ワイ モバイル 60 歳 以上 通話 無料。 【2020年6月版】ワイモバイルで開催中のお得なキャンペーン・割引

60歳以上は通話無料!ワイモバイルのかんたんスマホを紹介

ワイ モバイル 60 歳 以上 通話 無料

かんたんスマホの概要 端末は、 京セラの 705KCという機種です。 ソフトバンク回線の「 スマホベーシックプラン」を使用し、月額 3,078円(税込)から、 通話と ネットへのアクセスが可能になる 格安スマホです。 端末は、• カメラ操作、ニュース、LINE、メールなどがワンプッシュ操作で可能。 操作で困った時には、ワンプッシュでサポートセンターにも相談可能(無料)。 という、簡単操作で使えます。 音声もとてもクリア。 相手の会話をゆっくり再生することも可能など、通話機能も充実しています。 この「 かんたんスマホ」は、 ワイモバイルの「 スマホベーシックプラン」を利用し、 60歳以上の方であれば、ずーっと通話料0円となるので、スマホを使った長電話も気にする必要はありません。 シニア層の方の携帯の使い方は、「遠方にいるお子様やお孫様との通話がほとんど!」という方も多いことでしょう。 ネットにはそんなに頻繁にアクセスすることもないし、強いて言えばLINE、ニュース、メールのチェックくらいという方も多いはず。 そんな方に是非お使いいただきたいのが、この「 かんたんスマホ」なのです。 端末代金込みで月額 3,078円(税込)から利用できるので、今までのキャリアの携帯料金と比べても全く遜色なく使えます。 60歳以上のシニアの方には、ぜひおすすめしたい格安スマホです。 概要を掴んで頂いたところで、次からはもう少し詳しくみていきます。 ワイモバイルってどうなの? まず、 ワイモバイルの特徴と料金プランについてご紹介します。 ワイモバイルの特徴を簡単におさらい ワイモバイルは、 ソフトバンクの サブブランドの携帯キャリアです。 ワイモバイル自身も、日本全国に携帯網を展開している携帯網の運営者です。 一般的な格安SIMの会社(MVNO)は、ドコモやau、ソフトバンクから携帯網を借り受けてサービスをしていますが、ワイモバイルは、自身が携帯網の運営者(MNO ですので、他の格安SIMのサービス(MVNO とは少し違います。 携帯網運営者(MNO である利点を活かして、• 契約者の伸びに合わせて回線を増強できるので、 携帯網自体が他のMVNOと比較して安定している。 通話に関しても、 「 全ての国内通話が24時間かけ放題」というサービスを提供中。 というメリットがあります。 ソフトバンクとの棲み分けは、ターゲットユーザーの違いです。 ソフトバンク:ネットに頻繁にアクセスする ヘビーユーザー・ ビジネスユーザー• ワイモバイル:ネットへのアクセスが比較的ライトな ライトユーザー と言えるでしょう。 ワイモバイルの料金プランは? ワイモバイルの料金プランは、非常にシンプルで分かりやすくなっています。 月間の使用データ量ごとに、3つのプラン(「 S」「 M」「 R」)が用意されています。 (下表の料金は税抜です) スマホ ベーシック プラン S M R データ量 3GB 9GB 14GB 通話 1回10分以内の国内通話し放題: 0円 翌月から6ヶ月まで ( 新規割適用) 1,980円 2,980円 3,980円 8ヶ月目以降 2,680円 3,680円 4,680円 注)新規割について 新規契約、他社からの乗り換え(MNP 、または契約更新は「新規割」適用により契約翌月から6ヶ月間700円割引になります。 今回「 かんたんスマホ」をご利用の場合は、 スマホベーシックプラン「S」(月額データ使用量:3GB)で充分だと思われます。 従って、60歳以上の方で「 かんたんスマホ」ご利用の場合、月額の回線使用料は、上記の「 S」の料金がそのまま適用されます(家族割との併用でさらに安くなる場合もあります)。 かんたんスマホ(端末)について 次に、「 かんたんスマホ」の端末の特徴と製品仕様について説明します。 かんたんスマホ(端末)の特徴• 大きな文字と大きなボタンでかんたん操作!見やすい画面。 