白衣 の 戦士 齋藤。 白衣の戦士!|3話見逃し動画無料視聴はこちら【4/24配信】

白衣の戦士!9話ネタバレ。斎藤がハルカに告白

白衣 の 戦士 齋藤

白衣の戦士に原作はあるの? 白衣の戦士に原作はあるかですが、 原作はありません。 梅田みかさんのオリジナル脚本となっています。 梅田みかさんは、1965年2月1日、東京生まれ。 父親は、梅田晴夫さんといって、 フランス文学者、劇作家、小説家、随筆家です。 父親もテレビドラマの脚本を書いています。 梅田みかさんの作品は、このようになっています。 テレビドラマ 恋とはどんなものかしら(1994) 半熟卵(1994) 終らない夏(1995) 世にも奇妙な物語1995年春の特別編「友子の長い朝」(1995) 輝きを忘れない(1997) ハッピーマニア(分担)(1998) 別れたら好きな人(分担)(1999) お水の花道(分担)(1999) 愛人の掟・あなたに逢いたくて(原作・脚本)(2000) もう一度キス(2000) よい子の味方 〜新米保育士物語〜(2003) 愛するために愛されたい(分担)(2003) あした天気になあれ。 (2003) CAとお呼びっ! (2006) 美丘-君がいた日々-(2010) 美咲ナンバーワン!! 2011 ゴーストママ捜査線〜僕とママの不思議な100日〜(2012) 花咲舞が黙ってない(2014、2015) 37. (2019) 映画 花より男子(1995) 引用元: スポンサーリンク 白衣の戦士の内容は? 白衣の戦士の内容はどんな感じでしょう。 こちらが予告編。 1話の内容はこのようになっています。 はるか(中条あやみ)は「元ヤン」の新米ナース。 やる気はあるが空回りしがちで指導係の先輩ナース・夏美(水川あさみ)から叱られてばかり。 入院中の高校生・潤也(鈴木仁)の担当になったものの、問題行動ばかり起こす潤也と早速バチバチに…。 一方「結婚退職」を目標に婚活中の夏美は、見合い相手から「結婚したら仕事は辞めて家庭に入ってほしい」と言われ、二つ返事で承諾してしまう。 そんな中、潤也が病院からいなくなった! 引用元: 明るくて型破りな元ヤンの新米ナース・はるかとやる気はあるが空回りしがちで指導係のがけっぷち先輩ナース・夏美が仕事に恋に悪戦苦闘! 四季総合病院を舞台に、明るく楽しいドタバタ系の痛快ナースコメディです。 白衣の戦士のキャストは? 白衣の戦士のキャストはどうなっているでしょう。 上記したようにW主演のドラマ。 明るくて型破りな元ヤンの新米ナース・ 立花はるかを演じるのが、 中条あやみさん。 中条あやみさんは、連ドラ初主演となります。 斎藤光 :演 小瀧望(ジャニーズWEST) 村上真由 :演 片瀬那奈 小野貴子 :演 鈴木紗理奈 藤井雪乃 :演 小松彩夏 岩崎絵里奈 :演 山崎萌香 高木昇太 :演 三宅亮輔 柳楽圭一郎 :演 安田顕 本城昭之 :演 沢村一樹 また、毎回、ゲストのキャストもいます。 白衣の戦士は面白い?つまらない?感想や評価は? 白衣の戦士! は面白いのか?つまらないのか? 視聴者の感想や評価はどうなっているでしょう。 ぱっと予告編をみたところドタバタ系が嫌いな人には、辛そうなドラマですが、 ドタバタ系のナースものが好きな方には楽しめそうに感じます。 どのような声がでてくるか楽しみですね。 ドラマ序盤は賛否があるようです。 予告編をみるだけで、女優陣の演技に好き嫌いが別れると思いましたが、仕方ないようですね。 否の意見としては、「ナーズのお仕事」の二番煎じ、 何度も見せられた昭和、平成ドタバタコメディの焼き回しなどの意見もありました。 勿論、面白いと感じた方も多いです。 コミカルな部分と、シリアスというか仕事モードの部分と、いい配分になっててテンポが良くて見やすい。 バタバタしてる感じ面白かったよ。 可愛い子多いし。 東北、岩手の星小松彩夏ちゃん見れたし。 中条あやみちゃんと水川あさみちゃんの掛け合いもたまらなかった。 ナースのお仕事 — AkiHiro kamui639 色々と面白かった👏 仕事から離れた目線で観てるとめちゃくちゃ笑える😂 本職の天使さん達がツッコミにはしっちゃうのは、常に仕事脳なのよ。 それくらい大変なのよ。 側で見ていて可哀想なくらいハードに頑張ってるのよ皆さん。 ま、あたしは平和に助手してるんだけども — めりるるる ぼーろ nGYmcRKu3wte2hd まとめ 日テレのドラマ「白衣の戦士! 」が2019年4月10日、水曜日、22時00分から放送開始です。 中条あやみさんと水川あさみさんのW主演の明るく楽しいナースドラマ。 原作はなく、梅田みかさんのオリジナル作品となっています。

次の

白衣の戦士2話斉藤【小瀧望】の白パーカーが可愛い画像!ブランドと通販も!

