梅干し」 これらは酢酸やクエン酸の『酸』が入っているから 酸性といったイメージがありますが、 カラダに吸収されたときに アルカリ性を与えるミネラルの比率が多いので 食品としては、アルカリ食品です。 また、 腎臓は体内の酸性とアルカリ性のバランスを 適切な状態に保つ役割がありますので、 腎臓のエネルギーとなりやすい グルタミンをを摂取することも酸性に傾いた 体には適しています。 グルタミンは体内でも生成されますが、 体内だけで作られるグルタミンでは足りないことから、 食品など外部から補う必要があります。 グルタミンを多く含む食品には、 大豆や小麦粉、肉や魚、卵やチーズなどです。 グルタミンは、水や熱に弱く、 酸性食品との組み合わせにより、 グルタミンの成分が壊れてしまうと言う 特徴があるので、 サプリメントなどでの摂取ですと効率的ですね。 そして、糖質制限ダイエットで、 脂肪をエネルギーとしてケトン体作動時には、 腎臓や内臓への負担を軽減させ、 効率よく代謝させるために、水分が必要です。 尿からケトン体を輩出することで、 足の臭いも軽減させることも 期待できるので、 水分は多く摂取するのがよいでしょう。 体の内側からケアすることを優先に、 さらに、 即効性を求めるならば、やはり制汗剤でしょう。 まとめ 足の臭いが甘いのは、 糖尿病や糖質制限ダイエットなどによって、 体にケトン体という物質が作られ、 そのケトン体が甘い臭いを発するからでした。 対策としては、 糖尿病の治療を受け、 食生活や運動をすること、 糖質制限ダイエットによって 甘い臭いがするときは、運動を取り入れつつ、 酸性に傾きがちな体をアルカリ性に保つように、 食事に気を付け、水分を多く摂取しましょう。