LINEの画面も見やすいです。 聞き取りやすく快適な通話機能。 聞こえ調整やゆっくり通話も可能。 サポートのボタンを押すだけで「自動診断」機能が働きます。 それでも解決できない場合は、無料で専門のスタッフに相談できます。 迷惑電話対策機能付きです。 カメラ機能も充実しています。 かんたんスマホの製品仕様 「かんたんスマホ」の端末仕様についてご紹介します。 セットで買うと ワイモバイルの公式サイトでは、この端末と ワイモバイル ベーシックプランをセットで購入・契約することができます。 「 かんたんスマホ」端末の定価は、 46,800円(税込)となっていますが、• 新規・MNP(乗り換え)の場合: 14,400円割引• 機種変更の場合:7,200円割引 が適用可能。 例えば、 36回払い、ベーシックプラン「S」を選択すると、 月額料金: 3,078円(税込、端末代金込み)からご購入・契約できます。 ここはご注意下さい ワイモバイルの「 スマホ ベーシックプラン」の料金についてですが…• 契約された翌月から6ヶ月間は「新規割」が適用されるので、この間の料金は、770円の割引が適用されます。 上記の3,078円は、この6ヶ月間の料金になります。 つまり、 8ヶ月目以降は、月額 770円が加算されます。 スマホベーシックプラン「 S」の月額データ容量は 3GBですが、契約時に自動的に 4GBが適用されます(1GBの増量)。 契約して1年間は無料となっていますが、 それ以降はデータ増量の月額料金 500円が加算されます。 また、ワイモバイルの公式サイト経由でお申し込みの場合、ソフトバンク通信網を利用したMVNO( mineoのソフトバンク回線、あるいは LINEモバイルのソフトバンク回線)からの乗り換えは受け付けていません。 お近くのワイモバイルショップ・取扱店にてお申し込みください。 その他の注意事項としては、• 60歳 未満の方は、かけ放題は適用されません。 1回の通話が10分以内のかけ放題であれば、無料で適用されます。 「 全ての国内通話が24時間かけ放題」をご希望の方は、別途このオプションをお申し込み下さい(月額:1,000円)。 充電器は別売りとなります。 オプション品からお申し込みください。 「故障安心パックプラス」は、ご購入と同時にしかお申し込みいただけません。 実際にあった「驚き」の話 実際に国民生活センターに相談のあった「格安スマホに関するトラブルの件」です。 「通話代だけで4万円近く請求されてしまった」そうです。 ドコモやau、ソフトバンクをご利用時は、どのキャリアも「国内通話かけ放題」のオプションが用意されているので、多くの方が利用されていると思います。 しかし、格安スマホの場合、 同様の「国内通話かけ放題」が利用可能なのは、サブキャリアと呼ばれる ワイモバイルと UQモバイルだけ。 4万円近くも請求された原因は、双方の方が「電話を切る」操作を行わず延々と無通話状態が続いたから。 スマホの場合、しばらく操作をしないと画面が暗くなります(スリープ機能がオンの場合)。 これを「電話が切れた」と勘違いしてしまい、そのまま放置してしまったのが原因のようです。 相手の方が電話を切ってくれれば、通話は終了しますが、お相手の方も同様に「画面が暗くなって、電話が切れたと思ってしまった」と勘違いしてしまったとのこと。 端末の操作が簡単。 表示も大きくて見やすい。 サポートボタンを押せば、自己診断をやってくてます。 それでも解決しない場合は、無料で専門のスタッフの方に相談できます。 ワイモバイルの「 スマホ ベーシックプラン」に関しては、• 「 S」プランであれば、月額 1,980円から。 60歳以上の方であれば、 国内通話が24時間誰とでもかけ放題。 毎月のお支払い金額は、端末代金込みで、月額 3,078円(税込)から。 と、大変お得なプランです。 従って、次のような方におすすめです。 60歳以上のシニア層の方(国内通話かけ放題が適用されます)。 スマホの利用は 通話が殆ど!遠方にお住みのお子様やお孫様との通話が楽しみという方。 ネットの利用は、LINE、ニュース、メールくらい。 そんなに頻繁にアクセスすることはないという方。 