白衣 の 戦士 齋藤

2019年春ドラマ『白衣の戦士!』第5話のあらすじ 2019年5月15日 水 放送のドラマ『白衣の戦士!』第5話のあらすじを紹介します。 ある朝、はるか(中条あやみ)が出勤すると、普段は「動きやすいから」とパンツスタイルの白衣を着ている貴子(鈴木紗理奈)や雪乃(小松彩夏)、そして夏美(水川あさみ)までもが、ワンピースの白衣でウキウキモード。 どうやら、イケメン俳優が入院してくるらしい。 担当を命じられたはるかも張り切るが……!? はるかは、雪乃が事務部の西野(佐伯大地)と付き合っていることを知る。 さらに、斎藤から突然映画に誘われて「これって、デート!? 」と盛り上がる。 一方、夏美は師長の本城(沢村一樹)と仕事帰りに二人で飲みに行く機会も増え、なんとなくいい感じに。 本城も夏美に「結婚相談所、やめちゃえば?」と勧めて……。 斎藤と出かけた映画館で、はるかは、主任の真由(片瀬那奈)が、デートしている姿を目撃する。 いつもは厳しい真由の幸せそうな姿にホッコリしたはるか。 デートの相手は、同じ病院の脳外科医・清水(東根作寿英)だった。 だがそのことを夏美に報告すると、「清水先生には奥さんがいる」と知らされる! より引用 はるかと斎藤が映画館デートをすることになるのがとても見どころです。 二人の距離がさらに縮まるのではないかと感じているので、すごく期待しています。 はるかだけが斎藤にドキドキさせられっぱなしなので、斎藤をドキドキさせることができるのか、とても期待しています。 二人が映画館に行ったときに、主任の真由と清水のデート姿を見てしまうはるかなので、いつもとは違って幸せそうに過ごしている真由の姿を見て嬉しいはるかですが、夏美に話すと清水には奥さんがいると言うため、はるかが激怒してしまうのではないかと思いました。 清水と真由が不倫しているのか、はるかがどうするのか気になります。 ペンネーム:momon(20代・女性) 本城にデートに誘われた夏美は高級な店に行き、却って恐縮し、誰かに見られたら困るというのでしょう。 きっと、本城のことは、嫌いではないと告白するのでしょうが、結婚にはまだ、踏み込めないと保留する気がします。 一方、はるかが斎藤と映画を見に行くと、そこに村上主任が脳外科の清水医師とデート中の姿を見てしまいます。 はるかが夏美に伝えると、清水医師は結婚していて、仲が良い夫婦なのに、おかしいと夏美が疑うのでしょう。 おそらく、村上は離婚歴があり、自分の親が清水の患者だったので、親密になり、村上からの一方的な恋愛感情ではないかと想像します。 はるかは、絶対、不倫は許せないと騒ぐのでしょう。 そして、夏美は、それとなく村上を食事に誘い出し、好きな人はいないのかと、尋ねると村上は不倫を告白するのでしょう。 村上は女性として40歳を前に、焦る気持ちを訴えて、清水と別れると夏美に宣言するかもわかりません。 ますます、夏美自身も本城との関係に悩むのでしょう。 ペンネーム:しげる(60代・男性) 2019年春ドラマ『白衣の戦士!』第5話のあらすじネタバレと感想! DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『白衣の戦士!』第5話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。 『白衣の戦士!』第5話のあらすじネタバレ 斎藤は、友達から貰った映画の券の期限が迫っている、ということで立花と一緒に見に行くことになります。 立花は、タイトルからして恋愛ものだろう、きっと友達から貰ったというのは嘘で、わざわざ手に入れてくれたのではと妄想します。 実際はホラー映画だったので、二人はゲッソリした様子で出てくると、映画を見終わったと思われる婦長と病院の先生を目撃します。 翌日、立花は三原に婦長のことを話すと、「それは西野先生だろう。 先生はすでに結婚している。 」と三原が言います。 病院では院内恋愛がよくあることだということに加え、不倫もあり得るのかと驚く立花は、婦長を見るたびに「不倫」と言う言葉が頭から離れません。 そんな時、西野がお腹を抱えた奥さんと思われる女性に受付で話しかけているところを、立花と三原が目撃します。 そこへ、婦長もやってきたので、とてもショックな顔をしていました。 婦長は居酒屋で、三原と立花に本当のことを話します。 別れたいけど複雑な想いだと言う婦長の気持ちに、三原は共感しますが、立花は恋愛に疎かったため、話についていけませんでした。 仕事もミスが増えた婦長を見た本城は、「これで婦長を元気づけてやってほしい。 