ハガキ 料金。 【2019年10月からの郵便料金】改定後の新郵便料金をチェック!

ポストカード印刷・DMハガキ印刷・プリント

ハガキ 料金

このページの目次• ですから、シール等をたくさん貼りすぎて重くなるとどうなるのか? それは、封筒などと同じで手紙の扱いになってしまうのです。 仮にそれ以上の重さになってしまった場合は定形外郵便の扱いになり、さらに料金がかかってきます。 はがき、定形郵便、定形外郵便の料金を確認してみてください。 郵便料金一覧(2019年10月1日改定~) 定形郵便物 25g以内 84円 50g以内 94円 定形外郵便物 規格内 規格外 50g以内 120円 200円 100g以内 140円 220円 150g以内 210円 300円 250g以内 250円 350円 500g以内 390円 510円 1kg以内 580円 710円 2kg以内 な し 1040円 4kg以内 1350円 通常はがき 63円 往復はがき 126円 年賀はがき 63円 表面に「年賀」と朱記 (私製でもよい) はがきにシールを貼った重さや各種はがきの重さの比較 郵便はがきに沢山シールを貼って重さを量ってみました。 通常使用する郵便はがきを使用しています。 シールを全面に貼っても 4,8gでした。 今回使用したシールは薄いタイプでしたから、沢山貼っても重さはオーバーしませんでした。 (以下の画像参照) なので、今回貼ったシール全部の重さは 1,7gになります。 各種類のはがきの重さを比較してみましょう。 次の4種類の重さを量ってみました。 このタイプのはがきにシールを貼る場合は注意が必要ですね。 6gを超えると料金が高くなります。 スポンサーリンク はがきにシールを貼って出しても問題ない? そもそもですが、 はがきにシール等を貼って送ることに問題はないのでしょうか。 日本郵便のホームページには以下のような文面が載せられています。 「紙やシール、写真等の薄い紙またはこれに類するものを、容易にはがれないように全面 を密着させたものであれば送ることができます。 」 つまり、 薄くて厚みのないシール等をはがれないようにしっかり貼り付けること。 その際、はがきに密着させた状態にすること。 その状態であれば、発送には問題ないということです。 はがきにシール等を貼るうえでの注意点 はがきにシール等を貼るときの注意をまとめておきましょう。 1)折り紙などのような 立体的なものは貼付することはできません。 2)はがきより 大きなサイズの紙等を貼り付けることもできません。 3)往復はがきの往信の際、返信部分に剥離できるような 目隠しシール等を貼付することはできません。 4)郵便はがきとこれに添付した物との間にあり、さらにこれから分離して使用するような物は貼り付けることはできません。 5)料金を支払うための郵便切手以外の郵便切手またはこれに類するものを表面に貼り付けることはできません。 ただし、記念として通信日付印の押印を受けたものは除かれます。 6)厚さがあまりにも厚くなってしまうと、手紙扱いになり料金が変わります。 以上のような事柄に気を付けて貼付するようにしてください。 仮に上記に反して貼付してしまったりしますとはがきに該当せず、 料金不足として受取人が不足分を支払うか、戻ってきてしまいますのでご注意を。 はがきの厚さによって配達が遅くなる はがきが厚くなることで不利な点の説明をしておきましょう。 郵便物を各宛所に分ける区分機というものがあります。 その機会に通すことの出きる郵便物の厚さには制限があります。 シールの貼りようによっては、区分機に通すことができず、手作業で仕分けることになります。 そうしますと配達に遅れが生じる可能性もありますので、シールの貼り方には十分気を付けましょう。 私製はがきで7,5gのものはポストに投函できる? 「私製はがき」でも「通常はがき」でも日本郵便が定めている、 重さ2g~6g という規定は、どちらにも当てはまります。 ですから6gを超えた私製はがきは、 25g以内であれば 定形郵便物が適用されます。 料金は84円かかることになるわけです。 ですから例えば、 私製はがきで、重さ7,5gになったとします。 そちらに、63円の切手を貼って投函しますと、郵便局で料金不足と認識されてしまいます。 料金不足と認識された場合は不足額の請求書付きで相手側に送られるか、差出人に戻ってくることになります。 私製はがきについては、次のサイトで詳しく説明しています。 参考サイト: スポンサーリンク まとめとして はがきの料金は重さによって変わるのかという点についてお話ししました。 通常のはがきとして規定されている、 6gを超えると手紙扱いになるということでした。 シールなどを貼って6gを超えてしまった場合は63円ではなく、 84円の料金 になります。 また、はがきにシールなどを貼る場合には薄くて厚みのない素材を使用し、 はがれないようにしっかりはがきに密着させなければなりません。 この点を注意して守るようにしましょう。