スマホの機能は、必要なものだけあれば充分。 高機能はいらないという方。 使い方がわからなくなったら、簡単に相談できると有り難いという方。 ワイモバイルに乗り換えるには ドコモやau、ソフトバンクから ワイモバイルに乗り換える最大のメリットは、 月額料金の安さ!個人によって差が出てきますが、月額料金が半額位で済むようになった!という方も。 では実際に、ドコモやau、ソフトバンクからワイモバイルの「かんたんスマホ」に乗り換える方法・手順について解説します。 電話番号をそのまま継続して使用する(MNP:Mobile Number Portability• 新規に電話番号を取得する(新規契約) によって、乗り換えの手順や方法が大きく違ってきます。 新規契約の場合は、以下のいずれかで申し込みができます。 を利用する• ワイモバイルの実店舗(ワイモバイルショップ)を利用する• 正規代理店である「」を利用する(最大 20,000円のキャッシュバックが可能、口座振替を使えます) ここからは、 電話番号をそのまま継続して使用する(MNP 場合の乗換方法について解説します。 MNPで乗り換える方法・手順 大まかな手順は、次のようになります。 現在利用しているドコモ、au、ソフトバンクの解約のタイミングを確認する 2. ワイモバイルの「かんたんスマホ」を申し込む 3. スマホが届いたら、MNP転出手続きを行う 以下、順を追って説明します。 解約のタイミングを確認する 電話番号を引き継いだまま(MNP ワイモバイルに加入されるには、まず、現在加入されている携帯キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)との契約を解除するタイミングを確認しておく必要があります。 タイミングや手順を間違えると、未だに違約金 9,500円が発生してしまうので注意しましょう。 ここでは、解約違約金を 1,000円以下に抑えるための手順についてご紹介します。 2019年10月1日から施行された「 改正電気通信事業法」では、この解約違約金を 1,000円以下とするよう定められたのですが、完璧ではありません。 あることをしないと 9,500円が発生してしまいます。 もちろん、契約更新月で解約する分には、違約金は発生しませんが… まず、把握しておきたいのが、「 新プラン」と「 旧プラン」。 「 新プラン」とは、2019年10月以降に各キャリアが始めたプランのこと。 それ以前の契約プランは、全て 旧プランとなります。 違約金 1,000円以下の対象となるのは「 新プラン」のみです。 「 新プラン」に移行し、かつ適用されてからなので、 旧プランで契約されたままの方は、 まず、「 新プラン」に移行し適用されるのを待つ必要があります(「新プラン」の契約が 適用されるのは、契約を更新した翌月からです)。 移行後の対応は、各事業者によって対応が異なります(契約更新月であれば、違約金は発生しません)。 それ移行は、1,000円(税抜)です。 いつでも解約出来ます。 まとめると、解約の手順は、• 旧プランから新プランへの移行手続きを行う。 適用されるのを待つ(手続きを行った翌月から)。 違約金1,000円以下で解約できるようになる(但し、ドコモの場合を除く) となります。 キャリアはなかなか解約させてくれないようですね。 乗り換えには別費用が発生する 現在の 携帯キャリアから ワイモバイルに乗り換えるには、以下の別費用が発生します。 解約違約金(上述の通りです)• 現キャリアでの MNP転出手続き費用: 3,000円(税抜)• ワイモバイルでの 登録手数料: 3,000円(税抜) 従って、ワイモバイルに乗り換えるためには、別途、 6,000円から 15,500円の費用が発生してしまうことをご承知おき下さい。 それでも、 移行してしまえば、この費用は数ヶ月で回収できてしまいます。 そう考えると、決して無駄ではありません。 ワイモバイルの「かんたんスマホ」を申し込む ワイモバイルの「 かんたんスマホ」の申し込みを行います。 申し込みには、3つの方法があります。 