」と焼き肉の券を三原に渡します。 三原は、藤井と岩崎、立花と婦長と共に焼肉に行きますが、イチャイチャした恋人の声が聞こえたので気になります。 その恋人が出ていこうとすると、藤井が付き合っている男性だったので、「浮気は許さない。 」と思った立花が男性を殴ってしまいます。 「私は恋を知らないけど、どうせなら一途に思ってくれる男性がいい。 」と立花が言うと、ナースたちは納得します。 その後、病院で体調を崩した西野の奥さんを助けた婦長は、お礼にやってきた西野に別れを告げます。 『白衣の戦士!』第5話の感想 5話を視聴する前は、予告で婦長が不倫しているかも、と流れていましたが、ナースドラマで取り上げるのはないだろうなと思っていました。 なので、三原と立花の勘違いだったという展開で幕を閉じるのかなと予想していたので、意外な展開でした。 不倫経験はなくても、恋愛をして失恋をしたことがあれば、婦長の別れた方がいいのか迷う気持ち、別れたくないという気持ちがわかると思いました。 なので、婦長が思い切って決断したところは、大人だなと感じ、勇気がある行動に励まされました。 また、院内の恋愛は広まるという設定は、どこの職場でもあり得ると思いましたが、婦長を三原と立花で励ます場面は、女子会みたいでいいなと思いました。 ペンネーム:piyo(30代・女性) 『白衣の戦士!』第5話のあらすじネタバレ 第5話ではナースたちの恋模様が描かれていました。 仕事ができて後輩たちをビシビシと指導する主任ナースの真由は、同じ病院の脳外科医・清水と不倫関係にありました。 はるかと夏美は、密かに清水とデートをしている真由の姿を目撃してしまいます。 しかも、清水の奥さんが妊娠をしており四季総合病院に通院しているという事実を知り、戸惑い憤りを感じます。 普段はしっかりとしていて隙のないナースの鏡のような真由の道ならぬ恋に悩み苦しんでいる様子が、ナースも1人の女性で恋に悩んだり切ない思いを抱えているのだというリアルさが伝えられていました。 真由の姿を通して、仕事と恋に悩む女性に共感と前向きさを与えるストーリーであったと思います。 『白衣の戦士!』第5話の感想 仕事をバリバリとこなし後輩からの信頼も厚い真由が、恋には不器用で悩んでいる姿に胸が切なくなりました。 私は既婚者なので真由が不倫をしているという内容に最初は少し疑問を感じながら見ていましたが、話が進むうちに真由のどうしようもない辛い恋心に共感を覚えるようになりました。 しっかりとしているように見えてショックから仕事でミスをしてしまう様子に、真由が今までより身近に感じて好きになりました。 たくさん悩み恋に苦しんでも、ラストではナースとして清水の妻を助ける真由はとてもかっこよかったです。 仕事と恋に悩み苦しんでいる女性はたくさんおられると思います。 そんな女性に今回の話を見て、前向きな気持ちになってもらいたいなと思いました。 ペンネーム:さくら(30代・女性) 『白衣の戦士!』第5話のあらすじネタバレ はるか(中条あやみ)が主任・真由(片瀬那奈)と脳外科の清水(東根作寿英)のデート現場を目撃し夏美(水川あさみ)に報告しますが、清水は既婚者であることが分かり主任の不倫が発覚します。 さらに清水の奥さんは妊娠しており、そのことを知って落ち込む真由は頭ではわかっていても別れられない自分と葛藤します。 はるかや夏美は相談にのり元気がない主任を見守ります。 そんな中、雪乃(小松彩夏)の交際相手である事務部の西野(佐伯大地)の浮気現場を目撃し、西野の「ナースなのに全然天使じゃない」という一言にキレたはるかは思わず西野を殴ってしまいます。 第三者のはるかが殴ってしまったことを夏美に怒られるも好きな人には自分だけを見ていてほしいというはるかの言葉を聞いて、真由は自分の素直な気持ちに気が付き、清水に自ら別れを告げます。 『白衣の戦士!』第5話の感想 なんだか漫画みたいなストーリーなのにすごく感動してしまいました。 交際が長くても短くてもいつの間にかお互い我慢して強がってしまうことが多い大人の恋愛だけど、好きな人にはやっぱり自分だけを見ていて欲しいという言葉は、涙がでてきてしまいました。 ナースというだけで服装だけで優しい、包容力があるものだと思われる勝手な偏見はとても見ていて切なかったです。 雪乃も主任の真由が不倫から抜け出せたのも周りに仲間がいたからこそで、やっぱり仲間って大事だなと思いました。 こんな仲間に恵まれた職場で働いてみたいなと思いました。 ペンネーム:はるね(30代・女性) 『白衣の戦士!』第5話のあらすじネタバレ ナースも普通の女子、女の子っ!! 