次の

生臭い体臭は病気が隠れてる?!原因と改善方法

足が臭い 病気

jpg 足は元々臭いものだと思っている方も いるかもしれませんが、 本来足は「無臭」のはずなのです。 足の裏は「エクリン腺」という 汗腺が集中しているので、 沢山汗をかく部分になりますが、 このエクリン腺から出る汗自体に ニオイはありません。 では、なぜ足が臭くなるのでしょうか。 それは、足の雑菌から出る排泄物が 原因となっているのです。 次から足の臭いの原因について詳しく説明していきます。 pakutaso. もちろん小さな赤ちゃんの足の裏にも 汗腺があり、大人と同じで 汗をかくことで体温を下げようとします。 しかしこのまま足が汗で湿った状態でいると、 どうしても菌が繁殖しやすくなり、 足の臭いの原因となってしまうのです。 夏場はサンダルを履くことが多く、 サンダルは通気性が良い靴のため あまり問題はありませんが、 通常の靴の場合、基本的に靴下を履くため、 新陳代謝が盛んな子どもの足の温度は どんどん上昇してしまいます。 気が付いたら子どもの靴下が汗でびっしょり、 なんてこともあるかと思うので、 要注意です。 pakutaso. しかし、毎日同じ靴を履き続けたり、 ずっと洗っていなかったりすると、 足から出た汗や垢が靴の中に どんどん溜まっていきます。 そうすると菌が繁殖しやすい環境が できあがり、足の臭いの原因となります。 雑菌が繁殖するのに 1番適した環境は「高温多湿」なので、 靴の中はまさにこの条件に ぴったりの場所なのです。 さらに雑菌は、靴の中に溜まっている 古くなった角質を餌にします。 よって、汚い靴は雑菌が増殖するのに 最も適した環境なのです。 また、普段履く靴は何足か持っている 子どもも多いかと思いますが、 盲点になっているのが学校の上履きです。 長期間洗わずにそのまま履いていると 雑菌のたまり場となるため、とても危険です。 特に冬場は足の爪の手入れはどうしても 忘れがちになりますが、 爪が伸びすぎると爪の間にゴミや垢など さまざまな汚れが溜まりやすくなり、 雑菌が繁殖してしまいます。 しかし前述した通り、 足の汚れがそのまま臭いの 原因となっていることがほとんどなので、 足を清潔にすることが 臭いを防ぐことの一番の近道です。 子どもが帰ってきたら、 まずは靴下を脱がせて、 石けんを使って足をよく洗います。 このときに、足の指の間を開いて洗い、 指の間の汚れも落とすようにしましょう。 毎日行うのは手間もかかって 大変だと感じる場合には、 沢山遊んで汗をかいたり、 外で動き回って遊んだ後や、 よく汗をかく夏場だけでも 取り組んでみてください。 また、足の汗を拭いて靴下を 綺麗なものに替えるだけでも効果があるので、 足を洗うのが面倒だなと感じたら、 まずはそこからはじめてみては いかがでしょうか。 今は除菌タイプのウエットティッシュも 売っているので、 それで足を綺麗にするのも 手軽で良いかもしれませんね。 靴は湿気が抜けにくいため、 足の臭い防止を考えると、 同じ靴を2日連続で 履かないようにするのがベストです。 成長期の子どもは すぐに足のサイズが大きくなるので、 そんなに沢山靴を買い揃えるのも 勿体ない気もしますが、 足のためにもせめて2足は 揃えて履き替えるようにしましょう。 そして、できれば月に1回は 靴を洗うと良いとされています。 お天気の良い日を見つけて、 綺麗に洗ってみると良いですね。 靴が綺麗になるのは 気持ちの良いことだという感情を 子どもにも味わってもらうためにも、 週末など時間のあるときに、 お子さんと一緒に靴を 洗ってみてはいかがでしょうか。 とはいえ、靴を洗っても 生乾きのままだと雑菌が繁殖して 逆効果になってしまうため、 洗った後は完全に乾かしましょう。 また、普段履いている靴だけでなく、 学校の上履きも盲点になりやすいので、 たまには家に持ち帰って綺麗に 洗うようにしましょう。 お天気の良い時や連休の時など、 しっかり靴を乾かせそうな タイミングを見計らって、 上履きも綺麗に洗うように心掛けたいですね。 また、部活動をやっている 子どもであれば、 サッカーのスパイクや陸上の靴など、 どうしても1足をずっと履き続けている パターンも多いですよね。 このような場合は、除菌スプレーをふって 靴の中をしっかりと乾燥させるだけでも 十分に効果的です。 また、普段履き用の靴は 1足しか持っていないという場合も、 靴を替えなくても毎日靴の中を 清潔にしていればそこまで問題にはなりません。 学校から帰ってきたら 除菌スプレーなどをふって 外でしっかり乾かしたり、 天気が悪く乾きにくい日には ドライヤーや乾燥機などで 乾燥させるようにしましょう。 また、靴下で足が蒸れるからと 言って裸足で靴を履かないように することも大切です。 