ワイモバイルの公式ページ経由• 正規代理店である ヤングモバイルのサイト経由• ワイモバイルの実店舗(ワイモバイルショップ) それぞれの場合のメリット・デメリットを以下にまとめてみました。 公式サイトだから安心感がある。 申し込みが非常に分かりやすい。 端末に対して最大 14,400円の値引きが適用される(但し、 ソフトバンクからの乗り換えの場合は適用外)。 事務手数料 0円、PayPay残高が数千円分もらえるなど特典が多い。 万が一、項目や言葉の意味がわからない場合、すぐに相談できる人がいない。 ソフトバンク回線を利用した他のMVNO(mineoやLINEモバイル)からの申し込みができない。 サイトを見ながら、且つ、 電話でスタッフの方に相談しながら、申し込みが出来る。 最大 20,000円のキャッシュバックが適用される。 ソフトバンクからの乗り換えでも、最大 10,000円のキャッシュバックが適用される• 正規代理店なので、安心感がある。 購入後も、ワイモバイルのサポートを受けることが出来る• 口座振替(銀行引き落とし)が利用可能。 端末を受け取るまでに数日の時間を要する ヤングモバイルの詳細は、。 スタッフの方と対面で申し込みができるので安心。 申込みもスムーズに行える。 その日に端末を受け取ることができる。 近くにショップがない場合、利用できない。 訪問のとタイミングによっては、混んで待たされる場合がある。 オンライン申し込みで適用される 事務手数料0円や端末の割引が適用されない。 おすすめは、ヤングモバイル! 以上、 ワイモバイルの申込みに3つの方法があることをご紹介しましたが、 おすすめは、 ヤングモバイルを利用することです。 理由は、• オンライン申込みでありながら、実店舗で申し込んでいるような電話でのサポートが受けられる。 最大 20,000円というキャッシュバックが受けられる• クレジットカードをお持ちでない方も、 口座振替で支払いができる ヤングモバイルの詳細は、をご覧ください。 端末が届いたら ワイモバイルの公式サイト、あるいは ヤングモバイルのサイトなど、オンラインで申し込みを行った場合、数日後に端末が届きます。 通常ですと端末が届いたら、• 通話回線の切り換えを行う。 APNの設定 と2つの手続きを行う必要がありますが、端末をセットで購入した今回のような場合、• APNの設定は不要です。 あらかじめ設定されて納品されるからです。 回線の切り換えも簡単です。 同封されてくる説明書に記載されているところに電話するだけです。 と非常に簡単です。 まとめ ワイモバイルの「 かんたんスマホ」は、表示が見やすく操作が簡単な端末に、ワイモバイルの「 スマホベーシックプラン」がセットになった格安スマホです。 しかも、 60歳以上のシニアの方であれば、国内通話がかけ放題。 だから、「スマホは遠方にいる子供や孫達との通話が中心。 ネットは、LINEやニュース、メールが読めれば充分!」という方に、特におすすめです。 現携帯キャリアからワイモバイルへの乗り換え手順も、思ったよりも簡単です。 ワイモバイルの正規代理店である「 ヤングモバイル」のサイト経由で申し込むと、電話でスタッフが相談に乗ってくれますし、最大 20,000円のキャッシュバックもあるので、大変お得です。 毎月の料金もお安くなるので、もう、ワイモバイルに乗り換えない手は無いですね。

次の

60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン|キャンペーン・おすすめ情報|Y!mobile

ワイ モバイル 60 歳 以上 通話 無料