今回は女の敵が多かった話しです、ダメダメ下がだらしない男子、男ばっかでした。 主任村上を3年間騙し続け…妊娠している奥さんと病院内で鉢合わせしてしまい、弁解の電話を何度もよこす、脳外科医の医師清水、「僕は君を傷つけたくなかったから、妻の妊娠を言い出せないでいた」。 またまたあらら男子は、薬屋さんの男、ナースの雪乃が夜勤の間に別の女性とデート、しかも温泉行こうっと、「雪乃が夜勤の日だから大丈夫な日だから」。 看護師長本城に貰ったお食事券で高級鉄板焼き店に行き、居合わせたナース一堂、雪乃も薬屋の男を非難する、我慢しきれない立花が代わりに殴る! 結局みんな2番手の女から除名するのであった。 『白衣の戦士!』第5話の感想 脳外科医の清水。 「僕は君を傷つけたくなかったから、妻の妊娠を言い出せないでいた」ときたもんだ!キッー!自己中的考えの下ユルシ男子にあるある発言!いるよねーこういう人っ!最悪です。 主任別れて正解です。 仕事も手につかなくなるくらい傷ついたんですね、可哀想でした。 主任を励ますために、看護師長が川柳で当てた賞金をナース達に渡してあげるの素敵って思ったんですが、入賞した川柳がめっちゃ笑えました。 「ナースより女子力あるよナースマン」すごいシュールツボにきてしまいました。 立花は、斎藤にぞっこんなんですね!! 映画に誘われてたまたま貰ったチケットがあるから、でも良かった! でもホラーっておもってしまいました。 お似合いな2人です。 ペンネーム:かんのけ(30代・女性) 『白衣の戦士!』第5話のあらすじネタバレ 看護主任不倫が今回の話題。 斎藤が友達にもらった映画のチケットがあると立花を誘う。 二人で映画を観に行くと、そこで偶然主任がデートしているところを目撃。 ところがその相手は清水医師で彼は結婚していて奥さんが妊娠中であることが発覚。 たまたま奥さんが検診で病院に来ていて清水と一緒にいるところを主任は見てしまい、ショックを受ける。 主任は仕事で発注や配膳のミスをしてしまい、看護師長は心配して食事に行ったらと高級鉄板焼きの食事券をくれた。 看護師仲間みんなで食事をしていると看護師であるゆきのの彼氏が女性と食事をしているところに遭遇。 彼が女性と泊まりで温泉に行こうと話しているのを聞いてしまい、彼のさまざまな言い訳に立花は怒って殴ってしまう。 『好きな人には自分だけを見ていて欲しい』という立花の言葉が主任に響く。 主任は清水に別れようと話した。 『白衣の戦士!』第5話の感想 主任の葛藤が描かれていてナース達の恋事情が少しわかって楽しかった。 何かある度に女子会が開催されていて、いい職場だなぁと思った。 男ってやっぱり浮気したり不倫したりする人多いのかなと思ってしまった。 鉄板焼きのお店で言い訳をした彼を立花が殴ってくれたときはすっきりした。 自分にもこんな頼もしい友達や同僚がいたらいいなぁと羨ましく思った。 斎藤に勇気を出して『付き合っちゃおっか』と言ったときの立花がとても可愛かった。 その分、斎藤の鈍感さが感じられて少しイライラしたがそれもまた彼らしさだと思う。 最後に主任が合コンに参加すると言った場面が面白かった。 ペンネーム:ひまわり(30代・女性) 『白衣の戦士!』第5話のあらすじネタバレ 病院内で恋愛が多く、雪乃が西野と付き合っていることを知り、夏美は本城師長と飲みに行く回数も増えてきていい感じに成って来た。 はるかも齋藤に誘われて映画に行く。 映画館では主任真由が男性と一緒の所を見かけ、相手は医師清水とわかり二人の間は不倫関係と知ってしまう。 病院で清水の妻が身ごもった姿を現れ、二人は仲睦まじい様子を主任が見てしまいショックを受けていた。 ナ-スたちは食事をしていると、西野が別の女性と食事をしてはるかは思いきっり殴ってしまう。 病院の近くで清水の妻が産気づき真由が助ける。 真由はこのことがきっかけで清水と別れること決意する。 『白衣の戦士!』第5話の感想 有名な俳優が入院すると知り、ナ-スたちがいつもより化粧やワンピ-スを着て張り切っている姿が面白かった。 しかし同姓同名の別人とわかりはるかのリアクションもわかりやすかった。 真由が清水が不倫関係になって3年と長い付き合いと知り、今までバレてなかったのが凄い。 妻がいるのに、真由に優し言葉やネックレスのプレゼントをするなんて女性はすっかりその気になってしまうはず。 ズルズル不倫関係が続いたが清水の妻が身ごもり産気づき、それを真由がナ-スとしてしっかり支え素敵に思えた。 ナ-スのの恋愛事情が複雑でハッピーエンドにならなく残念に思った。 ペンネーム:さくら(50代・女性) まとめ.