次の

【2019年度】海外にはがきを送ろう~料金・サイズ・送り方・年賀はがきの書き方のまとめ~│郵便なんでも相談室

ハガキ 料金

郵便料金の移り変わり 郵便料金の移り変わり さくら日本切手カタログ、日本切手専門カタログ いずれも より 明治4年3月1日 太陽暦 1871. 20 書状 100文(5匁まで。 以降、5匁ごとに48文加算) 旧暦8月から東京・横浜間は48文。 明治4年12月5日 太陽暦 1872. 14 書状(4匁まで) 25里以内 100文 50里以内 200文 100里以内 300文 200里以内 400文 200里超え 500文 明治5年1月23日 太陽暦 1872. 書 状 は が き 明治6年4月1日 基本料金 2匁ごと 市内 1銭、 市外 2銭 明治6年12月1日 市内 半銭(5厘)、 市外 1銭 第 1 種 第 2 種 明治16年1月1日 1883 2銭 2匁ごと 1銭 明治32年4月1日 1899 3銭 4匁ごと 1銭5厘 昭和6年8月1日 1931 3銭 15gごと 昭和12年4月1日 1937 4銭 20gごと 251 東郷平八郎 1942. 1 昭和19年4月1日 1944 7銭 20gごと 228 クムガンサン 1939. 16 254 東郷平八郎 1944. 15 3銭 224 水力発電所 1939. 11 248 乃木希典 1944. 15 昭和20年4月1日 1945 10銭 20gごと 269 勅額 1945. 1 270 富士と桜 1945. 16 5銭 251 東郷平八郎 1942. 1 268 飛燕 1945. 1 昭和21年7月25日 1946 30銭 20gごと 272 厳島神社 1946. 1 282 五重塔 1946. 10 294 五重塔 1946. 26 297 五重塔 1947. 12 15銭.

次の

2019年 郵便料金の値上げはいつから?ハガキは63円、手紙は84円へ

ハガキ 料金

日本郵便は2019年7月8日、消費税率の改定に伴い郵便料金を10月1日より変更すると発表した。 郵便、ゆうパック料金などが一部値上げとなる。 25グラム以内の定形郵便物は82円から84円へ、年賀はがきを含む通常はがきは62円から63円に値上げする。 日本郵便は7月8日、総務大臣に対して消費税率の改定に伴う郵便料金の変更認可申請および変更届出を提出。 10月から予定されている消費増税に伴い、郵便料金、ゆうパックなどの運賃・料金を値上げすると発表した。 値上げは10月1日より実施する。 おもな料金変更は、 25グラム以内の定形郵便物を82円から84円へ、50グラム以内を92円から94円へ、定形外郵便物は重量により5円から10円値上げ。 年賀はがきを含む通常はがきは62円から63円へ、250グラム以内の速達、簡易書留、レターパックプラス、レターパックライトはそれぞれ従来の料金から10円値上げとなる。 また、郵便料金の変更に伴い、新料額の普通切手、郵便はがきなどを8月20日の午前9時より販売する。 旧料額の普通切手、郵便はがきについては9月30日をもって販売終了する。 郵便料金変更の詳細については日本郵便のWebサイトから確認できる。 《畑山望》.

次の