Contents• 簡単操作に新設サポートが標準搭載されており、シニアだけでなく初めてのスマホケータイとしても安心できるスマホです。 これまでワイモバイルでは格安の利用料金とシンプルな料金プランなどで初心者にも使いやすいというイメージでしたが、かんたんスマホの登場でさらに簡単で安心なスマホが登場しました。 また、かんたんスマホに申し込んだ方が 60歳以上の場合は通話料が永年無料で使える特典も付いてきます。 発売前にはかんたんスマホのCMが解禁され、中学生になった芦田愛菜さんが出演されています。 ふてにゃんとの掛け合いもユニークです。 今回発売されたかんたんスマホとどのように違うのか、機能面などについて比較したものが以下になります。 ここでは従来のものを「 簡単スマホ」とし、「かんたんスマホ」と区別します。 それ以外の機能が大きく異なるという訳ではありませんが、かんたんスマホの705KCが従来の簡単スマホを踏襲した機種であることが窺えます。 さらに、かんたんスマホではこれまでになかったシニア向けキャンペーンに 60歳以上は通話無料が採用されていることからも、メインターゲットの高齢者に向けてサービス拡充への取り組みが感じられます。 かんたんスマホの3つの特徴 今回発売されたかんたんスマホはシニア向けであることが告知されています。 これまでの簡単スマホに搭載されていた標準機能に加え、いくつかの機能を追加しています。 スマホに対して抵抗のある方が安心して使えるための機能は「サポート」に重点を置いており、便利な機能で誰でも安心して使える 「簡単」「安心」「便利」の3つを特徴としています。 シニアの方にも 使いやすく・分かりやすくをコンセプトにしたこれら かんたんスマホの3つの特徴をさらに詳しく解説します。 初めてでも安心の「押すだけサポート」 皆さんは初めてのスマホを使った時にどんな感想を持ったでしょうか?ある程度慣れている方は直感的に分かるとは思いますが、初めての方には全く未知のツールだったと思われます。 本当に初めて触れた方にはまさに手探り状態で操作に苦労したのではないでしょうか。 かんたんスマホには操作が分からない時や何かしらの原因不明の不具合が起きた時にワンタッチで不具合を解決してくれる「 押すだけサポート」が搭載されています。 操作で分からないことがあった時はホーム画面の サポートアイコンからワンタッチで問題を解決してくれます。 問題解決に向けてサポートが様々な症状の原因を質問形式で回答してくれるので、利用者は提示されたいくつかのメニューに沿って進むだけで問題を解決してくれます。 それでも解決しない場合は通話無料のサポート窓口への電話案内からの直接の問い合わせが可能です。 スマホのタッチパネルの仕様が分からないという段階の方も居るかもしれませんが、かんたんスマホを購入した窓口や取扱説明書で理解できることと思います。 それでも分からないという方は、次で解説する 音声検索を活用してみましょう。 スマホ操作不要の「ワンタッチ音声検索」 機種本体の横についているサイドキーを押せば、スマホに搭載されている音声認識機能で知りたいことを教えてくれます。 こちらの「 ワンタッチ音声検索」は文字通り利用者の音声に反応してスマホの検索機能を発動してくれます。 例えば、スマホに向かって今日や明日の天気、ネットの情報検索などを聞けば可能な限りスマホが教えてくれます。 一般家庭にも浸透しつつあるAIによる音声認識機能のように高性能とまではいきませんが、文字入力などの基本的な操作を声で可能にしてくれます。 すぐに使える「LINE」 これまでのワイモバイルの簡単スマホにプリインストールされていた「 LINE」もかんたんスマホでは標準搭載されています。 LINEは登録すればすぐに使えるので、かんたんスマホを始めたことを家族や友人に早速の報告も可能です。 コミュニケーションツールに慣れていない方には最初は戸惑うかもしれませんが、慣れてくればメールを使うよりも簡単にメッセージや写真などを送れるので、初めてのコミュニケーションツールとしても使いやすいアプリです。 大きなアイコンとシンプルな「見やすい画面」 かんたんスマホはこれまでの簡単スマホに比べてホーム上のアイコン数が増え、スタンダードなスマホ画面に近いデザインです。 一つひとつの アイコンを大きく表示し、必要なアイコンだけに絞った シンプルで見やすいホーム画面です。 画面下には 連絡先を4件まで登録することができるスペースがあり、電話をかけることが多い相手にすぐに連絡することが可能です。 ディスプレイ下には左から 電話・ ホーム・ メールの3つの専用ボタンがあり、それぞれワンタッチの切り替え操作が簡単に行えます。 