次の

白衣の戦士5話あらすじネタバレ!斎藤とはるかがデート中に真由の不倫を目撃? | drama box

白衣 の 戦士 齋藤

— 2019年 6月月12日午前1時22分PDT はるか(中条あやみ)は斎藤(小瀧望)と両想いであることに気づいて舞い上がります。 しかし、仕事ができる斎藤に嫉妬したはるかは対抗心をむき出しに。 休みが重なった夏美(水川あさみ)と本城(沢村一樹)は待ち合わせをしてランチに行くことに。 メニューを間違えた店員をフォローする姿を見て、夏美は本城の優しさを改めて実感しました。 その頃、はるかと斎藤も遊びに行く約束をしていました。 しかし、当日になって急に斎藤の両親が親戚の法事で上京してきて、みんなで東京見物をすることになりました。 父親の渡(寺脇康文)と斎藤は何かにつけて反発しあってばかり。 斎藤の実家は伊豆で小さな旅館を経営しており、一人息子の斎藤が田舎を捨てて東京に行ったことが渡は気に入らないのでした。 スカイツリーに登ろうとしたところで渡が突然腹痛を訴えます。 そこで四季総合病院で診察をしてもらうことに。 柳楽(安田顕)の診断により胃潰瘍が原因で腹痛が起きていたことが判明。 さらに内視鏡検査で腫瘍が見つかり、悪性の可能性が高いことがわかりました。 そのまま入院することが決まり、はるかと夏美が担当を受け持つことに。 渡を心配して様子を見に来た斎藤でしたが、渡はそんな斎藤に厳しい言葉を浴びせます。 母親の芳子(藤吉久美子)から、渡はまだ旅館を継いでほしいと思っていると言われた斎藤は自分の決断は間違っていたのかもしれないと考えるようになっていました。 そしたら父親が病気になることもなかったのではないかと。 しかしその反面、父親とは考え方も生き方も違って分かり合えなくて仕方がないとも思っていました。 そんな斎藤にはるかは「自分の親は世界にたった二人しか居ないのにこのままでいいの?」と問います。 すると斎藤は「何にもわかっていないくせに簡単にそんなこと言うな」と答えるのでした。 渡は家業を継ぐという重圧から逃げるために斎藤が看護師になったと思っていました。 看護師でなくても何の仕事でも良かったのだと。 それを聞いたはるかは、それは違うと反論。 斎藤が看護師を目指したのは、希望を失くした時に勇気を与えてくれた看護師のようになりたいと思ったからだと渡に説明するのでした。 そんな中、渡が突然吐血。 消化管に穴が空いている可能性があり、緊急手術が行われることに。 柳楽の執刀で手術は無事に成功しました。 弱っている父親を見て、斎藤は自分が旅館を継ぐべきかもしれないと悩んでいました。 しかし、看護師を続けたいという気持ちが強く、こんな気持ちで帰ったら人生かけて必死で旅館を守ってきた渡に失礼だと考えるように。 「旅館は継げない」と告げると、渡は「自分でやると決めたことは最後までやり遂げなさい」と進言。 二人は長年のわだかまりを解くことができました。 そして渡の体調も回復し、無事に退院することができました。 斎藤ははるかにいつも助けられていると感じるようになっていました。 そして、ついに「立花のことが好きだ」と告白。 二人は晴れて付き合うことになりました。 はるかに危機が!?.

次の