裸足で靴を履くと汗や垢が直接靴の中に 残りやすくなり、臭い物質が靴の中に 直接溜まってしまいます。 朝からずっと同じ靴下を履いている 子どもも多いかと思いますが、 靴下は沢山の汚れを吸収しています。 1日の終わりには足の汗だけでなく 靴や床の汚れなども吸収し、 靴下は雑菌まみれになっています。 靴下の汚れは意外と盲点になりやすいので、 靴下をこまめに替えることも意識してみてください。 体育の授業がある場合は、 授業後に体操服を着替えるタイミングで 一緒に靴下も替えてしまえば良いですね。 その時にさっと足の裏の汚れも 除菌シートで拭き取れば、 なお効果的です。 部活動をしている子どもは、 さらに部活後にも同じように 靴下を替える習慣をつけるようにしましょう。 また、子どもがまだ赤ちゃんのうちは 足の裏に体温を調整するセンサーがあるので、 裸足で過ごす方が良いと言われています。 部屋の中にいるときは 基本的に靴下を履かせなくても大丈夫です。 とはいえ、冬の寒い日には 足が冷えてしまっていることもあるので、 赤ちゃんの様子次第で靴下を 履かせてあげるようにしましょう。 その際、足に汗をかいていれば こまめに靴下を 取り換えるようにしてあげてください。 気付いたら爪が伸びて ゴミが溜まって爪が黒くなっていた、 なんてこともありますよね。 このように、足の爪は雑菌が 繁殖しやすい場所なので、 こまめに切るようにしましょう。 巻き爪の場合、 爪で指の皮膚を傷つけてしまい、 そこから雑菌が入って化膿してしまう こともあるので、 そういったお子さんは特に注意が必要です。 基本的に体温調節が必要なときに汗をかきますが、 多汗症の人は体温調節が必要でないときも 汗をかいてしまう病気です。 多汗症は汗腺のある場所 どこでも起こりうるものですが、 ある特定の場所だけ発生する場合もあり、 足の裏だけ過剰な汗をかいてしまう 「足蹠(そくせき)多汗症」というものもあります。 この病気の可能性がある場合、 足の裏だけが異常に汗をかいている ことが多いので、 気になる場合は皮膚科を受診しましょう。 この白癬菌は、汗などをエサに繁殖し、 老廃物を排出してしまうので、 足の臭いの原因となります。 皮膚に白癬菌が付着するだけでは 水虫にはなりませんが、 足を不潔にしておくと、 汗や古い角質が足の裏に溜まり、 白癬菌が繁殖しやすい環境をつくってしまいます。 また、傷ついた皮膚からは 白癬菌が侵入しやすくなるので、 巻き爪の人は特に注意が必要です。 また、プールや銭湯、レジャーランドなど 多くの人が利用する施設の足拭きマットや、 家族の中で水虫に感染している人がいる場合は、 お風呂の足拭きマットなどから うつってしまうので、注意が必要です。 柔道や空手など裸足で行う習い事を している場合も水虫が うつりやすいと言われています。 また、スポーツをすることで 靴の中が蒸れやすく、 水虫にかかりやすい傾向があるようです。 こういった悪い菌を増やしやすい環境を 作らないためにも、 常に足を清潔にするよう心掛けたいですね。 スプレーなどの消臭剤は使えるの? 市販品には足の臭い対策グッズが沢山あり、 今はドラッグストアに行けば 沢山の種類のスプレーが販売されています。 特に中高生の女の子であれば ほとんどが制汗スプレーを 持っているかと思いますが、 足の臭いを防止するスプレーなども 今は沢山開発されているようです。 足に直接吹き付けるタイプの 臭い対策グッズには、 ストッキングや靴下の上から 使用できるものもあります。 汗などによって臭いが気になりやすい 足をサラサラにキープしてくれる 制汗スプレーは、 とても手軽に使うことができます。 また、足に直接吹き付けるタイプでは パウダーインタイプのものもあるので、 ミストが乾いた後は足がサラサラになるようです。 このように、 足に制汗スプレーをすることによって、 足の臭いの原因となる雑菌の繁殖を 抑えることができます。 手軽に足の臭いを予防することができる アイテムが沢山あるので、 ぜひ使ってみてはいかがでしょうか。 まとめ 子どもの足が 臭くならないようにするためには、 足や靴、靴下を清潔に保つことが大切です。 小学校に入ると体育の授業もあり、 スポーツをする機会が増えます。 また、子ども自身も自分の 足の臭いが徐々に気になってくる 頃でもあります。 お友達に足が臭いと指摘されるのは 子どもにとってかなりショックな 出来事になるので、 これは未然に防ぎたいですよね。 このように、足の臭いは 元々あるものではなく、 予防することができるものです。 将来的に子どもが足の臭いで 困ることのないように、 幼少期から足を清潔に保つ習慣を つけてさせてあげたいですね。