着信やメールがあった場合には専用ボタンが点滅表示してくれるので、不在時の見落としを防いでくれます。 長く使える「長寿命・高耐久」 普段から通話やメールしかしないという方の場合、 電源はフル充電で最大で約3日間を超える長寿命です。 バッテリーは大容量の2,600mAhを使用しているので、普段あまり使わない方や待ち受け専用の方はさらに長持ちし、旅行先のバッテリー切れの心配もほとんどありません。 また、防水性能は IPX5、 IPX7、防塵性能は IP5XのJIS保護等級認定されており、耐衝撃も MIL-STD-810Gに準拠した耐久度を誇ります。 長く使うからこそ長寿命・高耐久の水準を維持した丈夫さもかんたんスマホの 特長です。 通話無料はスマホプラン加入必須 シンプルで簡単、丈夫で長持ちと長く使えるシニア向けスマホとして登場したかんたんスマホには、 60歳以上通話無料という特典があります。 これまで通話のみでケータイを使っていた方にとって、通話が24時間永年無料ということの方が目玉に感じるかもしれません。 通話無料はかんたんスマホの購入が条件ですが、 スマホプランに加入するというもうひとつの条件があります。 ワイモバイルでは通話とデータ定額がセットとなっているので、通話のみの方でもデータ定額は必ず付いてきます。 通話のみの方からデータ通信を始めてみようという方まで、ワイモバイルのスマホプランについて少しお話ししましょう。 それに伴い規定のデータ容量が以前までの データ容量2倍オプション 適用時と同じになりました。 ケータイのパケット通信を利用されていた方ならすぐに分かると思いますが、スマホで通信を行うとデータ容量が消費されます。 そのための容量を買うわけですが、ワイモバイルの契約ではデータ容量が規定として必ず付いてきます。 ネットなどでデータ通信を使う機会が多い方は データ増量オプションを利用すれば容量を増量することができ、上記のように 新規、MNP、機種変更などからオプションに加入すれば 2年間を無料で利用することが可能です。 また、データ増量オプションと同じ条件の ワンキュッパ割に加入すれば 1年間1,000円割引で使うことができ、 おうち割 光セット(A)に加入すればスマホプランに対応した 割引が永年で適用されます。 これらの割引は併用可能なので、ぜひ活用しておきたい割引です。 スマホプランのリニューアルや増量オプションについては他の記事でも紹介していますので、興味のある方は以下を参照ください。 キャリアでもなければMVNOでもない低料金スマホのワイモバイルはYahoo! のサブブランドです。 キャリアとMVNOの中間という立ち位置から、「第4のキャリア」と呼ばれることもある絶妙なポジションのスマ... おうち割のネットは固定とWiFiどちらがおすすめ? データ通信を行わない方にはおうち割の割引よりもネットの費用の方が高くなるので、ここから先はデータ通信を視野に入れた場合の話になります。 ワイモバイルのおうち割 光セット(A)の条件はソフトバンクのネットとの契約です。 この場合のネットとは ソフトバンク光と ソフトバンクAirが該当します。 一般的なネットは月額料金と工事費用がかかりますが、 ソフトバンクAirはWiFiなので費用はネット代とAirターミナルの本体のみとなります。 ソフトバンクAirはWiFiだから工事不要 通信速度や安定性で言えば固定回線のソフトバンク光がおすすめなのですが、固定回線契約は手続きや工事の日程などなにかと手間がかかってしまうのが難点です。 そこへ行くとソフトバンクAirのネット回線は「 WiFi」なので回線工事を必要としません。 接続機器のAirターミナルを自宅に設置し、電源を入れるだけで即日からネットを始められます。 しかも、面倒な設定もないワンタッチのネットと思ってもらってOKです。 おうち割でかんたんスマホがもっと安くなる ワイモバイルは おうち割(おうち割 光セット(A))の対象です。 かんたんスマホの通話料永年無料の条件であるスマホプランの加入はおうち割の条件でもあるため、ソフトバンクAirを契約すれば 通話無料とスマホ代の割引のどちらもずっと使える条件が揃います。 割引のためにネットを引くのに抵抗がある方も居ると思われますが、ネットを使わなくても通信量はメールやLINEだけでも加算されていきます。 微々たるものではありますが、一度の通信容量が多ければ、積み重ねで見逃せないものとなります。 ソフトバンクAirは工事費用が掛からないので、初期費用ではソフトバンク光よりもずっと安くでネットを自宅に引くことが可能です。 かんたんスマホの利用層を想定した場合、高齢者の方には 難しい説明や手続きの要らないWiFiのソフトバンクAirがおすすめです。 あくまでデータ通信だけを目的としたネットならデータ容量の心配がないWiFiだけで十分ですが、通信速度や安定性などが気になるようになればソフトバンク光の方が上になります。 ソフトバンク光でもWiFiは使えますが、その場合は 光BBユニットとWi-Fiマルチパックの有料オプションが必要となり、1,457円の月額料金が加算され、本体以外何もいらないソフトバンクAirよりも高くなります。 ただし、おうち割さえ使っていれば料金は500円に割引されます。 ソフトバンクAirを使うにはAirターミナルが必要ですが、こちらは36ヶ月間使えば本体代金が実質無料となり、初期費用が全く掛かず、低予算でWiFi環境を整えることが可能です。 ソフトバンクAirに慣れたらソフトバンク光もおすすめ かんたんスマホ以外使わない、ネットはたまにしか使わないという方にこそ、手軽におうち割とWiFiが使えるソフトバンクAirをおすすめします。 ネットに慣れてきて更に快適なネット環境が欲しくなったらソフトバンク光に乗り換えてみるのも良いでしょう。 ソフトバンク光にはやなどが用意されていますが、こちらは高額な上に使いづらい印象を受けます。 自力で設定対応できる方ならソフトバンク光を使ってみることをおすすめします。 簡単・安心・便利のかんたんスマホ 高齢者の方で一番多いのが、スマホの操作や画面の見方が分からないという問題です。 そういった悩みを解決するためのあらゆる親切設計を取り入れたのが今回紹介したかんたんスマホです。 通話だけならケータイだけで十分ですが、ネットを活用することで今よりもずっと便利に調べものや自宅での買い物などをサポートしてくれるでしょう。 特に近年は自宅で完結できるネット手続きのサービスが増えていることから、スマホでネットが使えるようになれば普段の生活が劇的に変わります。 高齢者の方は身体への負担や定年後の生活のサポートの一環として、簡単・安心・便利なかんたんスマホを活用してみてはどうでしょうか。 家族とのコミュニケーションにも使えて、快適な日常生活を支えてくれるツールとしておすすめです。

次の

ワイモバイルのかんたんスマホ。60歳以上で通話がずーっと無料って本当?

ワイ モバイル 60 歳 以上 通話 無料

利用できる! が、動作保証はしない。 調べるといってからの回答までの時間は長くなかったです。 ちょっと待ったぐらいです。 ってな感じかなぁと思いました。 このパターンは 通話はできても、モバイルデータ通信ができない可能性があります。 SIM単体契約のSIMとは違う それなら、SIM単独で契約するものと同じであれば使えるだろう、 「かんたんスマホ」とセット購入が必須なので、「かんたんスマホ」に入っているSIMと単体でSIMだけ契約するものと同じSIMかどうかの確認をしました。 同じであれば、問題ないので他の確認がいらなくなりますが、 問い合わせチャットのオペレーター曰く、単体契約のSIMとは違うものになると回答されました。 さらに、「全ての動作保証はいたしかねますということになります」を付け加えられました。 「nova 3」以外の機種で使えるか聞いても無駄っぽいのでここまでのやり取りで終了です。 ワイモバイルのかんたんスマホのSIMはSIMフリースマホで利用可能 某家電量販店のワイモバイル店員さんに確認したところ、ワイモバイルで扱っている端末のSIMフリースマホであれば、 『利用可能!』 と、教えてもらえました。 ソフトバンクのバンドが使えるのであれば利用できます。 対象機種(一部).

次の