次の

足の臭い対策(男性/女性)!おすすめアイテムや原因を知ってお悩み解決!

足が臭い 病気

足の臭いの種類は? 「足が臭い!」 その匂いには種類があるというのは、 他人の足の臭いがクサイという経験をした方は、 何となくわかるという人もいるでしょう。 その匂いの種類について、あげてみます。 ニオイの元となる発生源の大方は、汗! ですが、汗は基本的に無臭です。 汗が皮膚の表面でアカや皮脂などと混ざり合い、 それを雑菌が分解することで、 臭いが発生してきます。 腕や顔周りなど、汗をかいたらすぐに拭き取れる 場所ではなく、 足の裏や脇、足の付け根など、蒸れやすいところは、 臭いが発生しやすいところです。 靴下が酸っぱい臭いがするというのは 蒸れやすく、雑菌も繁殖しやすいからなんですね。 女性でも女性ホルモンが減少すると、 加齢臭を発します。 加齢臭は、皮脂線の多い上半身からの 発生が多く、耳の裏や胸元・首回り・脇 などが代表的です。 納豆に近い匂いでむわっとした感じ。 足から発生する納豆のような匂いの 原因は「イソ吉草酸」という臭い成分。 皮膚の常在菌が角層のアミノ酸を分解することで、 生成されるものですが、 納豆にも同じ成分が含まれているため、 納豆臭く感じられるようです。 足が疲労し、老廃物質がたまってくると、 血行が悪くなり、体の中から出るアンモニア臭が 発生しやすくなります。 また、 肝臓が疲れてくると、体内のアンモニアが 増加し、汗として排出されます。 疲れてくると、アンモニア臭=疲労臭が 強くなるのはこのためです。 糖尿病でケトン体という物質が発生すると、 甘い臭いがしてきます。 インスリンと言うホルモンがうまく 働かないために、ブドウ糖を利用して エネルギーに出来ないので、 肝臓が中性脂肪を分解して作り出すケトン体を エネルギー源として合成します。 また、ダイエットなどで、糖分を制限することでも ケトン体が生成されるので、汗にもケトン体の臭いが 混じり、甘い臭いになります。 これらの臭いの全てを経験された方はいないと思いますが、 足の臭いにはいろいろな臭いがあるんですね。 足の臭いが甘い!原因は? 足の臭いが気になるという方で、 甘い臭いがするというのは、 少ないかもしれませんね。 というのも、先ほどの臭いの種類と原因にも ありましたが、 ほどんどの場合は、汗や細菌によるものが多く、 また足の臭いが甘いといって 人に相談などはしないので、 耳にすることが少ないのだと思います。 足の臭いが甘い原因は主に二つ! それぞれについて解説していきます。 脂肪酸のままですと、 エネルギーとして使えないのですが、 ケトン体は水に溶ける性質で血液を通じて 細胞に届くので、 糖の代わりのエネルギーとして利用できます。 このケトン体が果物が腐ったような 甘い臭いがするので 糖尿病になった体からでる汗は、甘い臭いがします。 食事をして血糖値が上がると、 すい臓からインスリンが分泌され、 糖をエネルギーとして筋肉や臓器などに送る一方、 使われなかった糖は中性脂肪となり体に蓄えられます。 この状態を防ぐために、 糖質制限ダイエットにおいては、 糖質の摂取量を極端に減らし、 血糖値を上げないようにする ということが重要とされています。 そして、 糖質制限ダイエットで体内のブドウ糖が 不足すると、 体はその代わりのエネルギー源として、 脂肪が分解された「ケトン体」を使い始めます。 脂肪が分解されてできたケトン体が エネルギーとして使われるため、 効率よく体脂肪が減少するというのが 糖質制限ダイエットですね。 このようにケトン体が生成され、 体からケトン臭が発せられるので、 ダイエットをしている方で、 甘い臭いがしてきたら、 ケトン臭がしているということになります。 足の臭いが甘いことを放置したらどうなる? 自分の足の臭いということに 自分では気づけないことも多いです。 それが臭い問題の難しいところなのですが、 他人に指摘されないとないと自分では 気づけないんですね。 なぜなら、 人はニオイに慣れてしまう特徴があります。 自分のニオイに敏感になりすぎると、 それがストレスになり、 身体の不調をきたしてしまうので、 防衛機能が働くために、 自分の臭いには鈍感になるんですね。 自分では自覚しにくいという 自分の臭いに自ら気が付くということは、 それだけ自分の発している臭いが スゴイということです。 前述したとおり、 「足の臭いが甘い」という原因には、 糖尿病や過剰なダイエットによる栄養不足が 考えられますので、 この臭いを放置しておくと、 病気の進行や健康障害を引き起こすので、 早い対処が必要でしょう。 自分で自覚できるくらいの臭いが 感じられるようなら、放置せずに、 対策をとるのが賢明です。 また、自分で少し気になるかな? と思い始めたら、 信頼できる人物(家族や親しい友人)に ストレートに聞いてみるのもいいでしょう。 あなたのためを思ってきっと正直に ありのままを伝えてくれると思います。 足の臭いが甘いのは他人にもわかる? 足の臭いというのは、 普段、靴を履いているときには 気にならないことが多いでしょう。 自宅やよそ様の家で靴を脱いで入る際や、 小上がりの飲食店などで靴を脱ぐ場合に、 気が付くことが多いです。 ただ、 加齢臭や納豆クサイ臭いはかなり キツイ臭いなので、 他人からも気が付かれやすいですが、 足の甘い臭いというのは、 一般的な足の臭いとしては広まっていないですので、 上記の臭いに比べれば、 他人に気づかれることは 少ないでしょう。 実際に数値としてもそれは表れていて、 ニオイには『クサい』とわかる ボーダーラインである閾値 いきち と 呼ばれるものがあり、 臭いと認識されるレベルは、 ケトン臭(甘い臭い) 42ppm イソ吉草酸(納豆臭い)0. karumoa. html 数値が高いほど、においを感じにくい と言うことなので、 一般的な臭いよりも、臭いとして感じるのは 少ないでしょう。 ですが、自分で自覚しにくいニオイに 自分で少しでも自覚があれば、 それだけ強い臭いを発していることに なります。 食事の次に大事なこととして 運動があげられているのですが、 有酸素運動が最も適しているとのこと。 運動することで、 ・インスリンの働きを高める。 ・肥満の解消。 といった効果が期待できますので、 ウオーキングや軽いジョギング・スイミングなど、 無理のない範囲でできるものがよいでしょう。 これらの有酸素運動は、 血中にブドウ糖が筋肉に取り込まれやすく、 血糖値が下がるため、 運動療法として推奨されています。 ダイエットによって甘い臭いがする場合 糖質制限ダイエットにおいても 運動は大事になってきます。 なぜなら、ケトン体を消費できるのは、 脳と筋肉だけだからです。 活動量も減ってしまえば、筋肉は落ち、 カロリー消費はしにくくなり、 かえって痩せにくい体質になってしまいます。 ですので食事に気をつけるのと同時に、 運動を一緒に行っていくことが重要です。 有酸素運動は、運動によって血流がよくなり、 基礎代謝を支える内臓の機能が上がるので、 燃焼力もアップします。 また同時に筋トレも取り入れるといいですね。 食事で気を付けることとは? ケトン体が増えるとカラダが酸性に傾き、 『ケトーシス』とい状態になります。 カラダは通常弱アルカリ性で、 ケトーシスが起こると代謝が低下します。 それを防ぐのがアルカリ性食品です。 アルカリ性食品とは、 食品そのもののPHではなく、 含まれているミネラルなので、 紛らわしいのですが、 アルカリ性のミネラルは、 ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム などです。 食品で言えば、 野菜・果物・海藻・きのこ・大豆 です。 ちなみに間違えやすいのは、 「お酢」「梅干し」 これらは酢酸やクエン酸の『酸』が入っているから 酸性といったイメージがありますが、 カラダに吸収されたときに アルカリ性を与えるミネラルの比率が多いので 食品としては、アルカリ食品です。 また、 腎臓は体内の酸性とアルカリ性のバランスを 適切な状態に保つ役割がありますので、 腎臓のエネルギーとなりやすい グルタミンをを摂取することも酸性に傾いた 体には適しています。 グルタミンは体内でも生成されますが、 体内だけで作られるグルタミンでは足りないことから、 食品など外部から補う必要があります。 グルタミンを多く含む食品には、 大豆や小麦粉、肉や魚、卵やチーズなどです。 グルタミンは、水や熱に弱く、 酸性食品との組み合わせにより、 グルタミンの成分が壊れてしまうと言う 特徴があるので、 サプリメントなどでの摂取ですと効率的ですね。 そして、糖質制限ダイエットで、 脂肪をエネルギーとしてケトン体作動時には、 腎臓や内臓への負担を軽減させ、 効率よく代謝させるために、水分が必要です。 尿からケトン体を輩出することで、 足の臭いも軽減させることも 期待できるので、 水分は多く摂取するのがよいでしょう。 体の内側からケアすることを優先に、 さらに、 即効性を求めるならば、やはり制汗剤でしょう。 まとめ 足の臭いが甘いのは、 糖尿病や糖質制限ダイエットなどによって、 体にケトン体という物質が作られ、 そのケトン体が甘い臭いを発するからでした。 対策としては、 糖尿病の治療を受け、 食生活や運動をすること、 糖質制限ダイエットによって 甘い臭いがするときは、運動を取り入れつつ、 酸性に傾きがちな体をアルカリ性に保つように、 食事に気を付け、水分を多く摂取しましょう。

次の